« November 2008 | Main | January 2009 »

Wednesday, December 31, 2008

映画ウンチク:BODY OF LIES ワールド・オブ・ライズ

映画ウンチク
BODY OF LIES
ワールド・オブ・ライズ
☆☆☆☆
世界のテロにたいしての対策は、
とにかく情報。
CIAの諜報員といして中近東に潜む
Leonard Dicaplio。
現地のマフィアとの接触と命がけの行動。
一方アメリカの本部でその報告を聞き
指示を出すラッセル・クロウ。
結果を出せばいいだけのこちらは
人に対して冷酷。
そんな環境の中で動いていくと、
誰かが誰かにウソをついて情報を得たり、
その情報が欲しいがために味方にウソをついたり…。
その駆け引きにドキドキしてしまいます。
社会派映画に最近よくよく出るLeo。
その演技もひいき目ですが、
見ものです。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, December 26, 2008

もっちりモチモチ! cafe de Pouのぷぅのパニーニ:トマト&モッツァレラセット

Sany0983Sany0982

いろいろな街を歩いていると、

「あ、ここ今度行ってみよう!」

「入ってみたいなぁ」と思う店がたくさんあります。

忘れぬうちに行こうと思いつつ、
しばらくその街に行かなくなって、
なかなか店を訪ねる機会がない…ということも
結構あるものです。

この店もそのひとつ。

原宿の裏原宿あたりで見つけたのが

「cafe de Pou」

昨年オープンしたパニーニ専門の店です。

店内はデリのような造りになっていて、
ショーケースには
パニーニのサンドイッチがズラリと並んでいます。

一瞬、注文してから席につくのかと思いますが、
ちゃんと席までオーダーを取りに来てくれます。

今日はヨーロッパ系の女性スタッフがオーダーを取ってくれました。

なんだかヨーロッパにいる気分。

オーダーは

「ぷぅのパニーニセット:
トマト&モッツァレラ」980円

ドリンク、デザート付き

アツアツで登場したパニーニは、
モッチリモチモチとした食感!!!

そこにまったりモチモチとしたモッツァレラチーズが
ほどよく溶けて、モチモチ感がさらに倍増しています。

パニーニを食べるのは初めてではないけれど、
でも初めての食感です。

トマトはフレッシュでジューシー。
これがちょっと熱くなっているので、
アツアツジューシーがモチモチに加わって、
なんだか口の中はかなりシアワセな状態です。

付け合せはパスタのサラダ。
レーズンなども混ざっていて、その味わいは
やっぱりヨーロッパ的。

さらにさらにデザートはパニーニプディング! 

カスタードの味がしっかりとパニーニに染み込んで、
この甘みに思わず顔がほころんでしまいました。

小さい店ながらも、やっぱりかなりの実力あり。

どんぶりもののメニューもあるので、
次回はそれも試してみたいです。

cafe de Pou
東京都渋谷区神宮前6ノ9ノ9、アヴェにール表参道1階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後3時)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, December 25, 2008

江戸前を満喫! 板前寿司のあじわいづくしセット

Sany0985Sany0986

有楽町・銀座方面で気になるエリアは、
やっぱりなんといっても
コリドー街。

今なお、新しい店がオープンしていて
ますますにぎやかしくなってきています。

新橋寄りに12月3日にオープンしたのが

「板前寿司」

江戸前寿司が楽しめる寿司店です。

この店。

香港で本格的江戸前寿司が食べられるようにと
かの地でオープン。

今や香港で人気の寿司店になっているとか。

昨年赤坂で“逆輸入”という形でオープンし、
今年はいよいよ銀座にオープンした…というもの。

気軽な雰囲気でリーズナブルに寿司が楽しめる…
というのがコンセプト。

コリドー街には「美登利寿司」もあり、
どのくらいこちらに攻めることができるか…。
楽しみでもあります。

店内はカウンターに12人ほど、
4人のテーブル席が3つ。

広すぎず狭すぎないほどよい大きさです。

白木のカウンターに座り、
注文したのが

「あじわいづくしセット」980円
カニみそサラダ、茶碗蒸し、お椀付き

セットのにぎりの内容は

赤身、帆立、蛸やわらか煮、烏賊、炙り〆鯖、白身、
オクラの軍艦巻き、イクラ、玉子、穴胡ロール

はじめにサラダと茶碗蒸し、お椀がササッと出てきます。

カニみそサラダは、
カニみその下にマヨネーズがあって、
この組み合わせがまったりとした口あたりでいい塩梅。

サラダにニコニコしているうちに、
別皿で穴胡ロールがやってきました。

すぐににぎりの皿も登場です。

アナゴは、ほっこりと柔らかくタレもほどよい甘辛さ加減。
にぎりでなく、ロールになっているので食べやすいのも魅力。

白身はハマチでしっとり、赤身もしっとり。

イカはプリッと弾力がある歯ごたえ。
ホタテは厚みがあってプリプリ。

タコもほんとうに柔らか。

炙り〆鯖は上にダイコンおろしにポン酢がかけてあって、
さっぱりとした味わい。

オクラの軍艦巻きには梅が添えてあるので、
こちらもすっぱさわやか。

イクラはプチプチといい食感。
まったりとした味覚が広がっていきます。

玉子も程よい甘さでうれしい味わい。

食べ終わっていれば、かなりのボリュームで
お腹いっぱいでした。

お得感の高いランチセットでした。

板前寿司 銀座コリドー店
東京都中央区銀座8ノ2ノ13、Jビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~午前3時
(日曜、祝日は午後5時~11時)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Wednesday, December 24, 2008

ふたを開けるときのドキドキ! さるじゅの日替わり弁当

Sany0982_2年末の
行っておきたかった
店週間! 

