« 遅いランチに魅力のメニューがっ! 森カフェのTGK定食 | Main | チーズと卵の濃厚な出会い。Ristorante Fiorenzaの生クリームを使わない”本当の”カルボナーラ »

Monday, June 27, 2011

お外でランチVol.71 Myおべんと2011 その13

110627_104101

すっかり梅雨の天候になってしまいました。

なんとなく空がどんよりしていると、
気分もどんよりしがち…。

でも。
やってくる夏を楽しみに、今週も元気に! 

ということで、
元気になれそうなごはんを目指して
今日も作ります♪

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

「Myおべんと」

本日のメニュー

・青椒肉絲
・ひと口つくね
・カブの素焼き
・ホウレンソウのおひたし
・とうもろこしフレーク入り玉子焼き
・スナップエンドウ
・プチトマト
・自家製梅干し
・ゆかりご飯

青椒肉絲。

なんとなく中華…となると、
できあいのソースを使うもの…なんて、
考えていたのですが、

自分でソースを作ってしまいました。

野菜はピーマンと赤ピーマン、
タケノコの代わりにジャガイモを細切りにし、

肉は豚肉をできる限り細く切り。

野菜をチャッチャと炒めておき、

ナンプラーを軽くふってから、片栗粉をまぶした
豚肉をジャーッと炒めます。

そしてそこに野菜を投入。
中華スープを加えて、ナンプラー、オイスターソースで
味をつけて、なじませてできあがり!

そもそも青椒肉絲はオイスターソース炒めなので、
実は簡単にできてしまうのでした。

ピーマンたちはしゃっきりとした歯ごたえ、
ジャガイモはしっとりとした口当たりで、
そして豚肉の旨味が全体にじんわりと染みわたっていて、
ソースとともに、いい味わい。

思わずソースがかかっている部分のご飯を
にこにこと食べてしまいました。

つくねは、近所の焼き鳥屋さんから購入。
この
つくねがお気に入り。

柔らかい弾力ながらコリッとした食感もある、
食べていて幸せなつくねです。
焼き鳥ソースも甘辛で、この味わいもいい塩梅。

玉子焼きは、
北海道産のとうもろこしフレークを混ぜ合わせて焼きました。

このフレーク。
とうもろこしを丸ごとフレーク状にしたものなので、
牛乳と合わせれば、簡単にコーンスープができてしまう代物。

とうもろこしが凝縮されているので、
とにかく濃厚で甘い。

そんな甘さが卵に加わって、ふんわりまろやかな
味わいになりました。

カブの素焼きは、そのまんまグリルで。
表面におおわれて、中身はジューシーなカブの味わいが
楽しめます。

そして、いつも何気なく存在している
自家製梅干し。

やっぱり、この時期はウレシイ塩辛さ!

王道の梅干しなので、何しろしょっぱい。
でもすっぱい。

そんな梅干しを食べると、どんより気分も
シャキッとするのでした。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« 遅いランチに魅力のメニューがっ! 森カフェのTGK定食 | Main | チーズと卵の濃厚な出会い。Ristorante Fiorenzaの生クリームを使わない”本当の”カルボナーラ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/52062696

Listed below are links to weblogs that reference お外でランチVol.71 Myおべんと2011 その13:

« 遅いランチに魅力のメニューがっ! 森カフェのTGK定食 | Main | チーズと卵の濃厚な出会い。Ristorante Fiorenzaの生クリームを使わない”本当の”カルボナーラ »