« January 2008 | Main | March 2008 »

Friday, February 29, 2008

オシャレにひと息。espressamente illyのフォカッチャBセット

080227_15000001イタリアンの
コーヒー
ブランドといえば

illyやLavazza。

どちらも好きですが、

illyで入れた
カフェラテは
コクがあって
結構好きです。

そのillyが提案するイタリアンバールが

「espressamente illy」

東京駅から日本橋周辺には、
八重洲桜通りと中央通りにあり、
比較的近距離に存在しています。

現在都内には、11店舗ほど展開していますが、
ここ、日本橋中央通り店は
とても広く開放感のある空間。

シルバーと濃いオレンジを基調にした
スタイリッシュな雰囲気は、
まさにイタリアンバーにやって来た気分になれます。

カウンターでオーダーをして、
トレイにオーダーのものを受け取り、
好きな席に着きます。

オーダーは

「フォカッチャセットB」900円
ドリンク付き

フォカッチャは
マルゲリータとバジルソーセージを選びました。

マルゲリータは、
まろやかなトマトソースが印象的。
そこにあっさりとしたモッツァレラチーズが合わさり、
いい味わい。

バジルソーセージは、
バジルの風味がさわやか。

ソーセージの塩味とシメジの組み合わせもいい塩梅。
マヨネーズが隠し味になっています。

フォカッチャは、弾力がある厚み。
噛み心地と塩加減がトッピングに合っています。

ドリンクはカフェラテを楽しみながら、
居心地のいい時間を過ごしました。

espressamente illy日本橋中央店
東京都中央区日本橋2ノ5ノ13、
日本橋富士ビルディング1階
営業時間 午前7時~午後10時30分
(ランチは午前11時~午後2時)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, February 28, 2008

ふかふか♪ 花時計のホットケーキランチベーコン

Sany0763日本橋界隈は
本当に
さまざまな
ランチ処が
あります。

今日は
コレド日本橋
近辺を
歩いているときに
見つけた

「花時計」へ。

なんと、ホットケーキ専門店です。

ビルの地下を降りていくと、そこは喫茶店。

左側にカウンター、
手前にテーブル、奥にはちょっと大きな丸テーブル。

そういえば、喫茶店という場所に来るのは
久しぶりだなぁ…としみじみしてしまいました。

こちらは、専門店だけあって、
主力メニューはホットケーキ。

パンケーキではなく、ホットケーキというのが、
いかにも懐かしい。

オーダーは

「ホットケーキランチ・ベーコン」1030円
コーヒーまたは紅茶付き

運ばれてきたホットケーキは、
正しいホットケーキの姿。

ちょっと厚めでまん丸の、
焦げ目の色合いがおいしそうな
あのホットケーキでした。

ベーコンのボリュームも多くてびっくりです。
ベーコンの下にはスクランブルエッグも。

サラダにはフルーツも添えてあります。

バターを溶かしつつぬり、
メープルシロップをかけて、

ひと口サイズに切り分けてパクリ。

ふかふかの食感が一挙にやってきます。

バターの溶け具合、
ホットケーキにしみこんだメープルシロップの
やさしい甘さ。

ふかふかしていて、弾力のあるホットケーキ! 

ベーコンと一緒にいただくと、
メープルシロップの甘さとベーコンの塩加減が
程よく組み合わさり、これまたいい塩梅。

ホットケーキだけ、
ベーコンと一緒に、
スクランブルエッグと一緒に、
ベーコンとスクランブルエッグと一緒に…。

さまざまな組み合わせで楽しんでいるうちに
2枚のホットケーキは
あっという間に平らげていました。

最後は、サラダのフルーツを残しておいて、
口の中をさっぱり。

女性1人というゲストが多いのですが、
時間が過ぎるのを忘れてしまいそうな
空間でした。

花時計
東京都中央区日本橋1ノ7ノ12、
国土施設ビル地下1階
営業時間 午前11時~午後7時。土・日曜、祝日定休
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Wednesday, February 27, 2008

おかずにしてごはん。Datang PRESTIGEのお好み焼きセット

Sany0722水天宮駅の
すぐそば、

新しいビル
「リガーレ
日本橋人形町」の
2階に

12月にオープン。

「Datang PRESTIGE」は、

お好み焼きダイニングの2号店。

こちらの店では鉄板焼きをメインに、
お好み焼きや鉄板焼きが楽しめます。

店内は、
テラス風のテーブル席や
シャンデリアが輝くゴシックなテーブル席、
ソファーのあるラウンジ席、
そして醍醐味のカウンター席の4つに分かれています。

通されたのはシャンデリアのテーブル席。

個室感のあるゴシックな空間は、
なんだか落ち着いた雰囲気になれます。

オーダーは

「お好み焼きセット」850円
ライス、サラダ付き

ゴシックな雰囲気ですが、
お好み焼きは大阪調です。

お好み焼きは豚玉。

野菜と一緒に混ぜ込んだ生地は柔らか。
豚肉は脂身の旨味がしっかりと伝わってきます。

卵も程よく半熟くらいで仕上げてあるのでトロ~リ。

さらには、山芋を生地の上にかけてあるため
山芋のまろやかな口当たりが
いいアクセントになっています。

さて…。

ライスです。

お好み焼きをおかずにご飯ですが…。

だんだん、この食べ方にも慣れてきました。

マヨネーズや濃い目のソースの味が
白いご飯でいい塩梅に調和するのです。

加えて豚の味わいや山芋の味わい、
卵の味わいでご飯が進みます。

大きな窓からは外の景色を眺めることができる
この店。

夜景を楽しみながら食事も楽しめそうです。

Datang PRESTIGE
東京都中央区日本橋人形町1ノ12ノ11、
リガーレ日本橋人形町2階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~午後11時
土・日曜、祝日=午前11時30分~午後10時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Tuesday, February 26, 2008

ホッコリいろいろ楽しむ♪玉ゐの箱めし・小箱

Sany0748今週も
まだまだ
日本橋周辺が
続きます。

中央通りの
神田よりの角を
曲がり、
ちょっと行ったところに
昔の香り漂う、木造建築の店があります。

それが

「玉ゐ 室町店」

あなご専門の店です。

日本橋高島屋の裏手に本店があるのですが、
この本店のオープンが3年前。

室町店は2年前という、実は新しい店。

老舗の趣漂うたたずまいなのです。

店内は、木造の造りそのままに、
しっとりと落ち着いた雰囲気。

2階への階段が急なのも、昔の建物ならでは。
木枠の窓やそこにはめられたガラスなど、
今やなかなか見ることのできない、
それでいて、心がやすらぐような
空気が流れています。

ここでは、穴子づくしが楽しめます。

なんといっても自慢は、
うな重のように食べることのできる「箱めし」。

穴子はふっくらとした煮上げか
蒸してから焼く焼き上げのどちらかを
選ぶことができるようになっています。

オーダーは

「小箱」1600円
香の物、お椀付き

焼き上げを選んでみました。

長方形の小箱に入ってきたあなご。
たれがかかって焼き上げたその表面は、
つやつやとしています。

まずは、そのままご飯と一緒にパクリ。

とたんに、穴子のふんわりとした食感と
表面のパリッとした食感が口の中に広がり、
なんともいい味わい。

ご飯は直接農家から仕入れているお米で、
こちらも程よい硬さでしっとり、ホロリ。

風味づけに柚子を散らしていただけば、
さわやかな味わいに。

さらに、ネギやワサビ、ゴマを振りかけていただけば、
それぞれの風味がキリッと生きた
今食べた穴子の味わいとは違った味が楽しめます。

穴子の真ん中にあるのは、
穴子の肝の甘露煮。
これまた思いのほかまろやかでさっぱりとした味わい。
良いアクセントになっています。

さらに、

「穴子のお出し」200円を追加。

これは、鰹節と穴子の骨でとった出汁。

茶碗に穴子とご飯をよそって、このお出しをかけまわせば、

パリッとしていた穴子がしっとり。
香ばしさが汁に溶け合って、
そして穴子の味わいも増していきます。

この食べ方。

ひつまぶしと同じ要領でいただけるというワケ。

うなぎもおいしいけれど、
穴子のさっぱりとして、そしてふっくらとした味わいは
食べてしまうと、やみつきになってしまいます。

こちらではまだまだ穴子のすべてを使った料理がいろいろ。

夜にしっぽりと訪れたい店です。

玉ゐ 室町店
東京都中央区日本橋室町4ノ3ノ6
営業時間 午前11時~午後2時、午後5時~10時
土曜=午前11時30分~午後3時、
午後4時30分~8時30分。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, February 25, 2008

もっちりと。そして香りのハーモニー。PIZZA DA BABBOのピッツァランチ

Sany0741Sany0740
まだまだ、
人形町・日本橋界隈が
続きます。

それにしても
感心してしまうのが
この界隈は、食べ物に関して
早々ハズレがないこと。

質の高さに脱帽してしまいます。

さて。

本日、目を付けたのは、
甘酒横丁にある

「PIZZA DA BABBO」

ピッツァを中心としたイタリアンが楽しめるレストランです。

ピッツァはもちろんナポリピッツァ。

店内には薪窯が添えつけてあり、
真っ赤な火が燃えています。

入り口のPIZZAのサインがキュート。
店内もレンガが印象的な落ち着いた雰囲気です。

オーダーは

「ピッツァランチ」900円
前菜付

ピッツァは5種類ほどある中から選べます。

選んだのは

「ナポリターナ」
トマト、アンチョビ、モッツァレラチーズのピッツァです。

前菜は3種の中から。

選んだのは
「白菜のとろとろスープ パルメザンかけ」

スープはチキンストックをベースに
白菜の旨味が凝縮した味わい。
パルメザンのトロリ感もマッチしています。

ピッツァはナポリらしく
耳の部分がぷっくりと厚め。

トッピングがのっている部分は
びっくりするくらい薄くのばされているのもびっくり。

そして。

そのピッツァ。
モッチモチで伸びるのではないかと思うくらいの食感。

トマトはうれしいくらいのジューシーさ。
モッツァレラはさわやかな味わい。
そこにアンチョビの塩辛さが加わって、
口の中は、ステキなハーモニーになっています。

耳の部分のモチモチ感もたまらなく、
そこだけでもいい味わい。

卓上の辛味は、
オリーブオイルに唐辛子を漬けたもの。

このオリーブオイルが
とてもフルーティーな香りで、そしてピリリ。

これをかけまわすと、
オリーブオイルの風味が加わって、さらにさわやか。
辛味もいい組み合わせになっています。

日本橋・人形町。
洋食や日本食などの老舗の多い街ですが、
以外にもイタリアンのいい店も多し。

さすが! の町なのでした。

PIZZA DA BABBO
東京都中央区日本橋人形町2ノ21ノ1、FSビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後6時~10時。火曜定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, February 22, 2008

楽しく食べる! Dandolo Dandoloの今週のパスタランチ

Sany0731Sany0732

日本橋界隈が続きます。

中央通りを歩いていると、
気になるメニュー看板を見つけてしまいました。

気になる! 

そう思ったときは、
迷わずその店に向かいます。

江戸通りの手前で曲がったところにあるのが

「Dandolo Dadolo」

イタリアのベネツィアの郷土料理が中心の
料理が楽しめるクッチーナです。

店は1階がキッチンとカウンター。
地下1階にテーブル席。

ランチは直接地下1階から入っていくのですが、
テーブル席は満席。

地下1階から階段で
上のカウンターの席を案内されました。

地下に降りて、そして階段で上がる…。
なんだか秘密の場所に案内されている気分です。

カウンターの席は、
キッチンが高い位置にあるため、
目の前はきれいなタイルで飾られています。

紙ナプキンがオレンジなど、色合いも自分好み。

オーダーは

「今週のパスタランチ」1000円
前菜の盛り合わせ付き

パスタは3種用意されているので、

「スパゲッティーニ 
効果的に沢山の野菜(10種)を食べれる
ジェノヴェーゼ風」

を選んでみました。

実はこのネーミングに惹かれて、
この店に決めたのでした。

前菜はサラダと真鯛のカルパッチョ、
イタリアンオムレツ。

真鯛はしっとりとした歯ごたえに
マスタードソースがぴったり。

イタリアンオムレツにはキャベツが入っています。

サラダは水菜の形状に合わせて、
パプリカも紫オニオンも同じように
細かくスライスされています。

丁寧なサラダが出てくる店は、
ほとんどの場合「当たり」が多いと思っているので、
ちょっと期待が高まります。

パスタは、
キューブ状にカットした野菜がたっぷり。
それぞれの食感が違うので、
食べるたびに「これは何だろう?」と
思うのが楽しい。

中でもレンコンとパスタの組み合わせが新鮮! 
シャキシャキとした味わいを満喫しました。

10種の野菜は

トマト、タマネギ、ニンジン、レンコン、パプリカ、
インゲン、セロリ、キャベツ、カリフラワー、カブ

本当に細かく刻んであるので、
集中していないとすべての野菜がわからないくらい。

実は、まさかカブがあるとは…知りませんでした。

でも、そんな風に楽しく食べながら
野菜を摂取できるのは、
まさにメニューのネームどおり。

ジェノベーゼのバジルの風味も
ガーリックや唐辛子のボリュームもいい塩梅で、
コクがありながらもさっぱりといただけます。

ヴェネツィア料理。
夜もぜひ訪れてみたいレストランです。

Dandolo Dandolo
東京都中央区日本橋本町4ノ3ノ14、
日本橋ふじみビルディング1階・地下1階
営業時間 午前11時~午後1時30分、
午後5時30分~9時30分
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, February 21, 2008

ラグビーボールのようなバンズ。magnolia cafeのサンドイッチセット

Sany0730日本橋界隈への
打ち合わせが
多いこのごろ。

今日は
神田よりの
日本橋へ
繰り出しました。

中央通りを
歩いていて
見つけたのが

「magnolia cafe」

illyのコーヒーやサンドイッチが楽しめるカフェです。

店内は1階がキッチンカウンターと
壁側にスツールの高い椅子のカウンター。
地下1階がテーブル席になっています。

ウッディな店内は、なんだかアメリカ中西部の雰囲気。
それでいて、
ニューヨークのロウワーイーストあたりにある
カフェの雰囲気もあります。

オーダーは

「本日のサンドイッチセット」680円
フライドポテト、コールスロー、ドリンク付き

サンドイッチは3種類の中から選べます。

選んだのは

「アボガベーコンサンド」

カウンターでオーダーし、お金を払ったら
ドリンクをもらってカウンターで待ちます。

やってきたサンドイッチは、
ラグビーボールのような形で、ちょっとびっくり。

こんがりと焼かれた表面はツルツルで
白ゴマもついています。

思いのほか多きなサンドイッチ。
持ってみると、バンズは柔らか。

サウザンアイランド系のソースをバンズに染み込ませて
パクリッ!

ほんのり甘くて、香ばしくて、
そして柔らか食感のバンズに
シャキッシャキ新鮮なレタスの食感、
ジューシーなトマト、

そしてしっとりと焼いたベーコンから染み出る
脂身の旨さ。

アボガドのまったりとした味わいも
いい具合にマッチして、
バランスのいいサンドイッチになっていました。

フライドポテトはホクホクでカリカリ。

コールスローは甘酢が利いています。

壁側のカウンターは出窓になっていて、
外の光が心地いい。

ほんの少し、違う世界に入り込んだような世界で
のんびりくつろぐ感覚が味わえました。

magnolia cafe
東京都千代田区鍛冶町1ノ10ノ1、よこいビル
営業時間 午前8時~午後11時
(ランチは午前11時~午後3時)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, February 20, 2008

困ったときのインドデリ。Indian Restaurant Gurungの野菜カレー

Sany0722本日は、
平井という
場所に
やってきました。

総武本線の
亀戸駅の次、
新小岩駅の手前に
ある駅です。

打ち合わせが
午後一だったのと、
その後、
すぐに移動しての打ち合わせ
ということもあり、

サクッとランチをせねばならず…。

ほかの駅に立ち寄る時間もなかったので、
とにかく平井駅へ…。

さて。何があるんだろうとウロウロしたものの、
ぴんとくるものがありません。

昔ながらの定食屋さんを
狙ってもよかったのですが、

時間がないときに選ぶのは
どうもドキドキしてしまう…。

時間があれば、もう少し検討できるのに…。

入れそうなところがないなぁ、
どうしようかなぁ…と

途方にくれたころに
目に付いてしまったのは、

インドカレーの店。

「Indian Restaurant Gurung」

間口の狭い店構えは、
縦に長い感じ。

外からその風景を見ていると、
それはまるで、
ニューヨークにあるインディアンデリの店構え
そのものなのでした。

定食屋さんの素材がどうかを考えるなら、
インドカレーの店は、まず間違いないはず! 

とっさの判断に、扉を開けます。

右側に長いキッチン。
左側にはテーブル席が、縦に4席。

思わずオーダーして料金を払ってから
テーブルに着くのかと勘違いしそうになるほど、
その雰囲気はかの地のインディアンデリでした。

それはさておき。

こちらのカレーはネパール方面に近いカレーの様子。

オーダーは

「野菜カレー」680円
サラダ、ナンまたはライス付き

ナンまたはライスはおかわり自由です。

大きな大きなナンは、やっぱり迫力。

もちっとした触り具合と
しっとりとした歯ごたえが魅力です。

カレーは、辛さを調節できるのですが、
マイルドホットをリクエスト。

おかげで、最初のひと口にくるのは
唐辛子のピリッとした感触。

でもその後は、さまざまなスパイスのハーモニー。
その旨味ときたら! 

野菜は、ジャガイモ、ニンジン、カリフラワー、
グリーンピース、

そして、なんとダイコンが入っていました。

このダイコン、スパイシーなカレーが
しっかりとしみこんでいて、熱くてジューシー。
さっぱりとした食後感も味わえます。

ジャガイモも大きくカットされているので
ホクホク感をキープ。
ニンジンもしっとりさをキープ。

ナンをちぎってはカレーにつけて食べる楽しさ。

インドカレーデリ(ここはレストランだけど)に
はずれがないのは世界共通なのかなぁと
ちょっとしみじみしながら、
次の打ち合わせに向かったのでした。

Indian Restaurant Gurung
東京都江戸川区平井5ノ28ノ11
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後6時~10時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, February 19, 2008

サラリとした味。Tree’Sのチキンとトマトのカレー

Sany0721久しぶりに
人形町に来ました。

人形町に来ると
いつも
気になっていた
店があり、
ときどき
利用していました。

ここのところ
すっかりと
ご無沙汰だったので、
思い出したように訪ねてみました。

人形町駅から人形通り。
スターバックスの角を曲がったところにあるのが

「Tree's」

カレーダイニングの店です。

こちらのカレーは、
欧風でもなくインド風でもない、
13種類のスパイスと野菜の旨味を生かした
オリジナルカレー。

店内はL字型のカウンターと2人席用のテーブル席。
こじんまりと落ち着いた雰囲気です。

オーダーを受けてからカレーは作られます。

オーダーは、

「チキンとトマトのカレー」850円

辛さは指定することができます。
また、チーズのトッピングも無料でできます。

丼に入ったカレー。

小麦粉を使っていないので、サラリとしたルーです。

チキンはプリンッと弾力のある
大振りにカットしたもの。

トマトは程よく煮込まれています。

タマネギやキャベツ、ニンジンは千切りになっていて
ルーの中に入り込んでいます。

野菜を食べているという感が味わえます。

ひと口目のカレーは、
スパイシーな辛さというよりも、
サラリとシンプルなカレーの味わい。

千切り野菜やチキントマトと一緒に食べているうちに、
じんわりとスパイスの香りが高まってくるから不思議です。

卓上の福神漬けやラッキョウとともに、
モリモリと食べることができました。

食べ終わった後に、
しみじみとカレーの味わいを感じることができる、
そんなカレーでした。

Tree’s
東京都中央区日本橋人形町3ノ6ノ8、人形町共同ビル1階
営業時間 午前11時~午後2時30分、
午後5時~9時30分
土曜=午前11時~午後3時。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, February 18, 2008

酸っぱい刺激。榮林の酸辣湯麺

Sany0710「飲んだ翌日は
コレを食べると
シャッキリするの!」

という
友人からの
誘惑のお言葉…。

好きなジャンルの
メニューということもあり、

さっそくいそいそと出かけてしまいました。

赤坂見附のみすじ通り沿いにある

「榮林」

中国料理の店です。

ホテルオークラの創始者・大倉喜七郎氏の
料理番を務めた顧春生という人を
初代チーフコックに迎え、昭和31年に創業。

老舗の中国料理店です。

入り口もどっしりとした構えで、
どこか高級感が漂っています。

1階に通されましたが、
きれいにテーブルが並んでいます。

入り口から奥の方には円卓テーブルもあります。

さて。

ここのランチは麺が中心。

というか、どうやらどのテーブルを見ても
同じメニューを食べているのが印象的です。

それだけこの界隈で
このメニューが有名になっている証拠なのでしょう。

注文は

「酸辣湯麺」1260円

酢とラー油を利かせたラーメンは、
ここが元祖だとか…。

運ばれてきた酸辣湯麺は、
トロリとあんかけ状になっています。

ひと口スープをいただくと…。

ツンと酸味の強さが最初にやってきます。
そして、後から醤油系のうまみ…。

酸味がとても刺激的です。

餡の中は細かく刻んだタケノコ、ハム、鶏肉、
ピーマン…。

それらを溶き卵でまとめてあります。

細かく刻んであるので、すべての材料が
口の中できれいにまとまって食べられるのもいい塩梅。

ハムの塩加減もポイントになっています。

麺はストレート。
硬めの湯で具合でお願いしたのですが、
この硬さ加減がちょうどいい! 

あんかけの温かさで、
徐々に麺も柔らかくなってくるのですが、
その加減も硬めからはじめれば
いい状態で食べ切れます。

食べるほどに酸味が利いてきます。

ラー油の加減はほどよく、
風味つけといった辛さ。

あんかけ状態なので、
いつまでもアツアツな状態で、
いつしか、じんわりと汗もにじみでてきます。

思いのほかボリュームたっぷりだったのですが、
酸っぱさのおかげか、
食べ終わってみれば、
なぜかスッキリ。

二日酔いを覚ます極意。
しっかと受け止めてきました。

中国料理 榮林
東京都港区赤坂3ノ16ノ2
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~9時30分(土曜、祝日は9時)
日曜、年末年始、夏期の土曜は定休

映画ウンチク
ELIZABETH THE GOLDEN AGE
☆☆☆☆

1585年のイングランド女王・エリザベス1世。
独身のまま、国のために尽くす彼女の
強さと勇気、孤独…を
全編にわたって伝えています。
スペインの無敵艦隊との攻防もハラハラ。
豪華な衣装やセットも見ごたえ十分です。
今年のアカデミー賞は、
インディペンスのような映画が多く、
やはり、この作品になってしまうのかな…と
ちょっと思いました。

おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (3) | TrackBack (1)

Sunday, February 17, 2008

まなてぃのはなし。19

Sany0692
マナティの写真を
こうして毎回撮ってきていますが、
なかなか理想のコンディションで撮影するのは、
難しいものです。

というのも、
このHOT SPRINGS。

水底はモワッとしたやわらかな砂地になっているのです。

マナティは、
寝ているときはこの砂地に顔を
これでもか! 
というくらいにつっこんでグースカ。

そして、20分くらいごとに
水面に向かって息を吸いにぷはーっ。

そしてまた水底に戻って眠っています。

このたった上下の動きだけなのですが、
砂が舞って透明度がにごってしまいます。

つまり、たくさんのマナティがいればいるだけ、
そのまわりはにごっていることが多いのです。

マナティの尻尾は、丸くて大きいのですが、
このフィンキックが思いのほか力強い。

なので、
動き回っていてもちょっと砂が舞うこともあるのです。

太陽の光もこのスプリングは、
まっすぐに入り込んでいくので、
あまりにもまぶしすぎると、
その光が強くて、いい感じの写真にはなりません。

私の理想は、

太陽の光が程よく入り込み、
透明度がよく、
1頭でなく何頭かのマナティがいて、
水面も水底も入り込んでいる…。

そんな写真です。

ガイドにそれを伝えたときには、
案の定、苦笑い。

そういいながらも、
なるべく藻ばかりでなく、白い砂地が多い場所を
案内してくれたのには感謝です。

こうして撮りたい写真があるのも
何度もチャレンジしたいという気持ちになって、
毎回訪ねているのかもしれません。

いえいえ。
やっぱりマナティと遊んでいると、
心が自然にほぐれてくる、
その感覚が必要なんだと思います。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

LONG TIME NO SEE! BSB

Sany0707

会いたかった人たちに、
2年ぶりに会うことができました。

Backstreet Boysのライブが東京ドームで行われました。

昨年の10月に約1年半ぶりに発売されたアルバム

「UNBREAKABLE」をひっさげての
ワールドツアーの初日です。

2年前と違うことは、KEVINが抜けて4人になったこと。

4人のパフォーマンスはどんなふうに????

と、心配もよそに、

相変わらずのハーモニー&ダンサブルなステージでした。

いやいやいやいや…。

4人を目の前にすると、

正直メロメロです(苦笑)。

オープニングのボクシングシーンをはじめ、
ポーカーゲームにいそしむパフォーマンス、
ドラム缶の火に温まりながらのシーンを作ったり…。

そして、キレのいいダンス・ダンス・ダンス!

あっという間の2時間でした。

デビューして15年。

今回ほどBrian、Howie、AJ、Nickが
大人になったなぁと感じたことはありませんでした。

前回、

Nickのロックなノリが気になって仕方なかったのですが、
この2年ですっかり、彼の歌声にハマってしまい、
今回はその歌声とステージングに
改めて、ホレボレ。

でも、あのロックなノリが前よりも
全体的にぴったりとマッチしていたような気もします。

曲調など4人でのステージングの構想から
そういうふうになってきているのかもしれません。

それはともかく…。

結局のところ、
Backstreet Boysの音楽が好きです。
その心地よい音楽と歌声を生で聴くことのシアワセ。

考えてみると、

ライブに興奮するのは久しぶりのこと。

今年はもっといろいろなライブに足を運びたいものです。

次回は2年も待たずに会いたいものです!!!!

I’m so HAPPY!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Saturday, February 16, 2008

まなてぃのはなし。18

Sany0695

マナティの寿命は60年ほどだそうです。

1回の出産は1頭で、
生まれたてのマナティは5・6フィートの大きさだとか。

マママナティはしばらく子マナティと
ずっと一緒にいるそうです。

そうして、
しばらくすると水中を自由に泳ぎまわっているのですが、

このマママナティと子マナティには、
テレパシーが通じているのか、
水中で
「ピーッピーッ」という音が聞こえてくるのです。

この音が聞こえたときは、
そばにマママナティがいて、やがて子マナティは
マママナティの元へと戻っていきます。

この音はマママナティから発せられているのか、
子マナティから発せられているのか、
確かではないのですが、
この音で2頭がコミュニケーションをとっていることは
確かです。

さて。

マナティの授乳。

マママナティのヒレの付け根におっぱいがあり、
子マナティはわきの下をかむようにして
乳を飲みます。

その間マママナティは何をしているかといえば、
なんだか水底に顔をうずめて寝ているのでした。
それもなんだかほほえましい…。

今回は、この姿を見ることが本当に多かったトリップでした。
それだけでなく、子マナティとスキンシップをとるマママナティが
本当に多く見ることができました。

それだけ
子マナティが増えているのかなぁと
勝手にうれしく思うのでした。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, February 15, 2008

野菜たっぷり! 健康ダイニング 九州のちゃんぽん

080201_13000001ここのところ
本当に
九州の店が
増えました。

麹町駅から
すぐ近くの
ビルの地下にも

その名も
ズバリの店が
昨年の暮れに
オープンしました。

「健康ダイニング 九州」

九州のおいしいもんを集めたダイニングです。

ランチタイムはちゃんぽんや皿うどん、
そして九州のおいしいものをまとめた
ご膳スタイルのセットがあります。

オーダーは

「ちゃんぽん」800円

どんぶりにはどっさりと盛られた野菜。

スープは白湯ですっきりとした味わい。

ちゃんぽん独特の丸くて太い麺もいいゆで具合。
やわやわとした感じもちゃんぽんならではの味わいです。

野菜はキャベツがたっぷりにモヤシ、
そしてかまぼこに海鮮が入っています。

これを軽く炒めてからささっとゆであげてあるので
野菜はさっぱり。
キャベツの芯もいい具合の食感になっています。

すっきりとしながらコクのあるスープ。
少し食べ進んだら、
ソースをちょっとだけ足して、味の変化も楽しめます。

九州生まれでも、長崎にゆかりもありませんが、
ときどき、
なんだか食べたくなるちゃんぽんです。

野菜不足と感じたときには、
ぜひとも訪れたいものです。

健康ダイニング 九州
東京都千代田区麹町4ノ3 紅谷ビル地下1階
営業時間 ご膳11時~午後2時、
午後5時30分~10時30分。土・日曜定休

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, February 14, 2008

しみじみ味わう…。金沢すし魂 神魚亭の能登にぎり盛り

Sany0703_2「神の魚」

と書いて、

「のどくろ」と
読みます。

富山を中心に
「赤むつ」の
呼び名
だそうです。

神にささげるほどにおいしい、のどくろ。

そんなのどくろや北陸のおいしい幸を
味わうことができるのが、

汐留シティセンター2階にある

「金沢すし魂 神魚亭」

もちろん、店名は

「のどくろてい」と読みます。

店内は白木の大きなカウンターのほか、
テーブル席もあります。

カウンター席のカウンターの高さは
ちょうどいい高さで、
寿司以外の料理も
十分楽しめるほどの広さです。

のどくろはさすがにランチメニューにはありませんが、
ちょっと値のはる「加賀にぎり盛り」などを
注文すれば、北陸の幸を存分に満喫できるはず。

でも、
今日は特別な日でもないので、
普通のランチを注文します。

「能登にぎり盛り」1000円
味噌汁付き

こちらは本日のにぎり鮨が12品という
お値打ちのランチメニューです。

さて。

その内訳は…。

まぐろ、いか、海老、蛸、鯖、ほたて、
炙りはまち、ナスの浅漬け、玉子、
親子巻き、オクラ、ねぎとろ

こちらのシャリは、ひと口ほどの上品な大きさで
これがなんとも食べやすい。

金沢の甘口の醤油をつけていただけば…。

マグロはしっとり、
イカは細かく包丁を入れてあってプリプリで柔らか、
食感が心地いい。

エビは程よい弾力でエビの風味がきちんと伝わる。
蛸はブリンブリンの弾力で
サバは脂がのっていて、口の中でとろけるよう。

ホタテはヤワヤワしっとりで、
そして炙ったハマチは、
特製のタレに漬け込んでから炙ってあるので、
タレの染み具合がいい塩梅。
香ばしくてトロリな味わい。

ナスの浅漬けのにぎりは、さっぱりとしていて、
いい気分転換。

玉子も甘すぎずちょうどいいお味。

そして親子巻き。
サーモンを軍艦巻きの海苔の代わりに巻いて
その上にイクラ。

これがなんともまろうやか! 
サーモンもイクラも好きだなぁと
改めて思う味。

オクラは軍艦巻きにしてあり、そのネバネバ感が楽しい。

ネギトロもマグロのとろけるような味わいを
しっかりの海苔でアクセントをつけています。

は~っ。

満足。

もっと食べたいかも~!
と思いつつも、やはり
12品いただくと、かなりの満腹感です。

ぶりしゃぶをはじめ、
まだまだ北陸のおいしいどころがありそうで、
夜にしっとりと食べに出かけたいです。

金沢すし魂 神魚亭
東京都港区東新橋1ノ5ノ2、汐留シティセンター2階
営業時間 午前11時~午後3時、午後5時~11時
土・日曜、祝日=午前11時~午後9時
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, February 13, 2008

摩訶不思議空間。銀座イベリコのイベリコスペシャルカレー

Sany0701たまには
銀座の
大通りあたりで
ごはんを
食べてみようと
大通りを
テクテク。

「イベリコ」の字に
ついつい引かれて
入ってしまいました。

松屋銀座と道路を挟んで隣にある
銀座三和ビル地下2階にある

「銀座イベリコ」

豚しゃぶとワインが楽しめる店です。

ランチタイムのこの店は、
隣の「紅虎餃子房」と同じ入り口になっています。

なので、
地下2階に下りていくと、
一瞬、どっちに行ったらいいのかキョロキョロ。

すぐにスタッフに案内されましたが、
なんだか摩訶不思議な空間です。

そんな店内は、
重厚なチャイニーズ系の空間。

しゃぶしゃぶの店だけあって、
テーブルにはIHヒーターが添えつけてあります。

オーダーは

「イベリコスペシャルカレー」1000円
サラダ付き

ランチにはイベリコ豚を使った
ハンバーグや生姜焼き、
コロッケなどのセットもありますが、

スペシャルカレーには、
「オーダーした人にしかわからない贅沢」と
書き添えてあり、
その言葉にのせられて、オーダーしてしまいました。

スペシャルカレーは、

イベリコ豚を使った、
じっくり煮込んだ甘口のカレーと
スパイシーに煮込んだ辛口の黒いカレーの
2色のカレーに加えて、
ひき肉を煮込んだキーマカレー風のソースが
ライスの上にのった、
まさに
3種類のカレーが楽しめる一皿です。

甘口カレーは、
フルーティーな甘さが印象的。
その甘さの向こうにスパイシーな味わい。

辛口カレーは、
辛味の中にある苦味とスパイシーさが印象的。
結構な辛さです。

キーマカレーは、
肉の旨味をじっくりと感じられる
辛さは中間の味。

まずは、この3つを別々に味わいます。

その後、
甘口と辛口を合わせていただいてみると、
甘口のフルーティーさと辛口の苦味辛さが混ざって、
スパイシーながら甘さのある
これまでと違った味わいに。

さらに、キーマも合わせれば、
肉の甘みも加わります。

カレーの中に入っている豚肉は
ホロリと煮込まれていて柔らか。

2つの組み合わせを変えたり、
3つ合わせたり、
合わせる分量を変えたりと、
そして、思い出したように単品で…。

あれこれと味が楽しめるのに夢中になって、
気づけば、お腹は満腹でした。

ディナータイムのしゃぶしゃぶ。
ワインはワインデックスで
100種のワインを用意。
かなりリーズナブルな料金で提供しているようなので、
ワインとともに豚しゃぶしゃぶもいいな…
と思ったランチタイムでした。

銀座イベリコ
東京都中央区銀座4ノ6ノ1、銀座三和ビル地下2階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分
午後5時~10時30分
土・日曜、祝日=午前11時30分~午後10時30分
(ランチは月~金曜のみ)
おいしいブログそろってます→ 

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, February 12, 2008

サクサクサク♪東京ロティサリーチキンズDCのジンジャーチキンプラタ

Sany0699連休明けは
神田から
スタート。

といっても、
サクッと
行きたかったので
手っ取り早く
駅前で
ランチを
することに。

神田駅北口から、斜め左手にあるのが

「東京ロティサリーチキンズDC」。

チキンを丸ごとまわしながら、
じっくりとローストしていく
ロティサリーチキンがいただける店です。

こちらのロティサリーチキンは、
フランス製のロティサリーオーブンで焼き上げ、
仕上げにダッチオーブンでローストしていく、
皮パリパリ、中ジューシーなチキン。

ランチタイムにも半揚げというメニューでありますが、
こちらはオープン記念で
2月いっぱい、
毎週月曜日のみ500円! というサービス。

残念ながら今日は月曜日ではないので、
違うメニューにしました。

ちなみに毎日日替わりでお得なメニューがあるので
要チェックです。

店内はブラック&ホワイトの
スタイリッシュな空間。
なんと、ディナータイムはマジックも登場するそう。

オーダーは、

「ジンジャーチキンプラタ」580円。
ライス、サラダ付き

ジンジャーチキンは、
カラッとサクサクに揚げた衣が印象的。

このサクサクサクサクした食感は、
食べていてちょっと心地よい。

そしてチキンは脂も程よく、
そしてジューシーな味わいです。

ジンジャーソースはトロリとしていて、
ちょっぴり甘め。

卓上にある、胡椒とハーブのスパイスを
少々加えていただくのもいい塩梅です。

ぜひとも夜に訪れて、
ロティサリーチキンを満喫してみたいです。

ロティサリーチキンズDC
東京都千代田区内神田3ノ19ノ10、
ソーシャルビル2階
営業時間 午前11時~午前0時
(ランチは午後5時まで)
おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, February 11, 2008

まなてぃのはなし。17

Sany0693_2

マナティトリップ2日目は、
気温、天気ともにベストコンディション。

マナティが過ごせる水中は72°F~74°Fなので、
気温が60°Fだと、
当然水中のほうが温かいので、

もうすぐ日の出という時間帯は、
水面からモヤモヤと幻想的に水蒸気が出ているのです。

その風景を見るときは、
本当にマナティが多いことが多いの、
気持ちもウキウキとしてきます。

1回目は、プライベートトリップだったのですが、
水に入ったとたん、マナティに抱きつかれてしまいました。
Sany0696
マナティは手のようなヒレで泳ぐのですが、
このヒレが思いのほか硬くて力強い。

片足をがっしりとつかんだかと思うと、
ウエットスーツをモグモグとなめていくのです。

たぶん、藻が少し着いていたりもしたのでしょうが、
何しろ夢中でペロペロ。

そうなんです。
歯があたるというよりも、
ペロペロとなめるような感触なのです。

だんだんと顔に近づいてくるマナティ。

ようやく顔を合わすと、
その顔は、
「だってなめたかったんだも~ん」と
無邪気な顔。

思わず顔がほころんでしまいます。

どのマナティも、こういう抱き癖(?)があるわけではなく、
このマナティだけの様子。

そのうちに、
このマナティのファミリーが回りにやってきて、

気づけば5頭ほどに囲まれてしまい、
身動きできないほどになってしまいました。

これは、かなりの至福のひとときです。

ときおりマナティ同士が顔を寄せ合って
何か語っているような雰囲気も見ることができ、

その中に一緒にいられることに
改めてシアワセをかみしめるのでした。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, February 10, 2008

まなてぃのはなし。16

Sany0691

今回の1日目。

気温はベストなものの、
PONTOONというボートに集合したときには
ポツポツと小雨が降ってきました。

さすがにベストな気温とはいえ、
10℃くらいの中で雨に降られると、肌寒い。

さらには曇り空なので、
キラキラとした太陽の光が水の中に差し込むことはありません。

今年も会えるのかなぁ…と
ドキドキしながらポイントに向かいます。

ポッポッポッポとのんびりと進むPNTOON。

マナティを守るために、
Manatee Speedという決まったスピードがあるため、
のんびりと20分くらいかけて向かいます。

Spiringに囲まれた両側は、
ちょっと高級な住宅が並んでいます。
どの家も桟橋を持っていて、
気軽にボートやカヌーを出して水辺を楽しむことができるのです。

うらやましい風景を眺めながら、
ついに到着。

マスクとフィンをつけて水の中に入ります…。

ドキドキしたものの、
そこには、

やっぱり当たり前のようにマナティがのんびりと泳いでいるのでした。

とはいうものの、実は元気に泳いでいるのは1頭。

そのほかのマナティたちは、
Manatee Sanctuaryという、
人間はこれ以上入ってはいけないよ…というエリアで
ぐーすか寝ていたようです。

現地のガイドも、
基本的には朝一のマナティトリップで、
みんな起きだすのでタイミングがいちばんなんだけど…とのこと。

小雨のせいもあるのでしょうか。

そのかわりに、
その日2回目のマナティトリップでは、

何頭ものマナティが起きだしてきて、
一緒に遊んでくれたのでした。

気温や天気によって、マナティの行動も変わる…。

そう考えると、
今年のマナティは…というよりも、
やはりその日の天候でマナティの行動も変わってくるのだと
考えていかなくてはいけないな…と
改めて思うのでした。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, February 09, 2008

まなてぃのはなし。15

Sany0694

07-08シーズンも半ばとなりました。

もちろん、マナティの話です。

昨年の夏はナニーニョ現象だったため、
冬は極寒になるのでは…という話でしたが、

日本では実際に寒い日々がやってきています。

アメリカではどうなのかというと…。

最近のマナティトリップは、
ニューヨークを経由してから向かっているのですが、
ニューヨークで過ごす気候で
だいたいのコンディションを予想することができます。

そのニューヨーク。

実は結構暖冬だったらしく、
ちょうど訪問した週のちょっと前あたりから
急に寒くなったとのこと。

なにしろ風が冷たい。
毎日30°F前後は当たり前。

つまりは氷点下の気温だったのです。

でも、昨年のデータを見てみると、
なんと朝の気温が9°Fという日もあり、
そう考えると、
そんなに寒いわけではないのだな…と判断。

昨年は、そのあんまりの寒さが
フロリダにもあり、
寒すぎてマナティと十分に遊べなかったような…。

そう考えると、今回のタイミングはベストだったかもしれません。

暑すぎず、寒すぎず…。

毎日の起床は6時ごろ。
起きると同時に
テレビをBAY NEWSに合わせます。

このチャンネルは
ここCrystalriverやHamosassaはもちろん、
Tampa方面を中心としたニュース番組。

その左下には、いつでも時刻と気温が表示されているのです。

そこに表示されている数字が
60°F代の時はかなり、ウキウキしてきます。

この表示のときは、マナティとの出会いが多いからです。

これが70°F代だったり
50°Fも低い数字だったりすると
あまり期待することができないのです。

今回は、2日間とも60°F前後といいコンディション。

当然、両日ともたくさんのマナティと会うことができました。

マナティと遊ぶときは、
こうして毎朝気温を気にかけることから始まります。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, February 08, 2008

あれこれ楽しい! TOM BOYのソーセージと卵の鉄板カレースパ

Sany0690週の終わりは
池袋。

今週は、
こちら方面に
足を向けることが
多かった
1週間でした。

池袋に来ると、
西口も東口も
飲食店が多く、
ワクワクするものの、途方にもくれてしまいます。

ある程度的を絞って歩かないと、
なかなか店を決めることができません。

そこで、今日はなんとなく
東通りをふらふら。

ちょっと来ない間に、ちょっとずつ店が変わっていたり…。

このブロックはラーメン店も多く点在していて、
ラーメンもいいかな…と思ったものの、

店構えにふらふらと近寄ってしまったのがここです。

「TOM BOY」

レストラン&カフェです。

一軒家を改装したかのような入り口は、引き戸。
引き戸を開ければ、そこは玄関になっていて、
もれなく靴を脱いで上がります。

左手前に個室。
その奥は左にかうんたー、右にテーブル。

どちらも掘りごたつ式になっているので、

目線を低めにゆったりとくつろぐことができます。

店内は、ジャマイカンテイストあふれる内装。
レゲエのジャケットが壁に飾られたり、
ちょっぴり70年代テーストも感じられます。

オーダーは

「ソーセージと卵の鉄板カレースパ」890円
ドリンク付き

ランチメニューのほか、グランドメニューもオーダーすることができ、
それはプラス150円でドリンクを付けられます。

シルバーの平たい鉄板にのってやってきたメニューは、
見た目はグラタン。

チーズがたっぷりとかかっていてトロリと溶けています。
ホワイトソースも若干かかっていて、
見た目は薄い黄色なのですが、
フォークで中をのぞくと、
ブラウン系のカレールーがありました。

このカレー、コクがあってやさしい辛さ。

チーズのコクとよく合っていて、まろやかな味わいが楽しめます。

卵もぽとんと落ちていて、半熟状態で存在。

黄身をほぐしながらいただけば、
チーズとカレーと卵のコクが口中ひ広がっていきます。

スパゲッティとカレーとグラタンと、
そんな大好きなメニューを一堂に集めてしまったようなランチ。

土鍋で作ったパスタ「スパチー」というメニューも人気の様子。

ジャマイカの風を感じながら、
のんびりと過ごしたい場所でした。

TOM BOY
東京都豊島区南池袋2ノ14ノ1
営業時間 午前11時30分~午前0時
(ランチは午後4時まで)

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, February 07, 2008

カリッ&柔らか! 王ろじのとん丼

Sany0688行くときは、
かなり連続して
その場所を
訪れます。

本日も
新宿あたりで
ランチとなりました。

今日は、
ちょっと老舗の店でも
行ってみようかと
足を向けたのは、

伊勢丹の隣に位置する

「王ろじ」

大正10年創業のとんかつの店です。

「とんかつ」というネーミングは、
この店が発祥なんだとか。

店内は、木造の昔ながらの面影を残すいでたち。
カウンター席は4つ、
テーブル席はカウンターを囲むような形であります。

注文は

「とん丼」950円
王ろじ漬け付き

とん丼とは、実はカツカレーのこと。

でもカツカレーといっても
その風貌はちょっとユニークです。

想像していた器よりもスタイリッシュな器で
運ばれてきたとん丼は、

カツが3つ円錐状にそそり立っていました。

その下にカレールー、
カツにはトンカツソースもかかっています。

カレーをひと口食べてみると、
昔ながらのカレールーながらスパイスをしっかりと使った味。

シナモンや焼きリンゴを加えているそうで、
口当たりは甘く、それでいて辛い。

カツはまん丸に揚げて3つにカットしてあります。

かじりついてみれば、
カリッとしたクリスピーな食感。

そして、その中の肉は…。

しっとりとやわらかな口当たりなのです! 

実はこの肉、
ロースの脂身を除いて、丁寧にロールしてから
揚げてあります。

メンチカツのようで、
でもメンチカツよりも肉の味わいが感じられ、

あくまでもしっとり。

表面のカリカリと中身のソフトな口当たりは、
かなり新鮮な味わいです。

トンカツソースは、ピリッとスパイシーな味になっていて、
カレーソースと合わせれば、
スパイシーさも倍増。

小ぶりの器に見えましたが、
ご飯のボリュームは思いのほか多く、

満腹・満足なひとときとなりました。

王ろじ
東京都新宿区3ノ17ノ21
営業時間 午前11時~午後3時、
午後4時30分~8時30分。水曜定休

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Wednesday, February 06, 2008

切り方で味の再発見。Bistro Vegetable Marketのシェフの気まぐれランチ

Sany0685Sany0686
旅から帰ってきて、

野菜が足りない!!!と

と、切実に
思っていたこのごろ。

タイミングを見つけて行かなければ! と
思っていました。

横浜・関内は吉田町にある、
何度も何度も行ってしまっている

「Bistro Vegetable Market」

野菜をおいしく食べさせてくれるビストロです。

今日はラッキーなことに、
すんなりと席に付くことができました。

オーダーは、たったひとつの

「シェフの気まぐれランチ」1050円
もりもりサラダ、パンまたはライス、ドリンク付き

本日の気まぐれメインは

「牛肉とごろごろ野菜のボルシチ」

もりもりサラダは

「高野豆腐のサラダ」

オーダーがすむとすぐにサーブされるサラダ。

レタスと高野豆腐だけのシンプルなサラダ。

オリジナルのドレッシングは酸味があるのですが、
今日はその酸味を抑え気味。

だけれども、こんな気温の日にはちょうどいい味わいです。

何よりも、レタスがおいしい! 
新鮮な野菜だからこそ味わえるんだなぁと
改めて感じてしまいました。

メインのボルシチは、
ビーツの色にそまったスープ。
そこに、
牛肉、タマネギ、キャベツ、ニンジン、ビーツが
ゴロンと添えられています。

スープは、ビーツのコクが生きたさっぱりとした味。
サワークリームを溶かしながらいただけば、
チーズのコクがまったりと感じられます。

ビーツは柵切りになっているのですが、
この食感は初めて! 

ビーツといえば薄くスライスしたものしか
食べたことがなかったので、
この食感には驚きです。

ビーツの味が濃く感じられます。

もちろん、タマネギもキャベツもしっとり。
ニンジンはほっくりと甘い。

牛肉はスジ肉の塊が柔らかくなるまで煮込まれており、
ホロリとほぐれます。
肉のうまみをしみじみ感じられます。

牛肉とサワークリームの組み合わせは
味わいが新鮮。

ビーツと牛肉の組み合わせも、いい塩梅です。

それぞれの野菜との組み合わせを楽しみつつ、
味わい深いスープもいただきます。

パンと一緒に食べれば、
いつしかお腹は大満足。

寒い日には寒い国の料理がいちばんかもしれません。

Bistro Vegetable Market
横浜市中区吉田町2ノ7
営業時間 正午~午後2時、
午後6時~10時。日曜、第1・3火曜定休

映画ウンチク
Bridge of Terabithia
テラビシアにかける橋
☆☆☆

スクールデイズ。
ちょっといじめられっこのジェスが
転校生の女の子レスリーと
想像の世界で大冒険。
現実のつらいことも、この世界では
すべて忘れることができる。
学校で起こるいろいろなことを
楽しい気持ちに転換できる、その世界。
絵の才能を認めている音楽の先生が
ジェスを誘って美術館へ。
周りは気にせず、自分を信じなさいと
励まされるものの、その直後に事件が! 
心の目を開きなさい。
ちょっと心にしみる言葉です。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, February 05, 2008

甘みと辛味。Nokishitaのハーブポークと冬キャベツ唐辛子トマトソース

Sany0681久しぶりに
新宿に来ました。

末広通り界隈は、
いろいろな飲食が
集まっています。

そんな中、
お昼時にちょっとした
行列ができている店が
ここです。

「Nokishita」

ゆであげのスパゲッティ専門店です。

スパゲッティは、トマトソースやホワイトソースのほか、
醤油ベース、カレーベースなど
100種のスパゲッティがそろっています。

店内は昭和の木造建築風の建て構え。
カウンター7席、
テーブル席はたった4つという、
ちいさなスペースは、くつろぎの空間です。

オーダーは

「ハーブポークと冬キャベツ 唐辛子トマトソース」1200円

これは今月のおすすめメニューです。

ざっくりと切ったキャベツと大降りの豚バラ肉が
パスタの上にどっさり。

キャベツはシャキッと甘く、
豚肉も脂身から甘みがジワッとわき出てきます。

ソースはトマトの酸味がほんのり、
唐辛子の辛さがほのかに伝わってくる程度。

でも、
その辛さとキャベツや豚肉の甘みの組み合わせは
なんとも口の中でマッチしています。

さらにモッツァレラチーズがパラリと降りかかっているので
さっぱりしながらもコクのある味わいがプラス。
味のハーモニーが楽しめます。

パスタもシャキッとアルデンテ。
ソースが程よく絡み合うのもいい塩梅です。

大胆カットのキャベツと豚肉。
カレーソースやナポリタンも試してみたいです。

Nokishita
東京都新宿区新宿3ノ7ノ7、十字屋ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後3時30分、
午後6時~10時

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, February 04, 2008

オリジナルの味。EATERY KIMURAのトルコ風ライス

Sany0679横浜・関内の
日本大通から
ちょっと右に入ると、
たくさんの
パーキングエリアが
目に付きます。

その中に
ひっそりと
こじんまりと建っているのがKIMURAビル。

その1階にあるのが

「EATERY KIMURA」

洋食レストランです。

店内は喫茶店風の昭和テーストにあふれています。
なんとなく落ち着く雰囲気。

オーダーは

「本日のランチ」850円
コーヒーゼリー付き

ランチは2つほど用意されており、
選んだのは

「トルコ風ライス」

トルコ風ライス…という言葉にすかさず反応したのは、
ナポリタンやピラフ、カツなどが1皿に盛られた
長崎の名物でもあるトルコライス。

ついついそんなイメージを描いていたので、
実は運ばれてきた皿を見てびっくり!

思わず「トルコ風ライスとは? 」と
たずねてしまいました。

もともと貨物船のシェフをしていたお父さまが、
海外のあちこちで見聞きした料理のあれこれを元に
オリジナル料理を作り出しているのだとか。

その1つがこのトルコ風ライス。

ひき肉をさまざまなスパイスで煮込んだミートソースです。

さらりとしたソースは、
トマトと肉の甘さの後にスパイシーな味わい。

カレーのようでカレーでなく、
ミートソースのようでミートソースでなく…。

それがライスとよく合っています。

添えつけのゆで卵もいいアクセントになっています。

外国の料理を工夫して作っていた時代の
洋食文化の風を感じられる一品でした。

EATERY KIMURA
横浜市中区常磐町3ノ32
営業時間 正午~午後2時、午後5時~9時
日曜、祝日定休

映画ウンチク
AMERICAN GANGSTAR
☆☆☆☆☆

1960年代後半のニューヨーク。
マリファナなどの闇ルートを見出した
ハーレムのブラックマフィアを追った作品。
ベトナムとのやりとりで財をなすギャングの
冷酷さ、ファミリーへの思いやり、
葛藤をデンゼル・ワシントンが熱演。
彼を逮捕するために調査し続ける刑事に
ラッセル・クロウ。
この2人を交互に追っていくストーリーは、
あっという間にエンディングまで見続けられます。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Friday, February 01, 2008

Floridaのごはんたち。

Sany0674_2

Floridaでは、いろいろなランチとめぐり合いました。
Manateeと遊ぶTripに参加しているのですが、
このTripにはBreakFastやLunchが
Includeされている、ちょっとアメリカらしくない、
いたれりつくせりのTripなのです。

で、ランチは6種の中から選べるのですが、
珍しく

「Pasta Mariana」をチョイス。

トマトソースのフィットチーネです。

実は、ニューヨーク以外のパスタは、
アルデンテをはるかに超えたものが多く、
ちょっと手を出しづらいのですが、
なんだか、今回はパスタを選択してしまったのです。

さて。
その味は…。
アルデンテよりもちょっとやわらかいくらいの仕上がり。
トマトソースもオレガノのきいたさわやかな味わいでした。

もちろんボリュームはフロリダ級です。

Sany0673

以前にも紹介した
ClubHouseSandwitch

ローストターキーとビーフ、レタスにチェダーチーズ、
トマトにハムがどっさりの
二段重ねのサンドイッチです。

この薄いパンのトーストがなんとも香ばしく、
このパンが食べられるのも、アメリカならではと思ってしまいます。
フレンチフライもカリッと揚がっています。

もしかしたら完食できるかも…と
思ったものの、半分はその日の夕食となってしまいました。

Sany0672

最後に紹介するのは、なんとCuban Meal。

Manatee Tripが終了したら、
日本に帰国のためにOrlandに移動します。

というのも、日本に帰るには早朝のフライトになるからです。

エアポート近くにステイしているのですが、
そこから遊びに行くことができる場所というと

Florida Mall

SEARSやP.C.Jenny、Macy’sなど
大きなデパートとホテル、
それらをつなぐ大きなモール。
真剣にすべてを見るには1日では終わらないくらいの
広さです。

ここのFood Cortで出会ったのが

「MANBO’S」という

Cuban Mealの店です。

今回、このキューバのごはんどころを、
結構あちこちで見かけました。
そんな雰囲気になっているのでしょうか…。

このセットは

「ガーリックローストチキン、ライス&ビーンズ、揚げバナナ」$5.99

ライス&ビーンズはフライドライスとのどちらかが選べます。

揚げバナナも野菜を選ぶことも。

チキンは骨付きの大きなローストで、
柔らかくてジューシー。
皮もパリッとしています。

ライス&ビーンズは、
白ライスに豆の煮込みをかけてくれたのですが、
これを混ぜ合わせて食べると、
豆のコクがライスに染み渡って、なんとも味わい深いテイスト。
これ、結構ハマります。

揚げバナナは酸味のある若いバナナを揚げてあり、
これがさわやか。
デザートかと思いきや、
この味がライス&ビーンズにぴったりなのが驚きです。

なんだか新しい味覚を発見してしまいました。

そうそう。

ランチタイムは、テラスで食べることが多かったのですが、
真っ青な空の下、
気持ちのいい太陽の光を浴びながら、
幸せな時間をすごすことができました。

おいしいごはんは、味はもちろんですが、
それをどんな環境で食べるかも大切なんだなぁと
つくづく思いました。

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »