« 薄いのに肉の旨味が濃い! 味鉄の味鉄しゃぶしゃぶ | Main | ニッポンの定食の魅力♪ Da Saliceの蓮根とポテトのミーとグラタン定食 »

Friday, February 04, 2011

あ~!黒酢の刺激がたまらないっ! 新福記の黒酢スブタ+キムチチャーハン

110202_142901 横浜・中華街。

いろんなお店が建ち並んでいますが、
あちこち行ってみたいとは思うものの、

実は、結構お気に入りの店が何軒か決まっていたりします。

ランチに限っては、新規開拓もかねて、
あちこちチャレンジしてはいるのですが...。

この店もお気に入りのひとつで...。

何の気なしに前を通ったのですが、
そのメニュー看板を見たとたん、

禁断症状のように食べたくなってしまったものが...!
いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

中山路と香港路の間にある

「新福記」

広東料理の店です。

前にランチに来たときは

アワビの黒米粥か何かを食べたと記憶しているのですが...。

実は実は、
夜に食べに行くときには必ずオーダーするメニューがあり、

それが「黒酢のスペアリブ」

黒酢の酸味に甘みをつけたソースが、
たまらなくクセになって、食べ続けてしまうメニューなのです。

で。

昼どきにその禁断症状が出てしまったというわけ。

注文は

「黒酢スブタ+キムチチャーハン」630円
スープ、ザーサイ、デザート付き

広東料理になぜにキムチチャーハン????

という疑問は、すでに黒酢スブタの前に消えています(笑)。

それでもこのキムチチャーハン。

キムチ用のソースを加えているのか、
見た目は中華料理のチャーハンそのもの。

甘辛いキムチソースの味が隠し味になっていて、
なかなかのお味。

ぱらしっとりなできばえも、なんだかうれしい。

さて。

黒酢のスブタは、
スペアリブと変わらない黒酢のソース。

唐辛子の辛さには強いのですが、
どうも酢の刺激には、毛穴が開いていく感覚がわかるくらい
反応してしまうのですが...。

まさにひと口食べれば、毛穴が開くような酸味。

この酸味とほのかに甘い黒酢の旨味が
食欲を倍増させてゆくのです。

タマネギやピーマンもシャッキリと炒めてあるので、
肉と合間のアクセントになっています。

そして、ついつい、
ときどき黒酢のソースをチャーハンと一緒に食べてしまう...。

シアワセなひとときでした。

新福記
横浜市中区山下町139ノ1、第2杉山ビル1階
営業時間 午前11時~午後11時30分
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« 薄いのに肉の旨味が濃い! 味鉄の味鉄しゃぶしゃぶ | Main | ニッポンの定食の魅力♪ Da Saliceの蓮根とポテトのミーとグラタン定食 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/50761689

Listed below are links to weblogs that reference あ~!黒酢の刺激がたまらないっ! 新福記の黒酢スブタ+キムチチャーハン:

« 薄いのに肉の旨味が濃い! 味鉄の味鉄しゃぶしゃぶ | Main | ニッポンの定食の魅力♪ Da Saliceの蓮根とポテトのミーとグラタン定食 »