« シアワセのバゲット。RACINESのカスクルートサンドランチ | Main | おうちごはんを食べるようなくつろぎ。ハントコ・cafeの知多牛の味噌林ライス »

Wednesday, April 28, 2010

お外でランチ Myおべんと2010 その7

100428_102501今日の雨は、昼ごろには上がるだろうと
予想していたにもかかわらず、

朝の雨足を見ていると、どうやら一日中、
少なくとも昼ごろまでは、
しっかり降っているような気配…。

思い切り予想をはずされた感があるものの、
せっかく食材があることだし、
作るしかないなぁ…。

なんて思う今朝。

そうです!

今日は今週のこの日と決めていたのでした。

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

「My おべんと」

本日のメニューは

鶏肉とカシューナッツ炒め
キノコサラダ
韓国風玉子焼き
ホウレンソウのお浸し
ゆでカボチャ
ゆでニンジン
ソルトリーフ
プチトマト
ゆかりご飯


鶏肉とカシューナッツ炒めは
オリーブオイルでニンニクと唐辛子を炒めて香りを出してから、
カシューナッツと鶏肉を炒め、
そこに
丹波産のシメジとトマトを加え、
沖縄・石垣島産の
「島ハリッサ」という、
オリーブオイルと島唐辛子、スペアミントなどを合わせた
万能調味料を加え、
最後にオイスターソースで味を付けてみました。

イタリアンテイストの中華味。
島ハリッサのおかげで、味に深みが増しました。

シメジの食感も程よいアクセント。
トマトの酸味もきいています。

キノコサラダは、
キャベツを下にひいて、
ソテーした丹波産の肉厚シメジとマイタケをのせ
だいだいドレッシングで和えたもの。

シャキッとしたキャベツの食感と
しんなりしながらも歯ごたえのあるキノコの食感の組み合わせ。
そしてさっぱりとしたドレッシングのおかげで
すっきりとした味が楽しめました。

韓国風海苔巻きは
エゴマの葉と韓国海苔を細かく刻んで
卵液に加えて玉子焼きに。

エゴマの香りがするだけで、すっかりと韓国の味わいに。
お弁当全体の味のアクセントにもなっていました。

カボチャやニンジンはさっとゆでただけなので、
しゃっきりとした野菜の食感が残っていて、
これもすっきりといただけます。

ソルトリーフは
まるで海ブドウの食感。
そして、かなりの塩味。

不思議な食感と塩味がクセになりそうです。

思いのほかいろいろな味が楽しめたおべんとうとなりました。

映画ウンチク
Precious
☆☆☆

人間。
ダメ人間になってしまうような環境になると、
本当にそこから立ち上がるのが大変。
いくら周りから励ましの言葉があったとしても、
一度深みに入り込んでしまうと、
なかなかそこからは這い上がれない。
そんなことは、わかっているさ。
でも…。
だけれども、
そこに本当に自分を信じてくれる人が現れたら
自分を変える、
前を向く勇気が生まれてくることも確かなこと。
本当にどん底の主人公。
そこから抜け出すための周りの環境というのは、
ありえないような気もするけれど、
でも、
それでも、どんなときでも
前を向いて、上を向いて歩いていかなくちゃ。
そう思える映画です。

原作読んでから見たほうが理解が深まるかもしれません。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« シアワセのバゲット。RACINESのカスクルートサンドランチ | Main | おうちごはんを食べるようなくつろぎ。ハントコ・cafeの知多牛の味噌林ライス »

Comments

?

Posted by: love Cinquante Nuances de Grey streaming vf | Sunday, March 22, 2015 at 16:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/48210225

Listed below are links to weblogs that reference お外でランチ Myおべんと2010 その7:

« シアワセのバゲット。RACINESのカスクルートサンドランチ | Main | おうちごはんを食べるようなくつろぎ。ハントコ・cafeの知多牛の味噌林ライス »