« March 2008 | Main | May 2008 »

Wednesday, April 30, 2008

トロトロ食感。かりふわ堂の豚玉

Sany0814久しぶりに
新宿に
来てしまいました。

しかも
歌舞伎町方面。

この界隈にも
もちろん
ランチメニューのある店はたくさんあります。

そして、なんとなく昼と夜が逆転したというか、
いつでも夜のような営業をしている店もあります。

コマ劇の横の並びにあるビルの2階の

「かりふわ堂」

お好み焼きの店です。

場所柄、「ランチ」というよりも
「夜の飲み会」系な雰囲気も漂いますが、

ふわふわでカリカリのお好み焼きが楽しめます。

店内は鉄板のひかれたテーブル席と
木のカウンター席。

落ち着いた雰囲気でもあります。

オーダーの仕方ももちろん、夜仕様。

「豚玉」780円

実はこれ。
オープン記念価格になっていて、通常は850円なのだとか。

カウンター席に着いていたので、
奥の鉄板で、じっくりとお好み焼きを作っています。

運ばれてきた豚玉は、
見た目にもカリカリな外側。

コテを使っていただきます。

カリッとしているのは、上部にある豚ばら肉。
ほどよく脂が切れていて、
カリカリベーコンのようでいい食感です。

そして、中身はふんわりトロトロ。

キャベツの食感も残しつつ、
このトロトロ感とカリカリ感も楽しめます。

トッピングされていたカイワレの味わいも
いいアクセントになっています。

甘めのソースとマヨネーズ。

この組み合わせは、
本当にときどき、とんでもなく味わいたくなる
味覚なのです。

飲みながらお好み焼きをつつく…というのも
久しぶりにやってみたいものです。

かりふわ堂
東京都新宿区歌舞伎町1ノ12ノ6、歌舞伎町ビル2階
営業時間 午前11時~午前5時(日曜、祝日は午後11時)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, April 28, 2008

スパイスの旨味。京橋屋カレーのツインカレー

Sany0812いつの間にか
ゴールデン
ウィークに
突入して
しまいました。

そんな休みの
谷間の今日は
八重洲あたりで
打ち合わせ。

どちらから
アプローチしようかと考えつつ、
有楽町から向かい、
ランチをしてから打ち合わせに行くことに。

並木通りを東京方面に向かい、
首都高の高架下をくぐって、すぐ右折。

小さな路地にある小さなビルの2階にあるのが

「京橋屋カレー」

カレー専門の店です。

看板も本当にこじんまりしているのですが、
2階への外階段を上がっていくと、
ぷ~んと香るスパイスの香り。

インド的ではない、でも本格的なカレーが楽しめます。

有機野菜を使い、スパイスをふんだんにつかった
体に優しいカレー。

店内は、これまた小さくて、
2人テーブル席が2つに4人テーブル席が2つ。
カウンターは3人。

カレーの種類は5種類ほど用意してあります。

オーダーは

「ツインカレー」1300円
付け合せのキャベツ、ヨーグルト付き

カレーは
「辛口鶏肉カレー」
「スパイスベジカレー」
「キーマカレー」の中から2つ選ぶことができます。

選んだのは

「スパイスベジカレー」と「キーマカレー」

スパイスベジカレーは、
ジャガイモ、ニンジン、ピーマン、タマネギを使い、
サラリと仕上げたカレーです。

キーマカレーは、
しゃぶしゃぶで食べてもアクが出ないという、
宮崎産の豚挽き肉をオリジナルにブレンドしたスパイスで
じっくりと炒めたもの。
水をほとんど使わずに、
完熟トマトジュースで煮込んだ一品です。

さて。ベジカレー。
サラサラとしながらも、野菜がキッチリと形を残していて
その野菜の旨味が十分に引き出るルーの味。
ホンワカと辛さが伝わってきます。
カルダモンやターメリックのスパイスの味わいもいい塩梅。

一方、キーマカレーは、
口に入れたとたん、肉の旨味がグワワンと広がってきます。
そのコクが見事にスパイスとトマトジュースに
溶け込んでしまった感じです。

こちらもほんわかと辛さが伝わってきます。

どちらもほんわかほんわかな辛さなのですが、
そのぶん、スパイスの絶妙さとか、
素材の旨味が存分に感じられるのです。

付け合せのキャベツは、レモンを振りかけたような
あっさりとした漬物。
これがまたシャキシャキといい歯ごたえ。

次回来るときは、
ぜひとも大根カレー、食べてみたいです。

京橋屋カレー
東京都中央区京橋3ノ4ノ3、千成ビル2階
営業時間 午前11時~午後3時、午後6時~9時
土・日曜、祝日=正午~午後3時。不定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, April 25, 2008

フレンチのリビングで。Le Moulin de la Galetteのパン・ベルデュ・ランチ

Sany0808横浜駅周辺。

東口にある
ルミネ横浜。

そうそう
頻繁では
ありませんが、

ふと気づくと
新しい店が
できていたりします。

3階に4月14日にできたのが

「Le Moulin de la Galette
(ラ・ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット)」

フレンチトースト-パン・ベルデュやカレー、
オムレツなど
フレンチのカフェ料理が楽しめる店です。

入り口は木目を基調とした
ダイニングルームのような雰囲気。

その奥に進むと、
白を基調としたシンプルな空間が広がります。

ソファなども置いてあり、
まるでリビングルームのような雰囲気です。

オーダーは

「パン・ベルデュ・ランチ」950円
スープ、ドリンク付き

フレンチトーストのメニューが豊富で、
スイーツだけでなく、
食事にもなるメニューがあるのです。

ランチメニューは4種ほどありますが、
すべて内容が日替わりです。

今日のパン・ベルデュは

「生ハムとカマンベール」

レタスや水菜がたっぷり、
ほかにもポテト、ブロッコリー、赤カブ、インゲン、卵、トマト。

それに生ハムとカマンベールが加わったサラダの上に、
分厚いフレンチトーストがのっています。

フレンチトーストのソースはちょっぴり塩味。
しっとりとしたブリオッシュ系の生地のパンは
外側がカリカリとしていて、ほのかに甘い。

塩加減と甘さ加減がいい塩梅です。

フレンチトーストと一緒に生ハムやカマンベールチーズも
相性がいいです。

サラダをたっぷりとれるランチ。

店内の雰囲気がほのぼのとしていて、
ついついゆったりと過ごしたくなってしまいます。

Le Moulin de la Galette
横浜市西区高島2ノ16ノ1、ルミネ横浜3階
営業時間 午前10時~午後9時
(ランチは午後4時まで)

映画ウンチク
NEXT
☆☆☆☆

2秒先の未来が見えるマジシャン、
ニコラス・ケイジ。
テロの危険を回避するために、
政府に協力するように要請されるも
今までにも、自分の能力を
誰も信じてくれず、つらい思いもしていた。
でも。
1人の女性と出会う未来を見ると、
その彼女の未来が見えてくる。
ようやく彼女と知り合えるが、
その先の未来に危険が迫っていることを知り、
政府に協力し、回避するように奮闘。
だが、しかし…。
2秒先のことを知るだけで、
どのくらい便利なのか、想像がつきません。
そう思いながらも、
あれよあれよと展開していくストーリーは、
まさにハリウッド娯楽ムービー。
楽しめます。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, April 24, 2008

蕎麦の楽しみ。香露庵の里のせいろ

Sany0803横浜
みなとみらい。

海側には
パシフィコ横浜が
ありますが、
そこへの
アプローチは
ランドマークから。

新高島方面からの
アプローチとなると
いまや住宅マンションが建ち並び、
住民でもないと、なかなか行く機会がありません。

その住宅街界隈にもレストランがあることを知り、
ちょっとだけ足を踏み入れてみました。

マンション郡に囲まれたこの界隈。
公園があったり、
マンションの下層階に
ミニシネマシアターがあったりと、
以外にもあれこれあることを知りました。

目的のレストランは、
ランチコースのみで、普段使いするにはちょっと高め。

特別な日にでも訪れようと、あきらめてしまいました。

さて。

そんな高島で…といえば、
やっぱりココ。

「香露庵」

蕎麦店です。

ランチタイムのピークは過ぎていたので、
並ばずに入ることができたのはラッキー。

それでも、パラパラと人は入ってくるので、
やはりこのエリアでは
なくてはならない店になっているようです。

注文は、

「里のせいろ」880円

なめこおろしに揚げ餅、鶏肉が入った
温かい汁でいただくせいろです。

かつおだしのたっぷりきいた汁は甘め。
鶏肉の旨味もいい具合に出ています。

揚げ餅は衣が汁でしっとりとしていて、
そのしみこみ具合がいい塩梅。

蕎麦はしゃっきりとしめてあり、
汁でたぐれば、
なめこがからんできていい食感。

大根おろしもいいアクセントになっています。

鶏肉をおかずにしたり、
揚げ餅を食べたり、

冷たい麺と温かい汁の
心地よい食べ心地を味わいました。

香露庵
横浜市西区みなとみらい4ノ4ノ3
営業時間 午前11時~午後3時、
午後5時~9時30分、
土曜=午前11時~午後6時30分
日曜、祝日定休

映画ウンチク
LION for LAMBS
大いなる陰謀
☆☆☆

アメリカの野望高い上院議員と
ジャーナリスト。
カリフォルニアの大学教授とその生徒。
それぞれの立場が
つながっていないようでつながっている。
上院議員の野望のおかげで、
その犠牲とならざるを得ない人たちと、
世の中に関心を示さない学生への警告。
アメリカとアフガンの関係の長く続く戦いを
どう受け止めて、どうすればいいのか。
アメリカ人として、無関心でいていいのか…。
それにしても、
第二次世界大戦は5年で終わったのに
中近東の現代の戦争のような戦争でない
この状況が6年以上も続いているという
セリフにはドキリとさせられました。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, April 23, 2008

酸味と刺激。天龍の酸辛辣湯麺

Sany0801久しぶりに
川崎に来ました。

銀柳街の
アーケードを
通るたびに、
信号の角に位置する
あの店が気になりつつ
通り過ぎてばかり…。

銀座などにも
同じ名前の店が
ありますが、

その店とは関係は何もないらしく、
昔から川崎に根付いた店のようです。

で。

いつもは通り過ぎているのですが、
今日は店頭のメニューを見て、
心惹かれてしまいました。

「天龍」

餃子のおいしい中華料理店です。

この店は

「天下一まずい」。

この「まずい」という字はひっくり返って看板になっています。

つまりは

「天下一うまい」という意味。

本館は中華料理店らしい造りですが、
銀柳街の店は、カウンターだけの中華大衆食堂。
隣に「天龍三世」、そのまた隣には餃子の持ち帰りの店。

同じ店がこんなふうに並んでいるのも
人気の所以でしょう。

餃子ばかりに目がいっていましたが、
中に入って壁のメニューを見てびっくり。

ラーメンが399円。タンメンやタンタンメンは500円代。
餃子は一皿273円。

ほかにも炒め物などもリーズナブルな価格です。

うれしい価格帯なのです。

注文は

「酸辣湯麺」850円

店の中でいちばん高いメニューです(笑)。

醤油系の色合いのスープ。
れんげですくってみれば、トロトロのあんかけになっています。

旨味成分がたっぷりのスープに
酸味がきいてアツアツさっぱりとした味わい。

あんかけの具は
干し椎茸、エノキ、イカ、豚肉、
そしてたっぷりのネギ。

生姜と一緒に炒めているので、
アツアツの中で生姜の刺激がアクセントになっています。

唐辛子の輪切りも入っていて、
これが辛さの刺激になっています。

麺は普通の太さでやわらか。

すすって食べるも、とってもアツアツなので、
フーフーいいながら食べ進みます。

最後までアッツアツのまま、食べ終われば、
酸味の刺激で汗がにじみ出ています。

いやいや、生姜や唐辛子の刺激も一役かっています。

酸っぱくて辛いスープ。
やっぱりいい味わいだなぁと、しみじみしたひとときでした。

天龍
川崎市川崎区砂子1ノ1ノ1
営業時間 午前11時~午前2時

映画ウンチク
FIXER
フィクサー
☆☆☆☆

ジョージ・クルーニー主演。
弁護士という職業の葛藤を描いています。
フィクサーとは、事件のもみ消し屋のこと。
決して真っ当な役割でないフィクサー。
大企業をめぐっての訴訟問題。
それに正直に取り組む弁護士仲間。
企業側の弁護士はそれを阻止しようとする。
その間をもみ消すのはもちろん、フィクサー。
正義と現実にはさまれた苦悩。
そして自分に迫りくる危険…。
淡々と進みながら、気づけばすごいことになっています。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, April 22, 2008

アイデア&ヘルシー!串料理 雲仙のAランチ

Sany0799浜松町の駅前。

海側といえば、
大島や新島など
伊豆諸島に行くのに
竹芝へと向かう方角。

何にもない
場所でしたが、

ここ最近は新ビルが
いろいろ
建ち並ぶようになりました。

ビルとビルの間は
木々を植え込んだ広場などもあり、
都会のオアシスのようなところもあります。

そんなビルの中のひとつに入っているのが

ハマサイトグルメ。

「ハマさん」というキャラクターまでいるのが
なんだかキュート。

レストランもいろいろなジャンルがありますが、

気になったのは

「串料理 雲仙」

オリジナル串焼料理の店です。

創業は60年近く前で、大阪。
創業者は雲仙出身で店名になりました。

分厚い高熱の鉄板で焼く串焼き。

串揚げでも炭火焼とも違うこの串焼きは

「雲仙焼き」と呼んでいます。

店内は長いキッチンを囲むようなカウンターと
テーブル席。

個室感も感じられる造りになっています。

オーダーは

「Aランチ」1000円
雲仙焼き6串、ご飯、味噌汁、香の物、生野菜、
小鉢付き

雲仙焼きは

手羽、レンコン、うずらの玉子、厚揚げ、
ネギの油揚げ巻き、イカ。

手羽は表面がカリカリに焼かれていて、
中はジューシー。
軽くレモンを絞りかけてあります。

うずらの玉子は軽く焼かれていてまろやか。

厚揚げはカリカリで香ばしく、いい味わい。

油揚げのネギは、
ネギの刺激的な味と油揚げの味わいがいい組み合わせ。

イカにはウニソースがかかっていて、
さっぱりとそして濃厚。

レンコンは、からしレンコンならぬ、
カレーレンコン。

このカレー風味が味の変化になっていて
おもしろい。

揚げてないのでさっぱり、
炭の香りがあるわけでもないので
素直な焼きを楽しめました。

どの串焼きにも軽く味がついているので、
ソースや塩の必要もありませんでした。

それにしても。

ご飯には昆布の佃煮がのっていて、
香の物は沢庵と刻み野菜の浅漬け。

ご飯のお供がたくさんあるのです。

しかもご飯はおかわり自由。

おかずがたくさんある幸せ。

そういえば、ここんところ
和食の定食を食べていなかったなぁと
しみじみ思い知ったひとときでした。

ほかの雲仙焼きも食べてみたいです。

串料理 雲仙
東京都港区海岸1ノ2ノ20、
汐留ビルディング ハマサイトグルメ1階
営業時間 午前11時~午後2時30分、
午後5時~10時
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (15) | TrackBack (0)

Monday, April 21, 2008

野菜モリモリ! 炒伽哩のポパイカリー

Sany0812週明けの本日。

打ち合わせ・
移動・打ち合わせの
おかげで、

ランチに
ありつけたのは、

午後4時過ぎ。

ランチタイム
メニューなど
なかなか見つからない時間帯です。

そこで、
ランチに関係なくいつでもごはんが食べられる…。

といえば、カレーやラーメンかなぁと思い、
汐留をフラフラ。

コンラッドが入っている汐留ビルディングで
ごはんを食べることにしました。

ハマサイトグリル2階にある

「炒伽哩」

インド式チャオカリーの店です。

といっても…。

カリーの雰囲気は、「夢民」と同じ…。

と思ったら、
昨年10月、
夢民本店との店舗展開契約終了とともに
それまでの支店をこの店名で再スタートしたとか。

汐留の店内は
赤い椅子など赤をアクセントにした
すっきりとした雰囲気。

テーブル席や丸いカウンター席など、
ランチタイム時の混雑も対応できるような店内です。

オーダーは

「ポパイカリー」790円

小ライスは-20円
大辛は+30円

ポパイカリーは、
ホウレンソウ、トマト、スクランブルエッグの
組み合わせです。

こちらのカリーは、
オーダーが入ってから、
食材を炒め、

小麦粉を使わないサラサラのルーに合わせます。

卵は那須高原の新鮮な卵を使用。

ルーは薬膳なスパイシーさが印象的。
じんわりと辛さが伝わってきます。

ホウレンソウはクッタリとやわらかく、
トマトはつぶれきっていないので、
中からジューシーなジュースが飛び出します。

スクランブルエッグはまったりとした味わいで、
ホウレンソウやトマトをやさしく包んでくれています。

卓上にはオニオンスライスが置いてあり、
これをたっぷりとのせていただけば、
シャキシャキとした食感と
オニオンの風味が加わっていい塩梅。

ヘルシーなランチを楽しむことができて、
なんだかホッとした時間となりました。

炒伽哩
東京都港区海岸1ノ2ノ20、汐留ビルディング
HAMASITE Gurume2階
営業時間 午前11時~午後10時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, April 18, 2008

アロハな想い…。Cafe Hula Hawaii with Malasada wagonのモチコチキンプレート

Sany0809本日は
横浜そごうを
超えて、

久しぶりに
「横浜
ベイクォーター」へ。

ここはまるで
豪華客船のような
造りになっていて、
ウォーターフロントと
いうこともあり、海を感じることができる場所です。

最近はニッサン本社ビルが着々と建築が進んでいて
この先の眺望がどう変わっていくのか、
ちょっと気になるところでもありますが…。

さて。

こんな天気の日は、
ちょっと南国気分で、気持ちを盛り上げたい…。

ということで

「Cafe Hula Hawaii with Malasada wagon」

3月20日にオープンしたカフェです。

「Hula Hawaii」というハワイアングッズの店と
湘南の茅ヶ崎・辻堂あたりで
マラサダの移動販売をしている
「Malasada Wagon」のコラボレートした店なのです。

4階に店を構えたカフェは、
大きな窓で開放感のある気持ちのいい空間。

店内には、ハワイラジオ局の放送が流れ、
アロハな気分が盛り上がります。

カウンターでオーダーをして、受け取るスタイルなのですが、
ハワイらしく
ここで提供してくれるのは、
プレートランチ! 

オーダーは

「モチコチキンプレート」750円

餅粉を使った鶏の唐揚げです。

できあがったプレートを受け取り、
窓越しのカウンターに座りふたを開けると…。

ツヤツヤとした唐揚げと
スクープで盛り付けたこんもりしたライスが2スクープ。
マカロニサラダが入っています。

チキンはカリッとした表面とブリッとした弾力。
そして滴るほどのジューシーな肉汁。

オイスターソースやネギを加えた特製ソースは
ほんのりと甘くて、チキンの味わいを引き立てています。

マカロニサラダもさっぱりとした味わいで、
ライスともぴったり。

かの地でランチをしている気分になれました。

さらに。

Sany0808

「マラサダ」150円

マラサダとはハワイアンスイーツで、
揚げパンというかドーナッツというか…。

シュガーかシナモンシュガーえが選べます。

このマラサダ。

パクリとかぶりつくと、
フニャ~っと、つぶれてしまうほどのやわらかさ! 

これが特長。

本日はシュガーかシナモンシュガーが選べました。

シナモンシュガーを選んだのですが、
たっぷりまぶされたシナモンシュガーが甘いかな…と
感じる間もなく、あっさりと食べつくせてしまうほど
パフパフな食感。

まさかこの味を横浜で味わえてしまうとは…!

コーヒーはライオンブレンドで、300円
日替わりでフレーバーが変わります。
今日はココナッツフレーバーでした。

雨の気分がすっかりさわやかに。
それ以上に、ハワイに想いを寄せてしまうのでした。

Cafe Hula Hawaii with Malasada Wagon
横浜市神奈川区金港町1ノ10
営業時間 午前11時~午後9時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, April 17, 2008

米国風ボリューム? センターグリルの浜ランチ

Sany0805昔から
営業している
洋食屋さんは

横浜には
結構多くあります。

その中でも
存在を知りながらも
なかなか
行くチャンスの
なかった店がここ。

桜木町駅からみなとみらいの反対側。

野毛。

野毛柳通りにある

「米国風洋食 センターグリル」

昭和21年。
戦後間もないころから営業している洋食店です。

米国風というのが、なんともレトロな雰囲気。

間口の狭い入り口を入ると、
テーブルが2・3個の1階の風景が広がります。

が、
ここで食べるのではなく、そのまま2階へ。

階段を上ると、左右に客席があって
思いのほか広いのでびっくりです。

昼間の野毛は、
オープンしている店は少ないのですが、

この店。
2階に上がってみると、ほとんど満席なのに
ふたたびびっくり。

しかも、行列するほどではないのですが、
切れることなく人が入ってくるのです。

メニューは豊富で、
いろいろ盛り合わせたランチは650円から。

このランチは、昼のみではなく営業時間中のメニューです。

そういう形態もなんだかなつかしい。

注文は数あるランチの中から

「浜ランチ」1050円

オムライスとチキンカツ、ポテトサラダの組み合わせです。

楕円の銀の皿で登場のランチ! 

トロリと広がるオムライスの卵。
その上からデミグラスソースがたっぷり。

中のライスはラグビー型の昔ながらの型で作ってあり、
かなりのボリュームを感じます。

スプーンを入れてみると、中は白いご飯。

トロトロ卵とデミグラスソースと一緒にいただくと、
バターの風味を感じさせながらも
白いご飯のおかげであっさりとした味わい。

デミグラスソースは甘みがあってコクがあります。

チキンカツはサクサクに揚がっていて、
しかもジューシー! 

デミグラスソースで食べるのが相性がいいようです。

もちろん白いご飯とも合っています。

さらにうれしいのは、ポテトサラダの味! 

程よいマヨネーズの加減とポテトの練り具合が
懐かしい味わいなのです。

千切りのキャベツもついていて、
福神漬けもあって、

どれもこれも、
実はオムライスの白いご飯にぴったりなのでした。

エビフライやポークピカタなども魅力的。

メニューにある「ランチ」650円や「上ランチ」750円も
試してみたいです。

米国風洋食 センターグリル
横浜市中区花咲町1ノ9
営業時間 午前11時~午後9時15分。月曜定休
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Wednesday, April 16, 2008

野菜の主張。Desseの日替わりパスタランチ

Sany0802Sany0803
今日も
銀座1丁目あたりを
ウロウロ。

何が食べたいのか…
悩んでいるうちに
地下に入っているレストランバーが
気になってきました。

中央通りを超えて桜通りと柳通りの間。

昨日の煉瓦亭に近いところにある

「Desse」

イタリアンレストラン&バールです。

2月にオープンし、3月からランチを始めたばかり。

店内は
ソファタイプの椅子が主流で、落ち着いた雰囲気。
こじんまりとしているので、
少人数でごはんを食べるのに向いています。

オーダーは

「日替わりパスタランチ」1000円
前菜盛り合わせ、サラダ、パン、デザート、コーヒー付き

パスタランチのみのランチですが、
パスタは4種類用意されています。

本日の日替わりは

「ジャガイモとブロッコリーのオイルパスタ」

前菜には

野菜のピクルス、野生の小タマネギのオイル煮、
カポナータの3種。

こちらの店は野菜に重みをおいていて、
有機野菜などこだわりの野菜を使っています。

ピクルスは軽く使っていて、
ニンジンやキュウリの食感が残っています。

小タマネギはマリネに仕上がっているので
酸味が残っていい塩梅。

カポナータもしっとりとしたトマト味です。

パスタは
ざっくりカットしたジャガイモがゴロリ。
ブロッコリーは一口大。

オイルパスタとはいえ、
パルミジャーノレッジャーノがたっぷりかかって、
さらにはトマトも加えているので、
トロリとクリーミーなしあがりになっています。

パスタはアルデンテ。
塩加減もいい塩梅で、
うっすらと感じるトマトの酸味と
チーズのコクが
オリーブオイルに程よく溶け合った味わい。

ホクホクのジャガイモや
シャクッとしたブロッコリーも食感よし。

デザートは柚子のシャーベット。

ちょっとお得なランチなのでした。

Desse
東京都中央区銀座1ノ13ノ3、泰慈ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~11時30分
(パスタランチは平日のみ)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, April 15, 2008

具がたっぷりのデミソース。洋食元祖煉瓦亭のAランチ

Sany0799久しぶりに
銀座一丁目
あたりを歩くと、

再開発のために
閉店・移転した
店が結構ありました。

このあたりにも
新しいビルが
建ってしまうんだなぁと
ちょっとしみじみ。

中央通りを超えたところで、
何を食べようかなぁ…と思っていたところ。

急激な肉の香ばしいにおいがしてきました。

あ、洋食の店がある! 

と、即座に思ったとたんに
目の前に現れたのが

「洋食元祖 煉瓦亭 銀座1丁目店」

創業43年の洋食屋さん。

あの銀座3丁目にある有名な老舗「煉瓦亭」から
暖簾分けして新富町にオープンした店の姉妹店です。

入り口を開けると、
右手にキッチン、その前に5・6人のカウンター。

カウンターに座った人の後ろを通って
2階に上がるとL字の8人がけのカウンターと
2つのテーブル席があります。

とてもこじんまりとした店内です。

洋食メニューは本当に豊富で、
次から次へと訪れる人のオーダーするメニューが
多種多様。

そんな中から選んだのが

「Aランチ」950円
スープ、ライス付き

A・B・Cランチは平日のみのお得ランチです。

本日のAランチは

「ハンバーグ・チーズソース」

タマネギやピーマン、
ジャガイモなどをさいの目にカットした
具がたっぷりのデミグラスソースがかかったハンバーグ。

ハンバーグの上にはチーズがパラリととろけています。

ハンバーグはギュッと肉の旨味と
そして柔らかな食感。

タマネギも一緒に練りこんでいてその食感もいい塩梅。

デミグラスソースは若干苦めのコクのあるソース。
具の食感がなんだか新鮮です。

添えつけはキャベツにマカロニサラダ。

マカロニサラダは、
まさに洋食屋さんのマカロニサラダの味わいです。

周りがいろいろなものを食べているので、
「オムライスもおいしそう」
「メンチカツもおいしそう」

などなど、誘惑がたくさん。

洋食って、やっぱり魅力的なジャンルです。

洋食元祖 煉瓦亭 銀座1丁目店
東京都中央区銀座1ノ14ノ1
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~8時30分
(土曜は昼のみ)。日曜、祝日は定休

映画ウンチク
UNTRACEABLE
ブラックサイト
☆☆☆

アメリカはオレゴンのポートランド。
FBIのネット犯罪などを取り締まる
部署で働くライアン・レーン。
そこで起こったのは、
地元で展開されているネット殺人。
アクセスすればするほど、
その共犯者となってしまうという方法。
怖いもの見たさとか、
そういった人間心理を鋭くあおる映画です。
映画が終わってから、街に出ても
一瞬映画の世界と現実がわからなくなるくらい、
考えれば考えるほど怖い…。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, April 14, 2008

ふわふわ柔らか! PAKUTCH!のブランチセット

Sany0814渋谷の
マークシティ脇には

よくよく見てみると、
さまざまな
店があります。

その中から、
ちょうど角にあった
店がココ。

「PAKUTCH!」

グルメバーガーの
店です。

店内は真ん中に柱があり、
そこを取り巻くように、スツールの高い丸テーブル。
窓側はカウンターに仕上げてあります。

裏渋谷にできたグルメバーガーというキャッチコピーで、
2006年にオープンしました。

バーガーのほか、
夜はバファローウィングなど、
お酒にもぴったりのメニューもそろっています。

オーダーは

「ブランチセット・
グルメホットバーガーポテトコンボ」880円。
ドリンク付き

ピカピカしたバンズは、中は黄色。
ふんわりと甘くてやわらかい食感です。

パテは、これまたとてもとても柔らか。
口に入れるとパフ~と崩れるほどのやわらかさです。

ホットバーガーの辛さは、
タバスコなどのホットソースを混ぜ合わせた味わい。

ピリッと辛くて酸味のある味わいは、後を引きます。

しゃきしゃきのレタスとジューシーなトマト、
そこにぬられたマヨネーズソースが
パテとホットソースと混ざり合い、
さっぱり、こってりの味わいが楽しめます。

ポテトはホクホク。

ドリンクはジンジャーエールなどの炭酸を頼んで、
ハンバーガータイムを楽しみました。

PAKUTCH!
東京都渋谷区道玄坂1ノ11ノ1
営業時間 午前11時~午後11時30分
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, April 13, 2008

思い出の味になる...。支那そば 葉月の塩らーめん&つけ麺

080413_14500001080413_15190001

このブログを始めて、4年目を迎えました。

さまざまな場所でランチを楽しんでいますが、
いつの間にか閉店してしまったり、
違う店に変わっていたりする店も
何店かあります。

1つの場所にとどまって
ランチをしているわけではないので、

そういった事態にもなるんだなぁ...と思いつつ、
ちょっと淋しい気分にもなってしまいます。

さて。

ここでも何度も登場していた店から、

「今度の日曜日で店を閉めることになりました」

と、連絡が来たのです。

最後の味をしっかり味わっておきたいと、
足を運んできました。

相模原・矢部の

「支那そば 葉月」

ラーメン店です。

実はここ1年ほど、
店主の体調などさまざまな理由から、

「日曜だけ営業するラーメン屋」になっていたのです。

そして、ついに今日。
完全閉店となってしまいました。

朝からお腹をすかしまり、
何を食べようか考えながら店に向かいました。

まずは

「塩らーめん」800円

すっきりとした透き通るようなスープに、
極細ちぢれ麺。

メンマに叉焼(今日は鶏叉焼もおまけにいただきました)、
水菜にタマネギ。

麺は相変わらずのシコシコツルツル。

スープがよく絡み合って、
味わい深く麺をいただけます。

叉焼は柔らかくジューシー。

タマネギと水菜は、
口の中をすっきりとさせてくれるアクセントに。

食べ進むうちに出てくるのが、
鶏そぼろ。

この鶏そぼろがスープにコクを出してくれています。
もちろん、そぼろとスープを一緒に食べるのも○。

そぼろのおかげで最後までおいしくスープをいただけました。

最後と思うと、
案の定、もっと食べておきたいと思い...。

「つけ麺」750円

こちらのつけ麺は、
温かいスープは醤油がベースですが、
酢を加えているので、
すっきりとした味わいになっているのが特徴。

そこに、メンマや叉焼、ワカメなどがトッピングされていて、
なんとも豪華。

極細ちぢれ麺はシャッキリと水でしめてあるので、
ツルツルシコシコ感がより引き立っています。

しゃきっとした麺をスープにつけていただけば、
酸味とコクのある温かいスープに
冷たい麺が口の中で混ざり合い、かなりの幸せ。

トッピングをおかずにしつつ、
ツルツルと食べきってしまいました。

この味わいが思い出の味となってしまうのは
なんとも残念でなりませんが、

でも、この味に出会えたことにも感謝したいです。

ごちそうさまでした。

支那そば 葉月
4月13日閉店

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, April 11, 2008

お花見ランチ。崎陽軒のシウマイ弁当

Sany0795「浜スタ」こと
横浜スタジアムは、

横浜公園に
囲まれて存在。

毎年12月・1月に
なると、

横浜公園の
花壇には、
たくさんの
球根が
埋められます。

そうして、この季節。

春になると、何十種類、何千本もの
チューリップの花が咲き乱れます。

桜のはかなさも大好きですが、
このチューリップの艶やかさ、
そして散るときのあっけなさが、結構好きです。

このチューリップを愛でながら、
お花見ランチをしたいなぁ…と
ちょっと前から思っていて、

自分のタイミングと天気が
ようやくかみ合って、
本日、夢がかないました。

お花見ランチのお供は、
横浜ならではの

「崎陽軒」

「シウマイ弁当」740円

今年100周年を迎えた、横浜の駅弁です。

横浜駅開業で、作られた駅弁。

この崎陽軒のシウマイは、
冷めてもおいしいをテーマに創業者が考え出したレシピ。

ホタテの貝柱の風味と豚肉の風味を合わせることで、
冷めてもおいしいシウマイを誕生させたのでした。

もちろん、冷めてもおいしいはお米にもこだわっていて、
冷めてもおいしいごはんを念頭に作られた白飯なのです。

さて。

シウマイ弁当の内訳は、

シウマイ5個、鶏の唐揚げ、卵焼き、カマボコ、
カツオの醤油漬け焼き、タケノコの甘露煮、
紅生姜と茎ワカメ、そしてアンズ。

白飯は俵型に8個、真ん中にはカリカリ梅。

なんともおかずが豊富なお弁当なのです。

このシウマイ弁当を食べるにあたり、
自分なりの流儀があります。

まずはアンズを蓋によけてから、

醤油の蓋を開けて、
シウマイの真ん中に突き刺すように押して醤油を注入。

その上からカラシを一つ一つに添えていきます。

ここまでセットできたら、さぁ、いただきます。

基本はシウマイ1個につき俵飯が1つ。

カリカリ梅のためにも俵飯を1つ残すので、
残りの俵飯2つで、
その他のおかずをいただきます。

シウマイは、豚肉のジューシーな味わいが感じられて
まさに冷めてもおいしいを実現。

そこに大きなご飯の塊をぱくりと口に入れれば、
口いっぱいに、
ご飯とシウマイのハーモニーが広がります。

タケノコはしっとりと柔らかくて甘い。

鶏の唐揚げも脂もしたたるジューシーさ。

薄甘の卵焼きもいい塩梅。
カツオの醤油漬けも濃い目の味付けで
ご飯が進みます。

そして、紅生姜と茎ワカメが合わさった箸休め。
これが、生姜の刺激と茎ワカメの食感が
クセになりそうなくらい、いい組み合わせなのです。

そんなおかずを味わいつつ、
シウマイもほおばり、

ラストはカリカリ梅と俵飯。
このカリカリとした食感とすっぱさが、
最後のひと口としては、
口の中をさっぱりとさせてくれるのです。

デザートは、蓋の上によけておいたアンズ。

酸味があって甘いアンズは、
まさに食後のデザート。

お弁当の醍醐味を味わいながら、
艶やかなチューリップを楽しむ…。

気持ちのいいひとときでした。

崎陽軒
関内駅は北口は改札外、南口は改札内

※本日はおまけに横浜公園のチューリップも!
Sany0796

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Thursday, April 10, 2008

春の味覚。PASTERIA LeccoのAランチセット

Sany0785Sany0784

ここのところ、
気分が晴れないような天気ばかり。

こんなときは、
春らしいランチができるところがないかと、
メニューボードで春探し。

そうして気になるメニューを見つけたのがココです。

横浜駅西口から浅間下まで進んだ通りにある

「PASTERIA Lecco(パステリア レッコ)」

昨年オープンした、
生パスタを中心としと料理が楽しめるところです。

店内は、5・6個のテーブル席に、
カウンターは3席。

横浜にはよくあるのですが、
スタイリッシュながらもこじんまりとした、
アトホーム感漂う雰囲気です。

オーダーは

「Aランチセット」1050円
本日のパスタ、自家製パン、
自家製デザート、コーヒーまたは紅茶付き

本日のパスタは
オイル系・トマト系・クリーム系ソースの3種を用意。

その中から選んだのが

「タケノコと乾燥スルメイカ オリーブオイルのスパゲッティ」

ランチのパスタは乾燥パスタですが、
プラス300円で生パスタに変更もできます。

乳白色なタケノコとワケギをからめたスパゲッティ。

パルメザンレッジャーノのようにふりかかっているのが、
乾燥スルメイカです。

ガーリックのきいたオリーブオイルのソースは、
素材の味を引き立てる味わい。

なんとも! 

タケノコがあまりにもフレッシュでびっくり。
かみ締めるほどにジューシーな春の香りが染み渡ります。

そこにアクセントを添えているのがワケギ。

ワケギの独特な風味で花を添えているのですが、
かみ締めるほどに甘みが増してくるのもいい塩梅。

さらには、細かく刻んだスルメイカが海の香りを演出。

その3つの素材が合わされば、
風味豊かで複雑な味のハーモニーが楽しめます。

オイルソースとともに残ったスルメイカは、
自家製パンとともに。
程よい油加減のフォカッチャ仕立てのパンは、
このソースともよく合っています。

デザートは

「紅茶のパンナコッタ」

ロイヤルミルクティーの風味豊かな味が
クリーミーになって、これまたいい塩梅。

幸せな気分が味わえたひとときでした。

PASTERIA Lecco
横浜市西区楠木町16ノ13、S&Sマリーン横浜1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時30分~9時30分。月曜定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Wednesday, April 09, 2008

今週は中華テイスト! Bistro Vegetable Marketのシェフの気まぐれランチ

Sany0833Sany0834
徹底的に
野菜不足だ~っ!

と、
定期的に
襲われる感情。

そんな考えが浮かんだら、迷わず行きたいこの店。

横浜・関内、
吉田町にあるおなじみの

「Bistro Vegetable Market」

野菜を中心のメニューが楽しめるビストロです。

こちらのランチは1種類で、
週替わりでメニューを作っています。

「シェフの気まぐれランチ」1050円
もりもりサラダ、パンまたはライス、ドリンク付き

さて今週は

「地鶏モモ肉のロースト ソースシノワース
竹の子、青菜、パプリカ 菜の花添え」

もりもりサラダは

「餃子の皮のもりもりサラダ」

なんと、今日は中華テイストのラインアップです。

酸味の旨味が魅力のドレッシングでいただくサラダ。
餃子の皮は揚げてあるので香ばしく、
シャキシャキのレタスとの組み合わせが楽しい。

相変わらずの食欲がわいてくる一品です。

メインは…。

パリッと焼きあがった地鶏の皮の香ばしそうなこと! 

ナイフを入れてみると、
プリプリと弾力を感じられる身。

口に入れれば、パリパリの皮と
柔らかく、でもプリッとした歯ごたえの肉が
なにしろジューシー。

ソースはチリソースのようなピリ辛の味わいで
このソースと地鶏の相性はぴったり。

タケノコはシャクシャク、
パプリカは甘くでジューシー、
青菜のシャックリした歯ごたえもいい塩梅。

これらの野菜と鶏肉を一緒にいただけば、
うれしいハーモニーが広がります。

上にのった菜の花は、ほんのりと苦味があって
春を感じさせてくれる味わい。

糸唐辛子もいい感じで辛さを引き立ててくれます。

中華テイストということで、本日はライスを選んだのですが
このライスとソースの組み合わせもステキです。

さまざまなメニューを展開しているこのビストロ。

まさか中華テイストでせめてくるとは…。

まだまだ目が離せません。

Bistro Vegetable Market
横浜市中区吉田町2ノ7
営業時間 正午~午後2時、
午後6時~10時。日曜、第1・3火曜定休

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, April 08, 2008

スイートチリ♪ Singapore Seafood Ripublicのチリクラブトースト

Sany0821

赤い電車を
使っているので、
品川駅というのは、
何かと
便利に使えます。

乗り換えついでに
ランチ…というのも
できるのですが、

ここのところ、
わざわざ…
といったところがなかったのですが…。

あれもこれも食べてみたい! 
と思うメニューが満載の
ランチメニューで、

再度訪れてしまいました。

「Singapore Seafood Republic」

シンガポールの有名3店がタッグを組んで、
日本にオープンしたレストランです。

白亜の宮殿に招かれて店内へ。

ここのエントランスの外側は、
バーカウンターもあるので、
気持ちのいい夏の日に過ごしたい場所です。

さて。

本日のオーダーは

「チリクラグトースト」650円

それに

「シンガポールコーヒー」420円

チリクラブというのは、
カニのチリソース。
シンガポールのチリソースは、
これに卵を絡ませています。

ボウルたっぷりに入ったチリクラブ。

トロリとあんかけのよう。

ひと口食べてみれば、
甘~い、甘いスイートチリソース。

その甘さの後に、ピリリとくる辛さ。

そして、たっぷり入ったカニ肉から染み出る旨味が
ソースに深みが出ています。

これを薄くスライスしたバゲットにたっぷりつけて
いただけば、これまたいい塩梅。

バゲットは4枚ほどですが、
スープのようなソースがたっぷりあるので、
かなりお腹も満足します。

添えつけのフレンチフライにもソースをつけて
いただいてしまいました。

シンガポールコーヒーは
シンガポールの有名どころのヤクンコーヒー。

エバミルクの入った甘みのあるコーヒーとともに
いただけば、
いつのまにか楽しい気分になれるのでした。

Singapore Seafood Republic
東京都品川区高輪3ノ13ノ3、
ホテルパシフィック東京 前庭
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後4時30分まで、コースは3時30分まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, April 07, 2008

鉄板の魅力。Red Steak Houseのデミ玉ハンバーグ

Sany0828桜吹雪
舞い散る
このごろ。

この季節も
まもなく
おしまいです。

久しぶりに
横浜の
汽車道を歩いて

舞い散る花びらをながめつつ

横浜ワールドポーターズに向かいました。

1階に昨年オープンしたステーキ&ハンバーグレストラン

「Red Steak House」

スタイリッシュなダイニング空間のステーキ専門店です。

このレストラン。

ブッフェなどを手がける会社が運営していて、
ステーキハウスは、
気軽にリーズナブルに楽しめる店…を目指して
展開しています。

店内はボックスタイプのテーブル席。

ステーキハウスの雰囲気ながら、
スタイリッシュな造りになっています。

オーダーは

「デミ玉ハンバーグ」924円
ライスまたはパン、スープバー付き

スープバーには2種類のスープが用意されていて、
好きにいただくことができます。

チリチリという音をさせながら、ハンバーグが登場。

鉄板で出されるハンバーグというものは、
なにしろ食欲をそそります。

ハンバーグの上には半熟状態の目玉焼き。

デミグラスソースをかけると
ジュッと音がなります。

ハンバーグは、ギュッとしたかみ応え。
肉の旨味と、そしてやわらかな食感。

酸味もある特製のデミグラスソースが、
いい具合にハンバーグの味わいを引き出しています。

卵をカットして、黄身を絡めれば、
まったりとした味わいも楽しめます。

ハンバーグの下に引かれたタマネギも甘く、
添えつけのコーンやポテトも
ステーキハウスらしい。

ハンバーグは160gのサイズで、
ランチとしても手ごろなサイズ。

こういうランチを、ときどき、とてもとても
食べたくなることがあるものです。

Red Steak House
横浜市中区新港2ノ2ノ1、横浜ワールドポーターズ1階
営業時間 午前11時~午後4時30分、午後5時~11時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, April 04, 2008

匠の技! 馬賊の坦々麺

Sany08233月30日に
舎人ライナーの
開通により、

日暮里駅
東口がすっかり
開発されていました。

日暮里駅は、
西口は谷中銀座へつながる
ゆるやかな坂道があり、

西口、東口で対照的な顔を持つ
駅となってきたようです。

そんな開発目覚しい東口でランチ。

それほど時間があったわけでもないので、
奥の方まで散策することもできず、

でも…。

駅前のこの店の店頭で、
ぐいんぐいんと
麺を伸ばしている姿を見つけたからには、
ここに入りたくてたまらなくなってしまいました。

「馬賊」

中国手打ラーメンの店です。

バンッバンッと勢いよく叩いては伸ばしていく麺は、
みるみるうちに長くなり
長くなってはねじられて、
ねじられては伸ばされて…と、
その麺打ちの匠の技に、ホレボレ。

店内は普通の中華ラーメン店と同じですが、
店員さんも混んでいる中、
気持ちよく接してくれます。

注文は

「坦々麺」800円

スープは、なんと透明の塩のスープがベースになって、
そこに坦々のタレを上から加えた様子。

これが、さっぱりとしていて、
今までの坦々麺とは、また違った味わいなのです。

よぉく味わうとゴマの風味がフワンと漂う感じ。

ひき肉とホウレンソウがトッピングされていますが、
ひき肉のうまみは坦々のタレとうまい具合に
マッチしています。

麺は、モッチリモチモチ。
太い麺もあれば細い麺もあるのが、
いかにも手打の麺といった感じがします。

モチモチシコシコと歯ごたえもよく、
スープにもよく合っています。

辛さはほとんど感じることのない坦々麺ですが、
その分、麺やスープの味わいが
あっさりと素直に感じることができます。

とはいえ…。

”通”の方々は

「ちょい辛で! 」とひと言添えていました。

隣をみれば「ちょい辛」の色は、
もう少し赤め。

お店の方も

「ちょい辛にすると、また違った味わいになるのよ」と…。

奥の深い坦々麺です。

谷中めぐりも楽しいし、
舎人ライナー方面も楽しそうなので、

また「ちょい辛」の坦々麺でも
チャレンジしてみるのもいいかも…と、

桜吹雪舞い散る日暮里で思ったのでした。

馬賊
東京都荒川区西日暮里2ノ18ノ2
営業時間 午前11時~午後11時30分
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, April 03, 2008

コクのあるスープ。黒田屋のちゃんぽん

080328_14340001横浜駅西口の
大きな通りを
歩いていると、

なにやら
昭和チックな
看板を発見。

こんなところに
こんな店あったっけ?

と思いつつ、入店。

「黒田屋」

ちゃんぽんの店です。

昭和60年創業ということですが、
会社の社長のお母さまの味を
受け継いでいるようです。

横浜にオープンしたのは、昨年10月。

ちゃんぽんを中心に
辛いちゃんぽん、味噌ちゃんぽん、
カレーちゃんぽんなど、いろいろバリエーションがあります。

注文は

「ちゃんぽん」680円

運ばれてきたちゃんぽんは、
本場の入れ物らしく

浅めのどんぶり。

キャベツ。モヤシを中心とした野菜とアサリ、タコがきちんと炒めてあります。

麺は、長崎ちゃんぽんのあの太い麺。

モチモチとした食感が心地いい。

そしてスープ。

秘伝のタレにとんこつスープを加えてあり、

その秘伝のタレがなんともコクがあっていい感じ。

野菜と麺を一緒にたぐりながら、
アッツアツとちゃんぽんを楽しむシアワセ。

途中でソースをちょろりと加えて、
さらにコクのある味わいを楽しみました。

カレーちゃんぽんや辛いちゃんぽんも気になります。

また、チャレンジしてみようと思ったしだいです。

黒田屋
横浜市西区南幸2ノ19ノ3、第一土屋ビル1階
営業時間 午前11時30分~午前2時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, April 02, 2008

ネギ生姜が特徴! Singapore Seafood Republicの海南チキンライス

Sany0819ウキウキしてくる
4月。

今日は
品川へ行ったので

本日
4月2日に
オープンの店に
足を向けてみました。

品川駅西口
ホテルパシフィック東京の
前庭に現れた、

白亜の宮殿のようないでたちのレストラン

「Singapore Seafood Republic」

シンガポール政府によって選ばれたレストラン、

「ジャンボシーフードレストラン」
「パームビーチシーフードレストラン」
「シーフードインターナショナルマーケット&レストラン」

この3つのレストランのオーナーが
スペシャルチームを組んでの
このレストランです。

入り口にはマーライオンが門の両側に。
階段を上っていくと
テラスが広がり、そしてエントランス。

エントランスを入ると、
左手にウェイティングバー、
その先、右手に大きなキッチン。
そこを通り過ぎると、
左右にテーブル席が広がっています。

オリエンタルな落ち着いた空間です。

さぁ! 

食べてみたいものはあれこれ。

悩んだものの、まずは基本かなと思って
オーダーしたのは、

「海南チキンライス」1200円
チキンスープ付き

パンダンリーフの上にのせられたチキン&ライス。

チキンスープで炊き上げたライスは、
あっさりとした炊き上がり具合。
ほのかに感じるチキンのコクが印象的。

チキンは、しっとり。
八角などの香辛料も取り入れて茹で上げてあります。

ここに加える3種のソースは、
テンメイジャンにチリソース、
そして、
なんと
ネギ生姜。

このネギ生姜にはごま油がタラリと加わっていて、
なんともうれしい旨味になっています。

この3つをほどよく混ぜ合わせて
チキンにつけていただけば、
しっとりジューシーな肉の旨味が倍増。

そこにライスをパクリとすれば、
食べるほどにハマっていく味わいです。

ネギ生姜&ごま油…。

海南チキンライスも
奥が深いものだと感心のひとときでした。

店名のとおり、
ここはマッドクラブが自慢のレストラン。

ぜひとも店頭にあったマッドクラブ、
試してみたいです。

Singapore Seafood Republic
東京都品川区高輪3ノ13ノ3、
ホテルパシフィック東京 前庭
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後4時30分まで、コースは3時30分まで)

映画ウンチク
CLOVER FIELD


大晦日のニューヨーク。
パーティーの途中で地震か!?と
思うような激震。
そして外を見れば、何か爆発している…。
いったい何が起こったのか!
ホームムービーで記録をしているような画像。
それは、まるで「ヴレアウィッチ」のよう。
いったい何が起こったのか…。
アメリカでは、
自由の女神の首がなくなっている
衝撃的なポスターで、
ロードショー前から話題騒然だった作品。
実はこれをフロリダの映画館で観たのですが、
終了の瞬間、
小学生の子供が
「That’s it???」と
一緒に観ていた親や兄弟に聞いていました。
「裸の王様」のような一瞬でした。
そんな映画です。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Tuesday, April 01, 2008

熱々フーフー。翡翠楼のちゃんぽん麺+半チャーハン

Sany0776Sany0775

Sany0774

桜も満開。
春爛漫です!

横浜中華街も
春休みになってから
いつにも増して
人が多くなっているような
気がします。

久しぶりの中華街。

中山路を歩いていて見つけたのが

「翡翠楼」

昨年の9月にオープンした、
広東・北京などさまざまな中国料理を食べさせてくれる店です。

1階はテーブル席が6つほど。
2階に上がると円卓などもあるようです。

モダンな雰囲気の、いまどきの中華街に流行っている店内装飾です。

注文は

「チャンポン麺+半チャーハン」820円
ザーサイ、杏仁豆腐付き

ちゃんぽん麺は北京風ちゃんぽん麺のこと。

初めて聞く名前です。

果たして、運ばれてきたどんぶりは、
野菜がどっさりに透き通ったスープ。

とはいえ、スープは赤みがかっています。

スープをひと口飲んでみると、
タンメンのような塩味。

そして、ピリッと辛い! 

この辛さは、スープからというよりは、
スープの上に浮いている砕いた唐辛子からきているようです。

塩味スープの味は、

白菜やニンジンなどの野菜のほか、
豚肉やエビ、イカなどの具からコクが出ていていい味です。

そこに辛さがくるので、まさに自分好み。

麺は中太麺で、シコシコモチモチとした食感。

食べていても、そうそう簡単にのびないのがウレシイ。

ハフハフ、ツルツル、シャキシャキと
最後まで熱いままで食べることができました。

北京風ちゃんぽんって、
タンメンに海鮮を入れて辛くしたというか、
長崎ちゃんぽんのかまぼことかなるとの具だけを抜いて
辛くしたというか…。

そういう説明になるのでしょうか。

スープはタンメンに近く、具は長崎ちゃんぽんに近く、
そして辛い。

案外ありそうで、なかった組み合わせでした。

チャーハンは味のあるチャーシューと卵が入っていていい塩梅。

杏仁豆腐もツルンとしていて、食後にぴったり。

それにしても、食べ応えのあるセットを注文しちゃったな…と
満腹満腹のひとときでした。

翡翠楼
横浜市中区山下町139
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« March 2008 | Main | May 2008 »