« February 2009 | Main | April 2009 »

Tuesday, March 31, 2009

プリプリ、カリカリ! MADISON PARK CAFEのハーフセット

090328_115601久しぶりに
六本木
ミッドタウン方面。

久しぶりだし、
やっぱり
ミッドタウン内で
軽くランチかなぁ…。

と思いつつ、
プラプラの店を
回っていると…。

ホットドッグの写真に
目は釘付け! 

ホットドッグ食べた~い! モードが炸裂してしまい、
気づけばカウンターで注文をしていました。

東京ミッドタウン内、プラザ地下1階にある

「MADISON PARK CAFE」

昼はホットドッグを中心に、夜はワインなども楽しめる
スタンディングバーになる店です。

初め、店名を見たときには
「ニューヨーク?」と思いましたが、

こちらは、シアトルにある公園の名前からきています。

そして、こちらのコーヒーは、
あの
「SEATTLE’S BEST COFFE」。

なので、本日はシアトル風味のランチです。

オーダーは

「ハーフセット」550円
フレンチフライ、またはサラダ、ドリンク付き

ホットドッグはオリジナルドッグのハーフ。

ソーセージは100%ビーフをロースト。
グリルオニオンが一緒に添えてあります。

これをスタンドでザワークラフトとケチャップ、
マスタードを好みの量をかけていただきます。

プリッとした皮。そしてやわらかな肉。
口の中に広がる肉汁。

バンズはポピーシードのかかったちょっと歯ごたえのあるオリジナル。

このバンズがしっかりとソーセージを受け止めています。

ハーフながらもなかなかの食べ応えです。

付け合せのポテトは細身のカットでカラリとフライ。

この食感がまさにカリカリ、カリカリと心地よい。

ついつい手が伸びてしまう味わいです。

高めのスツールに座っていただくホットドッグ。
オシャレだけど、
でもなんだか落ち着いてしまう空間…。

ホットドッグの種類もたくさんあるので、
またフラリと立ち寄りたいところです。

もちろん、コーヒーも飲みに行きたいです。

MADISON PARK CAFE
東京都港区六本木9ノ7ノ3、
東京ミッドタウン プラザ地下1階
営業時間 午前7時~午後11時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, March 30, 2009

トンコツが新鮮! 野毛山カレー食堂の野毛山とんこつカレー

090330_120101ここ数年の
横浜・桜木町の
野毛は、
本当に
雰囲気が変わった
行くほどに
ワクワクするところ。

日の出町寄りの
1本裏の道に入った
ところに
今月オープンしたのが

ここ。

「野毛山カレー食堂」

カレーが楽しめる店です。

ここ最近、インド系を含めたカレーの店が
そこここにオープンしている野毛。

カレーブームでもあるのでしょうか。

こちらのランチのカレーは
トンコツ系とブイヤベース系の2種のソースをベースに
展開しています。

店内は、キッチンに向かったカウンターと
壁に向かったカウンターの席のみ。

オシャレな雰囲気に包まれているのが印象的です。

オーダーは

「野毛山とんこつカレー」650円
サラダ、ドリンク付き

この野毛価格のランチもうれしい! 

やってきたカレーはサラサラ系。

大きなチャーシューが見え隠れ。
トロトロの半熟玉子が半身。
ネギがどっさり。
ホウレンソウも入っています。

ライスにかけていただく前に、ソースをひと口。

おお。

トンコツの風味が第一印象。
今まで食べたことのない、カレーの味です。

カレーをライスにかけて食べ始めると…。

だんだんと辛さがしみていきます。

辛さは辛口のリクエストもできますが、
本日はノーマル。

それでも程よく辛さが楽しめます。

チャーシューは煮豚でとろとろ。
このチャーシューとカレーも合っています。

ポークカレーとはまたちがった印象。

半熟玉子もいい相性。

とろみの黄身とカレーもいい塩梅。

それからネギ! 
トンコツラーメンのときもネギが決め手になりますが、
その相性の良さがここでも現れています。

食べるほどに、なんだかハマってきてしまう味。

カレーってやっぱり奥が深いなぁと、
しみじみしたのでした。

ブイヤベースベースのカレーも試してみたいです。

野毛山カレー食堂
横浜市中区宮川町2ノ35
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、午後5時~10時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

※こちらの店はmeruさんからの情報から見つけました。ありがとうございます!

| | Comments (297) | TrackBack (0)

Friday, March 27, 2009

こってりだけどさっぱり。博多 秀ちゃんラーメンのラーメン

090327_134701_2お台場周辺。

どこで
ランチをしようかと
考えたものの…。

そういえば、
アクアシティお台場内の
「ラーコク」こと
ラーメン国技館は、

結構店の入れ替えがあって、
各地のラーメンが
食べられたなぁ…と、
どうしても思ってしまい、

この時期はどんなお店が入っているのか、
気になって行ってしまいました。

なんと、
今はファイナルステージなんだそう。

ということは、
これでおしまいということなのでしょうか?

あれこれ思いながら、6店舗の中から選んだのは

「博多 秀ちゃんラーメン」

博多で昭和38年創業のとんこつラーメンがいただける店です。

実は都内には赤坂にあるのですが、
思い起こせば、
赤坂の店行ったことがあったかも…。

そう思いつつ、

選んだのは

「ラーメン」750円

王道です(笑)。

こってりな雰囲気が出ているスープに、
キクラゲ、青ネギ、チャーシューが2枚。

麺は固めに仕上げてもらいました。

まずはスープ。

表面に脂が浮かんでいて見るからにこってりなのですが…。

確かにこってりではあるのですが、
思いのほかサラサラとしたスープで、飲みやすい。

旨味もしっかりと出ています。

細麺の博多特有の麺は、シコシコとした食感。

キクラゲと一緒にすすれるのもうれしい。
麺とキクラゲの食感が楽しい、楽しい。

また青ネギと一緒にいただけば、
スープと青ネギの味がいい塩梅の組み合わせ。

チャーシューは煮豚で、こちらもトロトロ。

トロトロにスープが良く合います。

麺も食べ終わり、キクラゲの食感とスープを楽しんだ後は、

卓上の紅しょうが。

この紅しょうがも真っ赤なのではなく、
自然の色の紅しょうが。

酸味が加わって、後味をサッパリとさせてくれます。

博多ラーメン。
やっぱり、人気なのもうなずけました。

博多 秀ちゃんラーメン
東京都港区台場1ノ7ノ1
営業時間 午前11時~午後11時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Thursday, March 26, 2009

