« October 2008 | Main | December 2008 »

Friday, November 28, 2008

あこがれのデリランチ。DEAN&DELUCAのスペシャルランチボックス

Sany0958品川に来ると、
どうしても
ついつい
立ち寄りたくなる

アトレ品川。

ニューヨークの
香りがぷんぷんする
このスポットは、
どこを歩いていても
なんだか
ワクワクとしてきます。

中でも2階に位置する、
ニューヨークグルメストア

「DEAN&DELUCA」

こちらのショーケースに並ぶ
デリの数々を見ていると、
そのボリューム感や
使っている食材に興味津々。

買って帰りたいものの、
少々お高めだったりして
ちょっと勇気のいるデリたちなのです。

でも。

実は平日のランチタイムになると、
このデリが選べるお得なメニューが登場します。

その名も

「スペシャルランチボックス」945円
ホットデリ2種、コールドデリ種、デザート付き

デリの種類も豊富にそろっているので、
これはかなり楽しい。

その日のスペシャルデリもあるので、
その組み合わせはかなりのものです。

本日選んだのは…。

「ラザニア」

本日のスペシャルメニューの
「ターキーとマッシュポテトのパイケース」

「インゲンと木の実のサラダ」

「キノコとアンティチョークのマリネ」

デザートは

「アップルタルト」でした。

昨日はThanks Givingだったこともあるのか、

スペシャルメニューがターキーだったのも、とてもらしい。

思わず、ターキー食べなきゃ! と選んでしまいました。

オーダーを済ませると、
ホットデリを温めてくれるのもうれしい。

名前を聞かれて、スペシャルボックスができあがると
呼ばれるので、それを持ってレジに向かいます。

ラザニアは、
通常こちらで販売しているのは10cmほどの厚みがありますが、
ランチボックス用はその1/3くらいのサイズ。

しっとりとしたひき肉の味わいとチーズ、パスタが
程よく絡み合っていい味わい。

あこがれのデリメニューのひとつでもあったので、
少し満足。

パイケースは、
ターキー独特のパサッとした食感に
マッシュポテトのまったりとした口当たりの組み合わせが絶妙!

間にアップルもはさんであるので、
その甘みも加わって、なんともアメリカらしい味。
サクサクとしたパイの食感も心地いいです。

インゲンはシャキシャキと元気がよく、
ローストしたアーモンドやクルミ、松の実と見事にマッチ。
香ばしくてまったりとした木の実とインゲンは
食べていて楽しい。

アンティチョークを食べるのも久しぶり。
酸味が強めのマリネでしたが、
シメジやマイタケとの相性もなかなかでした。

眺めてみれば、
まだまだ食べてみたいデリはいろいろ。

ランチタイムを利用して、
あれこれ試してみたいです。

DEAN&DELUCA
東京都港区港南2ノ18ノ1、アトレ品川2階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは平日の午後2時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Thursday, November 27, 2008

まろやか酸味のワンコイン。VEG TABLEのクリームチーズのトマトスパゲッティ

Sany0962Sany0963_4
横浜駅西口。

MORE’Sの裏手にある
雑居ビルの8階にオープンしたのが

「VEG TABLE」

あれこれ野菜がそろったイタリアンバールです。

8階に上がると、

ブラウンとシルバーをベースにした店内が広がります。

逆L字型のカウンターは、
手前がキッチン、短い方がドリンクカウンターとなっていて、
使い勝手がよさそうな造り。

そのカウンターにはスツールが3席ほどずつ、
ほかにテーブル席がそろっています。

窓からの景色は首都高を見下ろす形。

気持ちのいい風景が楽しめます。

店内はハウス系の音楽が流れて、ちょっとカフェ風。

オーダーは

「クリームチーズのトマトスパゲッティ」500円
スープ付き

プラス150円で
「サラダバー」が付きます

こちらのランチの基本はワンコインランチができること。

カフェっぽい雰囲気でパスタランチが食べれるのも
かなり魅力的です。

サラダを好きなだけ食べられるのが、かなりウレシイ。

スープは野菜たっぷりのミネストローネ風。

店名のとおりの野菜攻撃に、思わず顔がほころびます。

クリームチーズのトマトスパゲッティは、
クリームチーズの待ったり感と酸味、
そしてトマトの酸味がきいた
さっぱり濃厚な味わい。

パスタはジャストぴったりのアルデンテで、
その食感にパスターソースが合っています。

トッピングのバジルの味わいもアクセント。

クリームパスタながらも
さわやかな食後感が印象的です。

夜は首都高を走る車のテールランプの風景を
眺めることができ、
また違った雰囲気が楽しめそうです。

VEG TABLE
横浜市西区北幸1ノ1ノ2、共石横浜西口ビルディング8階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~午前0時(金・土曜、祝日は午前4時)
(ランチは月~金曜)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, November 26, 2008

バックパッカーな気分で…。HAWKERS(ホーカーズ)のチキンカリーセット

Sany0959本日
田町界隈に
出没中。

このあたりで
ランチというと、
ついつい
三田側に足を
向けていましたが、

今日は気分を変えて
芝浦口に
足を伸ばしてみました。

芝浦口から見えるのは、
正面にそそり立つマンション。

ウォーターフロント開発のマンションなどが
建ち並ぶようになったんだなぁと、ちょっとしみじみ。

そして、
駅周辺は片側に飲食店が並び、
新芝浦運河手前辺りでぷっつりと切れてしまいます。

この先にあるのかなぁ…と
思いながら橋を超えると…。

以前とは打って変わって飲食店が多い! 

