« ヨーロッパの味わい。ルーマニアのサルマーツェ クウ ママリクーツァ | Main | スパイスのハーモニー。Soul Food Indiaのソウルフードカレーセット »

Thursday, February 12, 2009

無性に食べたくなる味。ふらりの沖縄そばセット

090209_120501

※通常復活まで
さらに1週間強。
みなさんには、
申し訳なく
思っております;

新橋で
さくっとランチを
すませなくては
ならなかった

今日のお昼どき。

じっくり選べませんが、
でも
確実なところで
食べたいなぁと

思いながら
歩いていて見つけた
この店。

気分が本当にその店名と同じだったので、
思わず飛び込んでしまいました。

「ふらり」

おでん、ちゃんぷるー、泡盛の店です。

要は居酒屋さんのお昼ごはんです。

それでも、チャンプルーや泡盛をうたっているとおり、
沖縄料理の香りがぷんぷんなラインアップ。

ビルの8階にあるこの店は、
新橋の街並みを見下ろせるシチュエーション。

ちょっといい気分を味わえるのでした。

オーダーは

「沖縄そばセット」680円
サラダ、お新香、鶏そぼろ飯、コーヒー付き

沖縄そばは、

透明なスープにトッピングは
かまぼこと紅ショウガのみ。

薄いかなと思いながらも、
しっかりと出汁のきいたスープの味わい。

そして、沖縄そばらしい麺の食感。
モチモチ、ツルツル。

紅ショウガを程よく混ぜ合わせていただけば、
酸味と辛味がアクセントになってくれます。

もちろんコーレーグースーもふりかけます。

ピリッとした刺激が麺に絡み付いて、
「あ~、沖縄に行きたいなぁ…」という
気分を盛り上げてくれます。

鶏そぼろ飯は、
白いご飯の上に鶏そぼろがたっぷり。
海苔もたっぷり。

鶏そぼろは甘辛く、旨味がぎゅっとつまっています。

ご飯とそぼろを別々に食べてもいけますが、
ここは、ご飯とそぼろをワシワシと混ぜて、
まさにちゃんぷるーな気分でいただきます。

そうすると、
白いご飯にそぼろの旨味がしみこんで、
本当にいい塩梅。

沖縄そばのスープをスープ代わりに、
2度目の食事を楽しんだ気分です。

コーヒーはセルフサービスですが、
景色を眺めながら飲むコーヒーは、
思わずのんびり。

時間がなかったことにあわてて気づく
ありさまでした。

お手軽ランチ。
うれしいランチでした。

ふらり
東京都港区新橋2ノ15ノ18、プラザT2ビル8階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~11時(金曜は11時30分)

映画ウンチク
Benjamin Button
ベンジャミン・バトン数奇な人生
☆☆☆☆

80歳の体で生まれてきたベンジャミン。
歳を取るごとに若返っていき、
最後は赤ちゃんのような姿で人生を終える。
ありえないストーリーですが、
でも、人間は生まれてそして死んでいく。
容姿に関係なく、人間というものを認めて
付き合っていくこと。
人生のすばらしさとはかなさを伝えてくれます。
ベンジャミンのライフスタイルのバックボーンが
アメリカ南部の黒人ファミリーというのも
意味があると思いました。
それにしても。
ブラッド・ピッドの美しいこと! 
63歳くらいの容姿にはちょっと無理がありましたが、
若返れば若返るほどに、思わずため息。
生涯愛したディジーは、
自分が50代になったときに会った
ベンジャミンの10代の容姿に
「こんなおばさんで…」と言わしめてしまう…。
この言葉、深かったです(苦笑)。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« ヨーロッパの味わい。ルーマニアのサルマーツェ クウ ママリクーツァ | Main | スパイスのハーモニー。Soul Food Indiaのソウルフードカレーセット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/44017333

Listed below are links to weblogs that reference 無性に食べたくなる味。ふらりの沖縄そばセット:

» 沖縄をもっと詳しく知るには [沖縄]
沖縄!今日の格言2・12 沖縄きたさ~ 楽しいさ~へとへとのみんなのまえに、元... [Read More]

Tracked on Friday, February 13, 2009 at 00:54

« ヨーロッパの味わい。ルーマニアのサルマーツェ クウ ママリクーツァ | Main | スパイスのハーモニー。Soul Food Indiaのソウルフードカレーセット »