« August 2009 | Main | October 2009 »

Wednesday, September 30, 2009

たまには贅沢に旬のネタ。旭鮨総本店の特ランチにぎり

090929_133201_2お弁当も
楽しみながら
がんばったし、

一区切りついた
この時期に

自分への
ご褒美ランチでも
してしまおうかな…と
ふと思い立ち、

ならば
自分では作るのは難儀な
寿司でも食べようか…と勝手に決定。

向かったのは、横浜はみなとみらい
クイーンズスクエア[アット!]地下1階にある

「旭鮨総本店」へ。

下高井戸に本店を持つ寿司店です。

店内はカウンターが9席に残りはテーブル。

西洋文化を取り入れたばかりのころのような
和の中に洋が入り込んだような雰囲気の店内です。

オーダーは

「特ランチにぎり」1850円
お椀付き

本日のネタは

トロ、ボタン海老、ウニ、穴子1本にぎりのほか

イカ、カツオ、赤貝、赤身、赤身魚、酢締めの白身魚、玉

トロは本当に口の中でとろけるよう。

ボタン海老もトロリンとしていてまったり。
ウニもなめらかな味わい。

穴子はホッコリとしていて柔らか。
そして甘いタレがよく合っています。

イカはプリプリな食感で、上にのったイクラもうれしい。
旬のカツオはしっかりとした味がしたし、

赤貝はなめらかで食感も楽しめました。

マグロの赤身もさっぱり。
赤身魚のにぎりもいい味わい。

酢で締めた白身魚は酢の加減も絶妙でこれまたさっぱり。

そして寿司飯は口の中に入れるとホロリとくずれるような
ほどよい柔らかさ。

新鮮なネタとのバランスも良く取れていました。

久しぶりの寿司を目の前に、
気持ちもなんだかとっても高まってしまいました。

こちらではランチ丼などはお値打ち価格で出しているので、
気軽なおひるごはんも楽しめます。

旭鮨総本店 クイーンズスクエア横浜B1F店
横浜に西区みなとみらい2ノ3ノ4、
クイーンズスクエア[アット!]ステーションコア地下1階
営業時間 午前11時~午後9時30分
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Tuesday, September 29, 2009

細いのに弾力! 赤坂麺通団の激辛ゆず醤油うどん

090914_130201さぬきうどんが
都心…というか、
関東に進出してから
結構経ちます。

映画「うどん」は、
香川で出している
タウン誌の中の
「麺通団」なるチームが
県内の讃岐うどんを
食べ巡る
うどん行脚なコラムが
元となっていました。

その本、
「恐るべきさぬきうどん」シリーズを
讃岐うどんが流行りだす前から読んでいて、
「あ~、うどん行脚に行きたいなぁ…」と
思っていたのですが、なかなか実現せず…。

そうこうするうちに都内で
「麺通団」なる店名の讃岐うどん屋が出現。
その香川のタウン誌を手がける方の監修だったかと記憶しています。

そうして、その麺通団で修業を積んだうどん職人が
8月の終わりごろに赤坂見附はみすじ通りにオープンさせたのが

「赤坂麺通団」

セルフの讃岐うどんの店です。

セルフはうどんだけでなく、夜に楽しめるお酒もセルフらしく、
カウンターで注文すると
自分で酒の壷のところにいって注ぐシステムになっているようです。

うどんも温かいのを注文すると、
最終的には自分で蛇口のボタンを押してつゆをかけます。

サイドメニューも天ぷらやおにぎりのほか、
一品料理もズラリ。

たしかにこれならお酒も楽しめそう。

さらにはご飯ものもあって、
ご飯を注文して自分で好きな天ぷらを選び、
最後に自分でつゆをかけて丼のできあがり! 

なんだかワクワクするようなシステムです。

店内はカウンターですがスツールがあるので
座って食べられるのもうれしい。

さて。

注文は

「激辛ゆず醤油うどん(小)」690円

自慢のうどんに自家製のゆず胡椒、大根おろし、
そして柚子を添えた一品です。

ゴマやネギは自分で好きなだけ入れていただきます。

こちらのうどんの麺は、細め。
けっして太くはありません。

なのに、なんとコシのあることか! 
しかもコシがあるのに柔らかい。

自家製の柚子胡椒は確かに辛い! 

その刺激を出汁がいい具合に調和してくれています。
さらには絞った柚子もさわやかにしてくれています。

柚子胡椒の心地よい刺激に感動しながら、
細くてやわらかいのにコシのあるうどんを
じっくりと堪能してしまいました。

夜お酒と共にサクッと味わうのもいいかもしれません。

赤坂麺通団
東京都港区赤坂3ノ12ノ3、コンチネンタル赤坂ファイブビル1階
営業時間 午前7時~午前2時
土・日曜、祝日=午前11時~午後11時

映画ウンチク
プール
☆☆☆

小林聡美、もたいまさこ出演の映画。
かもめ食堂、めがねに次ぐ第3弾といったところ。
今回の舞台はタイ・チェンマイ。
家庭を飛び出し、チェンマイでゲストハウスを営む
母を訪ねた娘。
母はなんでチェンマイに来たのか、
そこで働く日本人や母親を探しているタイの子どもは
なぜそのゲストハウスにいるのか…。
そういった細かい部分は多く語らず、
ただ坦々に流れていく日常を写し出しています。
ほとんど音楽がなく、ただタイの風の音が
そよそよと響いている感じ。
そしてテーマ曲でもある歌を小林聡美が口ずさめば、
その声も風のよう。
観ているとなんだかゆるゆるとした気分になって
気づくとチェンマイに自分がいて、
うとうとと気持ちよくうたたねしてしまっている…。
そんな感覚になってしまう映画です。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, September 28, 2009

