« コクのある辛うま。蒙古タンメン 中本の蒙古タンメン | Main | 気がつけば辛味。赤坂 壌のネパールカレー »

Monday, June 02, 2008

サラリと辛く…。華都飯店の坦々麺

Sany0863横浜・
中華街では、

お昼時になると
ランチサービスの
メニューが並びます。

万が一ランチタイムを
はずしてしまっても
麺類などの料金はとても良心的なので、
気軽にランチが楽しめます。

関帝廟通り、関内方面から向かうとちょうど入り口にあるのが

「華都飯店」 。

広東料理を中心とした中華料理が楽しめる店です。

店内は台北のトップデザイナーが手がけたそうで、
宮廷風の高級感があります。

1階、2階が客席で、広々とした空間も印象的です。

さて。

麺のオーダーは

「坦々麺」840円

運ばれてきた坦々麺は、表面が真っ赤。

チンゲンサイとひき肉が上部にトッピングされています。

その真っ赤なスープの下をのぞいてみると、
透き通ったスープが見えます。

その透明なスープと真っ赤な部分を混ぜ合わせてみると、
下のほうからゴマダレが登場。

レンゲでそれらをすくってみると、
唐辛子の欠片もたくさん見られます。

そうです!

辛いんです。

その辛さも急激にくるのではなく、
ジワジワとやってくる感じ。

ゴマダレのコクもいい塩梅で、スープの中で見事に溶け合っています。

麺は中太麺で、シコシコツルツルな食感。
スープがきれいに絡み付いてきます。

辛さを強調したいときは、
レンゲに上の辛い部分をすくって、麺をたぐる。

ゴマダレ風味を楽しみたいときは、
下のほうからひき肉と一緒にすくって、麺をたぐる。

もちろん、この両方を合わせて、麺をたぐる。

気づけば、ポカポカと体が温まってきます。

ベースがサラリとしたスープなので、
コクを楽しみながらも、あっさりといただける坦々麺でした。

華都飯店
横浜市中区山下町166
営業時間 午前10時30分~午後9時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« コクのある辛うま。蒙古タンメン 中本の蒙古タンメン | Main | 気がつけば辛味。赤坂 壌のネパールカレー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サラリと辛く…。華都飯店の坦々麺:

« コクのある辛うま。蒙古タンメン 中本の蒙古タンメン | Main | 気がつけば辛味。赤坂 壌のネパールカレー »