Wednesday, February 01, 2006

GO! Knicks VS Lakers!

SANY0056

冬のNew Yorkのお楽しみといえば

なんといってもGAMEを見ること! 

マディソンスクエアガーデンは、ミッドタウンにあるので
どこの都市にくらべても、だんぜんゲームを見に行きやすいのが
大きな魅力です。

今までシカゴやオーランドでもゲームを見ましたが、
往復を考えると、結構気軽に・・・という感じではないので

ここのところ、ずっとココで観戦しています。

ということは、当然Knicksのゲームを見ることに。

なので、毎回対戦相手を検討してチケットを取っています。
そして、そのゲームにあわせて旅の計画を
立てているというのが正直なところです。

で。

今回は、Lakers! 

Kobeのプレイを生で見るのは初めてです。

彼は、そんなに大きな動きをしているわけではなく、
マイケル・ジョーダンほどのオーラがでているわけでもないのですが
なんだか流れがスムーズ。

外からのシュートが決まらないものの、
とにかくファウルを取るのがうまい!
そして、フリースローを確実に決める!

なので、このゲームでは40ポイントも上げてしまいました。

結果は97:130でLakers。

ニューヨーカーの応援はとても熱いのですが、
ゲームの3分前にはほぼ席を立つ人が多い・・・。

ところが今回は、あまりの大差に第4クォーターから
どんどん人が帰り始め、
5分前には満席だった席のほぼ半分以上が空席に。

ある意味、ホームチームに寄せる熱い思いを感じます。

やっぱり、GAMEはおもしろい!

お昼ごはん
♪いつも読んでいただきありがとう♪
気に入ったら1クリックよろしくです♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, April 30, 2005

まなてぃのはなし4

SANY0019
フロリダ・クリスタルリバーに
マナティが毎年やってくるのは
11月から3月まで。

4月になると、海水の温度も上がってくるので
海に戻っていくのです。

それにしても…。
シーズン中は、もうこのマナティ密度に驚かされるものの、
海では出会ったことがありません。
メキシコ湾を中心にその辺を回遊しているのだと思いますが
でも、
カリブ海でマナティ情報というのも聞いたことがないので
南下はあまりしていないのでしょうね。

では、どのあたりをウロウロしているのでしょう。

ニューヨーク・ロングアイランドの先端にある
Norforkを訪ねたときに
たまたまクルーザーの展示会のようなものをしていて
クルーズの様子の写真などが飾られていました。

その中のひとつに、
なんとマナティの写真を見つけました! 

どうやら、東海岸をひたすら上っているような気がしてきました。

そうはいっても、あの数のマナティが
海の世界に入り込むと、なかなか目撃できないというのも
不思議といえばフシギ。

だからこそ、クリスタルリバーでの
マナティ遊びは貴重なものなんでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, April 10, 2005

まなてぃのはなし。3

IMG_1321
ここで紹介しているマナティは、
フロリダマナティです。
アメリカ・フロリダ州の空港オーランドから
車で2時間ほど走った、
シトラスカウンティ・クリスタルリバーと
ハモサッサというところで会うことができます。

マナティと会うのは、実はホットスプリングスで。
淡水の川というのでしょうか...。
1年中水温が20℃をキープしているので
冬の海水が冷たくなる11月から3月くらいまで
この地にやってくるのです。
海水と淡水の両方が大丈夫ということなんでね。

遊ぶのはスノーケリングのみ。
早朝、まだ夜が明ける前にこうしたデッキに集合し、
マナティスピードという、
本当に歩いてるかと思うくらいの
ゆっくりとしたスピードしかでない
ボートに乗って、スノーケリング場所に向かうのです。

好奇心旺盛なマナティは、
ボートのプロペラに向かって怪我をしてしまう子もいるからです。
そう。
マナティの天敵は唯一人間でもあるんです。

ただ最近は、このマナティルールが徹底しているようで
スピードを出すようなボートは見られないし、
そんなボートがいたら、周りが黙っていないはず。

この川沿いに建つ家々がまたゴージャスで...。
こういうところで、優雅な生活してみたいと
毎回思うのでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saturday, April 09, 2005

まなてぃのはなし。2

SANY0050

マナティは、のんびりした海獣。
なぜ、のんびりした性格になってしまったかというと、
天敵というものがいないから。

大人のマナティの平均体重は
なんと1トン! 
この大きな体では、他の海中生物は
襲うこともできません。
オルカ(シャチ)がいるじゃないか、と
思われますが、彼らは水温の低いところに
生息しているので
水温20℃まででしか生きることのできない
マナティとは、出会うことがないのです。

そして、マナティは草食動物なのです。

そんなわけで、水中で追われることもなく
食べ物を得るために生物を追い込むこともなく
弱肉強食とは無縁なまま、
今にいたっているのです。

さて。
マナティは海獣なので、
空気を吸って生きています。
マナティの水中滞在は
平均して20分あまり。

20分くらいすると、ほわわぁ~んと
水面に上がってきて、
カバと同じような鼻のふたを
カパッとあけて空気を吸うのです。
この、鼻のフタが、
またかわいいんだなぁ~!

IMG_1302

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, April 03, 2005

まなてぃのはなし。1

SANY0010
マナティはフロリダの
クリスタルリバー
というところで
会うことができます。

毎シーズン通って
かれこれ10シーズン。
毎回会うたびに
癒されています。

マナティは
超! のんびりした
性格のうえ
好奇心が旺盛。

水の中に入ると
何も考えずにこちらに向かってきます。

今年新たな発見をしたのは
息を吸うために水面に上がってくるとき。
「ぷふぁ~っ」っと
息を吸った後に
正面から顔の横を触るようになでると
「くふふ」とこっちに寄って来る感じ。

これがもう、
楽しくてかわいくて、ず~っと遊んでいました。

また来シーズン行くのを待っていてね、まなてぃ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)