こってりタイプのタイの味。サバイクラパオのセンミートムヤム

090928_125001祭りの後の
横浜。

関内周辺は、
何事もなかったような
空気感がありますが、

ときおり見かける
市の職員が
たねまるのエコバックなどを
持っているのを見ると
なんだか
胸がキューッとなってきます(苦笑)。

そんなわけで、久しぶりに関内界隈でのランチ。

ずいぶん前から気になっていた店。

ベイスターズ通りの昭和の香りのする3階建てのビルの
まさに3階。

6月にオープンした

「サバイクラパオ」

タイ料理居酒屋です。

タイ東北地方の料理が楽しめます。

店内はこざっぱりとした、ざっかけない雰囲気。

キラキラしていないのも好感が持てます。

オーダーは

「センミートムヤム(トムヤムクンラーメン)」680円
サラダ、デザート付き

トムヤムクンにセンミーという
そうめんのように細い麺が入ったメニューです。

スープは、さらさらではなく、
どちらかというとこってりとした味わい。
タイで食べたトムヤムクンとほぼ同じ味わいです。

とはいえ、ひと口目は辛さがほとんど感じられず、
酸味と甘さが引き立っています。

そして、かすかに辛い味。

センミーを持ってきてくれたときに、
タイの調味料セット、
プアンプリックをすかさず持ってきてくれたのですが、

トムヤムクンにも入れるんだろうか…。

としばし考えましたが、

唐辛子の辛さは変わらないか…と思い、
唐辛子をバラリと入れてしまいました。

そして、それに比例して砂糖も少々加えて…。

自分好みの辛さになりました。

それでいてトムヤムクンの風味を壊してないところにも
なんだか感心してしまいました。

モヤシやシメジなど野菜も味わいながら、
パクリパクリと麺を口に運びます。

丸ごと入っていたプチトマトもいい酸味。

そして、気づけば大汗をかいているのでした。

デザートはライチと黄色のスターフルーツ(?)。

この甘さにほっとくつろぎます。

辛い後の甘味。

久しぶりにタイ料理を味わえて、
ちょっぴり満足のひとときでした。

夜のメニューも味わってみたいです。

サバイクラパオ
横浜市中区常磐町2ノ13、H・Mビル3階
営業時間 午前11時~午前0時
(ランチは午後3時まで)。日曜定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, September 27, 2009

もっと!お外でランチVol.21 My おべんと その19

090927_095901思えば、
本当に
あっという間の
5ヶ月間。

長い会期の
ボランティアだなぁ…と
思っていましたが、

終わってみれば、
気づいたら9月末でした。

活動もさることながら
時間的なことをきっかけに
作り始めたお弁当も、
これでひとまずひと段落。

作る楽しさを本当に味わうことができました。

これで終わっちゃうのかなぁ…と思うと淋しいので、
またお弁当を持っていけるような環境を
見計らって作っていければいいな…と思います。

そんな本日の

「My おべんと」

メニューは

チキンアラビアータ
むらさきつゆくさの胡麻油とナンプラー炒め
ホウレンソウのお浸し
カブのボイル
チェダーチーズ入り玉子焼き
プチトマト
茗荷の千切り
裏海苔弁

チキンアラビアータは、チキンと赤・緑ピーマンを
一緒に炒めてからトマトを加えてさらに炒め、
最後に自家製アラビアータソースを絡めました。

チキンにアラビアータソースがきっちりと絡んでいて、
ガーリックとトマトの味が生きていました。
フレッシュトマトを加えたので、
トマト度もかなり高め。

ごはんの進む味です。

むらさきつゆくさは、本日は単独で胡麻油で炒めてから
ナンプラーで味付け。

シャッキリ、そして、歯ごたえのある茎がやはり特長。
噛み締めるほどにネバネバ感が味わえるのも、不思議。

チェダーチーズ入り玉子焼きは、
通常の形のほかに、
友人から教わったハート型を作成。

この1つで、なんだかお弁当がキュートになった気分です。

もちろん味は、チーズのコクがふんわりと伝わって、
卵との相性の良さを物語っていました。

茗荷はただただ千切りしたもの。
それでも、この茗荷のなんともいえない味わいは、
お弁当全体のアクセントになってくれました。

カブはサッとゆでているので、
カブ独特のジューシーさがたっぷりと残っていました。
そのジューシーさが魅力。

そして。

裏海苔弁。

おかずをたくさんのせたかったので、
一番上には海苔をひかずに、
間、2段にして海苔と削り節を引いてみました。

隠れたところにある味は、
やっぱり少しの驚きと、ニッポンジンならではの味が楽しめました。

次のお弁当作り…。
いつになるのでしょうか(笑)。

舌も乾ききらないうちに作っていたらお許しください(苦笑)。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Saturday, September 26, 2009

もっと!お外でランチVol.20 My おべんと その18

090926_105501090926_105901

週末ではありますが、
お弁当を作る機会があったので、
イレギュラーでアップすることにしました。

というのも、
今日に限っては、どうしても作ってみたかったメニューがあったので…。

めったに観光地の週末には足を向けないのですが、
Y-150にクライマックスを控えた本日は、

本当の意味での大イベント

「出航イベント」のお手伝いに、みなとみらいは
象の鼻パークや赤レンガパークに繰り出していました。

みんなの夢の種をのせて、未来に向かって出航したのは
3年前から日比野克彦さんがプロデュースしていた

ダンボールで作った船。

その船に、夢や希望を乗せて
象の鼻パークから赤レンガパークの港まで
ダンボール船が走っていきました。

これ。本当に夢のあるイベントで、
世間的に知られていないのか、ちょっと残念な気分に…。

イベント自体は本当にステキなものでした。

そんなイベントを前に、早めのランチ。

本日は混みあっている場所は避けて、
横浜ワールドポーターズとは反対側の
運河パークでいただきました。

本日の

「MY おべんと」

メニューは

のんちゃんの海苔弁
ゆで豚のきび出汁酢合え
ゆでキャベツ
赤・緑ピーマンとタマネギ、カブのソテー
むらさきつゆくさと天然なめこの胡麻ラー油炒め
辛い辛いニンジンのきんぴら
出汁巻き玉子焼き
プチトマトの甘酢漬け

のんちゃんの海苔弁。

これは、これから公開予定の映画

「のんちゃんの海苔弁」を参考にしました。

というのも

この映画のフードコーディネーターは、
「かもめ食堂」や現在公開中の「プール」などで
料理のコーディネートをしている飯島さんが
考えたメニューのひとつ。

たまたま書店で最新刊をチェックしていたところ、
その本に出会い、

これはおいしそうだと、

まねしてみたかったものだったのです。

実際のレシピとは、たぶん食材は違うのですが、

菜っ葉ものといり卵を使ったところがポイントの海苔弁。

今回は

カブの葉の浅漬けと甘い味付けのいり卵を
間に挟んで、いちばん上に削り節と海苔をトッピングしました。

甘い卵としゃっきり歯ごたえのカブの葉。
そして、ニッポンジンにはうれしい削り節や海苔の風味。

自分で作って知っているとはいえ、
中からキレイな卵の色や葉の色が出てくると
ウレシイ驚きになってしまいます。

豚肉はサッと茹で上げ、きび酢とだし汁でつくった汁に漬けて
さっぱりと仕上げました。

ゆでキャベツと一緒にいただくと、
さらにさっぱり。

昨日初めて使ったむらさきつゆくさは
本日は天然なめこと一緒に炒めてみました。

炒めてみれば、茎はシャッキリとしていていい食感。
ナメコのネバネバと一緒になって、なんだかいい塩梅。

ナンプラーでアジアな味が楽しめました。

ピーマンは赤と緑を使って彩りよく。
カブを入れたら、カブのジューシーな食感がアクセントになって
これまた楽しめました。

出し巻き玉子焼きは久しぶりのスタンダードな味。

でも、海苔弁の中に甘い卵が入っていたので、
卵の味の変化を楽しむことができました。

のんちゃんの海苔弁。

ちょっと気に入ってしまいました。
映画も観てみたいです。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, September 25, 2009

お外でランチVol.19 My おべんと その17 FINAL

090925_093701今日は、まるで
夏の日差しが
戻ってきたかのような
晴れ晴れしい天気。

横浜で開催している
Y-150も
いよいよ
残すところ2日。

このお弁当作りも
平日は今日が
最終日となりました。

これだけ回を重ねていくと、
お弁当作りも本当に楽しく、
毎回何を作ろうか、何を入れようか
ワクワクとした気持ちで作ることができました。

お弁当作りもおしまいかと思うと、ちょっと淋しい。

そして、Y-150が開催されていたこの5ヶ月間が
あっという間で、
その淋しさもだんだんと、ジワジワと感じてきています。

今日はどこでお弁当を広げようか…。

考えた挙句、
お弁当を食べ始める前からお気に入りだった、
赤レンガパークにある
プラットホームでいただくことにしました。

本日の

「My おべんと」

メニューは

鶏肉と天然ナメコ、ニンジン、レンコンの炒め煮
甘いのに黄金とうがらしで辛さ倍増! ニンジンのきんぴら
カブの素焼き アラビアータソース添え
むらさきつるくさのお浸し
ナスのマリネ
ミニトマトの甘酢漬け
チェダーチーズとトマト入り玉子焼き
カブの葉の浅漬け
白ごはん

炒め煮に使ったナメコは、
最近出回るようになった大きなナメコ。
鶏肉とニンジン、レンコンを炒めてから、
だし汁で煮てからナメコを入れたのですが、
そのとたんに、ナメコの風味が全開! 

一挙に秋の味わいになりました。
いい出汁が加わった感じです。

ニンジンのきんぴらは前回作って気に入ってしまったので、
またまたの登場。

この甘いのにピリッと刺激的な辛さは、
ごはんが進んでしまいます。

ごはんが進んでしまうおかずのもう一品が
カブの葉の浅漬け。

カブの葉を塩もみしてから
細かく刻んで醤油をたら~り、鰹節をぱら~り。

カブの葉の苦味と醤油の組み合わせが絶妙で、
たまりません。

この漬物。
よく行く蕎麦店でご飯を注文すると付いてくる一品で、
この店ではニンジンなどの皮を上手に処理して
漬物にしていました。

その作り方を思い出してみました。

カブは素焼きにしたのですが、
かぶりつけばカブのジューシーさが
しっかりと伝わってきました。

アラビアータソースでちょっと辛さも加えて…。
これもなかなかな組み合わせでした。

そして、初めて使った
むらさきつゆくさ。

お浸しにしたのですが、この野菜がこんなにも
ネバネバするとは思ってもみませんでした。

茎が太いのでホクホクとした食感が特徴的。
結構ハマる食材かもしれません。

玉子焼きは
小さく刻んだトマトとチェダーチーズをあわせてみました。

チーズのコクとジューシーなトマトの組み合わせは絶妙! 
イタリアンな味が楽しめました。

ナスのマリネは与論島のきび酢
黄金酢を使ったので、テーストはちょっとジャパニーズ。

さっぱりとした酸味がいい味わいになっていました。

回を重ねるごとに、なぜかおかずが増えていってしまいました(笑)。

なんだか、まだまだ作ってみたいものもたくさんありそうで…。

残りの2日間にも作ってしまいそうな…
気がちょっとしています(苦笑)。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Thursday, September 24, 2009

ボリュームランチ! 鉄板ステーキチャーハンの店 STEAK MOUNTAINのネギ塩ステーキチャーハン

090924_141601ランチタイムを
大きくはずれ、

しかも
あんまり
時間のないときは、

フードコートなどで
サクッと食べるのが
いちばん。

そんな状況の
大連休の後の
今日。

横浜ワールドポーターズの
フードコートでランチすることにしました。

数年前にリニューアルしたこちらのフードコート。

現在はうどん、ステーキ、ラーメン、石焼きビビンバの店が
並んでいます。

その中から選んだのが

「鉄板ステーキチャーハンの店 
STEAK MOUNTAIN」

チャーハンの上にステーキがのった
ボリュームメニューが楽しめる店です。

基本のステーキチャーハンに、
トッピングが加わって、さまざまな種類がそろっています。

オーダーは

「ネギ塩ステーキチャーハン(S)」690円
プラス100円でドリンク付き

ポケベルを渡されて、テーブルを確保して待つこと数分。

ベルの音と共にトレーを受け取ります。

こちらの店はオーダーと共に鉄板で焼き始めるので、
そのジュージュー感も見ものです。

鉄板にのってやってきたステーキチャーハン。

チャーハンは卵入り。
そしてガーリックがきいた味わい。

ステーキはペッパーをきかせてあります。

その上にネギ塩がパラリパラリ。

チャーハンとステーキの間にはキャベツとモヤシ。

ステーキは薄いのですが、柔らかくてジューシー。
ペッパーの味とチャーハンのガーリックの組み合わせが
たまりません。

ネギ塩ダレはまったりと胡麻油の風味がほんわり。

なかなかイケます。

さらには歯ごたえのあるキャベツ。
しゃっきりのモヤシ。

このすべての組み合わせがなんだかぴったり。

食べ終わってみれば、Sサイズながらもかなりの満腹感です。

MサイズもLサイズもあるので、
たくさん食べたい人にも優しいメニューのラインアップです。

鉄板ステーキチャーハンの店
STEAK MOUNTAIN

横浜市中区新港2ノ2の1、横浜ワールドポーターズ1階
営業時間 午前11時~午後9時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (19) | TrackBack (0)

Friday, September 18, 2009

お外でランチVol.18 My おべんと その16

090918_102401今日はどんより
曇り空。

肌寒さが
人恋しい気分に
させられます。

なんだか海を見ながら
お弁当を広げたいな
と思い立ち、

みなとみらいの海際の
新港パークに
足を向けてみました。

海に向かって段々階段に腰を下ろして、
さぁ食べようと思ったところで、

なんと小学生の団体が
この場所でお弁当タイムでやってきてしまいました(苦笑)。

なぜか、小学生に囲まれるような形での
今日の

「My おべんと」

メニューは

ナスと豚肉炒め 黒酢あんかけ
ニンジンのきんぴら
レンコンのきんぴら
ベーコンとエリエノソテー
ルッコラのお浸し
オクラ
セロリとプチトマトの甘酢漬け
チェダーチーズ入り玉子焼き
白ごはん
自家製梅干

ナスと豚肉炒めはサッと炒めてから
黒酢とナンプラー、パクチーを合わせたソースを
かけまわしてあんかけ仕上げにしました。

黒酢にナンプラーの塩気が加わり、
思いのほかナンプラーの風味が消えて
黒酢とほどよくなじんだ味わいになりました。

パクチーの風味もアクセントになっています。

レンコンのきんぴらは、
赤唐辛子と一緒に炒めてから醤油で味付け。
とがった感じの味わいのきんぴらに。

一方ニンジンのきんぴらは
黄金とうがらしを使って炒めたので、
砂糖をたっぷり入れてから醤油。
甘い仕上げを目指しました。

このニンジンのきんぴら。
口あたりは甘くて、その甘みと醤油がマッチしているのですが
食べているうちにヒリリと唐辛子の辛さがやってきて、
甘いのに刺激的。

ごはんとよく合います。

ベーコンとエリエノソテーは、
エリンギとエノキと一緒にソテー。

味付けはベーコンの塩気のみ。

きんぴらに味が全面に出ていたので、
このくらいの味付けがちょうど良かったです。

ルッコラのお浸しは相変わらずの味。
なぜかホッとできるお浸しです。

今日の玉子焼きはチェダーチーズを使いましたが、
チェダーチーズのまったりとしたコクのある味が
やっぱり卵とぴったり。

アメリカの朝ごはんの味を思い出しました。

セロリとプチトマトも
いい具合に甘酢に使っていてうれしい味わい。

今日は久しぶりに自家製梅干も入れたので、
味の変化がいろいろ楽しめました。

お弁当作りも、
残すところあとわずか。

作る楽しみをしみじみと感じている今日このごろです。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, September 17, 2009

ハッピースマイル♪ PANCAKE DAYSの季節野菜とじゃがいものドライカレー

090917_132701どんなに
いやなことが
あっても

つらいことが
あっても

笑顔でいれば
きっと
いい方向に
向かっていく! 

笑う角には
福来る!

そんな気分にさせてくれる店が、
原宿の表参道からちょっと脇に入ったところに
8月にオープンした

「PANCAKE DAYS」

パンケーキが楽しめる店です。

こちらのパンケーキはオリジナルの
パンケーキミックス粉を使用。

砂糖や卵が入っていなくて、
小麦粉などの素材本来の甘みが感じられる
ほっとするような味が楽しめます。

オーダーは

「季節野菜とじゃがいものドライカレー」980円
パンケーキまたは五穀米、デリ1品、ドリンク付き

ドライカレーをパンケーキで?
と思いましたが、

やっぱりパンケーキの店だけに
パンケーキを選びます。

デリは本日のデリ4種の中からセレクト。

選んだのは

エビとアボガドのわさびマヨネーズ

ドライカレーは
とろみのついたカレーですが
オリエンタルなスパイシーな香りがたっぷり。

季節野菜はナス。

ナスやジャガイモもカレーにぴったり合っています。

そしてパンケーキ。

ここのパンケーキはスマイルマークが大きな魅力。

付け合せのポテトフライもニッコリスマイル。

パンケーキにはバターを塗って
メイプルシロップがかけていただきます。

パンケーキが甘くないので、
メイプルシロップの甘さはあっさりと感じられます。

そこにドライカレーのスパイシーな風味が
なんだか合っているから不思議です。

エビとアボガドのわさびマヨネーズは
アボガドのまったりとした味わいがいい感じ。
プリッとしたエビの食感、
ピリッとくるワサビの風味もいい塩梅です。

食べ終われば、すっかり満腹。
ボリューム感のあるランチでした。

お腹がいっぱいになれば、なんだか幸福感。
ニッコリ笑ってハッピー気分になれました。

PANCAKE DAYS
東京都渋谷区神宮前6ノ6ノ2、原宿ベルピア2階
営業時間 午前11時45分(土・日曜は11時)~午後10時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Wednesday, September 16, 2009

お外でランチVol.17 My おべんと その15

090916_101001昨日とは
打って変わっての
秋晴れ。

気温もちょっと
高めで
夏の気分が
味わえそうな
ものの

やっぱり肌に
触れる風は
秋の気配。

そんな気持ちのいい本日は
運河パークをはじめ、
ワールドポーターズのデッキテラスでも
お弁当を広げている人を
多く見ることができました。

今日はおなじみの運河パークでお弁当。

本日の

「Myおべんと」

メニューは

辛辛鶏そぼろ
甘甘卵そぼろ
エリンギのオリーブオイルステーキ
セロリとプチトマトの甘酢漬け
ルッコラのお浸し
オクラ
白ごはん

鶏そぼろは、黄金とうがらしと一緒に炒めてから
隠し味に柚子胡椒をたっぷり。

醤油で味を調えてからみりんでテリをつけました。

なので、味は本来の鶏そぼろと同じような風味。

それでいてピリッと辛い要素がジワジワと体をせめてきます。

一方卵そぼろは
砂糖を入れて甘い卵に…。

この2つのコントラストが絶妙でした。

別々に食べてもよし。

鶏と卵を一緒に食べれば、
辛いのと甘いのが口の中で一緒になって
絶妙なハーモニーを作り出していました。

ルッコラのお浸しも新鮮! 

初めの口あたりは、ホウレンソウなどの
菜っ葉のお浸しの味わいなのですが
噛み締めていくと、最後のひと口あたりで
ルッコラの風味がグッと口に広がる感じ。

生で食べるよりも控えめで
それでもきっちりルッコラの存在をアピールしていました。

お浸しにすると、それだけ量が食べられるのも魅力。

エリンギのステーキは輪切りにして
オリーブオイルでソテー。

ホタテのような不思議な食感を楽しみました。

セロリとプチトマトは前日に
黄金酢と砂糖を合わせたものに漬けたもの。

ほどよい酸味が相変わらずに楽しめました。

昨日に比べて色鮮やかなお弁当。

色の配色次第でものごとが変わるものなんだな…と
しみじみ実感したのでした。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Tuesday, September 15, 2009

お外でランチVol.16 My おべんと その14

090915_073401残暑の9月…。

というのが通常ですが、
なんだか
今年はすっかり秋。

それでいて、
9月の風物詩
台風は
やってきてしまうので

今日の天気は
切ないほどにどんより。
そして、
人肌恋しくなるような気温。

パラパラと雨が今にも降り出しそうなランチどき。

本日は、みなとみらいクイーンズスクエアの2階の
デッキでおべんとうを楽しんでみました。

本日の

「My おべんと」

メニューは

豚しゃぶ 柚子胡椒マヨネーズ添え
モヤシの胡麻ラー油和え パクチー風味
レンコンのソテー
エリンギのソテー
プチトマトとルッコラ入り玉子焼き
オクラ
セロリの甘酢漬け
しそひじきごはん

豚しゃぶはさっとお湯でしゃぶしゃぶ。
脂身がほどよくいい味わいになっています。

ピリリときいた柚子胡椒にまったり味のマヨネーズが
そのとんがり具合を調和してくれています。

胡麻ラー油和えのモヤシはキリッと唐辛子の辛さ。
ゴマの風味も楽しみつつ、パクチーでアクセント。

豚しゃぶとの相性も良かったです。

レンコンのソテーはシャクシャク。
エリンギのソテーはコリコリ。

プチトマトとルッコラ入りの玉子焼きは
プチトマトが大きすぎましたが甘くていい味わい。

卵とトマトって、なんと仲良しなんでしょうと思わせる
組み合わせの味です。

ルッコラの風味もポイントとなりました。

セロリの甘酢漬けは、
前回同様、前の日に与論島の黄金酢に砂糖を加えて
漬けておきました。

セロリの風味と独特の酸味は、
まだまだクセになりそうです。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Monday, September 14, 2009

ガーリックがキメ味! CERVECERIA GRAN VIAのボカディージョランチ

090914_132901赤坂界隈です。

赤坂でランチのときは
比較的
見附寄りで
手を打つことが
多いのですが、

今日は
TBSの下にあたるような
ところにでも
行ってみようかな…と
思い立ち、
赤坂通りを散策。

TBSから本当にすぐ近いところにあったのが

「CERVECERIA GRAN VIA」

スパニッシュレストランです。

心地よい風の吹く今日のような日にぴったりの店。

というのも、
通り沿いは全面開放してあるオープンテラスになっているから。

店内はカウンターが少しにテーブル席。

タイルが貼ってあり、その雰囲気が
ヨーロピアンな雰囲気を演出しています。

こちらでいただける生ハムは、
なんと秋田県産の豚を使った自家製生ハム。

海水塩だけを使って丁寧に作られた生ハムです。

そんなわけもあり、
生ハムメニューを探して選んだのが

「ボカディージョランチ」850円
スープ、サラダ、コーヒーまたは紅茶付き

ボカディージョはスペイン風サンドイッチで
中身は

生ハム、チーズ、野菜類

フレンチフライと一緒にやってきました。

フレンチフライのトッピングは
トマトソースと、ガーリックがきいたタルタルソース。

この2つのソースを合わせていただくのもなかなかイケます。

サンドイッチはバケットで、
見た目は固そうでしたが柔らかめのいい食感。

生ハムは噛み締めるほどに肉の旨味が
ジンワリじんわりと染みわたる味わい。

脂身の部分も生ハム特有の風味。

そこに本当に薄くスライスされた
ハード系のチーズのコクが混ざり合えば、
また別世界。

トマトやレタスとの相性ももちろんぴったりです。

そして、何よりもスペイン風だなぁと実感したのは、
バケットに塗られたガーリックバター。

ガーリックの風味が全体を引き締めているのです。

生ハムはサラダにもトッピングされていて、
そこでもじっくりと味わうことができました。

食べ終わるころにコーヒーがやってきて、
そうなると雰囲気はなんだかカフェ気分。

いつまでもくつろいでいられるような空間でした。

CERVECERIA GRAN VIA
東京都港区赤坂6ノ4ノ15
営業時間 午前11時30分~午後11時
(ランチは午後2時30分まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, September 11, 2009

ニューヨークを想う…。GRAND CENTRAL OYSTER BAR & RESTAURANTのポーボーイサンドイッチランチ

090911_132401私にとって、
9月というのは、
年明けの
ニューヨーク&
フロリダの旅計画を
具体的に
考える時期。

ここ十数年は
そんな感じで
過ごしているので、

ニューヨークへの
想いはひとしお。

そんなこともあって、
今日という日も結構意識してしまう日でもあるのです。

月日が経つのはあっという間。
だからこそ、日々を大切に生きていかなければ…と、
思い出す時期でもあるのです。

そんなわけで、
たまたま品川界隈を訪れていたので、

コテコテではありますが

アトレ品川でランチをすることに…。

4階にある

「GRAND CENTRAL OYSTER BAR & RESTAURANT」

ご存知、
ニューヨークはグランドセントラルステーションの
構内にあるオイスターバーの日本第一号店です。

店内は本店を思わせるような
ドーム型の天井。

テーブルクロスは赤と白のギンガムチェック。

この雰囲気に浸るだけで、ニューヨークへの想いは募ります…。

オーダーは

「ポーボーイサンドイッチランチ」950円
サラダ、コーヒーまたは紅茶付き

ポーボーイサンドイッチというのは、
カキフライのサンドイッチ。

ニューオーリンズのソウルフードで、
黒人たちが食べていたもの。

「プアボーイ」が食べているサンドイッチという言葉が
なまって「ポーボーイ」になったとか。

さて。

カキフライとはいえ、日本のソレとは違い、
カリカリにクリスピーな衣のフライです。

フランチバゲットのような形のパンは、
表面も柔らか。

いわゆる「HELO」というバンズです。

このパンにレタスのみじん切りに
タルタルソースがかかり、
そして、アメリカンなカキフライが4・5個。

どっさりと入っていました。

実は、カキは好きだけど体が受け付けない私。

そういいながら、
何度も言い聞かせながらなんとか難を逃れていたこのごろ。

カキフライ5つは大丈夫だろうか…。

とはいえ。

弾力がありながらも柔らかなバンズにかぶりつけば、
そのバンズの食感にサクッとした衣の感触。
そして、カキの旨味がジワジワと口の中に広がっていきます。

あ~、カキを食べているなぁ…と実感できる瞬間です。

タルタルソースとの相性もばっちりですが、
ここにケチャップを少し加えると、
よりアメリカンな味わいが楽しめます。

フレンチフライのボリュームもたっぷり。
しっとりとしながらもホクホクとしたフレンチフライは、
食べ始めると止まりません。

ニューヨークに想いを馳せながら、
あのエネルギーを浴びに行かなくちゃな…と
思ったりもするのでした。

というか…。

もしかして、カキ、いける体質になってきたのかも…。
オイスターバーで生牡蠣思い切り食べてみたいです。

GRAND CENTRAL OYSTER BAR & RESTAURANT
東京都港区港南2ノ18ノ1、アトレ品川4階
営業時間 午前11時~午前0時
(ランチは午後2時30分まで)

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (3) | TrackBack (2)

Thursday, September 10, 2009

お外でランチVol.15 My おべんと その13

090910_094801残暑を思わせるような
日差しの強い今日。

とはいえ、
肌で感じる風は
なんだか
秋めいてきています。

本日のお弁当は、
おなじみ
ワールドポーターズ前の
運河パークでいただきました。

日差しが気持ちいいなんて
本当に季節が変わってきたんだなぁと
思います。

今日の

「My おべんと」

メニューは

海苔だんだん
豚肉の胡麻油焼き ナンプラー味
パクチーたっぷりモヤシとピーマン炒め
トマトのベーコン巻き
モッツァレラチーズ入り玉子焼き
セロリとプチトマトの甘酢漬け
オクラ
ルッコラ

海苔だんだんは、ご存知、海苔弁。

ご飯とご飯の間に海苔を入れた
2段の海苔弁です。

醤油がしみたご飯と海苔の風味は、
日本人で良かったなぁと思える味わい。

お弁当の王道です。

豚肉の胡麻油焼きは、胡麻油でサッと焼いて
ナンプラーをかけまわしたもの。

ちょっと濃い目の味付けですが、
お弁当のおかずとしては絶妙な味わい。

モヤシとピーマンは、この肉を焼いた残りの油を使って、
サッと焼き、
みじん切りにしたパクチーの茎を
「これでもか!?」というくらいに入れて
塩で味を整えました。

シャキシャキとしたモヤシの食感とパクチーの風味が楽しい。

豚肉と一緒にいただけば、なんともヘルシーな味わいです。

トマトのベーコン巻きは、
完熟のトマト2種類を使用。

どちらも甘いトマトでしたが、火を通すことでさらに甘みがアップ。
ベーコンの塩味といいバランスになっていました。

セロリとプチトマトの甘酢漬けは、
与論島のきび酢「黄金酢」に砂糖を加えて
一晩漬けました。

甘いけどすっぱい味は、お弁当の合間の程よい箸休めに。
これ、結構いける味です! 

そして、玉子焼きはモッツァレラを巻き込んで焼き上げました。

モッツアレラのまったりとしたコクと
それでいて弾力のある口あたりは、なんともうれしい味わい。

卵との相性もぴったり! 

ルッコラは、おかずとおかずの仕切り代わりに入れましたが、
ルッコラのゴマのような風味がアクセントになっていました。

好きな野菜を好きなだけ入れたお弁当は、
風味ゆたかなハーブなお弁当となりました。

ちょっとお気に入りかもしれません(笑)

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Wednesday, September 09, 2009

アメリカンな風を感じる…。T.G.I.FRⅰDAYSのカリフォルニアコブサラダランチ

090909_142301横浜は桜木町。

この界隈は
ショッピングプラザな
ビル群がたくさんあり、
入っている
レストランも支店系が
多くそろっています。

ランドマークプラザには
H&M、
クイーンズスクエアには
クリスピークリームと、
話題の店が先週オープン。

にぎわいをみせています。

今日は、そちら方面には向かわず、
駅前のクロスゲートでランチ。

3階にある

「T.G.I.FRⅰDAYS」

アメリカからやって来た、アメリカンフード満載のレストランです。

結構いろいろなところに支店があるので、
できるだけ避けていたりしたのですが、

なんだか今日は
とてもとてもアメリカンフードが食べたくなってしまったのです。

入ってみれば、窓際は大きな窓を施してあって、
とても開放感あふれる店内。

T.G.I.らしいインテリアはそのままですが、
なにしろワールドポーターズ側の運河の風景を見渡せるのです。

気持ちがいい! 

オーダーは

「カリフォルニアコブサラダランチ」850円
スープ、チアバッタまたはトルティーヤ付き

プラス150円でお替り自由のドリンク付き

チアバッタというのがガーリックトーストのこと。
コブサラダのドレッシングは4種類の中から選べます。

選んだドレッシングは

ハニーマスタード。

果たしてこのハニーマスタードドレッシングは、
甘みが強めのドレッシング。

この味こそアメリカンな感じがします。

コブサラダは、
グリルドチキン、クリスピーベーコン、ゆで卵、アボガド、
チェダーチーズ、
そしてグリーンレタスが入ったサラダ。

それぞれをキューブカットしてあるのが特徴です。

ひとくちサイズにカットしてあるので、
口に運ぶたびにさまざまな味が飛び込んでくるのが楽しい。

チキンの味、ベーコンの味。
そこにゆで卵のまったりとした味わいが重なって…。

はたまたチェダーチーズのコクが加わったり。

チアバッタはガーリックが程よくきいていていい味わい。
回りはカリッとしていて中はちょっとしっとり。

このガーリックとパンがサラダにもよく合っていて、
楽しく食べ進むことができます。

ドリンクはお替り自由といっても、その1杯がかなりのボリューム。

それでも、食事のときはサイダー系、
食後はコーヒーやオレンジスパイシーティーなどを頼み、

外の風景を楽しみながらのんびりとくつろぐ…。

想像していた以上にゆったりとした時間が過ごせました。

T.G.I.FRⅰDAYSMM21クロスゲート店
横浜市中区桜木町1ノ101ノ1、クロスゲート3階
営業時間 午前11時30分~午前0時
(金・土曜、祝前日は午前3時)
(ランチは午後4時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Tuesday, September 08, 2009

溶岩石で焼く肉の旨味♪ 田町 大人のハンバーグの近江牛100%ハンバーグランチ

090908_124901ちょっと
秋めいた本日。

再び
田町周辺です。

先日、
行きそびれた店へ…。

と思って
その店に向かったのが
12時半ちょい前。

5・6人が並んでいました。

このくらいだったら大丈夫かな…と思って
並んでいると、間もなく店に入ることができました!

慶應通り商店会からちょっとわき道に入ったところにある

「田町 大人のハンバーグ」

近江牛を使ったハンバーグが楽しめる店です。

入店できたものの、
その後後ろには7人。

そこで本日は売り切れとなってしまいました。

ラストオーダーは午後2時というのに、
12時半ちょい過ぎにはおしまい…。

話題の店なのです。

店内はカウンター席を含めて20人ほどの席。

こじんまりとした雰囲気が魅力です。

オーダーは

「近江牛100%ハンバーグランチ(150g)」980円
スープ、サラダ、酢の物、ライスまたはパン付き

こちらのハンバーグ、
溶岩石にのってやってくるのですが、
その厚みは2cmほど!

やけどしそうなほどの熱い熱い溶岩石にのって
ハンバーグはやってきます。

ハンバーグはレア状態。
食べるときはソースをかけてしまうと
めちゃくちゃはねてしまうので

ハンバーグをソースの器につけて食べるというスタイルになります。

ハンバーグに箸を入れると、
ふんわりとやわらかな感触。

ソースをつけずに食べてみれば、
レアな状態のおかげでトロリと口の中で溶けてしまうような食感。

ソースなしでもOKのこの味わい! 

ソースはガーリックのきいたおろしダレで
これにつけていただけば、
キリッと味が引き締まります。

でも。

圧巻なのは、やはりミディアムレア状態。

ハンバーグをある程度ほぐして、
レアの部分を溶岩石にあててしばらくしてからいただけば、

しっかりとした肉の食感が口の中で広がっていきます。

その肉汁と肉の旨味の、なんと至福なことか! 

これこそ、ソースなしでも食べられてしまう
肉の味わいなのです。

思わず顔がほころんでしまいました。

溶岩石の熱さでジャガイモは表面がカリカリに焼けて
いい味わい。

厚めにカットされているので中はホクホク。

ニンジンも甘さをしっかりと感じることができるし、
エリンギも食感が楽しい。

酢の物はセロリやニンジンのピクルスで
その甘酸っぱさが口の中をすっきりとさせてくれます。

近江牛のうまさ、噛み締められる店。

夜は予約もできるそうなので、
ぜひとも予約して、
至福のハンバーグをビールやワインで楽しみたいです。

田町 大人のハンバーグ
東京都港区芝5ノ23ノ15、第2クレール海内地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時30分~10時30分。日曜、祝日、第2水曜定休

映画ウンチク
THE TALK OF PALEHAM 123
サブウェイ123 激突
☆☆☆☆

ニューヨークを走るサブウェイを舞台にした
映画のリメイク。
ジュリアーニ以前のニューヨークサブウェイなので、
その混沌とした雰囲気が舞台となっています。
使われているのはイースト側の6番線。
MTAの司令室に勤めるデンゼル・ワシントンと
サブウェイジャックしたジョン・トラボルタ。
この2人の交渉のやり取りが見どころ。
そして、今のニューヨークとはちょっと違う雰囲気の映像。
とはいえ、ストーリーはジュリアーニ後の現在となっているので、
それがちょっと不思議な気分になります。
最後までハラハラドキドキとさせてくれますが、
ラストはなんともアメリカ的というか…。
デンゼルとジョンの演技力は見逃せません。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, September 07, 2009

お外でランチVol.14 My おべんと その12

090907_072101_2今年は
残暑がないのかなぁ
と思ったころに、

突然の暑さ。

秋の気配を感じる
風が吹いているけれど、
まだまだ
夏は近くにいる感じです。

今週1回目のお弁当作り。

さすがに10回を越えてくると
お弁当作りもコツが
わかってきたような気がします。

今日は、ぷかり桟橋が見渡せる
新港パークでお弁当を広げることに…。

今日は何かの撮影クルーも来ていました。

本日の

「My おべんと」

メニューは

チキンカレー
ジャガイモとキャベツの蒸し焼き
出し巻き玉子焼き
ブロッコリー
インゲン
プチトマト
スイートキャロット
白ご飯


チキンカレーは
黄金とうがらしをひとかけらと一緒に
タマネギのみじん切りを丁寧に炒めて、
そこにニンジンを加えてカレールーを足しました。

チキンは別口でソテーにし、
エリンギのソテーもトッピング。

チキンは皮をパリパリ目に焼き上げたので、
プリッとジューシーな味わいが楽しめました。

エリンギの食感も新鮮で、
カレーと別にして添えるのはいいかも…と実感。

黄金とうがらしのおかげで、カレーはかなりのピリ辛。
ご飯がどんどん進んでしまいました。

ジャガイモとキャベツは軽く炒めてから蒸し焼きに。

ホクホクとしたジャガイモと
しんなりしたキャベツの組み合わせが絶妙でした。

しかもカレーの付け合わせとしてもイケてるのにびっくり。

プチトマトは昨日表参道にある
国連大学の前で売られていた無農薬トマト。

これがきっちりと熟成したトマトなので、
酸味を残しながらも甘みがたっぷり。
シアワセな味わいです。

ブロッコリーやインゲンはゆでただけですが、
カレーのバランスとぴったり。

スイートキャロットのポリポリとした食感も
お弁当の合間のいいアクセントになっています。

出し巻き玉子焼きは、今日はちょっとあわてて作ったので、
若干焼きすぎな感がありましたが、
それでもふんわりとした口あたりにはなっていました。

カレー弁当って、なんだか幸せになれるメニューです。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, September 04, 2009

ゴルゴンの風味がうれしい。Trattoria Donnna D’oroのグラタンランチ

090904_140101横浜は
桜木町から
汽車道を
進んでいった
先にあるのが

横浜
ワールドポーターズ。

いつのまにか
10周年を
迎えようとしています。

移り変わりが
激しくないとはいえない観光地で、

オープン当時から営業を続けているレストラン。

ワールドポーターズには結構あります。

その1つが5階にある

「Trattoria Donna D’oro」

イタリアンレストランです。

こちらのレストラン入り口右側にはバールがあって、
illyのコーヒーなどが飲めたり、
オーダーごとに
ピッツア生地を伸ばしてミニサイズを焼いてくれたりと
気軽にイタリア気分を味わうことができます。

でも、
今日はレストランの中へ…。

窓際に座れば汽車道や運河が見渡せて、
気持ちのいいものです。

オーダーは

「グラタンランチ」980円
サラダ、ドリンク付き

グラタンは

「ゴルゴンゾーラチーズグラタン」を選んでみました。

グラタンの上にはホウレンソウ。

ペンネをホワイトクリームでからめてから
ゴルゴンゾーラを上にのせて焼き上げてあります。

口に入れて初めにやってくるのは、

もちろんゴルゴンゾーラ独特の風味。

ホワイトソースがあっさりめの味付けにしてあるので、
思いのほかさっぱりとした口あたりで楽しめます。

食べれば食べるほどにハマっていくのが
ゴルゴンゾーラチーズの底力。

気づけばペロリと平らげてしまっていました。

グラタンのようなアッツアツの料理がうれしい季節が
日々、だんだんと近づいているような気がします。

Torarroria Donna D’oro
横浜市中区新港2ノ2ノ1、横浜ワールドポーターズ5階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, September 03, 2009

ズボッとコシのある喉越し! 根の津の温・冷2種うどん

090903_122001090903_122002

初めての街、
根津にやってきました。

仕事となる場所に待ち合わせをしていたのですが、
その時間、
11時30分ちょい前。

無事に落ち合うことができて、いざ打ち合わせへ…と
思ったところ、

その数m先になにやら人の列が…。

あれ?

あの店、オープン前から並んでるの?

と、にわかに待ち合わせをしていた人とヒソヒソ。

打ち合わせが終わったら、
すぐにあの店にお昼を食べに行こうと、
暗黙の確認をしたのでした。

さて。

無事に仕事を終えたのは
ちょうど正午ごろ。

いまだに行列がありましたが、
その列に加わって店に入りました。

根津神社に程近いところにある

「根の津」

讃岐うどんの店です。

こちらの店主。

香川から銀座に出店していた「さか田」で修業を積んで

2004年にこの地にオープンしたそう。

本格的な讃岐うどんが味わえるのかと思うとワクワクしてきます。

店内はこじんまりとした、
白木が印象的な雰囲気。

そこに相席が当たり前のように、
次々と食べては立ち…という状況が続いていきます。

それでいてゆったりとした時間が流れているのも不思議。

注文は

「温・冷2種うどん」850円

それぞれ4種の中から1つずつ選ぶことができます。

選んだのは

かやくうどん(温)
ぶっかけ(冷)

かやくうどんには揚げ玉、ワカメ、カマボコがトッピング。

汁は出汁のきいた関西風の味。
うどんは細かったり太かったりの不ぞろいな麺ですが、
これがコシがありながらもやわらか。

揚げ玉に汁がたっぷりとつかっていると、
なんともやわらかな味わい深い味に…。

そして、真骨頂はぶっかけ。

揚げ玉に大根おろし、ショウガがトッピングされて、
そこにだし汁がかかっているのですが、

とにかくうどんのコシが強い! 

ずぼぼぼっという音が勢いよく聞こえてしまうような喉越し。

それでいて、クミクミと噛み締めれば
うどんの存在感が感じられるような楽しさが染み出してきます。

だし汁もいい塩梅。

大根おろしやショウガの味も程よく混ざりあって、
ズボズボと無我夢中ですすってしまいます。

両方を楽しむには最適なメニュー。

それでもまだまだ釜玉や天ぷらのメニューもあって、
次は何を食べようか、
ついつい考えてしまうような、店。

人気の秘密がわかったような気がしました。

根の津
東京都台東区根津1ノ23ノ16
営業時間 午前11時30分~午後2時30分
午後5時30分~8時30分。月・日曜定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, September 02, 2009

よそいきの雰囲気に…! THE BUNDのBREAD SAND LUNCH

090902_133401090902_132401

週の真ん中の水曜日。

久しぶりに時間のあるランチタイム。

そんなときは、行ってみたかった場所に向かいます。

横浜は山下公園前にそそり立っている
マリンタワー。

数年前に閉館したのですが、
今年の5月に民間にゆだねられて
リニューアルオープン。

すっかりスタイリッシュでおしゃれなタワーに
変身してしまいました。

その1階にあるのが

「THE BUND」

カジュアルスタイルのワイン&ダインの店です。

マリンタワーの円形のカーブを利用して造られた店内は、
山下公園側に向いています。

天井が高く開放感のある明るい雰囲気が魅力。

ゆったりとお昼ごはんを楽しむことができます。

オーダーは

「BREAD SAND LUNCH」850円
スープ、サラダ付き

プラス300円でドリンクが付きます

本日のサンドイッチは

「白身魚のフライとキャベツのブレッド アンチョビマヨネーズ」

スープは
いろいろな豆が入ったヴィシソワーズ。

冷たい飲み心地に存在感のある豆の食感が楽しい。

サンドイッチはトーストしたゴマパンに
白身魚のフライとキャベツがサンドされています。

サクッとした噛み応えのパンの後には、
白身魚のフライがサクッ。
キャベツのシャキシャキ感が合わさってきます。

アンチョビマヨネーズはキリッと塩気があって、
全体をまとめ上げています。

気持ちのいい風景を眺めながらのランチは
本当に気持ちがいいもの。

横浜のシンボルでもあるマリンタワーが、
こんなによそいきな雰囲気になるとは
思いもよりませんでしたが、

これはこれで、なんだか楽しめるような気がします。

THE BUND
横浜市中区山下町15
営業時間 午前11時30分~午後11時
(ランチは午後5時まで)

映画ウンチク
20世紀少年-最終章
☆☆☆☆

いよいよクライマックスの章。
人類滅亡に向けて「ともだち」の行動は加速。
それを止めるのは誰なのか。
ケンジは生きているのか、
そして今どこに…。
そしてそして、
「ともだち」はいったい誰なのか?
原作漫画を読んでいたときも、
で、結局だれだったのか?
今一歩結論が出ていなかったのですが、
映画を観て納得。
改めて原作漫画をきちんと読んでみたくなりました。
クライマックスの最後の最後。
うまくまとめたなぁ…と感慨深くなりました。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, September 01, 2009

お外でランチVol.13 My おべんと その11

090901_095701台風一過の今日。

昨日とは
うって変わって、
ドぴーかんな一日。

本日のお弁当は、
ワールドポーターズ側の
臨港パークで
楽しむことにしました。

秋の気配を感じさせない
今日のこの天気。

思わず南国の料理が食べたくなってしまいました。

本日の

「My おべんと」

メニューは

なんちゃってガパオ 
目玉焼き
ジャーマンポテト
ホウレンソウのお浸し
プチトマト
スイートキャロット
白ご飯

ガパオはイメージで製作。

豚牛の合びきひき肉を
細かく刻んだピーマンとエリンギ、プチトマトと一緒に炒めました。

最終的な味付けはナンプラー。
かけまわすと一挙に南国の空気にふれた気分になれます。

ガパオとセットなのが目玉焼き。
黄身の上に白身が付いてしまわないように、
途中まで白身を焼いた後
カラザを中心に黄身から白身を排除。

そうしてできあがった目玉焼きは、見た目にも鮮やか。
黄色の黄身の存在もしっかりと立っています。

ガパオは下のご飯と一緒に食べるのがいい味わい。

そこで、お弁当にある程度のホールができた時点で、
ガパオと白ご飯をザックザクと混ぜ合わせ、
目玉焼きも崩していただきます。

実はガパオ、黄金とうがらしをほんの数ミリ加えているのですが、
味の奥隅でぴりりと辛さ感を出しています。

エリンギやピーマンの食感がいいアクセントに。

そしてプチトマトの酸味が程よくナンプラーになじんでいます。

材料は本物とは違いますが、
それなりな気分が味わえました。

ジャーマンポテトはベーコンから出る塩味がキメテに。
タマネギの甘さも加わって、程よい味加減。
ジャガイモのホクホク感も楽しめました。

タイとドイツの味を楽しみながらも、
ホウレンソウのおひたしで日本気分も満喫。

おもいがけず、ワールドワイドなランチとなりました。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »