« 定食の王道こんだて。居酒屋 春の焼き魚(さんま)定食 | Main | 横浜時間が流れる空間。Limapuluh Annex店のフォーランチ »

Thursday, November 05, 2009

バーニャカウダがウレシイ! La Casalingaのパスタランチ

091105_132001091105_130901

新しいビルディング建設ラッシュから
ひと段落していたこのごろ。

忘れたころの今年の9月にオープンしていたのが、
丸の内ブリックスクエア。

フランスの有名バター、エシレのショップをはじめ
気になるブランドが勢ぞろいのスポットです。

1階のエリアは中庭のようになっていて、
その雰囲気は丸の内のど真ん中ということを
忘れさせてくれるような造り。

1階のレストランは、オープンテラスも多く、
優雅にランチを楽しんでいる人が多く見られます。

普通にランチをしたい人は、たぶん地下1階のレストラン街へ(笑)。

こちらも1階に負けず劣らず、気になる食べ処がいっぱいです。

その中で選んだのが

「La Casalinga」

トスカーナ地方のイタリアンが楽しめるレストランです。

イタリア語で「主婦、家庭料理」の意味を持つ店名通り、
店内はイタリアのカントリーサイドに来たかのよう。

クリーム色の壁にはイタリアの景色を思わせるような
絵が描かれています。

オーダーは

「パスタランチ」1000円
有機野菜のバーニャカウダ、自家製パン付き

パスタは5種類の中から選べます。

選んだのは

「ファルファル:鶏ミンチとカリフラワー、キャベツのオーブン焼き」

バーニャカウダが、何しろウレシイ! 

レッドペッパー、イエローペッパー、ダイコン、
ジャガイモ、ニンジン、ブロッコリー、ズッキーニ、水菜…。

みずみずしい野菜をアンチョビソースでいただきます。

アンチョビソースの程よい塩辛さとオリーブオイルの組み合わせの
なんと絶妙なことか! 

野菜を食べているという実感がわく、
バーニャカウダは、食欲がどんどん沸いてきます。

オーブン焼きは

リボン型のパスタがどっさりと入った一品。
ホワイトクリームとトマトクリームの2種類のクリームで
コクがありながらも旨味たっぷり、
あっさりといただけるソースです。

カリフラワーは食べやすいサイズにカット。
それでいて食材の持つ食感が生きていて、
これをパスタと一緒に食べるのが楽しい。

鶏ミンチとカリフラワーの組み合わせもやさしい味わい。

キャベツも細かく刻んであって、口あたりもいい塩梅。

チーズのおこげ部分はカリカリとして香ばしく、
これらもアクセントになっています。

満足感の高いランチでした。

La Casalinga
東京都千代田区丸の内2ノ6ノ1、丸の内ブリックスクエア地下1階
営業時間 午前11時~午後9時
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« 定食の王道こんだて。居酒屋 春の焼き魚(さんま)定食 | Main | 横浜時間が流れる空間。Limapuluh Annex店のフォーランチ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/46685519

Listed below are links to weblogs that reference バーニャカウダがウレシイ! La Casalingaのパスタランチ:

« 定食の王道こんだて。居酒屋 春の焼き魚(さんま)定食 | Main | 横浜時間が流れる空間。Limapuluh Annex店のフォーランチ »