« お外でランチ Myおべんと2010 その7 | Main | 大ぶりが郷土の特長…。北海道オホーツク 美幌食堂の若鶏のザンギ定食 »

Friday, April 30, 2010

おうちごはんを食べるようなくつろぎ。ハントコ・cafeの知多牛の味噌林ライス

100430_120701GWの合間の平日。
いつものGW以上に電車がガラガラに
びっくりしてしまいました。

平日なのに、
街に漂う空気は、すっかり休日モード。

そんなランチタイムだったので、
銀座界隈にいたので、
ちょっと足をのばして
新富町あたりまで行ってしまいました。
いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

首都高の京橋IC入り口に
本当に近いところにあるのが

「ハントコ・cafe」

オーナーの生まれ故郷、
愛知県知多半島のローカルなテイストをしのばせた
和カフェです。

ビルの1階にあるのですが、
中に入ってみて、びっくり。

まるで木造住宅のおうちに来たような雰囲気が
漂っているからです。

入り口近くに大き目のキッチン。
その先は、靴を脱いで上がる板の間。

こちらにはカウンター席が5つとちゃぶ台席が2つ。

靴を脱がなくてもいいところは
その先のテーブル席。
テーブル席は3つほど。

こじんまりとした、くつろぎの空間です。

オーダーは

「知多牛の味噌ハヤシライス」950円
食前酢、サラダ付き

タマネギをじっくり炒めて、ほかの野菜も加え、
赤味噌-豆味噌と赤ワインを加えて作ったソースは、
まるでデミグラスソースのよう。

ひと口食べてみると…。
味噌とは思えないような洋風の味わい。

味噌の風味と赤ワインがガッツリとあっています。
ほのかな酸味もいい旨味。

知多牛はとろとろに煮込まれていて、
本当にやわらか。

ごはんとの相性も抜群です。

目玉焼きを崩してソースと合わせれば、
黄身のまろやかな味わいと
白身の食感が、なんともいえないコクが広がっていきます。

ついついハマってしまう味。

サラダもゴマがふりかけてあり、
ひと手間かけているのがうれしい限り。

キッチンを見ていると、
女性がきっぱり、ぱきぱきと料理を作っていて、
これもとっても気持ちがいい! 

食べ終わった後も、なんだかゴロゴロしていたいなぁ。
そんな気分にさせてくえるカフェでした。

ちなみに食前酢はリンゴマンゴー酢。
すっきりとした飲み心地でこれもうれしかった。

ハントコ・cafe
東京都中央区新富町1ノ4ノ1、1階
営業時間 午前11時30分~午後11時
(ランチは午後2時30分)。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« お外でランチ Myおべんと2010 その7 | Main | 大ぶりが郷土の特長…。北海道オホーツク 美幌食堂の若鶏のザンギ定食 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/48226736

Listed below are links to weblogs that reference おうちごはんを食べるようなくつろぎ。ハントコ・cafeの知多牛の味噌林ライス:

« お外でランチ Myおべんと2010 その7 | Main | 大ぶりが郷土の特長…。北海道オホーツク 美幌食堂の若鶏のザンギ定食 »