« コクのあるスープ。黒田屋のちゃんぽん | Main | 鉄板の魅力。Red Steak Houseのデミ玉ハンバーグ »

Friday, April 04, 2008

匠の技! 馬賊の坦々麺

Sany08233月30日に
舎人ライナーの
開通により、

日暮里駅
東口がすっかり
開発されていました。

日暮里駅は、
西口は谷中銀座へつながる
ゆるやかな坂道があり、

西口、東口で対照的な顔を持つ
駅となってきたようです。

そんな開発目覚しい東口でランチ。

それほど時間があったわけでもないので、
奥の方まで散策することもできず、

でも…。

駅前のこの店の店頭で、
ぐいんぐいんと
麺を伸ばしている姿を見つけたからには、
ここに入りたくてたまらなくなってしまいました。

「馬賊」

中国手打ラーメンの店です。

バンッバンッと勢いよく叩いては伸ばしていく麺は、
みるみるうちに長くなり
長くなってはねじられて、
ねじられては伸ばされて…と、
その麺打ちの匠の技に、ホレボレ。

店内は普通の中華ラーメン店と同じですが、
店員さんも混んでいる中、
気持ちよく接してくれます。

注文は

「坦々麺」800円

スープは、なんと透明の塩のスープがベースになって、
そこに坦々のタレを上から加えた様子。

これが、さっぱりとしていて、
今までの坦々麺とは、また違った味わいなのです。

よぉく味わうとゴマの風味がフワンと漂う感じ。

ひき肉とホウレンソウがトッピングされていますが、
ひき肉のうまみは坦々のタレとうまい具合に
マッチしています。

麺は、モッチリモチモチ。
太い麺もあれば細い麺もあるのが、
いかにも手打の麺といった感じがします。

モチモチシコシコと歯ごたえもよく、
スープにもよく合っています。

辛さはほとんど感じることのない坦々麺ですが、
その分、麺やスープの味わいが
あっさりと素直に感じることができます。

とはいえ…。

”通”の方々は

「ちょい辛で! 」とひと言添えていました。

隣をみれば「ちょい辛」の色は、
もう少し赤め。

お店の方も

「ちょい辛にすると、また違った味わいになるのよ」と…。

奥の深い坦々麺です。

谷中めぐりも楽しいし、
舎人ライナー方面も楽しそうなので、

また「ちょい辛」の坦々麺でも
チャレンジしてみるのもいいかも…と、

桜吹雪舞い散る日暮里で思ったのでした。

馬賊
東京都荒川区西日暮里2ノ18ノ2
営業時間 午前11時~午後11時30分
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« コクのあるスープ。黒田屋のちゃんぽん | Main | 鉄板の魅力。Red Steak Houseのデミ玉ハンバーグ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/40761776

Listed below are links to weblogs that reference 匠の技! 馬賊の坦々麺:

« コクのあるスープ。黒田屋のちゃんぽん | Main | 鉄板の魅力。Red Steak Houseのデミ玉ハンバーグ »