« 焙煎なスパイシーさ! ちゃんこ屋六福の壷焼きカレー:納豆とおくらカレー | Main | アメリカの味再び! Bubby’sのバビーズバーガー »

Wednesday, June 17, 2009

カリッカリの香ばしさ! からあげ大吉の日替わりサービス定食

090617_115801下北沢! 

この街。
何度来ても
ワクワクします。

たくさんの店があり、
そして
私鉄線が交差するように
できているおかげで
迷子になってしまうような
道の作りになっていて…。

そのおかげで
毎回
フラフラと
道をさまようことが
できるからです。

今日は、あまり行ったことのない北口方面へ
フラフラと足を向けてみました。

さまよった挙句、最終的には駅に程近い場所で
見つけてしまった気になる店。

「からあげ 大吉」

大分のからあげ専門店です。
大分はからあげが有名なんだそう。

昼はもちろん、夜も定食があるのがうれしい。

店内はL字型のカウンターにスツール席。

昭和の香りのする店構えです。

注文は

「日替わりサービス定食」630円
ご飯、スープ、サラダ、つけ合わせ付き

本日の日替わりは

手羽先と砂ずり

まもなくやってきたお皿には、
手羽先のからあげが2本、砂ずりのからあげが2個。
付け合せはナポリタン。

なんだかニコニコしてしまうラインアップです。

しかも! 

からあげのカラリと揚がった色のいいこと! 

さっそく手羽先にかぶりつきます。

すると…。

カリッカリに揚がった衣と皮。
そして程よい味付けのタレをしっかりと吸った衣の味!

カリッと噛み切れば、中からはジューシーな鶏肉がポロリ。

その白さの美しいこと! 

思わず
「ビール! 」と叫びそうになります。

砂ずりのからあげもプリプリした食感がいい塩梅。
こちらもやっぱり衣が抜群! 

ナポリタンの懐かしい味を楽しみ、
スープという名の具だくさんの味噌汁をすすり、

手羽先にかみ付き…。

気づけばあっという間に、食べきってしまっていたのでした。

からあげにビール! 

黄金の組み合わせで楽しく過ごしたい、
そんな店なのでした。

骨なしからあげも、次回は食べてみたいです。

からあげ 大吉
東京都世田谷区北沢2ノ34ノ11、リアンビル1階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後6時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« 焙煎なスパイシーさ! ちゃんこ屋六福の壷焼きカレー:納豆とおくらカレー | Main | アメリカの味再び! Bubby’sのバビーズバーガー »

Comments

実は・・・
このお店のぐるなびのページをお気に入りに入れているぐらい、行きたいお店だったんです!!
でも下北へ行く機会が全然ない(涙)
じゅんじゅん。さんの記事を読み益々思いは募るばかり・・・
そしていつか行きたい所は大分の中津市です!
http://www.city-nakatsu.jp/contents/kankou/karaage/karaage.html

Posted by: meru | Thursday, June 18, 2009 at 11:30

>meruさん
こんばんは!
Meruさんのリサーチってすごい!
ちょっと感動してしまいました。

思うに、私とmeruさん、
おいしいと思う針が一緒なのかも
しれませんね~!
なんて思ってしまいました。

下北は思いのほか
近いです!(きっと)

ぜひぜひ大分中津へいらっしゃる前に
行ってみてください!

私的には
本当に初めて食べるからあげ! 
の味だったような気がするのです(笑)。

必要ならばご一緒しますよ!
なんて~(笑)。
久々の感動の味でごじゃいました♪

Posted by: じゅんじゅん。 | Friday, June 19, 2009 at 02:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/45373944

Listed below are links to weblogs that reference カリッカリの香ばしさ! からあげ大吉の日替わりサービス定食:

« 焙煎なスパイシーさ! ちゃんこ屋六福の壷焼きカレー:納豆とおくらカレー | Main | アメリカの味再び! Bubby’sのバビーズバーガー »