銀座方面で、
何度か
足を運んだものの、

貸切だったり
売り切れだったりと
ランチをいただく
チャンスがなかった店。

銀座7丁目、松坂屋の裏の裏の道にある

「さるじゅ」

外務省認定の料理長が腕をふるう
日本料理の店です。

さるじゅ…というのは、
南の島・インドネシアの言葉で
「雪」という意味だそう。

そんな雪のような繊細な日本料理が楽しめる店。

地下1階に店はあります。

階段を下りていくと、
変形ながらもカウンター席とテーブル席、座敷席が並んでいます。

オーダーは

「日替わり弁当」850円
味噌汁、デザート付き

本日の日替わりは

「チキンカツ」とのこと。

目の前にやってきたのは

2段重ねのお重。

何が入っているんだろうと
ドキドキしながら開ける高揚感。

ふたを開けてみれば、
上の段には
刺身と小鉢4種がきれいに並んでいて、
思わず気持ちがフワッと盛り上がります。

下の段にはチキンカツとサラダ、ご飯。

上の段は
刺身、ひじき、ゴマ豆腐、玉子焼き。

刺身はマグロとブリが2切れずつ。

どちらもシャキッと新鮮で生魚の旨味が感じられました。

ひじきは大豆と和えてあり、ちょっと濃い目の味わい。
ご飯が進みます。

ゴマ豆腐はまったりとしていて、いい味わい。

玉子焼きは
フワッとした仕上がりで、口あたりもやさしい。

チキンカツはササミを中心の一品で、
思いのほかのボリューム。

口に運んでみれば、揚げたてのサクサクとした食感に
やわらかな肉の口あたり。

どのおかずもご飯がどんどん進みます。

そのご飯。

お替りが自由なので、
思わずお替り!

すると、

ご飯茶碗にほかほかのご飯。

しかも、
ご飯のお供、
紫蘇と和えたジャコが上にのっかって
運ばれてきました。

お弁当のご飯には
梅干があったので、
最後のシメに梅干でご飯と思って
お替りしたものの、

さらにジャコがのっかっていたので、
さらにご飯が進んでしまう~!

と、うれしい悲鳴(笑)。

ぜひともご飯はお替りすべし! です。

店内には泡盛の種類も充実。

ゆったりと泡盛を楽しみながら、
ほっとくつろげる料理を楽しみたいです。

とはいえ。

こちらのランチ、
午後1時前には売切れになることが多いそう。

お得な日替わり弁当、
また食べたいです。

さるじゅ
東京都中央区銀座7ノ11ノ6、銀座磯野ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、午後5時~11時
日曜、祝日定休

映画ウンチク
The Day The Earth Stood Still
地球が静止する日
☆☆☆

キアヌ・リーブス主演。
なぞの球体が突然
ニューヨークのセントラルパークに着陸。
それは、
地球を救うために人類を滅亡させる
目的のために地球にやってきた。
キアヌ・リーブスは、
地球を救うためにやってきたが、
地球人と接するうちに
人類をどうするべきか考えていく…。
地球温暖化などが問題になっている昨今、
それをダイレクトに言わないまでも、
人間が地球という星を
どのように考えていかなければいけないか
考えさせられる映画です。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, December 22, 2008

平成の洋食屋。CAFE LEGENDの期間限定パスタ

Sany0983Sany0984

今年も気づけば、
あっという間! 

なんと、
仕事納めの週に
なってしまいました。

そうなってくると、
行っておきたかったレストランに行かなくちゃ。

と思い立ち、

横浜だったら…ここ…かな。

と考えを巡らせて行ってきました。

横浜・関内。
関内大通りと馬車道の間の小さな路地。
昔を知っている方は、
あの「グリルサクライ」があったとおりにある

「CAFE LEGEND」

2004年にオープンしたレストラン&バーです。

カフェといいつつ、
きちんとした料理とワインを出している店。

店内は細長く、12席のカウンターのみ。
うなぎの寝床的な佇まいです。

ランチメニューを見ていると、
なんだか洋食屋さんを思い浮かべるようなラインアップ。

でも、カウンターを眺めると
今どきのレストラン&バー。

なんとなく「平成の洋食屋さん」といったイメージです。

オーダーは

「期間限定パスタ」1100円
サラダ、デザート付き

加えて卓上には野菜の浅漬けがドカッとおかれます。

本日は

「エビとチキンのマカロニグラタン」

サラダを食べつつ、この浅漬けもいただきます。
さっぱりとした浅漬けは、
セロリやダイコン、ニンジンなどがあって、
野菜の味をとことん楽しめます。

そうこうしているうちに出てきたマカロニグラタン。

カウンター越しな眺めていたら、
グラタンの最後の仕上げはバーナーで
正面を焼いていました。

なので、目の前のグラタンは
グツグツに加えて、カリッと香ばしい焼き目が入っていました。

スプーンでチーズを割り、
中のクリームソースとマカロニを取り出します。

長いマカロニはしっとりアツアツ。
チキンは柔らかいひとくちサイズ。

ホワイトソースはまったりといい味わいです。
たっぷりのホワイトソースがからんで
マカロニもチキンもやさしい口あたり。

エビは厚みがあってプリッとした食感。
これがなんだかウレシイ。

上にはトマトソースが4ヶ所にトッピングされていて、
これをホワイトソースと合わせて食べるのもいい塩梅です。

卓上のタバスコは赤と緑。

これをバランスよく振りかけていただけば、
「あ~、洋食のマカロニグラタンを食べてるなぁ」と実感。

それにしても、このボリューム! 

すっかりお腹は満腹です。

デザートはフルーツヨーグルト。

料理に真剣に取り組むシェフの眼差しに
他の料理も食べなくっちゃと思うのでした。

CAFE LEGEND
横浜市中区常磐町4ノ52、松むらビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後6時~午前0時30分。日曜定休、祝日不定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, December 19, 2008

ピーナッツとミント。FUJIMAMASのCurry Lunch

Sany0981

なんだか、
とっても

外国気分に
ひたりたい!

原宿にいたせいもあり、
久しぶりに
ここのランチを
味わなきゃ! と
思ってしまいました。

表参道から脇道に入ってすぐのところにある

「FUJIMAMAS」

アジアンキュイジーヌが味わえる、
インターナショナルなレストランです。

実は先月のThanks GivingのときにDinnerに
訪れていましたが、
ランチは本当に久しぶり。

米店だった一軒の木造家屋を改装したレストラン。
相変わらすの日本にいるのに
どこか欧米にいるような気分になれます。

オーダーは

「Curry Lunch」1050円
サラダ、ドリンク付き

本日のカレーは

「タイスタイル レモングラス、ココナッツカレー 
ミートボール添え」

ブラウンカラーのカレーは、
ココナッツのまったりとした口あたりが印象的。
ほんわかとスパイシーさが感じられるやさしい味わいです。

食べているとピーナッツも入っていて、これが香ばしい。
そして、レモングラスのさわやかさがタイ料理の雰囲気。

上にのっているミントを一緒に食べれば、
なんだかベトナム料理を食べているよう。

そんな香りのハーモニーが楽しめます。

ミートボールは鶏肉でギュッと肉が詰まった食感。

全体のいいアクセントになっています。

はじめはカレーとライスを別々に食べていましたが、
ミートボールをおかずとして食べ終えた後は、
ライスをカレー皿に移して、
ソースをたっぷり浸しながらいただきました。

食後はコーヒーを飲みながらまったり。

やっぱり、ゆったりとくつろげる空間は健在でした。

FUJIMAMAS
東京都渋谷区神宮前6ノ3ノ2
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチタイムは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, December 18, 2008

食欲が増す鍋。和楽宮(わらく)の豚カレー鍋セット

Sany0979横浜駅西口。

この近辺で
ランチをするときは

次はここに! 