ソースの楽しみ♪ 串焼き 飛羽屋のスープゆで鶏丼

090325_132401横浜・関内の
馬車道から

ちょっと
道を外れてみると、

昔から
あったはずの
ビルの2階を指す

黒板の
ランチ看板を発見。

こんなところに
店があるんだ…と
にわかに興味津々。

階段を上がっていってしまいました。

「串焼き 飛羽屋」

店名のとおり、
焼き鳥をはじめとした串焼きが楽しめる店です。

新しいビルではないので、
どんな店なんだろうと思っていたら、

やはり、割と最近にオープンしたようで、
とてもスタイリッシュな雰囲気。

焼き鳥をワインと一緒に楽しむことができます。

そんな店のランチ。

オーダーは

「スープゆで鶏丼」800円
スープ、煮玉子付き

ふむ…。

スープゆで鶏って、海南鶏飯のこと???

と思ったのですが、

こちらはまさに、
出汁で鶏をゆでた「ゆで鶏」のことを言っているようです。

プレートには普通の白いご飯に
ゆでた鶏もも肉、サラダが添えられてやってきました。

これを、4つのソースでお好みでいただきます。

そのソース、

胡麻醤油、鶏味噌、バルサミコ、和風。

胡麻醤油がいちばんこのメニューには合っているとのこと。

それでも、いろいろ試してみたいので、

一切れずつ味を変えて楽しんでみました。

バルサミコはサラダにかけて…。

胡麻醤油は、さすがにオススメだけあって、
ちょっと酸味の効いた味わい。

鶏味噌もなかなかで、コクのある味わいが満喫できます。

和風はニンニクの効いた、おろし醤油。

どれも醤油ベースですが、
ゆで鶏との相性もよく、楽しく食べることができます。

鶏肉もプリッとしていて、そしてなめらか。
鶏肉の旨味がギュッと詰まった味わいです。

煮玉子は、甘めの味わいで、
これがいい箸やすめになるのがうれしい!

スープは卵とトマトのスープで和風味。

窓も広めで白を基調とした明るい店内。

ディナーもきっといい雰囲気なんだろうな・・・と
思わせてくれる店でした。

焼き鳥などの串焼きとワイン。
試してみたくなりました。

串焼き 飛羽屋
横浜市中区住吉町5ノ63、2階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時30分~11時30分(土曜は10時30分)
日曜、祝日定休。
(ランチは平日のみ)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Wednesday, March 25, 2009

たっぷり春の訪れ。葵丸進の春野菜の小天丼

090324_165901浅草。

ここに来ると
なんだか
江戸ものの
ランチが
食べたくなります。

ちょっと遅めの
ランチ。

何を食べようか
歩いていると

プンプン漂ってくるのは、

ごま油の香ばしいにおい。

あ~! 

天丼が食べたい!

引き込まれるように店に入ってしまいました。

雷門から国際通りに向かって歩いて右手にあるのが

「葵丸進」

まさに天ぷらレストランです。

こちら、昭和21年創業の天ぷら店。

大きな店なので、ツアーでも使われているようです。

さて。

天丼といえば海老…ですが、

実は店頭のこのメニューに惹かれてしまいました。

注文はもちろんそれ。

「春野菜の小天丼」1000円
赤だし、新香付き

春の山菜が華やかにのった丼。

ひときわ目立つのは、フキノトウ。

ひまわりのようにキレイに開いて揚げてあり、
その姿を見るだけでちょっとウキウキとした気持ちになります。

ほかには

タラの芽、ゼンマイ、菜の花、そしてタケノコ。

アクセントにシシトウが添えられています。

フキノトウ、タラの芽、菜の花、ゼンマイ。

大人しかしみじみと味わうことができない
あの苦味がフワッと鼻から抜けていきます。

天丼のタレは軽くかけてあるので、
サクッと揚がった衣の食感も損なわれていません。

そのサクッと、苦味の相性のいいこと! 

さらにタケノコはシャキッとした歯ごたえの後に
ほっこりとした食感と旨味。

いい塩梅に炊けています。

天丼のたれが別添えであり、足りなかったら足すのですが、

このまんまで十分!

春の香りが程よく感じられるように
タレの絶妙な分量になっているからです。

春がどんどんと近づいてくる喜び。

しっかと味わうことができました。

葵丸進
東京都台東区浅草1ノ4ノ4
営業時間 午前11時30分~午後8時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, March 24, 2009

インドの定食気分。敏銭戸 南インド風カフェ&バーのビジネスランチ

090323_142501090323_142001
市谷方面に出没。

プラプラと
歩いていると、
靖国神社方面に
向かっていました。

桜がちょっとづつ咲き始めて、
春だなぁ…と感じさせてくれます。

そんな靖国神社近くで見つけたのが、

「敏銭戸 南インド風カフェ&バー」

その名のとおり、南インド料理が楽しめるところです。

敏銭戸…。

と漢字の店名なので、日本人がオープンしている、
和風テーストかと思ったのですが…。

2階のドアを開けたとたん、インド風味(笑)。

オーナーの名前が「ヴィンセント」さんなのでした。

横に広い店内。

赤いテーブルが印象的です。

オーダーは

「ビジネスランチ」980円
カレー(肉または野菜)、スープ、サラダ、自家製ヨーグルト、チキンティッカ、
パロタまたはナン、またはプーリー付き

スープはココナツ風味で
口あたりが甘い。

のですが、スパイシーな後味が残ります。

そして、やってきたカレーセットは、
ミールススタイルでやってきました。

ステンレスの大きなお盆に、
野菜カレー、チキンティッカ、パロタ、自家製ヨーグルトのほかに
インドの豆せんべい・パパル、ラッサムスープ、
南インドのカレー・クルマ、南インドの漬物が付いていました

