« サラリと辛く…。華都飯店の坦々麺 | Main | 石焼鍋の進化。a Caveアジアン食堂の十穀米石焼:しらすと桜えびのひじき納豆 »

Tuesday, June 03, 2008

気がつけば辛味。赤坂 壌のネパールカレー

Sany0869赤坂サカス。

赤坂のBizタワーが
できて以来、

赤坂見附から
赤坂へ向かう
道沿いが
なんだかきれいに
なったような
気がします。

それにともなって、
いつのまにうやらオープンしている店もいろいろ。

気になるな、気になるな…という
思いを胸に、ランチを探します。

こうしてキレイになってしまった道を歩くと、
自然と路地沿い狙いでランチを探したくなってくる…。

そこで見つけてしまったのが

「赤坂 壌」

西麻布のスタンディングバーの先駆けとなった店の
2号店。

しかも、すでにオープンして3年近く経っています。

店構えは木造建てをそのまま改造したもの。

1階はスタンディングバーになっていて、
2階はソファ席が5席ほど。

格子窓など、木造ならではの雰囲気を
そのまんま残しているのが魅力です。

オーダーは、ひとつだけ。

「ネパールカレー」800円
トマト、キュウリのサラダ、ヨーグルト付き

実はこの店を発見したときは、
店の名前も知らず、ただただこのランチメニューに
惹かれて入ったのでした。

そのくらい、店の名前が表に出ていない、
でも、なんだかくつろげるような感じ…が出ているのです。

さて。

1階のスタンディングで先に料金を払うと、
サクサクとカレーセットを作ってくれます。
その間もちょっとおしゃべりをしたりと、
雰囲気はスタンディングそのもの。

トレーを持って2階に上がります。

ネパールカレーは、
サラサラだけど、タマネギなどの野菜がたっぷりと
形がなくなるくらいまで煮込んであるので、
ボテッとした感触。

チキンもやわらかく煮込まれています。

クミンなどの薬膳系香辛料の風味が刺激的。

口にしたときの印象は、香辛料の刺激を残しつつ
やさしい味わい。
最後にちょっぴり辛さがくる感覚。

そうして、食べ進むうちに、
気づくと、なんだか口の中はヒリヒリヒリヒリ。

ジワジワと強烈に辛さがやってくるのです。

でも、それもなんだかいい塩梅。

ヨーグルトは自家製で、ゼリーのようなとろみがあります。

雨の日はコーヒーのサービスも! 

窓越しに座って、格子から外を眺めながらの
コーヒーは、
気持ちがスーッと軽やかになるひとときとなります。

いいお酒もそろっているので、
夜もしっとりと飲みに行きたいです。

赤坂 壌
東京都港区赤坂3ノ14ノ5
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後6時~午前0時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« サラリと辛く…。華都飯店の坦々麺 | Main | 石焼鍋の進化。a Caveアジアン食堂の十穀米石焼:しらすと桜えびのひじき納豆 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/41413826

Listed below are links to weblogs that reference 気がつけば辛味。赤坂 壌のネパールカレー:

« サラリと辛く…。華都飯店の坦々麺 | Main | 石焼鍋の進化。a Caveアジアン食堂の十穀米石焼:しらすと桜えびのひじき納豆 »