« ピリッと山椒の刺激。頤和園のマーボー豆腐定食 | Main | クリーミーでスパイシー♪ Udon Dining 悠讃の特製カレーうどん »

Tuesday, June 14, 2011

お外でランチVol.70 Myおべんと2011 その12

110614_101701

今日は、丹波の食材特集です(笑)!

友人から、
丹波奥郷の卵と丹波一番搾り醤油をいただきました。

ということで、
こりゃあ、使わなくっちゃ! てことで、
早々にこのランチ。
いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

「Myおべんと」

本日のメニュー

・豚ばら肉の生姜焼き
・麻婆大根
・エッグサラダ
・小松菜のおひたし
・焼き油揚げ
・プチトマト
・スナップエンドウ
・ブロッコリー
・自家製梅干し
・白ご飯

生姜焼きは豚ばら肉の脂を使ってフライパンで焼き、
豚肉をいったん皿にあけてから
そのままフライパンに少量の水と生姜を加え、
丹波の醤油をかけまわし、砂糖を少量加えてから
豚肉を戻してからめました。

これ。
ちょっと甘めのできばえでしたが、
生姜がたっぷりで、豚肉の甘みが存分に味わえました。

麻婆大根は、
オリーブオイルにニンニクの風味を移してから、
豆板醤を軽く炒めてダイコンを加えました。
ピーマンや少しの油揚げを加え、
石垣島ラー油とオイスターソースを加えて仕上げました。

ピリリと辛く、石垣島ラー油の複雑な風味が
いいアクセントになっていて
ステキな麻婆ソースに。

大根の表面はピリリと辛く、
でも、噛みしめるとジュワ~っとダイコンの
ジューシーな味わいが広がっていい塩梅。

生姜焼きの甘さと麻婆の辛さのバランスが取れました。

エッグサラダは、
丹波の卵を使って…。

丹波で育った生ニンニクや
青魚、唐辛子など薬品を使わない飼料で育った
ニワトリの卵。

ゆでたまごにして黄身を取り出し、
少しの白身を刻んで黄身と混ぜ合わせ、
パルミジャーノレッジャーノも加えてから
マヨネーズで和え、
白身の中に戻しました。

黄身の濃厚な味わい。
そんななかにふと感じるチーズの風味。

そしてプルプルな食感の白身。

なんと濃い卵でしょう!

かなり幸せな気分になれる卵です。

油揚げは京都のお揚げさん。
カリッと表面を焼いて、鰹節をふりかけ、
丹波の醤油をかけました。

しっとりとした食感に、香ばしい風味。
そして、この醤油のなんと自然な味わい。
甘さを感じる、それでいて大豆の発酵をしっかりと
感じることのできる味わい。

麻婆にも、この醤油を使いましたが、
今日は、この醤油のおかげで、
全体的に、ピリッと引き締まった味わいになりました。

自家製梅干しの酸味も、
その中で輝いていました。

幸せ気分満喫のお弁当でした。
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« ピリッと山椒の刺激。頤和園のマーボー豆腐定食 | Main | クリーミーでスパイシー♪ Udon Dining 悠讃の特製カレーうどん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/51947033

Listed below are links to weblogs that reference お外でランチVol.70 Myおべんと2011 その12:

« ピリッと山椒の刺激。頤和園のマーボー豆腐定食 | Main | クリーミーでスパイシー♪ Udon Dining 悠讃の特製カレーうどん »