カレー専門の店も多くてびっくり。
参鶏湯がおいしいという店のランチまであったり…。

そんな中、
ついつい目が入ってしまったのがココ。

トレストイン田町というホテルの横にある

「HAWKERS(ホーカーズ)」

カレー&ダイニングの店。
といっても、カレー専門の食べ処です。

ホーカーズとはシンガポールでいうところの屋台。

その店名のとおり、
店内はどこかの国にあるような雰囲気なのです。

決して高くない天井。

扉を開けると並んでいるのは長ーいテーブルが2つ。

このテーブルに片側5人ずつ、計20人が座れるようになっています。

右手にカウンターがあって、ここでオーダーをいい料金を払い
好きなテーブルについて待っているとメニューが運ばれてきます。

プラスチックの番号札もいい雰囲気。

店内には本棚があって、ここにはさまざまな国のガイドブックがズラリ。

これって、なんだか
アジアの国のドミトリーで食事をしてるような気分になってしまいます。

さて。

オーダーは

「チキンカリーセット」720円
サラダ、デザート付き

チキンカリーは南インド・ケララ地方のザラザラとしたカリーです。

ほかにも
タイのココナッツミルクたっぷりの赤いカリーや、
アイルランド・ダブリン式のバターたっぷりのポークカレーなども。

赤いカリーにも心引かれたものの、
メニュー名の後にある辛さ加減が、
チキンカリーが大辛だったのに目がいってしまい、
思わず「チキンカリーをセットで!」
とオーダーしてしまったのでした。

ナンプラーやチリパウダー、福神漬けがのった
テーブルに腰掛けて待ちます。

席についてキョロキョロしていると、
小ぶりの器に2つのカレーを添えている人たちを発見! 

…2つセットもあったのでした…。

あっちにしておけばよかったかなぁと思っているうちに、
チキンカリーが到着。

福神漬けをたっぷりとってから、

まずはカリーをひとなめ。

舌ではさまざまな複雑なスパイスの刺激が伝わり、
辛さが頭の後ろの方からドカンとやってきました。

刺激的でスパイシー。

クミンシードなどインドらしいスパイスもふんだんに使っていて、
その複雑さがなんとも味わい深いです。

チキンは小さくカットされていますが、
じっくりと煮込まれていてトロトロやわらかい。

うっかりチリパウダーをライスにパラリとかけていただけば、
辛さはもちろん倍増。

でも、その刺激は心地よくて、体がポカポカしてきます。

さすがに辛くしすぎちゃったかなぁと思いつつも完食。

デザートはコーヒーゼリーだったのですが、
その甘さがカレーのあとに、本当にぴったりでした。

2つのカリーでなく、じっくりとチキンカリーを味わえたのは
幸せだったかな…と、思ってしまったのでした。

サクサク食べて、さっさとでるような雰囲気もありますが、
なぜか落ち着いてしまうこの空間。

旅に出る気分でまた訪ねてみたいです。

芝浦…。

まだまだ散策のしがいがありそうです。

HAWKERS
東京都港区芝浦3ノ14ノ19
営業時間 午前11時30分~午後2時、午後6時~9時
土・日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, November 25, 2008

アツアツがうれしい♪ POCOLOCOの石焼タコライス

Sany0957またまた
赤坂見附界隈。

赤坂見附駅から
一ツ木通りまでは、
3本の道が
ほぼ平行になって
成り立っているのですが、

この界隈は
本当に飲食店が多い! 

赤坂といえば料亭…と考えてしまうこともありますが、
実はリーズナブルな店も多く
点在しているのです。

歩いていると、あっちもこっちも入ってみたい店が多く、
ちょっと悩んでしまうのですが、

今日はココに決めてみました。

一ツ木通りに向かう途中、
ビルの2階にある

「POCOLOCO」

手作りタコスと世界のビールの店です。

店内はアジアンテーストで、
ヤシの葉で作った屋根を模した雰囲気。

2~4人がけのテーブルが並ぶほか、
奥には個室感覚のスペースもあります。

オーダーは

「石焼タコライス」850円
ピクルス、スープ付き

タコライスはオリジナルチキンソースが特長。

チキンはひき肉ではなく、細かく刻んだ鶏肉で、
トマトソースにちょっとのチリソースを加えた
まろやかな味わいのソースになっています。

その上に卵の黄身、チーズがのります。

チキンソースの下にはキャベツ。

えびせんが添えてあるのもポイントです。

アッツアツの石鍋の中で、
これらを全部ザックザク混ぜ合わせていきます。

卵の黄身は縁に少し残しておいて、
熱を持ってから混ぜ合わせると
いい塩梅の焼き具合になってうれしい。

ライスと一体化したチキンソースは、
とにかくまろやか。
やさしい味わいです。

お好みで…と渡されていたのは、
ハーブソルト。

これをパラリパラリとかけていただけば、

そのハーブの香りがアクセントになって、
ピシッと引き締まった味になります。

世界のビールもいろいろ味わいたいです。

POCOLOCO
東京都港区赤坂3ノ20ノ9
営業時間 午前11時30分~午後2時、午後6時~午前0時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, November 21, 2008

秘密の(?)メニューかも…。Chai Fleurs(シェ・フルール)横濱のビジネスランチ

Sany0965Sany0966
いつも友人に誘われて、
ステキな
ランチコースを
いただいている
この店。

横浜駅西口の川沿いに近いところにある

「Chai Fleurs(シェ・フルール)横濱」

前菜とメイン、デザートにコーヒーと
ちょっと贅沢なランチを楽しんでいますが、

あるとき、こんなメニューがあることを知りました。

お一人ランチをしたいときには、
コースよりも普通のランチセットが食べたいなぁと
思っていたので、

これはぜひともオーダーしてみたい! 

ただ、
ここは本当に人気の店で、
予約をしてセレブなコースランチを楽しんでいる人が多く、

席が空いていないとなかなか食べる機会が
ないようなのです。

で、

今日はどうもこれをいただけるらしい…と、
前日の夜におじゃましたときに話をし、
では、
「行きますから! 」と、
酔っ払いながら約束していたようで…(苦笑)。

昨日の今日にうかがうのも、
ちょっと恥ずかしいなぁと思いながらも、
訪ねてしまったのでした。

オーダーは

「ビジネスランチ」1000円
サラダ、メイン、コーヒーまたは紅茶付き

本日のメインは

「ヤマユリポークのグリエ」

前菜がないかわりに登場するサラダ。

大きなお皿にたっぷりとのっていて、かなりウレシイ。

レタスなどはもちろん、
ルッコラなどの野菜も入っていて、
目が覚めるような感覚になります。

もちろん、食欲も一緒に目覚めます。

メインは豚肉のグリルなのですが、
鉄板で焼いてからオーブンでカラリと仕上げ、
それを食べやすい大きさにカット。

そこにこの店自慢の野菜たちが彩りよく並びます。

野菜は

カブ2種やダイコン、カボチャにカリフラワー、
ニンジン、インゲン、トマト、
そしてフライにしたシシトウ。

ヤマユリポークは、しっかりとした食感に
豚の旨味がかみ締めるほどに味わえます。

肉汁と脂身のバランスも絶妙。

マスタードソースのピリリとした味わいも
いいバランスでアクセントになっています。

その肉とカブを一緒に食べると、
ジューシーなカブの味わいと合わさって、
肉の旨味がさらにプラス。

それはダイコンと一緒に食べても、
カリフラワーと食べても、
もちろんカリッと揚がったシシトウと一緒に食べても
いい味わい。

野菜があればあるだけ、
さまざまな組み合わせの味が楽しめて、
食べているのが本当にウキウキとしてきます。

サラダのボリュームとメインの野菜たち。

たくさんの野菜がいただけるのは、本当に魅力的です。

美しい前菜の盛り合わせも本当に幸せな気分になれるので、
コースランチも捨てがたい。

またゆったりとコースランチをいただきたいです。

だけれども、
今日のような日は、こうしたメニューもうれしいのでした。

Chai Fleurs横濱
横浜市西区北幸2ノ12ノ26、Felice1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時30分~9時30分、
土・日曜、祝日=午前11時30分~午後3時、
午後5時30分~9時(土曜は9時30分)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, November 20, 2008

幸せを運ぶメニュー。S-Placeの天使の海老のフライ

Sany0967関内桜通りを
関内駅側から
進んで、

最初の角の所に、
新しい店が
オープンしていました。

10月10日に
オープンしたというココ。

「S-Place」

ダイニング&バーの店です。

入ってすぐに6・7人が座れる
バーカウンターがあり、
2人用のテーブル席が1つという、
こじんまりとした店内。

バーっぽいのですが、
ダイニングのほうがメインとのことで、
食事のメニューが満載の店です。

ランチメニューは、定番のものと
その日のスペシャルメニューがあります。

何度か店の前を通ってメニューをチェックしていたのですが、
スペシャルメニューのジャンルが結構豊富。

毎日違ったメニューが書かれていて、
なんとも興味をそそります。

今日のスペシャルは2つあり、
その中でもロールキャベツに興味を惹かれましたが、

まずは定番のメニューを食べてみようと、
こちらをオーダーしました。

「天使の海老のフライ」900円
ライスまたはパン、デザート、ドリンク付き

天使の海老というのは、
ニューカレドニア産のエビのこと。

なぜ天使のエビと呼ばれているかといえば、

ニューカレドニアは天国にいちばん近い国。

天国から生まれたもの=天使…という発想なのだそう。

このエビは殻がとても薄いので、
頭ごとバリバリと食べることができます。

さて。

やってきた天使のエビのフライは、
頭から尻尾まで付いた中くらいの大きさが2尾。

頭部分にナイフを入れて、口に入れてみます。

バリッとした香ばしい食感。

そして、エビ肉と味噌の味わいが
口の中に広がっていきます。

結構大きな頭なので、揚げたてのアッツアツを
口の中で転がしながら租借。

身の部分はプリッとした食感で、
なんとも幸せな気分。

このエビを食べると、なんだか幸福感に包まれそうです。

プレートにはサラダやペンネなどものっていて、
野菜がきちんと摂ることができるのもウレシイ。

すわり心地のいい高さのカウンターで、
ゆったりと食事ができるのもいい雰囲気。

隣では、
スペシャルランチのロールキャベツをオーダーしていて、
それもやっぱりなんだか心そそるできばえ。

そのほかのランチもぜひとも試してみたいです。

S-Place
横浜市中区常磐町3ノ27ノ2
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時30分~午前1時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, November 19, 2008

トロリととろけたチーズが魅力! MASON VEGAのラザニアランチ

081119_12310001081119_12180001
麹町周辺。

久しぶりに会った
仕事仲間と
ランチをすることに
なりました。

麹町から半蔵門方面へ。

その途中にあったのが

「MESON VEGA」

パエリヤが自慢のスペイン料理の店です。

店内はカーブした低めのカウンター席とテーブル席。

家庭的な雰囲気が印象的です。

オーダーは

「ラザニアランチ」980円
サラダ付き

ラザニアは大きく作っておいて、
オーダーごとに平皿に切り分けて、
チーズをたっぷりのせてオーブンへ。

できたてのアツアツがやってきます。

ホワイトソースとミートトソースを合わせたラザニアは、
まったりとボリューム感のある味わい。

チーズのコクもいいアクセントになっています。

一緒に持ってきてくれたホットソースは、
オリーブオイルに唐辛子を砕いて漬けたもの。

オリーブオイルのさわやかな風味と重なって、
ラザニアの味わいに深みが増します。

切り分けたラザニアは、
かなりの大きさ。

食べ終わるころには、かなりの満腹感。

パスタとチーズとソースを焼いた味わいを
近況報告を話しながら食べることができて、

ニコニコの楽しいランチタイムとになりました。

MESON VEGA
東京都千代田区平河町1ノノ10
営業時間 午前11時30分~午後3時30分、
午後5時30分~10時30分。日曜定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, November 18, 2008

