« April 2008 | Main | June 2008 »

Friday, May 30, 2008

コクのある辛うま。蒙古タンメン 中本の蒙古タンメン

Sany0853池袋というと、

ラーメン激戦区

としても
知られている街。

池袋駅に降り立つと
確かに有名な
ラーメン店があちこちに
点在していることがわかります。

そんな中。

最近は支店も増えてきたものの、
池袋近辺に行かないと食べられないかも…という
ラーメンがコレです。

西口の劇場通りに近いところにある

「蒙古タンメン 中本」

激辛のラーメンが食べられるところとして
知られている店です。

昼夜問わず、ラーメン店に行列ができているのが
池袋という街なんだと思いますが、

この店も相変わらずの行列ができています。

赤いカウンターが印象的な店内。

L字型のカウンターでは、
みなさん汗をかきかき食べています。

食券を買って順番を待ち、カウンターにつきます。

買った食券は

「蒙古タンメン」720円

ところでこちらのタンメン。

辛いメニューを攻める場合は、

まずは味噌タンメンなんだそう。

この味噌タンメンはピリ辛の味噌味スープがベース。
そこにキャベツたっぷりの野菜類がのったタンメンです。

で。

蒙古タンメンは、この味噌タンメンに
辛い麻婆豆腐をトッピングしたもの。

辛さが一段上がった状態になります。

まずはスープをひと口。

サラサラとしたピリリとした味噌スープ。
あっさりとしながらもさっぱりいただけます。

麻婆は少しずつスープに混ぜ合わせていくと、
ジリジリと辛さが増していきます。

麺はまん丸の中太麺。

ツルツルシコシコとした食感が心地よく、
ハフハフとすすることができます。

麻婆豆腐があんかけの役割を果たしているので、
麺はいつまでたってもアッツアツ。

辛さとあいまってだんだんと汗が染み出してきます。

このスープ。

食べるほどにハマっていく味わい。

キャベツはくったりとしていて、くったりシャキシャキ。

何気なくニンニクの香りもアクセントになっています。

スープも飲み干したいなぁと思いつつ、
そして邪道なんだとは思いますが、

卓上に餃子などはないのに置いてあったので、
こういうのもきっとありなんだろうな…と
勝手に自分に言い訳をして、

最後のほうのスープに「酢」を少しかけまわして
いただきます。

そうすると、辛さが酸味で広がるような味わいに変化。
さっぱりとした口当たりは、
シメとしていい塩梅。

それでも今度は酢の酸味による、
汗がジワジワ…。

暑い日にも、もってこいのさわやかメニューです。

蒙古タンメン 池袋店
東京都豊島区西池袋3ノ26ノ6
営業時間 午前10時~午前1時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Thursday, May 29, 2008

まったり。慎のヘルシー!ねばねばネギトロと卵豆腐

Sany0861横浜・関内で
割と新しく
オープンした
店がいろいろ。

ランチに行く
機会があるときは
ひとつひとつ
制覇していくような
気分になります。

今日は
その気になっていた店のひとつ。

馬車道と関内大通の間にあるのが

「慎」

土鍋ごはんと旨い酒をそろえた
おかず割烹の店です。

1階はレジと4・5人ほどの個室タイプのテーブル。

2階に行くとガラスの床を中心に
やはり個室感のあるテーブル席が並んでいます。

こちらのお米は、宮城県次橋の契約農家から
精米して直送された「ひとめぼれ」。

ほっくり炊かれたごはんが自慢です。

オーダーは

「ヘルシー! ねばねばネギトロと卵豆腐」950円
香の物、酢物、惣菜、汁物付き

ネギトロ丼はネギトロに納豆、オクラ、ワカメをトッピング。
出汁醤油がかけまわしてあります。

ネギトロはトロリとマグロの旨味がふんわりと味わえます。

そこに納豆とオクラのねばねばがからまって、
なんともまったりとした味わいに。

シャキッとしたワカメもいい食感でアクセントになっています。

スプーンがついているので、
これらをザックザックと軽く混ぜ合わせていただけば、
それぞれの旨味が合わさって、いい塩梅。

卵豆腐は器で作ってあってやさしい味わい。

酢の物は南蛮漬けでシャッキリ。
惣菜は鶏肉とゴーヤを合わせたもので
いい箸休めになっています。

ほっこりとしたごはんと一緒に、
あれこれ楽しめる時間がすごせました。

慎 
横浜市中区相生町4ノ65、ポラリス1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~午前0時、
金曜=午後5時~午前2時(祝日は午後11時)
日曜定休

映画ウンチク
27 Dresses
幸せになるための27のドレス
☆☆☆☆

友達のウェディングのブライドメイドを勤めて
早、27回。
ブライドメイドを何度もしすぎると結婚が遠くなる…。
という話があるところから、
たぶん、こんなストーリーが生まれたのでしょう。
恋する上司は妹とあっという間に恋に落ち、
自分の素敵なウェディングの相手は、いったいどこに?
気づかないところに、自分を思ってくれる、
そして、自分も自分らしくいられる人がいるんだ…。
オンナゴコロは世界共通なのかも…と思えるくらい、
ハッピーな気分になれる映画です。
ドレスもステキです。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, May 28, 2008

不思議に和む味わい。すぱじろうの納豆、たくあん、マヨネーズのすぱ

Sany0846恵比寿の
繁華街。

西口側から
渋谷方面に
向かう通りに

スパゲッティの
専門店が
オープンしていました。

「すぱじろう」

かまあげスパゲッティの店です。

こちら、「Mar de Napori」と同じ系列会社の店。

イタリアンの中からパスタだけ専門にし、
昨年の12月にオープン。

ちなみにそのビルの2階には、
ピッツェリアも展開しています。

店内は、左手にオープンキッチン。
その前にずらりとカウンター。

外から見るとこのカウンターだけが見えるのですが、
右手奥にはテーブル席もあり、
思いのほか広い店内です。

パスタはトマトソースやホワイトソースのほか、
和風仕上げのパスタもあり。

値段は変わりませんが、
パスタの量を選べるのも魅力です。

1人前よりも少し少なめのS、
1人前よりも少し多めのM、
たっぷり大盛りのL。

その日のお腹のすき具合でパスタのボリュームが選べます。

さて、
店内に入り席に着くと、すでにお箸とおしぼりの用意。

箸でパスタを食べるのが基本なのかなぁ…と
思いましたが、
テーブルにはちゃんとフォークとスプーンも
置いてありました。

こういう雰囲気なら和風がいいかなと思い、
数あるメニューの中から

「納豆、たくわん、マヨネーズのすぱ」950円
スープ付き

深い器で運ばれてきたパスタは、
細いパスタがつややかに茹で上げられています。

その上に納豆、たくわん、マヨネーズで作ったソースがちょこん。

海苔とカイワレがきれいに盛られています。

まずはソースをパスタ全体に混ぜ合わせていきます。

このソース。

もちろんマヨネーズを使っているのですが、
マヨネーズをソースにする際のしつこさがなく、
風味だけが生かされています。

そこにタクワンの甘さと納豆の豆のコクが混ざり合い、

なんともいえない味わいになっています。

さっぱり、だけどコクがあり、それでいてしつこくなく…。
不思議と和んでしまう味わいなのです。

海苔の風味やカイワレのピリッとした味わいも
アクセントになっています。

パスタは大きな釜で茹で上げたもので、
絶妙なアルデンテ。

ほのかに芯が残りながらも、シコシコツルツル。

ソースもきれいに絡み付いています。

メニューは本当にびっくりするくらいの数。

ほかのソースもぜひとも味わいたいです。

すぱじろう
東京都渋谷区恵比寿西1ノ2ノ5
営業時間 午前11時~午前0時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (14) | TrackBack (0)

Tuesday, May 27, 2008

ぶっとい麺の味わい! センターグリルのスパゲッティランチ

Sany0859今日は、
お友達と一緒に
ランチ。

リクエストに応えて
訪れたのは、

横浜・野毛にある
洋食店

「米国風洋食
センターグリル」

昭和21年創業の洋食が楽しめる店です。

こちらのメニューはランチタイムに関係なく
いつでもオーダーできるのが魅力的。

1階を通り抜け2階にあがると、
相変わらず人がたくさん入っていました。

改めてメニューを見ると、その数の多さに驚きます。

ランチという名のメニューは、
いろいろな洋食を組み合わせたもの。

いろいろ考えた挙句、

今日は、こちらをチャレンジです。

「スパゲッティランチ」750円
ミートソーススパゲッティ、チキンカツ、
ライス、サラダ、ポテトサラダ付き

オーダーしてから来るまでは、
まさかライスが付いているとは思わず、
そのボリュームにびっくり。

でも、このボリュームがここの魅力なのです。

ミートソーススパゲッティは太めのパスタに
ケチャップを中心にしたソースがよ~くからまっています。

その上にミートソースとパルメザンチーズ。

太いパスタですが、湯で具合も絶妙で
心地よい食感が楽しめます。

チキンカツはサックサクに揚がっていて、
その衣がちょっとうれしい。

中のチキンはやわらかくて皮も程よくついているので
いい具合にジューシー。

ポテトサラダはゴロゴロのジャガイモで
マヨネーズの味わいがとても懐かしい味。

チキンカツはラグビーボール型で盛られたライスと一緒に。

こういう洋食に、白いご飯はあっさりと食べられて、
いい組み合わせです。

メニューにある「ランチ」650円や「上ランチ」750円も
試してみたいです。

いろんなメニューがあるのがわかると、
次回はエビフライが付いているランチも試してみたいな、
あ、でもケチャップライスの特製オムライスもいいかな…。

などなど考えが膨らんでしまいます。

米国風洋食 センターグリル
横浜市中区花咲町1ノ9
営業時間 午前11時~午後9時15分。月曜定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, May 26, 2008

昔で今。福島屋の焼売セット

Sany0857六本木での
週明けです。

六本木ヒルズの
周辺で
打ち合わせだったので

ランチは、
ちょっと足をのばして
麻布十番に
行ってみました。

麻布十番商店街は、
昔ながらの商店街の雰囲気を残しつつも、
インターナショナルな空気が感じられる場所。

地下鉄ができてからは、
遠くからも訪れる人も多くなってきたエリアです。

商店街を歩いているうちに、
おでんのネタを売っている店を発見。

なんと、このおでんネタ屋さん。
中でイートインができるようにテーブルが
用意されているのです。

興味津々。

さっそく入ってみることにしました。

「福島屋」

大正10年創業の店です。

店頭ではおでん鍋にネタがたっぷり。
すぐに食べられるようになっています。

店内は、ネタを売っているショーケース。
右側にテーブルが用意されています。

注文は

「焼売セット」780円
焼売、おでん3品、漬物、ご飯付き

おでん3種は、
さつま揚げ、ダイコン、コンニャクの3種です。

おでんの汁は、鰹節がたっぷりときいた味わい。

ダイコンにその出汁がたっぷりと染み込んでいます。

さつま揚げはプリッとした食感が心地いい!

コンニャクも細かく包丁が入っていて、いい塩梅です。

焼売は肉が主体で、
ふんわりと蒸しあがっています。

アツアツでホワホワとやわらかい食感が楽しめます。

付け合せのキンピラゴボウも程よい甘辛さ。

そして漬物はぬか漬けで、いい具合に使っているのがウレシイ。

店の奥では、おでんのネタを仕込む場所になっており、
なるほど、さつま揚げの味はここからなのか…と納得。

ネタの種類は多く、店先で売っていることも考えると、
おやつにおでん…というのもアリなんだろうなぁ。

そんな想像を膨らませると、
近所に住んでいる人うらやましくなりました。

店内では英語での会話が飛び交ったりと、
かなりインターナショナルというのも
麻布十番らしいなぁと思ったのでした。

福島屋
東京都港区麻布十番2ノ1ノ1
営業時間 午前11時~午後7時30分。火曜定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, May 23, 2008

沖縄の辛味。沖縄時間のデージそば

080408_13490001日常に疲れてくると
南の島の
食べ物が
恋しくなります。

それはハワイアンなのか
沖縄なのか、
それとも
アジアンフードなのか…。

今日の気分は
沖縄でした。

横浜駅東口、
横浜ポルタにあるのが

「沖縄時間」

ランチメニューが充実していて、
あれこれ沖縄料理が楽しめます。

日々新しいメニューができているのですが、

今日気になったのはコレ。

「デージそば」830円

デージとは沖縄言葉で、
「大変」という意。

大変なそば…。

つまり大辛の沖縄そばなのです。

見た目は沖縄そばそのものなのですが、

汁の色は真っ赤。

ひと口飲んでみると、
鰹だしの香りがぐっときいた、
沖縄そばならではの味覚。

そこにピリッとした辛さが加わりました。

この辛さ。
コーレーグースーのような
でも
たぶん、島唐辛子を酢などに漬けた
ホットソースな感じ。
でも泡盛な香りも残していて…。

辛さが沖縄チックになっているのです。

トッピングは
ソーキ1枚にカマボコ、ネギ。

ソーキは甘く煮込んであるので、
このスープをいただいていると、
その旨味が引き立っています。

紅しょうがの酸味なども良いアクセントになっています。
違った殻さが楽しめるというか…。

麺は、ツルツルしこしこで、
スープにも良く絡み付いていていい塩梅。

気づけばペロリと食べきってしまいました。

南の島に行きたいな~。
という気分になってしまいました。

沖縄時間
横浜市西区高島2ノ16、地下1階
横浜駅東口地下街「ポルタ」内
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後4時まで)

映画ウンチク
RANBO
☆☆☆

実はこの映画の以前の作品は
観たことがありません。
それでもなんとなく理解し、
楽しめてしまいます。
アジアに身を潜めていたランボーに
ミャンマーの内戦に
巻き込まれたアメリカ人を救いに
その地に向かうことに。
激しいバトルを繰り返し、
人と語り、そして最後にランボーが
出した結論。
心安らぐ場所には、必ず待っている人がいる...。
激しいけれどもホッとする、
スタローン最後といわれる作品らしいラストです。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (126) | TrackBack (0)

Thursday, May 22, 2008

野菜と豆の魅力。ナマステカトマンズのダルバート

Sany0851池袋に
やってきました。

どこで食べようか、
悩むところですが、
今日は
西口側をウロウロ
してみることに
しました。

駅前の喧騒を過ぎ、
昼間は静かな
夜の繁華街を抜けると

平和通りにやってきます。

この通りは精肉店や青果店などの商店もあり、
住宅もあるので、とても静かな雰囲気になっています。

この通りで見つけたのが

「ナマステカトマンズ」

ネパール・インド・チベット料理が楽しめる店です。

本店は吉祥寺にあり、人気の店とか。

店内はテーブル席が5つほど。
カウンターは2人くらいしか座れない、
小さな造り。

ネパールらしいデザインの電球飾りや
山々の写真などが飾られていて、
雰囲気がたっぷりとでています。

オーダーは

「ダルバート」850円。
豆カレー、野菜カレー、漬物、ナンまたはライス、
サラダ、アイスコーヒーまたはアイスティー付き

ネパールのスタンダードなミールです。

ナンをオーダーすると、
パンッ、パンッと気持ちのいい音をさせながら
ナンをのばしていき、
タンドールにピタッと貼り付けていきます。

そうしてできあがったナンは、
これまた本当にびっくりするくらいの大きさ。

手でパンパンとやっていたときよりも
さらにひと回り大きくなったようです。

ちょっとウレシイ。

野菜カレーは、
スパイシーながら野菜の甘みが印象的。

豆カレーは3種類くらいの豆が入っているのですが、
豆の旨味がしっかりと感じられてびっくり。

そして思いのほかスパイシー!

ナンをちぎってカレーをつけていただけば、
もっちりとしたナンの食感と
カレーの旨味がジワジワと伝わってきます。

オニオンの漬物もちょっぴり辛くて、
カレーにもぴったり。

豆カレーと野菜カレーを一緒につけて食べるのもオツ。

ちぎって食べる楽しさと味わいに満たされて、
右手は止まりません。

食べ終わってみれば、
右手の指先は、まっ黄色! 

モモなどのメニューもあり、
夜のごはんも楽しそうです。

ナマステカトマンズ
東京都豊島区池袋2ノ76ノ12
営業時間 午前11時~午後10時30分
(ランチは午後3時まで)

映画ウンチク
The Chronicles ofNARNIA
ナルニア国物語 カスピア王子
☆☆☆☆

人間の世界の1年は、
魔法の国ナルニアでは何百年。
4人の主人公がナルニアから離れて、
人間の世界の1年のうちに
ナルニアは人間たちが入りこみ
ナルニアの人々は窮地に。
そんな中、人間・カスピア王子が、
たまたま吹いてしまった角笛に導かれ
再び、4人はナルニアへ。
そして、ナルニアのために立ち上がる! 
長編ファンタジーの第2弾。
相変わらず、壮大なストーリーですが、
これはこれでうまくまとまっています。
2時間30分あまり。
ぎゅっと詰まった映画で息が抜けません。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, May 21, 2008

ご近所の便利ランチ。花市場のホワイトソースグラタンランチ

Sany0810横浜・
東戸塚に
やってきました。

この周辺で
ランチ…。

というのが、
結構むずかしい。

オーロラモールという
ショッピングモールは
あるものの、

そこばかりではちょっとおもしろくない…。

ほかに何があるかといえば、
居酒屋店が多くて、夜営業がほとんど。

後はラーメン店か…。

と、しばし東口の坂道を上っていくと、
オートバックスの横のビルに
ランチのボードを発見しました。

「花市場」

丘の上の洋食屋…とうたっています。

ビルの2階のこの店。

洋食店ではありますが、
店内は喫茶店の雰囲気。

喫茶店の洋食をいただく…というのも
なかなかいいかもしれません。

ランチ処が多くないこともあって、
こちらのランチメニューは、かなり豊富。

パスタやドリア、グラタン、カレーにビーフシチューと、
種類も品数もたくさんです。

ビジネスマンやOLさんの姿も多く見られます。

オーダーは

「ホワイトソースグラタンランチ」870円
スープ、サラダ、パン、デザート、コーヒーまたは紅茶付き

シーフード、チキン、小エビの中から選べます。

選んだのは、チキン。

ホワイトソースのグラタンは、
ショートパスタにハム、マッシュルーム。

チキンは唐揚げしたものがトッピングされていました。

いい塩加減のホワイトソースはくどすぎず、
トロリとしたチーズともよく合っています。

熱いうちにハフハフと食べ、
コーヒーとデザートで食後を楽しむ…。

地元になくてはならない食べ処な店でした。

花市場
横浜市戸塚区品濃町545ノ5
営業時間 午前11時~午後5時
(ランチは午後2時30分まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Tuesday, May 20, 2008

ワンコインでOK! 謝謝のランチサービス

Sany0849時折、
思い出したように
横浜中華街に
行きたくなります。

最近の中華街は、
前から肉まんを
売る店はありましたが、

肉まん専門の
店が軒並み
増えてしまったこと。

そして、歩いてみると
こんなにも食べ放題の店が増えたのかと
驚くばかりです。

中華街のお昼ごはんは、低価格というのが魅力ですが、
価格は650円くらいから。

そんな中で、ずっとワンコイン、
つまりは500円でランチサービスを行っている店が

市場通りにある

「謝謝」

四川料理の店です。

店内は1階と2階にテーブル席を用意。
テーブルの間も狭いのですが、
サクサクたべてさっさと出たいときには
気にならないスペースです。

注文は

「サービスランチ」500円
ライス、スープ、ザーサイ付き

サービスランチは4種用意していて、
選んだのは

「陳麻婆豆腐」

注文してからすぐに出てくるあたり、
あらかじめ作っているのかな…とも思いましたが、
なにしろ、このお値段。

味も中国山椒が程よくきいていて、
ピリッと引き締まった味わい。

辛さはある程度抑えているので、
サクサクと食べられます。

クワイが入っていて、その食感がアクセントにもなっています。

麻婆豆腐はたっぷりとあるので、
ごはんの上にのせて、ガツガツと食べ進みます。

ワンコインでこの満足感。

唯一500円ランチが食べられるところとしても
結構名は知れているようです。

謝謝
横浜市中区山下町138
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、午後5時~9時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (25) | TrackBack (0)

Monday, May 19, 2008

豚の旨味ととろろ。ぶた家のしろどん

Sany0847恵比寿で
豚を食べたいな・・・

と思うと
浮かぶのが

この店。

以前は別館で
お昼ごはんを
しましたが、

その別館が、最近ちょっときれいな雰囲気になりました。

そして、行ったことのない本店。

本館はビルの2階にあり、
別館とは雰囲気が違うんだろうな…と
ずっと思っていました。

そこで、本日は本館におじゃましてみました。

「ぶた家 本店」

山形県庄内の豚とやっぱり山形産のお米をしようした、
豚の専門店です。

最近は豚の専門店も増えましたが、
この店は割と早い時期からオープンしていました。

雑居ビルの2階に上がり、
細い入り口を入ると、中は思いのほか広い。

木をふんだんに使った、
アジアの屋台のような雰囲気の店内です。

オーダーは

「しろどん」950円
小鉢、サラダ、ぶた汁、おしんこう付き

こちらのランチは「くろどん」と「しろどん」があり、
「くろ」のほうはタレをつけて炭火で焼いたもの。

「しろ」は、自然塩を使って塩焼きにしたロース肉に
とろろをかけた丼です。

こんがりと焼きあがった豚肉は、
ギュッとかみ応えのある弾力、そしてやわらかさ。
塩加減が程よく、豚の旨味を存分に引き出しています。

そこに出汁で溶いたとろろと一緒に食べると、
なんともまろやかでやさしい味わいに変身。

ちょこっとのワサビも良いアクセントになっています。

豚肉ととろろの組み合わせがこんなに良いとは、
ちょっと驚きでした。

ご飯も丼に合った硬さの炊き上がりで、
これがまた、豚肉やとろろにぴったり。

ウハウハと箸が進んでしまうのでした。

ぶた家 本店
東京都渋谷区恵比寿西1ノ13ノ2、サンギビル2階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後6時~午前0時。日曜、祝日=午後6時~11時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, May 16, 2008

チリチリの旨味。孟吉の黒毛和牛の冷しゃぶランチ

Sany0846しばらく
ごぶさたに
していると、

なんだか
新しい店が
目に付く横浜・関内。

週初めに
訪れたときに、
あ、ここいいかも…。

と、目をつけていたところがあったので、

関内にいるからには行かねばと、行ってきました。

関内大通りと馬車道の間、
相生町の通りにできた

「孟吉」

黒毛和牛を使った焼肉が楽しめる店です。

こちらではA5ランクの黒毛和牛を使っています。
店内には山形牛の将棋駒が飾られているので、
山形牛を中心に仕入れているのでしょう。

1階はカウンター、2・3階がテーブル席になっています。

1階の入り口でオーダーを伝え、料金は先払い。

そこから席に案内されます。

オーダーしたのは、

「黒毛和牛の冷しゃぶランチ」1000円
ご飯、味噌汁、キムチ、デザート付き

しゃぶしゃぶの肉は、たぶん和牛の切り落とし部分。

チリチリとなった肉は、
牛肉の旨味がぎゅっと凝縮した味わい。

胡麻ダレとの相性もぴったりです。

牛肉の下には、キャベツの千切りが盛られていて、
これと一緒にいただくのもいい塩梅。

肉の旨味を味わい、ご飯をぱくり。

味噌汁はお椀がとても大きく、
ニンジン、ダイコンと具だくさん。
しみじみとできる味噌汁です。

デザートは寒天とフルーツ缶を合わせたもの。
これがことのほかサッパリしていて、
いいシメになりました。

夜はそれなりのお値段の店なので、
こういうランチはうれしい限りです。

孟吉
横浜市中区相生町4ノ69ノ2
営業時間 午前11時~午後2時、午後4時~10時30分
日曜定休

映画ウンチク
Charlie Wilson’s War
☆☆☆

テキサス州の議員、チャーリー・ウィルソン。
とってもナンパちっくな彼ですが、
州の大富豪・ジュリア・ロバーツとの話から、
アフガニスタンの危機を救おうと動き出す。
国家が動いたのではなく、
彼の人のいい人柄が、国を動かしてしまう…。
true storyなのですが、
私たちの知らないアメリカの事情が、
またここにあるんだなぁ…と思ったりもしました。
淡々と進むものの、人の歴史というのは、
結構そういうものなのかもしれません。
なのに、成し遂げたことはとても大きなこと。
そこがすごいなぁと素直に思えます。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Thursday, May 15, 2008

初侵入! 天丼 いもやの天丼

080514_12480001神保町界隈に
来ました。

この界隈に来ると
いつも
気になっていたのが

「いもや」という看板。

この「いもや」は、
とんかつの店、
天麩羅の店、
そして天丼の店と種類分けされて
分散して存在する店です。

昼時はいつも、並んでいるのは、
そのリーズナブルな値段と味なんだろうなぁと
思いつつも、
なかなか足を向けることができませんでした。

今日は、なんだかふと入ってみたくなり、
思い切って入店してみました。

「天丼 いもや」。

天どんの店は神保町と御茶ノ水の間の
小さな路地に存在しています。

店内は白木のL字のカウンターのみで
席数も11と、こじんまりとした店構え。

次々と人が入ってくるので、
いつでも天ぷらを揚げる音が聞こえ、
回転が早い分、揚げたての天ぷらがいただけます。

注文は…というより、
メニューは簡単。

「天丼」500円。
味噌汁付き。

注文を聞いて、席が空いてその席につけば、
すぐに天丼がでてきます。

このタイミングもいい感じです。

天丼は、
エビ、キス、イカ、カボチャ、そして海苔。

どのネタも小ぶりではあるのですが、
それはそれ。このお値段ならではと納得です。

それでもエビはプリッとしているし、
キスはホクホク、イカの弾力もよし。
カボチャもホックリ。
衣はサクッとしていて、そして丼汁でしっとり。

この丼汁。

甘く仕上げておらず、むしろ醤油の味を生かした丼汁で
さっぱりといただくことができます。

これもいい塩梅。

さらには海苔の天ぷらは、カリカリと香ばしく、
その歯ごたえが、いいアクセントになっています。

いもや体験。

次はとんかついもやにもチャレンジしてみたいものです。

天丼 いもや
東京都千代田区神保町1ノ22
営業時間 午前11時~午後4時。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, May 14, 2008

タイムスリップ…。朝路の日替わりパスタ

Sany0844そう遠くない
ちょっと昔。

今となっては、
丸の内・大手町
周辺は、

新しいビルに
どんなレストランが
入っているかは、
ほとんどの人が
知っていると思いますが。

その昔は、このビジネスビルが立ち並ぶ場所の
どこに飲食があるのか、
皆目検討がつかないものでした。

それぞれのビルの地下には、
まるで社食のように飲食店があることを知ったときは、
それはそれはびっくりしたものです。

大手町に通勤していたころは、
どのビルにどんなおすすめランチがあるかを把握していて、
日替わりで、あちこちのビルに出かけたものです。

きれいなビルが立ち並んではいますが、
もちろん昔ながらのビルもあちこちに。

ふと通り過ぎたときに、
そういえば、このビルの中にも
「このビルのときはあのランチ」というのがあったなぁと、
なんとはなしに思い出し、
まさか、あのときの店はもうないに違いない。

と思いつつ、ついつい地下に降りていってしまいました。

そのビルは、サンケイビルの隣、JAビル。

目的の店の名前も、メニューも思い出せないまま、
並ぶ店をきょろきょろ。

でもそうしていくうちに、自然と足が向かうところ。

そうでした! 

パスタランチをしようとみんなで決めたときに
向かっていた店。

「朝路」

看板にはPUB RESTAURANTとも
パスタと手作りピザの店とも書いてあります。

それだけ、昔から洋食の店として存在していたのでしょう。

まさか、まだ存在していたとは…!

店内は、典型的な喫茶店。

ランチタイムの終わりごろだったのですが、
近所のビジネスマンが遅いランチをとっていたり、
リタイアした方が、
久しぶりに大手町にでてきたから立ち寄った…
という人まで、さまざま。

なんとなく、けだるい、まるでタイムスリップしてしまった
昭和の香りの残る店なのです。

こちらのパスタはソースがユニークで、
ミネストローネはトマトスープ、
和風は醤油味、
イタリアはトマトソース、
フローレスはトマトソースとホワイトソースのミックス。

そういえば、よくフローレスをオーダーしたなぁ…など、
次々と記憶がよみがえっていく中、

今回は素材の組み合わせが魅力的でオーダーしたのが

「日替わりパスタ」840円
サラダ付き

今日の日替わりは

「新キャベツとベーコンの和風パスタ」です。

パスタは山のように盛られたボリューム感。

ガーリックと唐辛子がきいたアーリョオーリョをベースに、
醤油をプラスしたソース。

あつあつできたてのパスタは、
キャベツはシャキシャキしていてそして柔らか。

ガーリックと醤油の味わいがなんとも懐かしい味わい。

ベーコンの塩加減も計算に入れた味わいは、
ボリュームがあるものの、パクパクといただけます。

苔の風味も加わって、
昔懐かしい、でも今も新鮮な和風スパゲッティです。

新しい店もいいけれど、
こうして、昔から変わらず存在する店があること。

この先も、そういった店が増えていくことを祈るばかり。

それにしても、大手町ランチ。
久しぶりに、ちょっとおもしろいかも…と思ったのでした。

朝路
東京都千代田区大手町1ノ8ノ3、農協ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後9時30分
(ランチは午後2時まで)

映画ウンチク
The Hunting Party
☆☆☆☆

サラエボの状況を伝える
レポーターとカメラマン。
現場にいることでその真実を知る。
そことスタジオの温度差。
あることをきっかけに
チーフとして認められるカメラマンと
その反対になってしまうレポーター。
そうして、ベストコンビが解散して5年。
現地のその後のレポートするために
偶然にも再会。
そして、特ダネを追うことに...。
フィクションなのに、現実のような気がして、
でも突然、「あ~、フィクションだよね」と
気づかされるものもあり...。
観ているうちに現実か非現実か、
混乱してしまうような、
すっかりハメられてしまう映画です。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, May 13, 2008

ガッツリな感じ。みつるのビーフカツレツフォンフォヴォーソース

Sany0842赤坂界隈で
打ち合わせ。

今日のランチは
どこで食べようか…。

あまり
足を向けていない
溜池山王方面に
向かってみました。

シャトレーインの
1階で見つけたのが

「みつる」

前沢牛を扱った鉄板ステーキの店です。

店内は鉄板を目の前にしたカウンターに、
テーブル席。

ざっかけない感じの雰囲気です。

ここ。
ランチタイムとなったとたんに、
どどどっと人が押し寄せる、押し寄せる。

しかも男性率が高くて、
というか、ほとんどが男性客。

ガッツリ肉が食べられるランチだからこその
現象なのでしょうか…。

オーダーは

「ビーフカツレツ フォンドヴォーソース」1000円
ライス、味噌汁付き

カツレツも、オーダーが入ると鉄板に並べられて
カリカリと焼き上げていきます。

焼きあがったころに、チーズをポン。

お皿に移してフォンドヴォーソースをかけてできあがり。

お箸でいただきます。

牛肉は、程よくやわらかく、
そして胡椒がピリッときいた味わい。

牛肉ならではの旨味がジューシーに感じられます。

フォンドヴォーソースは、
甘めだけれどさっぱりとした味に仕上がっているので、
あっさりといただけます。

とろけるチーズでコクも出ています。

付け合せにはキャベツとスオアゲッティ。
この2つもフォンドヴォーソースにぴったり。

ハンバーグステーキには目玉焼きがのり、
ポークカツレツにはチーズがのり…。

ほかにもまだまだパワーランチがたくさん。

ハンバーグのやけ具合にもホレボレしてしまい、
ちょっと誘惑にかられるのでした。

みつる
東京都港区赤坂2ノ6ノ12、シャトレーイン1階
営業時間 午前11時30分~午後1時30分、
午後5時~10時。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, May 12, 2008

超BIG!!  mastiffのチーズバーガーランチ

Sany0844_2Sany0845_2

横浜・関内周辺で
久しぶりにランチ。

桜通りからTVKのビル辺りで右折。

その先にあるのが
昨年の暮れにオープンした

「mastiff」

イタリアン創作料理の店です。

以前、ニューヨークなどで話題だった裏巻きの
お寿司が楽しめた店の後にできたようです。

店内はカウンターとテーブル席と
以前と変わらない店構えです。

オーダーは

「チーズバーガーランチ」950円
スープ、サラダ、コーヒー付き

このチーズバーガーの大きさといったら! 

こんなに大きなバンズがあるのかと、驚くばかり。

よくよく見ると、バンズに層が見えていて、
なんだか食欲をそそります。

テカテカと輝く上部からギュッと押さえ込むと
ハンバーグからジュワ~ッと肉汁が染み出てきます。

ある程度押さえ込んでからかぶりつきますが、
なにしろ、デカイ! 

あんぐりと口をあけていただきます。

ギュッと詰まった肉のうまみと
まったりとしたチーズ。

ハンバーグはじっくりと焼き上げただけあって、
本当にジューシーです。

そこに加わるレタスとトマトのフレッシュな口当たり。

そのすべてを受け止めるバンズの弾力。

かみ締めるほどにそれぞれのうまみが
口の中で広がっていきます。

付け合せのピクルスは、1本を縦にカットされていて、
つかんでパクリと食べるのが、なんだか豪快。

食べきれないほどのサイズのハンバーガーは
なんだか、それだけでちょっとうれしくなってしまいます。

ほかにはパスタランチや
ハンバーグステーキランチ、カレーランチもあります。

mastiff
横浜市中区太田町2ノ28、大黒ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後6時~11時。日曜定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, May 09, 2008

踊る胃袋。supicaのワンデーランチカレー

Sany0841原宿に来ました。

今日は、
外苑方面に向かう
道すがらで
ランチどころを見つけました。

トルコ大使館の裏手の
通りには、
ちょっとした
カフェや食べ処がいろいろ。

そして、もちろんあったのが
札幌からやってきたスープカレーの店。

「supica」

ビルの地下1階にある小さな店です。

店内は12席ほどの長いカウンターのみ。

オーダーは、

「ワンデーランチカレー」880円

このメニューのみ、ランチタイムだけの特別メニューです。

本日は

「ハムカツとアスパラ」

スープカレーは、
トマトをベースにしているのか、
赤色が印象的の色合い。

10種以上のスパイスを使って仕上げています。

スープの味はとってもやさしい。

ハムカツにはチーズがはさんであります。
衣がサクサクに揚がっていて、
これにスープをつけて食べるのがいい塩梅。

アスパラもホックリ。

ほかにも
ジャガイモやニンジン、ナス、ゆで卵、
キャベツにタマネギと野菜がたっぷりあります。

ホクホクのジャガイモに甘いニンジン。
まったり味わいの卵の黄身など、
それぞれの野菜の旨味が
存分に味わえるようになっています。

ところで。

辛さですが、激辛の「8」を選んでみました。

こちらのカレーの辛さは
唐辛子がキモになっているようです。

細かく刻んだ唐辛子のほかにも、
丸々の唐辛子が2本。

スプーンですくうたびに、
唐辛子の姿が見受けられる状態です。

そんなわけで、辛さはとってもストレート。

頭皮の穴が全開するくらいな勢いでした。

夏は汗をかいてスッキリ、冬は刺激であったかくなれる、

胃袋が踊りだすような刺激です。

supica
東京都渋谷区神宮前2ノ31ノ7、ビラグロリア地下1階
営業時間 午前11時~午後9時
(ランチは午後3時まで)。土・日曜、祝日定休

映画ウンチク
The Bucket List
最高の人生の見つけ方
☆☆☆☆

自動車修理工のモーガン・フリーマンと
お金持ちのジャック・ニコルソン。
2人が出会ったのは病室。
そして2人の命は6ヶ月。
同じような想いを共有した2人は、
それまでの時間を
やりたかったことに費やすことに。
スカイダイビングにサーキットを車で走る、
エジプトに万里の長城などなど、
世界のあちこちにも旅して回る。
でも、最後に行き着く場所は、やっぱり…。
そこに向かうための心の準備。
モーガン・フリーマンは、その最後のリストを
ジャック・ニコルソンにたくし、
そして、ジャック・ニコルソンも…。
ゆるやかに流れていく映画ですが、
人生を考えさせられる、
そして心温まる作品です。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, May 08, 2008

Senor Frog'sのあれこれ

Sany0833

最近リニューアルオープンした

ロイヤルハワイアンショッピングセンター。

その中にカエルのキャラクターがキュートな店がありました。

「Senor Frog's」

このレストラン。

メキシコが本店のメキシカン料理の店で、

アメリカ進出は、ハワイで2店舗目という、
なんとも
正真正銘のメキシカンな店なのです。

ポップなキャラクターと同じで、
店内もいかにもラテンなカラーリング。

カウンターの椅子の後ろには
いろいろなHipのイラストが施されていて
そこに座った後姿はなんとも噴出してしまうくらい。

全体的に水の中にいる感じで店内が作られています。

Sany0835
Sany0834
オーダーしたのは

「ワカモレ」$9.95

「ファフィータ・シュリンプ」$19.00

「タコサラダ・チキン」$12.95

タコサラダは、
まずはそのタコスの大きさにびっくり! 

中にはホウレンソウやレタスなど野菜がたっぷり。
チーズも入っているのでコクもあるサラダ。

ワカモレはアボガドに辛めのスパイスが効いていて、
ついついチップスが進んでしまう味。

ファフィータのエビはプリップリッ。

アボガドやクリームチーズ、サルサソースを
たっぷりとはさんでいただけば、
フィッシュタコスのおいしさがよみがえります。

この店。

ステージがあって、
ダンスがあったり、歌があったりととにかくにぎやか!

ビールやカクテルもヤードグラスがあって、
その飲みっぷりもおもしろい。

にぎやかな気分を味わうには
もってこいの場所です。

Senor Frog's
ロイヤルハワイアンショッピングセンター3階
営業時間 午前10時~午後11時

| | Comments (3) | TrackBack (0)

The Fat GreekのBABAGANOUSH

Sany0836

Waialae Ave.を下っていって、
1st Aveあたりの角にあるのが

「The Fat Greek」

ギリシャ料理が楽しめる店です。

ハワイにギリシャ・・・と
ちょっとミスマッチな感もあるのですが、

結構本格的な味わいが楽しめるのが不思議です。

店は外にテラス席も用意されていて、
心地のいい風が吹いていると、
ここがどこなのか、わからなくなるくらい。

店内でまずはカウンターでオーダーし
料金を払うと、
できあがったら知らせてくれるページャーを渡されます。

これがピカピカと光ったら
カウンターに取りに行きます。

楽しそう・・・。

でもお腹はいっぱい。

ちょっと味見がてらオーダーしたのが

「BABAGANOUSH」$5.00

ナスをすりつぶしてハーブと混ぜ合わせたディップで
これをピタと一緒にいただきます。

オレガノをはじめとしたハーブンの香りが印象的。

ほのかにナスの味わいを残しつつ、
あの地方にある独特のペーストです。

ピタパンは8等分くらいにカットされていて、
食べやすくなっています。

このピタパンがもっちりとしていていい歯ごたえ。

ディップともよく合っています。

そして、不思議なことに、
ハーブがちょっと強めかな…と思っていたはずが、

食べ始めるとなんだか止まらなくなってしまうような、
ハマる味わいなのです。

ブドウの葉でくるんだドルマドスやジャイロなど、
気になるメニューもいろいろ。

次回訪れるときは、
お腹をたくさんすかせて訪れたいです。

The Fat Greek
3040 Waialae Ave.
営業時間 午前11時~午後10時

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Ka Lei MarketplaceのKC Original Waffle Hot Dog

Sany0837_2
ヨガスクールなどもあったり、
どことなく、カルチャーな雰囲気のある通りが

Waialae Ave.

昔懐かしい雰囲気も残るこの通りを歩いていると、
さまざまな店に出会います。

その中で出会ったのが

「Ka Lei Marketplace」

卵を中心に
ハワイ産の食材を販売している店です。

このブランドの卵は、
スーパーマーケットでも手に入れられるそうですが、
この店で購入するほうが、より新鮮だとか…。

さて。

この店で火曜日と木曜日だけ販売されるものが

「KC Original Waffle Hot Dog」$3.50

卵を使った生地を型で焼き、
その間にポークソーセージを挟んだものです。

ちょっと小腹がすいたときのおやつにもぴったり。

好奇心が勝ってしまい購入したのですが、

この見た目。

なんだかバナナワッフルの雰囲気。

周りの部分はカリカリに焼けていて香ばしく、

ソーセージ部分はスパムな味わい。

その周りの生地はしっとりとした口当たりです。

ケチャップとマスタードをつけてパクリパクリ。

生地の味わいにすっかり満足。

地元でも結構人気の商品らしく、
絶え間なくワッフル器に生地を流し込んで
焼いていました。

散策のお供にぴったりなのでした。

Ka Lei Marketplace
3585 Waialae Ave
営業時間 午前9時~午後5時、
土曜=午前8時~正午、日曜定休

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BOGARTS CafeのBreakfast Bagel

Sany0838

カピオラニパークに近い場所、
Diamond Head RD.沿いに

ロコが集まるようなカフェがありました。

「BOGARTS Cafe」

べーグルやワッフルが自慢の店です。

LL Drive Innををはじめとした
ショップが集まったところなのですが、

店内はこじんまりとしていて、
アメリカンな雰囲気。

コーヒーカップなどもかわいらしく、
なんだか落ち着いてしまう居心地です。

カウンターでオーダーをして、
料金を支払うとテーブルまで運んできてくれます。

オーダーは

「Breakfast Bagel」$4.50

好きなべーグルをトーストしてくれます。

そこで選んだのは

Strawberry&Guava

そこに

チーズ、トマト、玉子焼き、ホウレンソウが
サンドされています。

ピンクの色のキレイなべーグルは、
ほのかにベリーの酸味と甘みが感じられる味わい。

もっちりとした口当たりは、
久しぶりに食べるべーグルの味です。

チーズはモッツァレラ系のまったりとした伸び具合。

玉子焼きも程よい塩加減です。

4つの組み合わせとべーグルのもっちり感。

あっさりとしながらも
しっかりとお腹にたまる一食でした。

BOGARTS Cafe
DiamondHead RD
営業時間 午前7時~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, May 07, 2008

SATURA CAKESのSatura Short Cake

Sany0824

ワードセンター内にある

「SATURA CAKES」

もともとは日本の
「アニバーサリー」というケーキショップが
アメリカにオープンさせた店です。

最近はwaikikiにあるビーチウォーク内にもオープンし、
手ごろに行きやすくなった店でもあります。

今回は、もともとあったワードセンター内で
おやつタイム。

店内は広々としていて、
ケーキやペストリー系のショーケースが並ぶほか、
焼き菓子のスペースもあります。

なんと、5月5日から
いままで普通のケーキだったものを
カップケーキにしてしまったそうです。

そこでさっそく、カップケーキをいただきます。

「Satura Cake」$3.95

はたして、このカップケーキ。

通常のカップケーキは、
カップケーキを焼いてから上にトッピングをするのが
普通だと思うのですが、

こちらは、
ケーキをそのままカップケーキにしてしまったようです。

つまりは。

ショートケーキと称しているからかもしれませんが、

カップの中は、
スポンジケーキとスポンジケーキの間に、
きちんと生クリームとイチゴがサンドイッチされていたのです。

型を取ってこの形にしたのかな…と
思うとその手間にちょっと感動。

見た目にも美しい、
でもピンクのクリームはいかにもアメリカ…。

とはいえ、
生クリームは甘すぎず、軽やか。

スポンジもいい具合のしっとり感。

イチゴもラズベリーも程よい酸味で、
全体をステキにまとめていました。

コーヒーと一緒にいただく
午後のひととき。

ビーチウォークの同店も
ちょっとチェックしてみたくなりました。

SATURA CAKES
55 Merchant St. #110 Ward Center

| | Comments (0) | TrackBack (0)

YOU HUNGRY?のMochico Chikin

Sany0825_2

突然ですが(いつものことながら・・・)
ハワイでお昼ごはんです。

ちょっぴり曇り空で、空も海もどんよりなのですが、
やっぱり、そこに流れる風は
なんだか気持ちがいい。

そんな日に訪れたのが
ロコでにぎわうデリのランチ。

アラモアナに行く途中にある

「YOU HUNGRY?」

ロコフードの店です。

店内にも食べるスペースはありますが、
基本はテイクアウト。

コンベンションセンターに近いこともあって、
お昼時は、
一生懸命働いている人たちでにぎわっています。

カウンターのショーケースに並んでいるものを見ながら、
そして、メニューを見ながらオーダーします。

オーダーは

「Mochico Chiken」$6.50

レギュラーサイズをオーダーしました。

メインをオーダーすると、
ホワイトライスかマッシュポテト、
トスサラダかマカロニサラダが選べます。

野菜が足りないかも…と思いつつも
マカロニサラダとライスをセレクト。

たっぷりのライスの上に
チキンとマカロニサラダがトッピング。

モチコチキンは一口サイズにカットされて
から揚げされています。

そのチキン。
甘めに味付けされているのですが、
その甘みがなんともいえない旨さになっているのです。

肉は柔らかくジューシー。
食べやすいので、ライスと一緒に食べることができます。

マカロニサラダは胡椒が程よくきいた
さっぱりとした味わい。

こってりとした感じがなく食べられるのが、
ちょっとうれしいプレートでした。

とはいえ…。

やっぱりそのボリュームはビッグ!

ハワイに来たことを実感できるサイズなのでした。

YOU HUNGRY?
Kaspiorani Blvd

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, May 02, 2008

味噌と豚肉の相性。弦月の霧島豚のロース香り焼き

Sany0819六本木で
打ち合わせ。

あんまり
時間がありませんが、
迷子気分で
7丁目をウロウロ。

住宅街でありながら
そこここに
なんとなく店が
立ち並んでいて、
東京の下町な気分になれます。

かなり迷い込んだものの、
最終的に選んだ店は、
東京ミッドタウンに近く、
その大通りから斜めに入った道沿い。

「弦月」

宮崎焼酎と料理が楽しめるダイニングバーです。

この季節は店先がオープンになっていて、
テラス感覚が気持ちいい。

打ちっぱなしの壁には
ジャズプレイヤーの写真がドドンと飾られていて
スタイリッシュな空間になっています。

L字型のカウンターは低めで、
すわり心地のいい椅子もあって、
なんとも居心地がいいのです。

テーブル席もソファ感覚の席で、
隣との感覚もいい塩梅です。

オーダーは、

「霧島豚のロール香り焼き」1000円
麦飯、スープ、小鉢、漬物付き

メニューは週替わりで変わっていきます。

薄いロース肉は、
味噌に漬け込んでいて、
ほんわりと味噌の味わいが楽しめます。

霧島豚は柔らかで弾力もあり。
味噌との相性はぴったりです。

マヨネーズと合わせていただくのも
まろやかな味に変化していい塩梅。

下にひいてあるキャベツもシャキシャキとしていて、
バランスよくいただけます。

小鉢には温泉卵。

とろりとりてまろやかな黄身の味わいが、
豚肉とも組み合わせがいい。

麦飯のボリュームもたっぷりで、
こうやってガッツリお昼ごはんが食べられるのも
ちょっとうれしいです。

ほかのメニューにも
冷汁があったりと、宮崎料理がいろいろ。

カウンターに並ぶがっつりとした焼酎のボトルも魅力的。

夜にゆっくりとくつろぎながら
お酒と料理を楽しみたい店です。

弦月
東京都港区六本木7ノ8ノ16、小河原ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後6時30分~午前5時、
土曜=午後5時30分~午前0時
(ランチは月~金曜)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Thursday, May 01, 2008

ほとばしる肉汁! 文福の秘伝焼餃子ランチ

Sany0817銀座でランチ。

でも、
そんなに
時間はなし…。

ということで、
有楽町駅まえの

INZでランチでも…と
思って、
INZ2に行ってみました。

地下1階が飲食街になっています。

いろいろな店がありますが、
気分を尊重して、ここへ。

「文福」

餃子が専門の中国料理の店です。

餃子専門店と歌っていますが、
店内は、台湾屋台風の飲み処。

ざっかけなくお酒とご飯が楽しめそうな雰囲気です。

注文は

「秘伝焼餃子ランチ」880円
ライス、スープ、ザーサイ、本日の一品、杏仁豆腐付き

焼餃子はなんと8個!

餃子のタレと自家製のラー油でいただきます。

餃子の皮は、思っていた以上に薄手。
なのにプリッとしたモチモチ感があります。

焼かれているところは、カリッとしていて、
かぶりつけば、
ほとばしる肉汁!

ニラがアクセントになった餡がジュワッと飛び出します。

アッツアツの中、皮と豚肉の旨味がイワジワとしみこみ、
ご飯が思わず進んでしまいます。

スープはとろみのついた卵スープ。

一品料理は春雨のごま油マヨネーズ和え。

ザーサイや春雨をおかずにしたり、
餃子をぱくついたり、
スープを飲んでみたり…。

ライスとスープとザーサイは
お替り自由というのも、なんだかウレシイサービスです。

しかも、こちらのランチはすべて880円!

気になるメニューもたくさんあって、
次は坦々麺も食べてみたい、
あ、この鶏料理も食べてみたい…。

などなど思いを巡らせてしまうのでした。

文福
東京都中央区銀座3ノ1、INZ2地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時30分~10時30分、
土・日曜、祝日=午前11時30分~午後10時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »