« August 2008 | Main | October 2008 »

Tuesday, September 30, 2008

中華カレー風味。馬さんの店 龍仙 市場館の馬いランチ

Sany0953横浜中華街。

寒い日は
辛いものとか
あったかいものが
いいなぁと
思いながら

フラフラと
市場通りへ。

お目当ての店が
定休日だったもので、

どうしたものか…と思っていると、
なにやらハデハデしい看板の店が…。

ここって、馬さん?

馬さんの店といえば、長安通にある店で、
店の前でいっつもおじいちゃんが座っている店。

その馬さんの店の支店ができたようです。
本店よりも人通りの多いこの通りに…。

馬さんの店といっていますが、

本当の店の名前は

「馬さんの店 龍仙 市場館」

上海料理の店です。

市場館の店内は、1階が4つほどのテーブル席。
2階にも席が用意されています。

椅子には赤いビロードの布がかけられていて、
なんだかキッチュ。

ランチメニューもいろいろあったのですが、
気になってメニューをオーダー。

「馬いランチ」600円
馬餃子、ザーサイ、ワンタンスープ、ライス、麻婆豆腐付き

馬餃子とは、馬さんの特製餃子で、
牛・豚肉のカレー風味の焼き餃子です。

このメニュー、本店にはなかったような…。

考えてみると、
中華街で焼き餃子が食べられる店というのは、
ほとんどなく、

やはり蒸し餃子や水餃子が主流。

そう考えると、この焼き餃子ランチはかなりウレシイ。

馬餃子は、
まん丸な形で、ちょっとだけ羽根のはえた形状。

箸でつまんでぱくりとかぶりつくと、
分厚い皮の食感。

さらに思い切り噛み付けば、
ジュワッと肉汁がにじみ出ると同時にカレー風味が
口の中に広がっていきます。

ハフハフとさせながら租借。
モチモチの皮と餡の組み合わせがいい感じ。

カレー風味だけれども、
八角など中華ならではのスパイスも加えられているので、
ちょっと不思議な味わい。

餃子用のタレもあり、
こちらは黒酢をベースにしたちょっと甘めのタレ。

これにつけてかぶりつけば、
カレー風味と黒酢の風味が重なって、
まろやかな味わいになります。

ご飯が進みます。

ワンタンスープは、ヒラヒラとしたワンタンの皮。
ツルンと食べられるワンタンもイケます。

中の餡も肉がギュッとつまっていて、
やはり中華ならではの風味。

スープは醤油味。

青梗菜も入っていて、これがシャキシャキと心地いい。

餃子6個にワンタン3つ。

デザートの杏仁豆腐は王道のひし形にカットした杏仁豆腐。

これまたツルリとさっぱりといただけます。

馬さんの上海料理。
まだまだ試してみたいメニューが満載です。

馬さんの店 龍仙 市場館
横浜市中区山下町148
営業時間 午前7時~午前0時
(ランチは午前10時30分~午後3時)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, September 29, 2008

サプライズな大きさ! Ostrea銀座8丁目店の特大牡蠣フライランチ

Sany0950Sany0951

本格的なカキの季節がやってきます。

カキ…。

あのおいしい味わいは知っているものの、
ここ数年、どうも体に合わないカキ。

それでも、いつも突然に食べたくなるカキ。

最近はオイスターバーなども増えて、
いつでもおいしくカキが食べられるようになり、

そうなるとますます食べたくなるばかり。

よおし! 今日は気合を入れてカキを食べよう! 

と向かったのは、

4月にオープンした

「Ostrea 銀座8丁目店」

赤坂に本店を持つオイスターバー&レストランです。

銀座中央通りのスワロフスキーのビルの8階。

スタイリッシュな大人の空間の店内。

入り口にカキが並ぶカウンターがあり、
右手に向かえば採光明るいテーブル席。

そして、その壁に飾られているのは、
ニューヨークのエンパイアビルディングを中心とした
マンハッタンの写真…。

一気にニューヨークの想いがよみがえってきました。

こちらのランチは1つのみ。

1日限定30食の

「特大牡蠣フライランチ」1200円
パンまたはライス、スープ、サラダ、ドリンク付き

本日の牡蠣フライは

「北海道・仙鳳趾(センボウシ)の3Lサイズの牡蠣」

そのカキフライの大きさときたら! 

オーバルなプレートの上に、
大ぶりのカキの殻。

その上に座っているのは
本当にびっくりするくらいの大きさのカキフライ。

こんなに大きいカキフライ。
3つも大丈夫かしら…とドキドキしてきます。

ナイフとフォークでひと口大に切り分けてパクリ。

サクッとした衣にアッツアツのカキ! 

火の通り具合が絶妙なタイミング。
カキの風味と、しっとりまったりとした食感に仕上がっています。

生でも食べられるカキだけあって、
新鮮な味わい。

レモンをふりかけ塩で食べれば、
そのカキの風味がダイレクトに感じられていい塩梅。

またハーブがアクセントになってタルタルソースもイケます。

さらにはソース系の甘くてスパイシーなオリジナルソースも! 

3種の味わいを楽しみながら、
大きなカキフライはあっという間に平らげてしまいました。

カキへの呪縛が解けてしまいそうです。

Ostrea 銀座8丁目店
東京都中央区銀座8ノ9ノ15、Jewel Box Ginza8階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~午前4時
土曜=午後3時~午前4時(日曜、祝日は午後11時)
(ランチは月~金曜のみ)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, September 26, 2008

パリパリもっちり♪你好(ニイハオ)の日替わりランチ+焼き餃子

Sany0952久しぶりに
蒲田に
やってきました。

蒲田といえば、
なんといっても
有名なのは

羽根付き餃子。

その元祖の店が
友人の家の近くに
支店をオープンさせていたので、

その支店に行ってみることにしました。

「你好(ニイハオ)」

蒲田に本店を持つ中国料理の店です。

新しい店らしく、店内はこざっぱりとした雰囲気。

テーブル席が3列に並んでいます。

日替わりのランチは毎日2種類。

注文は

「鶏肉のぶつ切り辛子炒め+焼き餃子」1000円
漬物、スープ、ライス付き

日替わりランチは750円ですが、
焼き餃子をプラスすると1000円になります。

通常の焼き餃子は300円なので、
ちょっとお得になっています。

鶏肉ぶつ切りの辛子炒めは、
鶏肉の唐揚げをピーマンとタマネギと一緒に
唐辛子とソースで炒めたもの。

この鶏肉がソースとからめてあるのに
パリッと香ばしく、そして鶏肉自体がとってもジューシー。

プリプリッとした弾力と食感に
思わず顔がほころびます。

そして唐辛子の辛さがピリリと利いていて、
この辛さが好みの味わい。

ご飯もどんどん進んでしまいます。

タマネギもピーマンもシャキシャキで、
野菜のバランスもステキです。

そして、焼き餃子。

羽根付き餃子らしく、長方形。

薄い皮の向こうには
むっちりとした皮の餃子が5つ見えます。

小麦粉を溶いて餃子の上からかけまわした
この衣は、パリッとしていていい食感。

そのパリパリ感を楽しみながら
餃子をパクリ。

もっちりとした厚めの皮の中から、
餡の肉汁がジュワ~っと染み出してきました。

あっさりとした餡なので、
パクパクと次々に餃子を食べることができます。

何しろパリパリもうれしい限り。

辛子炒めも結構なボリュームなので、
おいしいおかずを目の前に、
いつしかお腹は満腹。

今までは餃子しか食べたことがなかったので、
こうして副菜が食べられて、かなり満足。

でも。

夜はやっぱり餃子にビール! 
ってことになってしまうんでしょうか。

実行したいものです。

你好(ニイハオ) 南口店
東京都大田区蒲田8ノ2ノ1ノ112
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは平日の午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Thursday, September 25, 2008

華やかな味わい。Chai Fleurs横濱のブルゴーニュコース

Sany0948Sany0949

年に何回かは、贅沢なランチも楽しみたい! 

ということで、急遽、
友人のお気に入りのレストランへ向かいました。

昨年、横浜駅西口の川沿いにオープンした

「Chai Fleurs(シェ・フルール)横濱」

マンションの1階にたたずむ、居心地のいい
和テーストのフレンチレストランです。

オープンして1年。

ここ最近は、本当に人気のレストランになっていて、
ランチタイムでも満席のことが多いとか。

そんなわけで、1時過ぎに予約を入れて足を向けました。

店内は、オーク素材の落ち着いた雰囲気。
テーブル席のほか、カウンターやテラス席もあります。

堅苦しい雰囲気ではなく、
気を張らずにフレンチが楽しめます。

オーダーは

「ブルゴーニュコース」1890円
シェ・フルール風オードブルの盛り合わせ、
メインディッシュ(肉・魚・パスタの中から1品)、
パン、コーヒーまたは紅茶、ハーブティー付き

プラス420円でデザートを付けることもできます。

本日のオードブルの盛り合わせは、

マッシュルームの冷たいポタージュスープ
カボチャとマスカルポーネ
ローストポーク
サーモン
キュウリとチーズの味噌漬け
ミョウガ・ニンジンのピクルス
サバ・アオハタのお刺身サラダ

マッシュルームのスープは、
しみじみとマッシュルームの風味が口いっぱいに広がります。

カボチャとマスカルポーネを和えた一品は、
カボチャのほんのりとした甘みと
マスカルポーネチーズのまったり感がマッチして、
なんともうれしい味。

ローストポークはギュッと肉感がつまっているし、
サーモンは脂の具合とソースが絶妙。

キュウリの上にのっているチーズの味噌漬けは
オードブルを食べている間のアクセントに。

ミョウガのピクルスもいい塩梅。

サバは青魚らしい味わいで
アオハタはプリプリとした食感が印象的。

オードブルの盛り合わせだけでも
なんだかワクワク、
そして楽しくいただくことができました。

さて。メインディッシュですが、
肉・魚と悩みましたが、

本日のパスタメニューを聞いて、
やっぱりこれ! と決めてしまいました。

渡り蟹のクリームパスタ

この店のこのパスタは、
とにかくトマトが印象的。

ゴロゴロとしたトマトがたくさん入っていて、
それに渡り蟹の旨味をたっぷり引き出した
クリームソースと和えてあります。

まったりとしたクリームソースの味わいと
トマトの酸味が混ざり合った、
濃厚なのに、さわやかな味わい。
渡り蟹のコクを存分に楽しめました。

クリームソースはパンにつけて食べてもいい塩梅。

すっかり満腹、満足度の高い
ランチタイムとなりました。

Chai Fleurs(シェ・フルール)横濱
横浜市西区北幸2ノ12ノ26、Felice1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時30分~9時30分
土・日曜、祝日=午前11時30分~午後3時、
午後5時30分~午後9時。水曜定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, September 24, 2008

公園通りでまったり。Kahemi Cafeのごろごろ野菜の“食べる”スープランチ

Sany0954渋谷の
公園通りを
テクテクと
歩いていき、

渋谷区役所の手前、

モスバーガーなどが
入っているビルの
半地下のような
ところにあるカフェ。

「Kahemi Cafe」

自然栽培野菜を使った料理が楽しめるカフェです。

オープンテラスになっていて、
今日のような日はとっても気持ちがいい!

半地下ということもあって、
目の前は道路ではなく、緑も多く見ることができるので、

ここが公園通り沿いの店というのを
忘れてしまいそうです。

オーダーは

「ごろごろ野菜の“食べる”スープランチ」1000円
麦芽米またはパン、お惣菜3種、デザート、ドリンク付き

本日のスープは

「ごろごろ野菜の“食べる”和風スープ」

オーバルの大きなプレートに
ワンプレートで登場のランチ。

和風スープの中には、
キャベツ、ニンジン、ジャガイモ、オクラ、ブロッコリーが
ごろごろと入っています。

スープは昆布出汁のやさしい味わい。
ほんのりと醤油の味がついているのもいい塩梅。

麦芽米には、胡麻塩が別添えされていて、
それをふりかけていただきます。

黒ゴマを丁寧に挽いて作った胡麻塩は、
程よい塩加減で、麦芽米にもぴったり。

もちろん、スープの味わいにも合っています。

お惣菜はニンジン、モヤシ、キュウリとワカメのマリネ風。

ヘルシーランチを堪能することができました。

都会の真ん中なのに、隠れ家のようなカフェ。
まったりとしたいときにウレシイ場所でした。

Kahemi Cafe
東京都渋谷区宇田川町2ノ1、渋谷ホームズ地下1階
営業時間 正午~午後11時
(ランチは午後4時まで)。月曜定休(祝日の場合は翌日)

映画ウンチク
WANTED
☆☆

生まれて7日目に父親が出て行ってしまったウィーズリー。
そのまま大人になって、
単調な毎日やイヤな上司の小言にうんざり。
パニック症候群になっているのでは…と悩んでいると、
実はそれは才能の1つ。
父親は暗殺組織の一員だった。
父親の敵をうつべく、暗殺者への特訓を受けるが…、
とんだどんでん返しが待っていた。
暗殺のターゲットを決めるのは、
1000年前からの組織の伝統で、
テキスタイルの暗号で名前が出てくる…。
それは運命なんだとか。
でも。その1人の暗殺によって1000人が助かる…って。
それにしては「???」な部分が途中あります。
そこがキモかもしれません。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, September 22, 2008

バジルの風味。カレーの店うどんの夜スープ

Sany0951休みと休みの
間の今日。

五反田に来ています。

どこに
どんな店が
あるのかなぁと、

考えながら
山手通りへ。

目黒方面に折れて、2つくらい目の角を右に。

そこで目に入ったのが

「カレーの店うどん」

スープカレーがいただける店です。

とはいうものの、
札幌のスープカレーとは、一線引かれているというか、
そもそも、店主は札幌のスープカレーの存在を知らずに、
このカレーを作り出したらしい・・・。

オープンして8年目の店です。

店内は長いL字型の白いカウンター。
ちょっとラーメン屋っぽい造りです。

カレーは辛口のスープカレータイプと
中辛のトロリタイプのカレーがあって、
その2つをベースにメニュー展開しています。

注文は

「夜すーぷ」800円

焼きたての鶏肉とバジルがたっぷりのスープカレーです。

鶏肉は注文を受けてから焼き始めます。
ジュージューと焼ける音を聞きながら、
どんなカレーがくるのか、ワクワク。

出てきたのは、カレールーを入れる昔ながらの銀器。

店主いわく
「カレーを飲んで、ご飯はごはんだけで食べてください」。

スープの味とご飯のうまみをそれぞれ感じてほしいというのが、
作り手の願いなのです。

さっそくスプーンでスープをゴクリ。

バジルの風味がぷうんと漂います。
複雑なスパイスの香りというものではなのですが、
ピリリと辛い風味と合わさって、いい塩梅。

口の中でスープを転がしているうちに、
タマネギの甘みとニンニクの刺激がわかります。

口の中で辛さが残っているうちにご飯をパクリ。

固めに炊き上げたご飯は、かみ締めているうちに
その甘さがわかります。

よく噛むことで、それぞれの味が口中に浸透していきます。

鶏肉は一口大にカットされていて、そしてアッツアツ。

皮はパリッと焼きあがっていて、
肉部分はジューシーでプルプル。

シンプルのようでいてやっぱり複雑な味わいのスープ。
スープをすくうスプーンのスピードは早まるばかりです。

カレーの味わいって、本当にいろんな味があるんだなぁと
カレーの深さを知ったひとときでした。

カレーの店うどん
東京都品川区西五反田2ノ31ノ5
営業時間 午前11時30分~午後9時。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, September 19, 2008

濃厚! そしてツルピカ! TETSUのつけめん

Sany0949_2品川の
高輪口に行くと、

ふとした拍子に
「あ~、
ラーメン…」と
思い浮かべる
ことがあります。

京急線の
高架下にある

「品達 ラーメン七人衆」。

オープンから営業している店もあれば、
新しくオープンして人気を得ている店もあり。

そういえば、
まだあの店のラーメンは食べてないなぁ…と
思い立ったので、
久しぶりにラーメンを食べに行くことにしました。

選んだ店は

「TETSU」

つけめん、煮干ラーメンの店です。

人気のある店でいつも行列。
食券を買って列に並びます。

店内は、変則的なカウンターと少しのテーブル席。

買った食券は

「つけめん」750円

運ばれてきた麺は自家製麺で
見るからにツルツルのピカピカ! 

つけ汁は、これまたみるからにどろりとした雰囲気。
こちらのスープはゲンコツと鶏からとったスープに
鰹、鯖、煮干でとったスープを合わせたもの。

香りは煮干が強い印象です。

ちょっとなめてみれば、やはり魚系の味わい。
濃厚。

ツルピカ麺を汁に入れてすすれば、
ふわっと広がるスープの香りにのどごしのいい麺が
ツルツルと口の中に入っていきます。

気づけば、口のまわりはヌメヌメ。
濃厚。

だけれども、
口の中で租借しスープの味を楽しんでいるうちに
その濃厚さは薄まり、かえってあっさりとした感覚に。

魚系のこの味わいは、
どこかなつかしいラーメンを食べているような気分です。

つけ汁の中には、メンマとチャーシュー。

メンマはやわらかく、チャーシューはトロリとやわらか。

チャーシューと一緒に麺をすすれるのも、ちょっとウレシイ。

麺の弾力のあるツルピカのどごしは、
最後まで口の中を楽しませてくれました。

しめは、卓上にあるかつおだしのスープを加えて
つけ汁を飲みます。

ここで希望すれば「焼き石」を入れてくれます。
とたんに器の中はアッツアツのスープに変身! 

スープはかつおだしのスープのおかげで
今までとはまた違った味わいに。
さっぱりと、クセになる、
日本人なら誰もが好きな旨味で、
気づけばすっかり飲み干してしまう味わいでした。

濃厚つけめん。
されどクセになる…。

トッピングなども楽しんでみたいです。

TETSU
東京都港区高輪3ノ2ノ21、品達 ラーメン七人衆内
営業時間 午前11時~午後11時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, September 18, 2008

タイ唐辛子・プリックの実力。沌-TONG-のスープカレーセット

Sany0948暑くても、涼しくても
寒くても

なんだか突然、
食べたくなる
タイ料理。

この夏は、
ちょっとクセに
なっていましたが、

もちろん、その熱
いまだ冷めていません。

もう、今日は絶対的に
辛い料理が食べたい! 

そう思ったので、

おなじみのタイ料理の店へ。

横浜駅西口、横浜ジョイナス地下2階にある

「沌-TONG-」

辛い料理は何にしよう、何にしようと
すでに考えながら入店。

やっぱり、今日はカレーかなと、
数多いカレーメニューを眺めながら、
悩みます。

一通りのカレーは食べたことあったなぁと
思いながら、あ、コレはまだかも…。

そう思ったメニューをオーダーしました。

「スープカレーセット」1080円
トムヤムスープ、サラダ、デザート付き

スープカレーは、タイの東北地方・イーサンの料理。

鶏肉を使って春雨がたっぷり入ったスープ仕立ての料理です。

見た目は見たからに辛そう。

スープを飲んでみると、
ピリリッと辛さがダイレクトに伝わります。

カレーのようにたくさんのスパイスを使って…というのではなく、
タイ醤油・ナンプラーなどをベースに
タイの唐辛子・プリックをたくさん使って作ったスープ。

いや、何しろ辛い。

鶏肉のほかには、ネギ、インゲンが入っています。

ジャスミンライスをスプーンにすくってスープにつけて
パクリとやれば、辛さの中から旨味が広がっていきます。

鶏肉をライスの上にのせて、スープをかけて
ライスと混ぜ合わせて食べるのもイケます。

この辛味。
辛いけれども、やめられない。

食べているうちに体の内側はポカポカと暑くなってきます。

トムヤムスープは酸味がきいていて、辛い。

でもスープカレーの辛さのほうが上なので、
トムヤムの辛さはそれほどでもないかも…なんて思ってしまいます。

そして、スープの熱さで、さらに辛さが増しています。

でも。トムヤムスープの旨味もやめられません。

辛い料理がズラリとそろったこのセット。

しめのタピオカとココナツミルクのデザートが
しみじみ甘くていいなぁ…と感じるのでした。

沌-TONG-

横浜市西区南幸1ノ5相鉄ジョイナス地下2階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチタイムは午後4時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, September 17, 2008

ふかふかパン。イスタンブールのランチセット

080917_13380001_2有楽町と
新橋の間の
コリドー街は、

最近
オシャレな立ち飲みや
外国バールなどが
立ち並んで、
かなり
元気なエリアです。

そのエリアに
本日オープンしたのが

「イスタンブール」

トルコ料理のレストランです。

新宿に1988年ごろ、日本で初めてのトルコ料理レストランとして
オープン。

以来、トルコ料理やベリーダンスを
日本で紹介してきた老舗です。

その支店として、このコリドーにオープン。

コリドーなだけあり、

入り口からいきなりカウンター。

うなぎの寝床的なカウンターの奥にテーブル席があります。

キッチンはカウンターに沿って造られており、
道に近いところに、ドネルケバブのオーブンが取り付けてあって、
外からその肉をそぎ落とす様を見ることもできます。

オーダーは

「ランチセット」900円
スープ、サラダ、トルメック、メインディッシュ付き

メイン料理は3つの中から選べます。

その中から選んだのは

「タヴックルオルマンケバブ」

鶏肉の煮込み料理のようなものです。

スープはジャガイモのスープで、しっとりとしていい味わい。

サラダはトルコらしく、
包丁でキュウリやレタスを細かく刻んだスタイル。

そして、

ダヴックルオルマンケバブは、
鶏肉をジャガイモとニンジンと一緒に煮込んだ料理。

鶏肉の旨味をベースに、ハーブを使ったソースに仕上げてあります。

鶏肉は柔らかく、ジャガイモもニンジンもホクホク。

そして煮込んだ味付けは、しみじみとした味で、
トルコ料理なのに、昔に食べたことのあるような風味になっています。

トルメックは、フワフワのパンのことで、
これがまた、
ほんとうにフワフワ。
食べ応えもあって、メインディッシュを口に入れてから
ご飯のようにトルメックを口に入れてモグモグ。

いい味わいです。

もちろん、トルメックだけ食べるのもなんだか香ばしく、
ついついこのパンに執心してしまいそうです。

シェフもホールスタッフもほとんどがトルコ人。
トルコ気分を銀座で味わうのに、
いい場所を見つけた気分です。

イスタンブール 銀座店
東京都中央区銀座7ノ2番先、銀座コリドー街1階
営業時間 午前11時30分~午後3時、午後5時~11時

映画ウンチク
フライング☆ラビッツ
☆☆☆☆☆

実業団バスケットボールチーム、
JALラビッツは、本当に実在するチーム。
しかも、プレイヤーのすべてはフライトアテンダント。
そんな実話を元に作られたこの映画。
バスケのバの字も知らなかった早瀬ゆかりが、
バスケと出会い、なんだかひたむきにバスケに取り組む。
その一生懸命さとひたむきさ、
そしてチームワークを作り出していく過程…。
これがなんだか全体を通して、しみる。
早瀬役の石原ひとみのおさななじみ役の坊さんが歌う
パンクな「アンパンマンの歌」も、かなり泣ける。
途中途中は、なんだか引いてしまうようなギャグを
盛り込んでいるのですが、
それがないと、もうずっと泣きどおしになっていまうくらい、
感情移入してしまいます。
琴線にふれて、号泣…。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (3)

Tuesday, September 16, 2008

さっくりサクサク! 洋食 旭軒のとんかつ定食

080901_14160001神田西口商店街。

この通りは
うなぎや寿司など
昔から営業している
店が多くあります。

東京下町の雰囲気。

そんな通りにある
洋食店が

「洋食 旭軒」

創業70年という老舗で、
この通りを通るたびに気になってはいたものの、
ちょっと入るには勇気がいるような雰囲気が
私にはありました。

久しぶりにこの通りを通ってみると、
なんだか店がきれいにリニューアルされていてびっくり。

そのびっくりした感情につられて、
引き戸を開けてしまいました。

先代は「洋食の鬼」とも呼ばれていたという
「清蔵じいちゃん」。

その2代目が厨房を切り盛りしています。

店内はカウンターとテーブル席。

どの席からも厨房を見ることができる清潔感あふれる店内です。

注文は

「とんかつ定食」850円
ライス、味噌汁、お新香付き

洋食というとおり、オムレツやハンバーグもありますが、
やはり、なんといっても
とんかつがウリの店のようです。
なにしろ暖簾は「とんかつ」と書かれていましたから…。

さて。

運ばれてきたとんかつの大きさに再びびっくり! 
キャベツの盛り具合も気持ちがいい! 

辛子をつけて、ソースをかけまわし、
一切れをパクリ。

サクッとした食感! 
そして薄いけれども旨味がきちんと伝わる豚肉。

このサックサクの食感は、この薄い豚肉だからこそかも
と思えるくらい、衣と豚肉の一体感。

油を最小限しか使っていないそうで、
だからこそ、胃もたれするような感覚もありません。

サクサクの心地いい食感を楽しみながら、
ライスもパクパク。

ライスが皿で出てくるのですが、食べるのは箸。

こんなところも70年続くニッポンの洋食屋さんという感じがします。

味噌汁はワカメと豆腐で、さっぱりといただけるのもウレシイ。

お手軽価格でじゅうぶんに楽しめた
とんかつでした。

洋食 旭軒
東京都千代田区内神田3ノ11ノ2
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~9時。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Friday, September 12, 2008

キャベツの魅力! ゴーゴーカレー丼丼のゴーゴーカレー丼ヘルシークラス

Sany0950

いつのこと
だったでしょうか。

「ゴーゴーカレー」の
名を知ったのは。

興味はあったものの
カレーのチェーン店の
ひとつだと思い、

実際歩いている範囲で
その店を目の当たりに
したこともなかったので、
そのままにしていたのですが…。

気づけば、ゴーゴーカレーの名を
かのニューヨークで耳にするようになってしまったのでした。

調べてみれば、
ゴーゴーカレーは、石川県金沢の金沢カレーなんだとか。

金沢といえば、松井秀喜。
松井秀喜といえば「55」。

え?
だからゴーゴー(55)カレー?????

それもあるとは思いますが、
55の工程で作ったルーを
5時間かけて煮込んだカレーだそうです。

実際、現在はFC展開しており、
まぁ、カレーチェーン店といえばチェーン店ですが…。

そんなゴーゴーカレーが品川の

「品達 どんぶり五人衆」にオープンしたと聞いて、
行ってみることにしたのでした。

「ゴーゴーカレー丼丼」

こちらはどんぶりの店がそろっているので、
ゴーゴーカレーも平皿ではなく
どんぶりでカレーをいただきます。

店内はコの字型のカウンター。
ササッと出てくるのも魅力です。

食券を購入して席に着きます。

選んだのは

「ゴーゴーカレー丼 ヘルシークラス」500円

ヘルシークラスは少なめのライスで
普通、大盛りとなるごとにエコノミークラス、ビジネスクラス…
となっていきます。

ゴーゴーカレー丼は、カレールーとキャベツのみの
シンプルカレー。

キャベツはお替り自由です。

カレーは濃厚なブラウン色。

タマネギの甘みがきいた、
昔懐かしいカレーの味わいがジワジワと感じられます。
食べ進むうちにじんわりと辛さを感じてきます。
唇あたりがジリジリ…。

千切りキャベツとカレーのあうこと!
口の中もさっぱりとしていい塩梅です。

ロースカツカレー丼もあり、
きっとカツとキャベツの組み合わせをカレーに組み込んだのが
金沢カレーのはじまりなんでしょう。

ニューヨーク、松井つながりなだけあり、
松井がホームランを打ったときにサービスがあったり、
メジャーカレー丼なるものがあったり、

なるほど、ニューヨーク店がある理由が
なんとなくわかったひとときでした。

ゴーゴーカレー丼丼
東京都港区高輪3ノ26ノ21、品達どんぶり五人衆内
営業時間 午前10時55分~午後10時55分
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Thursday, September 11, 2008

青唐辛子のさわやかさ! 念願のっ…! 心龍の日替わりランチ

Sany0949Sany0948
今日は、
このあたりで
ランチでなくても
よかったのですが、

ふと
直感が走りました。

もしかしたら、今日食べられるのかも…。

場所は、横浜中華街。

関帝廟の真横の道、中山路沿いにある

「心龍(シンロン)」

先月にも訪れた店です。

外の看板を見たとたんに、
「やったっ! 」。

すぐさま入ってしまいました。

注文は

「日替わりランチ」700円
ライス、スープ、漬物、デザート付き

そして、その日替わりのランチは

「白麻婆豆腐と水餃子煮」

白麻婆豆腐。

この店のオリジナルメニューです。

白麻婆は、
赤い唐辛子は使わず、青唐辛子を使用。

生の青唐辛子を細かく刻んで、
麻婆豆腐と同じ作り方で作っていきます。

想像していたのは、
ホワイトソースなどを使った麻婆豆腐かと思ったのですが、
ソースは白というより、透明感のある色合い。

早速ひと口食べてみると、
中国山椒の風味に青唐辛子のさわやかな辛さが残ります。

さっぱり。でも辛い。

豆腐はふるふるしているし、
ひき肉もいい塩梅にソースがしみこんでいます。

水餃子は皮がプリプリ。
餡もジューシー。

できたてのアツアツの豆腐や水餃子は
青唐辛子の辛さで、さらにアツアツ感が増しているような…。

普通の麻婆豆腐のように
ご飯の上にぶっかけていただきます。

この味わい。なんだかやめられません。

青唐辛子の麻婆豆腐。
クセになりそうです。

漬物はなま酢、スープは卵とじ。

相変わらずの普通のようで
普通の中華料理には出てこないラインアップ。

白麻婆豆腐は月に1回くらいの割合で
日替わりランチに登場とか…。

まためぐり合いたいメニューです。

心龍

横浜市中区山下町146番地
営業時間 午前11時30分~午後11時
(土・日曜、祝日は午後11時30分)
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Wednesday, September 10, 2008

湘南DEインド。あっぷーがるの1種類のカレーセット

Sany0932鎌倉も
海に向かえば、

ハワイアンな
雰囲気が
あちこちに
見受けられます。

そんな中…。

134号線の
材木座辺りで
見つけてしまったのが

「あっぷーがる」

本格インド料理の店です。

134号線沿いにあるので、テラス席もしっかりあります。

材木座から由比ガ浜の湘南の海を見ながら
インド料理を食べる…。

ミスマッチのような、でもなんだか合っているような
不思議な感覚が楽しめます。

オーダーは

「1種類のカレーセット」1200円
ナンまたはライス、デザート、ドリンク付き

カレーは6種類くらいの中から選べます。

選んだのは

「チキンカレー」

さて。

運ばれたナンに、思わず笑ってしまうほど驚きます。

オーバルなプレートに
ほとんとはみ出してしまっているほどの大きさ。

今まで見たナンの中でも、いちばん大きいのではないかと…。

そのナン。

周りは厚みがあってもっちりとしています。
薄くのばされたところはパリパリと香ばしい。
バターの風味もきいています。

そして食べ応えたっぷり。

カレーは
タマネギを丁寧に炒めて作ってあり、
その甘みが口中に広がります。

でも。
スパイスの辛さがしっかりと生きているので、
口当たりが甘いのに、結構辛い。

この辛さがクセになります。

カレーは深い器に入っていて、
いつまでも温かく食べられるのも、ちょっとうれしい。

海を眺めながら、カレーを食べるシアワセ。

海沿いの食べ処は、なんだか探しがいがあります。

あっぷーがる
神奈川県鎌倉市材木座6ノ4ノ7
営業時間 午前11時30分~午後10時30分
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, September 09, 2008

海の宝石がたくさん! ゆうき丸銀座本店のミックス丼

Sany0943久しぶりに
銀座の大通り
あたりで
ランチを
探してみることに。

7・8丁目あたりには
まもなくオープンの
H&Mのビルや
スワロフスキーの
ゴージャスな路面店など
ワクワクしてくる雰囲気に
あふれています。

そのスワロフスキーの入っているビルにも
さまざまな飲食店があります。

4月ごろにオープンしたのですが、

その中のひとつがココ。

「ゆうき丸 銀座本店」

八丈島で獲れた魚介を使った料理が楽しめる店です。

もともとこのゆうき丸という店は、25年ほど前から都内にあり、
赤坂にはイタリアンも経営。

オーナーは八丈島の漁師。
八丈島には「友喜荘」というサーファー御用達の
民宿も営んでいます。

ビルの7階をあがると、
真っ白なのれんの下がった店構えが間の前に。

左手が厨房とカウンター、
右手がテーブル席となっています。

清潔感のあふれる雰囲気で島料理を満喫できます。

注文は

「ミックス丼」1050円
味噌汁、小鉢2皿、香の物、デザート付き

ミックス丼は

海鮮丼と五色納豆丼は半分ずつ入ったどんぶりです。

海鮮はその日で変わるのですが、
ワラサ、マグロ、メダイ、サバ、そしてウニが1切れずつ。

五色納豆というのは
納豆、沢庵、赤身、白身、大葉を細かく刻んだもの。

その色鮮やかなどんぶりは、
まるで海の宝石をちりばめているようで、
ついつい気持ちが盛り上がってしまいます。

ワラサやメダイ、マグロはしっとりとした味わい。
タレがついているのでそのまんまいただけます。

サバは絞めてあってその弾力ある食感が印象的。

そしてウニは、あくまでもトロリンとしていて
それでいて磯臭さは強烈ではなく、いい塩梅です。

五色納豆は、
納豆のネバネバと赤身と白身のまったりとした舌触り、
そして、ここにコリコリとやってくる沢庵の食感。

五色納豆の組み合わせは本当に絶妙です。

小鉢はゴーヤーと卵の和え物と
ゴボウと厚揚げの和え物。

しみじみとした味が楽しめます。

味噌汁は赤味噌で。

デザートはメロン味のゼリー寄せ。

和食はさまざまな食材をあれこれ楽しめるのが魅力。
その魅力がたっぷりと味わえたランチでした。

八丈島の島料理。
いろいろ試してみたいです。

ゆうき丸 銀座本店
東京都中央区銀座8ノ9ノ15、ジュエルボックス銀座7階
営業時間 午前11時30分~午後3時、午後5時~11時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, September 08, 2008

吹き抜ける風…。Ginger’s BeachのDaily Special

Sany0941ニューヨークスタイル
とうたった
日本国内の
レストランは、
実は
ちょっと想像が
つきにくいものですが、

ハワイアンスタイル…
となると、
そのイメージが
分かりやすく
そして、
南国の空を感じさせてくれたりして、
うれしくなってきます。

横浜駅東口から、ポートサイド地区へ。
まだまだ新しいマンションなどの
建設が続くエリアに
8月31日にオープンしたのが

「Ginger’s Beach」

ハワイアンレストランです。

とはいうものの。

ホワイトを基調とした店内は
天井が高く気持ちいい。

ソファ席やテーブル席、個室にカウンターと
それぞれがスタイリッシュで、
そして開放感にあふれています。

ハワイハワイしたところはちっともなく、
それでも、
南国の空気が漂っています。

オーダーは

「Daily Special」980円
サラダ、パンまたはライス、ドリンク付き

本日のメインメニューは

「ローストポーク キノコデミグラスソース」

サラダはリーフサラダで、
味の変化が楽しめる一品。

ローストポークは、厚めにカットされた豚肉。
カリッと焼きあがっています。

ナイフを入れれば肉汁がジュワッとしたたります。

脂身も甘くていい味わい。

キノコデミグラスソースは一般的な味わいですが、

ここに付け合せのズッキーニのソテーと一緒にいただくと、
味が激変! 

ハーブを加えてソテーしてあるので、
その風味がソースと合わさって、
味にコクを増してくれるのです。

ローストポークとソース、ズッキーニのジューシーさ。
組み合わせの楽しさを味わいました。

ラストのドリンクの種類も豊富。

豆乳カフェラテクレーマーは、
豆乳のカフェラテにホイップをトッピング。
まろやかな甘みがイケてます。

ラテを飲みながら、ついついのんびりとくつろいでしまう…。
そんな空間です。

夜の雰囲気もよさそうで、
ぜひともそれを感じに出かけたいです。

Ginger’s Beach
横浜市神奈川区金港町3ノ1、コンカード横浜1階
営業時間 午前11時~午後11時30分
(ランチは午後3時まで)

映画ウンチク
NIM’S ISLAND
幸せの1ページ
☆☆

冒険小説家のアレキサンドリアは
潔癖症のうえ、外に出ることのできない性格。
ニムはお父さんと一緒に南の島で2人暮らし。
そしてニムはアレキサンドリアの小説の大ファン。
あるときニムのお父さんが
珊瑚礁で見られる年に1回の現象を観察に海へ。
嵐が来て帰ってくる日に帰ってきません。
1人で留守を守るニムもだんだん不安に。
たまたまメールでやり取りするようになって
アレキサンドリアに「助けて! 」と。
ここからアレキサンドリアの大冒険が始まります。
とはいっても、小説とはまったくかけ離れた
情けない冒険ですが…。
何かを始めるときの、
その一歩を踏み出す勇気。
この映画は、その勇気の映画です。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, September 05, 2008

西口を見下ろすテラス。A&P with terraceの牛肉と冬瓜のフォー

Sany0939最近の
横浜駅西口は

リニューアルの
嵐です。

特に
横浜MORE’Sは
10月8日の
グランド
リニューアルに
向けて、
だんだんと活発さが増しています。

9月3日に一足早くオープンしたのは、
9階「The MOST」。

今まであったレストランとは一新。

共有スペースにはソファなどが置かれていて、
まるで書斎のような雰囲気になっています。

9階フロアのレストランのひとつが

「A&P with terrace」

A&Pとは、
ASIA AND PACIFICの略。

アジアと
パシフィック-ハワイ界隈の料理が楽しめる店です。

大元はあのZETTON。

with terraceとあるとおり、
店内にはソファも用意されたテラス席もあります。

このテラス席。
西口のバスターミナルなど、
西口の風景を上から見下ろせるようになっています。

この開放感が気持ちいい。
なんだか東南アジアやハワイの
あのなんともいえない心地よさが感じられます。

オーダーは

「牛肉と冬瓜のフォー」960円
チマキ、サラダ、スープ、ドリンク付き

スープとドリンクはフリーで好きなだけいただけます。
さらに
ドリンクの中には、白ワインもあり、
この白ワインを選んで注いでいる人が結構いました。

フォーは薄切りの牛肉がたっぷり。
冬瓜はゴロリと入っています。

スープは牛肉の出汁がしっかりとしみこみ、
八角などのアジアンテーストの風味がきいています。

フォーはツルツルシコシコ。
牛肉はやわらかく、冬瓜はシャッキリ。

ライムとパクチーを加えていただけば、
ますます東南アジアの風味が引き立ちます。

チマキはもっちりとやわらかく、醤油の味わいもいい塩梅。

ドリンクのしめはホットコーヒーで。

気持ちのいい風の吹くテラスでのんびり。
夜景もきっときれいなはず。

ハワイのロコモコやシンガポールの海南鶏飯、
タイのカレーなどなど、
気になるメニューはいろいろそろっています。

横浜駅西口。
しばらく楽しめそうです。

A&P with terrace
横浜市西区南幸1ノ3ノ1、横浜モアーズ9階
営業時間 午前11時~午前0時
(ランチは午後5時まで)
※ランチタイムは10月8日以降変更の可能性もあり
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, September 04, 2008

フレッシュな野菜たち。OSTERIA Monte-Mare TOTTORINEのベローチェ・エ・ヴォーノ

Sany0940東京には、
各都道府県の
アンテナショップが
あちこちにあり、
特に
新橋・銀座エリアには
その数は
かなりあります。

そして、
そのアンテナショップの
中には、
物販だけでなく、イートインができるところもあります。

さらには、ちょっとしたレストランになっているところも…。

先週新橋にオープンしたアンテナショップ
「食のみやこ 鳥取プラザ」。

その2階にオープンしたのが

「OSTERIA Monte-Mare TOTTORINE
(オステリア・モンテマーレ・トットリーネ)」

アンテナショップとは思えないような
りっぱなオステリアです。

鳥取県にあるホテルセントパレス倉吉が本社。
つまりはホテルの料理が楽しめるようです。

2階に上がると、
コの字型のカウンターとテーブル席。

まだオープンしたばかりで、
しかもアンテナショップのイートインスペースと
考えると、

その混雑振りにびっくりしてしまいます。

ランチのメニューも豊富です。

オーダーは

「ベローチェ・エ・ヴォーノ」1000円
新鮮野菜のミックスサラダ付き

これはパスタランチのことで、
本日のパスタ3種の中から選べます。

選んだのは

「鳥取野菜と大山牛乳のリコッタチーズ トマトソース」

1階のショップをのぞいてみると、
目立つ商品は、梨、トマト、トトリコ豚、そしてウニ…など。

食の豊富さがうかがわれます。

さて。

新鮮野菜のミックスサラダは、
紫キャベツのなんと新鮮なこと!

シャクシャクとした歯ごたえがたまりません。

そしてパスタ。

リコッタチーズは牛乳のようにフレッシュな風味。

トマトソースもすっきりとした味わいです。

野菜はズッキーニにパプリカ、タマネギ。

そのどれもが新鮮でフレッシュな歯ごたえ。
ズッキーニのしんなりとしたジューシーさ、
パプリカの目の覚めるようなさわやかなジューシーさ、
タマネギの甘いジューシーさ。

そこにトマトソースのフレッシュさが加わって、
なんともうれしい味わい。

野菜の鮮度は、さすがアンテナショップです。

パスタはフェデリーニの細いパスタで
ソースの絡み具合もいい塩梅です。

鳥取県はワインも作っているそう。

鳥取県には行ったことがないけれど、
食の豊富さに驚きです。

夜のメニューも楽しめそうです。

OSTERIA Monte-Mare TOTTORINE
東京都港区新橋2ノ19ノ4、
食のみやこ 鳥取プラザ2階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時30分~10時。日曜、祝日、年末年始定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, September 03, 2008

海の近くの味がする。京ばし 松輪の究極のアジフライ定食

Sany0938昨日のことでした。

たまたま
付けていた
テレビで
グルメ特集を
やっていた。

そこに出てきた
コレを見たら…。

というのも、
半生状態で
揚げたアジフライ。

生の部分は余熱ではんなりと火が通る…。

これって、
伊豆でよく食べるアジ丼の、
最後の仕上げでいただくまご茶と同じ?

生にやわらかく火が通ることで
飛び出すアジのあの旨味…。

うわぁ、これはたまらん! 
といてもたってもいられず。

はて? そういえば、
明日の打ち合わせはこの近くでは・・・。
と思い立ちました。

テレビ放映の翌日にその店に行くなんて、
ちょっとはずかしい! 
といった考えもなくはなかったのですが、

そんなこといってられません、
アジが食べた~い!!!!

場所は京橋。
銀座中央通り沿いにある

「京ばし 松輪」

三浦の松輪港から直送のトレトレの魚が楽しめる
和食の店です。

実はこの店。
もうずっと前から有名な店で、
ランチタイムのオープン前から行列のできる店なのです。

なので、オープンと同時に店は満席。

メニューはただひとつ

「究極のアジフライ定食」1200円
ご飯、味噌汁、小鉢、お新香付き

限定60食。

店内はL字型のカウンターとテーブルで30席ほど。
つまりは2回転すれば売り切れになってしまいます。

さて…。

夢にまで見たアジフライは2匹。

プラス
骨せんべいも添えてあります。
これ、ウレシイ。

アジフライはぽっこりと厚みのある身。
そのままあぶりつけば、
サクッとした衣の食感のあとに
ふんわりとしたアジの身の口当たり。
口の中ではアジの旨味がジワジワと伝わっていきます。

ふ~。

ここのアジフライは、
わさびおろしに醤油をかけたものと一緒に食べます。

この大根おろしと醤油の味わい、
そしてツンとくるワサビの風味。

この薬味がなんとアジフライに合うことか! 
油のしつこさもなくさっぱりといただけます。

骨せんべいも香ばしくていい味わい。

小鉢は冷奴だったのですが、
薬味はゆず胡椒。
この組み合わせもいい塩梅です。

都会の真中でこんなアジフライが味わえるとは!

この店。
直送ゆえに、夜のメニューも決まったものがありません。
5000円ほどのおまかせで
新鮮な魚がいただけます。

三浦…。
家からのほうが近い場所ではありますが、
夜のメニューを楽しむために、
京橋まで足を運んでもいいかな…。
と思わせる店でした。

京ばし 松輪
東京都中央区京橋3ノ6ノ1、地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~11時。日曜、祝日定休
(ランチは月曜~金曜)
※ランチは売り切れ次第終了
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Tuesday, September 02, 2008

アツアツッ!Pizza di Mannaの石焼リゾットランチ

Sany0936横浜駅東口には、
リトルイタリーという
エリアがあり、
イタリアンの店が
ズラリと並んでいます。

比較的
エスカレーターに
近いところに、
新たに
オープンしたのが

「Pizza di Manna
(ピアッツァ ディ マーナ)」

パニーニとリゾット、そしてピッツアのレストランです。

オープンテラスになっている店内で
開放感あふれる雰囲気になっています。

オーダーは

「石焼リゾットランチ」990円
サラダ、コーヒーまたは紅茶付き

本日のリゾットは

「チーズリゾット」

アッツアツの石鍋で登場のリゾット。

ジリジリと焼かれる音が、なんとも食欲をそそります。

ほどよくおこげができているのもうれしい。

ザクザクと鍋とお米の間をこそげ落とし、
パクリとひと口。

チーズの旨味に程よい塩加減。
ペッパーの風味もアクセントになっています。

チーズのおこげ部分もいい塩梅。

お米はアルデンテな仕上がりで、
その食感も心地いい。

最後までアツアツのままで食べられる
石焼のリゾット。

パニーニも大きなサイズでサーブされており、
種類も豊富。

パニーニランチも試してみたいです。

Pizza di Manna
横浜市西区高島2ノ16、横浜駅東口地下街ポルタ内
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後3時まで)

映画ウンチク
20世紀少年
☆☆☆☆

人気漫画の映画化。
ロッカーを目指していたケンジが
夢をあきらめ、
実家の酒屋をコンビニに変えて
もんもんと毎日を送っていたある日。
小学校時代の友人と会うことで
自分たちの少年時代のできごとが
大きな問題に発展していることに気づく。
世界を救うのは俺たちだ! 
という気持ちを奮い立たせ、
自分たちの作った架空の物語が
現実にならないために戦う…。
キーワードは、「ともだち」。
漫画を読んでいるときもそうでしたが、
「で、ともだちって誰???」
という疑問がずっと続いていました。
3部作の1作目も、もちろんその疑問が残り、
当然、つづく…。
第2弾は1月。待ちきれません。
漫画に忠実に作られていて、2時間40分。
かなり濃い映画になっています。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, September 01, 2008

モッチモチの食感♪神田カンドーレの熟成ミートソース

080901_13450001神田界隈。

歩くほどに
食べ処の多い
この街。

どのあたりで
手を打つか…。

というのも
楽しみのひとつです。

大塚製薬のビルの真裏にあるのが

「神田カンドーレ」

生パスタが食べられる店です。

店内は7席のカウンターと7つのテーブル。
モニターもあって、
どうやらサッカーゲームがあるときは、
そこで流されているようです。

こざっぱりとした店内で、パスタマシーンを使い
生パスタを作っています。

小麦粉はデュラン小麦のセモリナ粉を使用。
こだわりのパスタが楽しめます。

オーダーは

「熟成ミートソース」800円
サラダ付き

生パスタはスパゲッティーニの太さ。

ミートソースはタマネギを丁寧に炒めて、
ひき肉を加え、じっくりとトマトソースで煮込んだもの。

肉の旨味がぎっしりと詰まっています。

パスタはツルツルで、そしてなによりもモッチモチの食感。
心地いい噛み応えのパスタです。

こののど越しもうれしいパスタに
濃厚なミートソースの味がいい具合に絡まります。

パルミジャーノを加えれば、さらにまったりとした味わい。
タバスコを加えて辛味を付けてもイケます。

こちらのパーティーコースは、飲み放題付きのようですが、
メニューのパスタも食べ放題の様子…。

パスタを思い切りたくさん食べたいときに
ぜひとも利用したいものです。

神田カンドーレ
東京都千代田区神田司町2ノ15ノ1
営業時間 午前11時30分~午後11時
(ランチは午後3時まで)

映画ウンチク
HANCOCK
☆☆☆☆☆

超人パワーを持つハンコック。
本来ならばヒーローとして愛されるはずなのに、
なぜかこのハンコックは暴れ者の嫌われ者。
街の崩壊はなんのその…。
とはいえ、今までのヒーロー者は
当然のように街が壊れていたような…。
そんな部分を細かに取り上げて、
ヒューマニズムあふれるストーリーになっています。
PRを仕事にしている人物との出会い。
信頼してくれる人、そして感じる愛。
そうして、
とんでもないようなハンコックの生い立ち。
この過去が明らかになってくるごとに
ストーリー展開の以外さに引き込まれていきます。
さすが、
ウィル・スミス!
文句なく楽しめると思います。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »