« 苦味と塩気の組み合わせ。GRIPの菜の花とアンチョビのペペロンチーノスパゲッティ | Main | トロ~リ柔らか!そしてコク! 築地 南ばら亭の南部地鶏親子丼 »

Monday, March 16, 2009

複雑だけれどまとまりのある味。CHABUTONの冬の鶏白湯らぁ麺&梅御飯

090316_174901

休み明けの今日。

朝から池袋を
経由して石神井、
そして東京。

再び池袋に戻り
雑司が谷へ…。

バタバタとして
打ち合わせと
そして移動だけで
時間が過ぎていき、
気づけば、
なんと 5時!!!!

ひやぁ~。こんなこと
めったにないことだけど、
うれしい悲鳴ながら、ランチをどうしていいものか
悩みの時間になってしまいました。

とはいえ、お腹はぐー。

そういう時は、ランチタイムが関係のない場所。

そう、今いるところは、池袋。

ラーメン激戦区であるこの場所に
せっかくいるのだから、やっぱラーメン屋。

先週からものすごい行列の店も気になっているのですが、
何しろ、
あまり時間を費やしたくないので、
そこそこ混んでいる場所へ向かいます。

「CHABUTON」

「ちゃぶ屋」の森住康二さんが手がける
とんこつらぁ麺の店です。

この店もあちこちに支店があるので、
ここでしか食べられない! 

というわけではないのですが、
やはり気になるラーメンの店なのです。

販売機でチケットを購入。

選んだのは

「冬の鶏白湯らぁ麺&梅御飯」880円

鶏白湯に惹かれてしまいました。

とんこつらぁ麺の店ですが、
このメニューは

鶏白湯の塩スープを使用。
そこに
豚挽き肉と細切りのネギ、糸唐辛子をトッピング。

そして最後にカニ味噌オイルを駆けまわしてあります。

スープは鶏白湯らしい
鶏のこってりとした口あたり。
それでいてどこかコクのある味は、
なぜかあっさりと喉をすり抜けていくから不思議です。

アッツアツ感があるのは、カニ味噌オイルのおかげでしょうか。

麺は細めのストレート麺。
ツルツルシコシコとした食感が楽しめます。

ボールになっているひき肉は、ちょっとずつ崩していくと
その旨味がスープに混ざり合っていい塩梅。

丼の底の方に近づくと、カニの風味や鶏、豚の風味が
一緒くたにやってきて、深みのある味わいになっていきました。

梅御飯はカリカリとした梅の食感と
その酸味が刺激的。

これが正しい食べ方かはわかりませんが、
このご飯をレンゲによそって、
スープに浸していただくと、
濃厚なスープがさっぱりと! 

スープの最後に酢を入れてサッパリ感を味わうのと
同じような効果が感じられました。

お腹満足の遅いランチでした。

CHABUTON池袋東口店
東京都豊島区東池袋1ノ3ノ7
営業時間 午前11時~午前4時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« 苦味と塩気の組み合わせ。GRIPの菜の花とアンチョビのペペロンチーノスパゲッティ | Main | トロ~リ柔らか!そしてコク! 築地 南ばら亭の南部地鶏親子丼 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/44370659

Listed below are links to weblogs that reference 複雑だけれどまとまりのある味。CHABUTONの冬の鶏白湯らぁ麺&梅御飯:

» ちゃぶ屋 とんこつらぁ麺 CHABUTON (池袋東口店) [GTFO blog]
どうも、リベロです。 さて、早速なんですがバトンやっちゃいますよ! マイミクであり、同人音楽仲間でもある双旗 いるくさんから頂きま... [Read More]

Tracked on Tuesday, April 14, 2009 at 16:04

« 苦味と塩気の組み合わせ。GRIPの菜の花とアンチョビのペペロンチーノスパゲッティ | Main | トロ~リ柔らか!そしてコク! 築地 南ばら亭の南部地鶏親子丼 »