« July 2007 | Main | September 2007 »

Friday, August 31, 2007

真っ黒スパイシー。yoogee’s cafeのyoogee’sオリジナルカレー

Sany0535原宿の界隈に。

どのあたりで
ランチにしようかと
思いつつ、

竹下通りを抜け、
明治通りを渡り、
キャットストリートとの
角にある、

オープンテラスカフェの

「yoogee’s cafe」へ。

ペットもOKなドッグカフェでもあります。

ウッディな造りの店内には、
サーフボードが飾られたり、
扇風機がクルクルと回っていたり、

なんとなく、海の家の空気が漂います。

暑さもちょっと過ぎた今日は、
こういう空間で過ごすの気持ちがいいものです。

オーダーは

「yoogee’sオリジナルカレー」980円
サラダ、ドリンク付き

オリジナルカレーは、見るからに真っ黒な風貌。

ドミグラスソースをベースにスパイスを加えた
ビーフカレーです。

口の運んでみると、ほんのりとコクのある風味。
味の向こう側にスパイシーな味が伝わってきます。

家ではこんな黒いカレーは食べたことはないものの、
なんだかどこか懐かしい味がします。

海の家な雰囲気でカレーを食べるのも、
つくづくといい気分です。

カフェめしのランチメニューがそろっているので、
ほかのメニューも
ちょっと食べてみたくなりました。

時間に追われていなければ、
もっとゆっくりと過ごせるのになぁ…と
しみじみ思ってしまいました。

yoogee’s cafe
東京都渋谷区神宮前3ノ20ノ9
営業時間 正午~午後11時
(ランチは午後4時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 30, 2007

尾頭付きの迫力! 我歩-GAPPO-の自慢のエビ天丼

Sany0532Sany0531

久しぶりに、

有楽町と新橋を結ぶ
コリドー街でランチ。

ここ最近は、
それほど新しい店が
オープンしたわけでもないのですが、

現在建築中のモダンなビルもあり…。
その1階はもちろん飲食…。
ちょっと気になるところです。

そんな街の変化を楽しみつつ向かったのは、

「我歩-GAPPO-」

鉄板焼き・炭焼きの店です。
そして…。

20種類のエビを用意しているほどのエビ専門店! 

記憶が確かなら、
ここは以前
ランチは営業していなかったような気がするのですが、
ここのところ
前を通ってみるとランチメニューの看板が出ていたので
行ってみたいと思っていたのでした。

夜のメニューでは、
「ぷりっぷりえびのバケツ盛」など、
心引かれるメニューが並んでいます。

もちろんランチもちょっとうれしくなってくるシステムです。

オーダーは

「自慢のエビ天丼」980円
味噌汁、小鉢、漬物、サイドメニュー付き

このサイドメニューですが、
彩りサラダやジューシー唐揚げ、冷奴など5つのおかずと
2つのデザートの中から1つ選べる
のです。
これがうれしい。

さらに。

午後1時を過ぎると、
もれなくデザートがサービスに! 

3つのデザートの中から選べてしまいます。

さらにうれしい!

そこで今日チョイスしたのは、

「ねぎトロユッケ」

そして

「カタラーナ」というデザート。

エビ天丼は
尾頭付きのエビが2本! 

さすがに大きすぎて、頭からバクリとはいきませんでしたが
カリッとした香ばしさが楽しめます。

本体はプリンッとした歯ごたえ。

シイタケ2つにシシトウ2つというのも贅沢な気分。
カラリとサクサクといただけます。

丼汁は、たっぷり出汁のきいた汁に
醤油をチラリ、塩で味を調えたといった風合いの
あっさりとした味わい。

ほかの天丼と違うのは、ネギがたっぷりとのっているところ。

このネギを天ぷらと一緒に口に入れれば、
味に深みが増していきます。

ねぎトロユッケは、
ネギトロにオクラと山芋を加えたもの。
ユッケというとおり、ごま油で味を調節しています。

ネバネバとした食材とネギトロの組み合わせは
かなりイケます。

食べ終わってみれば、かなりの満足感。

至福な気分を味わっているところでやってきたのが
デザート。

「カタラーナ」というデザートはここの人気の一品。

クリームブリュレをアイスにした感じといったらいいのか…。

ブリュレ特有のカラメルを焼いた
パリパリとした香ばしい部分と、
バニラの風味がいっぱいのブリュレの味わい…。
濃厚でまろやかな後味が、いい塩梅です。

夜メニューのバケツ…。
チャレンジしてみたいものです。

我歩-GAPPO-
東京都中央区銀座8ノ3先
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~11時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Wednesday, August 29, 2007

中華の醍醐味! 松の樹のランチセット

Sany0526約1ヶ月ぶりに
川崎にやってきました。

前回は
アメフトの
ワールドカップの
ボランティアで
連日のように
通っていた街。

なんだか、とてもなつかしい気分になってしまいます。

川崎駅周辺は、本当にいろいろお店があって
悩んでしまうのですが、

今日はなんだか
麻婆豆腐が食べたい気分。

そこで訪れたのが

平和通り沿いにある

「松の樹」

四川料理の店です。

中華料理店らしい店構えで、
とても気楽な気分になれる場所です。

注文は

「ランチセット(3品のおかず付き)」840円
ライス、スープ、お新香、デザート付き

本日の3品は

「麻婆豆腐」「ナスと豚肉の辛味炒め」
「アスパラとトマトのサラダ」

このおかず、
実は2品はAランチとBランチのメニュー。

その2品を取り皿サイズで用意してくれたのが
このランチセット。

中華料理の楽しみというのは、
大勢でたくさんのメニューを、
円卓でクルクル回しながらあれこれいただくこと。

ランチタイムというのは、
お値段お手ごろなので、

やっぱり大勢で行って違うセットを注文して
それをみんなでわけあって食べるのが楽しい。

なので。
おひとりランチのときは、1つのおかずだけなので、
ちょっと淋しいものなのです。

そこへきて、
このセット! 

あれこれ食べられる楽しみが一挙にやってきました! 

