« おお、スパイシーな味! 青山学院大学7号館学生食堂のカレーセット | Main | 煮干の香りにフラフラと…。永福町 大勝軒の中華麺 »

Friday, December 17, 2010

絵画鑑賞のようなキッチン。Primo Amoreのパスタランチ:明太子とヤリイカのマヨポンソース

101217_125201 最近は複合施設ができると
すぐに話題になりますが、

それ以外でも、結構気づくと建っていたビルがあるのが、
横浜みなとみらい地区。

会社ビルがかなり建ち始めていますが、
その1階に、こっそりと飲食店がオープンしていたりします。

今日は、そんなレストラン。
いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

みなとみらい地区。
新高島周辺。

蕎麦店「香露庵」の裏手にできたビルの1階に
オープンしたのが

「Primo Amore」

イタリアンレストランです。

イタリアンとはいえ、フレンチなどと融合した料理もある様子。

ちなみに店名はイタリア語で「初恋」という意味です。

店内に入ってみると、広がるテーブル席。
そして見上げるようにキッチンカウンターが!

このキッチンカウンターは、ガラス越しに
全テーブルから見えるのですが、
そのガラスの周りは
絵画のフレームのようなデザインになっていて、
まるでキッチンの様子は動くキッチンの絵画…。
そんな雰囲気です。
半個室にはシャンデリアを置いたりして、
ちょっとゴージャスな雰囲気も。

オーダーは

「パスタランチ:明太子とヤリイカのマヨポンソース」880円
サラダ、フォカッチャ付き

たっぷりのパスタに明太子がきっちりと絡んだ状態。

なのですが、
トッピングにも明太子がどっさり。
ほかには、大葉、トマト、海苔がトッピングされています。

明太子スパはやっぱりマヨネーズの風味がぴったり。
そこにポン酢の酸味と旨味が加わって、
たまらない味になっています。

明太子のつぶつぶ感も味わえるのもウレシイ。
トマトのフレッシュな食感もいいアクセント。

大葉や海苔の相性は、間違いありません。

黒板メニューなどを見ていると、
シーフードを使った料理も多いようです。

今のところ、隠れ家的存在として
使えるイタリアンです。

Primo Amore
横浜市西区みなとみらい4ノ4ノ2、横浜ブルーアベニュー1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時30分~10時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« おお、スパイシーな味! 青山学院大学7号館学生食堂のカレーセット | Main | 煮干の香りにフラフラと…。永福町 大勝軒の中華麺 »

Comments

Wow thwt was unusual. I just rote ann very lng comment but afger I clicked submit my comment didn't appear. Grrrr... well I'm not writing all that over again. Anyways, just wanted to say grea blog!

Posted by: lower bounce rate | Friday, July 11, 2014 at 10:25

Hi Dear, are you genuinely visiting this web site daily, if so afterward you will definitely take good experience.

Posted by: Social marketing firm Sacramento | Monday, May 11, 2015 at 12:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/50330009

Listed below are links to weblogs that reference 絵画鑑賞のようなキッチン。Primo Amoreのパスタランチ:明太子とヤリイカのマヨポンソース:

« おお、スパイシーな味! 青山学院大学7号館学生食堂のカレーセット | Main | 煮干の香りにフラフラと…。永福町 大勝軒の中華麺 »