野菜カレーは豆がいっぱい。
まろやかな辛さです。

南インドのカレーもインゲンなどが入っていて、
こちらは結構スパイシーな刺激。

ラッサムスープは(サンバルと同じなのかな)、
酸味のあるサラサラのスープ。

これらにパイのようなパロタをちぎって、
カレーやソースにつけていただきます。

バター風味にカレーのスパイシーな刺激がいい塩梅。

ラッサムと野菜カレーをあわせたり、
クルマと野菜カレーをあわせたり、
ヨーグルトとあわせたり…。

楽しみ方がいろいろあるのがうれしいミールスです。

辛さもそれほどでもありませんが、
次第にスパイシーな刺激が口の中が広がっていきました。

食べているうちに、
「あ~、ライスと一緒に食べたらもっと楽しかったかも…」と
思った次第。

夜南インドの食べ放題定食として
ミールスを提供しています。

サモサやプーリーなどなど興味津々なメニューもあるので、
夜のミールスにもチャレンジしてみたいです。

敏銭戸 南インド風カフェ&バー
東京都千代田区九段南2ノ4ノ12、アビスタ九段ビル2階
営業時間 午前11時~午前0時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, March 23, 2009

深みのある塩。G麺7の塩らーめん

090213_1942011月に
オープン
したものの、

しばらくは
夜のみの営業…。

ということで、
夜に食べに
行きましたが、

2月11日から
昼営業も開始。

違うメニューも食べたいと思っていたので、

時を見計らって行ってみることにしました。

横浜は上大岡にある

「G麺7」

ラーメン店です。

カウンターは7席ほどに大きなテーブルが1つだけの
こじんまりとした店内。

キッチンの大きさがやたらと目立つ店です。

注文は

「塩らーめん」750円

目の前にやってきた塩ラーメンは、
半透明のスープの色に、
ナルト、メンマ、チャーシューがトッピングされています。

チャーシューは豚バラと鶏の2種類。

スープを飲んでみると、
出汁のうまみとともに塩の程よいうまみが伝わってきます。

自家製麺の麺は中くらいのストレート麺。

モチモチシコシコとした食感は、
相変わらず、パスタのようで、うれしい。

メンマは細めなので、麺と一緒にすすれるのも
いい塩梅。

チャーシューは豚バラはトロリととろけるようだし、
鶏チャーシューはしっとり。

焦がしねぎの風味をアクセントにしながら、
最後まで楽しく食べきれました。

醤油よりも塩のほうが好みかな…と思いつつ、
ついつい通ってしまいそうです。

G麺7
横浜市港南区上大岡3ノ10ノ6
営業時間 午前11時~午後2時、
午後6時~午前0時。火曜定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, March 19, 2009

シアワセのランチ。天昇の鎌倉御膳

090319_134001仕事が
ひと段落した
瞬間。

あまりの
天気の良さに

気づけば、
鎌倉に
向かっていました。

春の海を見たいなぁ…と思って。

鎌倉駅に到着し、東口の東急ストアを左に見ながら進むと

「え? ここって入っていいの?」

と思うところが、丸七商店街。

昔ながらの屋根のある、
ちょっと入り組んだ通りの商店街。

今ではフォカッチャを売るパン屋や
アメリカンな古着を売る店もありますが、
昭和を思わせるような商店が立ち並ぶ
観光地・鎌倉の日常な側面がある場所です。

その一角にあるのが

「天昇」

御成通りにある「野分」という飲み屋の姉妹店。

立ち飲みになる店ですが、昼時は椅子に座って
ランチが楽しめます。

路地に迷い込んだようなこの店は、
L字型のカウンター。

カウンターの外にビールなどが入った冷蔵庫があって、
飲む人はセルフで瓶ビールを取り出して飲むスタイル。

おでんも定番らしいのですが、
こちらもセルフサービスで串に刺したおでんを自分で取って
いただきます。

そんな立ち飲みな雰囲気…というか、
すでに昼間から飲み体勢のこの店。

地元の方々がホッピーなどを楽しむ横で
ランチの注文をします。

「鎌倉御膳」900円
お吸物付き

こちらのランチはすべて900円。

鎌倉御膳はお重に入ったお弁当的なランチで、
限定10食です。

蓋に覆われたお重が目の前に。

この開ける瞬間が楽しみ。

開けてみれば、

シラスとトビッコがトッピングされたご飯、
マグロのブツ、サーモン、ブリの刺身、そしてカニカマ、
玉子焼き、鮭の切り身、キノコの和え物2種、
手羽先の塩焼き、リンゴのマヨネーズ和え…。

盛りだくさんなメニューが目の前に!

まさにシアワセを感じる御膳です。

マグロのブツはたくさん入っていて、
刺身を食べている感触がじゅうぶん。

サーモンの刺身もまったり。
ブツは脂身がのっているし、カニカマもいいアクセントに。

玉子焼きや鮭の切り身はいかにもお弁当の定番。

手羽先はいい塩梅に焼きあがっていて、
肉質のジューシー。

そしてなにより、今旬のシラス。

あれこれ楽しめる御膳はかなり充実で満足です。

ふと隣を見れば、
シラス丼を注文の様子。

でも、これがシラス丼だけでなく、
小鉢がたくさんついていまいした。

つまりは、鎌倉御膳は、
丼メニューのおかずをのせて、そこに小鉢を加えた、
かなりお得なメニューだったのです。

ウキウキとしながらお弁当を味わいながら、
店に流れるWBCのラジオ中継…。

観光地鎌倉だけれども、
地元密着のこうした店がきちんとあるのが
なんだかうれしくなってしまうのでした。

次は夜飲みもしてみたいです。

天昇
鎌倉市小町1ノ3ノ4、丸七商店街内
営業時間 午前11時~午後2時、午後3時~11時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Wednesday, March 18, 2009

