« アンティークな雰囲気で音楽と食事を。3丁目のカレー屋さんの焼きチーズビーフカレー | Main | 漬けでいただくぷりぷり刺身! 寅のまかない海鮮丼 »

Wednesday, July 06, 2011

オシャレだけどほっとできる空間。手しおごはん 玄の夏のコロッケ たっぷりコーンと枝豆入り定食

110703_163601

中野駅周辺。

この界隈では、小劇場に足を運ぶことも多く、
どこかでランチ…といっても、

ついつい小劇場に向かう途中の道沿いにある
いろいろな店を思い浮かべてしまいます。

南口に出て、
レンガ坂といわれる路地を上っていくと、
ふと、今までなかったような気がする店を発見!

しかも、
定食が充実している…。
いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

「手しおごはん 玄」 

”町の定食屋さん”です。

店構えからしても、ここだけの店かと思いきや、
中央線を中心に中野区や杉並区に6店舗ほど展開しているようです。

中に入ってみると、
2人用のテーブルと6人ほど座れるテーブル。
そして、
後は段差のある長いカウンター。
13人ほど座れそうです。

白をベースとした清潔感あふれる店内は、
定食屋というよりも、オシャレなカフェレストラン…。
とはいえ、店のレイアウトは確かに定食屋。

そんな空間ですが、気楽にホッとくつろげるような場所なのです。

注文は

「夏のコロッケたっぷりコーンと枝豆入り定食」820円
白米または雑穀米、味噌汁、小鉢、サラダ付き

手に持つとしっくりとするような厚めの茶碗や皿で出される
そのメニューは、やっぱりオシャレな雰囲気。

トレーにのせて出すのではなく、
ひとつひとつをきちんとテーブルに置いてくれるのも
ちょっとうれしい。

タマネギとダイコンの入った味噌汁は
タマネギの甘みが出て、いい味わいです。

コロッケは、ゴロンと2個。

箸を入れると、
ザクッとした衣の手ごたえの後に、
ほろりと崩れ落ちるような中身。

ジャガイモはしっとりと柔らかく仕込んであります。

そして、コーンと枝豆の色合いのさわやかなこと!

口に運べば、
コーンの甘みをいちばんに感じられるほど、
コーンが主役!

そして枝豆の食感と風味もアクセントになっています。

塩が添えられているので、一緒に食べれば、
さっぱりと、確かに夏らしいコロッケだなぁ…と
しみじみ味わうことができます。

たっぷりのキャベツやレタスのサラダも
バランスよく食べることができてうれしい。

この界隈ばかりでなく、
こんな町の定食屋さん。

近くにあったらうれしいなぁと思ってしまった昼下がりでした。

手しおごはん 玄
東京都中野区本町3ノ36ノ4、深野ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後3時30分、
午後5時~午前1時30分(土曜は午前0時)、
日曜=午前11時30分~午後11時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« アンティークな雰囲気で音楽と食事を。3丁目のカレー屋さんの焼きチーズビーフカレー | Main | 漬けでいただくぷりぷり刺身! 寅のまかない海鮮丼 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/52117895

Listed below are links to weblogs that reference オシャレだけどほっとできる空間。手しおごはん 玄の夏のコロッケ たっぷりコーンと枝豆入り定食:

« アンティークな雰囲気で音楽と食事を。3丁目のカレー屋さんの焼きチーズビーフカレー | Main | 漬けでいただくぷりぷり刺身! 寅のまかない海鮮丼 »