« ピリッとカライ。福満園別館の白身魚の辛し香り炒め | Main | また飲みたくなる味。くま★さんのトムヤムフォーランチ »

Wednesday, October 10, 2007

苦味がアクセント。Rab.cafeの日替わりコムビンザン

Sany0588Sany0587

約1年ぶりに
大宮駅周辺に
やってきました。

昨年の夏は、
世界バスケで、
毎日のように行き来していた周辺です。

大宮駅界隈は、
デパチカのような「エキュート」が気になるところ。

でも、駅を出てみれば、
西口も東口もかなりの賑わいをみせています。

ちょっとワクワク。

本日のランチは、
LOFTの裏手にある

「Rab.cafe」

ベトナム料理のお店です。

アジアンビューティーのサロンも展開しているようで、
カフェの入り口は、
まさに癒しの香りただよういでたち。

水の流れる音は、本当に心がくつろぎます。

白いソファ仕立ての椅子とウッディなテーブル。
すわり心地もいいのが魅力です。

オーダーは、

「日替わりコムビザン」980円
スープ、ご飯、本日の副菜、デザート、ドリンク付き
スープとご飯はお替り自由です。

日替わりのおかずは

「ゴーヤーの肉詰め煮」

副菜は

「鶏の唐揚げ」

スープはチキンスープです。

コムビンザンは定食ということ。

東南アジアの香り漂うトレーで運ばれてきたコムビンザン。

アジアンチックなお櫃もなんだか味わい深いです。

ゴーヤーの肉詰め煮は、
鶏肉と春雨、シイタケ、ネギなどをこねた餡を
丸ごとゴーヤーに詰めて煮たもの。

そのスープは、鶏の旨味とゴーヤーの苦味が
しっかりと出ていて、刺激的。
ショウガで味にアクセントをつけてあり、
スープをひと口飲むと、なんだか体がシャキッしてきます。

もちろん、肉詰めそのものもいい塩梅。
鶏肉の旨味が全面にでて、
ゴーヤーの苦味がちょっと薄めに出てくる感じ。

これがご飯とぴったりなのです。

鶏の唐揚げは、
竜田揚げのようにサックリとした歯ごたえ。
かぶりつけば、
ジューシーな肉汁がしたたり落ちてきます。

添えつけのダイコンとキュウリは、
スイートチリがかかっていて、ちょっぴり辛め。

いろいろな味がバランスよくそろっているので、
食べていて楽しい定食です。

デザートは、
紫芋とココナツと白玉。

ココナツの風味を味わっていると、
本当にベトナムにいるような気分になれます。

ほんわかと漂ってくる、ニョクマムの香り。

なんだかアジアに旅したくなってきました。

Rab.cafe
さいたま市大宮区大門町2ノ23
営業時間 午前11時(日曜、祝日は11時30分)~
午前0時(日曜、祝日は午後11時30分)
(ランチは午後2時30分)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

|

« ピリッとカライ。福満園別館の白身魚の辛し香り炒め | Main | また飲みたくなる味。くま★さんのトムヤムフォーランチ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/16719951

Listed below are links to weblogs that reference 苦味がアクセント。Rab.cafeの日替わりコムビンザン:

« ピリッとカライ。福満園別館の白身魚の辛し香り炒め | Main | また飲みたくなる味。くま★さんのトムヤムフォーランチ »