« 薄くてモチモチ! PIZZERIA PORCOのマルゲリータランチ | Main | 甘酸っぱさにやめられない! SMILE KITCHENの豚肉と秋野菜の黒酢あん炒め バルサミコソースかけ定食 »

Wednesday, October 12, 2011

お外でランチVol.81 Myおべんと2011 その23

111012_112801_2
気持ちのいい秋晴れが続きます。

これだけ気持ちがいいと、
ついついお弁当作りに気持ちが高まってしまいます。

前回の食材が少し残っていることをいいことに、
あれこれメニューを考えてしまいました。

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

「Myおべんと」

メニューは

・牛焼肉
・キャベツとシメジとピーマンのナンプラー炒め
・ささげ菜のおひたし
・グリーンアスパラwithマヨネーズ
・ハム&チーズ
・厚焼き玉子焼き
・プチトマト
・自家製梅干し
・白飯

牛肉の細切れをさっと焼いて、
醤油をかけまわした焼肉。

ただそれだけ。

それだけなのに、
なぜにこんなに相性がいいのか!

牛肉のうま味を醤油がしっかりと受け止めていて、
それがとにかく新米の白飯に合うこと!

ご飯が進みます。

牛肉の脂身のうま味と醤油も幸せな気分にさせてくれます。

キャベツのナンプラー炒めは、
キャベツの甘みがしっかりと味わえた一品。

牛肉の付け合せとしてもいい取り合わせでした。

ハムとチーズを巻いた一品も黄金の組み合わせ。

まったりとしたチーズの味わいがお弁当のアクセントに。

厚焼き玉子焼きの甘みもいいバランス。
醤油味がベースの今日のお弁当だったので、
玉子焼きの甘みがうれしい味になりました。

ささげ菜のおひたしもシャキッとした食感と、
豆の口当たり、葉の味わいが楽しく、味わい深かったです。

牛焼肉弁当…。

たったこれだけで「いいおかずだったなぁ」と思えるおかず。

牛丼が人気なのもうなずけました。

映画ウンチク
RISE OF THE PLANET OF APES
猿の惑星 創世記(ジェネシス)
☆☆☆☆☆

1968年に製作された「猿の惑星」。
その後5シリーズが製作されてきましたが、
今回は、その第1シリーズの前の段階。
なぜ、地球が「猿の惑星」になってしまったのか?
を描いています。
新薬実験のためにチンパンジーを使っていたジェネシス会社。
その効果が現れていた雌のチンパンジーが、
突如暴れだし、あえなく射殺されてしまう。
しかし、その暴れた理由は。。
生まれてきたばかりの子どもを守るための行動だったのでした。
残された子チンパンジーを、連れ帰ることになったウィル。
シーザーと名付けたそのチンパンジーが、
人間並みの能力が遺伝されていることに気づく。
観察しつつ、かわいがっていたものの、
やがて、周囲に迷惑のかかることがおき、
ウィルとシーザーは離れ離れに。
シーザーが感じているのは、
自分はペットなのか人間なのか…。
その苦悩と自分のいるべき場所を見つけるために
起こすさまざまなできごと。
愛しているけれども、別れなければいけないウィルとの関係。
そして。
最後の最後に起こる映像は…。
まさに1968年製作の映画に続くものなのです!
とてもうまくできている映画です。

感動。

そして、古い映画も観たくなります。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« 薄くてモチモチ! PIZZERIA PORCOのマルゲリータランチ | Main | 甘酸っぱさにやめられない! SMILE KITCHENの豚肉と秋野菜の黒酢あん炒め バルサミコソースかけ定食 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/52977696

Listed below are links to weblogs that reference お外でランチVol.81 Myおべんと2011 その23:

« 薄くてモチモチ! PIZZERIA PORCOのマルゲリータランチ | Main | 甘酸っぱさにやめられない! SMILE KITCHENの豚肉と秋野菜の黒酢あん炒め バルサミコソースかけ定食 »