と目を付けていた
店がありました。

ホテルコスモ横浜の
近く。

以前はオーガニックレストランだったのが

最近この店になりました。

10月22日にオープンした

「和楽宮(わらく)」

鍋料理を中心とした和食の店です。

地下1階に下りると、
木の柱が印象的な佇まい。

個室ではないけれど、個室っぽい感覚があります。

ランチは鍋料理のほか、丼や和定食。

でも、鍋とうたっているのだから、
やっぱり「鍋」を食べなくちゃ! という気分です。

「豚カレー鍋セット」900円
小鉢、新香、ライス付き

豚カレー鍋は1人用の土鍋に入って登場。

豚バラ肉のほか、
たっぷりのハクサイ、長ネギ、水菜、豆腐、
油揚げ、くずきりが入っています。

カレー鍋のスープはもちろんカレー味。

和風出汁にカレーを加えた味わいは、
なんとも懐かしいしみじみとした味わい。

鍋の出汁なので、サラサラとしたスープです。

ハクサイは程よい火加減でしっとりシャキシャキ。
ネギはトロリと煮込まれているし、
水菜はシャッキリ。
油揚げやくずきりにはカレー出汁が染み込んでいて、
これまたうれしい味! 

豚バラ肉は豚の旨味がじんわり。
脂身がさらに豚肉の旨味を増しています。

鍋をおかずにご飯も進みます。

具を食べ終わったら、
カレー出汁の中にご飯を投入。

こちらのご飯、硬めに炊かれているので、
出汁の中でサラサラをほぐれていきます。

カレー雑炊もいい味わい。

しっかりと鍋の「シメ」も味わえました。

今日は暖かな日だったけれど、
こういう日に鍋を食べてもオツ。
1人でも鍋のランチが食べられるのもウレシイです。

和楽宮
横浜市西区北幸2ノ10ノ42、寺内ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時30分~10時。日曜定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Wednesday, December 17, 2008

ゴマの味わいがたっぷり! 希須林 赤坂の希須林四川坦々麺

Sany0977赤坂見附界隈で
打ち合わせ。

終了したのが
2時過ぎで、
ランチタイムには
間に合わないなぁ…。

と思いつつも、
食処である街なら
何かあるだろうと
急いでブラブラ。

エスプラナード通りから脇に入った
路地裏とも言うべき通りで見つけたのが

「希須林 赤坂」

阿佐ヶ谷の中華風料理店の支店で、
こちらの店は坦々麺専門の店です。

店構えは本当に小さなラーメン店。

入ってみれば段差のあるカウンターがあり、
9人が座ることができるようになっています。

坦々麺のほかニラソバや汁なし坦々麺など
バリエーションも豊富です。

券売機でチケットを購入して席に着きます。

購入したのは

「希須林 四川坦々麺(4辛)」950円
ライス付き

辛さは5段階あり、4辛は大辛。

席に着くと
「ライス付けますか? 」と聞いてくれます。

「はい」と答えると

「麺が150gほどありますが、半ライスにしておきます?」
と聞いてくれるところが親切。

紙エプロンも置いてあるので、
これをつけてしばし待ちます。

カウンターにはザーサイも置いてあり、
いい箸休めになりそう。

などと考えているうちに坦々麺が到着です。

大辛は表面に真っ赤なラー油がたっぷり。

モヤシの上にひき肉がのっています。

まずはスープを、ラー油をよけながらひと口。

練りゴマの風味が全面に押し出してくる味わい。

ラー油を混ぜ合わせながらまたひと口。

ほんのりと辛味が感じられるものの、
ゴマの甘みですごく辛い! という感じではありません。

麺は中太でモッチリシコシコ。

スープがいい具合に絡みついてくるのもウレシイ。

モヤシはシャッキリとしていていい歯ごたえ。
キクラゲも一緒に入っているので
こちらのコリコリとした食感も楽しい。

ひき肉は八角などの風味がきいた旨味。

これらを麺と一緒にすすれば、
ゴマ風味とともに一体感が味わえます。

麺を食べきるころ、
レンゲですくったスープから干しエビの風味が…。

底のほうに干しエビが潜んでいました。
この味わいも変化があっておもしろい。

シメはライスをスープに入れて雑炊風に。

ゴマの甘みとご飯の相性のいいこと! 

もちろんザーサイも思ったとおりの箸休めに。

気づけばきれいにスープはなくなっていました。

辛くてすっぱいというにらソバも気になるし、
汁なしの坦々麺も気になる…。

寒い日にはポカポカと温まるし、
また機会を見つけて訪れたいです。

希須林 赤坂
東京都港区赤坂3ノ7ノ9
営業時間 午前11時~午後3時、
午後5時~10時30分
(土曜は午前11時~午後8時)。日曜、祝日定休

映画ウンチク
BROKEN ENGLISH
☆☆☆☆

ニューヨークに住む独身ノラ。
愛する人を見つけたいと思いつつも、
出会いはあまりにも…ない。
そんな夏のホリデーシーズンに、
同僚のパーティーで出会ったフランス人。
出会ったその日に意気投合するものの、
愛にまっすぐに向かい合えないノラ。
でも翌日には2人は愛し合っているんだろうと
確認をしつつ…。
出会って4日後には彼はフランスに帰ることに。
一緒に行こうと言われるものの、
今の生活を捨てられないノラは、
そのままニューヨークに残り、また1人ぼっち。
実は忘れることなんかできなかった。
だからフランスに行って彼を探すことに。
しかし唯一の彼の電話番号をなくしてしまい…。
果たして2人は運命の2人だったのか…。

ニューヨーク特有の
出会いがない! 
といったテーマにどっぷりとつかった映画。
母国語でない英語をしゃべる彼だからこそ、
想いをストレートに表現できることも
あるのかもしれない…。
いろんなことを考えてしまいました。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, December 16, 2008

アメリカングラフティ。MOON CAFEのハンバーガー(112g)セット

Sany0976_2本当に
久しぶりに
横浜・本牧に
やってきました。

本牧は
横浜の中の横浜。

アメリカンな
雰囲気漂う
魅惑の地です。

とはいうものの、
最近はマンション郡が多くなってきて、

雰囲気よくたたずんでいた
「ALOHA CAFE」の前に大型スーパーが建っていたりと
普通の街っぽくはなってきてしまってはいますが…。

それでも本牧らしい店もたくさん残っています。

マイカル本牧の手前にあるのが

「MOON CAFE」

アメリカングラフティそのままのノリの
アメリカンダイナーです。

この店はもともとバイクや車のアクセサリーをそろえた
隣の「MOON EYE」から派生したカフェ。

バイク好きではないと入っちゃダメかな…なんて、
思っていたころもありますが、

アメリカンダイナーの雰囲気は、
いまどき、やはり入りたい。

店内はカウンターにイエローのソファが付いたテーブル席。

カウンターに座れば、
アメリカ中西部のグローサリーストアで
コークを頼んで飲んだことを思い出すくらい、
アメリカンな雰囲気です。

オーダーは

「ハンバーガー(112g)セット」892円
フレンチフライ、ドリンク付き

こういうときは、やっぱりコークを頼んでしまいました。

ハンバーガーは、
平べったく大きいいでたち。

焼いたばかりのパテの表面は肉汁がしたたっています。

レタスとタマネギ、トマトをパテの上にのせ
ケチャップやマヨネーズ、チリソースなどをかけ
バンズの上をかぶせてギュッとおしてなじませます。

茶色のバーガー袋の中に入れて、
さっそくガブリ! 

肉100%。ジューシー!

タマネギのタマネギ辛さがいいアクセントになっています。

レタスのシャキシャキした感じや
トマトのジューシーさもいい塩梅。

もちろんバンズの口あたりもパテに合っています。

揚げたてのフレンチフライもいい揚がり具合。

コークを飲みながらハンバーガーにかぶりつく。

ダイナーのカウンターでこれができる幸せ。

本牧はやっぱりこれじゃなくっちゃと
思ったひとときでした。

MOON CAFE
横浜市中区本牧宮原2ノ10
営業時間 11時30分~午後11時(金・土曜は午前0時)
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, December 15, 2008

いつまでもアツアツのうれしさ! LE BISTROの平日ランチ

Sany0973Sany0974
ランチどころが
あちこちに
できてる恵比寿。

東口から
ちょっと歩いたところに
10月にオープンしたのが

「LE BISTRO」

マンション造りのビルの2階にあるビストロです。

店内はフランスの田舎町にあるような
山小屋風の雰囲気。

木のテーブルや椅子、
その椅子にはかわいらしいクッションが並べられていて、
誰かの家のような雰囲気もあります。

ホカホカと暖炉のぬくもりを感じさせてくれる
ちょっと意外性を感じさせる店でもあります。

オーダーは

「平日ランチ」1000円
オードブル、メイン、パン、ドリンク付き

オードブルは3品の中から、
メインは4品の中から選べます。

選んだのは

「たっぷり野菜のスープ」

「ひき肉とじゃがいものグラタン」

スープは
キャベツやニンジン、大豆など具だくさん! 

スープの味は薄味ですが、
スープというより温かい野菜を食べているようです。

メインは鉄鍋で作ったグラタン。

グツグツとアッツアツの様子にワクワクしてきます。

いちばん下にはひき肉にセージなどのハーブを合わせた
ミートソース風。

その上にマッシュしたポテト。

チーズを上にのせてオーブンで焼き上げたものです。

アイリッシュのシェパードパイのようなグラタンでした。

ミートソースはハーブの香りが刺激的で、
それをしっとりとしたなめらかなマッシュポテトが包み込んでいます。

チーズの香ばしさもいかにもグラタンを
食べていると実感させてくれるもの。

鉄鍋のおかげで、
フーフーと少し冷ましてから口に入れないといけません。

それも最後までアッツアツなので、最後まで。

その熱さがちょっとウレシイ。

パンと一緒に食べるのもぴったりです。

気取らずにフレンチが楽しめるビストロでした。

豚がトレードマークのビストロ。
豚肉料理もチャレンジしてみたいです。

LE BISTRO
東京都渋谷区恵比寿1ノ21ノ13、コンフォリア恵比寿2階
営業時間 午前11時30分~午後2時、午後6時~10時30分
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, December 14, 2008

しっとり和牛と自慢のとろろが合体! 麦とろ童子のビーとろ

081214_16220001

久しぶりに
伊豆ネタです。

ダイビングは
結構行っていましたが、

なかなか
そのときの
ランチを紹介できず…。

でも、
今日は久しぶりに
この店に行ったので、ご報告(笑)。

本日は大雨の大強風の悪天候にもかかわらず、
うっかり(笑)熱海から船に乗って
初島に行ってしまいました。

いつも潜っているポイントは
波がザバンザバンとかかっていて、
さすがに現地のガイドも
「ここは無理だと思いますよ~」。

ということで、裏のポイントに行くことになりました。

こちらは風が当たっていないので、
打って変わって穏やか。

エントリーの足元が危ういものの、
無事にダイビングをすることができました。

水中は水温18℃。
透明度は15mとまずまずのコンディション。

細かい生物たちがいるわけではありませんが、
ヒラメやジョーフィッシュ、
トゲチョウチョウウオの幼魚なども
この季節というのにまだ元気に泳いでいたのにびっくり。

スズメダイやキンギョハナダイ、ソラスズメダイの群れも
きれいでした。

さて。

ダイビングの後のいつものお楽しみ…。
と思っていたのですが、

いつ船が欠航になるか危ういというので、
ダイビング終了後は、ササッと身支度整えて、
熱海に帰還。

久しぶりに湯河原に近い熱海の端っこにある

「麦とろ 童子」へ。

麦とろが自慢の店です。

本当に久しぶりの訪問で、
その間、テレビで紹介されたり、新しいメニューが増えたりと
相変わらずの人気振りでした。

このころには雨も上がって、
真鶴半島を見渡す景色も良好。
ノリノリの店主も元気でうれしいことこの上ありません。

注文は

「ビーとろ」2100円
蟹汁、お新香、口直し付き

ビーとろ…とは、

和牛ローストビーフととろろの組み合わせのメニューです。

麦飯をまん丸において、
その上をローストビーフが覆います。

そうしてその周りに自慢の出汁で溶いたとろろを敷き詰めます。

ローストビーフの上にはワサビがのっているので、
それをビーフに付けて、麦飯ととろろと一緒にいただくのが基本。

まずはローストビーフだけを味わうと…。
しっとりとした口あたりで柔らかく、
しみじみと牛肉の旨味が味わえます。

これを箸でひと口サイズに切り分けて、
麦飯と一緒にパクリ。

プツプツとした食感が楽しい麦飯との相性はぴったり。

さらにとろろと一緒にいただけば、
口の中は至福の嵐。

ワサビもアクセントになっています。

さすが、こちらのとろろ。
自然著だけのことはあります。

蟹汁はすまし仕立てで
こちらにも蟹の旨味がほんのりと、
でも力強く引き立っていて、いい味わい。

お新香もダイコンにハチミツがアクセントになっています。

口直しの柿は地元産。

新メニューには「うなとろ」、
つまりはうなぎの白焼きととろろの組み合わせもあり、
こちらも気になります。

嵐ながらも気持ちのいい一日でした。

麦とろ 童子
熱海市伊豆山郷清水210
営業時間 午前11時30分~午後6時
(土・日曜、祝日は午後8時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, December 12, 2008

バンズとパテのバランスの良さ! Burger5のジューシーバーガーセット

Sany0961先日行った
有楽町の
GINZA5。

アジアン屋台が
ズラリと並んでいますが、

ほかにも
ラーメン、スタバ、
そして
ハンバーガーの
店も並んでいます。

「Burger5」

バーガー&カフェです。

こちらは100%ピュアビーフだけを使った
ハンバーガーが味わえます。

アジアン屋台の並ぶグルメストリートですが、
ここだけは、ちょっとアメリカンテースト。

右手のカウンターはドリンクだけ楽しむ場所。

左手が食事を楽しむ場所になっています。

店内は8テーブルほどしかなく、
それも小さなスペースで、
隣が気にならないように並べられています。

壁には空をテーマにした写真。
BGMは英語のラジオ。

地下1階とは思えないような居心地の良さです。

オーダーは

「ジューシーバーガーセット」950円
サラダまたはフレンチフライ、ドリンク付き

バンズは酒種天然酵母かライ麦が選べます。

基本は天然酵母とのことだったので、そちらを選びます。

レタスがたっぷり、そしてトマト、パテが重なった
とっても厚みのあるハンバーガーが登場。

牛肉だけのパテはその味を生かすために
岩塩とペッパーだけで味付けされています。

マスタードとケチャップを好みの量だけ付けて、
バンズの上の部分を重ねて、
上からギュッとつぶしてソースなどをバンズになじませます。

そうして
バーガー袋にハンバーガーを入れて、

思いっきり口を開けてバクリ! 

牛肉たっぷりのパテからは、とたんに肉汁が染み出てきます。
そのしなやかさと旨味がなんともいえません。
絶妙な岩塩&ペッパーがきいています。

まさにジューシーな味わい!

シャキシャキレタスやトマトもいい塩梅です。

そして天然酵母バンズは弾力があってそして甘い。

しっかりとしたバンズなので、
肉の旨味がたっぷりのパテとのバランスが
きちんと取れているのが魅力です。

気づけば大きな口を開け続けて
あっという間に完食。

コーヒーのお替りなどにも来てくれて、
ついついゆったりとくつろいでしまいます。

サンドイッチもちょっと気になります。
さらにさらにNYチーズケーキなどのスイーツも! 

また、こっそり訪ねてみたいです。

Burger5
東京都中央区銀座5丁目1番先
営業時間 午前11時30分~午後10時45分
(ランチは午後4時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, December 11, 2008

懐かしい空間。cafe’634のデリプレート

Sany0964_2銀座。

歌舞伎座の裏、
マガジンハウスビルの
周辺には、

お気に入りの
イタリアンがあって、
結構足を運んでいました。

ここ最近は
ちょっとごぶさたで、
そういえば、
この周辺もまたいろいろ変わったかな…と思い立ち、
足を向けてみました。

夏ごろに生パスタが自慢の店を見つけて、
「おっ、いい感じ」と思っていましたが、

その近くでカフェを見つけました。

「cafe’634」

ふっと何気なく存在しているかわいらしいカフェです。

店内はフローリングで、壁にも木を施しています。

テーブルは小さめで椅子はパイプ椅子。
その雰囲気は、なんだか小学校を思い出させます。

左側にキッチンとデリのショーケースが並んでいます。

オーダーは

「デリプレート」850円
パンまたはライス、スープ付き

このプレートは、4種類くらいあるメインデリから1つ、
サイドデリを1つ選ぶことができます。

選んだのは

「634ハンバーグ」

「いろいろ野菜の揚げ浸し」

木のトレンチにまとまってきたランチは、
なんだか給食のよう。

ハンバーグはトマトベースのソースがたっぷり。

フワッとした食感と同時に肉汁がジュワッとやってきます。

やさしいハンバーグの味わいです。

いろいろ野菜の揚げ浸しには、
ナスやインゲン、山芋にエリンギ、レンコンなどなど
本当に種類豊富。

程よい醤油テーストでそれぞれの野菜の味わいも
ギュッと詰まっています。

ハンバーグの皿のレタスには
バスサミコ酢ベースのドレッシングでさっぱり。

ついつい「三角食べ」を思い出して
バランスよく食べてしまいました。

ランチタイムに関係なくこうしたセットが食べられるカフェ。

早いランチも遅いランチにも対応できるのは、
さすがこの辺りの店です。

cafe’634
東京都中央区銀座3ノ12ノ7
営業時間 午前11時~午後6時。土・日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, December 10, 2008

のび~る食感! Re Cafeのモッツァレラとバジルのトマトソースパスタ

Sany0968おしゃれな
スタンディングバーが
目立つようになってきた
横浜・野毛。

気づくと
カフェなども
多くできていて、
横浜を知る人には
ちょっとした
カルチャーショックを
受けるような
最近のこの界隈です。

野毛坂にもカフェが何軒かありますが、

今日はその中のひとつに行ってみました。

「Re Cafe」

ワンコもOKのカフェバーです。

店内は打ちっぱなしの壁を白く塗った
開放感あふれる空間。

週末にはライブもやっているらしく、
ライブスペースもすぐにつくれるようなテーブル数。

広い空間で隣を気にせず、
ゆっくりとごはんやお茶が楽しめる雰囲気になっています。

オーダーは

「モッツァレラとバジルのトマトソースパスタ」850円
ドリンク付き。

ドリンクはセルフサービスで、好きなだけいただけます。

長い大きな器に入ったこのパスタ。

トマトソースは、シンプルでトマトの風味を生かしたできばえ。

そこに生トマトの輪切りをのせて、
その上からバジルとモッツァレラをパラリパラリ。

フレッシュなバジルとトマトの風味が楽しめます。

ざっくりと混ぜ合わせていただけば、
はじめはモッツアレラのもっちりとした食感を満喫。

そのうちに余熱でモッツァレラが溶け出して、
モッチリトロ~リとした食感も堪能できました。

突合せのグリッシーニは、
サクサクと香ばしくて、これまたトマトソースにもぴったりです。

アイスピーチティーなどの後は、ホットコーヒーを入れて、
店内の雑誌や本を手にとってゆっくりと
お茶タイム。

時間を忘れてしまいそうなカフェでした。

Re Cafe
横浜市中区野毛3ノ158
営業時間 午前11時30分~午後11時(日曜は10時)
(ランチは午後2時まで)。木曜定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, December 09, 2008

見た目もびっくりな…。CENTO ANNIのチェントアンニ名物リゾットコロッケランチ

Sany0966銀座を
プラプラ。

行きたい店が
あったのですが、
早々にランチが
売切れてしまったらしく、
がっくり。

そんな気持ちを
抱えたまま歩いていて
見つけたのが

「CENTO ANNI(チェントアンニ)」

シチリア料理が楽しめる
エノテカ・ワインバーでもあるトラットリアです。

外観は小さな小窓があるだけで、
入り口は重厚な木の扉。

中を開けてみれば、レンガがアクセントになっていて
まるでワインの蔵の中にいるような
そんな造りになっていました。

中2階にはきちんとワインセラーも。

テーブル席の椅子は、
ヨーロピアンな生地で装飾されていて、
気分はヨーロッパ! 

オーダーは

「チェントアンニ名物リゾットコロッケ」1000円
前菜、フォカッチャ、スープ付き

前菜はポテトのキッシュに甘く仕上げたカボチャ、
ローストビーフにサラダ。

キッシュはしっとりとした口あたりとパイ生地のバランスが
いい塩梅。

カボチャもうれしい甘みでした。

リゾットコロッケは、円すいの形で登場。

トマトソースの海にそそり立つ、
小島のようないでたちです。

ナイフを入れてみれば
中にはトマト風味のチーズリゾット。

サクッとした外側の衣としっとりライスの組み合わせが楽しい。

トマトソースを加えていただけば、
その酸味でさっぱりといただけます。

リゾットコロッケを切り分け、
衣をソースに浸して食べてみれば、
サクサクしっとりな食感に変化して、それも楽しい。

とはいえ、このボリューム。

結構食べ応えがあります。

前菜もしっかり、メインもしっかり。

食べたぞ~! と
実感できるランチでした。

CENTO ANNI 銀座
東京都中央区銀座7ノ12ノ5
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後6時~11時(金・土曜、祝前日は午前1時)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, December 08, 2008

くつろぎの空間。alphabet soupのスープコンボ

Sany0963渋谷です。

渋谷センター街を
ブラブラを歩き、

OUTBACKの先を
さらに歩いていくと、

ポチポチと
カフェらしい店が
あちこちに
並ぶエリアに
たどり着きます。

その中のひとつが

「alphabet soup」

スープが自慢のダイニングカフェです。

店内は木目とホワイトをベースに
キッチンカウンターとテーブル席、ソファ席。

モニターもあって、今日は無声で映画がながれていました。

どこか自分の家でくつろぐような、
そんな空気が流れている空間です。

オーダーは

「スープコンボ」1000円
パンまたはライス、サラダ、ピクルス、デリ1品、ドリンク付き

本日のスープは

「ジャガイモとキノコとベーコンのポタージュ」

カフェなのでワンプレートで出てくるのかな…と
思いきや、

大きな器にスープがどっしり。
別皿にピクルスとデリ、パンをのせてきてくれました。

いろいろなモノがのったお皿がいくつも並ぶのは、
それだけで食欲がそそられます。

スープの中はジャガイモがゴロリ。
キノコはシメジ、エリンギ、マイタケ。
ベーコンは細かく刻まれています。

ホワイトソースベースのポタージュは
クリーミーでしみじみとした味わい。

キノコの香り豊かな風味が加わって
なんともホッとする一品です。

今日のデリはカポナータ。
トマトでしんなりと煮込まれた野菜が
キリッと冷やされています。

ピクルスの多さにも感動! 

セロリやパプリカ、カブなど種類も豊富で、
その酸味はあれこれ食べるときのアクセントになっています。

コーヒーはお替りOKで、
ころあいを見計らって注ぎ足しに来てくれるのも
すてきな心配り。

いつまでものんびりとくつろいでいたい場所でした。

alphabet soup
東京都渋谷区宇田川町37ノ12、カザマビル
営業時間 正午~午前0時
(ランチは午後4時まで)。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, December 05, 2008

大きな口であんぐりと…。Mrs.HEART in the bayのニューヨーカーサンドウィッチ

Sany0967まるで
春の嵐のような
今日の昼どき。

こんなに
風の強い日は
ついつい、
海の側に
行ってみたくなる…。

そういえば、
ここにも
新しいレストランがオープンしていたような…。

と、思い立って向かったのは
横浜駅東口にある
横浜ベイクォーター。

その3階に先月オープンしたのが

「Mrs.HEART in the bay」

名古屋を本拠地にしているレストランです。

というより…。

「天使のババロア」という商品が人気で、
10月ごろから東京の銀座松坂屋で販売を開始。

横浜でも何ヶ所かで販売を開始。

そんなスイーツが先行しているところなのです。

そのレストラン部門は、
どうやらイメージは

ニューヨーク。

店内にはニューヨークのスカイスクレーバーのシルエット。

変形な形の店内なのですが、
その壁沿いに椅子を作り、
そこには「Chambell」プリントの背もたれ。

対面の椅子はイエローキャブのようなイエロー。

店の真ん中には大きなテーブルのカウンター感覚の席。

その席上にはバスタブがひっくり返ったようなランプシェード。

ここら辺りはハワイアンな店が多いので、
ちょっと異色といえば異色。

でも、居心地がいい空間です。

オーダーは

「ニューヨーカーサンドイッチ:
サラミとベジタブルサンドイッチ」980円

スープ、フレンチフライ、ピクルス付き

このサンドイッチ、とにかくデカイ! 

ニューヨークでよく食べた
「Hero Sandwitch」を思い出します。

厚みのあるバンズですが、
表面はしっかり、でも中は程よいふんわり具合で、
口あたりがうれしい。

サラミの程よい塩加減と脂身、
そこにピクルスの刺激とレタスのすっきり感が混ざり合い、

食べていてニコニコになるサンドイッチです。

フレンチフライもホクホクとしていてボリューム感あり。

付け合せのピクルスも大ぶりで、
こんなにたくさんピクルスを食べられる機会も
少ないなぁ…とちょっと感心。

夜の雰囲気もよさそうです。
あ。

でも天使のババロアでティータイムも楽しそうです。

Mrs.HEART in the bay
横浜市神奈川区金港町1ノ10、横浜ベイクォーター3階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後2時30分まで)

映画ウンチク
WALL.E
☆☆☆☆

お掃除ロボット・ウォーリー。
人間達は
汚染された地球から離れて
宇宙のクルーズに出かけてしまったまま
早700年。
その間、ウォーリーは一人
地球でゴミの回収をしています。
ウォーリーのバッテリーはソーラーなので、
こんなに長く動いている。
そんなある日。
空からイブというロボットがやってきた! 
一人ぼっちのウォーリーはうれしくって
うれしくって…。
イブのために何かしてあげようと
やさしい心使い。
人間は全然出てこないのかと思いきや、
こんなところで出てくるのか! とびっくり。
ロボットと人間の関係。
そして、ほとんど会話がない映画なのに
なぜか想いが伝わってくる不思議さ。
ウォーリーのやさしさを感じながら、
忘れていた何かを思い出せそうです。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, December 04, 2008

野菜の甘みを実感! 農家の台所の今日の野菜4倍日替わりランチ

081204_13250001久しぶりに
恵比寿です。

恵比寿には、
行ってみたい
店がいろいろあって、
ついつい
悩んでしまいます。

恵比寿駅西口から
左側の坂を
ちょっとだけ
上ったところに新しいオフィスビルが建っていました。

その1階にあるのが

「農家の台所」

国立にある野菜のレストラン「くにたちファーム」が
先月恵比寿にオープンしたのです。

土作りからこだわる全国の農家から仕入れた野菜が
たくさん食べられるレストランです。

入り口は、
なんと厨房の入り口のような雰囲気。

シルバーのそのドアを開けると
ヒヤッとした感触。

なんと野菜の販売をしているのです。
野菜の鮮度を保つため、冷蔵庫のようになっているのでした。

そこからもうひとつドアを開けると
レストランの空間が広がります。

2階までの吹き抜けの店内。
2階はロフトのようになっています。

天井からは各農家の生産者の
まるで選挙のようなポスターがズラリ。

どんな野菜が食べられるのか、ドキドキしてきます。

オーダーは

「今日の野菜4倍日替わりランチ」900円
五穀米、味噌汁、漬物付き

これにプラス380円でサラダバーも付けられます。

サラダバーは、
生の野菜がスティック状に並んでいて、
まさにスティックサラダを食べるような感覚。

野菜4倍日替わりランチというのは、
通常の料理の4倍は野菜を使っている…ということ。

本日の日替わりは

「豚バラ肉のトマトソース煮込み」

運ばれてきたのは、大きな白い皿に
ゴロリと豚バラ肉が1つ。
その周りにはキャベツがたっぷり。
カブやシメジも! 

そしてトマトソースの色合いの美しさ! 

豚バラ肉はほろりとほぐれるような煮込み具合。

口に入れれば豚肉の旨味が口中に広がります。

その旨味と甘み。

トマトソースの鮮やかな酸味ともぴったりです。

キャベツは今まで食べたことがないくらいの甘さ!
キャベツってこんなに甘いんだ…と、
目を見張ってしまいました。

そのキャベツとトマトの酸味が合わさると、
なんともいえない甘みが増してきて…。

五穀米はしっかりとした噛み応えで、
野菜をグッと受け止めてくれます。

大ぶりの器に入った味噌汁は、
ダイコンや芋がゴロゴロ。
ダイコンの葉まで入っていて、具だくさん。

その味わいもしみじみとしてきます。

珍しい野菜もたくさんあって、
まだまだ興味が尽きません。

体にいいごはん、また食べに行きたいです。

農家の台所
東京都渋谷区恵比寿南1ノ7ノ8、恵比寿サウスワン1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時30分~10時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, December 03, 2008

旨味の饗宴。横浜馬車道 吉田のAランチ

Sany0965昨日、
ランチを済ませた後、
馬車道に出ました。

すると、
7月にオープンした
店の入り口に
ランチメニューの
看板が…。

実は、
ずっとココが
気になっていたのですが、

ランチがあることもわかっていたものの、
料金などが書いておらず、

地下1階まで降りておきながら、
びっくりするような料金だとイヤだなぁ…と
思ってなかなか足を踏み入れることができませんでした。

しかし! 

そのビルの1階に「小肥羊」という
ラム肉の火鍋料理店が先週オープンしたこともあってか、
ランチメニューには、ちゃんと料金が表示されていたのです。

おお! 

これは行かねば、行かねば! と

再び横浜・関内でのランチとなりました。

「横浜馬車道 吉田」

豚肉料理の店です。

元阪神タイガースの吉田剛さんがオーナーで
大阪に店をオープン。

こちらの横浜の店は
吉田さんがプロデュースし、
これまた元横浜マリノスのJリーガー
遠藤彰弘さんがマネージャーとして切り盛りしているそうです。

地下1階に降りる前から黒を基調とした雰囲気で、
店内に入ってみても、やはり黒。

落ち着いた空間が広がっています。

カウンターや小上がり席、テーブル席といろいろあり、
そのときの要素に合わせて使い分けられそうな空間です。

オーダーは

「Aランチ」950円
ご飯、味噌汁、サラダ、お新香付き

メインは日替わりで本日は

「ヨーグルト豚の生姜焼きおろし和え」

ヨーグルト豚とは、
兵庫県三田で育てられたブランド豚で、
ヨーグルトの栄養価の高い飼料で
じっくり、すくすくと育った豚のこと。

生姜焼きは、厚めにカットされた豚肉がゴロゴロ。
そこにキャベツやタマネギ、ネギもたくさん。

豚肉は軽く小麦粉をまぶしてあり、
はじめの口あたりはとてもまろやか。

そしてすぐに豚肉のギュッとした食感。
そこからすぐにジュワッと肉汁と脂身が染み出てきます。

そのジューシーさと甘さ加減が絶妙! 

ほどよいショウガの味に加えて、
タマネギやネギ、キャベツの甘みが加わって、
しみじみと旨味が味わえます。

大根おろしと一緒にいただけば、
その甘みに加えてさっぱりとした味わいが加わります。

ヨーグルト豚、イケます。

夜はこの豚のしゃぶしゃぶもあり、ちょっと興味深い。

ランチではとんかつや自慢のカレーもあります。

思いのほかリーズナブルなランチだったので、
次回は自慢のカレーでも…。
いやいやほかの日替わりメニューも気になります。

そして、1階の火鍋の店も気になる…。

このビル、ちょっと目が離せません。

横浜馬車道 吉田
横浜市中区相生町4ノ76、ラタンビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、午後5時~11時

映画ウンチク
HAPPY FRIGHT
☆☆☆☆

ANAが全面協力の映画。
ホノルル便が空港から離陸するまで、
さまざまな人が動いていることがわかります。
以前ドキュメントでそういう人たちの
時間通りに出発するまでの
あわただしい時間の流れを見ましたが、
それを基本にちょっとドラマちっくに仕上げてあります。
こんな仕事をしている人たちもいるんだという新たな驚きと、
自分の仕事に対する責任感、
当たり前のことですが、真摯に受け止めたくなる映画です。
とはいえ、純粋に楽しめる映画でもあります。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Tuesday, December 02, 2008

ピロピロとサンマ。Via Toscanellaのベローチェ

Sany0963横浜・関内。

関内大通り沿いを
歩いていると、
相生通りとの角に
新しい店が
できていました。

それも
イタリアン。

ホワイトをベースにした
その辺りではちょっと雰囲気の違ったいでたちです。

「Via Toscanella(ヴィア・トスカネッラ)」

トスカーナ地方のイタリアンが楽しめるトラットリアです。

角っこに位置しているので、その部分を窓にして、
相生通り沿いも大きな窓。

開放感のある店内になっています。

オーダーは

「ベローチェ」950円
好きな一皿、ミニサラダ、自家製パン、カフェ付き

好きな一皿は3種のパスタ、サラダ、スープの料理の中から
1つ選ぶことができます。

悩んだ末、リグイネが食べたかったので

「リングイネ-サンマのガーリックソース フィネル風」に。

そういえば、今年はサンマを食べ損ねたなぁ…と
思いつつ、パスタを待ちます。

一口大にカットされたサンマが印象的。

ピロピロとした食感が心地いいリグイネ。

その細身なパスタにガーリックソースがいい具合に
絡み付いてきます。

サンマはサンマらしい風味で、
これがガーリックソースにぴったりとあっているのも不思議。

自家製パンはフォカッチャ。
こちらももっちりとした口当たりがいい塩梅。

パスタのソースをつけていただくのも楽しめます。

奥には洞窟のような造りの個室もあり。

イタリアンワインなども充実しているようなので、
ゆったりとしたディナーを楽しむのも
いいかもしれません。

Via Toscanella
横浜市中区相生町4ノ69
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時30分~11時。日曜定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, December 01, 2008

モチモチ生麺♪ La Squallの蒸し鶏のフォーセット

Sany0962有楽町・銀座界隈。

ふだんは、
あまり
立ち寄らないのですが、

今日、
ふと最近は
どうなっているんだろう
と思ってしまった
場所。

数寄屋橋近くにある

「GINZA5」

地下1階のグルメストリートに向かってみました。

ここには前からタイ料理の店があり、
その店構えが思い切り屋台の雰囲気だったのですが…。

今や、そのタイ料理の店をはじめ、
ベトナム、韓国、マレーシア料理の店が
やはり屋台スタイルで並んでいて、
思いっきりアジアの屋台が集まった雰囲気になっていました。

とはいえ、いろんな国の屋台が集まっているのは
日本にしかないとは思いますが、

それでもどこかのアジアの国に迷い込んだ気分になれます。

さてさて。

選んだのは

「La Squall(ラ・スコール)」

家庭的越南飯店。

ベトナムの家庭料理が楽しめる店です。

オーダーは

「蒸し鶏のフォーセット」900円
ハスのチマキ、サラダ付き

久しぶりのフォー! 

透き通ったスープは薄い塩味。

胡椒がアクセントになっています。

卓上にあるナンプラーや酢、チリソースを加えて
自分好みの味を作っていただきます。

ナンプラーの風味が加わって、アジアンテーストたっぷり。

フォーは生麺を使っているので、
ツルツル、そしてモチモチとした食感が楽しめます。

蒸し鶏はしっとりと、そしてモッチリ。

たっぷりの野菜は、パクチーにレタス、生モヤシ。
シャキシャキとした野菜とフォーの食感が
食べていて楽しくなってきます。

ハスのチマキはハスの葉を開けると
フワッとハスの香り。

モチモチのもち米の中には
豚を煮込んだ具が入っていました。

程よい醤油味が楽しめます。

メニューはほかにも
土鍋ごはんやカレーなどいろいろ。

とはいえ、
その他のアジアの屋台にも足を運んでみたいです。

GINZA5。

ちょっと目が離せません。

La Squall
東京都中央区銀座5丁目1番先、銀座5地下1階
営業時間 午前11時~午後11時(日曜、祝日は10時)
(ランチは午後5時:日曜、祝日は4時)

映画ウンチク
DEATH RACE
☆☆☆

アメリカ政府が崩壊した2012年(変にリアル…)。
プリズンも国ではなく民間が管理することに
なってしまった世界。
主人公イーゴルは、元レーサーで
今は工場で働く男。
しかし、その工場も今日で閉鎖。
そしてその日、謎の人物に妻が襲われ、
その罪がなぜか自分に着せられてしまった。
そして、入所したプリズンは…。
レースを開催しそれを放映している。
まさにDEATH RACE。
イーゴルをはめたのは誰なのか?
そして、結末は…。
ソコから抜け出すためには
人を蹴落としてでもレースに勝つ。
その追い詰められた状況と
そんなんだからこそ目覚める
友情と呼んでいいものかわからないけど、
ちょっとうれしくなる展開。
B級系ではあるけれど、
カーチェイスはハラハラドキドキします。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »