« January 2009 | Main | March 2009 »

Friday, February 27, 2009

塩の旨味と甘味を味わう。R&Bのsio+パエリアミニ

090227_142401寒い!

とにかく
寒い!

こんな日は、
ポカポカ
温まるものを
食べなくちゃ! 

と、

久しぶりの
横浜・関内で考える。

やっぱ、スープカリーをとっても辛くして食べようかな…。

そう考えながら、
久しぶりにセルテの裏手の道を歩いていると…。

表から階段が見えるようにできている
ビルの2階の店が、
なんだかオシャレな雰囲気に変身していました。

あれ?

と思って、
1階にあったシルバーのプレートを見ると…。

RAHMEN…というような感じの文字。

これってラーメン?
そして夜はバーになってしまうらしい。

気になる~!

と思ったものの、営業しているような気配なし。

もう一度、その目立たないプレートを良く見ると…。

ランチは2時15分がラストオーダー! 

今、まさにその時間だったのです。

で、上を見上げると、店のスタッフと目が合い、
閉店しようとしていたらしい雰囲気…。

指でバッテンマークを示してみると、
快く中に入れてくれてしまったのでした。

店の名前は

「R&B」

昼はラーメン、夜はバーになる店です。

R&Bが好きな店で、R&Bが流れているのかな…と
思ったのですが、実はコレ

ラーメン&バー。

つまりはR&Bなのでした。

カウンターと少しのテーブルだけの店ですが、
白を基調としたスタイリッシュな雰囲気。

夜のバーも楽しいのだろうな…という感じがひしひしと
伝わります。

しかも、
ロックンロール系のLPレコードがいろいろ。

昼間はジャズが流れていますが、夜はR&Rが流れるようです。

さて。

昼間のラーメン。

醤油も塩も味噌もとんこつ醤油もありますが、

選んだのは

「sio」780円

「パエリアミニ」120円

こちらのラーメン、どのラーメンも780円なので、
迷うことなく選べるのも魅力。

スタイリッシュな器に入った塩ラーメン。

トッピングは煮玉子、チャーシュー2枚、
水菜、メンマ、そして海草。

スープは半濁。

このスープ、程よい塩加減で
旨味が凝縮。
ほのかに海の香りがするのは、
海草が入っているのもきいているからかもしれません。

そして何より、塩の旨味の中から甘味も感じられること。

このスープ、結構好きなタイプかも。

麺は細麺のストレート。

これもツルツルシコシコ。

海草の太さと麺がほぼ一緒なので、
麺と一緒にすすれば、
なんともいえない味のコラボレーションが楽しめます。

メンマも柔らかく、細めなので、
こちらも麺と一緒に。

チャーシューは、
表面部分が八角などのスパイスの香りを残していて、
味わい深い。
柔らかなチャーシューです。

煮玉子ももれなくついているのがウレシイ限り。

そして

サイドメニューのパエリア。

パプリカとペッパーの風味、
アサリの旨味がギュッと詰まった一品。
サラサラの米でいい味わい。

ところが、
このパエリアをレンゲですくって、
塩ラーメンのスープにちょっと浸していただくと…。

スープの旨味とパエリアの旨味が
口の中で見事にマッチ!

新しい味わいを満喫しました。

夜がバーになってしまうだけあって、
よくあるラーメン店の雰囲気とは、
かなり違うこの店。

気軽にお店の人を会話を楽しみながら
ラーメンを食べるのも、珍しいかもしれません。

とはいえ、
ほかのスープでラーメンを食べてみたいので、
また昼間に訪ねてみたいです。

R&B
横浜市中区真砂町3ノ29、2階
営業時間 月・火・木・金曜=午前11時30分~午後2時30分
土曜=午前11時30分~午後6時。水・日曜、祝日定休

※夜のBは
月~木曜=午後6時~午前3時、金曜=午後6時~翌朝
土・日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Thursday, February 26, 2009

モッツァレラのフレッシュな味わい。OBIKAのLunch A

090226_115401 090226_114601
090226_121101
今日は朝から港区周辺を
グルグルと回っているような状況。

お昼時には六本木あたりに到着していたので、

本日は六本木ヒルズでランチでも!
と思い立ちました。

昨年の終わりごろにオープンした

「OBIKA(オービカ)」

イタリアに本店を持つ、
モッツァレラバーです。

こちらは、
イタリア国内でもカンパーニャ地方で採れる
水牛の乳のみを原料とし、
伝統的な製法と基準のもとに作られた
モッツァレラチーズを
24時間以内に運んできているそう。

店内は黒を基調としたモダンで落ち着いた雰囲気。

カウンターは店の中心にあり、
ぐるりとキッチンを見渡せるような構造になっています。

オーダーは

「Lunch A」1200円
パン、ドルチェまたはマチェドニア、コーヒーまたは紅茶付き

Aランチは2種類のパスタから選びます。

選んだのは

「生ハムとルッコラ モッツァレラチーズのラザニア」

パンは松の実が入ったパンと白いパン。
テーブルにはオリーブオイルとバルサミコ酢が置いてあるので、
こちらをつけていただきます。

そのオリーブのフレッシュなこと! 
バルサミコ酢の甘酸っぱさもいい塩梅で、
パンが進んでしまいます。
もちろんお替りOK。

ラザニアは大きく作ってカットしたもの。

間にはモッツァレラと刻んだ生ハム、
フレッシュトマトソースが入っていて、

モッツァレラの濃厚だけれども新鮮な風味と、
生ハムの程よい塩気、
トマトのジューシーさが重なって
とにかく味わい深い。

ここにルッコラの風味が加わると、
思わず顔がニッコリとしてしまいます。

ルッコラをふんだんに使っているのも好み。

チーズたっぷりのラザニアなのに、
しつこくなくあっさりといただくことができました。

デザートのパンナコッタは、
バニラビーンズが効いていて、
その甘いうまみがなんともいえません。

イチゴもアクセントになっていてジューシー。

好きな食材の組み合わせのメニューに出会うと、
本当に幸せな気分になれます。

モッツァレラバーというだけに、
モッツァレラチーズは4種類を用意しているそうです。

さまざまなモッツァレラの食べ比べをしたくなりました。

OBIKA
東京都港区六本木6ノ10ノ2
営業時間 午前11時~午後11時
(金・土曜、休前日は午前5時まで)
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Wednesday, February 25, 2009

もんじゃの町で肉。焼肉 凛 2号店のハンバーグ定食

090225_121501もんじゃの町、
月島に来ました。

当然、
ランチは
もんじゃか!?

と思いましたが、

なんとなく
もんじゃは、
ちまちまつつきながら、
飲みたい気分なので、

普通に
ランチできるところを探します。

月島仲通りよりも1本駅寄りの道沿いにあるのが

「焼肉 凛 2号店」

この地で30年近く営業している焼肉店。

この2号店は2・3年前にオープンしました。

店内は、ざっかけないボックス席とカウンター。
宴会用に2階もあるようです。

なぜこの店に足を運んでしまったかというと、
こちら、
ランチはお弁当も販売していて、
なんと、
店頭で牛タンを焼いてたのです。

そのにおいがたまらなく香ばしく、
気づけばフラフラと入店してしまったという次第。

店内のランチメニューにも牛タンもありますが、

それよりも惹かれてしまったメニューをオーダーします。

「ハンバーグ定食」850円
サラダ、スープ付き

このハンバーグマスター自慢のハンバーグなんだそう。

肉厚のゴロンとしたハンバーグには、
デミグラスソースがたっぷり。

タマネギをつなぎで少しだけ使っているだけで、
あとはギュッギュッと肉の食感がたっぷりと伝わるハンバーグ。

表面は脂の網のようなもので包み込んでいるので、
その食感も不思議です。

タマネギ豊富のポテトサラダも手作り感があってなつかしく、
たくあんがついているのも、ほほえましい。

なにより、下町の気さくな接客。
キムチをサービスしてくれてしまったり、

「ごはんはおかわりしてね」とボソッと言ってくれたり…。

焼肉屋ならではのハンバーグの味を
たっぷりと堪能できました。

こちらの店、
夜は厚切りの牛タンを出すとか。
月島に焼肉を食べに行く…を実現させてみたいです。

焼肉 凛 2号店
東京都中央区月島3ノ10ノ8
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後6時(土曜、祝日は5時30分)~11時
日曜定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Tuesday, February 24, 2009

春らしさを感じながら…il fioreの鶏のポルペッテイと菜の花のパスタ

090224_121901_2

090224_121101_2090224_123101

午前中から、東横線の
都立大学駅周辺をうろうろ。

ランチは、自由が丘寄りで
食べようと思いましたが、

次の移動を考えると、
駅近のほうが便利だろうと、
駅周辺でランチ処を探します。

駅の下、
高架下には、結構いろいろ飲み処が点在していて、
夜の街も楽しそうだなぁと
考えつつ、

その高架下の向かいにある
イタリアンを発見!

