« お外でランチVol.41 Myおべんと2010 その16 | Main | 体が目覚める味。Curry草枕のトマトチキン »

Wednesday, July 21, 2010

冷たいけど燃える! 胡椒饅頭KIKIの炎の冷やし坦々麺

100721_123601 午前中ですでに30℃を超えてしまうという、
酷暑が続く、今年の夏です。

そんなわけで、ランチどころを探すのも
あちこち歩き回って探す…というような行為は、
とてもじゃないが、できませんでした…。

ということで、
歩いているそばで見つけた、
だけれども、魅惑のメニューがあったこちらへ…。

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

新橋の外堀通り沿いにある

「胡椒饅頭 KIKI」

胡椒自慢の中華食堂です。

以前、秋葉原界隈でのランチで食べた胡椒ラーメンと
同じ系列…の店です。

新橋の店は地下1階にあります。

階段を下りて引き戸を開けると、
チャイニーズな雰囲気が漂うものの、
落ち着いた空気が流れる店内でした。

オーダーは

「炎の冷やし坦々麺」930円

本当は、秋葉原でも食べた酸辣胡椒麺にしようと思ったのですが、
暑さに負けました(苦笑)。

冷やし坦々麺は、モヤシがたっぷり。
その上には大葉がトッピングされていて、
その風味がさわやか。

チャーシューは豚肉と鶏肉の2つ。

そして海老。

ちょっとぜい沢な坦々麺です。

スープをひと口。

フワッとゴマの香りと口当たりが広がって、
坦々麺ならではの旨味が楽しめます。

麺は普通の麺で程よい固さ。
スープが上手にからんで、いいバランスです。

豚肉チャーシューは、噛み応えがあり、そしてやわらか。
鶏肉チャーシューは、しっとりとした口当たり。

海老はプリプリ。

辛さは、冷たいからあんまり感じないなぁ…と思いながら、
食べ進んでいたのですが、

実は、気づくと口の周りがじんわりと辛味を受け止めていました。

そして、食べ終わるころには
お腹の中がカッカと燃えるような感じに…。

冷たいからこそ味わえるこの不思議。

大汗をかきながら辛いものを食べるのもいいけれど、
あんまりに熱いときは、
こうした冷たいけど熱く燃えるものもいいかも…。
と思った今日のお昼ごはんでした。

胡椒饅頭 KIKI
東京都港区新橋1ノ18ノ15、佐伯ビル地下1階
営業時間 午前11時15分~午後2時、午後5時30分~10時
日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« お外でランチVol.41 Myおべんと2010 その16 | Main | 体が目覚める味。Curry草枕のトマトチキン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/48943715

Listed below are links to weblogs that reference 冷たいけど燃える! 胡椒饅頭KIKIの炎の冷やし坦々麺:

« お外でランチVol.41 Myおべんと2010 その16 | Main | 体が目覚める味。Curry草枕のトマトチキン »