« お外でランチVol.87 Myおべんと 2011 その29 | Main | じわじわと辛い。天冨園の麻婆豆腐セット »

Monday, December 05, 2011

上品でやさしい。いしだやの旬彩蒸しごはん

Photo
週明けの月曜日。

12月に入ると、
それまで以上に時間が経つのを早く感じてしまいます。

そんな12月を乗り切るためにも、
シャキッとごはんが食べられるような
場所がないかな…と…。

銀座界隈をふらふら。

現在工事中の歌舞伎町の裏手。

マガジンハウスにほど近いところ…。

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

マロニエ通り寄りのところにあるのが

「いしだや」

日本料理の店。

割烹・小料理といった部類の店で、
とても落ち着いた雰囲気で、
「もしや高いのでは…」と、一瞬ドキドキしてしまう
店構えです。

地下1階に向かう階段を下りていき、
扉を開けると、

畳敷きの店内が広がります。

靴を脱いで上がれば、

そこは7人ほどが座れるカウンター。
奥は4人が座れる掘りごたつ式のテーブル。

キリッと気持ちが引きしまるような雰囲気です。

と、
そんな高級感ありの店内ですが、
流れる空気はとても穏やか。

そこが不思議と心休まるのです。

オーダーは

「旬彩蒸しごはん」1000円
小鉢、香の物、お吸い物、デザート付き

実は、この店のランチ。

煮魚の種類が多く、そのファンも多いので、
煮魚…と思ったのですが、

この
旬彩蒸しごはんは、12月の新メニュー。

思わず、オーダーしてしまいました。

オーダーが入ると、
せいろにご飯を入れて、
下ごしらえしておいた具をのせていきます。

そうして、蒸し器で蒸す。。。。

そのとても丁寧な仕事に、
期待が高まってしまいました。

目の前に届いたせいろのふたを開けると、

細かく刻んだ海苔、
錦糸卵、
蒸し穴子、海老、
シイタケ、レンコン、青菜

がきれいに並んでいます。

目にも華やかな雰囲気に、気持ちにこにこ。

ご飯茶碗に適量をよそって口に運べば…。

ほんわかとやさしく、そしてあたたかな酢飯の味わいが
しみじみと口の中で広がっていきます。

穴子のホッコリとした口当たりもなんとも幸せな味。

エビもプリッとした歯ごたえ。

そして、どんこなシイタケからは、
ジンワリと甘い、だし汁がにじみ出てきます。

青菜と思っていたのは、
実は春菊。

春菊の程よい刺激の風味がアクセントになっています。

暖かなちらしずし。

いい味わいです。

小鉢は水菜と油揚げをだし汁で軽く炊いたもの。
ゴマの風味もアクセントになっています。

しあわせごはん。

そして、デザートは…。

Photo_2
パンナコッタ

しかも、
オリーブオイルと岩塩、軽くブラックペッパーを
トッピングされているのです。

このオリーブオイルの風味のさわやかなこと!

そして、ピリッとした刺激の黒胡椒。

塩のおかげでパンナコッタの甘さも引き立ちます。

やられました。

最後まで幸せなランチでした。

いしだや
東京都中央区銀座3ノ13ノ2、登栄東銀座ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、午後5時30分~11時、
土曜=午後5時~10時。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« お外でランチVol.87 Myおべんと 2011 その29 | Main | じわじわと辛い。天冨園の麻婆豆腐セット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/53416176

Listed below are links to weblogs that reference 上品でやさしい。いしだやの旬彩蒸しごはん:

« お外でランチVol.87 Myおべんと 2011 その29 | Main | じわじわと辛い。天冨園の麻婆豆腐セット »