Thursday, October 27, 2011

ふんわり生地にネギと桜えび。でも決め手はイワシの削り粉とラード! 明日香のネギお好み焼き(桜えび入り)

Photo今日は静岡県は富士宮に行ってきました!

富士山のおひざ元だけあって、

富士駅から身延線に揺られていると、
どんどんと大きくなってくる富士山。

圧倒的な大きさに、驚きます。

そして、富士宮から見る富士は、
左右対称ではなく、右側にぽこんと小山ができていることも、

初めて知りました。

そんな富士宮の名物といえば…。

富士宮焼きそばです。

駅周辺にもあちこちに店があるのですが、
ランチ時、あまり時間がなかったので、

てっとり早く、
富士山本宮浅間大社のお隣にあるこちらへ…。

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

Continue reading "ふんわり生地にネギと桜えび。でも決め手はイワシの削り粉とラード! 明日香のネギお好み焼き(桜えび入り)"

| | Comments (28) | TrackBack (0)

Sunday, December 20, 2009

みなぎるパワー食、でもヘルシー。麦とろ童子の白焼き風うなとろろ

091220_182301
寒波続きで、吹く風が冷たい!!!

気温10℃とはいえ、
体感温度は一けた代だったに違いない! 

そんな中でも、
潜ってしまうのがダイバーの性(苦笑)。

地震が続いている伊豆方面ですが、
城ヶ崎海岸あたりは、比較的落ち着いた雰囲気でした。

本日寒空の中、富戸でダイビング。

風は冷たいのですが、水中は水温19℃。
水中のほうが温かく、
海水に入れた手は、もう二度と水面には出したくない! 
と思ってしまうほど。

そして、透明度はなんと25m越え!

あまりのキラキラとした美しさに、ため息が出てしまいました。

さらには、
フリソデエビやネッタイミノカサゴなど、
本当はこの時期には見られることはほとんどない生物が
ザクザク出てきていました…。

何か気象がやはりおかしくなっているのかしら…。
と水中にいると考えさせられてしまうのです。

それでも、なんだかんだと楽しく過ごした水中。

陸上の寒さにブルブルしながらも、
後のお楽しみは、

やっぱりランチ。

帰り際に寄ったのが…。
いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

Continue reading "みなぎるパワー食、でもヘルシー。麦とろ童子の白焼き風うなとろろ"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, December 06, 2009

気持ちのいい日の初島は! 初島の食堂街の鯵イカ丼

091206_141601

寒くなったり、
暖かくなったり。

冬らしいかと思えば
そうでもない日が
あったり…。

そうはいっても
やっぱり
暖かい日がうれしい!

昨日の雨から一転。
ポカポカの
いい天気の日に

毎年恒例の
この時季の初島へ!

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

Continue reading "気持ちのいい日の初島は! 初島の食堂街の鯵イカ丼"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Saturday, November 28, 2009

プッチプッチの初食感! 麦とろ 童子の生いくらとろろ

091128_164301_2091128_164001

東伊豆方面にダイビングに行くたびに、
帰り道のここの前を通ると、

「最近、寄ってないなぁ。
また食べたいなぁ・・・」

そう思いながら、なかなか寄ることができませんでした。

気づけば1年ぶり。

いつもの熱海の沖合いに浮かぶ初島でのダイビング。

あまりのおだやかな透明度20mくらいのさわやかさ。
キビナゴやイサキの群れが悠々と泳ぐ様。

岩の瓦礫の穴の中から顔を覗かせている
ジョーフィッシュ。

そんな気持ちのいいダイビングの後に、
どうしても、早く島を離れなくてはいけない理由から、
島ごはんを断念。

では! 

こんなときこそ!

と立ち寄ったのが

湯河原に近い

「麦とろ 童子」

麦とろ自慢(名物おやじも)の店です。

おだやかな天気のおかげで、
部屋から見下ろす海が美しい。

ちょうど空いている時間帯に行ったので、
なんだか
友だちの家に遊びに来たような気分になってしまいました。

親爺トークを楽しみながら、
おすすめのメニューを選びます。

「生いくらとろろ」2200円
蟹汁、漬物、果物付き

この生いくら。

本当に生のイクラなんです。

塩漬けやしょうゆ漬けにしていないもの。

こんな宝石のように透明感のあるイクラを見るのは初めて! 

イクラだけ口に入れてみると…。

歯で噛み潰せません(苦笑)。

奥歯でギュッと噛み締めると、
プッチ!と突然はじけて、中からとろりととろけるようなイクラの味。

これがイクラの味なのかぁ。
と思わずうなってしまいます。

ここにだし汁で溶いた自然薯のとろろをかけまわして
いくらと一緒に食べてみると…。

イクラが口の中で滑ります(笑)。

相変わらずのとろろのまろやかでやさしい味。

そこにようやくプッチプッチとつぶしたイクラの味が混ざり合い、
なんだか
よくわからないままシアワセな気分になりました。

食感がうれしい麦飯と一緒に食べていると、
イクラ、噛まないまま喉を通り過ぎていきます。

食べていて、思わず笑ってしまう体験。
そして、あっという間の味わいでした。

蟹汁はすまし汁仕立てなのですが、
本当に蟹の味がしっかりと出ていて美味。

麦飯を少しだけお替りすると、
刻んだ万能ネギを添えて持ってきてくれます。

ネギだけ食べるとネギの辛さ。
でも、
そこに蟹汁を注いで、
ネギを麦飯に沈めて再びネギを食べると…。
甘い味わいに変身! 

そして麦飯と蟹汁の相性のいいこといいこと!

ずるずるとシメの一杯をいただいてしまいました。

ダイコンの漬物も
柚子の香りがさわやかでクセになります。

地元で取れた柿は程よい固さ。

満足なひとときでした。

麦とろ 童子
熱海市伊豆山郷清水210
営業時間 午前11時30分~午後6時
(土・日曜、祝日は午後8時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, July 28, 2009

プルプルのイカとトロトロのアジ! 初島の食堂街の鯵イカ丼

090728_151601

本日、
平日ではありますが、

伊豆方面に
向かっていました。

しかも、
熱海から船に揺られて
初島へ! 

この季節。

例年に比べると、
若干遅めかな…と
思われますが、

海の中ではアオリイカが産卵にいそしんでいる季節。

ペアになったアオリイカが何十組も現れては、
交接し、卵を産みつける様は、
本当に圧倒されます。

…。

となれば、

やっぱりランチはアレを食べなくちゃ! 

と、
久しぶりに登場してしまいます。

「初島の食堂街」

オーダーはもちろん

「鯵イカ丼」1600円
漬物、味噌汁付き

いつもいただいている店のイカは、
短冊切りではなく、
薄く包丁を入れているので、口の中に入れれば
トロリンとした口あたり。

そしてプリッと新鮮度を感じてしまう食感。

軽く漬けにしてあるのですが、
その醤油ダレの塩梅もちょうどいい!

アジはたたきにしてあって、
こちらもトロトロ。
程よい脂身がアジの旨味を引き出しています。

ショウガのみじん切りもアクセントになっています。

こうして2つの味を楽しみながら、
半分くらい食べ終わったところで、

いつものように、お湯と醤油をはってもらって

「まご茶」にしてもらいます。

アジから染み出る出汁で、
なんともいえない旨味のあるスープに変身! 

軽く温められたアジの味わいもひと変身! 

さらにイカは真っ白ないでたちになって、
こちらはプリップリの食感になって、
これはこれは思わずうなってしまう味わいに! 

いやはや。

やっぱり、コレを食べてしまうと
「初島っていいなぁ! 」と思ってしまうのでした。

初島の食堂街
熱海市初島
営業時間 午前11時くらい~午後4時くらいまで
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Sunday, December 14, 2008

しっとり和牛と自慢のとろろが合体! 麦とろ童子のビーとろ

081214_16220001

久しぶりに
伊豆ネタです。

ダイビングは
結構行っていましたが、

なかなか
そのときの
ランチを紹介できず…。

でも、
今日は久しぶりに
この店に行ったので、ご報告(笑)。

本日は大雨の大強風の悪天候にもかかわらず、
うっかり(笑)熱海から船に乗って
初島に行ってしまいました。

いつも潜っているポイントは
波がザバンザバンとかかっていて、
さすがに現地のガイドも
「ここは無理だと思いますよ~」。

ということで、裏のポイントに行くことになりました。

こちらは風が当たっていないので、
打って変わって穏やか。

エントリーの足元が危ういものの、
無事にダイビングをすることができました。

水中は水温18℃。
透明度は15mとまずまずのコンディション。

細かい生物たちがいるわけではありませんが、
ヒラメやジョーフィッシュ、
トゲチョウチョウウオの幼魚なども
この季節というのにまだ元気に泳いでいたのにびっくり。

スズメダイやキンギョハナダイ、ソラスズメダイの群れも
きれいでした。

さて。

ダイビングの後のいつものお楽しみ…。
と思っていたのですが、

いつ船が欠航になるか危ういというので、
ダイビング終了後は、ササッと身支度整えて、
熱海に帰還。

久しぶりに湯河原に近い熱海の端っこにある

「麦とろ 童子」へ。

麦とろが自慢の店です。

本当に久しぶりの訪問で、
その間、テレビで紹介されたり、新しいメニューが増えたりと
相変わらずの人気振りでした。

このころには雨も上がって、
真鶴半島を見渡す景色も良好。
ノリノリの店主も元気でうれしいことこの上ありません。

注文は

「ビーとろ」2100円
蟹汁、お新香、口直し付き

ビーとろ…とは、

和牛ローストビーフととろろの組み合わせのメニューです。

麦飯をまん丸において、
その上をローストビーフが覆います。

そうしてその周りに自慢の出汁で溶いたとろろを敷き詰めます。

ローストビーフの上にはワサビがのっているので、
それをビーフに付けて、麦飯ととろろと一緒にいただくのが基本。

まずはローストビーフだけを味わうと…。
しっとりとした口あたりで柔らかく、
しみじみと牛肉の旨味が味わえます。

これを箸でひと口サイズに切り分けて、
麦飯と一緒にパクリ。

プツプツとした食感が楽しい麦飯との相性はぴったり。

さらにとろろと一緒にいただけば、
口の中は至福の嵐。

ワサビもアクセントになっています。

さすが、こちらのとろろ。
自然著だけのことはあります。

蟹汁はすまし仕立てで
こちらにも蟹の旨味がほんのりと、
でも力強く引き立っていて、いい味わい。

お新香もダイコンにハチミツがアクセントになっています。

口直しの柿は地元産。

新メニューには「うなとろ」、
つまりはうなぎの白焼きととろろの組み合わせもあり、
こちらも気になります。

嵐ながらも気持ちのいい一日でした。

麦とろ 童子
熱海市伊豆山郷清水210
営業時間 午前11時30分~午後6時
(土・日曜、祝日は午後8時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, December 10, 2006

イセエビの季節だ! 初島でイカ鯵丼&伊勢海老の刺身&味噌汁

061210_14210001

061210_14380001

今年はブログでは、
ダイビング話をあまりしていませんが、

というのも、
ダイビングに行くと、その土地土地でいただくものが
あんがい、同じものになってしまうので、
何度も何度も、同じものもなぁ…と
思って、

ちょっと控えていたのでした。

しか~し!

時は12月。
世の中的には
伊豆は「伊勢海老祭り」のシーズン! 

ということで、
今年は、ちょっと贅沢に伊勢海老をランチに加えてしまいました。

毎度おなじみの
熱海沖の初島でのダイビング。

昨日の雨もすっかりあがり、
時折晴れまも見れるほどの天候。

気温13度くらいかなぁ。
でも水温は18度。

そして、なんと透明度、
25mは超えていたのではないでしょうか!

あんまりにもキレイな海に、
陸上よりも寒くない海の中でうっとり。

東伊豆では初観測と言われている
クマドリイザリウオや

1cmほどのイロイザリウオ、

ピカチュウという相性で呼ばれるツノザヤウデフリウミウシは
「ピカチュウの森」と命名したいくらい、
ある場所に数多く生息。

上を見上げればカンパチの群れが
キビナゴを追っているし、

どこを見ても美しく、そしてかわいらしく、
気持ちのいいダイビングだったのです。

そして。

そんな気持ちのいいダイビングに
気分もよくなって、ついつい追加オーダーしたのが

伊勢海老。時価。

とはいえ、7人で2尾を注文して5000円ほど。

刺身にしてもらい、
さらに頭は味噌汁にしてもらいました。

この獲れたての伊勢海老。

プッリンプリンで弾力のある食感で、
しかも、噛みしめるほどに甘みが増してくるのです。

海老味噌もあったので、それと一緒にいただけば、
そのコクの奥深さに、思わずうなってしまいました。

そして、

定番の「イカ鯵丼」と一緒に出てきた
伊勢海老の味噌汁…。

味噌汁に伊勢海老のうまみがたっぷりと染みわたって、
もう
うまいのなんの! 

真っ赤になった頭と足にも、もちろん身は付いています。

こんなことなかなかできないよなぁ…と思いつつ、
思いっきりホジホジして、
身までキレイにいただいてしまいました。

もちろん、定番「イカ鯵丼」もおいしさこの上ありません!

イカのネットリとした食感。
たたいたアジのうまみ…。

最後にまご茶風にしていただくのですが、

ほんのり熱の通ったイカのプリッとした食感と
アジのうまみが全体に染み渡る、その汁。

にんまりとした顔が、いつまでも止まらないのでした。

熱海市初島
営業時間 午前11時くらい~午後4時くらいまで
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Saturday, November 05, 2005

初島の鯵イカ丼のフィニッシュはこれ!

SANY0592

ダイビングで初島に行くたびに、
このメニューを紹介していますが...。

ご存知「鯵イカ丼」です。

再度、この食べ方のレクチャーをすると、

鯵のたたきと、イカをうす~くさばいた刺身を
ご飯と一緒に、ワッシワッシといただきます。

ここからは好みなのですが、

半分よりちょっと食べたくらいで、鯵・イカともに残したまま
お湯をかけてもらいます。

このとき、ちょこっとだけしょう油をたらしてくれるようです。

いわゆる、漁師の料理・まご茶。

これが、先ほどの刺身とは、ぜ~んぜん違った味になるのです!

イカは半分くらい熱が入って甘みが増すし、
鯵は鯵で、いいダシになって旨味が広がるし...。

ほんとうに至福のひとときとなるわけです。

で。

これがまご茶になったときの写真。

食べかけということになるので、どうかとは思ったのですが、
いちおう...。

さて。

本日の初島は気温20度、水温23度。
透明度は15mくらい。
(でも、水面からのぞくと20m以上は見えます)

大潮のおだやかな、しかも天気のいい状況だったので
気持ちのいいダイビングでした。

もちろん、ドライスーツですけどね。

そして、今日はピカチュウこと
ウデフリツノザヤウミウシを発見!!!!

マンゴー色のウミウシで、ツノなどは黒くなっているので
本当に腕を振っているみたいでかわいいヤツです。

冬場はこのウミウシがわんさかでてくるシーズン。
カラフルな、陸上では考えられないような配色で、
私たちを楽しませてくれます♪

いてくれてありがと。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Saturday, October 01, 2005

秋の海はいいね~♪麦とろ 童子の二色とろろ

4J54J4sh0003_I
いやぁ~、ダイビングの季節になりましたね♪
今日は東伊豆の富戸というところに
潜りに行ったのですが、
水温、24℃、水深30mくらいまで行っても23℃と、
快適、ラクチン、気持ちい~♪ダイビングとなりました。

透明度は10m強、
夏に口に卵をくわえて温めていた、
ネンブツダイという魚たちの子供たちが、
今やわんさかと海の中をにぎやわせています。
ブルーが美しいソラスズメの子供たちも群れていて
とてもキレイ! 

ほかにもキビナゴの群れ、カンパチやブリ、
イサキやアジの群れなど、ボーっとしているだけでも
かなり、楽しい。

そして、今日は水深32mほどのところにいる、
全身黄色で目がグリーンのち~っちゃな
ミジンベニハゼくんにも会ってきました。かわいかったです。

充実したダイビングの後のお楽しみはランチ~!

でも今日はなぜか湯河原近くまで戻ってきてから
遅めのランチとなりました。

「麦とろ 童子」です。

R134の海に面したところにあり、
ここから真鶴半島が見渡せる気持ちのいい店です。

陶芸などのギャラリーもあり、
もちろん使っている器などにも
気さくな店長がおもしろ楽しく説明してくれます。

もちろん、メニューの説明も聞きどころ!

で、人気メニューは「釜あげしらす丼」で、
まずはシラスだけで、半分食べたらご飯をおかわりして
そこに自然薯のとろろをかけていただき、
残していたシラスの上にとろろを入れて、
といった、3度おいしい丼なのです。

でも、今日はとろろを満喫したかったので
「二色とろろ」1575円を注文。
蟹味噌汁、小鉢付き
麦ご飯はお替り自由
とろろは
「大和イモわさびの茎入り」と「童子 自然薯」の2種類

自然薯は、とろろを食べ続けて30年の店長が考案した
いちばん合う特製だしを使い、
それで丁寧にすったもの。
皮も一緒にすると、より風味が増しておいしいのだとか。

まったくそのとおり! で、
滋味深い味わいにうっとりとしてしまいます。
サラサラと食べられるのもうれしい。

一方大和イモのほうは、真っ白ないでたちに
わさびの茎の緑があざやか! 
盛ったりとした大和イモは、まさにとろろを食べてると
実感できるような食感。
そして、鼻につ~んとくるわさびが刺激的! 

おなじとろろでも、こうも楽しみ方が違うのかと
今さらながらびっくり。

小鉢についた大根の漬物は
酢、味醂、蜂蜜、砂糖、鷹のツメで漬けたもので、
これがまた甘酸っぱくて美味! 

蟹の味噌汁もしっかりと蟹の出汁がでていて、
お替り自由の麦飯にも、最後はちょっとぶっかけて
堪能してしまいました。

あ~! シアワセな一日!

あ。ちなみに写真の左上は「とろろそば」
芦ノ湖とか箱根のススキとか大文字焼とかを
イメージして盛り付けているので、
これもおすすめです♪

麦とろ 童子
熱海市伊豆山郷清水210
営業時間 午前11時30分~午後6時
(土・日曜、祝日は午後8時まで)

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Sunday, August 28, 2005

イカイカづくし。初島のいかげそのきも焼き

SANY0504
8月最後の日曜日は、
やっぱり、海でしょ! 

ということで、またまたまた、
初島にダイビングに行ってきました。

2週間前と打って変わって、水温は24度と上昇! 
陸上の気温も暑すぎる日差しは遠のき、
なんとも、気持ちのいい一日でした。

本日の見所は、
なんといっても、
アオリイカの産卵風景です。

なんと! 
20パイものアオリイカのペアが
卵を産み付けていました。
その姿は、
勇敢、そして壮絶...。

何色もの色に変化していくカラダは、
まさに幻想的です。

今年は水温の上がりが遅かったからか、
この時期にこれほどの産卵風景を見られるのは稀。
アオリイカ自身も、今生まなきゃどうするんだ! 
と言わんばかりに、
私たち人間がいることなんか、
これっぽっちも気にせずに行動していました。

オスのアオリイカの中で、
頭の先端を他の魚たちがついばんでしまって、
かけてしまっているイカもいました。

まさに、自然の大スペクタルを観察することができました。

そんな、光景に敬意を表するわけではないのですが...。

上の写真は、お昼にたべた
「いかげそのきも焼き」です。
これはヤリイカのゲソですが、キモのなんともいえない
まったりとした苦味がなんともいえず...、
イカはどこを食べてもおいしいなぁ...と感じた次第。

もちろん、いつもの
一度で四度おいしい
(素材のままを満喫、まご茶で熱がほんわり入った素材の味を満喫)
「鯵イカ丼」もいただきました♪
SANY0505
鯵のたたきも
イカのうす~くさばかれた刺身も
そして、
湯をかけて鯵のだしをだした
まご茶も、
そのおかげで、
ほんのり熱の入った
イカのうまさも、
申し分のない味。

水中も陸上も、
まさに
イカづくしの一日でした。

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪

| | Comments (3) | TrackBack (1)