« August 2007 | Main | October 2007 »

Friday, September 28, 2007

モッチモチの皮! たまやの萬里の餃子定食

Sany0570やっと
横浜に帰ってきた

という感じです。

久しぶりに
関内は
伊勢佐木町の
辺りを歩いていると

店構えが変わっている

店に出くわしてしまいました。

あれ?

ここは確か…。

日本で初めて餃子を出した店といわれている
野毛に本店を持つ
餃子・北京料理の店
「萬里」の支店だったはず…。

萬里の餃子はおいしいことは知っていたけれど、
この
伊勢佐木町の店には
何やら入りづらいオーラが…。

そこに登場したのが

「たまや」

海鮮を中心とした居酒屋です。

…と、

ランチメニューを見ていると、
なんと! 

萬里の餃子があるではないの!?

どうやら大手企業と統合して
萬里の餃子だけは残した店になったようです。

店内は昭和の雰囲気漂う、木目造り。

L字カウンターと
思いのほか広いテーブル席のフロアが広がっています。

海鮮メニューも魅力ですが、
ここはやはり…

「萬里の餃子定食」600円
ご飯、小付け、お新香、味噌汁付き

餃子は全部で5個。
しっかりとした焼き目がつくのが萬里風。

酢とラー油と醤油でタレを作ったら、
さっそくパクリ。

ムッチリ、モチモチとした皮の食感とともに
はじけるように飛び出す肉汁と野菜汁。

キャベツとニラがほどよく混ざり合い、
そして豚肉が何しろジューシー! 

厚めのモチモチ皮とのバランスもよく取れています。

これと一緒にご飯を食べる幸せ! 

小付けは切り干し大根で
これまた、なんだかうれしい味わい。

夜メニューを見てみると、
刺身や煮つけに加えて肉じゃがなどなど
すっかり日本のメニューが並んでいますが、

そんなメニューとともに
この餃子が食べられるなんて、
夜の飲みも楽しいかも…と
思うのでした。

たまや
横浜市中区末広町2ノ4
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後4時30分~11時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Thursday, September 27, 2007

新しい味覚感覚。よーじやカフェの梅の華和風サンドイッチ

Sany0568出張では
ないのですが、

なぜか
羽田空港にいます。

空港でランチ…。

第1ターミナルで
軽くランチだなぁ…と

どこに行こうか
考える…。

で。思い出したのが

「よーじやカフェ」

地下1階の
モノレールの改札口のほぼ目の前になる
カフェ。

あぶらとり紙で有名な
あの「よーじや」のカフェなのです。

よーじやのあぶらとり紙をはじめ、
化粧水や石鹸などが置いてあるショップの横に、
オシャレに佇んでいます。

カフェということもあり、カプチーノなどがあるのですが
カプチーノの絵が
よーじやのあの女の人の顔というのがユニークです。

席に着くと、すかさず出されたのが
こっとんおしぼり。

2枚組みできちんと包装されているもので、
なんだか、
さすが! と思ってしまいました。
心地いい香りも、ホッとした気分にさせてくれます。

さらには、卓上の紙ナプキンまでなんだかソフト!

さて。

食事のオーダーは

「梅の華和風サンドイッチ」600円

ゴマ入りのパンに
梅とツナを練りこんだペーストにエビ、
レタスと大葉をサンドイッチしたものです。

不思議な組み合わせにドキドキしながらパクリ。

とたんに、
ふんわりとただよう、梅とマヨネーズの香り。
奥からツナの風味が伝わってきます。

エビにプリッとした歯ごたえと味わいも
このペーストにぴったり。

大葉の風味も梅しそのような味わいになっています。

ペーストの中にはピーナッツが含まれていて、
この食感と香ばしさも
全体の味を引き締めています。

サンドイッチの世界って深いなぁと
しみじみしつつ、
パクパクと食べつくしてしまいました。

よーじやカフェ
羽田空港第1ターミナル、マーケットプレイス地下1階
営業時間 午前7時~午後9時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, September 26, 2007

スタイリッシュが流行? SOBAR屋BOSWAINの唐揚げ丼セット

Sany0565_2前にも書きましたが、
横浜で
お気に入りの
三大蕎麦屋が
あります。

で、
どちらかというと、
その店ばかりに
行っているのですが、

ここんところ、
なんだか
スタイリッシュな蕎麦屋が
あちこちにオープンしているような気がします。

横浜駅東口、
裏横浜にできたのが

「SOBAR屋BOSWAIN」

そば・うどんを中心としたダイニングバー
といったところです。

この店、
今まではレストランだったところ。

2・3階がダーツバーで、
見た目がとっても大人な雰囲気があり、
なかなか立ち寄ることもできなかったところでした。

角にある入り口を入ると、
目の前にL字のカウンター、
左に半2階で壁越しのカウンターとテーブル席。

黒をベースとしたオシャレな雰囲気です。

注文は

「唐揚げ丼セット」880円
そばまたはうどん付き

そばは更科系の白くて細い麺。
つゆは鰹だしに甘めに仕上げてあります。

のど越しはツルンとしていて、
細い分ススーッと入り込んでいく感じ。

一応自家製麺だとか。

唐揚げ丼は小ぶりのどんぶりで、
唐揚げが3つ。

マスタードマヨネーズにトンブリを和えたソースが
かかっています。

サクッと揚がった唐揚げは、
ブルンとジューシー! 

ピリッとした刺激とトンブリの食感がアクセントになった
ソースともよく合っています。

蕎麦湯もきちんと用意されていて、
なかなか良し。

ちなみに9月10日にオープンしたそうです。

そばを食べながらのバーというスタイル。
ちまたではやっているのでしょうか…。。

まぁ、元来、
蕎麦屋は日本酒とアテで、
最後にソバを手繰って帰るのがイキというもの。

若い人にも
行きやすい環境ができたということかもしれません。

SOBAR屋BOAWAIN
横浜市西区高島2ノ10ノ24
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後6時~午前5時(この時間は2・3階の時間かも…)

映画ウンチク
めがね
☆☆☆

なんというか…。
なぁんにもない。
あるのは南の島の海。
おいしい朝ごはん。
そして「たそがれ」ること。
最後までゆる~くゆる~く進むストーリー。
でも、
なんだか
肩肘張らずに、自然に身を任せて
自然体で生きていこうよ。
って気になってくる映画です。

ちなみにこの映画は
全与論島ロケ。
すべての風景がとてもなつかしく、
そういう意味でもたそがれることができました。
あの海の色がいいんです。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪ 

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Tuesday, September 25, 2007

いろいろな味。indyの本日のランチ

Sany0563連休が明けても
なぜか、
新橋でした。

ここのところ
バタバタとしていて
気持ち的にも
落ち着かず、

ちょっと
ゆったりできる場所は
ないかなぁ…と

思いながら歩いていて見つけた店。

「indy」

創作厨房の店です。

新橋という土地柄ながら、
店構えは、なんだかキュートなイメージ。

店内に入ってみると
正面にオープンキッチンのカウンター、
手前はテーブル席。

右手奥には、広めのスペースがありました。

赤をアクセントにおいた、
なんだか湘南あたりにありそうなカフェレストランです。

オーダーは

「本日のランチ」850円
スープ、サラダ、ライスまたはバケット付き

午後1時からはドリンクのサービスもあります。

本日のランチの内容は…。

「チキンタツタうま煮ソース&エビの粒マスタード和え」

運ばれてきた1枚のプレートには、

大きなチキンに、エビのフリッター、
春雨をタラコで和えたもの、ポテトが添えてあり、
なんだか、お子さまランチなイメージでワクワク。

うま煮ソースは、春雨を使って塩味テーストのとろみのソース。

チキンはカラッと揚がっていてクリスピー。
あっさりとしたソースとタツタ揚げの醤油味は
ほどよくマッチしています。

エビのフリッターには、
マスタードマヨネーズ。

ミックベジタブルな野菜も一緒に入っていて、
これがなんだかご飯が進む味わい。

春雨のタラコ和えも味のアクセントになっています。

いろいろな味が集合しているプレートなので、
たくさんのおかずを目の前に、
ワシワシとライスを食べ進めることができました。

ゆったりのくつろぎスペースで、
パワーアップのランチでした。

創作厨房 indy
東京都港区西新橋2ノ4ノ9
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~11時。土・日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, September 21, 2007

伝統の味。ナイルレストランのムルギーランチ

Sany0551いよいよ
銀座・有楽町
通いも大詰め。

そこで、
今日のランチは
かなり…というか、
知らない人は
いないという
今さらながら、何を書いていいか
ドキドキしてしまうような店へ。

昭和通り沿いにある

「ナイルレストラン」

日本最古のインド料理レストランです。

テレビでもおなじみのナイル氏は、
気さくで明るい雰囲気で出迎えてくれます。

親子3代でこの地でず~っとオープンしている…。
とても人気の高い店なのです。

店内は1階と2階があるのですが、
1階は昔ながらの食堂の雰囲気。
もちろんインドのテーストが満載です。

2階はちょっと落ち着いたテーブル配置。
壁にはインドらしい絵画が描かれています。

オーダーは、もちろん

「ムルギーランチ」1400円

地鶏のもも肉を7時間じっくり煮込んだ
スパイシーなカレーです。

骨ごとお皿に盛られるこのもも肉とカレーに
ざっくり切ったキャベツとポテトが添えられて
テーブルにやってきました。

ここですばやく写真を撮ると

お店の人が手際よく
もも肉に骨をはずしてくれて、
食べやすいサイズにカットしてくれます。

ここからがムルギーランチの醍醐味! 

イエローライスとカレールーともも肉と
キャベツとポテトを

とにかくごっちゃりと混ぜ混ぜしていきます。

イエローライスの色が
茶色がかってくるほど混ぜ合わせてから
さぁ
いただきます! 

もも肉はホロリとするほどしっとりとした口当たりで
そしてとても柔らか。
鶏の旨味がしっかりと伝わってきます。

カレーのルーははじめは辛さを感じないのですが、
じんわりとスパイスがきいてくる。
これが、だんだんとクセになってきてしまうのです! 

マッシュドされたポテトは
ライスといい塩梅で混ざり合っていて
ライスはまろやかな口当たり。

ときどきキャベツのしっとりシャキッとした
歯ごたえがやってきて、これまた楽しい! 

食べ始めたら、もう止まれません。
さすが老舗の変わらぬ味! 

このカレー、きっとしばらくすると
どうしようもなく食べたくなってしまうんだろうなぁ。

とってもボリューミーです。

ナイルレストラン
東京都中央区銀座4ノ10ノ7
営業時間 午前11時30分~午後9時30分、
土・日曜、祝日=午前11時30分~午後8時30分
火曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪ 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Thursday, September 20, 2007

スバスボな食感。関東炊屋 坂出のだし醤油卵うどん

Sany0520珍しく
五反田です。

駅の前の
大きな通りから
ちょっとだけ
外れた道沿いで
見つけてしまったのが

「関東炊屋 坂出」 。

関東炊きと讃岐うどんの店です。

関東炊きとは、関西風のおでんのこと。
ダシがたっぷりきいたおでんが楽しめます。

店内は、木目調の居酒屋風。
午後の3時から夜のメニューOKというのも
なんだか雰囲気があります。

関東炊きも! とも思いましたが、
まだまだ昼間だったので、
本来食べたいと思っていたほうのメニューにします。

「だし醤油卵うどん」580円

いわゆる「温たま」というもの。

茹で上がったうどんに卵を入れて
だし醤油をかけまわしたもの。

ここでは、荒削りの鰹節と大根おろしもトッピングされていました。

全体をよ~くかき混ぜてうどんをズルッ! 

スボズバという音が聞こえてきそうなくらい
弾力のある讃岐のうどんです。

うどんに卵とだし醤油の味が絡み付いて、
なんとも至福なひととき! 

大根おろしでさっぱり感も出ています。
そして荒削りの鰹節が、
またいい味を出していて…。

スボズバすすりながら、
あっという間に完食です。

関東炊きには牛すじやコロというネタもあり、
やっぱり心そそられます。

おでんできゅっと一杯。
シメに讃岐うどん…。

いい組み合わせです。

関東炊屋 坂出
東京都品川区西五反田2ノ10ノ8、
ドルミ五反田ドゥメゾン110
営業時間 午前11時~午後11時、
土曜=午前11時30分~午後9時
日曜祝日定休

映画ウンチク
Miss Poter
☆☆☆

ピーターラビットの作者の人生を
描いた映画。
イギリスの大自然に囲まれて
作品を生み出す、
あのかわいらしいウサギの影に
こんなラブストーリーがあったのかと
静かにそして劇的な人生を感じました。
人間って、やっぱりいろいろな人の
支えがあって生きていくんだな…と
ちょっと思える作品です。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, September 19, 2007

旬の味わい。鮨處 八千代のサービスA

Sany0559Sany0560_2

今日は完璧に
食いっぱぐれ状態に。

朝から出ていて、
さらに移動…。

やっと落ち着いたときは、

午後3時・築地。

この時間からのランチというのは、
ありそうで、なかなか営業していないのが難点。

とはいえ、築地にいるので
場外の寿司屋ならどこか開いているかも…と、

ちょっとイソイソと足を向けてしまいました。

久しぶりに場外を歩いてみましたが、
思いのほか寿司屋が増えているのにびっくりです。

一日の仕事を終えてシャッターを閉めた店と
後片付けをしている店の間に
キラリと輝く看板の数々…。

さて、どこに入ろうかとウロウロしたあげく、
穴子の一本握りに引かれて店を決めました。

「鮨處 八千代」

新宿四谷に、100年の歴史を持つ総本店がある寿司屋。
全国に13店の支店を構えています。

もちろん、ネタは築地で仕入れています。

午後3時過ぎの寿司屋は、かなり落ち着いた状態。

カウンターとテーブルの広い店なのですが、
今日はカウンターに座らせてもらいました。

注文は

「サービスA」1050円

穴子の一本握りを含めて、11貫も入ったお得なセットです。

11貫の内訳は、

マグロ、カンパチ、サーモン、ヤリイカ…。

まずはこの4貫をサッと握って目の前に…。

握ってもらった寿司は、すばやく食べたいので、
ほかを待たずに食べ始めることに…。

マグロやサーモンは変わらぬウマサですが、
カンパチの新鮮さ! プリッとした歯ごたえがいい! 
そして、
ヤリイカのしっとりとしながらも弾力のある歯ごたえ! 
甘みがじんわりと伝わってきます。

サーモンに手を出そうとしたときにやってきたのが、

甘エビ、蒸しエビ、サンマ、玉子

そして、間をおかずに、

トビッコ、イクラ

そして

穴子

甘エビのしっとしとした甘みと
蒸しエビのさらりとした歯ごたえ、
そして、サンマのトロリとした食感。

旬のものを食べている実感がわいてきます。

トビッコはプチプチとした食感が楽しく、
イクラはうっとりとするようなはじけ具合。

穴子は甘くて辛い醤油ダレがついているのですが、
ほっこりとした穴子との組み合わせは
なんともいえません。

寿司職人との会話も楽しみつつ、
でも、長居はせずにサクッと食べる寿司。

築地だからこそ楽しめる空気かもしれません。

鮨處 八千代 築地場外店
東京都中央区築地4ノ13ノ8、築地松し満ビル1階
営業時間 午前10時30分~午後10時、
土曜=午前9時~午後9時、
日曜、祝日=午前11時~午後9時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪ 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, September 18, 2007

ダブルな楽しみ♪ CAFE JAMAICA UDONのドリアセット

Sany0555Sany0556_2

連休明けは千駄ヶ谷。

千駄ヶ谷というと
国立競技場をはじめ、
スポーツの聖地のイメージがあります。

でも千駄ヶ谷グリーンモールという
商店街方面は、
原宿とつながっていることもあり、
ちょっとおしゃれな下町の雰囲気が漂っています。

そんななか、
見つけたのが

「CAFE JAMAICA UDON」

カフェです。

オープンしたのは1999年で、
いわゆるカフェが流行りだす直前くらいの
パイオニア的なタイミング。

でもスタイリッシュな店内ながら
80年代のカフェバーな雰囲気もあり…。

なんだか落ち着いた気分になれるスペースです。

オーダーは

「ドリアセット」890円
スープ、サラダ付き

スープは醤油テーストの和風スープ。

そしてサラダはたっぷりと大きなボウルで登場! 

野菜をたくさん食べられるのはウレシイ! 

そして、
野菜とスープを楽しみ終わるころ、
ドリアが登場! 

キノコとチキンのホワイトソースの下には、
なんとマカロニ! 
ドリアなのに?

と思いつつ、その下をさらに見ると…。

ケチャップライスがありました。

ドリアとマカロニグラタンを同時に味わえるのです。

ケチャップライスは程よい酸味と甘さで、
ホワイトソースとの相性はぴったり。

マカロニとライスを一緒に食べるのも、
なんだか不思議な食感。
だけど、なぜか合うから不思議。

表面のこんがり焼けたチーズも香ばしく、
味わいのアクセントになっています。

ドリア好きには、ちょっとワクワクするメニューでした。

ところで、
ここではお水はセルフサービスになっています。

その水は、
ミントの葉を入れたミント水と
リンゴとレモンの入ったフルーツ水。

そのさわやかな風味がなんともいい感じでした。

CAFE JAMAICA UDON
東京都渋谷区千駄ヶ谷1ノ7ノ12
営業時間 午前11時~午前0時
(ランチは午後5時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, September 14, 2007

ハマるとクセになる…88(パチパチ)のお好み定食

Sany0552またまた
銀座・有楽町に
戻ってきました。

ここのところ
銀座方面にばかりで
ランチしていたので、

今日は
有楽町あたりで…。

日比谷シャンテの
裏手側。

路地裏チックなところに9月4日に
オープンしたのが

「88(パチパチ)」

大阪お好み焼き・鉄板焼きの店です。

1階は鉄板焼きを前にしたカウンターとテーブル席。
にぎやかなお祭りの雰囲気がコンセプト。

2階は個室感覚の落ち着いた店内になっています。

オーダーは

「お好み定食」880円→680円
ライス、味噌汁、漬物付き

オープン記念なのか、
ランチ価格が200円お安くなっていました。

さて。

お好み定食のお好みは…。

「ハーフお好み焼き」
「サラダ」
「一口焼きそば」

そうなのです。

お好み焼きと焼きそばをおかずにご飯を食べるのです。

今までにもお好み焼き店のランチで
ご飯がついていることがありましたが、
鉄板の上にのったお好み焼きとライスと
なんとなく別物な感覚がしたものでした。

でも。
今回は、目の前に鉄板はあるものの、
お好み焼きも焼きそばもお皿にのって
まさに定食のいでたち。

ちょっとどきどきしながら焼きそばをひと口。
ソースの味がなんともうれしい! 

そしてそこにご飯をひと口…。

ソースの味わいがいい橋渡しになっているのか、
ご飯とそばの食感の違いを楽しみつつ…
しっかりとおかずとしてご飯にマッチしているのです! 

さらにお好み焼き&ご飯へ。

お好み焼きはキャベツがたっぷりで
外はカリカリ中はしっとり。

こちらもソースとマヨネーズの味わいが
ご飯とお好み焼きの間で上手にバランスを取ってくれている。

特にお好み焼きは
キャベツ多めなのでなんとなく野菜のおかずな感覚。

これ、やっぱり結構イケてます! 

ハマるとクセになる食べ方かも…。

ご飯が余るかと思いきや、
お好み焼き&ご飯、焼きそば&ご飯と
バランスよく食べていたのでした。

夜のメニューは
お好み焼きや焼きそばのほかにも
大阪らしいすじを使ったメニューや
気になる鉄板焼きがいろいろ。

また訪ねてみたいです。

大阪お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)
東京都千代田区有楽町1ノ2ノ4
営業時間 午前11時~午後3時、午後5時~午前4時
土曜=午前11時~午前4時、日曜=午前11時~午前0時

映画ウンチク
STOMP THE YARD
ストンプ・ザ・ヤード
☆☆☆

年に1回くらいの割合で
アメリカにいると観ることのできる
ダンスムービー。
ロサンゼルスのストリートダンサー。
ストリートでのある事件によって
地元ではない大学に行くことに。
そこでであったのがSTOMP。
自分が踊っていたダンスとこのSTOMPとの融合。
ナンバー2のチームに入って
コンテストに臨むが、
その前に、ロスでの事件がバレてしまい…。
何も考えずにダンスのすばらしさに
酔いしれられる映画です。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪ 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Thursday, September 13, 2007

昔ながらな味わい。麺屋 雄山のらーめん

Sany0543初めて降り立つ
町屋。

荒川都電も
初めて乗って
しまいました。

そんな
初めてづくしの
街でのランチ。

実は、そんなに時間もなく、
ゆっくり散策することができませんでした。

荒川名物(!?)とうたっているもんじゃ焼きもあり、
焼き方が違うのかな…などと興味を持ったものの
お店がオープンしていなかった様子。

で。
フラフラと手っ取り早いメニューでと
訪れたのがココ。

「麺屋 雄山」

ラーメン店です。

引き戸を開けると思いのほか広いスペース。
手前に壁に付いた大テーブル。
奥にL字のカウンターがしつらえてあります。

メニューはラーメンにつけ麺、坦々麺。
冷やし中華にサラダ麺など…。

ベースのラーメンはしょうゆ味のみ。

食券を購入して席に着くので、
券売機の前でしばし悩む…。

「ラーメン」650円

午後2時までは半ライスをつけることもできます

やはり基本はラーメンかな…と思い。

出てきたラーメンは、
色の濃い目のスープ。
太麺。
メンマに煮チャーシューが1枚、
ホウレンソウとナルト、そして海苔。

オーソドックスなラーメンの姿でした。

スープをひと口飲んでみると、
鶏や豚系のスープと魚系のスープを合わせた、
いわゆる昔ながらの味わいのスープ。

どちらも味を強調することなく、
すんなりと旨味が感じられる味です。

太い麺はモチモチとしながらも
ツルリと口の中に入っていきます。
その食感が心地いい。

煮チャーシューは、
程よく脂身があってしっとり。

海苔と麺を一緒に食べるのは、
本当にしみじみとおいしさを感じてしまいます。

刻みネギと一緒にスープを飲んでいると、
ときおり柑橘系のさわやかな風味が!

柚子の皮を刻んで入れているようで、
そのさわやかさが味にアクセントをつけています。

味の変化もあって、
気づけばしみじみと
スープもしっかり飲み干していました。

麺屋 雄山
東京都荒川区荒川6ノ2ノ7
営業時間 午前11時30分~午後5時
(月・火は午後4時)、午後6時~11時
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪ 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, September 12, 2007

あんかけ味噌。「け」の字屋の辛味噌煮込みうどん

Sany0541いきなり
肌寒い日。

お昼は
温かいものが
食べたいなぁと
思いながら

今日も銀座を
フラフラ。

コリドー街に新しい店を発見しました。

「「け」の字屋」

昼はうどん屋、夜はビストロの
うどんダイニングの店です。

9月10日にオープンしたばかりです。

店内はカウンターとテーブル席。
うどん店というよりも
ビストロ…イタリアの食堂といった雰囲気です。

昼のうどんも
ペペロンチーノやカルボナーラなど
パスタソースとうどんを合わせたメニューが
多く並んでいます。

オーダーは

「辛味噌煮込みうどん」740円

味噌煮込みうどんは、

トロ~リとしたスープで
あんかけ仕上げになっています。

豚肉とジャガイモ、ダイコン、ゴボウが
味噌スープと一緒に煮込まれています。

トッピングは揚げ玉とワカメにネギ。

トロ~リとしたスープは
味噌の味わいがまろやか。

そして、ちょっぴりと感じる辛味。

あんかけは本当に体がポッカポカになります。

うどんは細みでエッジのきいた形状。

シコシコとした歯ごたえとツルリとした食管。
スープともよくからみついていきます。

途中で一味唐辛子をパラリと加えてみると、
辛さがさらに引き締まった味わいに。

味噌煮込みだと最後はちょっとくどくなるかと
思いきや、

思いのほかさっぱりと食べきることができました。

今日の天気にぴったりの
メニューが楽しめました。

次回はイタリアン風のメニューも
試してみたいです。

「け」の字屋
東京都中央区銀座8ノ3ノ12、第2コラムビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時30分~11時30分。日曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪ 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Tuesday, September 11, 2007

初見参! 麺屋武蔵 江戸きんのあじ玉江戸きんらー麺

Sany0539急遽、
浅草で
打ち合わせ。

合間の時間を
探しての
打ち合わせ
だったので、
とにかく
時間がない! 

でもランチは食べたい! 

ということで、

駅前近くで何かないかと探していると…。

「麺屋 武蔵 江戸きん」

が目に入りました。

麺屋 武蔵が浅草にも…。

この店はこの夏にオープンしたようです。

浅草といえば、天ぷら? 蕎麦? と思っていたものの、
なんとなく興味津々。

実は麺屋武蔵系の店に行くのは
初めてなのでした。

「江戸きん」の「きん」は、
きんぎょのきんのようで、

店のあちこちに金魚。

椅子もテーブルも金魚柄。
天井からは江戸風鈴(に金魚)。
壁時計も金魚。
箸入れも楊枝入れも金魚の柄が入っていました。

なので、
店内はなんとなくファンシーな雰囲気も。
女性も難なく入れてしまう雰囲気でもあります。

食券を購入するのですが、

「あじ玉江戸きんらー麺」850円

すり鉢のような真っ白な丼に運ばれてきたラーメンは、
金魚のような形に作られたワンタンが3つ。
太めのメンマ。
あじ玉。
白ネギに焦がしネギ。
青ネギ。

スープをひと口飲んでみると、
豚骨系の醤油味から魚介の風味が広がってきました。

この魚介の風味も、
最初の印象だけで、その後は旨味に変わってきます。

ちょっと後を引く味。

麺は中太麺でモッチモチな食感が印象的です。

ツルツルシコシコとした口当たりがなんとも気持ちいい。

メンマはしっかりとした歯ごたえ。

そして、焦がしネギの香りはかなりのアクセント! 

麺と一緒にすするとよりいっそう旨味が増していきます。

そして金魚のワンタンは…。

紫蘇味、辛味、生姜味…と書いてありましたが、

紫蘇の香りが鼻から広がるワンタンに、
海老ワンタン、
紅ショウガの刺激が心地いいワンタンの3つ。

このさわやかな味わいが、
ラーメンを食べている途中のいい箸休めというか、
刺激になって、さらにラーメンに進むことができるのです。

あじ玉は、旨味成分が炸裂のしみ具合。

ラーメンを完食するころには、
丼から金魚の絵が出てきました。

江戸情緒たっぷりのラーメン屋。

さすが、麺屋武蔵のアート的な考え方だなぁと
ちょっぴり感心してしまったひとときでした。

麺屋武蔵 江戸ぎん
東京都台東区浅草1ノ2ノ3、プラザホテル1階
営業時間 午前11時~午後9時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪ 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, September 10, 2007

キャベツとモツの甘み。銀座ほんじんのもつ鍋定食

Sany0537_2今週も
まだまだ
銀座界隈が
続きます。

そして、
本日は
汐留に近い銀座。

週明けには
パワフルな
ランチを
見つけてしまいました。

「銀座 ほんじん 銀中店」

もつ鍋を中心に、水炊き、鶏炭火焼など
博多のうまかもんが楽しめる店です。

銀中店は、
黒を基調としたスタイリッシュな店構え。

テーブルにはガスコンロが埋め込まれています。

で。

ランチタイムでももつ鍋が食べられてしまうのがすごい!

オーダーは

「もつ鍋定食」980円
ライス、漬物付き

もつ鍋は醤油・塩のどちらかを選べます。

ランチメニューなので、
当然のことながら、一人鍋。

にもかかわらず、
オーダー後におもむろに
テーブルのコンロをセットしてくれます。

なんと、その上に1人前とは思えないくらい、
うれしいほどの大きさの鍋が運ばれてきました。

キャベツとニラがてんこ盛り! 

そこから初めてグツグツと煮込んでいくのですが、
だんだんとキャベツがしんなりしてきて、
ぷ~んとスープの香りが漂ってくると、
お腹がグーとなってくるのがわかります。

鍋の中にはもちろん、モツ。
こちらのモツ、
生をそのまま入れてあるとのことですが、
とても丁寧に下処理をしてあり、
程よい脂の残ったモツになっているのです。

なので、グツグツ煮ていても
それほどアクも出てこない…。

鍋の中からちゃんぽん麺も見えています。

なんというボリューム!

キャベツはしんなりとして甘みがたっぷり。

モツはプニュプニュと柔らかな食感。
そして、思いのほかあっさり。
レバーのような部分もあって、
これはコクがたっぷり。
モグモグしているうちに
モツの甘みも膨らんできます。

スープは醤油を選んだのですが、
この醤油のさじ加減もなんとも絶妙で、
スープに具材の甘みが加わって、
しみじみといい味になっています。

ちゃんぽん麺もツルリと入って、
うれしい食感。

週明けから元気の出るメニューを堪能しました。

卵がけご飯セットも気になります。

銀座 ほんじん 銀中店
東京都中央区銀座8ノ18ノ4
営業時間 午前11時45分~午後2時、
午後5時30分~午前0時、
土・日曜、祝日=午後5時~11時
(ランチは月~金曜)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪ 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, September 07, 2007

スープの旨味。湯包市場の小龍包+ビーフン入り酸辛湯+ミニサラダ

Sany0531_4今日も
銀座・有楽町。
ですが、
時間が少し
あったので、

新橋あたりまで
繰り出して
みることにしました。

西新橋にある

「小龍包の店 湯包市場」

小龍包専門店で飲茶も楽しめる店です。

店内はすっきりとした雰囲気の
いかにも食堂といった風貌。

ガラス越しに厨房が見えるようにもなっています。

注文は

「小龍包(7個)+
ビーフン入り酸辛湯+ミニサラダ」750円

小龍包は

オリジナル小龍包

ホタテ小龍包

エビ小龍包

野菜小龍包

蒸し餃子

の中から選ぶ事ができます。

さっぱりしていてオススメということで

野菜小龍包を選んでみました。

大きな蒸篭に入ってやってきた小龍包。

ふたを開けると黄色の皮の小龍包が
ちょこんと並んでいます。

ショウガの千切りに黒酢を加えて
小龍包につけてパクリ。

とたんに中からスープがじんわりとしみ出してきます。

野菜はキャベツやニラが中心で
言われた通りのさっぱりとした味わいです。

ハフハフとしながら、パクパクと
あっという間に食べきれてしまうのもウレシイ。

酸辛湯にはタケノコの千切りがたっぷり。

酸味が効いたスープは、
飲むほどにじんわりと汗が出てきます。

ミニサラダはコールスロー風。

野菜をたくさん食べられて、
いつしかお腹も大満腹。

ほかの小龍包も
ぜひ食べてみたいものです。

小龍包の店  湯包市場
東京都港区西新橋1ノ21ノ11、小野ビル1階
午前11時〜午後11時
(ランチは午後3時まで)。日曜・祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪ 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, September 06, 2007

スタイリッシュそば! SOBAKURA GINZA-蕎麦庫 銀座-のSOBA SET

Sany0529再び
銀座界隈です。

さすがに
今日もマロニエ…
というのも
なんだかなぁと
思い、

では、どこらあたりに…と頭をめぐらせても
すぐには浮かばず…。

困ったときのコリドー街ということで、
コリドー街でランチをすることにしました。

少し前から気になっていた看板。
昨日も蕎麦だったけど…とは思ったものの、
たぶん、今は蕎麦が気になるタイミングなんだろうと
一人納得して入ります。

「SOBAKURA-蕎麦庫 銀座」

蕎麦&おでん&焼酎の店です。

店名で想像できるように、
こちらの蕎麦店はとてもスタイリッシュ。

オープンキッチンのカウンターの上に
黒板があっておすすめが書かれていたり、
カウンターの壁には
イタリアの日常風景のモノクロ写真などが飾られ、
イタリアンバールな雰囲気の空間です。

蕎麦屋には行きづらいとった女性が
気軽に蕎麦が楽しめる…
といった感じの店とも言えます。

オーダーは

「SOBA SET」900円
漬MONO、惣菜(日替わり)、おむすび(1個)付き

おもしろいのは、蕎麦が選べることです。

安曇野産七割蕎麦

飯綱産七割蕎麦

信濃町産七割蕎麦

の中から蕎麦が選べます。

聞いてみると、安曇野の蕎麦がいちばん白く、
信濃町産がいちばん濃い色の蕎麦だそう。

濃い色の蕎麦が好きなので、迷わず
信濃町産七割蕎麦を選びました。

つゆは、鰹節がきいた
ちょっと濃い目の甘口の味わい。

ツルピカの蕎麦を手繰っていただけば
つゆの旨味成分が炸裂します。

程よい柔らかな弾力で、
ツルツルとのどを通っていきました。

さて…。

このオシャレな空間。
誰一人として蕎麦湯をお願いしていない…。
店のスタッフも、そのそぶりなし…。

ちょっとドキドキしながらも蕎麦湯をお願いしてみると、
あっさりと持ってきてくれました。

つゆに蕎麦湯を加えていただけば、
鰹節の出汁の、しみじみとした味わいが
改めて感じられます。

これと一緒におむすびを…。
おむすびの中身は梅とキムチのタレをあわせた、
ピリ辛スッパな味。

漬物はもちろん、野沢菜。

ランチが終わると、ディナータイムまでは
ブランチメニューになるのですが、

蕎麦ブランジェをはじめ
豆乳、大葉を使った和スイーツメニューも。

おでんメニューも興味深く…。

じっくり飲んで帰る時間はないけど、
サクッと飲んで、シメて帰りたい…。

そんなときにぴったりな店かもしれません。

SOBAKURA-蕎麦庫 銀座
東京都中央区銀座8ノ2ノ15 コリドー街
営業時間 午前11時~午後10時45分
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪ 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Wednesday, September 05, 2007

豚のコクとそば。板そば 蒼ひの薩摩黒豚蕎麦ランチ

Sany0527銀座通いの
中休み。

久しぶりに
横浜・関内の
馬車道界隈を
中心に
ランチどころを
探してみました。

馬車道から
相生会館の角を
右へ行くとあるのが、

昨年オープンした、比較的新しい蕎麦店

「板そば 蒼ひ」

新潟などの名物そば
へぎそばと同じように、
板の上にそばがのった、盛りのいいそばです。

そばダイニングともうたっていて、
夜は鹿児島の六白豚を使ったメニューなどもあります。

店内は4人席のテーブルがきれいに並んでいます。

板そばも魅力ですが、
ボリューム満点なので

オーダーは

「薩摩黒豚蕎麦ランチ」1000円
そばの実ごはん付き

メニュー名を見て、一瞬
「そばに黒豚練りこんでる? 」と
アホなことを考える…。

もちろんそうでなくて、
出汁つゆに黒豚肉が入った
鴨せいろの豚肉版です。

濃い目のつゆには、
豚の旨味がたっぷり。
醤油辛いけれど甘みが残る味わいです。

そばはピカピカでツルツル。
シャキッと冷たくしめてあり、心地いいのど越しです。

冷たいそばをたぐって、
温かいつゆにつけてツルッとすすれば
豚と出汁の旨味がそばの食感とともに
フワッと広がっていきます。

そばと豚肉って合うんだなぁとしみじみ。

そういえば、
以前新高島の「香露庵」で
ピリ辛仕立ての豚肉の出汁つゆのメニューを
食べたことがありました。

〆はもちろん、そば湯。
器が大きいものの、つゆがたっぷり入っていたので
そうそうそば湯も入りません。

はじめはちょっと濃いのですが、
途中でまたそば湯を入れて…。

そこにワサビと白ネギを加えていただけば、
おかわりしたくなるような味が楽しめます。

豚肉でそばを食べたいときの店が
ひとつ増えました。

板そば 蒼ひ
横浜市中区相生町4ノ66、第15須賀ビル1階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時30分~10時。第2日曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪ 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Tuesday, September 04, 2007

ふんわり卵♪やきやき三輪の特製豚キムチどんぶり

Sany0525今週は
しばらく
銀座・有楽町の
界隈を
ウロウロしています。

というわけで、
この
タイミングというのも
なかなかないので、

またまた
マロニエゲートで
ランチをすることにしました。

今日はお手ごろ価格ランチにチャレンジ! 

12階にある

「やきやき 三輪」

関西風のお好み焼き・鉄板焼きの店です。

店内はカウンター5席に
丸テーブルが4つ。

鉄板カウンターの向こう側に
景色が(たぶん)見える席も用意されているようです。

ランチは
そばめしが4種類に特製ランチ。

そばめしの種類がいろいろあるのはめずらしい。

ので、そばめしかなぁ…と思いつつも
特製…という言葉にひかれて

オーダーしたのは

「特製豚キムチどんぶり」840円
サラダまたはスープ付き

小ぶりの丼に山盛りに盛られてきた
豚キムチどんぶりは、
キムチと豚肉のほか
細切りのコンニャクを加えて、
最後に卵でとじてありました。

上には山盛りの青ネギ。

香ってくるのは、ぷ~んとゴマ油の風味。

食欲がそそられます。

豚肉は薄切りで鉄板で焼かれ、
キムチもいい塩梅に火が通っていて、
ハフハフといただける味わい。

コンニャクの食感もアクセントになっています。

卵でとじてあるので、全体的にふんわりとした
まろやかな味になっています。

味のベースは醤油ダレ。

飽きずに食べきれるお値打ち丼です。

スープは白ネギがたっぷりの野菜スープで
これまたやさしい味わい。

丸テーブルの上には
丸い鉄板があって、夜はここでお好み焼き…と
なるようです。

みんなでワイワイ囲んで
お好み焼きを満喫したいものです。

やきやき 三輪
東京都中央区銀座2ノ2ノ14、マロニエゲート12階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチタイムは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪ 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, September 03, 2007

チーズの旨味を実感! DA PEPPINOのPranzo A

070903_12330001Sany0523

週が明けてみれば
9月になっていました。

銀座・有楽町界隈で、
週を超えて変わったことといえば、

ペニンシュラホテルがオープンしていたり、
マロニエゲートがオープンしていたり…。

東京の変化を実感してしまうような
変わり目な気がしました。

タイミングよく、銀座界隈での打ち合わせだったので、
混んでいるのを覚悟で、
「マロニエゲート」に足を向けてみました。

ここでの注目は、
やはりなんといっても「東急ハンズ」。

「GINZA HANDS」というロゴの
ライトグリーンの紙袋は、
やはり今までのハンズとはちょっと違います。

店のディスプレイも、どことなくスタイリッシュ。
もともとハンズは、
グッズ的にも一歩先行く店でしたが、
なんだか、
さらにあか抜けたハンズを見ているようです。
銀座に来る楽しみが増えました。

さて。
レストラン街は10~12階。

ランチの最多価格帯は、
1400~1500円といったところでしょうか。

チャイニーズ、シンガポール、コリアン、
鉄板焼きの店なら1000~1200円のランチも…。

選んだ店は

「DA PEPPINO(ダ・ペッピーノ)」

イタリア料理の店です。

三軒茶屋に15年オープンしているイタリア料理
「グッチーナ」の姉妹店。

地元に愛されているイタリアンが銀座にやってきた…
というところでしょうか。

店内は…というか、
ビル全体は、有楽町側からグルリと窓をめぐらせて
レストランを配置。

なので、店内からは高速道路を見下ろしつつ
交通会館や11月オープンの丸井のビルが
眺められる、開放感あふれる空間になっています。

キッチンから立つと外の景色が見渡せるような
配置なので、気持ちよく料理が作れそう…。

オーダーは

「Pranzo A」1470円
前菜、パスタ、エスプレッソまたはコーヒー、紅茶付き

前菜は

「前菜盛り合わせとグリーンサラダ」

パスタは2種の中から選べるので

「自家製リコッタのせ トマトソーススパゲッティ」を。

前菜は

キノコのブルスケッタ、
モッツァレラチーズ、パルマ産生ハム、
イタリアンたまご焼き(名前忘れ…)

キノコはマリネしてあり、バケットとの相性ぴったり。
モッツァレラはブルンとしながら
みずみずしいあっさりとした味わい。
塩気のある生ハムと一緒に食べれば、
とても幸せな気分。

名前を忘れてしまったたまご焼きは
野菜の旨味がガッツリと入っていました。

真っ白なリコッタチーズは、
ふんわりとしていてミルクの風味が
鼻にぬけていきます。

トマトソースはコクのあるよく煮込まれたソース。

この2つを合わせながら、
パスタをクルクルと巻いていただけば、
トマトの奥からフワッとミルクテースト。

スイートバジルもそえてあり、
その風味もしっかりと味わえます。

毎日のランチ…と考えると、
ちょっと高めのランチではありますが、
なんとなくゆったりとした気分で過ごせるので、
週末のおでかけにはぴったりの店かもしれません。

DA PEPPINO
東京都中央区銀座2ノ2ノ14、マロニエゲート10階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチタイムは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはん
気に入ったら1クリックお願いします♪ 

| | Comments (2) | TrackBack (3)

« August 2007 | Main | October 2007 »