« 上品でやさしい。いしだやの旬彩蒸しごはん | Main | 肉汁したたるパテとレタスに脱帽! ハンバーガー&メキシカン MICORAZONのハンバーガーセット »

Tuesday, December 06, 2011

じわじわと辛い。天冨園の麻婆豆腐セット

Photo_4
横浜・関内です。

関内桜通りを歩いていると、

「四川料理」という看板が目に入りました。

ずっと気になっていたのですが、
本日ランチに行くことにしました。
いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

今年の夏にオープンした

「天富園」

本場四川料理の店です。

店内は、落ち着いた雰囲気。

中国らしいインテリアに囲まれながら、
手前に2人席を中心としたテーブル。

奥は個室っぽく変えられるテーブル席になっています。

注文は

「麻婆豆腐セット」680円
ライス、スープ、漬物、杏仁豆腐付き

実は、もうひとつ

「四川風麻婆豆腐」というちょっとお高めのメニューもあります。

辛さが違うのかな…と思ったのですが、

こちらは和牛を使っていて、
普通の麻婆豆腐は

「普通の肉」を使っているそう。

合挽き肉でしょうか…。

で。

辛さは関係ないとのことで、

しかも、注文と同時に

「辛くする? 」と聞かれてしまいました。

少し辛めに作ってもらうことに。

ボリュームたっぷりの麻婆豆腐。

食べるとピリッと唐辛子の辛さが強調されていました。

そして、かみ砕いているうちにジワジワとやってくる
中国山椒のビリビリ感。

醤油ベースで作られているので、
その味とひき肉のうま味がちょうどいい具合にマッチして、
味わい深い麻婆豆腐になっています。

唐辛子。

結構辛めです。

当然、ライスの上にぶっかけていただきます。

豆腐も程よい柔らかさでいい塩梅。

麻婆豆腐の云われで、
なぜ辛いかといえば、
四川料理だからということもありますが、

労働者がちょっとのおかずでたくさんのご飯が食べられるから…。

という話もあります。

ライスも割と多めなのですが、
麻婆豆腐の量を考えると、思わず
ご飯のおかわりをしたくなってきてしまい、

ふと、そんな云われを思い出してしまいました。

とはいえ、結構な満腹感だったので、
最後は、麻婆豆腐だけでパクパク…。

あきのこない味わいの麻婆豆腐でした。

夜は火鍋もあったり、
夜セットメニューもあるので、
機会があったら試してみたいです。

天富園
横浜市中区住吉町3ノ36ノ6、住吉ビル1階
営業時間 午前11時~午後4時、午後5時~午前0時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« 上品でやさしい。いしだやの旬彩蒸しごはん | Main | 肉汁したたるパテとレタスに脱帽! ハンバーガー&メキシカン MICORAZONのハンバーガーセット »

Comments

An impressive share! I've just forwarded this onto a colleague who has been doing a little research on this. And he in fact ordered me breakfast due to the fact that I discovered it for him... lol. So let me reword this.... Thank YOU for the meal!! But yeah, thanx for spending some time to discuss this matter here on your website.

Posted by: need for speed world hack | Friday, June 13, 2014 at 20:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/53421759

Listed below are links to weblogs that reference じわじわと辛い。天冨園の麻婆豆腐セット:

» 天富園@関内 [MusicArena]
この三連休は三日とも関内・馬車道・伊勢佐木町方面へ出掛けることとなった。辛いものが食べたいとの家内のリクエストで、今回は中華をチョイスすることに。インドカリーのハマラジャから一本だけ関内駅寄りの筋で、アパホテルのブロックに夏頃に出来たという四川料理、特に麻婆豆腐が得意だという天富園へ向かう。厨房もフロア係も中国人のネーティブが営む本格中華料理店だ。先客は男性が一人。我々が着席する直前に料理がサーブされちょど食べ始めていた。中味はよくは見えないが美味しそうな炒め物のセットらしい。ご飯とともにおかずを盛... [Read More]

Tracked on Wednesday, December 28, 2011 at 13:47

« 上品でやさしい。いしだやの旬彩蒸しごはん | Main | 肉汁したたるパテとレタスに脱帽! ハンバーガー&メキシカン MICORAZONのハンバーガーセット »