ピーナッツの旨味♪ ジュンバタンメラのジュンバタンメラランチ・レディースプレート

Sany0960Sany0959

赤坂見附界隈。

たくさんの飲食店が並ぶこの周辺。

何を食べようかなぁ…と
周りを見回しながらランチどころを探していると、

突然にアジアめしが食べたいかも! 
モードになりました。

しかもインドネシア料理!

そんなワケでサクサクと向かった先は、
一ツ木通り沿いにある

「ジュンバタンメラ」

インドネシア・バリ料理が楽しめる店です。

地下1階に降りていくと、
バリの装飾品が飾られた、異空間に到着。

こちらの店ではステージもあり、
週末などはバリミュージックのライブなどもあるようです。

オーダーは

「ジュンバタンメラランチ・レディースプレート」750円
スープ、デザート、バリコーヒー付き

レディースプレートというのは、
こちらの通常メニューの中の何種類かが、
ポーションを小さく提供でき、
そのどれもが750円になっています。

ジュンバタンメラランチは日替わりランチなので、
あれこれおかずを食べたいときにぴったりのメニューなのです。

スープはウコンのスープで中には春雨。

キレイな黄色のスープは、
バリに漂う独特のスパイスが効いていて、
ハッと目がさめるような感覚になります。

プレートの真ん中にはライス。
その周りのおかずは、
チキンサテ、キャベツのココナッツソース和え、
チキンのトマトソース煮、
さつま揚げのようなテンペ。

チキンサテにはピーナッツソースがかかっていて、
これぞバリの味! といったところ。

キャベツは冷たくしっとり。

トマトソースのチキンは思いのほかさっぱり。

テンペは、回りはカリッ焼かれて、中は豆腐のような食感がおもしろい。

これらとライスを混ぜ混ぜしつつ、
バリのチリソース、サンバルをたっぷりつけていただけば、

さまざまなソースの味わいが混ざり合った、
深みのある味わいを満喫できます。

あれこれ組み合わせるのも楽しい。

デザートはフルーツのゼリーで、これまたさわやか。

バリコーヒーをちょっとづつすすりながら、
東南アジアに思いを馳せるのでした。

ジュンバタンメラ
東京都港区赤坂3ノ20ノ6、
パシフィックマークス赤坂見附地下1階
営業時間 午前11時~午後11時
(月~金曜は午後4時30分まで)
土・日曜、祝日=午前11時~午後2時30分、午後5時~11時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, November 17, 2008

弾力鶏肉とトロ~リ卵。かんない諸星の比内地鶏親子丼

Sany0958_2横浜・関内は、
ちょっと
目を離していると
あれこれ
新しい店が
オープンしていたり。

「お、ここは
今度行かなければ!」

と思う場所もいろいろ。

今日はその中のひとつ。

関内桜通りから相生町通りを越えてから
小さな路地を右折。

グリルサクライなどがある隠れた名店が並ぶこの店に
9月ごろにオープンした

「かんない諸星」

博多風水炊き鍋が自慢の小さな料理店です。

店内は黒を基調にカウンターに6席。
4人席テーブルが2つ。

隠れ家のような雰囲気です。

ランチは比内地鶏を使った親子丼と
日替わりランチの2つのみ。

もちろん注文は

「比内地鶏親子丼」800円
小鉢、味噌汁付き

こちらは限定10食です。

注文を受けるとシャッシャと鍋に火をかける音。

そうして運ばれてきたどんぶりは、
わっぱめしのような器で品のいい見た目。

木のふたを開けてみればトロ~リと半熟の卵が
器いっぱいに広がっています。

木のさじがついているのもうれしいところ。

すくって食べてみれば、
まずはその出汁のうまみにびっくり! 

基本の出汁に鶏の旨味が加わってなんともうれしい味わい。

醤油のバランスもいい塩梅。
甘みも抑えてあって、だからこそ出汁の味が生きています。

卵と出汁の組み合わせが絶妙です。

鶏肉はブリッとした弾力、そしてかみ締めるほどに
鶏肉の旨味が…。

小鉢はキュウリとマカロニのマヨネーズ和えですが、
こちらもひと手間かけてあり、
ハーブのさわやかな味わい。

夜メニューの自慢の鍋は、
白濁スープの水炊きですが、相当興味あり。

夜にもゆっくりと訪れたい店でした。

かんない諸星
横浜市中区相生町2ノ38
営業時間 正午~午後1時30分、
午後6時~11時
(ランチは月~金曜)。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Friday, November 14, 2008

ボリュームも肉も本格派! Hungry Tigerのランチハンバーグステーキ

Sany0949先日行こうと
思っていたのに、

思いのほか行列で
あっさりと
あきらめてしまった店。

今日も若干
待っている人も
いましたが、
それほど
待たないようなので、

ウキウキと行列に加わりました。

横浜駅西口、10月8日にリニューアルグランドオープンした
横浜モアーズ。

その8階に9月17日にオープンした

「Hungry Tiger」

ハンバーグとステーキの店です。

横浜の南側では、ハンバーグといえばココ! 