辣な辛さと醤油テイスト。人形町 東風汁麺屋本店の辣香坦々麺

090318_115601_2同じ
仕事がらみでは
ないのですが、

なぜか、
また
人形町。

先日の
オムライスのときに、
もうひとつ気になっていた店があったので、

今日はそこでお昼を食べることにしました。

人形町駅の裏手、
洋食キラクの前の大きな通りを渡った、
ひとつ裏に入った通りから、ちょっとだけ角を曲がったところにある

「人形町 東風汁麺屋本店」

オリエンタルフード&バーです。

主にアジアンヌードルを主体としていて、
ランチはもちろん麺ものばかり。

店内はスタイリッシュな雰囲気に包まれています。

手前にテーブル。
壁に沿ってカウンター。

そしてそのカウンターをL字のようにして、
その短い部分のところだけ、
対面で座れるようになっています。

その裏手にもテーブル席があり、
そこには大きなモニターも。

図らずも今日はWBCを放映していました。

オーダーは

「辣香坦々麺」800円

太麺か細麺が選べます

四川風の「辣」の香りが強い坦々麺です。

運ばれてきた丼には
真っ赤というよりはダークな色合いのスープ。

ぷぅんと漂うのは中国山椒の香り。

ひと口飲んでみると、
痺れる辛さの刺激があるものの、
全体的にまろやかな風味が広がります。

スープは醤油がベースにしてあるのかな…といった味わい。

ニンニクも隠し味になっています。

選んだ細麺に辛味のスープがほどよく絡み付いて、
いい塩梅に口の中に入っていきます。

麺はシコシコの歯ごたえがいい塩梅。

ひき肉はさっぱりとした味付けで、
これもスープと一緒にいただきます。

付け合せには青梗菜。
茎の部分のシャッキリとした歯ごたえが
アクセントになります。

辛すぎず、かといって刺激的でないわけではなく、
落ち着いていただける坦々麺でした。

ほかの坦々麺も試してみたいです。

人形町 東風汁麺屋本店
東京都中央区日本橋人形町3ノ12ノ11、GRANDE人形町1階
営業時間 午前11時30分~午後5時、
午後5時30分~11時(土曜は9時)。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, March 17, 2009

トロ~リ柔らか!そしてコク! 築地 南ばら亭の南部地鶏親子丼

090317_140901築地界隈。

この辺りで
ランチとなれば、
迷わず
魚もの! 

というのが定説。

でも。

本日は、
魚料理ランチでは
ありません。

しかも、場所は築地市場、場外。

場外と場内の間の道から、場外の通りに入って
すぐにあるのが

「築地 南ばら亭」

親子丼の店です。

以前は寿司屋さんがあったこの場所。

間口が狭く、カウンター2席だけ。
外に丸いテーブルと3つの椅子のみ。

店主が一つひとつ丁寧に親子丼を作ってくれるのです。

注文は

「南部地鶏炙り親子丼」1300円
スープ、新香付き

注文を受けると親子丼の鍋に鶏肉とタレを入れて、
素早く卵を入れてできあがり。

ふわっふわの卵が印象的な親子丼です。

卵が固まらないうちにと、すばやくぱくり。

口の中でフワッと広がる卵の甘味と
タレの甘すぎない味わい。

思わず声をあげてしまいます。

鶏肉はこれまた柔らかく、それでいて肉の旨味が凝縮。

皮を炙ってあるので、その香ばしさがアクセントになっています。

なんでもこの丼。

南部地鶏のスジを丁寧に取り除いて
食べやすい大きさにカットしているそうで、

だからこそ限定10食のみなんだとか。

その丁寧な仕事どおりの味わいに、
パクパクと食べる速度が速まります。

お米も程よい固さの炊き具合。
お米が立っている感覚がしっかりとわかります。

まさに三位一体。

途中で卓上の海苔を振り掛けると、
その風味もいい演出になります。

新香はいぶりがっこと壬生菜の漬物。
これまたホッとする味わいです。

さすが築地の町。

わざわざまた足を運んでみたいと思わせる
至福の一品でした。

築地 南ばら亭
東京都中央区築地4ノ14ノ14
営業時間 午前7時~午後2時30分、
日曜、祝日=午前10時~午後2時30分、水曜定休

映画ウンチク
MADAGASCAL 2 ESCAPE AFRICA
マダガスカル2
☆☆☆☆

結構ツボに入っていたアニメ映画。
でもまさか次回作ができるとは思っていませんでした。
前回、
ニューヨークのセントラルパークから
アフリカに向かうもマダガスカルに不時着。
そこで楽しく過ごすものの、
そろそろニューヨークに帰ろうかと、
危なさそうな飛行機に乗って離陸! 
当然のごとく、その飛行機は危なくて…。
たどり着いたのは、なんとアフリカ!
アレックスは両親に会えたり、
自分達の仲間とめぐり合ってあれこれありましたが、
やはり、これは友情の物語。
水不足になった原因を解決しに、
アレックスたちは保護区外に飛び出し…。
前回同様ダンザブルな全篇で、
気づけば楽しい気持ちになってしまっているのでした。
マダガスカル、アフリカ、ニューヨーク…。
自分にとってどれも魅力的な場所です。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, March 16, 2009

複雑だけれどまとまりのある味。CHABUTONの冬の鶏白湯らぁ麺&梅御飯

090316_174901

休み明けの今日。

朝から池袋を
経由して石神井、
そして東京。

再び池袋に戻り
雑司が谷へ…。

バタバタとして
打ち合わせと
そして移動だけで
時間が過ぎていき、
気づけば、
なんと 5時!!!!

ひやぁ~。こんなこと
めったにないことだけど、
うれしい悲鳴ながら、ランチをどうしていいものか
悩みの時間になってしまいました。

とはいえ、お腹はぐー。

そういう時は、ランチタイムが関係のない場所。

そう、今いるところは、池袋。

ラーメン激戦区であるこの場所に
せっかくいるのだから、やっぱラーメン屋。

先週からものすごい行列の店も気になっているのですが、
何しろ、
あまり時間を費やしたくないので、
そこそこ混んでいる場所へ向かいます。

「CHABUTON」

「ちゃぶ屋」の森住康二さんが手がける
とんこつらぁ麺の店です。

この店もあちこちに支店があるので、
ここでしか食べられない! 

というわけではないのですが、
やはり気になるラーメンの店なのです。

販売機でチケットを購入。

選んだのは

「冬の鶏白湯らぁ麺&梅御飯」880円

鶏白湯に惹かれてしまいました。

とんこつらぁ麺の店ですが、
このメニューは

鶏白湯の塩スープを使用。
そこに
豚挽き肉と細切りのネギ、糸唐辛子をトッピング。

そして最後にカニ味噌オイルを駆けまわしてあります。

スープは鶏白湯らしい
鶏のこってりとした口あたり。
それでいてどこかコクのある味は、
なぜかあっさりと喉をすり抜けていくから不思議です。

アッツアツ感があるのは、カニ味噌オイルのおかげでしょうか。

麺は細めのストレート麺。
ツルツルシコシコとした食感が楽しめます。

ボールになっているひき肉は、ちょっとずつ崩していくと
その旨味がスープに混ざり合っていい塩梅。

丼の底の方に近づくと、カニの風味や鶏、豚の風味が
一緒くたにやってきて、深みのある味わいになっていきました。

梅御飯はカリカリとした梅の食感と
その酸味が刺激的。

これが正しい食べ方かはわかりませんが、
このご飯をレンゲによそって、
スープに浸していただくと、
濃厚なスープがさっぱりと! 

スープの最後に酢を入れてサッパリ感を味わうのと
同じような効果が感じられました。

お腹満足の遅いランチでした。

CHABUTON池袋東口店
東京都豊島区東池袋1ノ3ノ7
営業時間 午前11時~午前4時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, March 13, 2009

苦味と塩気の組み合わせ。GRIPの菜の花とアンチョビのペペロンチーノスパゲッティ

090313_134401090313_133801
池袋東口。

東通りを歩いているうちに
ちょうどランチタイム。

前から気になっていたものの
入りそびれていた
店を訪ねてみました。

「GRIP」

イタリアンダイニングです。

道に沿って大きな窓があって、
とにかく開放感のある店内。

柱が中心にない造りになっているので
本当に広々とした雰囲気。

ついついのびのびとした気分にさせてくれます。

オーダーは

「パスタランチ」880円
サラダ、コーヒーまたは紅茶付き

パスタは5種類の中から選べます。

選んだのは

「菜の花とアンチョビのペペロンチーノスパゲッティ」

プラス120円でデザートを付けることもできます。

サラダはリーフサラダでたっぷりとしたボリュームが魅力。

ドレッシングもいい味わいです。

見た目に反して深めのパスタ皿にのってやってきた
ペペロンチーノは、
菜の花の鮮やかなグリーンが印象的。

細かく刻んでいるので、パスタとも絡みやすい。

アンチョビの塩気を感じながらも
ほのかにのぞく菜の花の苦味。

この組み合わせは、なんだか春を感じさせる味わいです。

パスタはしっかりとアルデンテの仕上がり。
ツルツルとした食感のパスタと香りと味を
しっかりと楽しむことができました。

オリーブオイルにはガーリックと唐辛子の風味も
きちんと移っていて、
パンにもしっかりしみ込み、
これまたいい塩梅です。

コーヒーを飲みながら、
いつまでものんびりとしていたい気分になってしまいました。

GRIP
東京都豊島区南池袋2ノ11ノ1
営業時間 午前11時30分~午後11時30分
(ランチは午後4時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, March 12, 2009

刺激的な味わい。ドラゴン飯店のドラゴン紅煮込みマーラー坦々麺

090312_164601新宿駅東口の
LUMINE EST.。

以前は
MyLoadという
駅ビルでしたが、

そのころから
若者系のショップが
多く…。

それでも
7・8階の
レストラン街が
リニューアルして大人っぽくなったものの…。

LUMINE EST.に変わって、

さらに8階にコールドストーンクリーマリーが
オープンしてからでしょうか…。

大人っぽいレストラン街も
すっかり若返ってしまい…。

なんて思うのは、自分自身が歳を取った証拠???

などと思いつつ、

ランチに出遅れた身としては、頼りになるのは
駅近のランチどころ…。

8階にある

「ドラゴン飯店」

中国料理の店です。

チャイニーズレストランの雰囲気がある店内ですが、

なぜか、ニューヨークのサブウェイの看板があったり…。

イメージ的にニューヨークのチャイナタウンな
感じもします。

オーダーは

「ドラゴン紅煮込みマーラー坦々麺」880円
生卵付き

坦々麺に「麻」と「辣」を多く加えた、
刺激的な一品です。

しかも煮込み…。

登場したのは当然のように土鍋。

アッツアツでグツグツの坦々麺が出てきました。

まずは器に麺とスープを取り分けていただきます。

スープは

中国山椒がビリリと効きながらも、まろやかな味わい。

麺はシコシコとした歯ごたえで、
スープを程よく絡みつかせています。

生卵を加えて、しばしまってから、
半熟状態の黄身を割っていただけば、
まったりとした味わいも楽しめます。

食べ進むうちに、
口の中は甘味を感じつつも、
おでこにはじんわりと汗がにじんでくる辛さ。

体がポッポッとなりつつも、
スープを飲む手は止まりません。

テーブルには黒酢もあって…。

黒酢好きには、ついつい最後のひと口を
タラリとたらしていただいてしまう…。

「辣」の刺激がふんわりとマイルドになって、
これまたイケてしまったのが不思議でした。

ドラゴン飯店
東京都新宿区新宿3ノ38ノ1、ルミネエスト8階
営業時間 午前11時~午後11時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とろとろ~!そして酸味! 達ちゃんオムライスのオムライス

090311_135901人形町に
久しぶりに
やってきました。

打ち合わせまで、
中途半端な
時間が空いていて、
なるべく
打ち合わせ場所に
近いところで
見つけたい! 

そう思いながら、
地下鉄の階段を上がり、
ひとつ裏手の道を
のぞいて見ると…。

「オムライス」の看板が目に入ってしまった。

とっても小さな間口のレストラン。

昭和な雰囲気がプンプンしているいでたちに、
気づけばドアを開けてしまっていました。

「達ちゃんオムライス」

入り口を開けると左手をキッチンにして、
うなぎの寝床のようにカウンター席が
ぴっちりと10席。

入り口手前には小型の券売機があり、
ここでチケットを入手して席に着くようになっています。

夜はいろいろなメニューがあるようですが、
昼はオムライスが中心。

迷いましたが、まずは王道をいこうとこれに…。

「オムライス」800円
サラダ、味噌汁付き

注文が入ると、卵を溶き作り始めます。

フライパンに卵を溶きいれているうちに、
お皿にはケチャップライスが盛られます。

そうして、半熟になるかならないかくらいの
どろどろな卵をササッとライスの上に
卵をひっくり返すようにのせます。

その早業! 

お皿の上はとたんに黄色の色彩。

周りにソースをかけまわし、
生クリームをまるで絵を描いているようにかけて
できあがり。

なんともかわいらしいオムライスが出てきたのです。

さてさて。
ソースはサラサラで酸味が強めのトマトケチャップソース。

当然のごとくとろとろの卵部分とソースを
混ぜ合わせると、酸味がほどよくまろやかになって
いい組み合わせです。

ケチャップライスはベーコンが入っていて
甘めの仕上がり。

この甘味と酸味、そして卵のまろやかさが
三位一体になっていて、
パンチのきいたオムライスになっています。

味噌汁と組み合わされているオムライスというのも
なんだか
ニッポンの洋食という感じがします。

小さな店ですが、
またオムライスを食べに行きたいなぁと
思わせてくれました。

達ちゃんオムライス
東京都中央区日本橋人形町3ノ9ノ7
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時30分~10時30分。日曜定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, March 10, 2009

しっとり柔らか! ホァングンの焼き鶏肉ライス

090310_114401_2ここのところ
なんだかんだと
渋谷方面に
向かうことが
多いような
気がします。

とはいいつつ、
渋谷駅周辺での
ランチは
久しぶり。

松涛方面で
打ち合わせだったので、
なるべく
そちら方面でランチを探すことにしました。

文化村通りで、偶然ランチ看板を見つけたのが

「ホァングン」

ベトナム料理の店です。

こちら、ビルの6階にあるのですが、
地上の看板には、

全てのランチメニューが680円と
大変魅力的なものだったのです。

迷わず6階に上がってしまいました。

店内は、アジア料理の店らしい雰囲気。

広いスペースにきちんとテーブルが並んでいます。

オーダーは

「焼き鶏肉ランチ」680円
サラダ、スープ、春巻き、デザート付き

鶏肉はタレに漬け込んで焼いた一品で、
しっとりとやわらか。

醤油ベースの味わいです。

辛いもの好きな性分で、
テーブルに合ったスイートチリソースを少しかけていただきます。

甘いながらもピリッとした味わいも、またいい。

胡椒もチラリとかけてライスと一緒にいただけば、
ついつい箸が止まらなくなります。

春巻きはもちろん生春巻き。

甘辛いソースがたっぷりとかかっていますが、
さっぱりと食べられます。

サラダのドレッシングも甘く酸味がある味わい。

ベトナム料理を食べているんだぁと
しみじみ感じさせてくれる味わいばかりでした。

デザートは杏仁豆腐風。

充実のラインアップでこのお値打ち価格。

このご時世にうれしいランチなのでした。

ホァングン
東京都渋谷区道玄坂2ノ25ノ10、6階
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後5時~午前0時(金:・土曜は午前2時)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, March 09, 2009

たっぷりとボリューム! 銀座 心の日替わりランチ

090309_134101なんとなく
久しぶりの銀座。

マロニエ通りから
並木通りを1つ越えた
通りに

赤が印象的な建物を発見。

この場所。

以前は蕎麦屋の
利久庵があったところです。

その場所に新しくオープンしたのが

「銀座 心(シン)」

寿司・懐石料理の店です。

店内の印象を赤をベースに
金沢の茶屋町をイメージして造られたそう。

1階はカウンターとテーブル席。
テーブル席の中には個室感あるスペースもあります。

2階にもスペースがあり、こちらは宴会などに使われる様子。

オーダーは

「日替わりランチ」997円
サラダ付き

日替わりは限定30食です。

本日のランチは

「ネギトロ丼」&「フカヒレ入りあんかけうどん」

ネギトロ丼は、
ネギトロがたっぷりとのった一品。

手前にはガリ、奈良漬、玉子焼きがのっています。

ネギトロはトロリとした食感。

ご飯は寿司飯ではなく、
ふつうのご飯なのですが、これがネギトロに合っています。

本ワサビをそえていただけば、ちょっぴり刺激的。

ガリの味わいと奈良漬の味わいはそれぞれ違うので、
とてもいい具合に箸休めになります。

あんかけうどんのうどんはツルツル。
麺と一緒にフカヒレがツルリと入っていきます。

少し塩味が濃い目ではありますが、
ネギトロ丼はサッパリしている分、
バランスが取れているような気がします。

サラダには粉チーズがかかっていたりと、
いろいろひと工夫。

食べ終わってみれば、ボリューム感のある
充実なランチでした。

銀座 心
東京都中央区銀座3ノ3ノ8
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時30分~11時
土・日曜、祝日=午前11時30分~午後10時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, March 06, 2009

ぷにゅぷにゅ。vini e cucina italiana Dioの鶏とキャベツのクリームソース ジャガイモのニョッキ

090306_133101090306_132901
確か、
昨年の秋ごろに
オープンしたこの店。

早速ランチに
行ってみよう! 

と思ったものの、
行ってみれば
なんだか
セレブなお値段(苦笑)。

ここでのランチはできないなぁ…と
すっかりあきらめていたのですが、

平日だけのお得なランチが登場しているらしい…。

という情報があり、

ならば、行かねば行かねば! 

と、行ってきました。

横浜・関内、
ベイスターズ通り沿いにある

「Vini cucina Italiana Dio
(ヴィーニ エ クッチーナ イタリアーナ ディオ)」

イタリアン料理とイタリアワインの店です。

外観は大きな球体が表にあって、
とても不思議な雰囲気。

この球体の部分、ちゃんと客席になっていて、
半洞窟のような個室になっています。

そのほかにカウンター席が4席。
テーブル席が3つ。

そして、なんと地下にも客室が用意されています。

平日限定のランチは、
生パスタを使ったものが週替わりで3つ。

オーダーしたのは

「鶏とキャベツのクリームソース ジャガイモのニョッキ」990円
自家製フォカッチャ付き

フォカッチャは表面をカリッと焼き上げていて香ばしい。
オリーブオイルがほどよくかかっていて、
さわやかな味わいです。

グリッシーニはバジルの風味がきいて、
カリカリといい食感。

メインのジャガイモのニョッキは、
プニュプニュとした舌触り。
そしてしっとりと口の中でとろけるような食感。

クリームソースはあっさりとした味わいで、
ニョッキともよく合っています。

鶏肉はひき肉を使っていて、こちらもさっぱりとしたコク。

キャベツはしっとりとしながらも
シャキッとした歯ごたえと甘味。

ニョッキと一緒にいただけば、
ぷにゅぷにゅとシャキシャキがクリームソースの中で
溶け合います。

ニョッキも思っていた以上にたっぷりとあって、
結構お腹も満足。

ランチといわず、ディナータイムにも訪ねてみたい一店です。

vini e cucina Italian Dio
横浜市中区太田町2ノ21ノ1、SUN-BLD1階
営業時間 午前11時~午後3時、午後5時~11時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

味の底力! 末ぜんのさばの塩焼き定食

090305_140301オシャレな街、

代官山。

最先端を行く
この街ですが、

そんな表の
華やかな顔の
片隅に、

密かに
愛されている
店があります。

代官山アドレスから八幡通りを渡り、
ちょっとカーブする道に進んでいくと
すぐ右手にあるのが、ココ。

「末ぜん」

魚を中心とした季節料理が楽しめる店です。

といっても、
お昼時は、間違いなく、
れっきとした定食屋さん。

引き戸を開ければ、
6席のカウンターに、テーブル席が4つ。
左手に座敷があります。

その風貌は、本当に昔からあるような
定食屋のいでたち。

そして、そこに集まる客は、
近所の人はもちろん、
代官山で働くオシャレ系な人たちも! 

なんだか、
ほかの街の定食屋さんとは、
雰囲気がやっぱり違うのです。

そんなアンバランスな感覚を楽しむのも
この店のおもしろさかもしれません。

注文は
本日の定食の中から

「さばの塩焼き定食」850円
ごはん、味噌汁、漬物付き

壁のメニュー書きを見ると、
納豆やしらすおろしなど、
追加のメニューがあるのも
正しい定食屋の姿でしょう。

さてさて。

さばの塩焼きは、カリッと皮が焼けていて
箸を入れるとサクッとした感覚。

そして身はギュッとしまっています。

さばの塩焼き…。

半身ですが、脂がしっかりとのっていて、
しみじみいい味わい。

海の近く以外では魚はほとんど食べないのですが、
この店のさば、イケてます。

ダイコンおろしに醤油をたらして、
さばとは別にいただくのもいい塩梅。

ごはんがどんどんと進んでいきます。

サバと一緒にのった玉子焼きや煮物も
程よい箸休めになっています。

テーブルにはふりかけも置いてあり、
もちろんこのふりかけをごはんにかけてパクパク。

ごはんのお供がたくさんあるのも
定食のいいところ。

オシャレな街にありながら、
この店があるのも、納得できるような
そんな店の空気にうなづくばかりです。

末ぜん
東京都渋谷区猿楽町20ノ8
営業時間 午前11時~午後3時、午後6時~9時
(土曜は昼のみ)。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, March 04, 2009

異国情緒たっぷり! Dobroのビーフストロガノフ

090304_132601京橋界隈。

この辺りの
ランチどころは、
ひょんなところに
ひょんな店が
あったりするのが
楽しいところ。

南インド料理の店は
前にも行ったことがあり、
こんなところにあるのは
不思議だなぁと
思っていたのですが…。

今日は、またまた「不思議だなぁ」という店を
見つけてしまいました。

鍛冶橋通りから1本入ったところにある

「Dobro」

なんと! クロアチア料理のレストランです。

入り口のドアを開けると、すぐ右手はキッチン。

通されるままについていくと、
半円の状態の階段が下へ…。

その様はまるで宮殿に来たかのような雰囲気なのです。

階段を下りていくとそこにテーブル席が用意されています。

しかもこれが全て吹き抜けの状態になっているので、
宮殿気分が盛り上がること!

クロアチアってこんな国なのかなぁ…と、
しばし異国に想いを馳せます。

さて。
オーダーは

「ビーフストロガノフ」980円
パン付き

他のよく意味のわからない
クロアチア料理もあったのですが、

このビーフストロガノフは限定20食。

その限定感にひかれてオーダーしてしまいました。

パンと一緒に出てきたのは、
豆などのペースト状のもの。
これが、あっさりとしながらコクがあっていい味わい。

すぐに出てきたのはビーフストロガノフ。

こちらは牛肉とタマネギを8時間煮込んだもの。

ちょっと塩気が強いものの、
肉はしっかり煮込まれていてコクがあります。

サワークリームを混ぜ合わせると、まろやかに。

さらにライスの上には千切りのキャベツ。
軽くマリネされているので、
合わせていただけば、奥の深い味わいになります。

彩りのパプリカやナスもジューシーで、
味のアクセントになっています。

クロアチア料理…。

店内にはクロアチアに旅行に行った人たちが
ごはんを食べに来ていたりして、
にわかにクロアチアに興味を持ったひとときでした。

夜のメニューも体験してみたいです。

Dobro
東京都中央区京橋2ノ6ノ14、日立第6ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、午後6時~11時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, March 03, 2009

やさい・野菜・ヤサイ! (畑)ハレノヒのコラーゲンだし つけ麺辛味噌《ビースト麺》

090303_135201表参道にあった
元紀伊国屋跡地。

サッカー
ワールドカップのときには
nakata cafeなどにも
なったところ。

今やスタイリッシュな
ビルが間もなく完成。

そしてオープンも
近くなってきて、
なにやら
ソワソワとした空気が漂っています。

そんなビルの裏手にあるのが

「(畑)ハレノヒ」

有機野菜がたっぷり食べられる蒸し料理の店です。

(汁)ハレノヒというのがあって、
こちらではコラーゲン鍋が楽しめるところ。

どちらの店もヘルシー&ビューティーをコンセプトにした
女性にうれしい店です。

店内はイエローとグリーンがベースのキュートな色合い。
それでいて、
なんだか落ち着いた雰囲気もあるのも不思議。

角が多いので、
個室感覚でくつろげるのも魅力です。

オーダーは

「コラーゲンだし つけ麺辛味噌 《ビースト麺》」840円
蒸し野菜、十穀米おむすび、温泉卵付き

つけ麺というと、ラーメンをイメージしますが、
こちらはうどんのつけ麺。

そのうどんの上には
蒸した野菜がたっぷり。

タマネギにレッドペッパー、イエローペッパー、
ジャガイモ、ニンジン、
生の野菜はキュウリに葉っぱモノ。
そしてカラリと揚げたレンコン。

スープの中にはエリンギがたっぷり。

ひと口飲んでみると、
和風出汁にやさしい味噌の味。
後からピリッとした辛味がほんわかとやってきます。

うどんはつるつる。
固めにゆであげ、シャキッと冷水でしめてあるので、
そのツルシコな食感と噛みごたえがいい塩梅です。

野菜はどれもこれも甘い! 

特にニンジンの甘味は顔がほころびます。

レッド・イエローペッパーもジューシーで甘い。

タマネギもシャキッとした食感も残しつつしんなり。

キュウリや葉っぱは、シャキシャキと新鮮。

野菜とスープの辛味の相性は抜群! 

スープの中に温泉卵を投入すれば、
とたんにまろやかさがプラスされます。

白身のトロッとした食感と黄身のまろやかな味わいは、
本当に辛味噌にぴったり。

最後は十穀米おむすびを
スープの中に入れて…。

つけ麺だけれども、
十穀米おむすびを加えることで、
そのまんまスープも飲み干せてしまいます。

完食! 

野菜をたっぷり食べた感で、
にっこり満足のひとときでした。

(畑)ハレノヒ
東京都港区北青山3ノ10ノ13
営業時間 午前11時30分~午後3時、午後6時~11時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, March 02, 2009

やさしい味わい。d’argento croceのスーププレートランチ

090302_130301090302_130101

先週の金曜日に、
久しぶりに横浜・関内ランチをしましたが、

いつのまにかできていた店にちょっとびっくり。

もしかすると、
ほかにもあまり通っていなかった通りにも
何か新しい店ができているのでは…。

と、にわかに思い立ち、

本日も関内を歩いてみることにしました。

馬車道から常磐町の通りを左手に向かうと
その角にあるのが

「d’argento croce(ダルジェント クローチェ)」

昨年の4月にオープンしていた
イタリアンレストランです。

シルバーをベースカラーにした店内は、
カウンターとテーブル席が並ぶ、
こじんまりとしているけれども
スタイリッシュな店構え。

ニューヨークにあるようなレストランを
イメージしたそうです。

オーダーは

「スーププレートランチ」980円
サラダ、パン、ドリンク付き

サラダとドリンクはセルフサービスで、
好きなだけいただくことができます。

本日のプレートは

「カブのポタージュと若鶏のソテー トマト&バジルソース」

サラダはカウンターの隅に並んでいますが、
小さなサラダバーなので、
そのつど新鮮な野菜を取ることができるのが魅力。

ドレッシングは4種類ほど用意してあり、
どれも手作りのドレッシング。

オリーブオイルやバルサミコ酢、
梅などを使ったドレッシングは、どれにしようか
迷ってしまいます。

シャキシャキとしたサラダを、
フレッシュなドレッシングでいただいていると、
まもなくメイン料理がやってきます。

カブのポタージュは、サラサラとしてやさしい味わい。

薄くスライスしたカブの身と
細かく刻んだ葉の部分がスープの中に入っていて、
このシャッキリとした食感が心地いい。

ついついスープをいただく手が止まらなくなります。

若鶏のソテーは、
皮をパリッと焼き上げた一品で、
噛み締めればプリップリの身から、
ジューシーな肉汁が滴り落ちていきます。

この食感と旨味がいい塩梅。

トマト&バジルソースとも合っています。

いろいろとこだわりを持った食材を用意しているらしく、
夜のメニューも楽しそう。

スタイリッシュだけれども、
ゆったりとくつろげるランチタイムです。

d’argento croce
横浜市中区常磐町5ノ72、横浜通産ビル1階
営業時間 午前11時45分~午後2時、
午後5時30分~午前0時
土・日曜、祝日=午後3時~午前0時
(日曜、祝日は午後11時)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »