« クセになる…。くろひつじのジンギスカンランチセット | Main | 情熱ランチ。BAR DE CERAMICAのANDALUCIA »

Tuesday, October 30, 2007

旅するカレー。XO cafeのドライカレーセット

Sany0619_2ずいぶん前から
横浜駅・西口の

横浜ビブレの
中にある

「カフェ ハイチ」の
ドライカレーが
お気に入りで、
足繁く
通っていたものです。

ここのところご無沙汰だったので、
先月久しぶりに行ってみたところ、

改装のために、お店がクローズすることに…。

そのとき、
店内の張り紙に
「ドライカレーを食べたかったら、
野毛のここへ・・・」
というメッセージ。

行ってみようと思いつつ、
やっと行くことができました。

野毛の大通り沿いのビルの3階にある

「XO cafe」

ドライカレーのほかにも
チリコンカンなど、メキシカンなメニューが並ぶ
カフェです。

6年ほど「カフェ ハイチ」に勤めていた人が
オープンしたとか。

3階に上がってみると、
ソファ席とテーブル席2つの小さな店。

キッチュな雰囲気が漂います。

窓際からは、大通りが見渡せて、
3階の高さというのが、なんとも気持ちがいい。

オーダーは、
もちろん

「ドライカレーセット」900円
サラダ、ドリンク、デザート付き

みじん切りのタマネギとニンジンをじっくりと炒めて、
牛ひき肉とカレーのスパイスを混ぜ合わせた、
しっとりとしたカレーソース。

丸くよそったライスの上に、
同じように丸くトッピングしたソース。

ライスとソースを一緒にパクリとしてみれば、
ほのかなスパイシーの香り。
タマネギの甘みと肉の旨味がやさしい。

食べ始めるとすぐにスプーンを進めたくなる味わいです。

さらに、ここにタバスコをふりかけて、
ライスとソースをザックザクとかき混ぜていただけば、

スパイシーさとタバスコの辛さがいい塩梅に
混ざり合って、刺激的になります。

ドライカレー、楽しめます。

さて。

どうやら、この店…。

来月から、近くにある
「BORDER LINE」という店でランチを展開するそう…。

その間はこの店はクローズしてしまいます。

ドライカレーを求めて、
次は、この店に駆けつけなければいけないようです。

XO cafe
横浜市中区野毛2ノ101ノ6、蔵屋ビル3階
営業時間 午前11時30分~午後11時

映画ウンチク
The Good Shephard
グッドシェパード
☆☆☆

60年代のアメリカ。
キューバ問題などが絡んで、
CIAともなるべく団体が影で動く様を描いた、
ロバート・デ・ニーロ監督の作品。
家族にも秘密にしておかなければならない
自分の仕事。
家族は大切なのに、
仕事の機密さに巻き込まれていく男。
マッド・デイモンはこういう役はハマリ役。
混沌としたあの時代を、
淡々と描いていきますが、
思わず引き込まれていく映画です。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

|

« クセになる…。くろひつじのジンギスカンランチセット | Main | 情熱ランチ。BAR DE CERAMICAのANDALUCIA »

Comments

ぎゃー、ハイチ閉まっちゃったのですか;;
私もここのドライカレー、大好きだったのですが・・
ちとショック。


じゅんじゅんさんの後を追って、
野毛を旅してきます。。。

Posted by: ゆゆ | Tuesday, October 30, 2007 at 23:15

>ゆゆさん
こんにちは!
そうなんですよ~!
閉店してしまって、残念です。
BORDERLINEという店は、
野毛のちぇるるを
右手に坂を上っていく途中にあります。
旅してきてくださ~い!
私も近々中に行ってみたいです。

Posted by: じゅんじゅん。 | Wednesday, October 31, 2007 at 01:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/16921500

Listed below are links to weblogs that reference 旅するカレー。XO cafeのドライカレーセット:

« クセになる…。くろひつじのジンギスカンランチセット | Main | 情熱ランチ。BAR DE CERAMICAのANDALUCIA »