« アイデア&ヘルシー!串料理 雲仙のAランチ | Main | 蕎麦の楽しみ。香露庵の里のせいろ »

Wednesday, April 23, 2008

酸味と刺激。天龍の酸辛辣湯麺

Sany0801久しぶりに
川崎に来ました。

銀柳街の
アーケードを
通るたびに、
信号の角に位置する
あの店が気になりつつ
通り過ぎてばかり…。

銀座などにも
同じ名前の店が
ありますが、

その店とは関係は何もないらしく、
昔から川崎に根付いた店のようです。

で。

いつもは通り過ぎているのですが、
今日は店頭のメニューを見て、
心惹かれてしまいました。

「天龍」

餃子のおいしい中華料理店です。

この店は

「天下一まずい」。

この「まずい」という字はひっくり返って看板になっています。

つまりは

「天下一うまい」という意味。

本館は中華料理店らしい造りですが、
銀柳街の店は、カウンターだけの中華大衆食堂。
隣に「天龍三世」、そのまた隣には餃子の持ち帰りの店。

同じ店がこんなふうに並んでいるのも
人気の所以でしょう。

餃子ばかりに目がいっていましたが、
中に入って壁のメニューを見てびっくり。

ラーメンが399円。タンメンやタンタンメンは500円代。
餃子は一皿273円。

ほかにも炒め物などもリーズナブルな価格です。

うれしい価格帯なのです。

注文は

「酸辣湯麺」850円

店の中でいちばん高いメニューです(笑)。

醤油系の色合いのスープ。
れんげですくってみれば、トロトロのあんかけになっています。

旨味成分がたっぷりのスープに
酸味がきいてアツアツさっぱりとした味わい。

あんかけの具は
干し椎茸、エノキ、イカ、豚肉、
そしてたっぷりのネギ。

生姜と一緒に炒めているので、
アツアツの中で生姜の刺激がアクセントになっています。

唐辛子の輪切りも入っていて、
これが辛さの刺激になっています。

麺は普通の太さでやわらか。

すすって食べるも、とってもアツアツなので、
フーフーいいながら食べ進みます。

最後までアッツアツのまま、食べ終われば、
酸味の刺激で汗がにじみ出ています。

いやいや、生姜や唐辛子の刺激も一役かっています。

酸っぱくて辛いスープ。
やっぱりいい味わいだなぁと、しみじみしたひとときでした。

天龍
川崎市川崎区砂子1ノ1ノ1
営業時間 午前11時~午前2時

映画ウンチク
FIXER
フィクサー
☆☆☆☆

ジョージ・クルーニー主演。
弁護士という職業の葛藤を描いています。
フィクサーとは、事件のもみ消し屋のこと。
決して真っ当な役割でないフィクサー。
大企業をめぐっての訴訟問題。
それに正直に取り組む弁護士仲間。
企業側の弁護士はそれを阻止しようとする。
その間をもみ消すのはもちろん、フィクサー。
正義と現実にはさまれた苦悩。
そして自分に迫りくる危険…。
淡々と進みながら、気づけばすごいことになっています。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« アイデア&ヘルシー!串料理 雲仙のAランチ | Main | 蕎麦の楽しみ。香露庵の里のせいろ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/40970415

Listed below are links to weblogs that reference 酸味と刺激。天龍の酸辛辣湯麺:

« アイデア&ヘルシー!串料理 雲仙のAランチ | Main | 蕎麦の楽しみ。香露庵の里のせいろ »