麻婆豆腐は、豆板醤の風味が全面に出ている味わい。
コクがあって、そして辛い。
豆腐は細かくカットされているので食べやすい。
もちろんご飯の上にのせていただきます。

ナスと豚肉の辛味炒めは、
口に入れた瞬間は甘い。
甘酢の風味が広がるのは、
エビチリのソースと同じソース。
ここに豚肉のうまみとナスの食感が加わって
これまたご飯がすすむ味です。

サラダはしゃきっとしたアスパラとトマト。
マスタードマヨネーズをつけていただくので
これまた、なんだかご飯にマッチ。

スープは中華ならではコーンスープ。
デザートはタピオカ大豆ミルク。

ランチタイムは麺類やご飯モノも
ハーフサイズで組み合わせることができます。

坦々麺などもきっとおいしそうな気がしました。

四川料理 松の樹
川崎市川崎区東田町9ノ2
営業時間 午前11時~午後2時30分、
午後5時~9時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (17) | TrackBack (0)

Tuesday, August 28, 2007

大地の恵み! レストラン十勝の本日のランチ

Sany0523Sany0524

先週に引き続き、東京駅近辺。

実は大丸だけでなく、駅構内も大改装中。
秋になれば、
あれこれ気になるお店が満載の
東京駅になりそうです。

八重洲口界隈をうろうろしたのですが、
うろうろすればするほど、
なんと飲食の多いことか! と実感。

どこにしようと悩みつつ、
基本はさくら通り沿いに決定。

そうして見つけたのが、
八重洲仲通りと交差するところにあった

「レストラン十勝」

きたの大地の贈り物 池田発
十勝ワイン&ブランデーの店です。

地下に降りていく店なのですが、
入り口が2つあるのが不思議。

ログハウスのような木のぬくもりが感じられる、
ほっこりとした店内です。

ランチでは牛フィレステーキを1000円でいただけます。

が、

今日のオーダーは

「本日のランチ」880円
スープ、サラダ、ライス付き

今日のメニューは

「若鶏もも肉のソテー ベーコン添え」

オーダーをすると
すぐに運ばれてくるのはサラダとスープ。

このスープ。

ワカメを卵とじにしてあるのですが、
スープのベースが魚介類。

レストランで味わうコンソメスープとは、
ちょっとひと味違うのです。

やってきたメインディッシュを見て、
思わずニッコリしてしまったのは、

添えつけが
厚切りのジャガイモ、しかもその上にバターがトロリ。
そして、トウモロコシ! 

まさに北の大地の贈り物です。

じゃがバターにナイフを入れて食べてみれば、
しっとりとホックホクな口当たり。
しかも、
バターのコクがなんとも濃い! 

トウモロコシは新鮮であくまでも甘い…。

添えつけですっかりシアワセ気分になってしまいます。

若鶏のソテーは、
皮をパリッと焼き上げて、
その上にカリカリのベーコンがのっています。

まずは若鶏だけで…。

プルルンとした弾力。
口に入れれば、肉汁が滴り落ちる
ジューシーさ。

かみ締めるほどに鶏肉のうまみが伝わります。

ベーコンもいい塩加減。
カリカリとした食感を楽しみながら、
ベーコンの風味も楽しめます。

この2つを一緒にいただけば、
ベーコンのカリカリと塩味が
いい塩梅に鶏肉と組み合わさり、
噛むのが楽しくなってきます。

ライスともぴったり! 

十勝ワインと一緒に夜のメニューも楽しみたいです。

レストラン十勝
東京都中央区日本橋2ノ3ノ18
営業時間 午前11時~午後2時15分、
午後5時~10時。土・日曜、祝日定休

映画ウンチク
RUSH HOUR 3
ラッシュアワー3
☆☆☆☆

ジャッキー・チェンとクリス・タッカーの
名コンビシリーズ。
相変わらず、カーター(クリス・タッカー)の
うるさいくらいのトラッシュトーク、
チャイニーズなまりのリー(ジャッキー)の
英語。
そして今回は真田広之、工藤夕希の
ジャパニーズイングリッシュ、
そして、舞台となるフレンチなまりの英語…と、
なにやらインターナショナルな映画です。
ストーリーは、
チャイニーズマフィアがらみの事件をもとに、
アクション全開。
娯楽映画として単純に楽しめます。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 27, 2007

街の味…。こいわ軒のオムライス

Sany0514初めて降り立った
新小岩。

南口の目の前には
アーケードのかかった
商店街。

その商店街から
分かれるように
通りの商店会も…。

鮮魚店をはじめ、
まだまだ個人商店が
しっかりと根付いている町並みです。

栄通り沿いで見つけたのが

「こいわ軒」

とんかつと洋食の店です。

いかにも町の洋食やさんという雰囲気。

とんかつはもちろん、ハンバーグやオムレツなど
ちょっと心がウキウキしてきてしまうような、
なんとも懐かしいメニューが並んでいます。

店内はこじんまりとしながらも
ゆったりとしたテーブルセッティング。

奥には小さなカウンター席も。

オーダーは

「オムライス」780円
サラダ、味噌汁付き

いわゆるスタンダードな普通のオムライスが
食べたかったのが、今日の選択の理由。

でてきたオムライスは、
こんもりと盛り上がったまん丸にちかい形。

デミグラスソースでいただきます。

中のライスは、もちろんケチャップライス。

チキンライスでないのがご愛敬です。

細かく刻んだベーコンに加えて、
シメジとタケノコが入っています。

このシメジの風味とケチャップの味わいが
さっぱりとしながらもコクのある味付けに。

そして、タケノコの食感がなんとも心地いい! 

そこに加わる薄い卵焼き。
デミグラスソースで上品な仕上がりになっています。

味噌汁が付くのもいかにも洋食の店。

なんとも、ほのぼのとした気分になれました。

とんかつもちょっと食べてみたくなりました。

こいわ軒
東京都葛飾区新小岩1ノ40ノ12
営業時間 午前11時30分~午後10時
(ランチは午後5時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, August 24, 2007

中庭気分の空間。Caspita!Tokyoのパスタランチ

Sany0512Sany0511_2

今日は移動途中でのランチです。

東京駅八重洲口は、
現在大丸が大改造中。
新しいビルもだんだんと増えてきているエリアです。

昔からある通りでも、
ふと目を向けると、新しいビルがあったり…。

久しぶりに来てみると、
あそこもここも立ち寄ってみたい場所であふれています。

さて。
本日見つけたのは、
さくら通り沿いにあるイタリアンダイニングバー

「Caspita! Tokyo」

レストランウェディングにも使われている店です。

地下に降りていくと、
店内は、欧風の中庭にいるような雰囲気。

水が流れていてとても居心地のいい空間です。

長い通路の向こうにはテーブル席やテラス席。
奥にはカウンターもあります。

開放感あふれる空間で、席数も多いのですが、
思いのほか隣の席が気にならないくらいの
スペースが心地いいです。

オーダーは

「パスタランチ」980円
サラダ、デザート、ドリンク付き

パスタは

「バジルとモッツァレラチーズの
トマトソーススパゲッティーニ」

トマトソースは、シンプルでさっぱりとしたソース。

ここにフレッシュバジルの風味が加わってさわやか。
キューブにカットされた
モッツァレラチーズでコクがあふれて、

全体的にまとまった味わいになっています。

スパゲッティーニの細さは
ソースがよく絡んでくれるのもウレシイ。

ほどよいアルデンテのゆで具合なので、
もりもりと食が進みます。

シンプルだけど、深みのあるパスタでした。

サラダは卵が入ったミモザ風サラダ。
これも卵がアクセントになっていていい塩梅です。

最後はムースを楽しみながらコーヒー。

忙しい中でも、ゆったりとくつろげる空間でした。

Caspita! Tokyo
東京都中央区八重洲1ノ5ノ15、田中八重洲ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後3時、
午後5時~11時(金曜、祝前日は午前4時)
土曜=午後5時30分~11時。日曜、祝日は定休
(ランチは月~金曜)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 23, 2007

たっぷり満腹♪安美の日替わりちゃんこ定食

Sany0508ここのところ
両国近辺に
出没しています。

ランチタイム時に
訪れるのは、初。

さて。
ランチは
何にしようと
周りを見回すと…。

なんと、ちゃんこの多いことか! 

さすが両国、力士の町です。

鍋物というのは、
大勢でたくさんの具をぐつぐつ煮込んで食べるのが
素材の出汁がたっぷり出ておいしいものですが、

そうはいっても、
1人用の鍋でランチにちゃんこが食べられるのは
ちょっとウレシイ。

どこのちゃんこにしようかと悩んだものの、
駅前にあったココのメニューにひかれて入店。

「安美 両国総本店」

相撲部屋のちゃんこが楽しめるちゃんこダイニングです。

安治川部屋直伝のちゃんこだそう…。

ビルの2階に上がって店の前へ。

靴を脱いで上がります。
店内は畳が引いてあるので、足の踏み具合が心地いい。

畳とはいえ、掘りごたつのテーブル席もあるので、
ゆったりとくつろぐこともできます。

注文は

「日替わりちゃんこ定食」880円
ご飯、小鉢2皿、漬物付き

本日の日替わりは

「地鶏の塩ちゃんこ」

1人用の鍋は、思いのほか深さがあってボリューミー。

目の前で火をつけ、しばし煮込んでいきます。

ぐつぐつしてきたら、ふたを開けると…。

色のいい地鶏につみれ、
油揚げに豆腐、シイタケ、
ニラに白菜、モヤシ、ネギとたっぷりの具がフツフツと
音を立てています。

スープは出汁に塩を加えたあっさり味。
ここに具の出汁が加わって、なんともコクのある味わいに。

肉がギュッと詰まったつみれはウレシイ弾力。
ハフハフといただきます。

白菜や野菜たちもシャキシャキといい歯ごたえ。
煮込んでいくうちにしんなりとする、
その味わいもいい塩梅です。

地鶏はプリップリの歯ごたえ。
噛み締めるほどに地鶏の滋味深い味が伝わってきます。

柚子胡椒が添えてあるので、
これをちょっとつけて食べれば、
ピリッとした刺激も楽しめます。

スープの塩加減がご飯にもぴったりで、
ついついご飯も進んでしまいます。

小鉢は冷奴に鶏の味噌味の煮付け。

食べ終わってみれば、本当に満腹。

野菜もたっぷりとれた、ヘルシーなランチでした。

次はどこのちゃんこを食べようかな…と、
ちょっとワクワクしてしまう街です。

安美 両国総本店
東京都墨田区両国3ノ26ノ6、仲和ビル2階
営業時間 午前11時~午前2時
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Wednesday, August 22, 2007

サックリしっとり老舗の味。天吉の天丼セット

Sany0506創業明治5年。

1872年から
横浜・関内の地で
天ぷらを
揚げ続けている店。

3年前に
店を改装したのですが、
店構えは
以前の雰囲気を
そのままに
していたので、
店内も昔ながらの天ぷら屋のいでたちを
しているものと思っていました。

横浜・関内駅北口前にある

「天吉」

サザンオールスターズの原坊の
お父さん、いや今は弟、いや叔父が…と
いろいろ言われていますが、

原坊にとてもゆかりのある天ぷら店です。

昔と変わらずの引き戸は、自動扉になっていました。

そして、
扉が開かれると、そこは
品のある柱を施した、料亭の赴き。

正面に目の前で天ぷらを揚げてくれるカウンター。
左サイドはゆったりと座れることのできるテーブル席。

2階は靴を脱いで上がるのですが、
その階段もモダンなイメージ。

2階は座敷や天ぷらカウンターがあるようです。

想像を良い意味で覆されたモダンな店内。

昔と変わらずかき揚げが名物ですが、
ボリュームたっぷりな一品なので、

本日の注文は

「天丼セット」945円
天ぷら4種、サラダ、しじみ汁、抹茶アイス付き

天ぷらは、
エビ、キス、カボチャ、インゲンの4種

ゴマと落花生の油をブレンドして揚げています。

さっそくカボチャをパクリと食べてみれば、
サクッとした音の後に、
ホックリとした食感とカボチャの甘さがやってきます。

キスはホッコリとした口当たり、
インゲンはフレッシュな歯ごたえ。
エビはもちろんプリッとした食べ応え。

長年継ぎ足しているだろう丼汁は、
醤油の味が若干強めの甘辛なたれ。

このタレを絶妙な具合に天ぷらにくぐらせてあるので、
サクッとした食感が残り、
そしてタレのうまみと素材のうまみがじんわりと
伝わってきます。

ご飯は硬めに炊き上がっているので、
丼汁との絡みもいい塩梅。

サラダはシャキッとしてあり、
ドレッシングもレモンの酸味が決めてになっています。
さっぱりといい箸休めに。

しじみ汁もしみじみとした味わいです。

次回はボリュームなかき揚げもチャレンジしてみたいです。

天吉
横浜市中区港町2ノ9
営業時間午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~10時。
日曜、祝日=午前11時30分~午後9時
月曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, August 21, 2007

ポン酢でスッキリ!Cafe Cotton Clubの日替わりランチ

Sany0483珍しく
高田馬場に
来ました。

学生街
ということもあり、
飲食関係は
充実のこの街。

どのあたりを
歩いてみるかで
ランチどころも
変わってきます。

でも、今日はスタンダードに
早稲田通りをテクテク。

東西線の出入り口近くに偶然見つけてしまったのが

「Cafe Cotton Club」

地下1階から2階までのフロアを用意した
レストラン&バーです。

高田馬場界隈でオープンして20年近くと
老舗の域に入ってくるこの店。

1階はオープンデッキ、2階はオープンテラスなどがあり、
開放感あふれる空間になっています。

店内奥を見回すと、
個室席それぞれに漆喰の壁の色を変えていたり、
なんだかニューヨークのミートパッキング辺りの
ライブレストランに来たかのような雰囲気もあります。

オーダーは

「日替わりランチ」1000円
サラダ、スープ、ライス、デザート、ドリンク付

本日のメニューは

「ゆで豚のしゃぶしゃぶ風おろしポン酢ソース」

スープ、ドリンク、デザートは、
ドリンクバーになっていて、
自由に好きなだけいただくことができます。

メインディッシュは、
豚肉のしゃぶしゃぶのほかに
ニンジン、厚揚げ、シイタケ、タマゴの煮しめ、
ゆで白菜もトッピングされていました。

豚肉のしゃぶしゃぶは、ほどよく脂身がのっていて
その旨味を満喫。

おろしポン酢の酸味と豚の甘みが組み合わさって、
口の中はさっぱり、それでいてコクのある味わいに。

ゆで白菜と一緒にいただくのもいい塩梅。
細切りの唐辛子と合わせれば、
ピリッと引き締まった味わいになります。

煮しめもいい具合な箸休め。

食べ終わってみれば結構なボリューム。

ゆったりとくつろげる空間で
パワフルなランチを楽しみました。

Cafe Cotton Club
東京都新宿区高田馬場1ノ17ノ14
営業時間 午前11時30分~午前5時
(ランチは午後3時30分まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 20, 2007

生姜パワー。レストラン河鹿 別館のCランチ

070820_12460001ランチ時に、
またまた
赤坂見附。

何にしようかと
思いつつ、
あまり
時間もないので、
駅から近い
場所で
手を打つことに…。

みすじ通りと
一ツ木通りの間にあるのがココ、

「レストラン河鹿 別館」

昔ながらの洋食を味わえるレストランです。

地下に降りると、小料理屋の雰囲気。
白木のカウンターにテーブル、
奥に座敷も用意されています。

注文は

「Cランチ」790円
ライス、味噌汁付き

Cランチは

「ポークロースの生姜焼き」

久しぶりに食べるポークジンジャーです。

ライスは平皿に盛られ、
箸でいただくというのも、
昭和を思わせる洋食の食べ方。

薄切りのポークロースは4枚ほど。
パクリとかぶりつけば、
程よい生姜と醤油の風味が広がります。

やわらかい肉なので、
もちろん箸でもきれいに切れていきます。

生姜の刺激と醤油のうまみで、
ご飯もモリモリ進んでいきます。

付けあわせが千切りキャベツというのも
ケチャップで味付けただけのスパゲッティというのも
なんだか、ノスタルジックな気分に。

さらには、缶詰のチェリーがのっかっているのもご愛嬌。

ポークジンジャーって、
よくあるメニューだけど、
だからといっていつも食べているわけでもなく、
おうちごはんのメニューの1つでもあるけれど、
そうそう作るわけでもなく…。

洋食屋さんで食べるポークジンジャーは、
いつも、とつぜん無性に食べたくなる味です。

レストラン河鹿 別館
東京都港区赤坂3ノ20ノ6、川木ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後3時30分、
午後5時30分~10時30分、
土曜=午後5時30分~9時。日曜、祝日定休
(ランチは月~金曜)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, August 17, 2007

白湯のまろやかさ。中央軒 ランタン亭の元祖長崎ちゃんぽん

Sany0523本日、
渋谷方面へ。

相変わらずの
暑さの中、
何を食べようか…と
考えながら
歩いているうちに

ふと、ここがいい! と、とっさに決めた
今日のランチです。

明治通り沿いにある

「中央軒 ランタン亭」

長崎ちゃんぽん・長崎皿うどんの店です。

長崎の名物を大阪で広めた店で、
大阪を拠点にして展開しています。

長崎に出張に行っていたものの、
本場では食べそびれてしまったちゃんぽん。

野菜たっぷりというところと、
ここのところ、
熱中症にならないようにと、
何かと水ばかりとっていて、
体の中に温かい汁物もいれなくてはいけないな…と、
思っていたところもあって、
この選択になりました。

2階に上がると、カウンターと2つのテーブル。

テーブル席からは、外の景色がよく見えます。

注文は

「元祖長崎ちゃんぽん」790円
生玉子付き

長崎ちゃんぽん特製の深くない丼には、
キャベツを中心とした10種類の野菜にかまぼこなどの練り物、
イカ、エビなどの魚介類がたっぷり。

真ん中には生玉子がど~んとのっています。

長崎では、
卵をのせて食べることで、おごちそうになっているそう。

スープは豚骨ベースの白湯スープ。

ひと口スープを飲んでみると、
コクがありながらさっぱりとした味わい。

麺は長崎太麺。
モッチモチの食感が魅力です。

野菜類もシャキシャキ、
魚介類もプリプリ。

具も麺も程よくスープに絡み付いていい塩梅です。

さらに、うれしかったのが、
テーブルにソースを置いていてくれること。

白コショウをふりかけ、
ソースをササッとかけまわすと、
スープに香りが加わって、さらにいいコクがでます。

生玉子は、崩しながらいただくと
トロリと卵の黄身のまろやかさが加わって、
初めての味わいです。

栄養バランスを
きっちりとれたランチを取れたような気がします。

中央軒 ランタン亭
東京都渋谷区渋谷3ノ18ノ7、渋田東一号館
営業時間 午前11時~午後11時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Thursday, August 16, 2007

フルーティー! 銀座 楸(ひさぎ)の野菜とチーズのせカレー

Sany0521相変わらず
暑い毎日。

ランチを食べる
気力も
なくなりそうですが、

なんとか
気持ちを
奮い立たせて

体が欲求するものを
求めます。

銀座6丁目で見つけたのは、

「銀座 楸(ひさぎ)」

松坂屋の2本裏の通りにある
オイスター&ワインの店です。

牡蠣を生でいただく…というよりは、
ステーキにしたり、カレーフォンデュにして食べたりと
ひと工夫した牡蠣料理が楽しめるところです。

ランチタイムはカレー! 

ビルの2階に上がっていくと、

落ち着いた雰囲気のカウンターと
テーブル席が3つ。

カウンターの向こうにはワインのボトルがズラリと並びます。

カキフライの揚がるおいしそうな音を聞きつつ、

カキが好きだけど苦手な身としては、

今日のオーダーは定まってきます。

カキフライに後ろ髪ひかれつつ、
オーダーしたのは、

「野菜とチーズのせカレー」980円
サラダ、ヨーグルト付き

こちらのカレーは、
真っ黒な欧風カレースタイル。

アスパラ、ナス、レッドペッパー、ブロッコリー、
エリンギ、ヤングコーン、
枝豆や大豆がたっぷりと
彩り豊かに登場したカレー。

そのカレールーは、
甘さを感じさせるフルーティーな口当たり。

ところが、しばらくすると辛味がジワジワとやってきます。

ご飯の上にたっぷりとかけられたカレーを
しみじみと味わいつつ、
素揚げされた野菜とともに味わいます。

やっぱり素揚げされた野菜は
びっくりするほどジューシー。

パラリとかかったチーズもコクを出しています。

サラダはゴマの風味がきいたドレッシングでさっぱり。

ヨーグルトはほのかに甘く、
口の中の味のバランスがきちんと整ってくれます。

つくづく、
カキ料理を食べてみたいものだと思ったのでした。

銀座 楸(ひさぎ)
東京都っ中央区銀座6ノ12ノ16、片桐ビル2階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後6時~11時。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 15, 2007

野菜に活! Bistro Vegetable Marketのシェフの気まぐれランチ

Sany0517Sany0518

暑いときは
特に
体が何を
欲しているか
すぐにわかります。

もちろん。
今日は、野菜! 

結構最近にも
訪れましたが、

今週はどんなメニューか
楽しみにしつつ
店と扉を開けました。

横浜・関内、吉田町にある

「Bistro Vegetable Market」

野菜を中心にしたメニューが楽しめるビストロです。

ホワイトとイエローが基調の
ホッとくつろげる空間で、
外の暑さからかけ離れた感覚が味わえます。

オーダーは

「シェフの気まぐれランチ」1050円
もりもりサラダ、ドリンク付き

今週の気まぐれランチは

「地鶏もも肉のロースト バジルピュレソース
真夏の緑黄色野菜添え」

もりもりサラダは

「パンプキンシードのサラダ」

サラダには特製のドレッシングがかかっているのですが、
このドレッシングが、
酸味が強めにできていて、実にさっぱり。
さまざまな野菜を加えて作ってあるので
コクもある味わい。
レタスをシャッキリといただくことができます。

パンプキンシードの香ばしさも良いアクセントに。

彩り鮮やかに盛られてきたメインディッシュ。

色黄色野菜は
トマト、レッドペッパー、アスパラ、オクラ。

地鶏のもも肉にナイフを入れてみると、
ブルルンとした弾力。
皮はパリッパリにローストされています。

レモンをシャッ絞って、
アーリョオーリョを少々かけまわしていただきます。

口にいれれば肉汁がほとばしり、
とにかくジューシー! 

力強い鶏肉の味が伝わってきます。

ローストされた野菜は、
トマトは酸味と甘さがジューシーに、
レッドペッパーは甘くやはりジューシー、
アスパラも風味が強く伝わってくるし、
オクラはねっとりとしかもジューシー。

これらの野菜と肉を、
バジルピュレソースとともにいただくと…。

素材の組み合わせから生まれる
幸せな新しい味わいが広がっていきます。

あれこれ食べているうちに、
顔がほころんでくるのがわかります。

やっぱり、毎週訪ねたい店の1つです。

Bistro Vegetable Market
横浜市中区吉田町2ノ7
営業時間 正午~午後2時、午後6時~10時
日曜、第1・3月曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, August 14, 2007

南が恋しい…。がちま家の鶏飯セット

Sany0524昨日の夜中に
突然、
石垣島から電話が
かかってきました。

懐かしいのは
友人の声とともに
その向こうから
聞こえてくる
島の気配…。

あ~。
沖縄方面に行きたいなぁ…。

そんな想いのまま今日を迎えたので、
当然ランチは沖縄モード。

横浜・伊勢佐木町方面、
大通り公園に面したところにある

「がちま家」

沖縄・奄美料理の店です。

赤瓦屋根を施したりしているので、
まんま、沖縄料理と思っていたのですが、

店内には、与論島や徳之島など
奄美諸島のポスターが貼られていて
「あ~、奄美系の沖縄なんだ」と
一人納得。

オーナーが奄美大島出身なのだそうです。

広い店内は、壁にそってソファを作り、
それに応じてテーブルが並んでいます。

奥には琉球畳の座敷も! 

モニターからは高校野球の中継などが流れたりと、
なんだか、そのまんま島にいるような気分になれます。

オーダーは、

「鶏飯(けいはん)セット」800円
サラダ、海ぶどう、ドリンク付き

鶏飯というのは、奄美地方のハレの日のおごちそう。

その昔、偉い方が島を訪れることになったさい、
おもてなしする料理が何もなく、
島で育てている奄美地鶏を使って、
精一杯のおもてなし料理を…と生まれたのがコレだとか。

ご飯の上に、蒸した鶏に錦糸玉子、シイタケや野菜を
彩りよく並べ、
その上から鶏の出汁がたっぷり出たスープをかけたもの。

これが鶏飯。

まさか、ここで食べられるとは! 
ちょっとウレシイ。

スープをひと口飲んでみれば、
鶏の出汁がたっぷりと出たさっぱりスープの味。

上にかかった海苔の風味がプ~ンと漂います。

鶏はあくまでもやわらかくほぐされていて、食べやすい。

シイタケもいい出汁が出ています。

生姜の千切りも入っているので、
途中、よりさわやかな口当たりに。

お茶漬けのようにサラサラといただけるので、
暑い日にはもってこいの料理です。

海ぶどうはプチプチと元気のいい歯ごたえ。

やっぱり、暑いときは暑い方面の料理に限るのかも…。
としみじみ感じたひとときでした。

沖縄・奄美料理 がちま家
横浜市中区蓮菜町2ノ5ノ1
営業時間 午前11時30分~午後1時30分
午後5時~11時30分(日曜、祝日は11時)
(ランチは月~金曜のみ)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Monday, August 13, 2007

モッチリモチモチ。pitta 00のピッツァランチ

Sany0520_2Sany0521_3

お盆休みのさなか、
舞浜までお仕事にやってきました。

打ち合わせ前にランチしておこうと、
ちょっと早めに到着したものの…。

もちろん、レストランは満員、行列。

さすがに並んで食べるほどの時間はなかったので、
仕事が終わってからランチすることに…。

幸い、イクスピアリのランチタイムは
午後5時までのところが多いので助かります。

で、
遅いランチをとったのは、
イクスピアリ3階、グレイシャス・スクエアにある

「pitta 00(ピッタ・ゼロゼロ)」

ナポリピッツァ&グリルのレストランです。

この店、
イタリアはナポリにある
「真のナポリピッツァ協会」に認証された
ピッツァが楽しめるのです。

店内は、イタリア・ナポリにありそうな装飾。
気分的に、ちょっとバカンスに来た雰囲気です。

オーダーは

「ピッツァランチ」1580円
パン、サラダ、コーヒーまたは紅茶付き

ピッツァは
マルゲリータ、マリアーナ、本日のピッツァから選択

「マルゲリータ」を選んでみました。

パンは新鮮なエクストラバージンオイルでいただきます。

サラダはピーマンの刺激もポイントが高い
ミモザサラダ。

自慢のピッツァは、
薄い生地なのにモッチモチな食感! 

耳の部分は分厚くてさらにモチモチ。

焼き目のついたお餅を食べているような風味も特長です。

トマトソースは、
コクがありながらも
トマトの酸味がグッと迫ってくるさわやかさ。

スイートバジルの風味もいい塩梅。

そしてモッツァレラチーズのとろ~んとした
それでいて深い味わい…。

モチモチあっさりとした口当たりなので、
あっという間に1枚をたいらげてしまいました。

ちょっとだけ夏休み気分も味わえる、
異国情緒な店でした。

pitta 00
千葉県浦安市舞浜1ノ4
イクスピアリ3階グレイシャス・スクエア
営業時間 午前11時~午後10時30分
金~日曜、祝日=午前11時~午後11時
(ランチは午後5時まで)

映画ウンチク
OCEANS 13
☆☆☆☆☆

オーシャンズと愉快な仲間たち。
その1人ルーベンが
ラスベガスでホテル王であるバンクに
まんまと裏切られ、ホテルを乗っ取られる。
あげくに心臓発作まで! 
愉快な仲間たちがそれを許すわけがなく
バンクのカジノオープンを阻止しようと
またまたまた計画が始まります。
あげくは以前の敵にも協力を求め…。
地味そうな展開かと思いきや、
やっぱりそこはオーシャンズ。
要所要所にクスリと笑える場面もあり、
しかも
愉快な仲間たちの
友情の熱さを感じられる映画です。
ジョージ・クルーニー、とても楽しそう…。
なんだか永遠に続いていきそうです。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, August 10, 2007

カラダヲトトノエル…。Little Mamanの日替わりマクロビオティックスプレート

Sany0517_2この時期の
品川駅周辺は、
ホテル滞在の
ファミリーや
スタンプラリーの
子どもたちで
あふれています。

なんとなく
置かれている
立場の違いを感じつつ
お昼ごはんを
探します。

まったくもって、毎日暑い! 
暑いが理由かどうか、
なんだか野菜を食べない日々が続いています。

これは、ちょっとカラダバランスを考えないと…。

と向かった先は

アトレ品川2階・クイーンズ伊勢丹内にある

「Little Maman」

MICROBIOTICSの惣菜やご飯がそろったデリです。

店の横にはイートインスペースがあるので、
惣菜をあれこれ見繕って食べるもよし、
店頭のプレートメニューを選ぶのもよし。

さて。

オーダーはもちろん

「日替わりマクロビオティックスプレート」900円
4種の惣菜、サラダ、味噌汁、玄米ご飯、番茶付き

本日の惣菜ラインアップは

「ベジ春巻き」「金平ペペロン」「グリル野菜」「昆布の佃煮」

レジを済ませて整理番号をもらい、
テーブルで待つこと数分。

番号を呼ばれてプレートを取りに行きます。

玄米ご飯の上にはごま塩がかかっていましたが、
自分でもう少しプラスしてテーブルにつきます。

ベジ春巻きは春雨を中心に
シイタケやナス、ニンジンが入っています。

とろみをつけた濃い目の醤油ソースがかかっているのですが、
さっぱりとした口当たりの春巻きに
このソースがピッタリ合っています。

ご飯とのバランスもいい塩梅。

金平ペペロンは、
ゴボウとニンジンのキンピラにガーリックの風味が加わわり、
これがいつものキンピラとひと味違って
ますますご飯が進みます。

グリル野菜はニンジン、ナス、カボチャ、シシトウ。
ニンジンは甘く、ナスはジューシー、
カボチャはしっとり、シシトウは刺激的。

野菜の持っている味わいを感じながらいただくランチ。

玄米ご飯は、第一食感がとても硬い。
なので、
ゆっくりたくさん噛み締めて食べるので
すっかり満腹モードになってしまいました。

カラダにやさしいご飯は、続けるのが大切。
こうしてたまに食べるのでなく、
日ごろから心がけなくてはいけないな…と
心引き締めるのでした。

Little Maman
東京都港区江南2ノ18ノ1、アトレ品川2階
クイーンズ伊勢丹内
営業時間 午前10時~午後10時
(ラストオーダーは午後8時)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 09, 2007

うほほほほ! 亀戸餃子の餃子

Sany0514今日は
普段行ったことが
あまりない、
亀戸周辺で
ランチタイムと
なりました。

とはいえ、友人の
三線ライブで
沖縄料理の店に行ったこともあり、
ではでは…。

と思ったものの、ランチタイムは確かやっていない。

さらには、さすがにこの暑さでは
そうそう街歩きもさっそうとはできなくて…。

駅近くで何かないかなぁ…。
亀戸といえばなんだろう…。

で浮かんだのが

「亀戸餃子」

店名そのまんまの餃子専門店です。

亀戸駅北口から右に回りこむようにして進み
突き当たったところで、ほんの斜め右を見るとある
小さな路地に入っていくと…。

こじんまりと店が建っているのです。

引き戸をガラガラと開けると、
細長~いコの字型の木のカウンターが目の前に。
左手には靴を脱いであがる座敷席もあります。

さて…。

メニューを見ると…。
もちろん餃子専門店ですから、餃子しかありません。
ライスなんてありません。

残りのメニューはビールなどドリンクメニューのみ。

ファーストオーダーは、
1枚5個の皿を2枚が基本で出されます。

そうして、もっと追加するときは1枚単位で注文することができます。

「餃子(5個)」250円×2=500円

カウンターに座ったとたんに出されるのが、
たっぷりと着けられた特製からしの入った小皿。

これにラー油や酢、醤油を加えて、できあがりを待ちます。

カウンターの向こうでは、ひたすら餃子焼き。

2枚同時には出さずに、まずは1枚。

そうして、それが食べ終わるころを見計らって
2枚目が目の前に…。

最後は皿の数を数えて会計となっていきます。

さて。

その餃子は…。

目の前で焼きあがった餃子なだけあり、
焼き目のカリッとした歯ごたえ。
サクッと噛み締めれば、
蒸されたソフトな皮の部分の食感とともに
中からジュワ~ンと豚の肉汁。

ニラとキャベツなど野菜の歯ごたえもいい塩梅です。

軽い食べ応えがウレシイ!

驚きだったのが、からしとラー油の組み合わせ。

ピリッとしたラー油の辛さと鼻に抜けるからしの辛さ。

この2つの組み合わせが、なんともいえずハマる味なのです。

パクパクと計10個の餃子を食べ終え、

このくらいにしておこうかと、
会計をすませて外に出たものの、

もう一度あののれんをくぐりたい! 衝動に駆られました。

亀戸餃子
東京都江東区亀戸5ノ3ノ3
営業時間 午前11時~午後7時ごろ
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 08, 2007

中華の香り。金凌のチャーシュー丼

Sany0512いつの間にか
新しい店が
できていたりする
横浜・中華街。

大通りを見回すと
最近は
料理店よりも
雑貨店がちょっとずつ
増えてきているような
気がします。

その大通りに店を構えていた
「金凌酒家」が、いつの間にか閉店。

というか、
「移転のお知らせ」の紙が貼られて、
店が閉まってしまいました。

その移転先を見てみると、
関帝廟通り沿い。

実はこの「金凌酒家」の売店が、
昔からこの通りにあったのですが、
そこで営業しているというお知らせだったのです。

そこでは、店自慢の叉焼を売っていたりしていたのですが、
販売だけの店になってしまったのか…。

と思いつつ、足を向けてみると、
なんと2階でイートインできるようになっていました。

「金凌」

2階に続く階段は鉄筋ビルのよくある階段で、
なんだかよその家に来た気分になります。

カウンターキッチンは水場だけで、
料理は下から運んでくれる様子。

テーブルは3つと、大きな円卓が1つ。
とにかくこじんまりしたスペースです。

注文は

「チャーシュー丼(叉焼飯)・小」800円
スープ、ザーサイ付き

以前の店ではAランチやBランチといったランチメニューでしたが、
ここでは、
屋台料理風に丼で仕上がってきます。

久しぶりに見る、金凌の叉焼。

表面が真っ赤になっているのが大きな特長。
八角などの香りは、まさに中華街の香りそのもの! 

一切れ口に入れれば、
焼き加減がちょうどよく、カリッと香ばしい歯ごたえと、
柔らかな肉質、ジューシーな旨味が
一緒くたになって押し寄せてきます。

さすが、炭焼きの叉焼です!

かけまわしてあるタレは甘辛で、そのタレとともにご飯を食べれば
叉焼をしみじみと味わうことができます。

付け合せの味付け玉子や青梗菜で箸休め。
青梗菜と叉焼を一緒に食べるのも
新鮮な味の組み合わせとなります。

喧騒から離れて、ほっとひと息できる空間がウレシイです。

金凌
横浜市中区山下町132
営業時間 午前11時~午後8時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, August 07, 2007

甘味は旨味! 豚のうまさのまーさん焼き石釜飯

Sany0509それにしても
暑い! 

こういうときの
ランチは、
冷え冷えのモノか
アツアツのモノが
パンチが効いていて
いいかなぁと

新橋駅周りを
フラフラ。

今日は、店名にひかれて階段を上ってしまいました

柳通り沿いにある

「豚のうまさ」

皮付き五段豚バラ肉と石釜飯専門店です。

ここで使用している豚は

琉球まーさん豚という、
なかなか市場では出回っていない豚。

お米は信州・佐久産のこしひかりです。

店内は赤と黒を基調としたモダンな雰囲気。

テーブルには焼肉用のコンロが埋め込まれています。

オーダーは

「まーさん焼き石釜飯」1000円
豚汁、サラダ、小皿、漬物付き

まーさん焼きは、
琉球まーさん豚のバラ肉を
特製のタレに漬け込み焼いたもの。

それを真っ白なライスの上にのせて
温泉卵を添えてあります。

まずは豚肉だけを1枚パクリ。

コクのある甘辛のタレと豚の脂身の旨味が
口中に広がって、
なんともいえぬ甘さが広がっていきます。

タレが豚バラ肉の旨味をさらに引き出している感じ。

温泉卵を崩しながら、
ご飯と一緒にザックザックと混ぜ合わせていきます。

アッツアツの石釜のおかげで、
次々とおこげもできあがっていきます。

今度はご飯と豚バラ肉を一緒にパクリ。

程よい炊き具合のご飯と豚バラ肉が
またまたぴったり! 

甘辛ダレはクセになってしまいます。

それにしても、
なんという豚の脂身! 

たっぷりと入っているのもウレシイ限りです。

豚汁は麹がたっぷり効いた味噌仕立て。
ほんのりと酒粕の香りがするのが
なんだかさわやか。
初めて口にする豚汁です。

夜にでてくる
皮付き五段豚バラ肉の鉄板焼きも
食べてみたいものです。

ちなみにこの店。
毎月第3水曜は
「豚うまの日」で、このランチがなんと300円! 
夜のメニューも半額だとか!

きっとこの日は大混雑なんだろうなぁと思いつつ、
ちょっと狙って行ってみたいものです。

豚のうまさ
東京都港区新橋5ノ10ノ8、カルチャーセンタービル2階
営業時間 午前11時30分~午後2時30分、
午後5時~11時
(ランチは月曜~金曜のみ)、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 06, 2007

ほんわかタルタル~♪一鳥のチキン南蛮定食

Sany0507週明けは
赤坂見附界隈。

何を食べようか、
頭に浮かばないまま、
見附の通りを
歩いていると、

やっぱり、なぜか
「宮崎地鶏」…に
心が
ひかれてしまいました。

みすじ通りにある

「一鳥」

宮崎地鶏を使った鶏料理が楽しめる店です。

店内にも

「宮崎地頭鶏(みやざきじっとこ)」を使う店として
宮崎地鶏普及協会(?)というようなところからの
認定書が飾られています。

店構えは、木造の一軒家風。
1階はカウンターとテーブル。
2階が靴を脱いであがるようになっています。

オーダーは

「チキン南蛮定食」890円
ご飯、サラダ、小鉢、味噌汁付き

チキン南蛮は、宮崎地鶏のモモ肉を
カラリと唐揚げ。
そこに店特製のタルタルソースがかかっています。

大きなモモ肉は、
食べやすいサイズにカット。

タルタルソースは
細かく刻んだ卵を中心に作ってあります。

さっそくパクリとかぶりつけば、
プリッとした弾力、
ほとばしる肉汁…。

ほっとするような味わいのタルタルソースと
鶏肉の唐揚げの相性は、
やっぱりぴったりです。

同じお皿に盛られたサラダや
小鉢のマカロニサラダも
なぜかこのチキン南蛮と一緒に食べると
うれしくなってくる味わいになります。

ご飯の炊き具合も申し分なし。

10切れにに切られたチキン南蛮は、
ごはんとのバランスを考えなくとも、
ちょうどいい割合で食べきることができました。

ここには、
焼酎を水で割って壷に入れてある
「水差し焼酎」もあります。

それにしても
ここ最近、黒豚が話題になったころから、
「九州」料理の店がたくさんあるような気がします。

その分、おいしい焼酎もあるということ。

この店の、この焼酎も飲みに出かけたいです。
もちろん、炭焼きのモモ肉も食べたい! です。

一鳥
東京都港区赤坂3ノ13ノ1
営業時間 午前11時30分~午後1時30分、
午後5時~午前0時

映画ウンチク
Transformer-トランスフォーマー-
☆☆☆☆

宇宙からやってきた異星人は、
金属などの物体に姿をトランスフォームできるヤツ。
はじめは、
地球侵略のために登場しているのかと思いきや、
なんと、機動戦隊のようなトランスフォーマーも登場!
思いのほかハートフルなストーリーです。
機械なのに、感情がこもっている表情は、
さすがスピルバーグかも…。
思いがけない展開に、
あっという間にストーリーに引き込まれていきます。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, August 03, 2007

まったりさわやか! MOTHER LEAFのパスタランチ

Sany0505本日は
八王子方面へ。

その後の
移動のことも考え、

ターミナルビルで
ランチを
することにしました。

八王子ターミナルビル
「now」9階にある

「MOTHER LEAF」

摘み立ての紅茶とアメリカンワッフルが
楽しめる店です。

店構えは、ビルの中にありながら
オープンテラスの
開放感のある造りになっています。

オーダーは

「パスタランチ」1050円
サラダ、ドリンク、ワッフル食べ放題

今日のパスタは

「海老とルッコラのアメリケーノスパゲッティ」

食べ放題のワッフルは、
ふんわりと焼きあがっていて
ほんのり甘みのある味わい。

メープルシロップをつけていただけば、
さらに味わいが増します。

軽い口当たりなので、何個でも食べられてしまいそう。

パスタは、
トマトのクリームソースの風味が
エビの風味とピッタリとマッチ。

そこへやってくるルッコラの香り。

まろやかでさっぱりとした味が楽しめます。

もちろんエビはプリッとした食感。

食感と風味が楽しめるパスタでした。

主食を食べる前にワッフル、
食後にもワッフル…。

ついついワッフルに手が出てしまうランチでした。

MOTHER LEAF 八王子now店
東京都八王子市旭町1ノ1、八王子ターミナルビル9階
営業時間 午前11時~午後10時30分
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Thursday, August 02, 2007

音で楽しむランチ。くろべこ亭の黒毛和牛の100%ハンバーグステーキ

Sany0502通勤ラッシュの
時間帯の大雨。

そして、
その後は
照りつける夏の太陽。

ギラギラとした
夏っぽい天気は
好きですが、
何しろ湿度が高い! 

あるはずの食欲が
どこかに行ってしまいそうなので、

食欲そそるようなランチを探してみました。

原宿の表参道から裏原宿方面へ。

ビルの2階にある

「くろべこ亭」

黒毛和牛100%のハンバーグ専門店です。

大きな窓がある店内は、
明るくて気持ちがいい空間になっています。

オーダーは

「黒毛和牛100%ハンバーグステーキ」980円
ライスまたはパン、サラダ、スープ付き

ソースはデミグラスソース、
オニオンソース、トマトソースから選べます。

さっぱりと食べたかったので

「トマトソース」を選んでみました。

ジュジューッという音ともに運ばれてきた
ハンバーグステーキ。

黒毛和牛の肉をたたいて作ったひき肉を
ふんわりとまとめた塊が、
レアの状態でテーブルに置かれます。

これを半分に切って
切り口を鉄板へ。

自分の好みで焼き具合を加減できるのが魅力です。

ジューッという音が落ち着いたら
ソースをかけていただきます。

肉オンリーの直球ハンバーグステーキ。

ちょっぴりレア状態の肉は、
ジューシーで肉の旨味がギュッとつまった味がします。

トマトの形が残ったトマトソースは、
ほんのりと酸味があってさっぱり。

食べ進むうちにしっかりと焼きあがっていくのですが、
しっかりとした噛み応えがまたいい! 

鉄板にのったモヤシやコーンもとてもジューシー。

さらにウレシイのは、
サラダがオニオンスライスだったこと。

このサラダが口の中をスキッとさせてくれるのです。

最後までアッツアツに食べきることができるハンバーグ。
勢いのある音を聞いていると
食欲も沸いてくるし、元気もでてました。

暑さを乗り切りたいです。

くろべこ亭
東京都渋谷区神宮前6ノ6ノ2、原宿ベルピアビル2階
営業時間 午前11時~午前0時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 01, 2007

プルリンとろろ~ん♪東京バルバリの和牛すじ煮込み定食

Sany0498_2今日は
有楽町界隈で
打ち合わせが
あったので、

ランチは、
ちょっと足を延ばして、
京橋界隈にやってきました。

中央通りを超えて
鍛冶橋通りへ向かう
途中になるのが

「東京バルバリ」

蔵造りの炭火焼の店です。

いわゆる居酒屋ではあるのですが、
この界隈では、かなりの評判。

特に
炭火焼親子丼がとても有名になってしまい、

ランチタイムのこのメニューは
あっというまに完売してしまうそう。

もちろん、そのほかのメニューも
すぐになくなってしまうことが多いそうです。

今日も1時ちょっと前に到着したのですが、
すでにほとんどのメニューが完売状態。

それでも、食べてみたいと思っていたメニューがあったので
入店。

注文は

「和牛すじ煮込み定食」850円
ご飯、サラダ、小皿、味噌汁付き

たっぷりの深皿でやってきた和牛すじ煮込み。
木のレンゲがついているのもウレシイ。

すじ肉の下には、
モヤシや青梗菜、豆腐も入っています。

まずはすじ肉をパクリ。

プルル~ンとした脂身の食感。
そしてすぐにとろけるような舌触り。
プルルン食感を残したままとけていきます。

肉部分は牛肉の旨味がギュッと詰まっていて、
しかもホロホロと崩れます。

煮込みのタレの味加減も濃すぎず、いい塩梅。

モヤシや青梗菜はシャキシャキとした
新鮮な食感が残っているのは心地いい。

山盛りのご飯は硬めの炊き具合で、
これまたお米の味を生かしています。

それぞれを味わった後は、
レンゲを使ってご飯の上に
どっさりと煮込みをのせていただきます。

タレがご飯にしみて、そこがまたハマる味わい。

パクパク食べつつも、
すっかり満腹になってしまいました。

じっくりと夜に飲みに行きたい店です。

東京バルバリ
東京都中央区京橋3ノ7ノ9
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後6時~11時30分(土曜のみ10時30分)
日曜、祝日定休

映画ウンチク
RATATUILLE
-レミーのおいしいレストラン-
☆☆☆☆

レミーは優れた嗅覚と料理の才能をもったネズミ。
パリの一流カリスマシェフ・ブストーにあこがれ、
彼の言葉をしっかりと心にとめている…。
「誰もがシェフになれる」。
一方見習いシェフのリングイーニは
全く料理ができずに途方にくれる…。
そんな1匹と1人が出会い、協力して料理を! 
このどのように融合して料理を作るのかが見ものです。
もちろん、料理は評判をあげ、
一時下火になっていたブストーのレストランも
活気を取り戻し…。
でも、レミーはネズミ。
どんな人(モノ)でも、それに対して理解し、
その才能を認め、受け入れること…。
そんな人間になりたいです。
いろんなテーマが詰まった作品です。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »