« ごはんが進む味。肴や ぎん八の夏野菜と石焼ハンバーグ | Main | 恋しい味わい。ちゅら屋の健康野菜カレー »

Monday, June 09, 2008

噛み締める味わい。辰のおとし子の黒豚の生姜焼き

Sany0885新橋で
ランチ。

どの道を
せめてみようかと
思いながら、

烏森通りへ。

大きな通りで
済まそうと
考えつつ、

ふと、脇の路地が気になって、
唐突に右折してしまいました。

そして、その路地の途中の角で見つけたのが

「辰のおとし子」

和食居酒屋さんです。

こちらの店、新橋で展開している
「おば九」という店の系列店。

食材にこだわったくつろぎの店を多く出店しています。

角地にあるためか、
窓を大きく採った店内は明るい。

黒を基調としたカウンターとテーブル。
その奥には個室もあります。

席に着くとおしぼりを出してくれるのですが、
このおしぼりがペパーミントの香り! 
一瞬、癒される気持ちになれるサービスです。

オーダーは

「黒豚の生姜焼き」800円
ライス、味噌汁、サラダ付き

ジュージューと音をたてて運ばれてきた生姜焼き。

鉄板の上にのっているので、
アツアツをいただくことができるのが、なんともウレシイ。

鉄板には、厚めの豚肉と
モヤシ、コーン、ニンジン、
そして目玉焼き。

目玉焼きは、
黄身の部分はまだ火が通っていない程度なので、
自分の好みに合わせて焼いていきます。

その加減を見るのもちょっと楽しい。

生姜焼きは、胡椒がピリリときいた味。
生姜醤油のソースと相まって、いい味わいです。

肉はギュッと噛み応えがありつつ、ジューシー。
噛み締めるほどに肉の旨味が広がっていきます。

目玉焼きにもソースがしみこんできて、いい塩梅。

ほどよい硬さになったら、
ついついご飯の上に黄身をのせていただきます。

そのソースと黄身と白米のコンビネーションは絶妙です。

モヤシはシャキシャキ、コーンはプリプリ、
ニンジンはホクホク。

どれもこれも、それぞれの味をしっかりと
引き出されたランチでした。

手ごねのハンバーグもゴロリとまん丸のボリューム。
あれこれ気になるメニューがそろっていました。

焼酎も充実しているので、
夜もしっぽりと時間を過ごすことができそうです。

辰のおとし子
東京都港区新橋2ノ13ノ3、ALCビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、午後5時~11時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« ごはんが進む味。肴や ぎん八の夏野菜と石焼ハンバーグ | Main | 恋しい味わい。ちゅら屋の健康野菜カレー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/41480509

Listed below are links to weblogs that reference 噛み締める味わい。辰のおとし子の黒豚の生姜焼き:

« ごはんが進む味。肴や ぎん八の夏野菜と石焼ハンバーグ | Main | 恋しい味わい。ちゅら屋の健康野菜カレー »