« 暑いときは暑い場所の食べ物だっ!東京愛らんどのべっこう丼 | Main | お外でランチVol.45 MYおべんと その20 »

Tuesday, August 17, 2010

Wスープで深い味わい! カレーの龍のちょい

100809_162901 原宿。

明治通りの1本裏手の道。

というと、今や今年の人気店
「Eggs’n Things」がありますが、

実は、そのEggs’nの前にあるこの店が、
結構前から気になっていました。

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

「カレーの龍」

メニューはカレーのみのカレー専門店。

九州は小倉に昭和38年にオープンしたという、
老舗のカレーショップが、
昨年原宿にオープンしたのです。

ビルの2階に上がれば、そこはカウンターのみの
いかにもカレーショップといった雰囲気。

それなのに、なんとなくスタイリッシュな雰囲気があるのは
土地柄でしょうか?

こちらは、1つのカレーのみ。

ライスのボリュームで代金が変わってきます。

オーダーは

「ちょい」500円

これはライスが170g。

トッピングなどもあるので、いろいろカスタマイズもできます。

カレーは、とんこつと鶏がらのWスープをベースにして、
そこに秘伝のスパイスを入れて3日間ことことと煮込んだもの。

野菜や果物は形なくとろけてしまっています。

そのルーの旨味は、本当に深い。
欧風カレーのような口当たりと味わいです。
そして、知らず知らずにやってくるスパイシーな辛味。

牛肉もホロホロとほぐれるようなやわらかさ。

シンプルな見た目なのに、
こんなにも味わいが深いとは! 

創業者は、思い通りのカレーができなかったときは、
店を閉めてしまったり、
味作りに集中するために電話を店から追い出してしまったり。
そんなエピソードがあるようです。

原宿界隈のカレー。
それぞれ特徴のあるカレーがそろっていて、
ちょっと楽しいです。

カレーの龍
東京都渋谷区神宮前4ノ29ノ7、原宿V1ビル2階
営業時間 午前11時~売り切れまで

映画ウンチク
THE KARATE KID
ベスト・キッド
☆☆☆☆

ジャッキー・チェン、そしてジェイデン・スミス主演。
ジェイデンは言わずと知れたウィル・スミスの息子。
デトロイトに住んでいた母子は、父の死後、
転勤で北京に移り住むことに。
そこで待っていた文化や人の違いに戸惑うドゥレイ。
かわいいなと思った女の子と話していたことが原因で
カンフーが上手い学校の子からひどい仕打ちを受ける。
そして、そんな彼の生活を見ていたジャッキーが、
カンフーの手ほどきを開始し、
来るトーナメントで2人の決着を付けるということに。
それぞれが、心に持つつらい過去を
カンフーを通してやさしい気持ちで受け止める。
心も体も強く美しく…。
ちょっぴり長い映画ですが、
ジェイデンの泣きそうな顔は「幸せのチカラ」を思い出します。
そして、ちょっと茶目っ気のある表情は、
本当にウィルにそっくり!

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« 暑いときは暑い場所の食べ物だっ!東京愛らんどのべっこう丼 | Main | お外でランチVol.45 MYおべんと その20 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/49109788

Listed below are links to weblogs that reference Wスープで深い味わい! カレーの龍のちょい:

« 暑いときは暑い場所の食べ物だっ!東京愛らんどのべっこう丼 | Main | お外でランチVol.45 MYおべんと その20 »