« さくさくほっこり♪ 天房の上天丼 | Main | 気軽に食べるお昼ごはん。小結のユッケジャン定食 »

Saturday, November 28, 2009

プッチプッチの初食感! 麦とろ 童子の生いくらとろろ

091128_164301_2091128_164001

東伊豆方面にダイビングに行くたびに、
帰り道のここの前を通ると、

「最近、寄ってないなぁ。
また食べたいなぁ・・・」

そう思いながら、なかなか寄ることができませんでした。

気づけば1年ぶり。

いつもの熱海の沖合いに浮かぶ初島でのダイビング。

あまりのおだやかな透明度20mくらいのさわやかさ。
キビナゴやイサキの群れが悠々と泳ぐ様。

岩の瓦礫の穴の中から顔を覗かせている
ジョーフィッシュ。

そんな気持ちのいいダイビングの後に、
どうしても、早く島を離れなくてはいけない理由から、
島ごはんを断念。

では! 

こんなときこそ!

と立ち寄ったのが

湯河原に近い

「麦とろ 童子」

麦とろ自慢(名物おやじも)の店です。

おだやかな天気のおかげで、
部屋から見下ろす海が美しい。

ちょうど空いている時間帯に行ったので、
なんだか
友だちの家に遊びに来たような気分になってしまいました。

親爺トークを楽しみながら、
おすすめのメニューを選びます。

「生いくらとろろ」2200円
蟹汁、漬物、果物付き

この生いくら。

本当に生のイクラなんです。

塩漬けやしょうゆ漬けにしていないもの。

こんな宝石のように透明感のあるイクラを見るのは初めて! 

イクラだけ口に入れてみると…。

歯で噛み潰せません(苦笑)。

奥歯でギュッと噛み締めると、
プッチ!と突然はじけて、中からとろりととろけるようなイクラの味。

これがイクラの味なのかぁ。
と思わずうなってしまいます。

ここにだし汁で溶いた自然薯のとろろをかけまわして
いくらと一緒に食べてみると…。

イクラが口の中で滑ります(笑)。

相変わらずのとろろのまろやかでやさしい味。

そこにようやくプッチプッチとつぶしたイクラの味が混ざり合い、
なんだか
よくわからないままシアワセな気分になりました。

食感がうれしい麦飯と一緒に食べていると、
イクラ、噛まないまま喉を通り過ぎていきます。

食べていて、思わず笑ってしまう体験。
そして、あっという間の味わいでした。

蟹汁はすまし汁仕立てなのですが、
本当に蟹の味がしっかりと出ていて美味。

麦飯を少しだけお替りすると、
刻んだ万能ネギを添えて持ってきてくれます。

ネギだけ食べるとネギの辛さ。
でも、
そこに蟹汁を注いで、
ネギを麦飯に沈めて再びネギを食べると…。
甘い味わいに変身! 

そして麦飯と蟹汁の相性のいいこといいこと!

ずるずるとシメの一杯をいただいてしまいました。

ダイコンの漬物も
柚子の香りがさわやかでクセになります。

地元で取れた柿は程よい固さ。

満足なひとときでした。

麦とろ 童子
熱海市伊豆山郷清水210
営業時間 午前11時30分~午後6時
(土・日曜、祝日は午後8時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« さくさくほっこり♪ 天房の上天丼 | Main | 気軽に食べるお昼ごはん。小結のユッケジャン定食 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/46895477

Listed below are links to weblogs that reference プッチプッチの初食感! 麦とろ 童子の生いくらとろろ:

« さくさくほっこり♪ 天房の上天丼 | Main | 気軽に食べるお昼ごはん。小結のユッケジャン定食 »