« とろとろ~!そして酸味! 達ちゃんオムライスのオムライス | Main | 苦味と塩気の組み合わせ。GRIPの菜の花とアンチョビのペペロンチーノスパゲッティ »

Thursday, March 12, 2009

刺激的な味わい。ドラゴン飯店のドラゴン紅煮込みマーラー坦々麺

090312_164601新宿駅東口の
LUMINE EST.。

以前は
MyLoadという
駅ビルでしたが、

そのころから
若者系のショップが
多く…。

それでも
7・8階の
レストラン街が
リニューアルして大人っぽくなったものの…。

LUMINE EST.に変わって、

さらに8階にコールドストーンクリーマリーが
オープンしてからでしょうか…。

大人っぽいレストラン街も
すっかり若返ってしまい…。

なんて思うのは、自分自身が歳を取った証拠???

などと思いつつ、

ランチに出遅れた身としては、頼りになるのは
駅近のランチどころ…。

8階にある

「ドラゴン飯店」

中国料理の店です。

チャイニーズレストランの雰囲気がある店内ですが、

なぜか、ニューヨークのサブウェイの看板があったり…。

イメージ的にニューヨークのチャイナタウンな
感じもします。

オーダーは

「ドラゴン紅煮込みマーラー坦々麺」880円
生卵付き

坦々麺に「麻」と「辣」を多く加えた、
刺激的な一品です。

しかも煮込み…。

登場したのは当然のように土鍋。

アッツアツでグツグツの坦々麺が出てきました。

まずは器に麺とスープを取り分けていただきます。

スープは

中国山椒がビリリと効きながらも、まろやかな味わい。

麺はシコシコとした歯ごたえで、
スープを程よく絡みつかせています。

生卵を加えて、しばしまってから、
半熟状態の黄身を割っていただけば、
まったりとした味わいも楽しめます。

食べ進むうちに、
口の中は甘味を感じつつも、
おでこにはじんわりと汗がにじんでくる辛さ。

体がポッポッとなりつつも、
スープを飲む手は止まりません。

テーブルには黒酢もあって…。

黒酢好きには、ついつい最後のひと口を
タラリとたらしていただいてしまう…。

「辣」の刺激がふんわりとマイルドになって、
これまたイケてしまったのが不思議でした。

ドラゴン飯店
東京都新宿区新宿3ノ38ノ1、ルミネエスト8階
営業時間 午前11時~午後11時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« とろとろ~!そして酸味! 達ちゃんオムライスのオムライス | Main | 苦味と塩気の組み合わせ。GRIPの菜の花とアンチョビのペペロンチーノスパゲッティ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/44328943

Listed below are links to weblogs that reference 刺激的な味わい。ドラゴン飯店のドラゴン紅煮込みマーラー坦々麺:

« とろとろ~!そして酸味! 達ちゃんオムライスのオムライス | Main | 苦味と塩気の組み合わせ。GRIPの菜の花とアンチョビのペペロンチーノスパゲッティ »