« なぜだかほっとくつろげる…。dimoのパスタランチ | Main | お外でランチVol.47 Myおべんと2010 その22 »

Monday, September 13, 2010

さわやかで食欲のわくもの…。宮崎酒房 くわの冷汁ランチ

100913_124601 いやぁ~。

何しろ蒸し暑い!!

秋の気配は漂ってきているものの、
やっぱり今日は暑い!

暑いというより、蒸し風呂に入っているかのような
湿気の多さで…。

何を食べようかとふらふら歩いたのは
赤坂見附。

赤坂見附に限らないことだと思うのですが、
この界隈韓国料理の次に多いのが

九州料理の店。
だと思うのですが…。

そんな九州は宮崎の店の前で、
足を止めてしまいました。

この気温にこのメニュー!
入らずにはいられませんでした(笑)。
いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

みすじ通りと一ツ木通りの間の
細い通りにあるのが

「宮崎酒房 くわ」

九州料理と焼酎が楽しめる店です。

店の雰囲気は、まさに飲み屋(笑)。
民芸調というか、見知らぬ土地に行ったときに、
そこの郷土料理を食べたい!

と、地元の人に聞いて訪れた店のような
雰囲気が漂っているのです。

カウンターとテーブル席。

壁にはオススメのメニューが短冊となって並んでいます。

ざっかけなく、居心地のいい空間。

そして。
注文は

「冷汁ランチ」800円
チキン南蛮、白米または十六穀米、梅干付き

冷汁は宮崎の夏の郷土料理。

冷えた味噌汁といえばそれまでですが、

鰹だしたっぷりの出汁に焼いた味噌の風味。
ミョウガの風味がきていて、
なぜか冷たいのが本当に幸せな気分にさせてくれるのです。

こちらの冷汁には、キュウリ、豆腐、オクラが入っていました。

オクラのおかげで、汁はちょっとトロリとしたできばえ。

まずは汁だけひと口飲んでみれば、
滑らかな口当たりに出汁の風味、
そしてさわやかなミョウガの香りが楽しめます。

十六穀米に少しかけていただけば、
ご飯と汁のなんともいえない味わいが
口の中に広がっていきます。

そうした後は、豆腐を崩して、
思いっきりご飯の上に冷汁をぶっかけていただきます。

それはそれは、
食べれば食べるほどに食が進む味わい。

止まりません!

梅干も加えていただけば、さらにさわやか!
冷汁の中でアクセントになってくれました。

チキン南蛮は小ぶりの鶏モモ肉を唐揚げにして、
タルタルソースは卵の存在がわかるソース。

酸味があって甘いソースは、
さすがチキン南蛮です。

外の暑さをすっかり忘れてしまいそうな
シアワセ気分になれたランチでした。

宮崎酒房 くわ
東京都港区赤坂3ノ18ノ12
営業時間 午前11時30分~午後1時、午後6時~午前0時
(ランチは月~金曜)。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« なぜだかほっとくつろげる…。dimoのパスタランチ | Main | お外でランチVol.47 Myおべんと2010 その22 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/49438141

Listed below are links to weblogs that reference さわやかで食欲のわくもの…。宮崎酒房 くわの冷汁ランチ:

« なぜだかほっとくつろげる…。dimoのパスタランチ | Main | お外でランチVol.47 Myおべんと2010 その22 »