と思って育った人は多いのではないでしょうか?

ハンバーグとステーキの店といいましたが、

店名のところには

「ステーキとバーガー」と書いてあり、
ちょっとアメリカナイズされたところが満載です。

オープンは1969年。

もしかすると、記憶が確かならば、
以前のモアーズにもこの店、入っていたかも…。

カムバックオープンなのかもしれません。

8階のフロアはスタイリッシュな設計。

黒と赤をベースにした落ち着いた店内では、
ジューッと肉の焼きあがる音があちこちに聞こえてきます。

オーダーは

「ランチハンバーグステーキRセット」1200円
パンまたはライス、ドリンク付き

さて。

こちらのハンバーグ。

オーダーが終わってしばらくすると、
鉄板の下に引く木皿が運ばれてきます。

その前に大判の紙ナプキンを皿の下に引きます。

そしてしばらくするとアツアツの鉄板が。

この鉄板、なんと300℃以上。

その鉄板の上には、
厚さ4cmはあろうかのハンバーグ。
ころころのフットボール型のハンバーグです。

そう。

ここでは、最後の仕上げはテーブルの目の前で。

ハンバーグを縦に2つにカットし、
そのカットした表面を鉄板につけ、
そして特製ソースをかけてくれます。

この間、紙ナプキンは胸元まで引き上げて、
飛び散る油から身を守ります(笑)。

後は、自分の好みのタイミングで食べ始めます。

それにしてもハンバーグが大きい。

実は、このハンバーグ220g。

通常のハンバーグよりもかなり大きめです。

そして肉。

ふんわりとした仕上がりなのに、

ギュッギュッと肉が詰まっている感覚!

まさにひき肉オンリー100%ビーフのハンバーグです。

アッツアツのひき肉をいただく快感。

なにしろ食べ応えがあります。

鉄板の隅にある、
あめ色になるまで炒めたタマネギと一緒にいただくと

タマネギの甘みが加わっていい味わいになります。

特製ソースは甘すぎず
トロリとしながらもあっさりとした味わい。

ジャガイモは丸ごとでホクホク。
特製ソースとの相性もいいです。

食べ終わるころにはすっかりお腹は満足! 

待ったかいがありました。

ハンバーグなどを鉄板にのせて提供する店は、
どこに行っても人が待っていることが多いような気がします。

ハンバーグって、やはり人気が高いのだろうなぁと
しみじみ思ってしまいました。

Hungry Tiger
横浜市西区南幸1ノ3ノ1、横浜モアーズ8階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, November 13, 2008

こってりな鶏のダシ。たらふくまんまの白湯鶏拉麺

Sany0961先日、
ラーメン本を
パラパラと
見ていたら、

昼と夜では
形態が違う
ラーメン店を
「二毛作ラーメン」と
呼んで何店か紹介していました。

こういった店は3年くらい前からちょこちょこありましたが、
だんだん成熟してきたということでしょうか?

さて。

そんな二毛作な店の中で、
あきらかにもともとはラーメン店でない店を発見。

しかも、
その店の出すラーメンは鶏だしをじっくり煮込んだスープ。

白湯鶏(パージー)らしい…。

白湯鶏(パージー)といえば、
今はなき、相模原の葉月が夜メニューで出していたラーメン。

急激にそんなラーメンを食べたくなり、

向かった先は銀座・バーニーズニューヨーク。

4階レストラン街にある

「たらふくまんま」

このバーニーズニューヨークは、
ドアにはドアマンがちゃんといて、ドアを開けて招いてくれます。

いやぁ、ラーメンを食べるだけなんですけど…と
ちょっと恐縮しつつ4階へ。

ランチは限定50食で、かなりの人気。

午後1時には完売のメニューなのです。

12時30分ころに行ったのですが、
最後から4人目で、なんとかありつけることができました。

店内はカウンターに6席とテーブル席が2つの小さな店。

基本は博多料理を中心に、
日本の美味しい食材を楽しめます。

オーダーはもちろん、これ。

「白湯鶏拉麺(ぱいたんちきんらーめん)」950円

真っ白なスープのラーメン。

レンゲを入れてみるととろりとした感触。

ひと口飲んでみれば、こってりと濃厚な味わい。

とはいえ、鶏の旨味がギュッと凝縮されていて、
水炊きのスープをさらに煮込んで旨味を引き出した感覚です。

麺はストレートで博多の棒ラーメンな風貌。

スープがたっぷりと絡み付いて、
スルスル、ツルツルといただけます。

上のトッピングは揚げゴボウで、このカリカリ感が
麺の食感とスープのしっとり感と混ざり合って、いい感触。

チャーシューは鶏チャーシューで
これまたトロリとそしてしなやか。

半熟の卵もまったりといい味わいです。

こってり濃厚なのに、なぜか箸が止まらない。
スープも飲んでしまう…。

器の底には刻んだタマネギがあり、
これがシャキシャキとした食感で、うれしいアクセントになっています。

鶏っていい味わいだなぁと思える一品でした。

たらふくまんま
東京都中央区銀座6ノ8ノ7、交洵ビル4階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~午前1時。日曜定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, November 12, 2008

懐かしさの中のモッチリ加減。PASFEのランチセット

Sany0957銀座コリドー街。

間口の狭い店舗。

以前は
カレーショップ
だったのですが、

つい最近、
違う店に変わりました。

新橋よりの
コリドー街にオープンした

「PASFE」

生パスタの店です。

元々は大阪にある会社のレストランで、
フランチャイズ展開している店。

コリドー街にオープンしただけあり、
なんと深夜-というか、
明け方の4時までオープン。

パスタとワインを楽しむことができます。

店内は細長いカウンターに9席。

奥に2人がけの小さなテーブルがあります。

どちらかというと、立ち飲みイタリアンな感覚でしょうか。

オーダーは

「ランチセット」1000円
サラダ、ドリンク付き

パスタは4種類の中から選べます。

選んだのは

「昔ながらのナポリタン」

真っ赤なパスタに半熟ゆで卵の白とオレンジ色が鮮やか! 

生パスタは、想像通りのモッチリとした食感。

そこにケチャップベースのナポリタンの味が加わると
懐かしいような、そして新鮮な気分が味わえます。

パンチェッタも入っていて、その塩辛さもアクセント。

パプリカはシャキッと新鮮で甘い。

これもケチャップとの相性がいいです。

ゆで卵もまったりとした口あたりで、
味の変化が楽しめます。

ケチャップベースのソースはちょっとこってり。

でも、ナポリタンならば
粉チーズとタバスコをたっぷりかけたいもの。

粉チーズとタバスコの味が加わると
こってりソースの味もすっきりとした味に変化。

ナポリタンの醍醐味を満喫しました。

PASFE
東京都中央区銀座8ノ2ノ14
営業時間 午前11時30分~午前4時
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, November 11, 2008

オトコマエ気分? とん喜のロースかつ定食

080901_14160001本日銀座。

あれを食べようかな
と思いながら
歩いていたのですが、

なぜか
目に入るのは

「とんかつ」
「とんかつ」
「とんかつ」

の文字ばかり…。

銀座って結構とんかつの店が
多いんだ…と思いつつ、

もしかして、とんかつを欲している?

今日ってそんなに攻撃的な気分なのかしら…と
ちょっと首を傾げつつ、

赴くままに足を踏み入れてしまいました。

ソニー通り沿いにある

「とん喜」

もちろんとんかつの店です。

いざ
地下1階に足を踏み入れると…。

引き戸の向こうは満員な雰囲気。

しかも、
オール男性…。

ひゃあ~、ちょっと恥ずかしいかも…と
思うまもなく、
定員さんが引き戸を開けてくれました。

こうなったら攻撃的にランチです(笑)。

店内はカウンターとテーブル席。

カウンターの向こうには
キビキビと支持を出している店主と
働くスタッフたち。

こちらも姿勢を正したくなってきます。

注文は

「ロースかつ定食」900円
ライス、味噌汁、漬物付き

ドキドキしながら待っていたのですが、
以外にも店主はとても丁寧で優しい対応。

ダイコンおろしの器を渡しながら
「これ、ポン酢用ね」。

そう。
テーブルには普通のどろりとしたソースのほかポン酢も。

さっぱりと食べられるのです。

ジリジリと揚がる音を聞いているうちに
ロースかつが登場。

サックリと6つにカット。

その向こうにはてんこ盛りのキャベツ。

まずはとんかつだけがぶり。

サクッと気持ちのいい音! 
ギュッと感じられる肉の厚み。
そしてロースならではのあの脂身。

サクサクと口の中で踊るとんかつの心地いいこと! 

ダイコンおろしとポン酢でいただけば、
これまた本当にさっぱり。

ソースには洋辛子を添えて。
こちらもソースの甘みとコクが
しっかりととんかつを支えてくれています。

味噌汁はダイコン。
店主。ときどき味噌汁の味をチェックしながら、
うまい具合に味噌を継ぎ足しているようです。

てんこ盛りのキャベツはポン酢でさっぱりと。

それにしても多いなぁ、漬物もたっぷりだし、
思いのほか野菜をたくさん食べている気分…。

と思ったところで、

キャベツの下からポテトサラダが登場! 

この驚きとそしてシアワセ感。

ポテトサラダのしっとりとした味わいがうれしい時間帯でした。

モリモリガツガツ食べて、さっと出る。

闘争心をかきたてるにはいい感じの時間。
しかも、なんだか身を引き締めなきゃといった
感情まで芽生えてしまったひとときでした。

あ~、ドキドキした。

とん喜
東京都中央区銀座6ノ5ノ15、
銀座能楽堂飯島ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後5時~10時(土・日曜、祝日はランチのみ)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, November 10, 2008

医食同源な気分。金香楼の金香楼特製壺料理+麻婆豆腐

Sany0960Sany0961

通称「ハマスタ」。
横浜スタジアムから横浜中華街へ。

加賀警察署の前にあった
ちょっと華やかな店構えの中華料理店が
その構えはほとんど変わらないまま
新しい店になっていました。

10月25日にオープンした

「金香楼」

中華懐石が楽しめる店です。

中華街では初めての懐石料理が楽しめるところだそう。

中華料理を少しずつ、個々の皿でいただく
コース料理といったところでしょうか。

一方ランチは、
他の店と変わらずリーズナブルな料金で提供しています。

店内は水が流れる水宮席。
優雅な雰囲気が印象的です。

オーダーは

「金香楼特製壺料理+麻婆豆腐」700円
ライス、揚物、焼物、漬物、杏仁豆腐付き

壺料理というのは、
食材を小さな壺に入れて
そのまま大きな窯に入れて熱を加えたスープ料理。

壺焼きともいわれています。

ランチの壺焼きは
シイタケと鶏肉、ダイコンを加えたスープになっています。

背の高い壺の中に入ったスープ。

透き通ったスープの色がなんともすがすがしい。

八角などのスパイスに
ショウガやニンニク、貝柱などを加え、
そこに鶏肉やシイタケの旨味も加わった仕上がり。

そのなんとも滋味あふれる味わい。

鶏肉は骨付きで小ぶりにカットされているので食べやすい。

ダイコンはダイコンのシャキシャキとした食感が残る
火の通り具合。

シイタケもしみじみとした味わいです。

麻婆豆腐は醤油と唐辛子の味わいが際立っています。

ピリリとした辛さもいい塩梅。

ピリ辛の麻婆豆腐とさわやかなスープの組み合わせは
なんだかシアワセな気分になってきます。

もちろん麻婆豆腐はライスの上にのせてパクパク。

スープはたっぷりあって、
飲み切ってみればうれしいくらいの満腹感。

揚物は春巻き、焼物は豚足のマリネ風。

あれこれとおかずが多いのもかなりウレシイ。

中華街ランチのリーズナブルな満足感を
ゆったりと味わいました。

金香楼
横浜市中区山下町200
営業時間 午前11時30分~午後10時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, November 07, 2008

おかわりの楽しみ。ケララの風のランチミールス

Sany0956大森駅周辺。

この界隈は、
酉の市のある
鷲神社があったりと
この時期
にぎやかな雰囲気。

もちろん今日は
酉の市ではないので、
静かでしたが…

鷲神社のない側・西口側も商店街があり、
こちらも長い商店街で元気。

そんな商店街の一角にあるのが

「ケララの風」

南インド料理の店です。

今年の8月にオープン。

店内はカウンター席とテーブル席があり、
清潔感あふれる店内になっています。

夜は南インドの料理がいろいろ楽しめますが、
ランチは南インドの定食ミールスを味わうことができます。

メニューはこのひとつだけ。

「ランチミールス」1000円
コーヒーまたはチャイ付き

長方形の皿の上に並ぶ、数々の小さなカップ。

本日のその中身は

「サンバル」-南インドを代表する酸味の効いた野菜のスパイス煮込み
「ラッサム」-南インドを代表する胡椒の効いたスープ状のおかず
「ダール」-やさしい味の豆カレー
「パイナップルのカーラン」-未熟バナナのスパイシーなヨーグルトカリー
「アヴィヤル」-ミックス野菜のココナッツ、ヨーグルト和え
「エリセリ」-カボチャと豆のフライドココナッツ風味
「カブのトーレン」-キャベツと削りココナッツの炒め物
「パパダム」-豆粉でできたインド版せんべい
「ライス」-インディカ種

お皿にずらりと並んだおかずとライス、パパダムは、
好きなだけお替りすることができるのです。

サンバルには冬瓜、ニンジン、タマネギ、オクラ、ナス、トマトが
入っています。
このスープは、酸味が効きながらもピリリと辛い。

ラッサムも酸味が効いています。

ダールはライスにかかっているのですが、
豆のこってり感が感じられます。

この上にカリーをかけていただきます。

パイナップルのカーランは、
パイナップルの甘酸っぱい味わいがポイントで、
不思議とはまる味わい。
ちゃんとおかずになっています。

アヴィヤルはココナッツの味わいがかなり効いている味わい。

エリセリはこの中ではいちばんカリーらしい味わいで、
カボチャのホックリとした風味がきめて。

トーレンは、刺激的なスパイスがアクセントになっていて、
これとエリセリを合わせて食べるといい塩梅です。

それぞれを味わった後は、
ラッサムをライスの上にかけてから
それぞれのおかずを掛け合わせて、
混ぜ混ぜして食べるのも楽しい。

そして、インド版せんべいのパパダムは
焼きたてでパリパリとした食感がハマります。

こうして食べていると、なんだかお腹はいっぱいになるのですが、
ついついおかわりをしてしまいたくなるもの。

カリーをお替りして、ライスを少し足してもらい、
もちろんパパダムもリクエスト。

こうしてお腹いっぱいになるまでエンドレスな勢いで食べるのは、
なんだか、現地の食べ方のようで、
より楽しくなってきます。

ミールスで楽しむランチ。

内容はいろいろ変わるようなので、
また違うおかずのときに食べに行ってみたいです。

ケララの風
東京都大田区山王3ノ1ノ10
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後6時~10時。火曜定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, November 06, 2008

野菜・ヤサイ・やさい! YAFFA ORGANIC CAFEの有機野菜のスープランチ

Sany0953渋谷から
恵比寿寄りの

新南口方面に
いたので、

その辺りで
ランチをしようと

ブラブラと散策。

東急ステイという
ホテルの1階に、
気持ちのよさそうなテラスを発見。

「YAFFA ORGANIC CAFE」

オーガニック野菜を使ったカフェです。

実はこの店。

原宿にあったのですが、先週の月曜日から
こちらで改めてオープンしたばかり。

ホワイトを基調とした店内とテラスは、
本当に居心地のいい空間になっています。

オーダーは

「有機野菜のスープランチ」1100円
具だくさんスープ、デリ、フォカッチャ、
オーガニックコーヒーまたは紅茶付き

本日のスープはトマトベースのミネストローネ。

大きなボウルでやってきたスープには、
ニンジン、タマネギ、キャベツ、パプリカ、ナス、インゲン、
セロリ、ズッキーニと
本当に野菜がたくさん! 

これを細かくさいの目にカットして、
じっくりと煮込んでトマトスープになじませてあります。

このトマトスープが、本当に体にやさしいなぁと感じる味わい。
それぞれの野菜もくったりと煮込まれていて、
スルリとお腹に入っていきます。

フォカッチャもオーガニックでモッチリとした味わい。
この食感がスープとぴったり。

豆を使ったデリも、かみ締めるほどに味が出てきます。

サラダもあるので、本当に野菜を食べてるなぁと
実感できるランチです。

最後にオーガニックコーヒーをいただいたのですが、
砂糖もオーガニックだったのにはびっくり。

徹底して体にやさしい食材を提供する。

その変わらぬ姿勢に感動です。

オーガニックパスタランチなども楽しんでみたいです。

YAFFA ORGANIC CAFE
東京都渋谷区渋谷3ノ27ノ5、東急ステイ1階
営業時間 午前11時30分~午前0時
(ランチは午後3時まで)。日曜定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, November 05, 2008

やさしいランチ。Dear.SOUPのミニスープごはんとSサイズセット

Sany0951東京は
丸の内界隈に。

この辺りは、
路面に食べ処は
あまりありませんが、

オフィスビルの
地下1階に
一歩踏み込めば、
さまざまな
ランチ処が
そろっています。

本日は新東京ビルに行ってみました。

スタイリッシュな雰囲気のこのビルの地下1階。

どこにしようかと悩んだ挙句、
懐かしい名前を見つけてしまいました。

「Dear.SOUP」

無添加・保存料なしのスープが楽しめる店です。

元々このブランド。
インターネット通販で見つけた店。

たくさんの野菜を使ったスープがたくさんあって、
あれもこれも食べてみたいと思い、
ちょくちょく利用していたのです。

たぶん、スープが主役として活躍するごはんの
最初の店だったのではないかと思います。

店舗ができても、
家で美味しく食べるからと、
あまり利用していなかったのですが、

ここのところ、通販を利用していなかったので、
一挙に懐かしさが増して、
店に入ってしまいました。

カウンターでオーダーをして料金を払い、
テーブルで待っていると
オーダーしたものがやってきます。

オーダーは

「ミニスープごはんとSサイズセット」800円
2種のスープ、サラダ付き

スープは

「温善美 野菜カレースープ」

「ペンネ入りポテトグラタンのせ粒粒コーンスープ」

カレースープは発芽米と一緒にいただきます。

まずはコーンスープ。

トロ~リとしたスープに粒粒のコーンがいっぱい!
コーンの甘みがたっぷりときいた味わいです。

真ん中に浮かんでいるのが
ペンネが入ったポテトグラタン。

ペンネの食感が心地よく、やさしい味わいがしてきます。

これとコーンスープの組み合わせはいい塩梅。

カレースープは、
スパイスがきいたやさしい辛さのスープ。

野菜はレンコンやニンジン、ジャガイモがゴロゴロ。

スパイシーな味わいと発芽米のほのかな甘さが
しみじみとした味覚になっています。

2つのスープが楽しめるお得なセット。

寒い季節になると、やっぱりスープランチは偉大です。

Dear.SOUP
東京都千代田区丸の内3ノ3ノ1
営業時間 午前11時30分~午後9時(土・日曜は午後5時30分)

映画ウンチク
ハンサム☆スーツ
☆☆☆☆

鈴木おさむ脚本の映画。
とにかく
谷原章介のあの抜けっぷりの演技が見もの! 
塚地がハンサムスーツを着て谷原になる…。
ということは分かっていたものの、
実はほかにもまだまだ、意外なことが盛りだくさん。
「え?この人が?」
という人が、本当に一瞬登場。
ついつい大声で笑ってしまいます。
コメディ映画ではありますが、
大きなシアワセと小さなシアワセの価値観。
毎日の自分のシアワセってなんだろうって
考えてしまうところもあります。

いやぁ、それにしても。
この映画の主題歌が「My Revolution」。
ちょっとせつなくなりました。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, November 04, 2008

クリーミーなインド。MOSHLAのカレーうどん

Sany0949横浜・関内。

馬車道から
勝烈庵のある
通りに入り、

最初の角にあった
イタリアンの店が
いつの間にか
違う店に
変わっていました。

「Spice Bar MOSHULA」

インド料理の店です。

とはいうものの、

なんと、

いちばんのウリはカレーうどん! 

インド人が作るカレーに
かつおだしと醤油からとるかえしをつかった
だし汁に合わせた
カレーうどんだそう。

そうかといって、
ちゃんとインドカレーもあるし、
タンドリーチキンもあるし、ナンもある。

ちょっと不思議な新しい感覚の店なのです。

店内は、前店と同じ造りで、
半地下とロフトのフロア。

キッチンはロフト部分にあります。

キッチンではバングラディッシュ出身のシェフ。

そんなわけでオーダーは

「カレーうどん」850円
小サフランライス付き

やってきたカレーうどんは、
クリーミーなイエローのスープ。

ひと口飲んでみると、
ミルキーなインドカレーの味わいと、
どこか懐かしい日本の旨味。

タマネギはあめ色になるまでじっくり炒めてあります。

そんな甘みとトロンと煮込まれた牛肉もいい塩梅。

そして、インドカレーの店で食べるうどんは、

表面がつるんつるんな透明感にあふれ、
そしてコシのある弾力。

ツルツルシコシコの食感! 

そのうどんにインドカレーが程よく絡みつくのもいい。

カレーの旨味が広がります。

のど越しに辛味を感じられるのが、
普通のカレーうどんとはちょっと違うかも…。

インドと日本の組み合わせの新しさ。

うどんを食べきったら、
サフランライスを投入。

すると、
同じカレーなのに、違う味わいになっていました。

というか、
やっぱり、よりインドカレーに近づくというか…。

カレーを何で食べるかによって、
スパイスの味わい方が変わるんだなぁと
ちょっとしみじみしてしまいました。

普通のインドカレーも辛さの調節ができたり、
実は本当に本格的。

ナンもおいしそうなので、
正統派も試してみたいです。

Spice Bar MOSHULA
横浜市中区常磐町5ノ66、プランタンビル1階
営業時間 午前11時~午後3時、午後5時~11時
第3日曜定休(ほかの日曜はランチのみ)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »