« September 2008 | Main | November 2008 »

Friday, October 31, 2008

ジュワッとポークの肉汁。Hamburg Willのプレーンハンバーグ

Sany0954Sany0955
新宿辺りでランチ。

何とはなしに、
向かったのは、
新宿御苑方面。

御苑沿いの道から新宿通りに向かう、
その途中の路地で見つけたのが、

「Hamburg Will」

ハンバーグ専門店です。

扱うハンバーグは、岩手県産の岩中ポーク。
銘柄豚を使ったハンバーグが楽しめます。

しかも、
豚肉のロース、バラ、ハラミ、ホホ肉を
それぞれの特色に合わせてミンチに。
そこにタマネギを加えて、
ショウガなどをつなぎにして良く練って下ごしらえしてあります。

そして、注文を受けると
パンパンと両手でこねて鉄板へ。

絶妙なタイミングで焼き上げたハンバーグが目の前にやってきます。

さて。

オーダーは

「プレーンハンバーグ」1000円
スープ、ライスまたはブレッド付き

温泉卵は無料で希望者に付けてくれます。

ソースは
デミグラスソース、クリームマスタード、柚子胡椒ソースの
3つの中から選べます。

もちろんさっぱりといきたかったので、

柚子胡椒ソース

をチョイスしました。

柚子胡椒ソースは柚子の香りと唐辛子の辛さがポイントのソースです。

スープはカボチャのポタージュ。

ブイヨンと程よくカボチャが合わさって、
甘すぎず、おかず的なスープ。

ちょっと食欲が増してきます。

登場したハンバーグは、

コロンとまん丸。
しかも分厚い。

この厚みを中までちょうどいい具合に焼き上げるのは、
シェフの腕の見せどころかもしれません。

ハンバーグの下にはレンズ豆。
上にはタマネギのザワークラフトがのっています。

ソースをかける前に、
まずはハンバーグだけを…。

ナイフを入れたとたんに滴る肉汁。

口に入れれば、ジュワッと広がる豚肉の旨味。

柚子胡椒ソースをかけていただけば、
柚子の香りとピリッとした辛味がきいて、
さっぱり、でも刺激的にいただけます。

レンズ豆やタマネギと一緒に食べるのも、
なかなかいい塩梅。

半分は柚子胡椒のみでシンプルにいただき、
残りの半分は、
温泉卵を崩してぱくり。

柚子胡椒と温泉卵って合うのかしら…と
思っていたのですが、

これが思いのほかぴったり。

柚子胡椒のキリッとした味わいに
卵の黄身や白身のまろやかさが加われば、
口の中はまったり。

豚肉の旨味も包み込まれるような味わいになります。

豚肉のハンバーグ。
これって結構ハマる味わいです。

Hamburg Will
東京都新宿区新宿1ノ3ノ8、YKB新宿御苑101
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時30分~9時。月曜定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Thursday, October 30, 2008

厚いロースの魅力。ゆかりの豚平焼きランチ

Sany0950ここのところ
横浜駅が
きれいになり、

相乗効果というか、
駅周辺の
ファッションビルも
次々と
リノベート。

駅ビルといえば、
シァルですが、

そういえばシァルのレストランフロアには
最近行っていないなぁと思い立ち、

6階に足を向けてみました。

こちらは昨年くらいに何店かお店が入れ替わったのですが、
まだまだスタイリッシュな雰囲気。

そんな中、

唐突にソースやマヨネーズの味が恋しくなり、
思わず即効で入店してしまいました。

「ゆかり」

お好み焼きの店です。

本店は大阪。
創業は1953年。
50年以上の歴史を持つ店なのです。

関東圏内では、横浜のほかに秋葉原、
そして越谷の3店のみ。

大阪の味を存分に楽しもうと、オーダーしたのは、

「豚平焼きランチ」850円
おにぎり、厚焼き玉子、漬物、味噌汁付き

豚平焼きは、
豚ロース肉120gを卵で包み、
特製の生地で巻き上げるように焼いたもの。

お好み焼きは目の前で仕上げてくれますが、
この豚平焼きはできあがりを持ってきてくれます。

ロース肉は厚めの1枚肉。
そのボリュームにちょっとびっくり。

お箸で食べようと思いましたが、
この肉を切るために、ヘラを使うことにしました。

このヘラが変わっていて、
片方がフォークのようになっているのです。

なので、ヘラで切ってからフォークのようになっているところで
豚平焼きをすくって食べればOK。

ヘラで食べるのがとても簡単にできました。

豚肉はギュッとかみ締めがいのある肉質。
そのまわりにはトロ~リ半熟仕上がりの卵。
その周りはお好み焼きの生地がしっとりとまとわりついて、
なんともそのバランスがいい塩梅。

お好みソースの上からケチャップとマヨネーズがかかっていて、
この3つのソースの混ざり合いがまた…。

甘くてほんのり酸味があって、
ソースの旨味、ケチャップの旨味、マヨネーズの旨味。
思わず顔がほころんでしまいます。

この豚平焼きにはごはんがぴったり。

おにぎりがあるのがうれしい限りです。

窓際のテーブルはカップル席になっていて、
窓に向かって席が作られています。

そして、その窓側にスタッフが回りこんで
お好み焼きを焼いてくれます。

横浜東口の風景を眺めながらの大阪の味。

なかなかハマりそうなシチュエーションでした。

ゆかり
横浜市西区南幸1ノ1ノ1、横浜シァル6階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後3時まで)

映画ウンチク
EVERY LITTLE STEP
ブロードウェイ♪ブロードウェイ
コーラスラインにかける夢
☆☆☆☆☆

ブロードウェイミュージカルの人気の作品、
コーラスライン。
数年前に再上演されるにあたって、
そのオーディション風景を記録していった映画。
作家のマイケル・ベネッサがどのようにして
この作品を作り上げたか、
1970年ころの映像もあわせながら進んでいきます。
そもそもコーラスラインは、
ブロードウェイでのオーデションしていくダンサーたちの物語。
実際にダンサーの話を聞いて作品を作り上げたんだそう。
現実がそのまんまコーラスラインの内容で、
観ているだけでゾクゾクしてきます。
あんなにもたくさんの人がオーディションを受け、
その夢をかなえるためにニューヨークにとどまる…。
そのひたむきさに心打たれます。
ニューヨーク熱高まります。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, October 29, 2008

シイタケの出汁がきめて! だんだんのワンコインランチ

081029_13380001横浜駅周辺。

今日は本当は
西口のある
レストランに
行ってみようと
思っていたのですが…。

オープンして約1ヶ月。

もともと人気の高い
横浜ブランドの店なので、
仕方ないのですが、
とにかくめちゃめちゃの混みよう。

これは仕方ないと、また次回にすることにしました。

そうなると、さて。
どこでランチをしようか…。

久しぶりに鶴屋町辺りに向かって歩いてみることに。

すると…。

「ワンコイン」の
文字を
目にしてしまいました。

久々に
ワンコインランチでもしようかと向かった先は、

環状1号線沿いのビルの6階にある

「だんだん」

北海道海鮮炙り焼きの店です。

ジンギスカンを中心とした料理が楽しめます。

カウンターとテーブル席の店内。

カウンターの目の前には七輪が用意されています。

ランチタイムは、入り口の食券販売機で食券を購入。

残念ながら、親子丼が売切れてしまっていたので

「カニ肉入りあんかけチャーハン」500円
豚汁、漬物、揚げシュウマイ付き

餡がかかったチャーハンは、しっとり。

それでいて卵が焼けた香ばしさが口の中に広がります。

シイタケの出汁がしっかりと聞いているので、
その旨味がなんとも心を動かされます。

カニ肉も少しながらもちゃんと味が出ています。

海草のクキクキとした食感もいい塩梅。

豆腐も入っているのもちょっとウレシイ。

食べ進むうちに、あんかけのおかげで
なんだかお腹が満腹な雰囲気。

あっさりしていて食べやすく、
ついついパクパクいってしまうのでした。

豚汁はダイコンやニンジンなど野菜がたっぷり。

ワンコインながら、結構満足できるランチでした。

次回はウワサの親子丼も
試してみたいものです。

だんだん
横浜市西区鶴屋町2ノ19、山本ビル6階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後6時~11時
土曜=午後5時~11時(日曜、祝日は10時)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, October 28, 2008

しみじみ味わう。札幌DOMINICAのオリジナル野菜カリー

081023_18360001ちょっと
肌寒くなってくると

なんて言ってますが、

暑いときもやっぱり
汗をかこう! 

という理由で
ついついメニューに
選んでしまうもの。

どちらの季節にもぴったりのメニュー…
といえば。

久しぶりにスープカリーでも食べようか…と、

訪ねたのは、

銀座1丁目と京橋の中間あたりにある

「札幌DOMINICA」

スープカリー専門店です。

札幌からやってきたスープカリー専門店のうちのひとつ。

ビルの2階にあり、
テーブル席は3つほど。
カウンターが8席ほどの小さな店です。

木のぬくもりが居心地のいい空間になっています。

こちらのスープカリーは、
オリジナルの黄色いカリー、
トマトベースの赤いカリー、
とんこつベースの黒いカリーの3種類のスープがベース。

スープとトッピングベースを選び、辛さを選びます。

オーダーは

「オリジナル野菜カリー」950円
サラダ付き

辛さは激辛の5番。

野菜はすべて素揚げされているのですが、
その野菜の数ときたら! 

ピーマン、ナス、アスパラ、レンコン、オクラ、ニンジン、
ジャガイモ、ブロッコリー、タマネギ、シイタケ、シメジ、
水菜、カボチャ、ヤングコーンの14種類。

シイタケとタマネギは串に刺してあって、
タマネギの甘さを引き出していたり、
シイタケの風味を一層感じられたりと
ひと工夫してあるのです。

スープは豚ガラ、鶏ガラ、野菜からとった洋風ブイヨンに
和出汁を加え、スパイスをブレンドしたもの。

これがなんとも素直な味わいで、
しみじみとしてきます。

ピーマンは甘く、アスパラはシャキッと、
レンコンはシャキシャキ、オクラはねっとり・・・と
野菜の旨味もそれぞれ出ていて、

野菜を食べるのもとても楽しい。

あっさりとしながらもピリピリとしたカレースパイスの味を
最後まで楽しめました。

トマトやとんこつのスープも試してみたいです。

札幌DOMINICA
東京都中央区京橋3ノ4ノ1、TM銀座ビル2階
営業時間 午前11時~午後3時、午後5時~午前1時、
土・日曜、祝日=午前11時~午後9時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, October 27, 2008

お外ランチの気持ちよさ。Vegikoの無添加ランチ

Sany0959

気持ちのいい
秋晴れ。

こんな日は、
なんだか
とっても
お散歩気分に
なってしまいます。

友人と
ランチの約束を
していたので、
せっかくだから、その友人の家の近くでもある

中目黒に行ってみたくなりました。

目黒川の川沿いがなんだかとっても気持ちよさそう…。

中目黒駅から川に向かい、橋を渡った側の通りが
目黒川並木通り。

住宅街でありながら、
路面にはセレクトショップやスタイリッシュな飲み屋さんなどが
そこここにあって、不思議な楽しさがあります。

川沿いは桜並木で、
今は紅葉の一歩手前で、まだまだ緑の葉っぱが残り、
太陽の木漏れ日がなんだか気持ちがいい。

さて。

どんなところでランチをしようかと、
歩いていると、緑橋の手前に、ヴェンダーを発見。

ヴェンダーというか、移動販売の車なのですが…。

とにかくその車から、なんともいい香りが…。

しかも、結構な行列ができていて、
一挙にこの店でランチを買って川沿いに座って食べよう! 
という気になってしまいました。

「Vegiko」

玄米と野菜が自慢の移動販売車。

もともとは神奈川県の鵠沼海岸。
そこから
中目黒をはじめ、横浜、六本木などに車を走らせています。

ここ中目黒は、なんと毎週月曜日のみ。
10月から始めたらしく、今日で3回目。

メニューは毎週変わるようです。

本日は

「スパイシーメキシカン丼(レギュラーサイズ)」650円
サラダ付き

サラダは大豆とキュウリのサラダです。

さらに、初めて利用した人にはサービスとして、スープのサービスも!

スープは

「かぼちゃのポタージュ」

とってもお得な気分になれました。

BOXを受け取り、
川沿いにある腰掛スポットに場所を取り、

さっそくランチです。

スパイシーメキシカン丼は、
スパイスとハーブをふんだんに使い、
ひき肉とピーマンを炒めたもの。

このハーブがとてもさわやかな刺激。
スパイシーさ加減もいい塩梅で、
ひき肉やピーマンとも絶妙なバランスを保っています。

水菜が付け合わされていて、
この水菜のシャキシャキとした食感もいいアクセント。

大豆はしっとりキュウリもシャキシャキ。

そして玄米は100%玄米なのですが、
これがもっちりとした炊き上がりで、
もちもち食感とひき肉&ピーマンとの相性がぴったりなのです。

かぼちゃのポタージュは、手作り感が満載で、
ほんのりと自然の甘みが伝わってきて、
思わずしみじみとした気分になってしまいます。

川のそばで食べるお外ランチ。

こういったヴェンダーでテイクアウトして、
気に入った場所でランチする感覚。

ちょっとだけ、ニューヨークのヴェンダーを思い出してしまいました。

目黒川に近い移動販売車。

そのロケーションがうらやましくなりました。

来週のメニューも気になります。

ちなみに横浜は横浜ビジネスパークや元町。
六本木はテレビ朝日の屋台村に出店しているようです。

Vegiko
東急東横線・中目黒駅から徒歩5分
目黒川並木通り緑橋手前
営業時間 午前11時30分~午後2時
(この場所は月曜のみ)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, October 24, 2008

サクッとそしてとろける…。牛かつ松坂のメンチかつ+ごはんセット

Sany0956いつの時代も
スタイリッシュで
おしゃれな街
銀座。

その一方で、
ちょっと脇をのぞくと、
昭和からそれ以前の
香りがぷんぷんと
香る場所もあります。

晴海通りを行って、
中央通りを超えたところにあるのが

三原橋地下街。

ここは広い晴海通りの端と端をつなぐ小さな地下街。

映画館があるのですが、
そのほかはまるで高架下のような飲食店が並んでいます。

その中のひとつがココ。

「牛かつ 松坂」

メンチカツやコロッケなど、B級グルメな味が味わえるところ。

でも。

店名のとおり、こちらでは松坂牛を使ったソレが楽しめるのです。

というのも、
こちらは松坂牛を使った焼肉割烹 松坂の直営店。

あちらの高級店とは対照的に、
庶民的に松坂牛が楽しめるのです。

しかも! 

こちらの料金も泣けてきます。

ランチメニューはありますが、
メンチカツや牛かつ、コロッケなどを
ごはんセットと組み合わせていきます。

注文は

「メンチかつ」250円
「ごはんセット」350円
ごはん、スープ、漬物付き

ステキすぎです。

注文が入るごとに揚げる揚物たち。

深皿にたっぷりの千切りキャベツが入って、
その上に揚げたてのアッツアツのメンチかつがころりとのっています。

卓上のソースをかけまわして、
早速ひと口。

箸を入れれば、サクッとした音とともに、
中から肉汁がジワジワと染み出してくるひき肉がお目見え。

口に入れれば、
サクサクとした衣に対して、肉は牛肉の旨味を残しながら
ふんわりととろけていきます。

サクサクトロトロ。

ひき肉のほかにわずかにくずきりやニンジンが入っていて、
それがほどよい食感になっていて、これまたいい塩梅。

キャベツもたっぷり食べられて、
そして1個のメンチカツに大満足。

こちらの店は、
L字型のカウンターで8席。
お店の人も片付けるときは、わざわざ外からまわってきて、
引き戸を開けて客側からお皿を下げるくらいの大きさです。

夜は二度づけ禁止の串揚げなどもあります。

牛かつでビールな夜も過ごしてみたいです。

牛かつ 松坂
東京都中央区銀座5ノ10ノ2
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~9時30分(土曜は9時)。日曜、祝日、第1・2土曜定休
(ランチは月~金曜のみ)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, October 23, 2008

ハマる独特のスパイス!Carrife by ETHIOPIAのインド風カリーセット

Sany0948Sany0949

Sany0947
神田という街には、有名なカレーショップが
いろいろ点在しています。

その中でも名が知られているのが、
神田エチオピア。

たくさんのスパイスを使って仕上げたここのカリーは、
独特な風味が漂って、
その薬膳的な、それでいて食欲をそそるような香りが
なんともいえず、心くすぐる味わいなのです。

そのエチオピアがプロデュースしているのが、

横浜ベイクォーター3階にある

「Carrife(カリフェ)

カフェスタイルのカレーショップです。

場所はメイン広場に面していて、
太陽サンサン降り注ぐ気持ちのいいエリア。

店内はホワイト基調にテーブルが並んでいます。

キッチン前には高めのカウンター席。

のんびりとお茶を楽しめるような雰囲気です。

オーダーは

「インド風カリーセット」980円
サラダ、十五穀米、自家製ヨーグルト付き

インド風カリーは
チキンカリーまたは野菜カリーから選べます

選んだのは

「野菜カリー」

こちらのカリーは辛さ調整ができ、
0~70倍まで選べます。

70倍…。

ちなみに0倍は普通の中辛。
3倍くらいで普通の辛口だそう。

考えた末、ちょっと中途半端な
20倍をピックアップしてみました。

出されるディッシュもスタイリッシュなデザイン。

まずはサラダが登場です。

そのサラダのボリュームのあること! 

キャベツの千切りを中心に、
レタスやコーン、チーズなどなどが入り、
ドレッシングにはスパイスがアクセントに入っています。

口の中がさっぱり。

さて、次に登場したのはインド風野菜カリーと十五穀米。

あの独特のスパイスの風味が漂ってきます。

野菜は
ナス、オクラ、ブロッコリー、カボチャ、キャベツ、トマト。

複雑なスパイスの香りの奥から
ジンジンと辛さが刺激してきます。

この刺激。

何種類もの野菜を煮込んでスパイスを加えているので、
辛いけどやさしい。
奥の深い味わいになっているのです。

トッピングの野菜は程よく火が通った程度。
それぞれの野菜の食感がきちんと伝わってきます。

辛いけれどもやめられない。

食べ終われば
なぜだかさわやかな気分です。

十五穀米は、豆系も入っていて
噛み応えも食べ応えも十分。

サラダのボリュームもあって、すっかり満腹です。

自家製ヨーグルトはサラサラした仕上がりで、
酸味があるけど、ほんのりと甘い。

カレーの後にぴったりのデザートでした。

カレーはインド風カリーのほか欧風カレーや
焼きカレーなど15種。

焼きカレー…。

食べてみたいメニューです。

Carrife by ETHIOPIA
横浜市神奈川区金港町1ノ10、横浜ベイクォーター3階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, October 22, 2008

上質なトロロ~ン。鮨 からくのづけ・鯛ごま和え丼

Sany0957銀座の店というのは、
私には
敷居の高いところも
たくさん
あるような気がします。

そんなところへも
ちゃんと
足が向けられるように
自分を
磨いていかなくては…
と思うものの、

でも、やっぱり江戸の店は…。

と一種あこがれも含んだジャンル。

それが私の中の銀座寿司屋です。

とはいえ、なんとか行ってみたい! 

そんな思いに答えてくれるのが、ランチタイムなのです。

晴海通りから西五番街に入りすぐのところに
小さく看板が立っている

「鮨 からく」

江戸前鮨が楽しめる店です。

ランチの表示がないのですが、
結構有名だそうで…。

タイミングが良かったのか、
地下1階に降りていくと、すんなりとカウンターに着くことができました。

でも、その後は次から次への人が入ってきて、
13人ほどのカウンターは満席。

座敷席にも人が入っていました。

店内は白木のカウンターなど、
さっぱりと清潔感あふれる雰囲気です。

注文は

「づけ・鯛ごま和え丼」1000円
吸物付き

マグロの漬けと鯛をゴマ醤油で和えた2種が丼にのったこの丼。

紅白のなんだかおめでたい感じも。

それぞれ3切れほどのっています。

まずは気になる鯛のごま和えを…。

ゴマだれのまったりとした風味に、鯛のプリッとした食感が印象的。

ゴマの風味がいい塩梅で、
こうした鯛の食べ方も初めて。

マグロの漬けは、程よく醤油に漬かっていて、
これまたしっとりとしていい舌触りです。

ワサビの刺激もいいアクセントになります。

ご飯は甘酢のほどよい味わいとちょうどいい具合の固さ加減。

夜のメニューは、やっぱりなかなか気軽に行けないこの店。

ランチのこの価格は、やっぱりお得です。

鮨 からく
東京都中央区銀座5ノ6ノ16、西五番館ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後3時、午後5時~11時
(土・日曜、祝日は午後9時30分まで)
(このランチは平日ランチのみ)

映画ウンチク
P.S.I LOVE YOU
☆☆☆☆

ヒラリー・スワンク主演。
ストーリーの始まりは、ニューヨーク。
マンハッタンのチャイナタウン辺り。
アイルランド出身のダンナとアメリカ生まれの主人公。
口げんかも激しいものの、
でもすぐに仲直りするほどの愛情たっぷりの夫婦。
でも、春になる前にダンナは帰らぬ人に。
その悲しみから踏み出せない主人公。
3週間ほど経つと、なんとダンナからの手紙が届く。
それから何通も手紙が来るが、
それは、彼を思い出さざるを得ないできごとでもあり、
しっかりと悲しみを受け止めることでもあり…。
やがて手紙の秘密が明かされていく…。
ラブストーリーではありますが、
毎日の忙しさや悩みに翻弄されて、
自分が求めていたものは何だったのか。
それを思い出して、そして前に一歩踏み出さなくては! 
そんなことを思い出させてくれる作品です。
ニューヨークの四季をたくさん感じられる映画でもあります。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, October 21, 2008

アルミホイルに包まれた…。福津留の地鶏の南蛮焼き

Sany0953本日は
丸の内周辺。

丸の内仲通りは、
すっかり
HALLOWEENの
デコレートに
なっていて、

なんだか歩くだけで
楽しくなってきます。

ビルがどんどんと新しくなっているこの地域は、
地下の飲食街もスタイリッシュに変わってきています。

国際ビルの地下1階も、もちろんそんな雰囲気に変身。

ですが。

その片隅に、昔ながらの面影を残す店がありました。

「福津留」

日本料理…というか、
会社帰りにいっぱい飲めるような和食の店です。

古くから丸の内にある店で、
なじみの客もたくさんいるんだろうなぁ…と
ついつい思ってしまうようなところです。

店内はカウンターに、すわり心地のいい椅子があるテーブル席。
そして座敷。

注文は

「地鶏の南蛮焼き」1000円
ご飯、手作り豆腐、漬物、生卵付き

このメニュー、丸の内名物にもなっているようです。

さて。

南蛮焼き。

運ばれてきたのは、アルミホイルに包まれた物体。

上をアッツアッツと開けてみれば、

フワッ湯気が浮き立ってきました。

たっぷりのタマネギの下には地鶏のぶつ切り。

醤油ベースのスープが、これまたたっぷりと入っています。

味付けは、唐辛子を使ったピリ辛味。

スープは鶏肉の旨味とタマネギの甘みが
ぎゅーっと染み出してきて、なんともしみじみとした味わい。

辛味もいい具合で、ご飯が進みます。

卓上においてある生卵を割りいれれば、
まったりとマイルドな味わいに変身。

スープがたくさんあるので、
ついつい、ご飯の上にのせて、
ぶっかけでいただいてしまいます。

昔から愛されている味わい。
大切にしたいものです。

福津留
東京都千代田区丸の内3ノ1ノ1、国際ビル地下1階
営業時間 午前11時~午後2時、午後5時30分~11時。
土・日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Monday, October 20, 2008

ふわっととろける…。鉄板焼 裕の黒毛和牛のハンバーグステーキ

Sany0950そういえば、
最近
関内歩きを
していないなぁ…と
思い立ち、

にわかに
今日は
関内ランチ!

と盛り上がって
しまいました。

最近は新しい店はないなぁ…と思いつつも、
店が入れ替わっていたりするところもあり、

桜木町寄りのライブハウスの多い周辺では、
ライブもできるレストランバーでの
ランチメニューが並んでいたり…。

今まで目に入らなかったものがたくさんあります。

そんな中。

そういえば気になっていたけれど、
入ってなかったなぁと思い出した店がココ。

馬車道から勝烈庵のある通りに入り、
1つ目を曲がったところにある

「鉄板焼 裕」

カウンター8席の小さな鉄板焼きの店です。

以前は
馬車道にあった丸井前に屋台を出していた鉄板焼き屋。

その後桜木町で店を出し、
再び関内に戻ってきたそうです。

扱う肉は、和牛のA5ランク。

接待で使うような感じではありますが、
ランチはお手軽価格で楽しめます。

オーダーは

「黒毛和牛のハンバーグステーキ」1000円
ライス、サラダ、味噌汁付き

これ、限定10食です。

オーダーを受けると、
鉄板の前でパンパンとハンバーグのネタを整え、
焼き始めます。

じっくりと焼きあがっていくハンバーグを見ているのは、
なんともお腹がなってきます。

ジリジリという音を聞き分けて焼きあがりを確認するシェフ。

できあがったハンバーグは
しっとりと肉汁が浮かぶできばえ。

その上からおろし醤油をかけてサーブされました。

こちらのごはんはお箸で食べます。

ハンバーグに箸を入れると、
ジブジブと肉汁が滴り落ちてきます。

そして思いのほか柔らか! 

口の中に入れれば、
入れたとたんにふわっととろけるような食感。

ハンバーグが溶けていく…。

外はしっかりと焼きあがっていますが、
中は余熱で焼き上げるといった具合です。

おろし醤油の風味もでしゃばりすぎず、
肉のうまみを引き出しています。

かなりシアワセな味。

付け合せは、
キャベツにジャガイモ、シイタケ、シメジを炒めたもので、
これまたしっとりといい塩梅。

食べている間、
シェフは夜の仕込みをしていたのですが、
アジをさばいていました。

おろした後には、小骨を刺抜きで丁寧に
処理していました…。

この丁寧な仕事振り。

お酒も当たり前のように
森伊蔵や魔王…。

しっぽりとした夜の時間が過ごせそうです。

鉄板焼 裕
横浜市中区尾上町5ノ69、キット関内ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~11時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, October 17, 2008

生姜の味わい。酒床 梵天の豚生姜焼き定食

Sany0956発車ベルが
鉄腕アトムの
高田馬場に
久しぶりに
やってきました。

早稲田通りの
王道の道ではなく、
本日は
小さな改札口、
戸山口から
大久保方面に
向かう途中にある

「酒床 梵天」へ。

こちらは、実は夜に行ったことがある、
居心地のいい居酒屋さんです。

店内は、民芸調というか、
木をふんだんに使った落ち着いた雰囲気。

1階はがっしりとした木のテーブル席、
2階が座敷になっています。

注文は

「豚生姜焼き定食」750円
ご飯、小鉢、味噌汁、お新香付き

ボリュームたっぷりに盛られた生姜焼き。

豚バラ肉は弾力があって、生姜醤油が程よく染み渡って
いい味わいです。

タマネギと一緒に炒めてあるのですが、
このタマネギの火の通り具合がいい塩梅で、
シャキシャキ。

豚肉のしっとり感とタマネギのシャキシャキ感が
口の中で楽しめます。

付け合せには千切りキャベツ。

マヨネーズが添えてあるのですが、
このマヨネーズと生姜醤油を合わせれば、
これまたコクのある味わいになって、
ちょっとお気に入り。

小鉢の切干大根もたっぷり、お新香もたっぷり。
味噌汁はなめこ汁でこれまたたっぷり。

おかずがたっぷりの定食は、
やっぱり食べていて、かなりワクワク楽しくなってきます。

シアワセなランチタイムでした。

高田馬場。
歩いてみれば、まだまだ立ち寄ってみたい
ランチ処はいろいろ。

さすが、学生の街なのでした。

酒床 梵天
東京都新宿区高田馬場1ノ31ノ8、ダイカンプラザ1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~午前1時。日曜、祝日定休
(ランチは月曜~金曜)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Thursday, October 16, 2008

タルタルソースの魅力。博多水炊き 可士和の古処鶏のチキン南蛮定食

Sany0952食の街・新橋。

烏森通りを
歩いて行き、

レンガ通りを越えて
すぐのところに

気になる看板があり、
次はここかな…と
思うこと度々。

やっと行くことができました。

「博多水炊き 可士和」

博多水炊き…とうたうとおり、鶏肉を中心とした
料理が楽しめる、九州料理の店です。

2階に上がってみると、
4人がけテーブルが並んでいます。

その真ん中にはIHヒーター。

さすが水炊きの店です。

さて。

ランチタイムは水炊きはいただけないので、
鶏肉を使ったメニューがいろいろ並びます。

今日の狙い撃ちは

「古処鶏のチキン南蛮定食」900円
ご飯、味噌汁、漬物、小鉢付き

古処鶏というのは、九州は福岡、
古処山で育った赤どり。

チキン南蛮はムネ肉をカラリを揚げて
ざっくりと4つにカットされてやってきました。

タルタルソースはゆで卵を細かく刻んで
マヨネーズで和えたもの。

このタルタルをからめながらパクリ。

サクッとした歯ごたえに、ギュッと引き締まった肉の口あたり。
肉の旨味が凝縮されています。

タルタルソースのほかにも
甘めでさっぱりとした醤油のタレもかかっていて、

そのコクとタルタルソースのまろやかさがあわさって、
口の中はサクサク、ギュッギュ。

ついついご飯も進みます。

チキン南蛮と同じ皿にはキャベツの千切りもあり、
これを一緒に食べるのもよし。

醤油のタレとタルタルソースとの相性もぴったりです。

今日の小鉢は切干大根と鶏肉を和えたもので、
ほんのりとした酸味が、
全体のほどよいアクセントになっています。

ランチはほかにも親子丼や鶏の唐揚げなども…。

親子丼もトロトロでいいんだろうなぁ…と思いつつも、
夜の水炊きも試してみたいです。

博多水炊き 可士和 新橋店
東京都港区新橋3ノ5ノ2、新橋OWKビル2階
営業時間 午前11時30分~午後2時、午後5時~11時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, October 15, 2008

香りを楽しむ。福満園新館のイカの香り唐辛子炒め

Sany0954Sany0953
モーレツに辛いものが
食べたい!!!!!

そうだ、
四川料理を食べよう。

そう頭に浮かんだとたん、
足は横浜中華街へと向かっていました。

先週のお祭りの名残のある中華街。
中国の旗が色鮮やかに飾られているところが
まだありました。

目指した店は

「福満園 新館」

こちらの店は本館、別館、新館と
中華街内に3つの店舗を持っています。

そしてその3つともランチのメニュー内容が違います。

そこで、3つの店舗をチェックしつつ、
食べたいメニューがあったのが新館だったのでした。

新館は四川と上海料理が楽しめる店です。

東門からローズホテル方面へ向かい、
ちょうどY字になっている、その中心に新館はあります。

三角形の変形ビルですが、1階の店内は広々とした雰囲気。

入店とともにジャスミンティーのポットと突き出しが出てきました。
突き出しは干し豆腐の千切りを胡麻油で和えたもの。

これがなんだかいい塩梅で、
ついつい食欲がそそられます。

お得なランチメニューは5種ほど。
ほかに、名物の激辛麻婆豆腐丼や麺類があります。

注文は

「イカの香り唐辛子炒め」650円
ライス、スープ、漬物、杏仁豆腐付き

ライスとスープはお替り自由です。

スープはダイコンとタケノコ、シイタケが入った卵スープ。
やさしい味わいです。

メインの唐辛子炒めは、
イカにたっぷりのシメジ、タマネギ、ピーマン。

そして、その間に見え隠れしている
これまた結構な量の唐辛子。

唐辛子はよく炒めてあるので香ばしい。

その香ばしさと中国醤油のうまみが見事に溶け合って、
香り高い風味を演出しています。

イカは柔らかく、ソースとよく合っています。

シメジもシャクシャクといい食感。

シャッキリのタマネギとピーマンもステキな組み合わせです。

もちろん唐辛子と一緒に口の中へパクリ。

ご飯がうれしいくらいに進みます。

ちょっと辛くなってきたかな…というときには
漬物をパクリ。

ダイコンを甘酢でつけているのでほんのりと甘いので、
口の中がさっぱりします。

さすが四川料理の店だけあって、
辛さに妥協はありません。

それでも食べ終わってみれば、
スーッと辛さが抜けているのには驚きです。

次回こそ、本場四川の辛さの
麻婆豆腐にチャレンジしてみたいです。

四川炒飯もあるとか…。

辛いもの好きには、気になるメニューがいろいろです。

福満園 新館
横浜市中区山下町157ノ8
営業時間 午前11時~午前2時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, October 14, 2008

ころんと2個のかわいさ。GOLD RUSHのハーフ&ハーフハンバーグ

Sany0950_2連休明けの
今日は渋谷へ。

桜丘町界隈で
打ち合わせをし、

終了したときが
お昼どき。

ランチを食べながら
さらに
打ち合わせを…。

ということで、
そのすぐ近くにあったココヘ。

「GOLD RUSH渋谷南口店」

1980年にオープンしたハンバーグ専門の店です。

アメリカ中西部のウエスタン調の店構え。
古きよきアメリカの雰囲気を演出しています。

ランチのハンバーグは150gがベース。
ソースがいろいろそろっています。

オーダーは

「ハーフ&ハーフハンバーグ」880円
ライスまたはパン、ドリンク付き

ドリンクはセルフサービスとなっています。

ハーフ&ハーフは
ラッシュハンバーグとチーズをのせたハンバーグが楽しめます。

大きな鉄板にころんとしたかわいらしいハンバーグが2つ、
ジャガイモが丸ごと、ミックスベジタブルにインゲン。

テーブルに置くと、すばやく紙ナプキンを胸のあたりに広げます。

そうして特製ソースをかけまわしてもらえば、
ジューッというおいしそうな音と香り、
アツアツの湯気が立ち上ります。

ハンバーグは、
ギュッとした肉の歯ごたえとやわらかさが印象的。

噛みしめるごとに肉のうまみが伝わってきます。

チーズはチェダーチーズで、まったりとコクのある味わい。
このチーズが、ほんとうにハンバーグのうまみにぴったり。

ハンバーグをシンプルに食べたり、
チェダーチーズのうまみをかみ締めたり、
ハーフ&ハーフは、食べていても楽しくなってきます。

そしてこのサイズは、パクリと食べやすく
気づけばニコニコと食べ終わっていました。

ジャガイモもしっとりホクホクでいい塩梅。
特製ソースをちょっとかけていただきました。

GOLD RUSH渋谷南口店
東京都渋谷区桜丘町16ノ14、ドルチェ渋谷ビル3階
営業時間 午前11時30分~午後10時30分
(ランチは午後5時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, October 10, 2008

大きく作る味わい。ジェファンのおすすめランチ

Sany0948いつも
歩いている道でも、

あちこちに
目を向けている
はずなのに、

気づかないことが
いろいろあります。

関内から
横浜スタジアムを
抜けて

横浜中華街に向かっていると、

今日はふと目に付いてしまった看板が
あったのです。

今まで気づきませんでした。

北門から善隣門に向かう途中の道を曲がった
ビルの2階にある

「レストラン ジェファン」

フランス田舎料理の店です。

中華街にありながら、フランス料理が楽しめるなんて、
ちょっと不思議で、そして楽しい気分。

店内は右手にキッチンとカウンターに3席。
テーブルは7席あります。

気のぬくもりが感じられる落ち着いた雰囲気です。

ランチメニューも豊富で、
パスタランチに本日のランチ、
おすすめに肉・魚料理と

その日の気分に合わせて選べる品数です。

オーダーは

「おすすめランチ」1000円
スープ、パンまたはライス、コーヒーまたはハーブティー付き

本日のおすすめは

「シューファルシ」

これ、ロールキャベツのことです。

キャベツを丸ごと使って、
間にひき肉を詰め込んでことことと煮込んだロールキャベツ。

コンソメには野菜のうまみもしみこんで、
そして大ロールキャベツから染み出す
肉のうまみ。

それをカットした一皿は、
ぎゅっと詰まった肉はやわらかく、
キャベツはしっとり。

やさしい味わいが口いっぱいに広がります。

付け合せには
エンドウマメ、ブロッコリー、チンゲンサイ、ニンジン、
そしてハッシュドポテト。

エンドウマメやブロッコリーはシャッキリ、
チンゲンサイも新鮮な食感です。

ポテトはスープをしみこませてしっとりと
いただくのもいい塩梅。

野菜がたっぷりとれたランチでした。

夜のメニューも黒板に書いてあったのですが、
さまざまな食材を使っている様子。

夜も楽しく過ごせそうなレストランでした。

ちなみに本日中華民国建国記念日。
中華街ではパレードや獅子舞などがあり、
中国の国旗をあちこちで配っていました。

レストラン ジェファン
横浜市中区山下町200 永光ビル2階
営業時間 午前11時30分~午後2時、午後6時~11時

映画ウンチク
The Nannies Diary
-私がクマに切れた理由-
☆☆☆☆

就職活動をするためにニューヨークにやってきたアニー。
でも、面接では緊張してしまい、
自分が何をしたいのかわからない。
落ち込んでセントラルパークを歩いていると、
アッパーセレブの奥様と遭遇。
アニーとナニーを聞き間違えられて、
なぜかアニーは子守の仕事に。
生意気な口を聞くその子ども。
振り回されながらも、奥様もダンナも
子育てに関与していないことにイライラ。
子どもがかわいそう。
そんな生き方をしている人を見ているうちに
何をやっているんだろう。と、
自分を見つけなおすことに。
そんなとき! このクマが!!!!
ラスト直前の切れっぷり。
結構気持ちいいです。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (56) | TrackBack (1)

Thursday, October 09, 2008

ニコニコな味わい。STEAK KITCHEN FACTORYのビーフ100%のロコモコ

Sany0952五反田駅。

モスバーガー側に
降り立ち、

その裏側に
回ってみれば、

飲食店が
たくさん点在している
ことに気づきます。

ちょうど角を利用して、入り口を作っている店が

「STEAK KITCHEN FACTORY」

ステーキとハンバーグの店です。

ハンバーグというものは、
なぜか突然食べたくなるもの。

こうした専門店となれば、肉の旨味を生かした
ハンバーグが食べられるのでは、

と、いそいそと入ってしまいました。

店内は5席のカウンターとテーブル席8席。

こじんまりとした造りの店です。

オーダーは

「ビーフ100%のロコモコ」892円
スープ付き

鉄板で出されるハンバーグも魅力的だったのですが、

ロコモコならサラダもたっぷりあるので、
バランスを考えて、こちらにしてみました。

平皿に盛られたロコモコは、こんもりとしていて、
一番上にのっている目玉焼きが、
なんとも食欲をそそります。

じっくりと煮込んだデミグラスソースは、
コクのある旨味を出しながらも、あっさりとした仕上がり。

ハンバーグは、肉の旨味をギュッと凝縮。
肉の弾力と旨味がたっぷりと伝わってきます。

目玉焼きは半熟の仕上がりで、
黄身を崩してハンバーグとライスと合わせていただけば、
デミグラスソースの味わいと一緒に
まったりとした旨味が広がります。

カットしたアボガドと一緒に食べるのもいい塩梅。

サラダのドレッシングはマヨネーズベースで、
酸味がありながらも、卵の旨味があって、
こちらもバランスがとれています。

野菜もハンバーグも、存分に満喫できる一皿でした。

ステーキも魅力的です。

STEAK KITCHEN FACTORY
東京都品川区東五反田1ノ12ノ7
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後5時~11時30分
(ランチは月~金曜のみ)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, October 08, 2008

トロンととろけるような…。umaimonバルDATのDAT特製土手焼きランチセット

Sany0953中央通りを越えた
銀座8丁目あたり。

思いがけないところに
オシャレな
店があったりします。

気づけば、
なんだか新しい店が
ありました。

夏ごろオープン
したのでしょうか。

「umaimonバルDAT」

ワインが楽しめるダイニングバーです。

店内は黒を基調とした落ち着いた雰囲気。

左手にカウンター、窓側にはスツールテーブルもあります。

こういったバール系のランチは、
パスタなどが中心なのかな…と思って
表の黒板を見たところ、

思いのほか和食メニューでちょっとびっくり。

そのざっかけなさが魅力かもしれません。

オーダーは

「DAT特製土手焼きランチセット」880円
前菜、ライス、味噌汁、ドリンク付き

前菜はダイコンの漬物やラタトゥユ、カボチャのテリーヌ胡麻ソースと
3種類がちょこっとずつ。

このちょこっとずついろいろ楽しめるのが、
なんだかウレシイ。

ラタトゥユはトマトがじんわりと染み渡り、
カボチャはまったり。
ゴマソースのコクがアクセントになっています。

ダイコンの漬物は程よい酸味。
ご飯と一緒に楽しく食べられます。

土手焼きは牛スジ肉と豆腐をじっくりことこと煮込んだもの。

牛スジ肉はとろんととろけるような食感。
醤油の味付けもちょうどいい塩梅です。

柚子胡椒が添えてあるのもポイント。

こういう料理には一味は七味…という定番ではなく、柚子胡椒。

ピリッとしたさわやかな刺激が
味のアクセントになっています。

土手焼きにのっている水菜とタマネギもシャキシャキとして
いい味わい。

もちろんライスにドカッとのせていただけば、
ご飯に土手焼きのタレがしみじみと染み渡り、

これまたいい味わいでいただけます。

夜もじっくりしみじみと楽しめそうな店でした。

umaimonバルDAT
東京都中央区銀座8ノ11ノ9、STB1ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後6時~午前1時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, October 07, 2008

アッツアツとまろやかな組み合わせ。豚のうまさの石釜焼きカレー

Sany0961新橋。

この地で
ランチのときは、

さて、
銀座方面に
してみようか、
それとも
汐留方面に
してみようか、
でも
やっぱり新橋の王道界隈で探そうか…と
迷ってしまいます。

今日は久しぶりに王道の方面をウロウロ。

歩いてみると、
結構な数のカレー専門の店やレストランが
多いことに改めて気づきました。

そんなカレーショップも魅力ですが、

カレーといえば、そういえば
あそこのカレーが食べたかったんだ! 

と思い出し、足を向けてしまいました。

柳通りを浜松町方面に向かっていった先にある

「豚のうまさ」

沖縄産のまーさん豚を使った
皮付き五段ばら肉が自慢の店です。

ランチでもこのまーさん豚を使ったメニューがあって、
それもとてもイケてるのですが、

今日の目的はカレー。

オーダーは

「石釜焼きカレー」1000円
サラダ、小鉢、漬物、味噌汁付き

アッツアツの石釜に入ったカレーは、
1週間じっくり煮込んだ特製カレー。

トッピングはジャガイモにニンジン、インゲン、
そして温泉卵。

豚肉もしっかり入っています。

このカレー。

ミルキーな味わいが加わったカレーで、
そのマイルドさがステキです。

アッツアツなので、このくらいの辛さがちょうどいい。

温泉卵を崩してカレーと混ぜ合わせていただけば、
卵の風味がしっとりと加わって味の変化が楽しめます。

そうして食べているうちに、
ご飯におこげも出てきます。

そのおこげとカレーの組み合わせもいい塩梅。

カリカリとした香ばしさとカレーの風味は
ついついクセになってしまいます。

味噌汁には豚汁仕上げでダイコンもたっぷり。

野菜もあれこれ採ることができて
すっかり満足のランチタイムでした。

今も毎月第3水曜はメニューが半額になるサービスも継続中。
なかなかうまく狙って行けないのが残念です。

豚のうまさ
東京都港区新橋5ノ10ノ8、カルチャーセンタービル2階
営業時間 午前11時30分~午後3時、午後6時~11時
(ランチは月~金曜)。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, October 06, 2008

旅慕情感じる場所。JACK・CAFE! EAST&WESTのハンバーガー(ハーフ)セット

Sany0949関内です。

日本大通を
歩いていると、
ぷ~んと漂う
銀杏の香り。

見上げれば
たわわになっている
銀杏の実。

足元にも
あちこちに銀杏が落ちていて、
秋だなぁと感じる瞬間です。

港町・横浜を感じさせる場所。

といえば、大桟橋周辺。

海外へ向かう客船も停泊する大桟橋には、
出国ゲートなどもあって、
ここから日本を出ることができる…。
旅心がそそられる場所でもあります。

そんな大桟橋のたもとにあるのが

「JACK・CAFE! EAST&WEST」

50年代のアメリカンダイナーの雰囲気がある
レストラン&バーです。

なんとな~く昔から
こんな雰囲気でカフェはあったのですが、
気軽に入るようなところではないような気がしていました。

でも年月が経ち、
ここ数年は誰でも入れるようなカフェになっています。

EAST&WESTというのは
ビルの左右に店舗が分かれているため。

左手はいかにもアメリカンダイナー、
右手はレストランの雰囲気。

本日はダイナーの雰囲気の店内でランチにしました。

窓際に座れば、外景色が眺められて
ほっとくつろげるひとときになります。

オーダーは

「ハンバーガー(ハーフ)セット」810円
クラムチャウダーまたはトマトスープ、コーヒーまたは紅茶、
ソフトクリーム付き

ハーフはハンバーグが100g。
ちょうど1人前の分量です。

ハンバーガーといっても、ここのは
厚切りパンのサンドイッチになります。

自家製パン。

厚切りのタマネギ、トマト、ピクルス、そしてレタスをはさんで

アメリカンマヨネーズにマスタード、ケチャップを
好みの分量だけかけてサンドします。

結構な厚さになるので、ナイフで半分にカット。

自家製パンはみっちりとした食パン。
トーストされているのでパリパリとした香ばしさと
しっとりとした味わいが魅力です。

ハンバーグは100%ビーフの肉の旨味がぎっしり。

タマネギは厚めのカットなのに苦味もなく、甘い。
シャッキリとした食感がなんともいい塩梅です。

自家製パンとハンバーグ、野菜の組み合わせは
本当に絶妙です。

デザートのソフトクリームも
コーンで出るのがユニーク。

コーヒーのお替りも自由なので、
いつまでもゆっくりとしていたくなるスポットです。

JACK・CAFE! EAST&WEST
横浜市中区海岸通り1ノ1
営業時間 午前11時30分(土・日曜、祝日は10時30分~
午前2時
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, October 03, 2008

まったりとピリ辛♪uraダイモンのほっとタコライス(Normal)

081003_13230001久しぶりに
浜松町に
やってきました。

浜松町でのランチは、

今度
来る機会があったら、
ここに行かなくちゃと
決めていた
店があります。

増上寺方面に向かって行き、
マクドナルドのちょっと先のビルにある

「uraダイモン」

ランチはタコライスとアジア風カレー、
夜はお酒とちょっとしたつまみも出してくれる店です。

この店。

ビルの奥まったところにあるのですが、
そのビルに到着して、ちょろっと覗くと、
「uraダイモン」とオシャレな看板が見えます。

それを目指してビルの奥へ…。
そしてその看板の奥に入り口があります。

店内は四角の二辺にカウンター。
4席と2席分のカウンターの本当に小さな店です。

だけれども。
白と木のぬくもりが印象的な
スタイリッシュ空間。

こっそりここで飲んで帰るのもなんだか楽しそうです。

オーダーは

「ほっとタコライス(Normal)」650円

サイズが3サイズあるので、
腹ペコ加減で選べるのが魅力です。

ほっとタコライス…。

ライスにタコミート、レタスにトマトのトッピング。

タコミートを食べてみてびっくり。
今まで見たことのないトロトロ具合。
しかもチリパウダーの味がほとんどしません。

唐辛子と鶏ひき肉を合わせてじっくり炒めて、
たぶん、特製のソースをからめ、
最後はチーズも一緒にからめているのでしょう。

そのおかげでこのトロトロ感。

唐辛子のピリリとした辛さもストレートでいい塩梅。

ミートとレタスとトマトをライスと一緒に
ザックザックと混ぜ合わせていただけば、
まったりとした旨味と
野菜の新鮮なシャキシャキ食感が合わさって、
なんともいい味わいです。

初めて味わいタコライスの味です。

カレーは
ひよこ豆のアジア風カレーなのですが、
こちらもなんだかいい感じ。

お手ごろ価格で楽しめる
居心地のいい空間でした。

uraダイモン
東京都港区芝大門2ノ1ノ1、第2境野ビル1階C室
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~9時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, October 02, 2008

とろける味わい。LINK DINING.ITのパスタランチ

Sany0958_2Sany0959_2
銀座中央通り。

びっくりするくらいに
反響の高い
H&Mの行列も
ここ数日は
少し減少気味。

それでも未だ40分待ちと言われてしまいますが、
もう少しの辛抱でゆったりと訪れることが
できるかもしれません。

そんな行列を横目に向かったのは、
H&Mと同じブロックにあるモンブランビルの地下1階。

「LINK DINING.IT」

ワイン&イタリアンの店です。

中央通りから花椿通りに入るとある入口。

地下に下りていくと、ホワイトを基調にした
落ち着いた雰囲気の店内が広がっています。

四角い大きな柱があって、
そこにカーテンも用意してあるので
ちょうど個室感覚になれるのもポイント。

側面には壁いっぱいにワインセラーがあり、
さすがワインをうたっているだけの店です。

オーダーは

「パスタランチ」900円
フォカッチャ、気まぐれサラダ付き

パスタは4種の中から選べます。

選んだのは

「タリアテッレ 牛ホホのラグー ツッコラセルバチカ添え」

気まぐれサラダは
レタスと水菜、
サーモンとワカメ、卵の黄身のミモザの組み合わせ。

このサラダのドレッシングがさっぱりとしていて、
食欲がどんどんとわいてきます。

パスタは、
ゴロリところがる牛ホホ肉が印象的。

ホホ肉を食べてみれば、ホロリとやわらかく
口の中でとろけそう。

じっくりと煮込んであり、トマトソースは控えめで
ハーブも少し加えてあるのか、
しみじみとすっきりとした味わいが楽しめます。

自家製の手打ちのタリアテッレは、
平たくそしてとても薄く仕上げてあります。

そのヒラヒラ、モチモチとした食感がなんとも心地いい。

程よくソースもからまってくれるのもいい塩梅です。

ラグーの煮込み具合は本当に幸せな仕上がりで、
実は、
店に入ったとたんにこの香りがぷ~んと漂って、
なんともお腹がなってしまったのでした。

ワインを楽しみながらイタリアンを満喫したいです。

LINK DINING.IT
東京都中央区銀座7ノ9ノ11
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後6時~午後10時(土曜は午後9時)
(ランチは月~金曜)。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, October 01, 2008

元気になる食事。小尾羊の蒙古薬膳湯麺膳

Sany0955銀座です。

ここのところ、
ついつい
目指してしまう
場所。

ジュエルボックスビルの
食べ処は、
ひっそりとした
入り口で
目立たないのですが、
気になる店がいろいろあって、

「お、次はここに行ってみよう! 」と
毎回思ってしまうところです。

本日は10階にある

「小尾羊 銀座店」

モンゴル料理の店です。

自慢のメニューは
蒙古薬膳しゃぶしゃぶ。

3つのスープで楽しむメニューですが、

ランチでは火鍋料理で楽しむことができます。

店名からすると、ラム肉なのかな…と思いますが、
豚肉や牛肉で楽しめるとのこと。

ラムが苦手な人もOK な店なのです。

店内は、天井が高くこざっぱりとした雰囲気。
大きな窓があるのもいい感じです。

さて。

オーダーは…。

火鍋も魅力でしたが、これに。

「蒙古薬膳湯麺膳」880円
前菜2種、炊き込みご飯または白米、ソフトドリンク付き

スープはコラーゲンたっぷりの白湯か
麻辣紅湯の2つの中から選べます。

選んだのはもちろん

麻辣紅湯

鶏がらと牛こつからとった白湯をベースに、
自家製のラー油を加えたこのスープ。

八角やクコノミなど60種以上の薬膳を加えた
しみじみ体にやさしいスープです。

まずはスープをひとくち。

白湯のスープがベースになっているので、
最初の感覚はあっさり。

そこにラー油や唐辛子の辛味がじわじわとやってきます。

それにしても、
なんとあっさりとしたスープ。
だけれども、その味わいは
体によさそうな薬膳の風味が味の奥の方から感じられ、
じわじわと体に染み渡っていきます。

麺は手打ち麺でうどんのような食感。

スープが程よく絡まってくれます。

トッピングは白菜に青梗菜、モヤシ。
蒸し鶏に豚の角煮。

白菜や青梗菜はシャキシャキ。

鶏肉はやわらかく、
そして角煮はホロリとそして甘みがいい塩梅。

スープの辛さの途中のいいアクセントになっています。

麺を平らげたら、白米とスープでパクリ。

あっさりだけど辛いスープに
このご飯がまた合います。

お腹は満腹、
そして、なんだか元気もりもり。

薬膳パワーをいただきました。

小尾羊 銀座店
東京都中央区銀座8ノ9ノ6、ジュエルボックスビル10階
営業時間 午前11時30分~午後11時30分
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »