« December 2007 | Main | February 2008 »

Sunday, January 27, 2008

POPEYESの1PIECE COMBO

Sany0675

NewYorkからFloridaへ向かい、
帰国しました。

Floridaの空はびっくりするくらいに広くて青い。
ドライブしていると、いつの間にか顔がほころんでしまいます。

そんな中で、
サービスエリアでごはんを食べようと、選んだのが

「POPEYES」

何もわざわざ選ばなくても…というくらいの
フライドチキンのチェーン店です。

選んだのは

「1Piece Combo]$5.99

フライドチキンとビスケット、
フレンチフライ、ドリンクのセットです。

フライドチキンはマイルドとスパイシーを選べます。

選んだのはマイルドなのですが、
ここのフライドチキンは、何しろクリスピー。

カリッカリとした衣の下には、
トロリとジューシーなチキン。

チキンの部分も選べるのがアメリカ。
選んだWingは本当に大きい! 

カリカリとしっとりを思う存分楽しむことができました。

ポテトは表面がザラザラで中はホクホク。

ビスケットは塩味でホロリとした口当たりで、
これがチキンの合間に食べるのがいい塩梅。

こちらのドリンク付きは、
カップを渡されて、
あとはドリンクバーで好きなドリンクを好きなだけ
入れることができます。

こんなごはんとのときは、ついつい
Dr.Pepperなどを選んでしまうのでした。

POPEYES
Frolida Tune Pikeのサービスエリア

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

INDIAN DELI FAMOUS CURY & KBABのEGG CURY

Sany0676_2

ニューヨークでのごはん選びは、
あらかじめこの店にしようと決めているときもあれば、
偶然その前を通って見つけた店もあります。

「INDIAN DELI FAMOUS CURY & KABAB」

このデリは、
ホテルへ戻る道すがら、気になっていた店です。

気になっているなら入っちゃえ! 
と入ってみると、

中にはインド系の男性ばかり。
女性が1人もいません。

ちょっとひるみつつも、ショーケースを見ながらオーダー。

「EGG CURY & RICE」$7

カレーはサラサラで、ゆで卵が丸ごと、
チキンボールとジャガイモが入っています。

コリアンダーの風味が隠し味になっていて、
ジンワリと辛い。

それでいて、後を引く味わいなのです。

ライスはロングライスのサラサラですが、
ニンジンなど野菜が含まれていて、ちょっと味わいあり。

このライスにもカレーがぴったり。
ライスの多さにびっくりです。

実は、ここにはすでに立ち寄っていて、
CHIKEN CURY & NANを試していました。

ナンは、オーダーが入ると焼いてくれるので
ポカポカあったかくて、ふわふわなしあがりなのです。

客層をよくよく眺めてみると、
どうやらタクシー運転手が多いようです。

なるほど。

タクシー運転手が立ち寄る店はおいしいというのは定番。

なにげなく、いい店を見つけてしまった瞬間でした。

INDIAN DELI FAMOUS CURY & KABAB
31st ST Between 5th & Madison

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, January 26, 2008

NO DAY BUT TODAY! RENT RENT RENT!

Sany0513
その存在は、なぜか12年前から知っていて、
とても興味があったのに、

生のミュージカルを観ないまま、
映画で初体験をした

「RENT」。

80年代のニューヨークはイーストビレッジ、
アルファベットシティあたりを舞台にした、
混沌とした中での
愛と友情と無垢な心の葛藤を描いた作品です。

映画に感化されて、
昨年やっと本場のミュージカルを観たのですが、

役者の年齢が映画とはかなり若く、
でも
考えてみれば、若者を描いたミュージカルだから、
こちらが正しいのだよなぁ…と
思っていたものでした。

この「RENT」、
6月1日で、とうとうCLOSEすることになり、

今回は、観るつもりはなかったのですが、
見納めとしてチャレンジしてきました。

チャレンジというのは、
当日劇場の前で行われるRUSHの抽選に参加すること。

毎回前列2列をこのRUSHのために確保されていて、
指定された時間に名前のカードを渡し、
見事、抽選に当たったら$20で観られるというもの。

寒い中、カードを書くために劇場の前に並び、
30分後に抽選。

誰もがこのチャンスに期待と不安で待っているので、
抽選のときには、ちょっとした盛り上がりがあるのも
楽しい瞬間です

残念ながら、外れてしまったのですが(かなり悔しい!)、
現在ディスカウントチケット中だったので、
前から3列目を格安で観ることができました。

今回の役者はなかなかいい味を出していました。

アドリブも飛び出していたりと、
ノリノリのステージを繰り広げていました。

夏にオリジナルキャストを向かえたのが
いい刺激になっているのでしょうか…。

ストーリー的には。
後半になると映画と進み方が変わってしまうのですが、
それはそれ。
感動的なラストにつながっていきます。

NO DAY BUT TODAY。

いつでもそんな気持ちでいたいものです。

※さて。これから先はまたまた日本語のインターネット環境のないところに移動します。
毎日楽しみにされている方には申し訳ありませんが、また1週間後にお会いしましょう! 
いつもいつも、読んでくださり、本当にありがとうございます!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

HELLO BERLINのBERLIN KNOCKWURST

Sany0516

ニューヨークの食べ歩きで楽しいのは、
やはりなんといってもVenderです。

いろいろなストリートを歩いていると
必ずといっていいほど、屋台を見つけることができます。

ホットドッグやプレッツェルはもちろんのこと、
GYROやファラフェルなど、
お国柄が出ているVENDERもいっぱい。

特にビジネスビルが立ち並ぶところには、
ランチタイムに利用する人が多く、

お腹にたまるようなVENDERが連なっています。

「HELLO BERLIN」

ドイツといえばソーセージということで、
このVENDERでは、ドイツ風のホットドッグを買うことができます。

数あるベンダーの中でも、
いちばんおいしいと認められた、ここのホットドッグ。

お昼ごろから3時過ぎくらいまでしかいてくれないので、
タイミングが合わないと、
めぐり合うことができないのです。

場所は5AVと54stの角あたり。

黄色いルフトハンザのパラソルを見つけたときは、
かなりうれしくなってしまいました。

オーダーしたのは

「BERLIN KNOCKWURST」$2.50

ビーフかポークのソーセージが選べます。

ソーセージはグリルしたものになります。

EVERYTHINGをリクエストしたので、
ソーセージの上には
レッドキャベツ、ザワークラフト、オニオン&マスタードが
どっかりとのっています。

バンズは、外側がカリッとかたくて、
中はふんわり。
フランスパンのような感覚です。

そのカリフワとともに
プッツリと歯切れよく、そして
ジューシーな肉汁が飛び出るソーセージ! 

思わず顔がにやつくような味わいです。

トッピングは、
レッドキャベツの酸味、ザワークラフトの酸味、
そしてピリッと辛いオニオン&マスタードの味わいが
なんとも刺激的。

食べ進むごとに、さまざまな味が楽しめるのがウレシイ。

最後のひと口を惜しみながら、
あっという間に食べきってしまいました。

このVENDERは、10thAV、44thStに
レストランを持っていて、ビールと一緒に楽しむことができます。

また、もうすぐ9th stにもEXPRESSの店がオープン予定。

何しろ、まだまだ熱く人気の高い店なのでした。

HELLO BERLIN
54th st & 5th Ave
営業時間 午前11時~3時

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Friday, January 25, 2008

SAPPOROのGYOZA RICE

Sany0512

7thを上がっていき、49th Stあたりに行くと
高級でない日本の食べ物が食べられる店が
ちょこちょこと出てきます。

「SAPPORO」

特にずば抜けておいしいというわけでは
ないのですが、

ギリシャ人の家にホームステイしながら
1年ほど滞在していたときは、
とてもとてもお世話になったところです。

何しろ、週末しかシティに繰り出すことができず、
週末は休みが多い、日本食。

家ではグリークな料理ばかりな毎日で、
ここのラーメンや餃子のメニューは
魅力的な、何ものでもありませんでした。

ビジターとなってから、懐かしくて訪れたこともありましたが、
そのときは、キッチンに入っている人に
日本人があまりいなくなっていて、
味も、あんなに感動したはずなのに・・・
といった状態でした。

そんなわけで、足を向けることはなかったのですが、
ふと、
なんだか突然行きたくなってしまって、
今回ごはんを食べてきました。

料理しているのはラテン系っぽいのですが、
作るのを支持しているのが
なんだかおもしろい日本人のおじさまで
日本語で支持していて、
しかも、微妙にギャグを入れながら言っているので、
なんだかそれだけで楽しくなってしまいました。

注文は

「GYOZA RICE」$7
味噌汁付き

餃子は、厚みのある皮でプリッとした食感。
中の餡もなかなかにジューシーです。

餃子のタレは酢醤油で、これにつけて食べれば、
なかなかいい感じ。

この酢醤油の味に泣けたんだよなぁと
懐かしくなってしまいました。

ほかのメニューはラーメンやカツ丼、
定食メニューが豊富で、
日本の食堂そのままの店です。

相変わらず、店には人がたくさん入っていて、
中にはアメリカ人の女性が1人で入ってきて、
カウンターでラーメンを食べていたり…。

1人でも入りやすいのも人気のうちかもしれません。

気軽に食べたいときに、
やっぱり便利なレストランなんだなぁと
改めて思いました。

ただ。
最近の有名ラーメン店の進出を考えると、
餃子や定食メニューがおすすめかもしれません。

SAPPORO
152W. 49th St
(Bet.6th&7th)

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Thursday, January 24, 2008

SARITA'S MAC & CHEESEのALL AMERICAN

Sany0508

今回の街歩きは、
縦-南から北へ移動する
いつものパターンではなく、

なぜか東から西へ、西から東へと
下からまるで雑巾がけのように
歩き回っています。

今まで知らなかった場所がいろいろ出てきて、
その雰囲気が楽しめます。

East Villageあたり、

12thの1AVと2AVの間にあるのが

「SARITA'S MAC & CHEESE」

マカロニ&チーズを中心としたメニューが楽しめます。

店はイエローを基調としていて、
やさしい雰囲気。

オーダーをしてカウンターやテーブルで待っていると

熱々の鉄鍋に入ったマカロニ&チーズが運ばれてきます。

オーダーは

「ALL AMERICAN(SMALL)」$4.25

基本の小さいマカロニに、
まろやかな黄色がかったホワイトソースを混ぜて、
チェダーチーズをたっぷり。

表面のチーズはカリッカリに焼き上げられています。

チーズの味とソースの味加減はほどよく、
顔が思わずにんまり。

カリカリチーズはサクサクしていて、
チーズのコクをさらに強くしています。

熱々の鉄板なので、
最後までアツアツで食べられるのもうれしい。

サイズはスモールでしたが、
これで十分満足できるボリュームでした。

ほかにもハンバーガーのメニューもあります。

SARITA'S MAC & CHEESE
12ND St Between 1AV & 2AV
営業時間 午前11時~午後11時
(週末は午前1時まで)

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Manna’s Restaurantのデリランチ

Sany0506

今回はHarlemにちょっと夢中です。

久しぶりにゴスペルを楽しんできました。

ARCという
麻薬の厚生トレーニングかなにかを
受けている人たちが集まったゴスペルなのです。

このゴスペルは、半端じゃなく
泣けます。
そして楽しめます。

歌っている人たちの
気持ちの一つ一つが教会の高い天井にまで
届きます。

ふと見上げれば、ステンドグラスには日がふりそそぎ
その雰囲気がまたまた感動的なのです。

「Oh Happy Day」で終了したのですが、
もう、これは立ち上がり、手拍子打ちの
大盛り上がりでした。

晴れ晴れとした後のランチは、
やはりソウルフードかな…と思って立ち寄ったのが

「Manna's Restaurant」

Soul fuud & Salad Baの店です。

ここは1階がデリスタイルになっていて、
そこで買ったものを2階で食べることができます。

ニューヨークのデリは、量り売りになっていて
ボックスに好きなものを好きなだけ入れて購入。

ちなみに写真は

ジャークチキン、マッシュポテト、フライドライス、
ブレッドプディング、サラダ、
マカロニ&チーズ、オクラとトマトの煮込み

このボリュームで$5.49でした。

2階はレストラン風になっていて、
とても開放感のある空間。

大きな窓から外を見下ろしながらいただきます。

ジャークチキンのピリッと辛い味わいは、
ちょっとはまってしまいそう。

マカロニ&チーズはチェダーチーズが
たっぷりのっています。

マッシュポテトはまろやかで、
オクラはトロトロ、トマトの味わいもいい塩梅。

自分のお腹ぐあいで、
好きなものを選べるデリスタイルは、
ちゃちゃっと食べるのにとても便利なシステムです。

でもSoul Foodがそろったデリは、
やはりHerlem,ならではでしょう。

うきうきするひとときでした。

Manna's Restaurant
70West 125 St Village of Harlem
営業時間 午前8時~午後9時、
日曜=午前10時~午後8時

| | Comments (15) | TrackBack (1)

OMAR EDWARDS at MINTON PLAY HOUSE

Sany0503
今回のニューヨークで、
はずせないと思っていたことは、

NBAゲームと、これです。

OMAR EDWARDS。

毎年、横浜で開催されている
「Herlem Nights in YOKOHAMA」に
ここのところずっと参加しているタップダンサーです。

そのタップダンスの魅力は、
タップの音が楽器となってジャズの音楽に
きれいにおさまって心地よい音色をかなでていること。

そして、
そのタップを踏む音の力強さと彼自身のパフォーマンス。

いつかニューヨークで見てみたいと思っていたものの、
どこでやっているのか、皆目見当が付かなかったのです。

ところが、昨年のライブ後、
ふと思いつきで調べたところ、
ニューヨークハーレムの大御所的存在の
トミー冨田さんが、
実はハーレムナイツのアレンジしていることがわかり、

さらには、彼のツアーにOMARのライブがあったのです。

WOW!

Minton Play Houseは、
60年の歴史がある古いライブハウスで、
しかし、ここ数年前までずっとCloseしていたそう。
そして
3年前からライブハウスが復活したのです。

表の看板は、昔のオープン当時のままで
カラフルな色使いがいい味をだしています。

パフォーマンスは、
ピアノとベースとドラムのジャズ。
そして、マーベルという
これまた昨年のハーレムナイトでも歌っていた
ヴォーカリストのセクシーな歌声。

その後にOMARが登場します。

相変わらずのタップパフォーマンスは、迫力! 

それでも、やっぱりニューヨークという
ホームグランドでやっているせいか、
とてもリラックスした空気が流れてくるのです。

流れてくるのにタップは見事! 

今まで以上にタップを本人が楽しんでいるのがわかりました。

ライブは2回も見てしまったのですが、

2回目は会場の人も飛び入りで歌ったりタップを披露したり、

タップを披露しているときに
OMARがそれを見ていて、しばらくしてから

「I wanna sing」と言って、

タップバトルをはじめました。

彼にとってはやはりタップは歌と同じなのですね。

Happyな時間がすごせました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

POP BURGERのPOP BURGER(2)

Sany0502
Lower Eastも魅力的ですが、

まだまだ人気がおとろえることのない、
好きなエリアがWest Villageあたり。

チェルシーあたりは建物の雰囲気や、
そこから眺める空の広さに
ついつい心がわくわくしてくる風景になっています。

Chelseaといえばチェルシーマーケットですが、
そのチェルシーマーケットの
斜め前にあたる場所にあるのが

「POP BURGER」

数多いハンバーガーショップのうちのひとつです。

ハンバーガーのほか、ホットドッグも販売していますが、

ここの特筆すべきことは、
この

「POP BURGER(2)」$5

なんと
手のひらサイズのハンバーガーなのです。

1つでは売っておらず、
2つセットをボックスに入れてくれるのですが、

そのキュートないでたちにほれぼれ。

小さいとはいっても、
ハンバーガーとしてきちんとしているのにびっくりです。

パテは、厚みのあるビーフ100%を感じるような肉厚。
肉の存在感とジューシーさを保っています。

そこに細かく刻んだレタス、
チェダーチーズ、トマトがはさまれています。

この組み合わせも、まさにハンバーガーの王道。

バンズも小さいながらも
きちんとハンバーガーバンズになっていて、

食べてみればちょっと甘みのある仕上がり。

このすべての組み合わせとサイズは、
ちょっと小腹がすいたときに食べたくなってしまいます。

小さいながらも力持ち! 

この店、結構前にオープンしていたのですが、
最近、ミッドタウンイーストあたりにも支店をだしました。

また探してみたいです。

POP BURGER
9thAve Between 14th&15th

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Brown cafeのBaked Egg with Tomatoes &Panchetta with 2slice Toast

Sany0501
Lower East もDelancy St.を超えると、
突然漢字の看板が多くなってきます。

このあたりはChina Townとつながっていて
ちょっと未開発のエリアでもあります。

Canal St.のメインなChina Townに比べると、
華やかではありませんが、
歩く人々を見ていると、たくさんのChineseが
このあたりに出没していることがわかります。

そんな漢字の多い場所ですが、
Lower Eastの流れも止められず、
ふとしたところにオシャレなお店があったりします。

Orchard StとLudow Stの間、
Hester st沿いいあるのが

「Brown cafe」

目玉焼き料理やサンドイッチなどが楽しめる、
まさにカフェらしいカフェです。

店内の椅子は丸太で造られ、
テーブルは木という、落ち着いた雰囲気。

窓を大きくとってあるので、外を歩く人を
のんびりと眺めることもできます。

流れてくるのはカフェミュージック。

その状況に身をまかせていると、
外には漢字の看板、店内の雰囲気は
今、一瞬ここはどこなの?と
思ってしまいます。

オーダーは

「Baked Eggs with Tomatoes & Panchetta with toast」$7

スクエアの形の鉄鍋で出させるこのメニュー。

目玉焼きは黄身はほとんど生な状態。
卵にクリームソースを加えて、
鉄鍋いっぱいに目玉焼きが広がっています。

熱々のトマトのジューシーさと酸味、
パンチェッタの塩加減が、
卵とほどよくあっています。

全体的に胡椒がかかっているのですが、
トマトとパンチェッタできちんと味が整っているのです。

トーストされたパンをちぎって、
半生状態の黄身をつけていただくのもまろやか。

でもまずは白身とトマト、パンチェッタをパンの上にのせて
オープンサンド状態でいただきます。

これがいい! 

そうこうしていくうちに、黄身にも程よく火がとおり、
オープンサンドに黄身もくわわります。

単純だけれど、奥の深い味わいが楽しめる一品。

ボリューム的にも、とてもほどほどで
楽しく食事をすることができます。

ここのこの雰囲気は、
ついつい長居をしたくなってしまいます。

住んでいたら、きっとちょくちょく利用してしまいそうです。

Brown Cafe
61Hester ST New York
営業時間 午前9時~

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします

| | Comments (1) | TrackBack (2)

Tuesday, January 22, 2008

KNICKS VS CELTICS 93対107

Sany0491_2
さて、
ニューヨークといえば、
忘れてはならないNBAゲーム。

今回は、
今シーズンめちゃくちゃ強い
ボストンセルティックスとのゲームです。

なぜ強いかといえば、
もちろん、
今シーズンから移籍してきた
ケビン・ガーネット:KGの存在と
レイ・アレンの活躍。

毎回ニックスのゲームを見ているので、
当然ニックスを応援してはいますが、
やはり、
相手チームを選んでいるので、
周りの反応に反して敵チームに
力が入ってしまいます。

でも、今日は祝日というのと
ボストンが割りと近いということもあり、
セルティックスファンも多いように感じました。

昼間のゲームなので、子供たちも多く、
いつも以上に応援が盛り上がっていました。

タイムアウト中のイベントも、
ティックタック(○×)がありました。
シュートが決まったら○×を置いていくのですが、
結構誰が見てもおバカな状況の中、
勝ちが見えているのに間違ったところに置いてしまって
会場中大笑い。

さらに、
昨日NFLのスーパーボウルに出場が決まった、
つまりは、
カンファレンスのチャンピオンに輝いた
NYジャイアンツの選手が4人も会場に来ており、
それはそれは大歓声!

ニックスのゲームというのに、
その紹介のときは

「レッツゴー! ジャイアンツ!」と
会場中に響き渡るその盛り上がり…。
熱いかったです。かなりの感動ものでした。

さて。
ゲームのほうは
93対107でセルティックスの大勝利。

熱いニューヨーカーですが、
この辺はお決まりで、
ラスト5分で席を立つ人が多かったのも笑えます。

最終的には大差になってしまいましたが、
途中までは追いつきそうな接戦だったので
かなり、ゲームに集中することができました。

それにしてもKG。
あの長い手を使ったしなやかなガードは
見ていて惚れ惚れしてしまいます。

マイケル・ジョーダン時代は
新人だった彼もすでにベテラン。

でもそのプレイスタイルは、
あの時代を彷彿させるような、
熱いプレイをしていました。

今年のセルティックスには、
やはり目を離すことができません。

ニックスもがんばってほしいです。

充実の3時間でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CLINTON St. Baking COMPANY & RESTAURANTのCrispy Potatoes Pancakes

Sany0492
あっという間に1年が経ち、
またこの季節がやってきました。

唐突ですが、
ニューヨークに来ています。

極寒極寒といわれていますが、
雪の姿は見られず、
でもあごが凍りつきそうな寒さです。

本日は、ローワーイーストサイドで
ブランチと決め込みました。

今日(月曜)は祝日なので、
レストランも週末仕様の営業です。

クリントンストリートにある

「CLINTON St. Baking Company & Restaurant」

パンをはじめパンケーキなどが人気のレストランです。

このエリアはここ数年トレンディな場所として知られ、
それ以前までは喧騒とした雰囲気だったのですが、
その喧騒さを残しつつも、
おしゃれな店が増えてきているエリアです。

店内はすっきりとした造り。
赤いドアが印象的です。

実は今日は10時オープンだったのですが、
その前からすでに行列。

店側も外の寒さに気を使ったのか、
10分前くらいから店の中に入れてくれて、

10時とともにオーダーを取るという
気遣いをしてくれました。

なので、10時ぴったりに来た人たちは
すでに席に着いた人が食べ終わるまで
待ち状態になっていました。

テーブル席とステンレスのカウンター。

カウンター席は、ドリンクを作る場所の前と
道に向かって4席。
テーブル席は割りと多くそろっています。

オーダーは

「Crispy Potatoes Pankcakes」$10

ハッシュポテトに小麦を混ぜて作ったパンケーキ。
これに
アップルソースとサワークリームをつけていただきます。

まずはパンケーキだけで…。

ハッシュポテトのサクサクとした感覚と
小麦粉のパンケーキの食感が合わさった味わいは
ちょっと初めての体験。

塩加減もほどよく付いています。

ここに甘さほどほどのアップルソースをつけて
いただくと、
しょっぱさと甘さが混ざり合って、いい塩梅。

さらにサワークリームをつければ、
酸味も加わって、ちょっと癖になる味わいになります。

すべてがはじめての組み合わせで、
かなり楽しくいただくことができました。

ちなみにパンケーキは
ブルーベリーソースかバナナが選べて、
厚めのパンケーキが3枚の
かなりのボリュームです。

コーヒー($2)とともに
気持ちのいい一日のはじまりを過ごせました。

CLINTON St. Baking Company &Restaurant
4 Clinton Street

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, January 18, 2008

オレガノの風味♪Grandma’s GEORGESのたっぷり野菜のトマト煮込み温玉添え

Sany0712裏道散策で
楽しい場所といえば

やっぱり
原宿・表参道界隈。

FUJIMAMA’Sなど
お気に入りレストランの
多い通りに
昨年オープンしたのが
ここ。

「Grandma’s GEORGES」

ビルの2階にあるカフェレストランです。

2階に上がると、
入り口付近はテラスのような場所。
右手にカウンター。

その奥にテーブル席があるのですが、
ここは
3階吹き抜けになっていてとても開放感があります。

その3階はロフトになっています。

ウッディな色合いとホワイトが印象的な店内は
落ち着いていて、のんびりとできそう。

大きな窓からは採光も降り注いでいるのも
いい感じです。

オーダーは

「たっぷり野菜のトマト煮込み温玉添え」900円
サラダ、スープ、ドリンク付き

スープとドリンクはフリーになっていて、
カウンターに並んでいます。

トマト煮込みは
ナスとタマネギ、そしてトマトがたっぷり。

トマトの酸味あふれる味わいに
オレガノの風味がアクセントになっています。

ナスもタマネギもトマトもくったりと煮込まれていて、
柔らか。

その食感も楽しい。

そしてこの煮込み、ライスにぴったり。

こういう煮込みとライスの組み合わせというのは、
さすが日本人! 
と思ってしまいます。

温玉を崩して黄身と一緒にいただくと、
まろやかな味わいに。

白身と一緒に食べても味の変化が楽しめます。

食後は、ドリンクをコーヒーに代えてひと息。
最後までゆったりとくつろげる場所でした。

Grandma’s GEORGES omotesando
東京都渋谷区神宮前6ノ7ノ16、MSビルディング2階
営業時間 午前11時30分~午前0時
(ランチは午後3時30分まで)

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, January 17, 2008

豚の脂身実感。羅豚YOKOHAMAの生姜焼き&豚汁

Sany0710横浜駅周辺。

北西口ができてから、
鶴屋町方面への
アクセスが
簡単になって
ずいぶんと経ちます。

鶴屋町方面は、
結構飲み処が多く
昔の雰囲気が
残っている場所でも
あります。

そんな中、昨年12月にオープンした
飲食店ビル、SeaPlaza横浜。

大きなビルではなく、各階1店舗展開。

その中のひとつが

「羅豚YOKOHAMA」

豚しゃぶ・有機野菜の店です。

入り口はブラウンの扉で、
ちょっとマンションの入り口のようです。

開けてみると、扉と同じブラウンがベースの
落ち着いた雰囲気。

テーブルには豚しゃぶのIHヒーターが付いています。

注文は

「生姜焼き&豚汁」900円
ご飯、小鉢、香の物、デザート付き

運ばれてきたのは、大きなスクエアプレートに
キャベツと水菜のてんこ盛りのサラダに
大振りにカットした豚バラ肉とタマネギがたっぷり。

そのボリューム感にびっくりです。

弾力のある豚肉は、かみ締めるたびに
肉の旨味と生姜の味がジワジワと染み出てきます。

脂身部分にいたっては、
その甘みがいきなりやってきて、顔がほころびます。

タマネギはシャキシャキ感を残したくらいの炒め具合で
その食感が楽しい。

サラダは生姜焼きのソースとマヨネーズで
あっさりといただきます。

豚汁にはゴボウやニンジン、ダイコンがゴロゴロ。
しみじみとした味わいが楽しめます。

サラダといい、豚汁といい、
思いっきりたくさん野菜を食べた気分。

思いのほかヘルシーなランチを満喫してしまいました。

羅豚YOKOHAMA
横浜市西区鶴屋町2ノ13ノ11、SeaPlaza横浜3階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~11時30分(金曜、祝前日は午前4時)
土・日曜、祝日=午後4時~10時
(ランチは月~金曜)

映画ウンチク
ASSASSINATION OF JESSE JAMES
ジェシー・ジェームスの暗殺
☆☆☆

ブラッド・ピッドプロデュース&主演。
西部の荒くれ者、
鉄道・銀行強盗で指名手配されている
ジェシー・ジェームス。
賞金も課せられている彼と
その仲間たちとのだましあい、探り合い。
信じることができないまま
でも信じたい…。
その矢先に起こる最終的な結末は…。
孤独、苦悩の悪者を
南部なまりで見事に演じています。

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Wednesday, January 16, 2008

知らなかった組み合わせ! スパ吉の極旨ミートソース 納豆のせセット

Sany0708吉祥寺。

いったんこの街で
散策を始めると…。

果てしなく続くのでは
と思うくらいに
広がる元気な商店街。

商店街には、
ポップな雑貨やカフェなども
多く立ち並んでいて、
にぎやか。

こんなところにこのフラッグショップが???と
思ってしまうような路面店も本当に多い街です。

そんなわけで、
歩き出すと、ランチの場所も
あそこに入ってみたい、ここにも入ってみたい…。

と、気持ちが浮き足立ってしまいます。

そんな街ではありますが…。

最近、この街でランチとなると
どうしても気になって向かってしまうのが
ハモニカ横丁。

昭和の香り漂う横丁文化の場所ですが、
ここ約10年近く
オシャレなカフェやスタンドバーなどが立ち並び、
若者系横丁となってきている場所です。

ワインや輸入雑貨を扱う店、
その店で買ったワインを持ち込んで飲むことができる
スパニッシュバー、

ローズマリーを使ったローストチキンの店、
タコライスの店…。

ほかにも昔からある餃子店や
一杯飲み屋系ながらもスタイリッシュなカウンターを構える店…。

と、とどまるところを知りません。

そんな中、
なんと、行列ができている店を発見。

きっとここはいいかも! と即座に感じるところがあり、
列の後ろに並んだのでした。

「スパ吉」

ゆであげ生パスタ専門店です。

2004年ごろにオープンしたらしく、
そのころといえば、ちょうどオシャレな店が増えてきたころ。
長年の人気をキープしているようです。

入り口の横の窓側に大きなパスタマシンを配置。

入り口から左手にコの字型のキッチンカウンターがあり、
字の長い方が食べることができるカウンターに。

短い方の先には6席ほどのテーブルが並んでいます。

広くないスペースをコンパクトにまとめた店内は、
さすが横丁といったところ。

白をベースにしたスタイリッシュな装飾になっています。

オーダーは

「極旨ミートソース 納豆のせセット」1050円
サラダ、ドリンク付き

15時間ゴトゴトと強火でじっくり煮込んだミートソースは、
デミグラスソースのように濃厚でコクのある味。

マッシュルームは、ブラウンに色づくくらい煮込まれています。

ゴツゴツと存在感のある肉は、
かみ締めるほどに肉の旨味が飛び出てきます。

さて。
ここに登場するのが、納豆のせ。

刻んだ納豆ソースがミートソースの上にのっています。

オプションでつけたのですが、

この濃厚ミートソースに納豆味。
実はかなり合います。

さらに粉チーズをかけていただくと、

発酵系の旨味がダブルになって、
食べ続けるほどにハマってしまう味になるのです! 

この意外な組み合わせに、ちょっとびっくり、かなり感動。

極旨ミートソースは、まさに大人のミートソースです。

このソースでワインがかなり合うような気がします。

そして。

忘れてならない生パスタ。

リングイネのような細めの平打ち麺に仕上がっているのですが、
これがツルツル、そしてモッチモチ。

ソースにもきれいに絡み付いてきます。

生パスタは、なんと1玉150円でも分けてくれます。

家でも生パスタが食べられてしまうというのも、
ちょっとうれしいサービスです。

ハモニカ横丁。

やっぱり
ちょっと飲み歩きしてみたい場所でいた。

スパ吉
武蔵野市吉祥寺本町1ノ1ノ3(ハモニカ横丁)
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後3時まで)

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Tuesday, January 15, 2008

すっきりさわやか! 湧水の湧水天ざるそば

Sany07064年ぶりくらいに
深大寺に
やってきました。

深大寺を
中心にした寺町。

木々も多く、
どこかのんびりとした
空気が漂う界隈です。

深大寺といえば、
有名なのは深大寺そば。

このあたりはきれいな井戸水を使って
そばを打ち、ゆでています。

ということで、あちこちに蕎麦屋がたくさん! 

その中から選んでみたのは

「そば処 湧水」

深大寺手打ちそばの店です。

民芸調の造りの店は、
店内だけでなく、
ぐるりと外でもいただくことができます。

さすがにこの時期は、
ビニールをつけて、ひと席ごとにストーブも。

ここ2・3日の寒さに耐え切れず、
もちろん店内でいただくことにしました。

店内もストーブでポカポカ。
ゆったりとした時間が流れています。

注文は

「湧水天ざるそば」1350円

福井県産のそば粉を使ったの二八そばです。

そばつゆは鰹節がきいていてちょっと濃い目。

白いそばはシコシコとコシがあり
さっぱりさわやか。

海苔と一緒に食べれば、海苔の風味が鼻に広がります。

天ぷらは
カボチャ、ナス、大葉、三つ葉、シシトウ、エビと盛りだくさん。

うれしいのは、
そばつゆと天つゆの2つを用意してくれていること。

天ぷらは塩で食べてもよし、天つゆも甘めながらもさっぱり。

衣はサクサク、エビはプリプリ。
カボチャはホッコリ、三つ葉はクルリと巻いてあってサックリ。

ツルツルそばを食べつつ、
ついつい天ぷらもパクパクといってしまいます。

しめの蕎麦湯もトロリとしていていい感じ。

いい時間を過ごせました。

そば処 湧水
調布市深大寺元町5ノ9ノ1
営業時間 午前10時30分~午後5時30分
木曜定休

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, January 11, 2008

したたる肉汁! ザ・ハンバーグの手作りハンバーグ150g

Sany0704乗り継ぎなどの
関係のため

高田馬場で
ランチとなりました。

前回来たときに
次はここで
食べよう! と
密かに思っていた場所。

早稲田方面に向かって
歩いていくと左手にある

「ザ・ハンバーグ」

手作りハンバーグが自慢の店です。

この店。

何がそんなに有名かというと、

手作りハンバーグのグラムを指定できること。

150g~1500gまでという、
想像もつかないようなボリュームのハンバーグが
存在するのです。

テレビなどでは、よく大食いなどでも登場しているはず。

でも。

それはそれとして、
この手作りハンバーグは、
注文を受けてからグラムを量り、
ペチペチとこねて焼き上げる本格的なもの。

店内は山小屋風の造りで、
キッチンに向かって変則的な形のカウンター。
壁に向かってもカウンターがありますが、
こちらは山型になっていて、
2人席のような形になっています。

注文は

「手作りハンバーグ150g」790円
ライス、スープ、ドリンク付き

ライスはもともと大盛りが基本なので、
多すぎる場合は、
あらかじめ「普通」と告げる必要があります。

このボリューム感は、
さすが学生の街です。

運ばれてきた150gのハンバーグは
程よいサイズ。

表面にはすでに肉汁がじんわりとしみでています。

ハンバーグ自体には、
塩胡椒で味付けがされているのですが、
その程よい加減が、肉の旨味を存分に引き出しています。

口の中に入れると、
肉の柔らかさと弾力、
ジワジワとしたたってくる肉汁の旨味…。

テーブルに置いてあるイカリ醤油を
皿の上の大根おろしにかけて、
ハンバーグとともにいただけば、

ハンバーグの熱さと大根おろしの冷たさと
醤油の旨味が口の中で見事にマッチ。

ウスターソースをかけてもイケます。

と、あれこれ楽しんでいるうちに、
あっという間にハンバーグは小さくなっていきます。

あ~、あとひと口で終わっちゃう~と思うと、
その最後のひと口が惜しくて惜しくて…。

いつまでも味わっていたいハンバーグなのでした。
これなら、1500gも納得かも…。
と、思わずにはいられませんでした。

ザ・ハンバーグ
東京都新宿区高田馬場2ノ14ノ22
営業時間 午前11時~午後10時

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, January 10, 2008

暖かい日差しの中で…。Chelsea Cafeのアボガド&シュリンプサンドイッチセット

Sany0702久しぶりに
横浜は
西口方面へ。

ジョイナス3階に
できた
新しいカフェ。

採光が降り注ぐ
気持ちのいい
空気が流れています。

「Chelsea Cafe」

ニューヨークのチェルシー周辺の街角をイメージした
カフェです。

Begel&BegelやShe Knows Maffinなどを
手がけている会社が展開しています。

オーク材のフロアとオフホワイトのタイルの壁の
スタイリッシュな店内。

ショッピングビルの中にあるとはいえ、
店内のいちばん目がいくところに
オープンキッチンを構え、
開放感にあふれています。

ランチはパスタかサンドイッチのセット。
グランドメニューもこの2つを中心に展開しています。

オーダーは

「アボガド&シュリンプサンドイッチセット」1180円
サラダ、ドリンク付き

ドリンクにはグラスビールやグラスワインもあり、
休日のブランチにももってこいのラインアップです。

サンドイッチには
あふれ出しそうなほどたっぷりのアボガドとエビ。

パンは薄手でカリッとトーストしてあって自分好み。

パクリとかぶりつけば、
アボガドのまったりとした食感と
エビのプリッとした食感。

そこにクリームチーズのまろやかさが加わり、
レタスのしゃっきり感も加わって、

さっぱりといただくことができます。

さすが定番の組み合わせです。

フレンチフライも表面がザラッとした歯ざわりで
そして中はしなやか。

サンドイッチとの相性もよく、
楽しく食べきることができました。

ゆっくりとした時間を過ごせる空間を見つけました。

Chelsea Cafe
横浜市西区南幸1ノ5ノ1、横浜相鉄ジョイナス3階
営業時間 午前10時~午後9時
(ランチは午後2時まで)

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Wednesday, January 09, 2008

いろんなジューシー♪ ZATS BURGER CAFEの佐世保バーガー

Sany0700今日は
ひと仕事の前に
友人と所用で
待ち合わせ。

中野に
やってきました。

中野…といえば、
忘れてはいけない

あの料理! 

ということで、

「ZATS BUEGER CAFE」へ。

ご存知、佐世保バーガーの店です。

丸井があったビルの横の道を入っていくと
そこはレンガ造りの通り。

その突き当りのところに
東京で初めて佐世保バーガーを紹介した
中野ツタヤ横店があります。
(本店は高円寺ですが…)

以前、川崎で食べた佐世保バーガーも
ここの店が出店したもの。

中野ツタヤ横店は、
バーカウンターのようなカウンターでオーダーをし、
その正面のテーブル席、
または2階で食べることができます。

2階はソファ席とテーブル席があって、
カフェにいるような気分を味あわせてくれます。

これも中野のいいところ。

オーダーは

「佐世保バーガー(レギュラー)」680円

パテはもちろん国産牛100%。
オーダーと同時に鉄板で焼き上げていきます。

中に入っているのは
赤玉エッグ、チェダーチーズ、黒豚ベーコン、
オニオン、トマト、レタス。

ソースは自家製マヨネーズにケチャップ。

できあがったハンバーガーは、
驚くほどの大きさになっています。

これをバーガー袋の上から押しつぶして、
肉汁と特製ソースをからませます。

これが十分にパンにしみこんだら、いただきます! 

バンズは外はカリッとしたいでたちで、
でも押しつぶしたときに感じるフワッとした感覚。

もっちりとした食感がかなりうれしい。

そして、

ジューシーな肉のうまさと、
半熟目玉焼きのジューシーさ、
トマトやレタスのフレッシュなジューシーさ、
特製マヨネーズとトマトが合わさった、
なんともいえぬ旨味が

口の中でいっせいにはじけ出します。

かみ締めればかみ締めるほど、
その旨味は倍増。

じっくりと味わいたいと思いつつも、
手に持っているバーガーが崩れてはいけぬと、
次のひと口をほおばる始末。

あっという間のランチタイムでした。

夜遅くまでやっているし、
お酒を楽しみながらバーガーを味わえる店。

こんなバーが近くにあったらいいな…と
思える店なのです。

いつかは、本格的なジャンボサイズを試してみたいです。

ZATS BURGER CAFE
東京都中野区中野3ノ35ノ6
営業時間 午前11時~午前2時

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, January 08, 2008

駅前のボリューム! 菜心酒家 平安のランチA

Sany0713初めて
降り立つ駅は
なんとなく
気持ちも
ワクワクと
してきます。

本日。
京成高砂近辺。

葛飾柴又に
近い高砂は、
駅前の商店街が両側とも栄えていて、
さすが、下町人情の場所…といったところ。

ランチを食べられるところはあるかなぁ…と
散策してみると、
中華料理の店が多いのにびっくり。

で。
結局は駅前の店に心惹かれたので、
その店でランチをすることにしました。

「菜心酒家 平安」

親子三代で中華鍋をふるう、四川料理の店です。

1階と2階で食べることができる大きな店。

1階は厨房を目の前にしたカウンターと
テーブル席。

昼時は地元の人でにぎわっていました。

注文は

「ランチA」840円
ライス、スープ、副菜、ザーサイ付き

Aは3種あり選んだのは

「麻婆豆腐」

麻婆豆腐は土鍋に入ったアッツアツが出てきます。

ひき肉がたっぷりの麻婆豆腐。
中国山椒の痺れる辛さが特長の味わい。

醤油をベースにしていているようで、食べやすい味です。

唐辛子の辛さはジワジワとやってくる感じで
辛さはあくまでも痺れる辛さ。

豆腐も程よい大きさになっていて、
タレともよく絡んでいます。

これをごはんの上にかけていただけば、
至福のひとときです。

副菜のサラダは、
ピリ辛のドレッシングに
揚げニンニクとネギが添えてあり、よいアクセントに。
いい味出しています。

印象的な麻婆豆腐に出会えました。

菜心酒家 平安
東京都葛飾区高砂5ノ36ノ12
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後5時30分~10時
月曜定休(月曜が祝日のときは翌日)

おいしいブログそろってます→


いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, January 07, 2008

あっさりとした味。ちばき屋の中華そば醤油半熟煮玉子入り

Sany0711本格的な
正月明け。

街中も
なんだか
ワサワサと
しているものの
ちょっと
ぼ~っとした
雰囲気も残っています。

何を食べようかと、あまり頭が働かない今日は、

横浜駅東口地下街
横浜ポルタにある

「ちばき屋」へ。

昨年の12月にオープンしたラーメン店です。

和風の昔ながらの中華そば。
味は醤油と塩、あわせの3つを選べます。

店内は左側にカウンター、
右手にテーブル席。

ささっと食べていくのにちょうどいいスペースです。

注文は

「中華そば醤油半熟煮玉子入り」800円

麺は細身の縮れ麺。
スープはあっさりとしたしょうゆ味で、
なんともなつかしい味わい。

いつかどこかで食べたことのあるような味わいは、
当たり前のようでいて
最近なかなか出会っていなかったような気がします。

縮れ麺にスープがほどよくからみあいます。

煮玉子は、ここが初めて出したといわれているのですが、
とろりとした半熟の黄身が
味のアクセントになっています。

メンマも柔らか。
海苔の風味とスープのバランスもいい塩梅です。

あっさりとさくっとお昼ごはんしたいときに
利用したい店でした。

ちばき屋
横浜市西区高島2ノ16、地下1階
横浜東口地下街横浜ポルタ
営業時間 午前11時~午後11時

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, January 04, 2008

なつかしの味。おむらいす亭の日替わりランチ

Sany07102008年。

最初の
お昼ごはんです。

今年も
変わらずの愛読を
よろしく
お願いいたします。

仕事始め…とはいえ、すでに金曜日の今年。

街はまだまだお正月気分が満載です。

今日は横浜・二俣川に行ってきました。

この周辺のランチというのが、
実はなかなか見つからないところ。

時期的にも仕方がない日にちでもあるので、

手っ取り早く、東口にある西友内の
グルメコートを利用することにしました。

グルメコートにはいろいろなレストランが入っています。

フードコートのようなものではあるのですが、
それぞれの店が独立しているので、
レストラン感覚で食事が楽しめます。

「おむらいす亭」

昔懐かしい、大衆ロマンの味
をコンセプトにした、
オムライス専門店です。

全国のスーパーなどのフードコートに入っている
クイックダイニング。

「幸せのオムライス」というタイトルが付いた、
メニューを見ているだけでも、
なんだか、幸せになれるような気分にさせてくれます。

オーダーは

「日替わりランチ」780円
ハーフオムライス、サラダ、パスタ、ドリンク付き

オムライスは、
デミソース、ケチャップ、クリーム、完熟トマト、
カレー、黒ケチャップ、和風あんかけの中から選べます。

選んだのは

「完熟トマト」

本日のパスタは

「ナポリタン」でした。

程よい大きさのハーフオムライス。

ソースは、トマトの酸味が印象的な、
さっぱりとした味わい。

オムライスのライスはケチャップごはん。
卵は、トロトロの仕上がり。

このライスとトロトロ卵に、
さわやかなトマトソースがぴったり。

あっさりといただくことができます。

ナポリタンは、ハムやピーマン、タマネギの風味が
ケチャップソースの味と合わさって、
昔懐かしい、まさにナポリタンの味が楽しめます。
ほのかな酸味もいい塩梅です。

飽きることなくさらりと食べきれるボリューム感。

サクッと食べたいランチ時に
うれしいラインアップでした。

おむらいす亭
横浜市旭区二俣川2ノ52ノ1、西友二俣川内
営業時間 午前10時~午後10時
(ランチは午後4時まで)

おいしいブログそろってます→

いつも遊びにきていただきありがとうございます。
お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »