« ほろりと甘い。さかえやの日替わりご膳 | Main | モッツァレラのコク。mar-de napoli CLASSICOのピッツァランチ »

Wednesday, March 26, 2008

スパイスパワーで! anandaのチキンカリー

Sany0799本日は
横浜駅周辺。

久しぶりに
東口界隈で
ランチをしよう! 

と足を向けます。

相変わらず、
ちょっと風邪気味。

それならば、スパイスパワーで撃沈してしまおうと
訪れたのが

東口から新横浜通りに向かう途中にある

「ananda(アナンダ)」

札幌スープカリーの店です。

札幌発のスープカリーの店は、
横浜に支店ができたのが、首都圏の始まりだったと
記憶していますが、

その後、やっぱり東京方面への進出が多く、
遅れて、横浜にあちこちオープンしている
今日このごろな気がします。

この店は昨年の11月にオープン。

ビルの中2階にあるこじんまりとした店です。

外の窓に向かって6つのカウンター席。

キッチンとカウンターの間に2人席。

奥はソファ席になっていますが、
4人と2人がけのテーブルが1つずつのみ。

小さな小さなスープカリー店です。

オーダーは

「チキンカリー」900円
ライス付き

辛さは1~5の中から、
ライスは大・中・小を選べます。

ランチセットもあり、
こちらはカリーの料金、プラス300円または400円で
ドリンクやデザートまたはサラダが付きます。

さて。

辛さは激辛の5。
ライスは小(150g)をチョイス。

卓上には辛さを足したい人のために
カイエンペッパーも置いてあります。

チキンは骨なしでソテーしたもの。
ほかにはゆで卵、ジャガイモ、ニンジン、ピーマンが
入っています。

数種類の野菜と鶏がらと牛すじをコトコト
15時間煮込んで漉したスープ。

そして、当日にすりつぶしたさまざまなスパイスを
合わせたのがこちらのスープカリー。

スープの香りは、薬膳的なスパイスが印象的。
ジワジワと辛さが伝わる味わいです。

チキンは皮はトロリン。
身はスプーンでホロリと崩れるくらいのやわらかさ。

ジューシーな鶏の味わいが楽しめます。

ジャガイモはホクホク、
ニンジンは甘く、
ピーマンはシャッキリ。

具を皿に取り分けて、
スープをソースがわりにいただき、ライス。

そしてスプーンにライスをのせて、
スープにくぐらせてパクリ。

もちろん最後はライスをスープに入れて、
しっかりと浸していただきます。

辛さがジワジワと体中に浸透してきて、
汗がジンワリにじみ出てきます。

でも、手は止まりません。

スパイスのおかげで
体はすっかり元気! 

気持ちのいいランチとなりました。

札幌スープカリー ananda
横浜市西区平沼町1ノ38ノ2、咲久良ビル中2階
営業時間 午前11時30分~午後10時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

|

« ほろりと甘い。さかえやの日替わりご膳 | Main | モッツァレラのコク。mar-de napoli CLASSICOのピッツァランチ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/40639055

Listed below are links to weblogs that reference スパイスパワーで! anandaのチキンカリー:

« ほろりと甘い。さかえやの日替わりご膳 | Main | モッツァレラのコク。mar-de napoli CLASSICOのピッツァランチ »