« 沖縄の辛味。沖縄時間のデージそば | Main | ぶっとい麺の味わい! センターグリルのスパゲッティランチ »

Monday, May 26, 2008

昔で今。福島屋の焼売セット

Sany0857六本木での
週明けです。

六本木ヒルズの
周辺で
打ち合わせだったので

ランチは、
ちょっと足をのばして
麻布十番に
行ってみました。

麻布十番商店街は、
昔ながらの商店街の雰囲気を残しつつも、
インターナショナルな空気が感じられる場所。

地下鉄ができてからは、
遠くからも訪れる人も多くなってきたエリアです。

商店街を歩いているうちに、
おでんのネタを売っている店を発見。

なんと、このおでんネタ屋さん。
中でイートインができるようにテーブルが
用意されているのです。

興味津々。

さっそく入ってみることにしました。

「福島屋」

大正10年創業の店です。

店頭ではおでん鍋にネタがたっぷり。
すぐに食べられるようになっています。

店内は、ネタを売っているショーケース。
右側にテーブルが用意されています。

注文は

「焼売セット」780円
焼売、おでん3品、漬物、ご飯付き

おでん3種は、
さつま揚げ、ダイコン、コンニャクの3種です。

おでんの汁は、鰹節がたっぷりときいた味わい。

ダイコンにその出汁がたっぷりと染み込んでいます。

さつま揚げはプリッとした食感が心地いい!

コンニャクも細かく包丁が入っていて、いい塩梅です。

焼売は肉が主体で、
ふんわりと蒸しあがっています。

アツアツでホワホワとやわらかい食感が楽しめます。

付け合せのキンピラゴボウも程よい甘辛さ。

そして漬物はぬか漬けで、いい具合に使っているのがウレシイ。

店の奥では、おでんのネタを仕込む場所になっており、
なるほど、さつま揚げの味はここからなのか…と納得。

ネタの種類は多く、店先で売っていることも考えると、
おやつにおでん…というのもアリなんだろうなぁ。

そんな想像を膨らませると、
近所に住んでいる人うらやましくなりました。

店内では英語での会話が飛び交ったりと、
かなりインターナショナルというのも
麻布十番らしいなぁと思ったのでした。

福島屋
東京都港区麻布十番2ノ1ノ1
営業時間 午前11時~午後7時30分。火曜定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« 沖縄の辛味。沖縄時間のデージそば | Main | ぶっとい麺の味わい! センターグリルのスパゲッティランチ »

Comments

すいません、
おでんダネじゃなくって
おでんネタなんでしょうか。。

くだらないことでゴメンナサイ(´;ω;`)ウウ・・・
すっごく気になってしまって。。。

Posted by: 通りすがりん | Wednesday, September 01, 2010 at 14:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/41325326

Listed below are links to weblogs that reference 昔で今。福島屋の焼売セット:

« 沖縄の辛味。沖縄時間のデージそば | Main | ぶっとい麺の味わい! センターグリルのスパゲッティランチ »