« アジアンフレンチな空間。Cache-Cacheの鶏と夏野菜の南国風カレー | Main | 薬膳で体をリフレッシュ! Bistro Vegetable Marketのシェフの気まぐれランチ »

Monday, July 23, 2007

ジュワッ!モチカリッ! 小陽生餅饅頭屋の生餅饅頭

070711_13160001町田界隈。

最近は
大きな
ショッピングビルも
たくさん立ち並ぶ
町田ですが、

昔ながらの小道は
ちょっと
気になる店も
いろいろ。

仲見世商店街の入り口に、
なにやら一心不乱に焼き上げているモノを発見。

これ、中華饅頭? 餃子? 何だろう…と思って
立ち寄ったのが

「小陽生餅饅頭屋」

上海の点心の1つ。

というか、焼き小龍包です。

店の張り紙には、
「小龍包と餃子を合わせたような上海の点心・・・」
というようなことが書いてありました。

さて。

ここは、たこ焼き屋台のような風貌。

テイクアウトだけなのかと思ったのですが、
店をL字型に囲むように
赤い小さなカウンターが作られているのです。

注文して、このカウンターで立ち食いができるという仕組み。

「生餅饅頭(4個)」300円

注文すると、ささっと饅頭をお皿によそって差し出してくれます。

さらには、

「初めて食べるの? 」と聞いてくれて、
食べ方を教えてくれます。

ここでは、

・まず饅頭のどこかに穴をあけて、
レンゲの上に中のスープを注ぎだす。

・そのスープをすする。

・饅頭を食べる。
このとき黒酢や豆板醤などをつけるのも可。

ひっくり返して盛ってくれた表面は、
いかにもプリプリな風貌ですが、
裏側は、包んだ部分でこのあたりがカリッと焼きあがっています。

プリプリの表面に穴をあけて、
レンゲにスープを取り出してすすります。

レンゲいっぱいのスープは、
豚の旨味をたっぷりと含んでいて美味。

思わず、うなってしまいます。

饅頭のほうは、ギュッと豚肉が詰まった餡がジューシー。
皮はモッチリとしていて、
焼かれている部分は香ばしい。

あけた穴から黒酢を注ぎ込んでいただけば...。

まさに、自分好みの味に出会ってしまいました。

アッツアツ、フーフーと食べながら、
あっという間に4個をたいらげ...。

思いのほか満腹なボリュームです。

この味わいでこの価格! 

脱帽です。また食べたい! 

小陽生餅饅頭屋
東京都町田市原町田、仲見世商店街入り口
営業時間 正午~午後9時、
土・日曜、祝日=午前11時~午後9時。火曜定休

映画ウンチク
ハリーポッター 不死鳥の騎士団
☆☆☆☆

ハリー・ポッターシリーズも
いよいよ佳境に入ってきました。
闇の「あの人」の復活を信じようとしない魔法省。
ハリーは戦う闘志を燃やすものの、
なんとなく、蚊帳の外。
でもシリウスのアドバイスで自分たちも戦える
騎士団を結成。
魔法の術の特訓を自主的に開始し、ついには…。
かなり大人びてきたハリーは、
恋愛や信じる人との別れを経験し、
さらに大人に近づいていっているのが、
この不死鳥の騎士団だと思います。
本を読んでも感じてはいましたが、
映像でさらにそれを感じることができます。
まもなく最終章の全貌も…。楽しみです。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

|

« アジアンフレンチな空間。Cache-Cacheの鶏と夏野菜の南国風カレー | Main | 薬膳で体をリフレッシュ! Bistro Vegetable Marketのシェフの気まぐれランチ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92783/15724624

Listed below are links to weblogs that reference ジュワッ!モチカリッ! 小陽生餅饅頭屋の生餅饅頭:

« アジアンフレンチな空間。Cache-Cacheの鶏と夏野菜の南国風カレー | Main | 薬膳で体をリフレッシュ! Bistro Vegetable Marketのシェフの気まぐれランチ »