« 5日間煮込んだデミソース! KushiBaの特製オムライス | Main | ベースは甘味が旨味。946の知床鶏のタンドリーチキンスープカレー »

Sunday, December 20, 2009

みなぎるパワー食、でもヘルシー。麦とろ童子の白焼き風うなとろろ

091220_182301
寒波続きで、吹く風が冷たい!!!

気温10℃とはいえ、
体感温度は一けた代だったに違いない! 

そんな中でも、
潜ってしまうのがダイバーの性(苦笑)。

地震が続いている伊豆方面ですが、
城ヶ崎海岸あたりは、比較的落ち着いた雰囲気でした。

本日寒空の中、富戸でダイビング。

風は冷たいのですが、水中は水温19℃。
水中のほうが温かく、
海水に入れた手は、もう二度と水面には出したくない! 
と思ってしまうほど。

そして、透明度はなんと25m越え!

あまりのキラキラとした美しさに、ため息が出てしまいました。

さらには、
フリソデエビやネッタイミノカサゴなど、
本当はこの時期には見られることはほとんどない生物が
ザクザク出てきていました…。

何か気象がやはりおかしくなっているのかしら…。
と水中にいると考えさせられてしまうのです。

それでも、なんだかんだと楽しく過ごした水中。

陸上の寒さにブルブルしながらも、
後のお楽しみは、

やっぱりランチ。

帰り際に寄ったのが…。
いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

湯河原の手前にある

「麦とろ 童子」

先月にも伺った麦とろが自慢の店です。

日が暮れてから立ち寄ったのですが、
その窓からは真鶴半島を臨む夜景! 

これまた美しく、ホレボレとしてしまったのでした。

くつろぎの空間で、本日オーダーしたのは

「白焼き風 うなとろろ」2500円
蟹汁、漬物、果物付き

白焼きを蒸したうなぎを麦ご飯ととろろでいただく
アイデアメニューです。

麦飯の上にどかんとのったうなぎは、
その白さと焼き目がなんとも食欲をそそるいでたち。

これにわさびを添えて麦飯とまずはいただきます。

うなぎは驚くほどにふわふわの食感。
それでいてうなぎの旨味がダイレクトに伝わってきます。
ワサビの刺激もいいアクセント。

続いて山椒をパラパラと振りかけて再び麦飯と…。
こちらは山椒の風味とうなぎの相性がいいように、
本当にいい味わい。

ここからは、自然薯を特製出汁で溶いたとろろをかけて…。

このとろろが弾力があって、
そして思わず顔がほころんでしまう味加減。

うなぎのふわふわ感とも合っていて、いい! 

ワサビと一緒にいただけば、
その刺激が程よく口の中に広がって、味に深みが増します。

もちろん山椒ともぴったり息が合っています。

あれこれいろんな食べ方で楽しんだ後は、

少しだけ麦飯をお替りして、

万能ネギと蟹汁でサラサラお茶漬け風に。

この蟹汁が本当にいい味わいで、
お腹はいっぱいのはずなのに、
サラサラサラサラとお腹に収まってしまいました。

柚子風味のダイコンの漬物も相変わらずのさわやかさ。

果物はこの近くで取れたみかん。
小さいながらも甘みがあって、程よい酸味。

季節を感じさせてくれるシメでした。

麦とろ 童子
熱海市伊豆山郷清水210
営業時間 午前11時30分~午後6時
(土・日曜、祝日は午後8時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« 5日間煮込んだデミソース! KushiBaの特製オムライス | Main | ベースは甘味が旨味。946の知床鶏のタンドリーチキンスープカレー »

Comments

ランチって…なんだろう…?

Posted by: BlogPetのこぱん | Monday, December 21, 2009 at 15:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/47073268

Listed below are links to weblogs that reference みなぎるパワー食、でもヘルシー。麦とろ童子の白焼き風うなとろろ:

« 5日間煮込んだデミソース! KushiBaの特製オムライス | Main | ベースは甘味が旨味。946の知床鶏のタンドリーチキンスープカレー »