« April 2009 | Main | June 2009 »

Friday, May 29, 2009

まろやかなのに辛い♪ 味(まっ)ちゃん3号店のスンドゥブチゲ

090529_132101久しぶりの
大久保界隈。

相変わらずの
コリアンタウンでの
ランチは、

やっぱり韓国料理! 

フラフラと
歩いているだけで
あっちこっちに
韓国料理店があるので
ついつい悩んでしまいます。

そんな中見つけたのが、

新大久保駅と大久保駅の間、
大久保通り沿いにある

「味(まっ)ちゃん3号店」

三段バラ肉を厚めに焼いて食べる
サンギョプサルで有名な店です。

3号店はビルの地下。

ざっかけなさはこの辺り近辺の特長です。

この店、午後1時までは
ビビンパの食べ放題などもやっています。

そして1時を過ぎるとサンギョプサルの定食が登場。

なのですが、
ついつい肌寒さに負けて、ポカポカメニューをオーダーします。

「スンドゥブチゲ」714円
ライス、惣菜3品付き

韓国料理店でよく出される小さな鍋に、
グツグツと言わせながら登場したスンドゥブ。

鍋いっぱいに広がるフルフルした豆腐。
卵が落としていあるので、
これはしばらくそのままにしておきます。

豆腐を崩しながらひと口。

フルフルとろけるような食感の豆腐に、
アサリの出汁がしっかりと出たスープが
合わさって、なんともコクのある味わい。

そして、まろやかな味わいなのに
しっかりとピリリと辛い! 

ライスをスプーンにのせて、
スープをひたしながら、豆腐も加えていただけば、
まさに至福のひととき。

ほどよい時間がたったころ、
卵の黄身を崩しながらいただけば、
半熟状態で、まろやかな味わいに変化します。

豆腐のフルフルさにやられてしまったひとときでした。

味(まっ)ちゃん3号店
東京都新宿区百人町1ノ15ノ19、マルスビル地下1階
営業時間 午前11時~午前2時
(ランチは午後5時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, May 28, 2009

もりもり野菜で満足♪ Chai Fleurs(シェ・フルール)横濱のビジネスランチ

090528_135401090528_144801

たっぷりと肉を食べた翌日のランチは、
無性に野菜がたくさん食べたくなってしまいました。

そんなときのとっておきの店のひとつ。

性懲りもなく、また訪れてしまいました。

横浜駅西口、
新しくオープンしたハマボールに近いところにある

「Chai Fleurs(シェ・フルール)横濱」

和のテイストも感じられるフレンチが楽しめる店です。

何しろもりもりと野菜を食べたい気分だったので、
普通のランチコースよりも
こちらのメニューのほうがたっぷり食べられるな…と
思い出し、

久しぶりのシンプルランチをオーダーします。

「ビジネスランチ」1000円

2品だけのサクサクランチです。

本日は

「山盛り有機野菜のサラダ」
「渡り蟹のクリームパスタ」

有機野菜のサラダは、
その名の通り、モリモリ!

リーフサラダの上には、
紅芯大根やカブ、ニンジンに焼いたプチトマト、
黄色いスクウォッシュ、

そして、珍しいアスパラのソバージュという野菜。

ドレッシングがちょっとエスニック風の味わいで、
このピリッとした味わいがいい塩梅。

アスパラのソバージュは細くてひょろひょろしているのですが、
なんとなく緑色のツクシのようないでたち。

味わいはオクラのようなちょっとネバネバな食感。

これが本当にいい味わい! 

たっぷり食べて、すでに満足気分です。

そして、
こちらのお得意料理、

渡り蟹のクリームパスタ! 

トマトの風味が生きたサッパリとしたクリームソース。
これにピリッとした風味が加わって、
ついつい食が進んでしまいます。

アルデンテのパスタにもよぉく絡み付いて、いい塩梅。

残ったソースもきれいにさらって完食してしまいました。

やっぱり、
なんだかんだいっても
野菜に注目! はまだまだ続きそうです。

Chai Fleurs(シェ・フルール)横濱
横浜市西区北幸2ノ12ノ26、Felice1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時30分~9時30分、
土・日曜、祝日=午前11時30分~午後3時、
午後5時30分~9時(土曜は9時30分)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, May 27, 2009

恋しくなる味。 Hotel New Sanno:EmporiumのRIBEYE STEAKS

090527_122101090527_134601

このブログを長く読んでいただいている方は、
うすうす感じていることとは思いますが、

2009年を迎えてから、
いつもの1・2月のニューヨーク・フロリダ情報がないな…とか、
GWのハワイ情報がなかったな、今年は…。

と、思いを巡らせていた方も少なくなかったのでは
ないかと思います。

全くその通りで、
今年はまだ海外逃亡をしていない私。
さすがに、ちょっとストレスもたまってきているかも…。

と思っていた今日。

友人からのお誘いで、
広尾にある、US BASEの方たちしか泊まることのできない、
ホテルでのランチに行ってきました。

「Hotel New Sanno」。

こちらは、米軍管轄のホテルなので、
エントランスに行くまでにIDを提示する必要があります。

パスポートを見せて、友人の知り合いの名前を伝え、
その知り合いと顔を合わせてから、

ようやくエントランスに入ることができます。

そこはもう、まさにアメリカ国内。

エントランスからすぐのところにあるレストランが、

「EMPORIUM」

一般的なホテルでいうところの
ラウンジ的なレストランです。

ほとんどが4人席のテーブルなのですが、
そこから漂う雰囲気は、すでにアメリカのレストランのよう。

メニューももちろん英語、
金額もドルになっています。

お呼ばれのランチなので、ここは皆と同じものを…。

「RIBEYE STEAKS」$15.95

ドリンクを聞かれてアイスティーをリクエストすると、

カラフェで持ってきてくれた上、
エンドレスのようにつぎに来てくれました。

さて。リブアイステーキ。

運ばれてきたお皿の上にのった、その大きさが
すでにアメリカンサイズ! 

ステーキのほかはベイクドポテト、
ダイコンやニンジン、ズッキーニなどのゆで野菜も
添えてあります。

リブアイステーキにナイフをあてると、
肉の弾力を感じつつも、とても柔らかい切り口。

口に入れてみれば、驚くほどの柔らかさとジューシーな味わい。

A1ソースがかかっているのですが、
このバーベキューソースも、さすがアメリカの味わいです。

ベイクドポテトはサワークリームにフライドベーコンなどが
添えられていて、これまたホクホクの柔らかさ。

パンをいただきながら
ゆったりとしたペースで食が進んでいきます。

ゆっくり食べていることも重なって、
このアメリカンサイズのステーキを食べ終わるころには、
さすがの満腹! 

たのしいおしゃべりとともに、
ひさしぶりのアメリカンテーストを、
日本にいながらにして味わってしまいました。

さらに、デザートが運ばれてきたのですが、
残念ながら打ち合わせの時間が迫ってきており、

その旨を伝えると、テイクアウトもできるとか…。

そしていただいてきたのが

「キーライムパイ」

まさにアメリカならではのスイーツ! 

そして、このワンカットの大きさ!

キーライムなだけに酸味がアクセントになったスイーツですが、
甘みはアメリカン! 

パイ生地のビスケットはしっとりとしながらもサクサク。

そこに酸味と甘みが重なって、
この大きさは無理と思いながらも
あっというまに食べてしまっていました。

考えないようにしていた
アメリカ熱。

相当高まってしまいました。

とはいえ、そんな雰囲気の場所に、
しかも普段ならなかなか入ることのできない場所に
誘ってくれた友人に

感謝! 

Hotel New Sanno EMPORIUM
東京都港区南麻布4ノ12ノ20
営業時間 午前6時~10時30分、
午前11時30分~午後2時、午後5時~9時30分
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Tuesday, May 26, 2009

ツルンツルンの喉越し! IBUKIのつけめん

090526_121501今日は
朝から麹町。

昼前には
用件も無事に終了。

さて!
ランチだ!

いつもは
このまま
赤坂見附方面まで
歩いていって
その近辺で
お昼ごはんとなるのですが、

たまには麹町周辺でもいいかな…と
思ってプラプラ。

歩いているうちに半蔵門方面に抜けて、
あ~、
そういえば、なんだか気になってた店があったなぁ
と思い立ちました。

半蔵門駅1番出口からすぐのビルにある

「IBUKI」 。

つけめんダイニングの店です。

簡単にいえば、ラーメン屋さん。
夜になるとお酒も楽しめる空間になるのです。

こちらの入り口。
ビルの階段を上がって奥の方に扉があります。

カウンター席とテーブル席に加えて、
窓際にもカウンター席。

この窓際のカウンター席がなんだか明るくっていい雰囲気。
たしかにダイニングな雰囲気があるのです。

注文は

「つけめん」750円

オーガニック素材を使ったつけめん。

出てきた麺は、ツルツルと輝く平中太麺。
きれいに並んでいます。

つけつゆは醤油ベース。
豚バラの煮豚が入っています。

その上にネギと焦がしネギ。

とりあえずつけつゆの味を確かめます。

ふわんと漂う鰹節を中心とした魚介の香り。
でも、しつこくありません。

鶏ガラもベースにしているのか、
あっさりとした味わいです。

麺をつけつゆにたぐっていただけば、
醤油の味の濃さがちょうどいい具合にあります。

ツルツルの麺は喉越しもいい塩梅。
もちろんつゆもきちんと絡んでいて味わい深い! 

メンマも柔らか、水菜もシャキシャキ! 

食べるほどに次のひと口が欲しくなる味わいです。

最後はお湯を足してつゆをスープにしていただきます。

これがまた、本当にいい味わいになっているのです。

店を出るころには、店の前には行列。

ん~。
夜もゆっくりと楽しんでみたいです。

IBUKI
東京都千代田区麹町1ノ5ノ4、ライオンズプラザST半蔵門107
営業時間 午前11時~午後3時、午後6時~11時
土曜、祝日=午前11時30分~午後7時
(スープなくなり次第終了)。日曜定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, May 25, 2009

トロリな黄身と鶏天の相性! 天山の鳥親子天丼

090525_124201090525_124301

今日は朝から渋谷、原宿、雑司が谷と
あちこち飛び回るような状況でした。

初めて乗った副都心線。
明治通り沿いにできたこの線は、
使ってみれば思いのほか便利。

雑司が谷がとても近く感じられました。

そんなこんなでランチ時には池袋に到着。

何を食べようかなぁと、
あまり決まっていないときは
ついつい「あずま通り」へ足を向けてしまいます。

この通りはなんとなく、気になる看板が多く、
入ってみようかなぁという気にさせてくれるのです。

そうして今日は、いつもは見落としていただろう
看板が目に入ってしまいました。

あずま通りからちょっと小道を入ったところにある

「天山」

天ぷら割烹の店です。

1階は7人ほど座れるカウンターと2つのテーブル席。
地下にも席が用意されています。

店の雰囲気は天ぷら屋さんなのですが、
流れる曲はジャズ。

黒板メニューを見ると
ヴィシソワースなどの料理があったり、
そしてひっそりとワインもあったりと、

和と洋が上手に入り込んだ雰囲気なのです。

注文は

「鳥親子天丼」700円
味噌汁、漬物付き

鶏肉の天ぷらと揚げた玉子がのった天丼です。

鶏肉の天ぷらは大きく揚げて食べやすいサイズにカット。
その上にフライドエッグがのっています。

このフライドエッグを真ん中から箸を入れれば、
とろ~りと黄身が飛び出します! 

鶏肉の天ぷらはあっさりとした天ぷら衣に
ほどよい甘さ加減の天つゆが染み渡って、
なんともいい味わい! 

ご飯と天ぷらの間には
炒めたタマネギ、ピーマン、サツマイモがのっていてびっくり。

タマネギやピーマンの甘みがいいアクセントになっています。
ホクホクのサツマイモもいい塩梅。

そしてトロリの黄身とまったりとした味わいの白身と
鶏肉の天ぷらの組み合わせの、
なんといいことか!

変わり天丼の楽しさをたっぷりと味合わせてもらえました。

天山
東京都豊島区南池袋3ノ16ノ12
営業時間 午前11時~午後2時、午後5時~10時
土・日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, May 22, 2009

まろやかな味わい。築地虎杖裏店のカレーうどん

090513_134901築地。

築地といえば、
やっぱり
市場。

市場といえば、
やっぱり
海鮮! 

といった
思考回路はありますが、

近ごろ
そうでないものも
イケるんじゃないかなぁ…と思っています。

場外で見つけてしまったのが、ここ。

「築地虎杖(いたどり)裏店」

この築地虎杖の店。

いつのまにか、場外のあちこちに支店ができていました。

名物はまだ試していませんが、
海鮮ひつまぶし。

刺身の状態に出汁をかけていただくのは、
生にほんのりと熱が通るので、
いい味がでているに違いない!

そう。

こちらも海鮮ものをいただく店なのですが…。

この裏店だけは、
なんとカレーうどんがいただけるのです。

場外の細い通路を抜けると、
カウンターとスツールのテーブルが少しの店が現れます。

オーダーは

「カレーうどん」800円

エビの天ぷらや豚肉などもありましたが、
このカレーうどんは、
ほんとうにカレーだけで勝負! の一品なのです。

カレーうどん。

やさしい黄色のスープの上には、
生クリームがタラ~リとかかっています。

まずはスープをいただけば、
なんともまろやか! 

じっくりと炒めたタマネギのほんのりとした甘さも伝わります。

それでいて、カレーのスパイシーさと和風だしが
見事にマッチしていて、
やさしい辛さ。

こってりとした味わいではないので、
スープはゴクゴクといただけてしまいます。

うどんはプリプリしこしこしながらも、
あくまでもやわらか。

スープがほどよく絡みつくので、
カレーの味わいをとことん楽しむことができました。

次は…
やっぱり、海鮮ひつまぶしも試してみたいです。

築地虎杖裏店
東京都中央区築地4ノ9ノ6
営業時間 午前11時~午後2時30分(土・日曜、祝日は3時)、
午後5時~11時30分(日曜、祝日は10時)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Thursday, May 21, 2009

気軽に食べるお昼ごはん。黒船レストランの海鮮本場チヂミ

090430_112801横浜開国博
Y150。

外のイベントなので、
天候にも
左右されがちですが、

博覧会が開催されている
という環境は
結構心が
ワクワクするものです。

ベイサイドエリアの
有料スペース内で
食事ができるのは、
ワールドポーターズのお隣の

「はじまりの森」。

こちらにあるのが

「黒船レストラン」

このフードコートには、洋食メニューをはじめ、
中華料理と韓国料理のデリがそろっています。

横浜名物のサンマーメンなどもあり、
メニューを見るたびに悩んでしまいます。

今回チャレンジしたのは

「海鮮本場チヂミ」600円

こういったイベント会場内のフードメニューは
それなりのお値段になりますが、
その中でも気軽に手を出せる一品です。

チヂミの中は、
ニラとニンジン、そしてイカゲソが入っています。

プリッとした柔らかい食感の生地に
具がたっぷりと入っているので、
思いのほかの食べ応え。

タレはすでにかかっているのですが、
このタレもさっぱりとした甘ダレで、
いい味わい。

サクサクと食べてブースを回るには
ちょうどいいスナック的ごはんでした。

黒船レストラン
横浜開国博Y+150「はじまりの森」内
営業時間 午前10時~午後10時

映画ウンチク
STATE OF PLAY
消されたヘッドライン
☆☆☆☆

ラッセル・クロウ&ベン・アフレック主演。
ある夜、ワシントンDCの路地裏で殺された女性は
ベン・アフレックの秘書だった。
なぜ秘書が殺害されたか…。
それはきっと何か知ってはいけないことを
知ってしまったから…か。
そんな事件を新聞で報道するために取材する
ラッセル・クロウ。
真実を追い詰めるうちに見えてきたものは…。
とても大きな政府の影が潜んでいると思いきや、
人間の弱い部分を隠すための
そしてその弱さのために噴出してしまう誤解。
最終的に行き着く結末は、意外なところに行き着きます。
ドキドキする映画です。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Wednesday, May 20, 2009

久しぶりの石垣牛! 花唄の日替わりらんち

090520_132401090520_133701

ある意味、いろんな店が建ち並んでいるので、

どこでランチをしようかと
うれしい迷いが楽しめる街が赤坂周辺。

本日赤坂見附周辺で食べどころを探します。

どうしようかなぁと思っているところに
ランチの黒板に惹かれる文字を発見! 

いても立ってもいられなくなり、
即効でビルの2階に駆け上がってしまいました。

「花唄」

沖縄料理とやきとんが楽しめる居酒屋です。

店内はL字型のカウンターとテーブル席。

そのざっかけなさが、沖縄の島の居酒屋のようで
なんだかとってもくつろげるから不思議です。

気なっていたメニューをオーダーします。

「日替わりらんち」1000円
ご飯、汁、小鉢、サラダ付き

本日の日替わりは

「石垣牛のハンバーグ」

石垣牛に心惹かれてしまった次第。

ハンバーグはひき肉だけを使用。

ホロリと柔らかい食感で、肉々しい味わいです。

脂身があまりないので、ギュッギュッと肉を噛み締める感覚。
ご飯ももりもりいただけます。

ソースは南蛮風で甘酸っぱい醤油味。

あんかけ風になっているので、
このソースの味でさらにご飯が進みます。

この味わい、なんだか沖縄な気分にさせられます。

付け合せにクルクルとしたフレンチフライが付いているのも
なんだかうれしい。

小鉢はタコを使った一品でこれもいいおかずになっています。

沖縄を思い出させるような店内で、
久しぶりの石垣牛。

なんだか石垣島に飛んでいきたくなってしまったのでした。

焼酎もいろいろそろっているので、
島らっきょうをつまみに沖縄に想いを馳せてみたいものです。

花唄
東京都港区赤坂3ノ12ノ10、サンビル2階
営業時間 午前11時~午後3時、午後5時~午前3時、
土曜=午後4時~11時。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, May 19, 2009

新鮮な組み合わせの味。cube barのBランチ

090519_123101久しぶりに
川崎に
やってきました。

サクッとランチを
済まそうと、
京急川崎から
市役所通りに
抜けようとしたところで、

カフェバーを発見。

瞬間的に「ココ! 」と
決断し、入店しました。

「cube bar」

夜はカクテルが満載のカフェバーです。

1階は7席のカウンターと4つのソファ席、
スツール席が2つ。

2階にも席が用意されています。

雰囲気は白と黒のスタイリッシュな雰囲気。
くつろぎながらお茶やお酒が楽しめそうです。

オーダーは

「Bランチ」800円

本日のBランチは

「サーモンとアボガドのフレンチトースト」
スープ、フレンチフライ、デリ付き

サーモンとアボガドのフレンチトースト…って、
どんなものだろう…。

初めて体験する組み合わせです。

ワンプレートに盛られてきたのは、
どっさりのサーモン&アボガドサラダ。

このサラダの下にひと口大にカットされた
フレンチトーストがあります。

サーモンとアボガドのまったりとした口あたりに
シャキシャキしたリーフサラダの食感は
やっぱりいい組み合わせ。

これにフレンチトーストをひとつまみ。

このフレンチトースト、
もっちりとした食感でモチモチいい味わいなのです。

そのモチモチ感とまったりとした食感が
なんだかとってもいい味わい! 

ドレッシングはみじん切りにしたタマネギがたっぷりの
フレンチドレッシングで、
ほどよいタマネギの辛さが入って、
この味がすべての食材にぴったり! 

驚きの組み合わせでした。

デリは豚の角煮を細かく刻んで、
ゆで卵を刻んだタルタルソースで和えたもの。

醤油ベースになっているので、
これまた全体的なアクセントになっています。

すっかり満足できるランチでした。

カクテルは一律700円で、その種類も豊富。

なんだか川崎までカクテルを楽しみに行きたくなりました。

cube bar
川崎市川崎区砂子1ノ9ノ4
営業時間 午前11時~午後2時、午後5時~午前2時
(ランチは月~金曜)

映画ウンチク
W.
ブッシュ
☆☆☆

オリバー・ストーン監督。
ジョージ・W・ブッシュの
2002年時のイラク攻撃前後の話と
ブッシュの学生時代の話をリンクさせながら
その人となりを描いています。
ブッシュ。
あまりにもおバカな学生時代から
よくぞ大統領までになれたと思うのか、
あんなおバカな人間を
なんで大統領にしてしまったのかと思うのか…。
見ている人それぞれが感じるのではないでしょうか。
英雄談的映画なのか、
あくまでもシニカルに描いているのか。
そうしながらも
決して遠くないあの時代の世の中を
しみじみと思い起こさせる映画です。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, May 18, 2009

塩味肉まん。トゥモローパーク:スリーエフの大珍肉包

090518_104701横浜開国博。
Y150。

GWも終え、
つかの間の
この時期の平日は
来場者も
多くないので、
ゆっくりと見るには
いい時かもしれません。

有料会場は、
「はじまりの森」
「トゥモローパーク」
「ドリームシアター」の
3ヶ所。

この3会場の中でレストランが入っているのは
「はじまりの森」のみ。

「トゥモローパーク」の中には、
横浜ブランドのコンビニエンスストア、

「スリーエフ」が入っています。

お土産物も充実しているほか、
お弁当類も結構そろっているので、
ここで食べ物を買って外で食べるのも
天気がいい日は気持ちいいかも知れません。

ということで。
今日はこちらで何かを探してみることに…。

そうして目に入ったのがこちら。

「大珍肉包」300円

横浜中華街にも店を構えている大珍楼の肉まんです。

通常のコンビニで売っている肉まんに比べると、
ひと回りも大きいサイズで、
ボリューム満点! 

中の餡は、塩味で味付けてあります。

かぶりついてみれば、豚肉は肉汁も感じられるほどに
ジューシーな味わい。

そこにシャキシャキの食感がここちいいキャベツが
ひそんでいるのもいい塩梅です。

肉まんの皮と餡のバランスもちょうど良く、
最後までいい感じでいただけます。

塩味の肉まん。
結構イケます。

スリーエフ
横浜開国博Y+150「トゥモローパーク」内
営業時間 午前10時~午後10時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, May 15, 2009

イマドキの韓国…。どやじの辛ラーメン定食

090508_131001いつも
同じ街で
ランチを
していないと、

いろんなところで
お昼が楽しめる
利点もありますが、

同じ街で
食べるからこそ、
新しい店が
いつオープンしたか
といった
情報が早いという
そういう部分はうらやましいなぁと
思ったりします。

横浜・関内。
伊勢佐木町界隈は、最近歩いていないなぁと
思い立ち、

今日は伊勢佐木町でランチ! 
と決めて歩いてみました。

福富町辺りはコリアンタウンとも呼べるくらい、
ハングル文字があふれていますが、

今や、伊勢佐木町通りを越えて、
末広町辺りにも韓国料理の店が増え始めています。

これって、まるでニューヨークのチャイナタウンが
リトルイタリーに食い込んできているのと同じなぁと
思いながら見つけてしまった店が

「どやじ」

韓国料理、焼肉の店です。

その入り口。
オープンテラスになっているので、
いきなり中が丸見え。

しかも壁は黒で、黒をベースとした店内。
テーブルも椅子もドラム缶を使った、
韓国屋台の雰囲気がプンプンです。

しかもしかも。
店内には韓国のMTVがガンガンと流れ、
店員さんはそれに合わせて歌ってしまったり…。
黒い壁には、
蛍光カラーのペンで好きなように
メッセージが書けるようになっていて、
いろんなメッセージが書き込まれています。

その色彩がすでに店の雰囲気になっているのがいい感じ。

イマドキの韓国の店なのです。

オーダーは

「辛ラーメン定食」515円
半ライス、キムチ、韓国家庭おかず付き

辛ラーメン…。

これ名前の通り、インスタントラーメンです。

そのインスタントラーメンを、
アルミの小ぶりの鍋で作って、
鍋ごとテーブルに運ばれて、そのまんま食べる…。

韓国の食文化に直に触れている気分になれます。

プラスでトッピングもあって、
チーズやキムチなどを加えるのが流行っているようです。

さて、アッツアツの鍋から食べる辛ラーメン。
これ。
ちょっと通常のインスタントラーメンよりも辛いかも…。

その辛さがちょうどいい!
ネギもフレッシュなものが入っているので、
これもアクセントになっています。

キムチを入れて食べてもいい塩梅です。

おかずはジャガイモとニンニクの芽を甘辛く煮たもの。
これもやさしい味わいです。

スープは半ライスとともにいただけば、
いい具合にシメになってくれました。

ほかにも気になるメニューがいろいろ。
夜ににぎやかしく食べに行きたいです。

どやじ
横浜市中区末広町3ノ88ノ1
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~午前3時

映画ウンチク
ANGEL & DEMONS
天使と悪魔
☆☆☆☆

「ダヴィンチ・コード」の第二弾。
またまた、カトリック教と科学の対立。
この謎を解き明かすための残された時間は
たったの24時間。
ランドン教授を中心に、
隠された謎を解き明かしていくのですが、
ハラハラドキドキのあっという間の2時間。
思いがけないどんでん返しが
何度もあって、
ついつい作品に引き込まれてしまいます。
間違いなく、原作。
一気に読めてしまうような作品です。
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, May 14, 2009

サクサクサクサク…。華善の唐揚げ膳

090514_131901090514_133401_2

本日は赤坂界隈。

この辺りも博多料理の店が
多く立ち並ぶエリアです。

前から気になっていた店は何軒かありますが、
今日は、この店に足を運んでみました。

「華善」

水炊きを中心とした博多料理の店です。

ビルの3階にあるこの店。
店内は天窓のようなものがあって、
明るく開放感のある雰囲気です。

オーダーは

「唐揚げ膳」930円
コラーゲンスープ、日替わり小鉢、香の物、
温泉玉子、デザート付き

午後1時以降に行くとソフトドリンク付き。

唐揚げは鉄板の上にのってやってきます。

華味鶏のモモ肉を使ったから揚げが
ごろごろと5つほど。
大ぶりの唐揚げです。

この唐揚げに、
甘辛のさっぱりとした特製タレがかかっています。

まずはそのままガブリ。

噛み付いたとたん、
サクッとした心地よい音! 

鶏皮部分はサックサクで香ばしい。

そして鶏皮と肉の間からは、
アッツアツのジューシーな肉汁がしたたりおちてきます。

弾力のある肉感!

唐揚げの衣が竜田揚げ風の衣なので、
よけいにサクサクとした食感が楽しめます。

唐揚げの上に温泉玉子をのっけて
崩しながらいただけば、まったりとしたまろやかな味が加わり、
この組み合わせがなんともいえずいい塩梅。

ついついご飯が進んでしまいます。

デザートはくずもち風のプディング。
黒蜜とプルプルとした食感がなんともいい味わい。

最後までじっくりと味わうことができました。

ぜひとも水炊きを楽しんでみたいです。

華善
東京都港区赤坂3ノ8ノ1、赤坂アルトビル1階
営業時間 午前11時30分~午後3時、午後5時~11時
日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Wednesday, May 13, 2009

野菜でハッピー! BISTROT La Marie Jeanneの山盛りの自然栽培野菜のプレート

090513_124301本日は
築地界隈で
打ち合わせ。

ちょっと
早めに行って、
築地市場辺りで
ランチをしようと

早めに出たものの、
水曜日は
市場は休み。

当然回りも
休みの店が多いことに
途中で気づいてしまいました。

ならば、銀座あたりでランチしなくては…。

と、たまたま歩いていた通りで見つけたのが、

銀座7丁目あたり、
昭和通りを1本中央通り寄りに入ったところにある

「BISTOROT La Marie Jeanne

フランス料理とワインをカジュアルに楽しめるピストロです。

地下に降りていくと、ずらりと並んだワインの
その数にちょっと圧倒されます。

黒をベースにした落ち着いた雰囲気のテーブル席。

こちらのランチは自然栽培野菜を使ったものがメインとなります。

オーダーは

「山盛りの自然栽培野菜のプレート」1000円
スープ、バゲット付き

本日のスープは

レンズ豆のスープ

冷たいスープは、豆のコクが存分に感じられる味わい。
ついつい、ゴクゴクと飲んでしまいそうです。

野菜のプレートは、
彩りも鮮やかに並んだ一品。

その野菜のラインアップ。

ズッキーニ、インゲン、サヤエンドウ、グリーンアスパラ、
レッド・イエローペッパー、オクラ、ナス、トマト、ニンジン、
タマネギ、アカカラシ水菜、ウド、トウモロコシ。

どの野菜も軽く湯通ししてあるのですが、
野菜の旨味がギュッと伝わる、
というか、野菜自体の力強い味わいが感じられます。

中でもトウモロコシのなんと甘いこと! 

初めて食べたアカカラシ水菜は、
ほんわかとピリッとした感覚の葉っぱ。
ウドの独特の味わいもアクセントになっています。

ドレッシングはゴマ風味で、
野菜との相性は抜群。

バゲットと一緒にモグモグいただけば、
だんだんとお腹が満腹感に満たされていきます。

野菜本来の味が引き出されている料理は、
本当になんだかほっとします。

夜のワインと合わせるのもいいかもしれません。

BISTROT La Marie Jeanne
東京都中央区銀座7ノ12ノ5、貝新ビル地下1階
営業時間 正午~午後1時30分、午後6時~午前0時
(ランチは月~金曜)。日曜定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, May 12, 2009

すき焼き風のとんかつ。藍ノ月の今月のおすすめ御膳

090512_125901しばらく
関内を
留守にしていると

新たな発見が
あったりします。

本日は、
先日から
ちょっと目を
つけていたところに、
寄ってみることにしました。

関内桜通りと
関内仲通りの間にある

「藍ノ月」

炉端スタイルのジャパニーズダイニングです。

地下1階にあるこの店。

店内に入ってみれば、スタイリッシュな和テースト。

4人くらいの個室感覚のテーブル席と、
座敷のある空間で食事ができます。

オーダーは

「今月のおすすめ御膳」880円
和惣菜3種の盛り合わせ、野菜たっぷりのお味噌汁、
ご飯、香の物付き

今月の御膳は6月くらいまで続くとうたっている

「かつすき御膳」

とんかつをすき焼き風にしていただく料理です。

出てきたのは、
アッツアツの鉄板の上に、
甘辛醤油の味付けをされた出汁の上にのった
ロースかつ。

ロースかつの上には
鬼おろし、タマネギのスライス、水菜。

とんかつをまずはそのままかじってみれば、
かすかにのこるサクッとした食感と
衣にしみ込んだ出汁の旨味が広がります。

鬼おろしに出汁をたっぷりつけてもいい味わい。

そして、すき焼きならば、
やはり生卵にくぐらせていただかないと! 

ということで、

生卵にくぐらせていただくと、
これまたまろやかで、それでいて出汁の旨味が
さらに広がる味わい。

とんかつの衣もいい塩梅。
そしてもちろん肉も柔らかくてジューシー。

和惣菜は切干大根を使った漬物に、
ゴーヤとサクラエビの和え物、
豆とひじきの和え物の3種。

ご飯のおかずにぴったりです。

さらに具だくさんの味噌汁は、
ざっくりと切られたダイコンにニンジン、ゴボウなど。
野菜ばかりのさっぱりとした
それでいて食べ応えのある味噌汁でした。

あれこれおかずがあって、
思わずご飯をおかわりしたくなる衝動にかられてしまう…。

そんなお昼ごはんでした。

藍ノ月
横浜市中区住吉町2ノ24ノ2
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後5時~11時。日曜、祝日定休

映画ウンチク
BANKOK DENGEROUS
バンコック・デンジャラス
☆☆☆

殺し屋という職業のニコラス・ケイジ。
自分のルールにのっとって、
どの国にも定住しない放浪者。
もうこの仕事はこれで終わりにしようと
決めて向かったのはタイ・バンコク。
ここで出会ったタイ人に、
なぜか自分を見たのか、弟子にして、
いつしか心を通わせるような自分に気づく。
恋の出会いもありつつも、
着々と自分の仕事をこなしていくが、
人に心を許すことによって、
暗殺という仕事にもゆがみが出てきて…。
クライマックス。
ニコラス・ケイジが人間として、
どうしていくのか…。
見届けたくなるような映画でした。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, May 11, 2009

イベントもののスパイシーさ。黒船レストランの黒船カツレツカレー

090511_112301横浜
開国博、

Y150。

いちばんの
目玉は、
なんといっても

はじまりの森にいる

クモ。

ラ・マシーン。

巨大なクモを7人以上の人の手で動かす
パフォーマンスです。

これ。

パフォーマーもきちんと衣装があって、
まるでEXILEのような雰囲気をかもし出しながら、
マシンに向かい、

会場中を操作しながら練り歩いていくのですが、

7人以上の人の手によって、
毎回動きが違うのだそうです。

その打ち合わせをして、
「今回はこんな風にして動こう」と決めて、
毎回パフォーマンスしているのですが、
なんだか日増しにダイナミックになっているような
気がします。

そんな「はじまりの森」にあるレストラン

「黒船レストラン」

今回は

「黒船カツレツカレー」850円

スパイスをふんだんに使った
黒目のカレーにカツレツをトッピングした一品。

カレールーは黒いのですが、
程よく辛くて、そしてスパイシー。

イベント会場のカレーにしては、
結構いい味を出しています。

カツレツは、思いのほか柔らかで、
カレーともよくマッチしています。

ライスもたっぷりあるのですが、
カレールーとのバランスもちょうど良く、
最後までいいバランスでいただくことができます。

巨大なクモをしっかりと見学してからの
カレーのランチ。

結構ディープな横浜を体験できるひとときです。

ちなみに今日のラ・マシーン。

かなり会場入り口までせまってきて、
見学者が思わず後ずさりするくらいの迫力でした。

こんな感じ。
開国博は9月27日まで。
毎回クモの動きは変わるようなので、
ぜひとも一度は見に行くといいと思います。

090511_111701_2

黒船レストラン
横浜開国博Y+150「はじまりの森」内
営業時間 午前10時~午後10時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, May 08, 2009

甘みのある旨味。支那そばやの醤油らーめん

090326_133201

珍しく、戸塚で
打ち合わせ。

戸塚駅前は、
現在開発中で
ごちゃごちゃ
していますが、

そこを抜けると
昔ながらの
商店街が
なんとか
生き残っています。

そんな戸塚。

そういえば…。

鵠沼のラーメンの名店が、
ラーメン博物館に移転してしまい、

そして、昨年の11月にこの戸塚に本店として
オープンしていたような…。

十数年前のあのこだわりのラーメンブームにも
一躍名をあげたあの店。

「私語厳禁」の鵠沼の店に、
怖いもの見たさで行ってみたかったものの、
その機会がなかったことを思い出します。

このチャンスは、やっぱり行かなくちゃ! 

と思って向かったのが

「支那そばや本店」

鶏がらと豚から取ったスープで作る
ラーメンが売りの店です。

店内はカウンターとテーブル席があって、
「私語厳禁」の紙もなく、
おもいのほか、おしゃれでおだやかな雰囲気。

それでも、
しゃべらず、もくもくとラーメンを作るスタッフたちの
その雰囲気は、やっぱり独特です。

注文は券売機で。

「醤油らーめん」850円

深めの武骨などんぶりでやってきたラーメン。

メンマと煮豚のチャーシューが2枚。
そして海苔のシンプルラーメンです。

見た目のスープの色合いは、
こってりとしたイメージなのですが、

レンゲですくって飲んでみれば、
さらりとした飲み心地。

しかも、最初に甘みがやってくるのが意外。
やがてこの甘みが旨味に変わっていきます。

いつまでも飲んでいたくなるスープです。

麺は中くらいのストレート麺。

表面がツルツルとしていて、すべりのいい麺。
スープともほどよく絡み付いていい塩梅。

メンマは、普通のとはちょっと違い、びっくり。

短冊で切ったようなメンマではなく、
タケノコの形がわかるような形状なのです。

ピロピロに薄いところもあって、
これが麺と一緒に食べられるのがうれしい。

チャーシューは脂身もある、
まさに豚の旨味が感じられる味わい。

きれいにまとまっているラーメンはさすがです。

塩ラーメンも食べてみたいものです。

支那そばや本店
横浜市戸塚区戸塚町4081
営業時間 午前11時~スープがなくなるまで
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, May 07, 2009

甘みの中に潜むスパイシーな刺激。ベン・タインのカリー

090507_132401GWは
終了したとはいえ、

平日は
今日を含めて
2日だけ。

街を歩いていても
どことなく
まだ休日モード。

そんな本日は、
珍しく
横浜・菊名界隈。

珍しいものでも食べようかなぁ…と
思いながら、駅から歩いて7分くらい離れた
レストランへ向かいます。

「ベン・タイン」

本格ベトナム料理の店です。

この店がオープンしてから、すでに10数年。

駅から離れているとはいえ、
がんばって営業している店なのです。

店内は4人席のテーブル席が8つほど。
シンプルな店構えですが、
入り口にはベトナム雑貨なども置いてあって、
どことなくベトナム。

壁にもベン・タインの絵が描かれています。

こちら、ランチメニューはないので、
グランドメニューの中から選びます。

「カリー」1000円
ライス付き

ベトナムのカリーは、
鶏がらスープをベースにココナッツの甘みがきいたもの。

黄色が鮮やかなサラサラのカリーは、
シンプルに鶏肉とタマネギ。
パクチーがトッピングされています。

さて。

まずはカリーをひと口。

これが思いのほか辛い! 

ココナッツの甘みが先にやってくるので、
辛さのことを忘れてしまっているせいもあり、
その分のスパイシーさが刺激的なのです。

鶏肉とタマネギをライスの上にのせて、
カリーをかけまわしていただきます。

このスパイシーさがライスとよく合うこと!
サラサラのスープがライスに程よくなじんでいるのも
いい塩梅です。

鶏肉は柔らかく、タマネギはシャキシャキ。

時折感じるパクチーの風味もアクセントになっています。

このカリー。

食べ進めば進むほど、どんどんハマっていく感じ。

会計時に、もうすぐランチメニューも出しますよ…とのこと。

ランチメニュー、楽しみです。

ベン・タイン
横浜市港北区大豆戸町480ノ1、菊名ハイツ103
営業時間 午前11時30分~午後10時30分
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, May 01, 2009

野菜たっぷり、甘さとコク! 華らんたんの長崎ちゃんぽん+餃子セット

090501_113201090501_113401

なんだか、休みの雰囲気が漂うこのごろ。
天王洲アイルで朝から打ち合わせ。

そこから移動をしていたら、
有楽町辺りでランチタイムとなりました。

サクッと食べてしまいたかったので、
本日は駅に近いところ。

というよりは、JRの高架下でランチです。

有楽町駅中央西口のすぐ横に昨年の11月にオープンした

「華らんたん」

長崎ちゃんぽんの店です。

店内は12人座れるコの字型のカウンターと
4人座れるカウンターのこじんまりとした店内。

長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどんや
焼きちゃんぽんなどが楽しめます。

注文は食券を購入。

「長崎ちゃんぽん+餃子セット」900円

深いどんぶりではなく浅めのどんぶりでくるのが
長崎ちゃんぽん。

そのイメージ通りのどんぶりがやってきました。

見るからに野菜がたっぷり。

キャベツにモヤシ、ニンジン、キクラゲ。
そして
赤はんぺんにチクワ、さつま揚げが細くカットされています。

さらに豚肉とエビ、イカゲソ。

スープは鶏がらとトンコツベース。

ほんのりと甘くてそしてコクのある味わい。

麺は太くて柔らかな食感。

野菜を炒めてスープを加えて
そこに麺を入れるのがちゃんぽんの作り方。

そう考えるとこの柔らかさも長崎ちゃんぽんらしいです。

キャベツはシャキシャキ感が残っているし
はんぺんやさつま揚げ、チクワは味のある食感です。

豚肉の旨味が突然やってきたり、
海鮮のしみじみとした味わいがやってきたり、

あれこれいろんな要素が楽しめるのがうれしい!

途中でホワイトペッパーを加えると、
ピリッと引き締まった味わいに変身。

さらには、ちょっと邪道なのかもしれませんが、
卓上のウスターソースをタラリ。

スパイシーで甘い味わいが加わると、
さらに味に深みがでました。

餃子は皮はパリッと焼きあがっていて、
餡はジューシーそのもの。

こちらの店。
手軽に食べられるからというのもあると思いますが、
結構次から次へと人がやってきます。

外で待っている人も…。

次回は焼きちゃんぽんを食べてみたいです。

華らんたん
東京都千代田区有楽町2ノ9ノ1
営業時間 午前11時~午後10時30分
(ランチは午後5時まで)

映画ウンチク
GRAN TRINO
☆☆☆☆

朝鮮戦争に行った老人クリント・イーストウッド。
愛する妻を亡くしてからは、1人暮らし。
彼の住む周辺は、だんだんと移民が多くなり、
アメリカ人らしい偏見をいつも持っていた。
そして隣に引っ越してきたチャイニーズアメリカン。
その息子・タオが車、グラン・トリノを
いとこの不良にけしかけられて盗もうと…。
そこをすかさず見つけるクリント・イーストウッド。
それがきっかけになって、
タオとの交流が始まる。
タオの姉スーとも心を通わすように…。
異文化交流を通して、
それまでの偏見が変わっていく。
そしてタオとスーの幸せを願うが、
いとこの不良チームがいては幸せにはなれない。
そんな事件が起こってしまったために、
彼のくだした決断とは…。
暮らしてみると、思いのほか誰もが
人種差別をしているアメリカのそのまんまの姿が
当たり前のように描かれていたり、
そして、その誤解もちゃんと溶けることもあるんだ…。
そう信じたくなるエンディングです。
本当にそうなってほしいものです。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »