« May 2008 | Main | July 2008 »

Monday, June 30, 2008

煮込みの味。カラバッシュのチキンヤッサ

Sany0896東京や
横浜には
さまざまな
国の料理が
楽しめる
レストランが
あります。

アフリカ料理…
というのは、
ありそうで
なかなか
お目にかかれない
ジャンルの料理です。

浜松町駅南口から
すぐのところにあるのが

「カラバッシュ」

アフリカ料理、
特にセネガル、マリ、ナイジェリアなどの
家庭料理が楽しめるレストランです。

地下1階に下りていくと、
思いがけないほどの大きなガラスの扉。

そこを開けると、
中央に空間を残したように
テーブルがセッティングされています。

丸太のようなテーブル。
天井のライトは、木彫りの丸いシェードが添えられて
アフリカンクラフトって素敵かも…と
思ってしまうような雰囲気に包まれています。

オーダーは

「チキンヤッサ」800円
サラダ、コーヒー付き

チキンヤッサというのは、
マスタードベースのチキンとタマネギのシチューです。

マリやセネガルの料理です。

ホワイトソースのような色合いのシチューは、
ひと口食べてみると、
マスタードの刺激がジワッと引き出てきます。

チキンはやわらかく、タマネギはトロリ。
塩加減が強めですが、
その分ご飯が進みます。

マスタードを主役にしてシチューとして食べる…。

その味わいは、なんだかとても新鮮でした。

ほかにも
ピーナッツバターを加えたシチューなど
アフリカらしいメニューがいろいろ。

新しい味わいをいろいろ試したくなってきます。

カラバッシュ
東京都港区浜松町2ノ10ノ1、浜松町ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後6時~11時。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (23) | TrackBack (0)

Friday, June 27, 2008

マイブーム到来! 沌-TONG-のヘルシーセット

Sany0894このブログは
お昼ごはんを
中心に
載せているので、

あまり
登場していないのですが、

実は、
第何期か目の
マイブームが
到来しています。

それは、タイフード。

最後にハマっていたのは、このブログを始めるちょっと前。

週に何度もタイレストランでタイ料理を食べていたものでした。

しばらくそんな衝動から離れていたのですが、
今月から唐突にタイフードに
再び目覚めてしまったのでした。

週を明けずと夜ごはんにタイレストランに
はせ参じてします。

今週は、夜の外食がほとんどなかったため、
タイフードへの欲求がフツフツと…。

そこで、ランチタイムにも登場というわけです。

横浜駅西口、相鉄ジョイナス地下2階にある

「沌-TONG-」

横浜駅周辺で楽しめるタイ料理レストランです。

入り口は、タイの神様(?)の顔。
店内は広々として、屋台というよりも
タイの高級料理店に来たかのような雰囲気でもあります。

オーダーは

「ヘルシーランチ」980円
生春巻き2本、ウンセントムヤム、サラダ、デザート付き

ウンセンは春雨のこと。
トムヤムスープの中に春雨が入っています。

スープは、酸味があって、そしてまろやか。
ジワジワと辛味が訪れる味わいです。

白濁のまろやかさが、なんともいい味のバランスをとっています。

麺が春雨なので軽くいただけるのもうれしいところ。

生春巻きはエビの入った春巻き。

キャベツなどの野菜がたっぷり入っていて、
食感はとってもヘルシー。
甘辛の春巻用のチリソースには、
ピーナッツも入っていて香ばしい。

デザートは、もちろん
タピオカのココナツミルク。
ここのデザートには、コーンが入っているのが
いかにもタイらしくて好きです。

かなりの満足。

でも、あとパッタイも食べたいし、
グリーンカレーも食べたいし…。

しばらく、横浜グルメはこの店が続くかもしれません。

というか、このマイブーム。

今回はいつまで続くのか…。
自分でもわかりません。

でも、夏ももうすぐだし、
南国料理の季節がやってきます!

沌-TONG-
横浜市西区南幸1ノ5相鉄ジョイナス地下2階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチタイムは午後4時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thursday, June 26, 2008

もっちり人気のバゲット。Cote De Rougeのサンドウィッチランチ

Sany0892赤坂周辺に
行くたびに、
気になっていた
ところ。

マキシム・ド・
パリの
一角にできた
ブーランジェリー。

「ドミニク・サブロン」。

パリの今、一番輝いているブーランジェの1人で、
日本発出店のベーカリーです。

オープン当初は本人も来日しており、
長蛇の列。

その後も前を通るたびに並んでいて、
なかなかそのパンの味わいを
試すチャンスがありませんでした。

でも。

そのお隣、
2階の「マキシム・ド・パリ」や
1階のカフェ・ワインバーでも
そのパンの味わいが楽しめることを知り、
ようやく味わうチャンスを得たのです。

「Cote De Rouge(コート・ド・ルージュ)」

「マキシム・ド・パリ」の味わいも気軽に楽しめる
ちょっとだけカジュアルなバーです。

店内はテーブル席とカウンター。
スツールの高いテーブル。

そして、店名とおり、赤を基調とした装飾が印象的です。

オーダーは

「サンドイッチランチ」1260円

ランチメニューは、
3つのスープの中から1つ

メイン料理を選ぶことによって料金が変わってきます

スープは

「マキシム・ド・パリのポタージュ」

サンドイッチは

「スモークサーモンとセーグルパンのハーモニー」

ポタージュは、
ひんやりとしたヴィシソワース。

マキシム・ド・パリのレシピで作った冷たいスープは、

ふんわりとジャガイモの風味が
やさしいスープの出汁と溶け合って、
ほっとくつろげる味わい。

スプーンを進める手が止まらなくなります。

サンドイッチは、
スモークサーモンと
鮭を丸ごと使ったリエットを合わせた中身。

サーモンのまったりとした味と
リエットのまろやかな味わいがマッチ。

セーグルというバゲットは、ライ麦のパン。

表面はバゲットのカリカリとした固さですが、
中はキメの細かく、そしてもっちりとした食感。

長時間の発酵を経て作り上げたパンは、
その発酵の味わいもライ麦の味わいも
しっかりと感じることができます。

そして、このもっちりとした心地よい食感。
かみ締めるほどにパンの旨味が
口中に広がっていきます。

もちろん、サーモンとの相性も良し。

付け合せにはジャガイモのマリネ。

こちらもさっぱりといただくことができます。

テラス席もあるこの店。

夏はシャンパンと一緒に
サンドイッチを楽しみたいです。

Cote De Rouge
東京都港区赤坂5ノ3ノ1、赤坂Bizタワー
マキシム・ド・パリ1階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後5時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, June 25, 2008

酸味が刺激的! LUCIANの本日のどんぶり

Sany0889Sany0890

久しぶりに新宿に来ました。

南口の西口側。
甲州街道から少し脇の道に入って、
文化服装学院方面に向かっていくと、

ぽつんとたたずんでいるのが、ココ。

「LUCIAN」

カリフォルニアイタリアンレストランです。

カリフォルニアスタイルのイタリアン、
ヌーベルキュイジーニといったところでしょうか。

新宿にありながら、落ち着いた場所にあるので
ゆっくりと食事が楽しめます。

店内は
入り口側からテーブル席が7席。
その奥にバーカウンターとスツールのテーブルが2つ。

レストランのロゴが魚なのですが、
そのイメージもあって、
ブルーではないのに、海の中にいるような気分になります。

オーダーは

「本日のどんぶり」950円

プラス100円で
スープ、サラダ付き

本日のどんぶりは

「青森産さくら鶏のステーキライス 
和風おろしポン酢ソース 半熟卵添え」

サラダは水菜とレタスが中心。
スープは胡椒がピリリときいていて、
さらにはベーコンがたっぷりで
その塩加減がプラスされていい味わい。

平たい大きなプレートに運ばれてきたどんぶり。

鶏肉は皮はカリカリに焼かれていて香ばしく、
身はプリプリと弾力があります。
口に入れれれば、ジューシーな肉汁が…。

ポン酢ソースは、酸味がガツッときいていて、
じめじめした季節にはちょうどいい刺激。

とろりととろみのあるソースにしてあるので、
しっかりと鶏肉に絡み付いてきます。

ダイコンおろしや大葉と一緒にいただけば、
その味わいがアクセントになります。

半熟卵をほぐして、鶏肉と一緒に食べれば、
酸味の中からまったりとした味に変化。

香ばしく、そしてジューシーに焼かれた鶏肉を
最後まで楽しめるどんぶりでした。

LUCIAN
東京都渋谷区代々木2ノ5ノ1、羽田ビル1階
営業時間 午前11時~午後11時(土曜、祝日は10時)
(ランチは午後2時まで)。日曜定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, June 24, 2008

わくわくな気持ち。Organic House半蔵門店の量り売りデリ

Sany0886本日も
麹町周辺。

仕事で
お世話に
なった方が、

来月から
留学するというので

いってらっしゃい
ランチでも…
ということで
連れて行ってもらったのは、

半蔵門に近いところにある

「Organic House半蔵門店」

以前虎ノ門でも入ったことのある、
オーガニックな食材をたっぷり使ったデリです。

店内右側には、惣菜がズラリ。

左手がイートインできるようになっています。

こちらの店は、お弁当とデリの販売で、
特にランチメニューは用意していない様子。

で、これです。

「量り売りデリ」100g250円
「8品目野菜の胡麻風味豚汁」210円
「有機玄米」150円

20種類近い惣菜を好きなだけプレートに取り、
最後にレジでグラムを量って
料金を払います。

その惣菜。

野菜を中心としたものがいろいろ並んでいて、
端から全部取りたい衝動にかられるほど、
ワクワクしてしまいます。

ジャコとインゲンのサラダやひじきのサラダ、
ホウレンソウの胡麻和え、
イタリア風野菜煮、
豆腐ハンバーグ、鶏のトマト煮、豚バラの煮物
など

7・8種類をピックアップ。

さて。
レジでどのくらいのグラムを取ったのかドキドキです。

結果、283g=707円

インゲンやエンドウマメなど、豆系を多く取ったのですが、
どの惣菜も野菜や豆の味わいが感じられるテイスト。

ジャコはカリカリとしていて玄米ご飯にもぴったりでした。

トマト煮もさっぱりとした味わい。

具だくさんの豚汁は、
胡麻風味がまったりとした口当たりになっていて
新鮮な味が楽しめました。

量り売りデリ…。

食べる前から楽しめるランチでした。

Organic House半蔵門店
東京都千代田区隼町2ノ13
営業時間 午前8時~午後8時

映画ウンチク
INDIANA JONES
AND KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
☆☆☆☆

とっても久しぶりのインディ・ジョーンズ。
映画の設定も1954年。
全体的にセピア色な映像で、
しかもCGの雰囲気も昔風。
でも、だからこそインディ・ジョーンズという感あり。
ストーリーは、
クリスタルスカルを追うロシア軍につかまり、
そして逃げ、自分たちで
その王国を目指し、
黄金に目がくらんで周りが見えなくなり…。
ストーリーは王道。
トリックも王道。
懐かしく、そして楽しめる映画です。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Monday, June 23, 2008

トロトロふんわり。鳥元の奥久慈卵使用 親子丼

Sany0884週明けは
麹町から。

さまざまな
店のある
この界隈ですが、

本日は、
こちら。

さまざまなところに
支店も構える
「鳥元」

炭火串焼きと十割そばの店です。

江戸の町風情が感じられる店造りで、
落ち着いた雰囲気が印象的。

個室感覚なテーブルもあり、
ゆっくりと話ができるのも魅力です。

注文は

「奥久慈卵使用 親子丼」820円
スープ、香の物付き

奥久慈卵というこだわりの卵と
厳選された鶏肉を使った親子丼は、

卵はトロ~リ、ふわふわ。

半熟仕上げになっています。

鶏肉もプリリとしていて、そして柔らか。

木のスプーンが付いているので、
さくっとすくっていただけます。

鶏肉と卵は秘伝の出汁で仕上げてあり、
そのあっさりとした出汁の風味は、
パクパクと食べられてしまう味わい。

くどくないのがうれしいところ。

スープは鶏のスープで、こちらもあっさり。

鶏団子が1つ浮いているのですが、
こちらの香ばしさもいい塩梅。

親子丼を楽しみつつ、
鶏スープも楽しむ…。

鶏三昧のランチでした。

鳥元 麹町店
東京都千代田区麹町3ノ5、麹町シルクビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後1時30分、
午後5時~11時30分
土曜=午後2時30分~11時30分
(日曜、祝日は定休)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, June 20, 2008

ひんやりピリリ。甘楽屋の韓国冷麺

Sany0896新橋でランチ。

再び
行ってみたい
ところも
数あるのですが、

じめじめとした
こんな日は、
さっぱりとした
ものが食べたい! 

ということで、足を向けたのは

新橋赤レンガ通りと日比谷通りの中間に位置する
それでいて、ちょっと路地に入ったようなところにある

「江戸牛焼 甘楽屋(からや)」 。

韓国焼肉店です。

地下1階に下りると、
韓国の町並みに立ち寄ったような雰囲気の造り。

靴を脱いで座敷に上がるスタイルの店内です。

オーダーは

「韓国冷麺」900円
キムチ、小鉢付き

冷麺はほかにも盛岡冷麺や味噌冷麺などもあり、
こちらも気になるところでしたが、

さっぱりと食べたかったのと、
韓国の麺でいただきたいな…と思った次第。

韓国の麺は、蕎麦のような黒い麺。
そして、とてもとても細い。

プツリとした食感が特徴的です。

冷麺は細かく砕いた氷が入っていて、ひゃっこい。

トッピングは、
キムチにキュウリ、ダイコン、卵、牛肉の燻製。

スープは水キムチのような味わいで、
さっぱり。

水のようなのに、コクがある。

ダイコンはオイキムチのように酸味のある漬物。

逆にキュウリはちょっと甘め。

牛肉の燻製は、かみ締めるほどに牛肉のうまみが増します。

卵も燻製にしているのか、しみじみ味わい深い。
黄身の塩味加減もいい塩梅。

すべてのトッピングが、
麺とスープに程よく合うような味付けになっています。

付け合せのキムチを冷麺に加えたり、
食べ進むうちに、なんとなくピリリ。

さっぱりとした食後感とピリリとした刺激。

これからの季節に食べたくなってしまう
メニューです。

江戸牛焼 甘楽屋
東京都港区新橋3ノ3ノ3、パイオニアビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~11時
(ランチは月曜~金曜)。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Thursday, June 19, 2008

おうちのように…。KOKORO CafeのMeat Lunch

Sany0894原宿です。

どのあたりで
ランチをしようかと

明治通りの裏側の
道に入ろうと
入ったところで
見つけたのが、

ココ。

「KOKORO Cafe」

ヘアサロン「KOKORO」が展開するカフェで、
和食を中心としたごはんが楽しめます。

なんと、店に入るとヘアサロンのような木のカウンター。
そして、カフェを楽しむ人は1階へ。

2階はヘアサロンになっているのです。

テーブル席はこじんまりした2人席。

奥にキッチンとカウンターがあります。

なんとなくヘアサロンの雰囲気があるなぁと
思ってはいたのですが、まさか、
本当にそうだったとは…。ちょっとびっくりです。

オーダーは

「Meat Lunch」900円
小鉢、味噌汁、ご飯、コーヒーまたは紅茶付き

今日のおかずは

「チキンとトマトの大葉ソース炒め」

チキンはトマトと醤油のソースがたっぷり染込んだ味。
大葉の千切りが、さわやかな風味を演出しています。

ちょっと濃い目に味付けしてあるので、
ご飯がなんとも進みます。

小鉢はニンジンと菜っ葉の胡麻和え。
こちらもご飯のお供にぴったり。

味噌汁には具がたっぷり。

誰かの家のような造りではないのに、
誰かの家に遊びに来て、
お母さんのごはんを食べているような空気。

そんなのんびりと、ほのぼのとした
お昼ごはんが楽しめました。

KOKORO Cafe
東京都渋谷区神宮前4ノ29ノ9、スクエア神宮前ビル1階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後4時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, June 18, 2008

こってり濃厚とんこつ味。福岡長浜ラーメン ぼたんのラーメン

080613_17020001大塚に
やってきました。

なかなか
行く機会のない街。

ですが、

そういえば、
以前ここに来たとき、

友だちに連れて行って
もらったラーメンがあったかも...。

と、思い出したのでした。

大塚は、ラーメン激戦区でもある池袋のお隣。

こちらも負けじと、結構ラーメン店が点在しているのです。

大塚駅北口からすぐにあるのが

「福岡長浜ラーメン ぼたん」

その名の通り、長浜ラーメン、

とんこつラーメンが楽しめる店です。

ビルの半地下のような場所に位置する同店。

L字型の大きなカウンターにテーブル席が少し。

長浜の屋台のようなざっかけない雰囲気があります。

注文は

「ラーメン」650円

店に近づくにつれ、濃厚なとんこつの香りが
ぷんぷんと漂っていたのですが、

でてくたラーメンのスープも
見た目にもドロリと濃厚です。

ひと口レンゲですくって飲んでみると、
こってりとしたとんこつの味わいはパンチがきいています。

これぞ九州のとんこつ! といった味わい。

麺は極細ストレート麺。

バリカタでゆでてもらったのですが、
そのシコシコ感、固めの食感がこのスープに合っています。

チャーシューはトロリとしていてなめらか。

キクラゲは細く刻まれていて、コリコリと食感が楽しい。

卓上にある辛味高菜を加えると、
ピリッとした辛さが濃厚とんこつにアクセントを加えてくれます。

濃厚濃厚といいながらも
なんだかあっさりといただけてしまうのが不思議。

スープの途中で紅ショウガをドサッと加え、
その酸味と辛味と食感も楽しみます。

スープがさっぱりとした味わいに変わるのも楽しい。

久しぶりにどっしりとしたラーメンを食べました。

福岡長浜ラーメン ぼたん
東京都豊島区北大塚2ノ12ノ3
営業時間 午前11時~午前2時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, June 17, 2008

ふっくらやさしい。Pancake Cafe Clover’sのオムレツセット

Sany0891久しぶりに
代官山。

スタイリッシュな
街だけあって、

店の移り変わりは
結構あります。

加えて、
マンション群が
多く建築されている
ような気もします。

東横線沿線沿いに最近オープンしたのが

「Pancake Cafe Clover’s」

店名のとおり、パンケーキの店です。

ビルの2階に上がると
白い壁にオーク色のテーブル、
白い椅子の店内が広がります。

カウンターもあったり窓に面したカウンターもあったりと、
思い思いに時間を過ごせる空間があります。

オーダーは

「オムレツセット」945円
パンケーキ、オムレツ、ソーセージ、
ベーコン、サラダ付き

ブレックファスト的なメニューです(笑)。

パンケーキは北海道十勝産の小麦を使用。
うるち米を少し加えた生地です

オーダーごとに1枚ずつ焼いています。

ふっくらとしていてそして
モチモチとした食感。

やさしい味。
端っこのカリカリとした食感楽しい。

オムレツはふんわりと焼き上げていて、中はとろ~り。

ベーコンは厚めにカットされていて、
脂身の旨味を残す焼き具合。

パンケーキにバターだけ塗ってオムレツと一緒に。

シロップを加えて甘く仕上げて、
ベーコンやソーセージと一緒に食べると、

甘みと塩気がいい具合にミックス。
これまたハマる味わいです。

パンケーキを2枚ぺろりとたいらげれば、
結構すっかり満足満腹。

甘いパンケーキのメニューもあるので、
小腹がすいたおやつタイムにも
立ち寄ってみたいです。

Pancake Cafe Clover’s
東京都渋谷区代官山18ノ8、2階
営業時間 正午~午後10時、
土・日曜、祝日=午前11時~午後10時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, June 16, 2008

ナスにパプリカ! 80*80の地野菜のグリーンカレー

Sany0896週明け。

思い切り、
カラダにいいもん
食べたいなぁ…と
思ったので、

それじゃあ、
やっぱり横浜で
ランチしかないな…と。

数あるヘルシー処から

久しぶりにココをセレクト。

関内・馬車道を赤レンガ倉庫方面に向かう途中にある

「80*80(ハチマルハチマル)」

半径80km内でできた食材を80%以上使った
料理が楽しめるデリです。

オープンしたころは、イートインでも紙の器などを使っていましたが、
まもなくきちんとしたプレートを使うようになり、

イートインスペースも以前よりもかなり確保してあります。

持ち帰りもイートインも両方とも多く、
まだまだ元気のいいデリです。

ショーケースの後ろの黒板を見ながらランチを選び、
代金を払って席で待ちます。

オーダーは

「地野菜たっぷりのグリーンカレー」850円
スープまたはおすいもの、または味噌汁付き

選んだのは

「トマトと野菜のチキンスープ」

ごろごろとした雰囲気のカレーには、
チキンにナス、パプリカがたっぷり。

グリーンカレーらしいココナツの風味と
ほんのりとした辛さがポイント。

ナスもパプリカもジューシーで、
チキンもプリッと柔らか。

五穀米もやわらかく炊かれていて、噛みやすく、
それでいて噛み応えもあるので、
しっかりと租借できます。

スープはさっぱりとしたトマト味。
ミネストローネな味わいが楽しめました。

ランチはいつも4種類くらいを用意。
魚を使ったメニューは早めに行かないと売り切れになっていることも…。

頼りにしている店です。

80*80
横浜市中区北仲通り4ノ47
営業時間 午前11時~午後3時、午後5時~9時
土・日曜、祝日=午前11時~午後7時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, June 13, 2008

横浜の味! 玉泉亭のサンマーメン

080118_19130001横浜に住んでいると
あって当たり前。

全国的にも
あるもんだ…と
思っていたもの。

ときどき急に
ソレを食べたくなります。
そこで、久しぶりに訪れたのが、

横浜駅東口ポルタ内にある

「玉泉亭」

気軽な中華料理が楽しめる店です。

店内はテーブル席なのですが、相席などは当たり前の
昔と変わらない雰囲気を演出しています。

まずは食券を購入して席に着きます。

注文は

「サンマーメン」600円

サンマーメンとは、
野菜を炒めて餡でとじたものをラーメンの上にのせたもの。
スープは醤油味です。

タンメンの醤油味バージョンと思っていただけると
想像しやすいでしょうか。

こちらの麺は細麺。

たっぷりの野菜の下にのぞいている麺は、
少々硬めのゆであがり。

のびてしまわないように、
早めに麺を食べていきます。

野菜は白菜、ニンジン、モヤシなどを
細く刻んで炒めてあります。

トロリとした餡と野菜の組み合わせは、アッツアツ。

麺と一緒に食べやすいのもウレシイ限り。

醤油テーストのスープも
この餡が程よくからんで、トロ~リ。

餡のおかげで最後までアッツアツでいただけるのも
サンマーメンならではです。

タンメンや餃子などもオススメの店。
サクッと食べたいときにも便利です。

玉泉亭
横浜市西区高島2ノ16、地下1階
横浜駅東口地下街「ポルタ」内
営業時間 午前11時~午後11時

映画ウンチク
JUNO
☆☆☆

高校生のジュノが妊娠。
ジュノはその事実の呆然とするものの
淡々とその先を考えていく。
アメリカではよくある養子。
そのカップルを見つけて、
でもジュノは自分の子どものことを考えて、
その家にちょくちょく通うことに。
そして、起こるさまざまなできごと。
悩む。
それでもジュノはまた明日を生きていく。
養子に出す…というような感覚は、
いかにもアメリカで、なかなか日本人としては
よくわからない部分もあるにはありますが、
ジュノの気持ちの部分は、
わかるような気がします。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (11) | TrackBack (1)

Thursday, June 12, 2008

弾力のある味。JUNOESQUE BAGEL CafeのLunch A

Sany0893今となっては、
ベーカリーに
行けば、
当たり前のように
売っている
ベーグルですが、

ベーグルが
それほど
知名度のないときに

「ベーグルが
食べたい! 」と思ったときに

わざわざ出かけた街が
自由が丘でした。

というのも、

自由が丘には、
New Yorkの人気のベーグルショップの
ベーグルを販売している店があるからです。

H&Hベーグル。

久しぶりに食べたいな…と思い、
自由が丘の行く機会があった今日、
行ってみることにしました。

ところが。。。

ニューヨークのベーグル。
船便が遅れていて、現在販売を中止しているとのこと。
到着するのは来週くらいとのこと。

ちょっとがっかり、いや、
かなりがっくり。

頭の中はベーグルでいっぱいだったので、

もうひとつのベーグルカフェに足を向けました。

「JUNOESQUE BAGEL Cafe」

デパートなどでも売られているベーグルの本店です。

数年前までは、
違う名前のベーグル店だったのですが…。

とはいえ、
こちらの店舗は、それはそれは気持ちのいい大きな窓。

右手にベーグルを作っている場所があり、
左手がカフェ。

開放感あふれる店内なのです。

オーダーは

「Lunch A」820円
日替わりベーグルサンド、サラダ、スープ、デザート付き

本日のベーグルサンドは

「スパイシーチキン」

ベーグルはトマトを練りこんだトマトベーグル。

弾力のある、そして噛み応えのある食感です。

チキンは
ガランマサラのスパイスが刺激的。
やわらかくてジューシーなチキンがスライスされて、
そしてたっぷりと挟んであるのがウレシイ。

スパイシーな味わいと柔らかチキンを
包み込んでくれるベーグルの食感。

デザートはヨーグルトで、
なんともヘルシー感覚のランチでした。

それにしても…。

ニューヨークのあの、
モチモチッとした、なんともいえない味わいは、
ニューヨークでしか味わえない味。

それは水が違うのか、空気が違うのか、
それともあの雰囲気で食べるからそう感じるのか…。

なんだかニューヨークが懐かしくなってしまいました。

JUNOESQUE BAGEL Cafe
東京都世田谷区奥沢7ノ2ノ9
営業時間 午前11時~午後10時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, June 11, 2008

立ち飲みでランチ。コトブキ酒屋 厨(KURIYA)

Sany0890裏横浜…と
呼ばれている
エリア。

昨年の12月に
ファーストプレイス横浜
という
マンションが建ち、
その2階に
何件かの飲食店が
オープンしています。

ランチをやっている店は多くないのですが、

今、唯一オープンしているのが

「コトブキヤ酒店 厨(KURIYA)」。

和食とワインと日本酒の店です。

コトブキヤ酒店というのが関内にあり、
ここは、いわゆる立ち飲み屋。

架空の酒店を想定して作った店で、
立ち飲みですが、ソファ席も用意されています。

で。ここは、
その2号店。

関内の見せよりも、よりスタイリッシュ。

入り口正面には、
大きな立ち飲みカウンターがデンとあり、
見た目は本当に立ち飲み屋。

でもその奥に進むと、
テーブル席や座敷席があります。

外にはテラス席もあります。

入りやすい雰囲気が魅力! 

注文は

「おかず2種付きの日替わり定食」900円。
ご飯、味噌汁、小鉢、お新香付き。

注文と同時にその場で代金を払うのも
なんだか立ち飲みスタイルです。

本日のおかずは

「鳥手羽元の酢煮とカツオのたたき」。

カツオのたたきは、
ポン酢醤油の上にカツオ、タマネギとカイワレトッピング。
マヨネーズも添えてあります。

カツオの風味がグワッと口の中に広がる味わい。

今年の初ガツオかも…。

マヨネーズと一緒に食べると、
舞ったりとした味わいが加わり、いい塩梅。

鳥手羽元は、甘酢に八角を加えた
やさしい味わいが印象的。

皮がトロリとしていて、タレがしみこんでいていい味わい。

ついついご飯が進んでしまいます。

この界隈のランチどころとしては、
ガッツリ系の人も気軽に立ち寄れる場所かもしれません。

帰りに立ち飲み…もいいかも。

コトブキヤ酒店 厨(KURIYA)
横浜市西区高島2ノ7ノ1、ファーストプレイス横浜2階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~午前1時

映画ウンチク
ザ・マジック・アワー
☆☆☆☆☆

まるで映画のセッティングのような町のボスのオンナに
手をつけてしまった支配人。
その落とし前から逃れるために、
伝説の男を知っていると言ってしまい、
5日以内に連れて来いと…。
困った彼の秘策は、
映画俳優にヒットマンを演じてもらうこと。
真実を告げずに、演技する俳優。
でも、だんだん何が真実か嘘かわからなくなって…。

もう。そのどたばたときたら!!
さすが、三谷幸喜です。
もう上映中、声を出すつもりもないのに
ゲラゲラ笑いどおし。
それでいて、信じた道を進んでいくことの大切さが
にじみ出ていたり…。

笑うって本当に元気になります。

そうそう。
ワンシーンしかないのに、そのシーンのために出ている
役者のすごいこと!
後から、「え? この人出てた?」という人も。
もう一度、じっくり観て確認したくなってきます。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, June 10, 2008

恋しい味わい。ちゅら屋の健康野菜カレー

Sany0887梅雨の季節。

雨は多いですが、
晴れると
夏のように
暑かったり…。

そうなってくると、
いてもたっても
いられなくなるのは、

南の国への想い…。

そんなことを考えていると、
知らず知らずのうちに足が向いてしまうのは、
南国料理。

横浜駅西口地下街のジョイナス地下2階に
4月にオープンしたのが

「ちゅら屋」

沖縄家庭料理と泡盛が楽しめる店です。

ジョイナスの構造上、ちょうど三角スペースになる場所があり、
ここをそのままま「三角コーナー」と呼んでいるのですが、

その三角コーナーにできたこの店。

外からキッチンが見えたり、
三角の店内なので、普通の店よりも広々としていたり、

開放感のある店なのです。

オーダーは

「健康野菜カレー」890円
サラダ、お新香付き

カレーには、
ゴーヤー、ヘチマ、オクラ、レンコン、サトイモ、
サツマイモなどが入っています。

ご飯は六穀米。

オーダーをしたときは、
野菜は全部カレーの中に入ってくると思っていたのですが、

六穀米の上に

ゴーヤーのフライ、ゴーヤー、オクラ、ニンジンが
トッピングされていました。

そして、別皿のカレーの中にサトイモとサツマイモ、
レンコン、ヘチマが入っていました。

その見た目が美しく、食欲がそそられてきます。

カレールーは、昔懐かしい、
ニッポンのカレー味。

甘味が口の中に広がっていき、
そして最後にかすかに感じる辛さ。

サツマイモは甘くてホクホク。
サトイモはホッコリ。

ヘチマはしっとり、レンコンはシャクシャク。

トッピングされているニンジンは甘く、
オクラはまったり。

ゴーヤーはキリリと苦いのに、
フライしたゴーヤーは苦味がなくなり、サクサクと香ばしい。

野菜のそれぞれの旨味が生きているのが、
なんともうれしく、そして、カレーのソースにもマッチしています。

本当にヘルシーなランチだなぁと、
しみじみしてくるカレーでした。

泡盛の数といい、雰囲気といい、
思い切り沖縄になっていないところが、
かえって沖縄への想いがつのります。

ちゅら屋
横浜市西区南幸1ノ5ノ1、相鉄ジョイナス地下1階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後4時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, June 09, 2008

噛み締める味わい。辰のおとし子の黒豚の生姜焼き

Sany0885新橋で
ランチ。

どの道を
せめてみようかと
思いながら、

烏森通りへ。

大きな通りで
済まそうと
考えつつ、

ふと、脇の路地が気になって、
唐突に右折してしまいました。

そして、その路地の途中の角で見つけたのが

「辰のおとし子」

和食居酒屋さんです。

こちらの店、新橋で展開している
「おば九」という店の系列店。

食材にこだわったくつろぎの店を多く出店しています。

角地にあるためか、
窓を大きく採った店内は明るい。

黒を基調としたカウンターとテーブル。
その奥には個室もあります。

席に着くとおしぼりを出してくれるのですが、
このおしぼりがペパーミントの香り! 
一瞬、癒される気持ちになれるサービスです。

オーダーは

「黒豚の生姜焼き」800円
ライス、味噌汁、サラダ付き

ジュージューと音をたてて運ばれてきた生姜焼き。

鉄板の上にのっているので、
アツアツをいただくことができるのが、なんともウレシイ。

鉄板には、厚めの豚肉と
モヤシ、コーン、ニンジン、
そして目玉焼き。

目玉焼きは、
黄身の部分はまだ火が通っていない程度なので、
自分の好みに合わせて焼いていきます。

その加減を見るのもちょっと楽しい。

生姜焼きは、胡椒がピリリときいた味。
生姜醤油のソースと相まって、いい味わいです。

肉はギュッと噛み応えがありつつ、ジューシー。
噛み締めるほどに肉の旨味が広がっていきます。

目玉焼きにもソースがしみこんできて、いい塩梅。

ほどよい硬さになったら、
ついついご飯の上に黄身をのせていただきます。

そのソースと黄身と白米のコンビネーションは絶妙です。

モヤシはシャキシャキ、コーンはプリプリ、
ニンジンはホクホク。

どれもこれも、それぞれの味をしっかりと
引き出されたランチでした。

手ごねのハンバーグもゴロリとまん丸のボリューム。
あれこれ気になるメニューがそろっていました。

焼酎も充実しているので、
夜もしっぽりと時間を過ごすことができそうです。

辰のおとし子
東京都港区新橋2ノ13ノ3、ALCビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、午後5時~11時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, June 06, 2008

ごはんが進む味。肴や ぎん八の夏野菜と石焼ハンバーグ

Sany0875銀座界隈に
やってきました。

スペイン料理でも
食べてみようかな…と
目指す店に
向かったのですが、

1時ちょっと過ぎただけで
なんとランチ売り切れ!

がっかり…。

そんなこともあるさと、気を取り直して向かったのが
同じビルにある

「肴や ぎん八」

地鶏炭火串と石焼まぜ御飯の店です。

いわゆる居酒屋さんのお昼ごはんです。

店内は、木枠のガラス戸などがある落ち着いた雰囲気。

お昼ごはんのメニューは8種類くらいあって充実しています。

注文は

「夏野菜と石焼ハンバーグ」800円
ライス、味噌汁、サラダ、お新香付き

石焼鍋に入ったハンバーグ。
ピリ辛のトマトソースで煮込んであります。

ソースにはオニオンがとろけるように煮込まれていて、
ヤングコーンなどがトッピングされています。

鍋のおかげでアッツアツのハンバーグは、
ホロリと柔らか。
ソースともよくあっています。

そして、このピリ辛ソース。
あっさりとしているのですが、辛さのおかげでご飯が進むこと!

スプーンでソースをすくって、
ご飯の上にのっけていただくのも、なんともいい味わい。

サラダもたっぷりあったり、
ご飯の大盛りが無料だったりと、
腹ペコな人には、結構うれしいランチタイムかも…。

地鶏の南蛮焼きや親子丼、
三元豚を使った料理など、ほかのランチも気になります。

お手軽価格でなかなかのランチでした。

肴や ぎん八
東京都中央区銀座8ノ10ノ17、銀座サザンビル3階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~11時30分
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, June 05, 2008

野菜モリモリ! LA SALSAのタコスビュッフェ

Sany0873みなとみらい。

ランチは
久しぶりに
ワールドポーターズへ。

レストランフロアの
5階の角に

4月10日に
オープンしたのが

「LA SALSA」

フレッシュメキシカングリルの店です。

大きな窓が開放的なメキシカンレストランです。

こちらのうれしいところは、
ディナーでは、トルティーヤが食べ放題なところ。

たいていの日本のメキシカンレストランでは、
トルティーヤは人数分しかなく、
おかずが多くて追加オーダーしてしまうことが多いので、

このサービスはウキウキしてくるのです。

そんなレストランのランチは
ビュッフェ形式。
もちろんトルティーヤも好きなだけいただけます。

ということで、
今日のオーダーは

「タコスビュッフェ」1000円
タコス、パスタ、カレー、サラダ、フライドチキン、メキシカンライス、
カレー、ドリンク付き

ビュッフェは1時間制になっています。

タコスコーナーに並ぶ具は

ひき肉のタコスソース、ビーフファフィータ、ポークファフィータ、チキンファフィータ、
ポークカルニタス、チキンカルニタス。

そして、サルサソースやホットソース、グリーンチリなど
ソース類は6種。

パスタは日替わりで2種。

トルティーヤのほか、ハードシェルもあります。

こういうビュッフェ形式は、
ついつい全部たくさん食べようと、とりすぎてしまいますが…。

今日は、とにかく、何しろ野菜が食べたかったので、
まずはプレートにサラダをひきつめていきます。

レタスや水菜、そしてセロリがあるのが魅力。
ダイコンやニンジンのスライス、ポテトサラダやマカロニサラダ。

そしてフライドチキンやメキシカンライスをちょっとのせ、
カレーはソースだけいただきます。

タコス作りもなんだか楽しい。
どの具で食べようか迷いながら、
グリーンチリもたっぷりと盛ってテーブルに着きます。

ファフィータはタマネギの甘みがソースと溶け合っていい味わい。

ビーフはビーフ、ポークはポーク、
そしてチキンはチキンの脂身のうまみが引き立っています。

カルニタスはチキンはポークを細かく裂いたもので、
あっさりとした味わい。

トルティーヤはちょっと厚めで、食べてみればかなりの満腹感です。

サクサクのハードシェルの味わいもいい塩梅。

フライドチキンはカリカリのクリスピーな衣と
ジューシーな肉汁がしたたる味わい。

カレーソースと一緒に食べるのもいい組み合わせです。

サラダをたっぷり食べられるのは、本当にうれしい限り。

タコスの具のファフィータたちをサラダに添えて食べるのも
いい味わい。

グリーンチリや辛いソースも、自分好みでうれしくなってきます。

ビュッフェの楽しさは、
コンディションに合わせて、メニューを組み合わせられることです。

メキシカンビュッフェ。

ちょっと気に入ってしまいました。

LA SALSA
横浜市中区新港2ノ2ノ1
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後5時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Wednesday, June 04, 2008

石焼鍋の進化。a Caveアジアン食堂の十穀米石焼:しらすと桜えびのひじき納豆

Sany0856韓国料理の
ひとつ。

石焼ビビンバ。

その石焼鍋は
とっても便利な
ものらしく。

いつでも
アツアツで食べられて、
おこげなんかもできると
お米を主食としている人間には
なんともウレシイものです。

そんな気持ちが形になったのが、
ビビンバ以外で食べられる石焼鍋料理です。

六本木ヒルズのノースタワー地下1階にあるのが

「a Caveアジアン食堂」

ベトナムの食堂をイメージした、
アジアごはんが食べられる店です。

石焼鍋を使ったランチは、
十穀米を使ったヘルシーなラインアップ。

8・9種類という豊富なメニューに、
どの組み合わせで食べてみようか悩みます。

そうして、選んだのが

「しらすと桜えびのひじき納豆」900円

アツアツの鍋でやってきたソレは、
納豆を天辺にトッピングし、その下に桜エビやひじき。

万能ネギやニンジンの千切りなど、野菜もたっぷりです。

石焼鍋料理の鉄則で、早速スプーンでざくざくと混ぜると…。

いちばん下には卵が! 

ほどよく焼かれた卵焼きを分解しながら、
納豆、ひじき、桜えびなどなどをザクザクザクザク。

全体的にネバリ系な一品に仕上がりました。

出汁のきいた味わいは、どこか懐かしく、そしてヘルシー。

納豆のコクと万能ネギがアクセントになっています。

十穀米も噛み応えがあって、
その味とトッピングたちがいい組み合わせ。

ほのかに感じる桜えびやしらすの香ばしさ。

知らず知らずのうちに鉄分やカルシウムなどなどを
取り入れていると考えると、
なんだか、いいランチをしたような気になれました。

a Cave アジアン食堂
東京都港区六本木6ノ2ノ31、
六本木ヒルズノースタワー地下1階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後4時まで)

映画ウンチク
21
-ラスベガスをぶっつぶせ-
☆☆☆☆

マサチューセッツ工科大学に通うベン。
その後ハーバード大学への進学が決まったものの、
彼にはお金がない。
数学的な頭の回転を見出した教授ミッキーに
誘われて、
ブラックジャックをカウンティングで
ボロ儲けする術を学ぶ。
人生が一気に変わる。
そして、もちろん墜落も…。
でも、ベンはまだまだ若い! 
ラスベガスの賭け事をテーマに、
どうやって数学的にカードを読み込むのか、
ついつい映画の中から見出そうと
してしまいます。
ラストのどんでん返しも、なかなかです。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Tuesday, June 03, 2008

気がつけば辛味。赤坂 壌のネパールカレー

Sany0869赤坂サカス。

赤坂のBizタワーが
できて以来、

赤坂見附から
赤坂へ向かう
道沿いが
なんだかきれいに
なったような
気がします。

それにともなって、
いつのまにうやらオープンしている店もいろいろ。

気になるな、気になるな…という
思いを胸に、ランチを探します。

こうしてキレイになってしまった道を歩くと、
自然と路地沿い狙いでランチを探したくなってくる…。

そこで見つけてしまったのが

「赤坂 壌」

西麻布のスタンディングバーの先駆けとなった店の
2号店。

しかも、すでにオープンして3年近く経っています。

店構えは木造建てをそのまま改造したもの。

1階はスタンディングバーになっていて、
2階はソファ席が5席ほど。

格子窓など、木造ならではの雰囲気を
そのまんま残しているのが魅力です。

オーダーは、ひとつだけ。

「ネパールカレー」800円
トマト、キュウリのサラダ、ヨーグルト付き

実はこの店を発見したときは、
店の名前も知らず、ただただこのランチメニューに
惹かれて入ったのでした。

そのくらい、店の名前が表に出ていない、
でも、なんだかくつろげるような感じ…が出ているのです。

さて。

1階のスタンディングで先に料金を払うと、
サクサクとカレーセットを作ってくれます。
その間もちょっとおしゃべりをしたりと、
雰囲気はスタンディングそのもの。

トレーを持って2階に上がります。

ネパールカレーは、
サラサラだけど、タマネギなどの野菜がたっぷりと
形がなくなるくらいまで煮込んであるので、
ボテッとした感触。

チキンもやわらかく煮込まれています。

クミンなどの薬膳系香辛料の風味が刺激的。

口にしたときの印象は、香辛料の刺激を残しつつ
やさしい味わい。
最後にちょっぴり辛さがくる感覚。

そうして、食べ進むうちに、
気づくと、なんだか口の中はヒリヒリヒリヒリ。

ジワジワと強烈に辛さがやってくるのです。

でも、それもなんだかいい塩梅。

ヨーグルトは自家製で、ゼリーのようなとろみがあります。

雨の日はコーヒーのサービスも! 

窓越しに座って、格子から外を眺めながらの
コーヒーは、
気持ちがスーッと軽やかになるひとときとなります。

いいお酒もそろっているので、
夜もしっとりと飲みに行きたいです。

赤坂 壌
東京都港区赤坂3ノ14ノ5
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後6時~午前0時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, June 02, 2008

サラリと辛く…。華都飯店の坦々麺

Sany0863横浜・
中華街では、

お昼時になると
ランチサービスの
メニューが並びます。

万が一ランチタイムを
はずしてしまっても
麺類などの料金はとても良心的なので、
気軽にランチが楽しめます。

関帝廟通り、関内方面から向かうとちょうど入り口にあるのが

「華都飯店」 。

広東料理を中心とした中華料理が楽しめる店です。

店内は台北のトップデザイナーが手がけたそうで、
宮廷風の高級感があります。

1階、2階が客席で、広々とした空間も印象的です。

さて。

麺のオーダーは

「坦々麺」840円

運ばれてきた坦々麺は、表面が真っ赤。

チンゲンサイとひき肉が上部にトッピングされています。

その真っ赤なスープの下をのぞいてみると、
透き通ったスープが見えます。

その透明なスープと真っ赤な部分を混ぜ合わせてみると、
下のほうからゴマダレが登場。

レンゲでそれらをすくってみると、
唐辛子の欠片もたくさん見られます。

そうです!

辛いんです。

その辛さも急激にくるのではなく、
ジワジワとやってくる感じ。

ゴマダレのコクもいい塩梅で、スープの中で見事に溶け合っています。

麺は中太麺で、シコシコツルツルな食感。
スープがきれいに絡み付いてきます。

辛さを強調したいときは、
レンゲに上の辛い部分をすくって、麺をたぐる。

ゴマダレ風味を楽しみたいときは、
下のほうからひき肉と一緒にすくって、麺をたぐる。

もちろん、この両方を合わせて、麺をたぐる。

気づけば、ポカポカと体が温まってきます。

ベースがサラリとしたスープなので、
コクを楽しみながらも、あっさりといただける坦々麺でした。

華都飯店
横浜市中区山下町166
営業時間 午前10時30分~午後9時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »