« とろけるような鶏むね肉♪ 松記鶏飯の海南鶏飯 | Main | 和の雰囲気なのに印! 想いの木の木への想い »

Tuesday, February 17, 2015

だんだんクセになってくる…。そばうさのバジル冷そば

Photo_1

いつの間にか、こっそりと。

2月4日にオープンした店を

麹町と半蔵門の間で見つけました。

いつもときどき

この界隈では、お値打ちな角打があるのですが、

そのお隣奥に

オープンしていました…。

SOBA STAND…。

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

Photo

「そばうさ」

太めのがっつり蕎麦系の店です。

このがっつりボリュームたっぷりの蕎麦系は、
結構オシャレな店構えが多いのですが、

この店はさらに、白を基調としていて
女性も入りやすいようにしている、

立ちそば屋さんです。

とはいえ、

看板メニューには

「スタミナ」と言葉が入っていて、
麺も多いのに、スタミナって

食べきれないんじゃないかなぁ。

と不安になってみたり。

でも。

ちゃんとありました。

オンナ心をくすぐるメニューが…。

「バジル冷そば」850円

つけ汁にバジルソースを加えた一品です。

ゆえに、

そばつゆは緑。

梅干しかと思った赤いものは、

プチトマト。

黒い太麺の上には、

細かく刻まれたレタスと、
スクランブルエッグ、
焼ベーコン。

そしてレモン。

レモンは途中で絞ると味の変化がでるそう。

太い麺をバジル汁につけて、ズルズルッ。

おお!

バジルの風味がなんといいことか。

ベースの汁は甘めですが、
そこにバジルのさわやかな香りがつんときて、
和風パスタソースといった感じ。

これにスクランブルエッグを絡めて食べると、
カルボナーラのような…。

刻みレタスも食べやすく、麺に絡んでシャキシャキ。

ベーコンの香ばしさもいい塩梅です。

胡麻がかかっているので、汁に胡麻が加わって、
これまた香ばしい味わいも楽しめます。

バジルソースがどんどん麺に絡んでいった後、
つけ汁が少し元の色に戻るころ、

レモンを麺にかけて再び。

これがさっぱり!

酸味好きにはたまらぬ味わいです。

卓上にあるそば湯は、

スタミナそばとか、海苔胡麻そば用と書いてあるけれど、

そば湯好きは、やっぱり飲みたい…。

飲んでみれば、

ちょっと汁が多くて、気持ちもっとそば湯を入れたい気分。

その味わいは、甘みと出汁とほのかなバジルの風味が
混ざり合って、なんともクセになる味わい。

ボリュームたっぷりでお腹がパンパンになってしまい
飲み干せないのが残念でした。

また食べたい。

ほんとにクセになる味わいでした。

そばうさ
東京都千代田区麹町2ノ5ノ2、金森共同ビル1階
営業時間 午前11時~午後3時、午後5時~8時
(土曜は午前11時~午後3時)。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« とろけるような鶏むね肉♪ 松記鶏飯の海南鶏飯 | Main | 和の雰囲気なのに印! 想いの木の木への想い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/61155455

Listed below are links to weblogs that reference だんだんクセになってくる…。そばうさのバジル冷そば:

« とろけるような鶏むね肉♪ 松記鶏飯の海南鶏飯 | Main | 和の雰囲気なのに印! 想いの木の木への想い »