「il fiore(イルフィオーレ)」

クッチーナと名乗るイタリアンレストランです。

入り口は、まるで人の家のようなドア。
ドアの横は窓ガラスになっていて、
中がのぞけます。

その窓側にテーブル席が1席。

そのとなりに3席ほど。
その先はキッチンカウンターになっていて、
カウンターの前にもテーブル席が少々。

間口が小さいながらも、
落ち着いた空間を演出しています。

オーダーは

「鶏のポルペッテイ(肉団子)と菜の花のパスタ」900円
自家製パン、サラダ、デザート、コーヒーまたは紅茶付き

サラダにはレッドペッパーなどが入っていて、
味の変化が楽しめる一品。

丁寧なサラダを出されると、
その先のメインにも期待が高まります。

鶏肉団子がたっぷりのパスタは、

オイルベースに鶏肉の旨味が凝縮。

表面をサラッと焼いてある肉団子なので、
アッツアツだけれども、やわらか。

菜の花は菜の花らしい味がきちんと出ていて、
オイルベースにマッチしています。

春らしい味わいににっこり。

パスタの湯で加減もいい塩梅。

鶏肉団子が5つも入っていると、
それだけでボリューム感満載です。

パスタも多めなので、かなりの満足度。

デザートにはパンナコッタが出てきて、
これまたなめらかでまったりと、いい味わい。

ゆったりと時間を見計らってサーブしてくれるので、
デザートとコーヒーで、
いつまでもくつろいでいたい気分の店でした。

ぜひとも、時間のたっぷりあるときに
また訪ねてみたいです。

il fiore
東京都目黒区中根2ノ13ノ20、レオナ都立大1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後6時~10時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, February 23, 2009

雨のベイサイドがなつかしい。Sam Choy'sのケイジャンチキンロコモコセット

090223_121501冷たい雨の日。

横浜の
南側走る、
シーサイドラインに
乗る用事がありました。

用事がすんでから、
さて。

ランチはどうしようかと
考えます。

南部市場もいいけれど、
今日は、
ベイサイドマリーナ、
三井アウトレットパークにでも
行ってみようと途中下車。

ハーバーが側にあるこのアウトレットは、
もともとは
アメリカ東北部にある町、
ナンチケットをイメージして造られた場所です。

オープンして10年あまり。
ショップの入れ替えや名前が変わったりしたものの、
そのハーバーの雰囲気は変わりません。

レストランなどはハーバー近くに集結。

どこにしようかと思いつつ、
ついつい入ってしまったのが

「Sam Choy's」

ハワイアンフードが楽しめるレストランです。

こちらは、カフェテリア風になっていて、
レジでオーダーして代金を払い、

できあがったら番号を呼ばれて
カウンターに取りに行きます。

オーダーは

「ケイジャンチキンロコモコセット」1090円
ドリンクバー付き

ウッドボールに入ったロコモコ。

ケイジャンソースがかかった鶏の唐揚げ、
フライドオニオン、モヤシ、
目玉焼きがのっています。

ケイジャンソースは、
カイエンペッパーがほのかに感じられる、
甘辛の味わい。

パイナップルが入っているのは、
ちょっと酢豚風でもあります。

鶏肉はプリッとジューシーで柔らか。

フライドオニオンやモヤシ、目玉焼きを
ザクザクと混ぜ合わせていただくと、

甘辛のソースにフライドオニオンの風味が加わって、
味に変化が現れます。

目玉焼きの白身部分もまろやかな口当たり。
黄身のおかげでまったり感も味わえます。

平日のアウトレットはそんなに混雑することなく、
フードコートのようなこの空間で食べていると、

ニューヨーク郊外のアウトレットに行ったときの
同じ空気感が漂っていました。

あ~、懐かしいなぁ。
ショッピングの戦闘モードがない中で食べるランチは、
ゆったりとした時間が過ごせるのでした。

Sam Choy's
横浜市金沢区白帆5ノ2、
三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド
営業時間 午前11時~午後9時

映画ウンチク
SEVEN POUNDS
7つの贈り物
☆☆☆

ウィル・スミス演じる
ベン・トーマス。
目の見えない男性や心臓を患う女性、
そんな人たちと突然かかわりだす彼は、
国税庁の人間と名乗っている。
でも、その行動はなぞ。
映画を進んでいっても、
なんとなくそのトラウマと行き着く先が
見えてくるものの、
なぜそうなってしまうのか、
その理由が知りたくて、
知らず知らずにのめりこんでしまいます。
人間としての生と死。
苦しみ…。
ストーリーは本当に究極的過ぎるけれど、
人を思いやる気持ち、
大切にしていきたいと思える映画です。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, February 20, 2009

店先で食べるウレシ楽しいランチ。ハクライ屋のコロッケパン

090220_134401雨降りの朝。

事務仕事を
終えて
外に出ると

どうやら
雨が上がった様子。

こんな日は、
ちょっと
ジャンキーな気分で
ランチをしようかと
出かけた先は

横浜・野毛周辺。

寄席などが開かれているにぎわい座の裏手、

動物園通りにある

「ハクライ屋」

コロッケ屋さんです。

この店、
「紳士服 つぼい」という看板と
ハクライ屋の赤い看板があって、ちょっと不思議。

しかも
たぶん紳士服売り場だったところを
コロッケ作りの場所にあてがって、
赤い看板のところでは
コロッケを注文ごとに揚げている…。

なんとなく駄菓子屋さんに
コロッケを買いに来た気分になれます。

注文は

「コロッケパン」250円

注文すると、ころんとコロッケを油の中に。
奥ではパンをトースターで焼き始めます。

パンがトーストされたら
お皿にのせて、パンの上にキャベツをどっさり。

しばらくするとこんがりとコロッケが揚がります。

まずはキャベツの上にさらさらのソース。
そしてコロッケをのせて、
コロッケの上からちょっとどろっとした
違うソースをトロリ。

上にパンをのせたら、
よいしょっという感じの勢いで紙の中に入れて
手渡されます。

これを店先のベンチに座ってパクリ。

パンはカリッとした焼き上がり。
給食に出たようなパンですが、これはこれでイケます。

シャキシャキ大量のキャベツとともに、
コロッケをかみつけば、

マッシュポテトのような中身。
肉は少し。

クリームコロッケのようなこの食感! 

ジャガイモのクリーミーな味わいが、
パンとキャベツに合っています。

店先で食べるコロッケパン。

天気のいい日も気持ちいいですが、
雨上がりの澄み切った空気の中で食べるのも
なんだか楽しい。

外で食べるのは恥ずかしいけれど、
ちょっとウキウキとした気分になれたのでした。

ハクライ屋
横浜市中区野毛3ノ125
営業時間 午前11時~午後7時
(休日は売れ切れ次第終了)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, February 18, 2009

アツアツ柔らか! 鐵(kuro-gane)の和風ステーキ定食

090216_133101久しぶりに

横浜・関内でランチ。

馬車道あたりを
歩いていると、

今まで見たことのなかった
看板を発見。

前から
あったかなぁ…と
思いながら、
いそいそと
ビルの2階に上がります。

(kuro-gane)」

鉄板Diningです。

細い階段を上っていくと、2つの店の扉に到着。

その左手がこの店です。

ドアを開けると、左手にカウンター
正面奥、窓際にテーブル席があります。

こじんまりとしながらも、
開放感のある雰囲気です。

白い椅子に腰掛けて、
オーダーをすると同時に、代金は前払い。

オーダーは

「和風ステーキ定食」800円
ライス、味噌汁、漬物付き

オーダーとともに、
鉄板に肉を引きささっと焼き始めてくれます。

丸い鉄板にモヤシをどっさりとのせて、
塩とペッパーを振りかけて仕上げた、
焼きたてのステーキ肉をのせて、できあがり。

食べやすいサイズにカットされてあります。

まずは何もつけずにパクッ。

肉の弾力がありながらも、柔らか! 

ジュワ~ッと肉汁があふれ出します。

続いてタレをつけていただくのですが、
こちらのタレは、

塩ポン酢。

柑橘の酸味を感じながらもさっぱりとした味わい。

これに大根おろしを加えていただきます。

このさっぱりとした酸味とうまみが、
ステーキ肉のうまみをさらに引き出している感じ。

ちょっとハマってしまう味わいです。

リーズナブルながらも、
うれしいランチを見つけました。

鐵(kuro-gane)
横浜市中区住吉町5ノ57、2階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後6時~午前4時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, February 16, 2009

スパイスのハーモニー。Soul Food Indiaのソウルフードカレーセット

090213_135701水道橋。

東京ドームのある
ドームシティを
左手に見ながら
歩いていき、

ラクーアの手前で
右折。

路地裏では
ないけれど、

そんな雰囲気を
感じるような
通りにあるのが

「Soul Food Indeia」

本格インドカリーの店です。

店頭には、テクアウト用の窓口があり、
気軽にカリーが楽しめるようになっています。

店内はテーブル席のみ。

オープンキッチンでは、
「パンッ、パンッ」とナンを作る
気持ちのいい音が聞こえてきます。

オーダーは、

「ソウルフードカレーセット」980円
ナンまたはライス、サラダ、チャイまたはラッシー付き

ライス、ナンは食べ放題です。

ソウルフードカレーというのは、
インドカリーをベースに、同店でさらに進化させたカレーとか。

サラサラのカレーではなく、
サラモッタリとボリューム感のあるソース。

骨付きのチキンとシシトウ、ゆで卵がトッピングされています。

ナンは大きな大きなサイズ。

パリッとした部分ともっちりとした部分があり、
食べていて楽しい。

カレーはピリッとしたスパイスの刺激が心地いい。

何でカレーをはさむようにいただけるのも
ちょっとウレシイ。

ひと口運ぶごとに、さまざまなスパイスの香りが広がって、
ナンをちぎる手が止まりません。

バターの風味が香ばしいナンも、
お替りしたいほどですが、

食べ終わるころにはお腹いっぱい。

チャイをさっと飲んで、人心地ついたのでした。

Soul Food India
東京都文京区本郷1ノ21ノ7、1階
営業時間 午前11時~午後10時30分
(ランチは午後3時)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, February 12, 2009

無性に食べたくなる味。ふらりの沖縄そばセット

090209_120501

※通常復活まで
さらに1週間強。
みなさんには、
申し訳なく
思っております;

新橋で
さくっとランチを
すませなくては
ならなかった

今日のお昼どき。

じっくり選べませんが、
でも
確実なところで
食べたいなぁと

思いながら
歩いていて見つけた
この店。

気分が本当にその店名と同じだったので、
思わず飛び込んでしまいました。

「ふらり」

おでん、ちゃんぷるー、泡盛の店です。

要は居酒屋さんのお昼ごはんです。

それでも、チャンプルーや泡盛をうたっているとおり、
沖縄料理の香りがぷんぷんなラインアップ。

ビルの8階にあるこの店は、
新橋の街並みを見下ろせるシチュエーション。

ちょっといい気分を味わえるのでした。

オーダーは

「沖縄そばセット」680円
サラダ、お新香、鶏そぼろ飯、コーヒー付き

沖縄そばは、

透明なスープにトッピングは
かまぼこと紅ショウガのみ。

薄いかなと思いながらも、
しっかりと出汁のきいたスープの味わい。

そして、沖縄そばらしい麺の食感。
モチモチ、ツルツル。

紅ショウガを程よく混ぜ合わせていただけば、
酸味と辛味がアクセントになってくれます。

もちろんコーレーグースーもふりかけます。

ピリッとした刺激が麺に絡み付いて、
「あ~、沖縄に行きたいなぁ…」という
気分を盛り上げてくれます。

鶏そぼろ飯は、
白いご飯の上に鶏そぼろがたっぷり。
海苔もたっぷり。

鶏そぼろは甘辛く、旨味がぎゅっとつまっています。

ご飯とそぼろを別々に食べてもいけますが、
ここは、ご飯とそぼろをワシワシと混ぜて、
まさにちゃんぷるーな気分でいただきます。

そうすると、
白いご飯にそぼろの旨味がしみこんで、
本当にいい塩梅。

沖縄そばのスープをスープ代わりに、
2度目の食事を楽しんだ気分です。

コーヒーはセルフサービスですが、
景色を眺めながら飲むコーヒーは、
思わずのんびり。

時間がなかったことにあわてて気づく
ありさまでした。

お手軽ランチ。
うれしいランチでした。

ふらり
東京都港区新橋2ノ15ノ18、プラザT2ビル8階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~11時(金曜は11時30分)

映画ウンチク
Benjamin Button
ベンジャミン・バトン数奇な人生
☆☆☆☆

80歳の体で生まれてきたベンジャミン。
歳を取るごとに若返っていき、
最後は赤ちゃんのような姿で人生を終える。
ありえないストーリーですが、
でも、人間は生まれてそして死んでいく。
容姿に関係なく、人間というものを認めて
付き合っていくこと。
人生のすばらしさとはかなさを伝えてくれます。
ベンジャミンのライフスタイルのバックボーンが
アメリカ南部の黒人ファミリーというのも
意味があると思いました。
それにしても。
ブラッド・ピッドの美しいこと! 
63歳くらいの容姿にはちょっと無理がありましたが、
若返れば若返るほどに、思わずため息。
生涯愛したディジーは、
自分が50代になったときに会った
ベンジャミンの10代の容姿に
「こんなおばさんで…」と言わしめてしまう…。
この言葉、深かったです(苦笑)。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Tuesday, February 10, 2009

ヨーロッパの味わい。ルーマニアのサルマーツェ クウ ママリクーツァ

090210_130601090210_125901
090210_132701

久しぶりに中野坂上にやってきました。

すっかり開発されたこの地域は、
道路が広く、見通しがいい雰囲気になっています。

ビジネスビルが交差点に建っているものの、
では飲食店はどのへんに?

となると、思いのほか目に入らないのも
このあたりの特長。

そんな中、

青梅街道を新宿寄りに歩いた、
ハーモニーホールのお隣にあったのが

「ルーマニア」

わかりややすい店名のとおり、
ルーマニア料理が楽しめるレストランです。

ルーマニア料理ってどんなのだろう?

にわかに興味を持ったので、早速入ってみることに。

ビルの1階にあるこの店。

入り口の右側には、テラスルームがあって、
ここがなんだか中庭な雰囲気。

店の中は暗めで、入り口から入るときに
一瞬、休みかも…と思ってしまいました。

ですが、
中に入ってみれば、食事を楽しむ人でにぎわっていました。

店内はルーマニアの装飾。
といっても、実際はどんなものかはわかりませんが、

ヨーロッパの香り漂うアイテムがちりばめられています。

オーダーは…とメニューを眺めていると

これがいちばんルーマニア料理らしいよ…と、
店の方からのアドバイス。

そこでオーダーは

「Sarmalute cu Mamalaiguta
(サルマルーツェ クウ ママリクーツァ」1000円

サラダ、スープ、パンまたはライス、デザート、ドリンク付き

これは

「ルーマニアの香草入りロールキャベツと
焼きたてコーンミール」

というメニューなのです。

はじめにサラダとスープが登場。

サラダはレタスを細かく刻んで、
ビネガーと塩とオリーブオイルで和えたもの。

このスタイルのサラダは、
かつてキプロス島出身の方のところに
ホームステイしていたときに出てきたサラダと
同じような形状。

シンプルだけれども、さっぱりといただけるサラダに、
懐かしさを感じました。

スープはミネストローネ風。
野菜はたっぷりで、スープの味もやさしい。

テーブルの上には、
ルーマニアの岩塩と黒コショウと白コショウ。

コショウをふりかけていただくと、
なんだかコクが増していい塩梅。

コショウ辛いという味わいにならないのが不思議です。

そしてメインのロールキャベツは、
牛・豚肉の合い挽き肉がぎっしり詰まった一品。

肉汁を野菜と一緒に煮込んだソースは、
コクがあっていい味わい。

その上には生クリームがかけられています。

ロールキャベツそのものの味わいは、
肉の味がしっかりと伝わる、
そして、なんだかヨーロッパで使われるような
香草の香り。

これが、自家製のパンとよく合うのです。

コーンミールは、プルプルとしていて、
まるでプディングのよう。

このコーンミールをごはんのかわりとして、
ロールキャベツと一緒に食べるのだそう。

コーンミールはさっぱりとしていて、
かすかにコーンの風味。

これがロールキャベツの肉と合わさると、
ピタッとハマってしまう味になるのです。

そこへパンをこれまたお米代わりに、
バクバクと食べれば、
三位一体の味わいが楽しめます。

デザートはロールケーキ。

ドリンクはドリンクバーになっていて、
フルーツジュースなど種類も豊富。

コーヒーでくつろぎながら、
久しぶりにパンで料理を食べたなぁと実感したのでした。

ホームステイのときは、
夜ごはんを5人で食べるのに、
バゲットは2本くらい平気で食べていました。

パンがご飯代わりなんだと実感した
あのころを思い出してしまいました。

ルーマニア
東京都中野区本町1ノ32ノ24、1階
営業時間 午前11時~午後3時、午後5時~10時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, February 06, 2009

ゴロゴロトマト。きびのほっTOMATO

090206_141401※通常に戻るまで
1週間ほどかかりそうです。
引き続き、不定期を
お許しください。

品川で
遅いランチを
とることに…。

となれば、

「品達」で
ラーメンでも
食べようかと、
京急線沿いの
道をテクテク。

この季節、
冬だけの
あったかメニューを用意しているとか。

あれもこれも気になるものばかりでしたが、

選んだ店は

「きび」

オープン当時からある店で、
シンプルな支那そばを提供している店です。

スープは鶏、豚、野菜を使い、
気候に合わせて火力調整などを行っているとか。

そんなシンプルなラーメンの店の
あったかメニューは

「ほっTOMATO」880円
梅干付き

こちらの店、梅干が突き出しで出てくるのがうれしい。

いわゆるトマトラーメンですが、

見た目にもゴロゴロと完熟トマトがいっぱいのラーメン。

真っ赤なスープになっていますが、
こちらにかラー油が少々。

スープは、ベースのあっさりスープに
トマトの酸味や甘みが加わって、
やさしい味わい。

ベースが和なので、イタリアンのトマトソースとも
ちょっと違った味わいです。

タバスコをふりかければ、
ピリッとさらに引き締まった味わいに。

さらに粉チーズをかければ、
こってりまろやか。

まさにパスタ感覚です。

面は細めの縮れ麺。

モチモチとした食感の麺は、
トマトの味をしっかりとつかんでいます。

トマトをたくさん食べている感覚は、
気持ち的にもヘルシーな気分。

しかも、ボリュームはたっぷりで
お腹も満足。

食べ終わるころには、
まさにポッカポカになったのでした。

きび
東京都港区高輪3ノ26ノ20、品達らーめん内
営業時間 午前11時~午後11時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, February 04, 2009

ふわ~りホッコリ。和久屋のうなぎ丼(梅)

090204_122301※もう少し、
ネット復興まで
時間がかかりそうです。

不定期投稿を
お許しくださいませ。

福島に日帰り出張。

行った先は
三春町。

シダレザクラの有名な町。

ちょっと行ったところにある
三春滝桜は、樹齢1000年以上を超える巨木で、
サクラが咲いている様を想像すると、
頭がクラクラとしてきます。

そんな三春町でのランチ。

地元ならではの料理もありましたが、
なにしろシーズン前のこの時期ゆえ、
食べ処が限られてしまいます。

そうして見つけたのが、

「和久屋」

うなぎの店です。

入り口に向かうと、そこにはメニュー書きがあり、
さらには

「注文を済ませてから30分ほど散策してから
お戻りください」

というようなお知らせが…。

そうなんです。

この店のうなぎ。

注文が入るごとに生きているうなぎを裂いて作り始めるので、
どうしても時間がかかってしまうのです。

その心意気に、店に入る前から
なんだかソワソワ。

注文したのは

「うなぎ丼(梅)」2000円
茶碗蒸し、吸い物、漬物、小鉢付き

うなぎ丼は松竹梅のほか並、上があり、
なぜか松より梅のほうがお高いしくみ。

並だと1200円ほどなので、かなりのお値打ち価格なのです。

城下町でもある三春町には、
お寺さんがあちこちに点在しています。

週末の雪のおかげで、なんだか雪景色を満喫。

散策することで、お腹もすっかりうなぎモードになってきました。

店に戻ると、
あっという間にうなぎ丼たちが登場です。

どんぶりとはいえ、お重で入っているのもうれしい。

ふたを開けたとたん、
焼いたうなぎとタレの香ばしい香りが鼻をくすぐります。

はたして、うなぎは、
ふんわりとやわらかく、しかもほっこりした食感。

口に入れればまるで解けてしまうかのように
やさしい口当たり。

ご飯もそんなやさしいうなぎに合わせて
やわらかく炊き上がっていて、

そのやわらかさとうなぎが一体となって
口の中にとろけていきます。

シアワセ。

茶碗蒸しはシメジとエノキが入ったキノコ茶碗蒸し。

この茶碗蒸しも出汁がしっかりと取れていて、
しかもとろりんとした口当たりでいい味わい。

漬物の種類も4種類くらいあって、
どれもこれも箸休めどころか、
ちゃんとした一品になっています。

小鉢は松前漬けで、これまたネバネバといい塩梅。

うなぎの底力を堪能しました。

うなぎの和久屋
福島県田村郡三春町大町115
営業時間 午前11時~午後2時、午後5時~8時
日曜=午前11時~午後7時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (168) | TrackBack (0)

Monday, February 02, 2009

こってりな味わい。shimbashi ORAGAのらーめん

090202_131001お手ごろ価格な
お昼ごはんが
あらゆるところに
存在し、

だからこそ
サクッと食べて
会社に戻る…。

そんな人たちの
多い新橋。

ところが、
ここには、
いつ通っても、なんだか行列が…。

ラーメンというカテゴリーなので、
通の人たちが並んでいるのかな…とも思うのですが、

ほとんどが近所のビジネスマンが
足を運んでいる様子。

とくれば、

気になるのは当然。

で。

行ってきてしまいました。

新橋の桜田公園の裏手にある

「shimbashi ORAGA」

とんこつ醤油のラーメン、
いわゆる「家系」のラーメンが楽しめる店です。

間口は狭く、
中に入ると待ちスペースは広めにとってあるものの、
L字型のカウンターは7席のみ。

厨房は奥に麺をゆでるところ、
手前は器を並べてラーメンを仕上げるところ、
その後ろにはスープの鍋と洗い場。

結構動きやすいように作られています。

オーダーは食券を購入。

スタンダードに

「らーめん」700

小ぶりの器に盛られてきたラーメンは、
見るからにこってりとしたスープ! 

トッピングはチャーシューにメンマ、
そしてタマネギのみじん切り。

まずはスープをひと口。

ぬめりとした感覚は、さすがとんこつ。
とってもこってりかと思いきや、
醤油や和風だしの味わいで、ちょっとすっきり。
全体的にうまみのある味わいになっています。

麺は中太のストレート麺。
シコシコとコシのある食感が心地いい。

メンマはしっとりしゃっきり、チャーシューはやわらか。

そして、タマネギのみじん切りが
なんともシャキシャキした歯ごたえに、
タマネギの風味でさわやか! 

こってり味に花をそえています。

スープの最後のほうでは、
かすかに柚子の香りも。

これまたさっぱりさせてくれます。

ここのところ、
こういった家系のこってりした
とんこつ醤油のラーメンは食べていなかったので、

どこまでがこってりなのか、判断しかねるのですが、

ついついやめられなくなるうまみは、
やっぱり存在していました。

shimbashi ORAGA
東京都港区新橋4ノ14ノ6
営業時間 午前11時~午後2時30分、
午後6時~10時30分
土曜=午前11時~午後3時。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

※毎日呼んでくださっているみなさま。
本当にいつもありがとうございます。

実は…。

昨日からインターネットの環境が最悪になってしまいました。

というのも、今まで使っていたプロバイダーの
アクセスポイントが変更になり、
それによって電話回線などとの接続が不能になっていまったのです。

現在、どのような対処がいちばんか、検討しているところです。

なので、みなさまには大変申し訳ないのですが、
しばらく、こちらのブログの更新ができません。

仕事でネット環境も必要なので、早急に復旧したいのですが…。

そんな状況ですので、
復活の際はどうぞよろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »