« June 2007 | Main | August 2007 »

Tuesday, July 31, 2007

トロ~リ。kiri壺の地鶏やわらか香草焼き

Sany0495御茶ノ水界隈で
週明けです。

今日は、
神田寄りの
道沿いで
何かないかと
フラフラ。

「壺」という漢字に魅せられて決めてしまいました。

神田駿河台にある

「kiri壺」

和食とイタリアンの創作料理の店です。

「壺」というのは、
この店の3つの特製ダレのこと。

壺に入った秘伝のタレに成長していくようです。

ランチでは、そのタレの味は味わいませんが、
魅力のメニュー並んでいます。

オーダーは、

「地鶏やわらか香草焼き」1000円
とろろ芋、サラダ、お新香、汁物、ご飯付き

香草焼きはモモ肉を使用しています。

骨付きで登場したモモ肉。

箸を入れてみると、
なんとホロリと崩れ落ちてしまいます。

表面は香ばしく焼かれていますが、
中身はトロトロにとろけているのです! 

コラーゲンたっぷりな気分を味わいつつ、
香草のさわやかな風味も満喫。

食べにくいかと思っていたのですが、
すべての肉は箸でキレイに取りきれてしまい、
食べ終わったときには、骨のみが残っていました。

汁物は鶏がらスープをベースにした
ワカメスープ。
鶏の旨味が楽しめます。

御茶ノ水・神田界隈…。

まだまだ気になる店がいっぱいです。

kiri壺
東京都千代田区神田駿河台3ノ3、EVEビル2階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~11時30分
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, July 30, 2007

季節を感じる。利休庵のせいろう+しその実ごはん

Sany0477久しぶりに
行きたくなって
しまいました。

なんとなく
何かあると
落ち着くのは、
行き慣れた
なじみの店です。

ごぶさたにも
かかわらず、
相変わらず品のいい出迎えに、
すでに心も安らぎます。

横浜・関内にある老舗蕎麦店

「利休庵」

変わらぬ接客、変わらぬ店の空気。
落ち着きます。

そうして注文するのは、
やっぱり

「せいろう」800円
午後2時までは季節のご飯付き

今月の季節のご飯は

「しその実ごはん」

ふたを開けたとたん、
梅の鮮やかな色合いが気持ちいい! 

そんなご飯を横目に、せいろうをいただきます。

そばはツルツル、シコシコ。
細目の麺は、
シュルシュル心地よくと口の中に入っていきます。

かつおだしのきいたつゆもいい塩梅。
たっぷりとそばにつけて
このつゆは楽しみたいです。

しその実ごはんは、
梅のさわやかな酸味と
しその実のコキッとした食感が夏らしい。

やっぱりここのごはんは
季節を感じることができるなぁと
久々にしみじみ思ったのでした。

利久庵
横浜市中区真砂町2ノ17
営業時間 午前11時~午後8時30分
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, July 27, 2007

さすが! 横浜中華街♪新福記のアワビの黒米粥+焼きそば

Sany0492Sany0491
Sany0490
久しぶりに
横浜中華街にやってきました。

いやいや。
ちょっと足を向けていないと、
本当に新しいお店ができていたりしてびっくり。

こちらの店も、どうやら4月くらいに
オープンいていたようです。

中山路と香港路の間の路地にある

「新福記」

香港屋台の家庭料理が楽しめます。

店の構えはオープンカフェスタイル。
気持ちのいい天気の時は
窓を開け放すと開放感がありそう。

本当に香港の路地裏に来たような気分になります。

注文は

「アワビの黒米粥+焼きそば」600円
漬物、スープ、デザート付き

黒米粥は、ぐつぐつと土鍋に入って登場。
見た目は小豆を煮込んだような色合いで、
甘そう…と、ふと思ってしまいます。

ところが、
ひと口ハフハフと食べてみると、
あっさりとした薄い塩味。
そして、かみ締めるとほのかに海鮮の風味が広がります。

薄くスライスしたアワビは、
かみ締めるたびにその旨味が広がります。

黒米は、独特の風味を残しつつ、
お粥にすることでその存在感を十分に引き出しています。

食べているうちに、ジワジワと汗。
暑い日はこういう汗をかく食事もいいものです。

一方、焼きそばは、
固焼きそばの上に
イカや豚肉が入ったあんかけがかかっています。

このあんかけ、
オイスターソースをベースにした旨味たっぷりの味。

固焼きそばとあんかけの相性もぴったりです。

お粥の味わいと焼きそばの味わいは
とても対照的で、食べていて楽しい! 

スープは味噌スープ。
漬物はキュウリに酢味噌がかかっていて、
これまた箸休めにもってこい。

あまりにも満足なメニューのラインアップに、
お腹をさすっているころに出てきたデザートは、

亀ゼリー

リコリスのような風味が思いのほかすっきりとしていて、
最後の〆にいい塩梅。

このボリュームで、この価格! 

さすが、横浜中華街と思わずにいられませんでした。
また行きたいです。

香港屋台 新福記
横浜市中区山下町139ノ1、第2杉山ビル1階
営業時間 午前11時~午後3時、午後5時~午前1時
土・日曜、祝日=午前11時~午前0時
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, July 26, 2007

暑い日はコレ! 焼肉Garuvaの麺セット

Sany0484Sany0485

世の中夏休み。

夏休みイベント
真っ盛りの
お台場でお仕事。

なんとなくムッとするような湿気と暑さに、
冷たいモノが食べたくなり、

韓国料理の店を探しました。

アクアシティ6階にあるのが

「焼肉Garuva」 。

名前のとおり、焼肉が楽しめる店です。

もちろん、焼肉ランチを…というのでなく、
目的は冷麺。

窓際は外の景色が楽しめるようなカウンター席。
目の前にレインボーブリッジと東京タワーの
風景が広がります。

このパノラマビューを楽しみながら、
オーダーしたのは

「麺セット」1180円
小石焼ビビンバ、冷麺またはチゲ麺のセット

プラス150円でドリンク付き

最初に運ばれてきたのは、
かわいらしいサイズの石焼鍋に入った
ビビンバ。

ひき肉にニンジンやモヤシなどのナムル。
味がついているのですが、
コチジャンをちょっと加えて
ザックザックと混ぜ合わせます。

アッツアツのご飯はプックリとした米粒で、
これがアルデンテな具合に炊き上がっていて、
いい塩梅。

甘みの多い石焼ビビンバでした。

そうしているうちに運ばれてきた、
お待ちかねの冷麺。

麺はツヤツヤ透明で、
コシのあるツルンとした食感!

まさに冷麺の歯ごたえで、かなりうれしい。

スープはあっさりとしながらもコクのある味わい。
これにキムチをほどよく混ぜ合わせていただけば
ピリッと引き締まるような辛さ! 

牛の角煮は、ホロリと柔らか。
これもあっさりと煮込んであるので
しみじみとした味わいです。

薄くスライスされたリンゴも、
いい箸休めになっています。

麺もスープも満足な冷麺でした。

焼肉Garuva
東京都港区台場1ノ7ノ1
アクアシティお台場6階
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後4時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (1) | TrackBack (2)

Wednesday, July 25, 2007

魅惑なメニューぞろい! KIKUYA CAFEの野菜カレー(タイ風レッドカレー)

Sany0479今日は夕方まで
時間があったので、

お友達に誘われての
ランチタイムと
なりました。

横浜・野毛界隈。
といっても
どちらかというと
野毛動物園方面の
坂道の途中にある

「KIKUYA CAFE」

グラタンやビーフシチューなど、魅力のメニューが
主力の洋食カフェです。

店内は全部で12席ほどのこじんまりとした雰囲気。
レコードのジャケットや「NEW YORKER」のポスターなどが
飾られていて、なんだか旅心を刺激してくれます。

オーダーは

「野菜カレー(タイ風レッドカレー)」830円
ポテトとキャベツのサラダ、野菜スープ付き

プラス50~100円でコーヒーなども付けられます

ところで、こちらのカレーのオーダーが変わっていて、
ベースのカレーを選んだら、
カレーのソースが選べるのです。

そのカレーとは…
インド・和風・トマト・タイ風グリーンカレー・タイ風レッドカレーの5種

カレーへのこだわりを感じさせてくれるのです。

グラタン皿でやってきたカレーは、
最後にオーブンに入れて焼いているので、ぐつぐつグラグラ。
そのアッツアッツ感に食欲も増進してきます。

野菜カレーの野菜は、
カボチャ、インゲン、キヌサヤ、カリフラワー、シシトウ、芽キャベツ、
ニンジン、ナス、ジャガイモ、レンコン、アスパラ
! 

それに加えてタマゴも! 

ちょっとワクワクしてくるラインアップです。

カレールーは、サラッサラタイプで、ホンワリとした口当たり。
そして、ジンワリとやってくる辛さ。

心地のいい刺激が気持ちいい! 

野菜を取り出しながらライスと一緒食べ、
ライスにスープを浸して食べ、
野菜とスープだけで味わい…。

さまざまな組み合わせに至福な気分を味わっているうちに、
お腹はすっかり満腹。

カレーもライスもボリュームのある一品です。

サラダのポテトサラダもキャベツの下に隠れていて、
これがなんだかサプライズ。

懐かしいような新しいような、
しみじみとした気持ちになれます。

やっぱり、次はグラタン系をチャレンジしてみたいです。
あ、でもほかのカレーも!

メニューに悩めるカフェレストランでした。

KIKUYA CAFE
横浜市中区野毛町4ノ173、天悦ビル1階
営業時間 午前11時~午後8時30分。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, July 24, 2007

薬膳で体をリフレッシュ! Bistro Vegetable Marketのシェフの気まぐれランチ

Sany0474Sany0475
ジメッと湿度が高く
暑いこの頃。

そんな日は、
なんだか
野菜を欲してしまいます。

そういうときに浮かぶのは、やっぱりこの店! 

今年見つけた、お気に入りレストランの1つです。

横浜・関内にある

「Bistro Vegetable Market」

野菜を中心としたメニューが楽しめるレストランです。

ランチのメニューは1種類で週替わり。
本当は、毎週通ってみたいくらい
何が出てくるか楽しみなスポットなのです。

オーダーはもちろん

「シェフの気まぐれランチ」1050円
パンまたはライス、もりもりサラダ、ドリンク付き

あれ? 100円値上がりしてました。
でも、これだけの野菜がいただけると思うと、
今までがお値打ち過ぎだったような気がします。

今週のメニューは

「シュリンプボール 薬膳スープ仕立て 米茄子、金針菜添え」

もりもりサラダは

「切干大根のもりもりサラダ」

切干大根のサラダは、
相変わらず切干大根のコリコリとした食感とレタスの組み合わせが絶妙。
ビネガーを効かせたドレッシングは、
お腹を刺激して食欲が出てくるのも魅力です。

メインのお皿は…。

米ナスの上にシュリンプボールが2つ。
その上にオクラ。

スープには金針菜と焼きプチトマト、クコの実が浮かんでいます。

まずはスープをひと口。

タマネギの甘さとなんともいえない薬膳な風味。
スッキリとしながらもコクのある味わいです。

クアイやプラムなどのみじん切りもあって、
食感が楽しめるのもウレシイ。

シュリンプボールは、
エビのすり身にニンジンなどを混ぜ合わせ、
さらには大葉を加えてさわやかな味わい。
ぷりっとした口当たりも楽しいです。

焼かれた米ナスは香ばしく、そして甘くてジューシー。

シュリンプボールと一緒にいただけば、
ジューシーさとエビの味わいがうまく口の中で解けていきます。

金針菜はユリ科の一種「カンゾウ」のつぼみ。
これをさっとゆであげてスープに加えているのですが、

ホクホクとした食感がなんともいい塩梅。
シュリンプボール、米ナスと一緒に食べると
味の五重奏になります。

金針菜はなんとホウレンソウの20倍の鉄分を含んでいるのだとか! 

もちろんオクラは相変わらずしゃきっとまったりしているし、
クコの実の甘みもいいアクセント。
プチトマトは焼くことで甘みが増しています。

それぞれにクセのある野菜なのに、
まぁるく収まってしまっているのがフシギ。

野菜を食べて元気になれる。
そんな気分のランチでした。

Bistro Vegetable Market
横浜市中区吉田町2ノ7
営業時間 正午~午後2時、午後6時~10時
日曜、第一・三月曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, July 23, 2007

ジュワッ!モチカリッ! 小陽生餅饅頭屋の生餅饅頭

070711_13160001町田界隈。

最近は
大きな
ショッピングビルも
たくさん立ち並ぶ
町田ですが、

昔ながらの小道は
ちょっと
気になる店も
いろいろ。

仲見世商店街の入り口に、
なにやら一心不乱に焼き上げているモノを発見。

これ、中華饅頭? 餃子? 何だろう…と思って
立ち寄ったのが

「小陽生餅饅頭屋」

上海の点心の1つ。

というか、焼き小龍包です。

店の張り紙には、
「小龍包と餃子を合わせたような上海の点心・・・」
というようなことが書いてありました。

さて。

ここは、たこ焼き屋台のような風貌。

テイクアウトだけなのかと思ったのですが、
店をL字型に囲むように
赤い小さなカウンターが作られているのです。

注文して、このカウンターで立ち食いができるという仕組み。

「生餅饅頭(4個)」300円

注文すると、ささっと饅頭をお皿によそって差し出してくれます。

さらには、

「初めて食べるの? 」と聞いてくれて、
食べ方を教えてくれます。

ここでは、

・まず饅頭のどこかに穴をあけて、
レンゲの上に中のスープを注ぎだす。

・そのスープをすする。

・饅頭を食べる。
このとき黒酢や豆板醤などをつけるのも可。

ひっくり返して盛ってくれた表面は、
いかにもプリプリな風貌ですが、
裏側は、包んだ部分でこのあたりがカリッと焼きあがっています。

プリプリの表面に穴をあけて、
レンゲにスープを取り出してすすります。

レンゲいっぱいのスープは、
豚の旨味をたっぷりと含んでいて美味。

思わず、うなってしまいます。

饅頭のほうは、ギュッと豚肉が詰まった餡がジューシー。
皮はモッチリとしていて、
焼かれている部分は香ばしい。

あけた穴から黒酢を注ぎ込んでいただけば...。

まさに、自分好みの味に出会ってしまいました。

アッツアツ、フーフーと食べながら、
あっという間に4個をたいらげ...。

思いのほか満腹なボリュームです。

この味わいでこの価格! 

脱帽です。また食べたい! 

小陽生餅饅頭屋
東京都町田市原町田、仲見世商店街入り口
営業時間 正午~午後9時、
土・日曜、祝日=午前11時~午後9時。火曜定休

映画ウンチク
ハリーポッター 不死鳥の騎士団
☆☆☆☆

ハリー・ポッターシリーズも
いよいよ佳境に入ってきました。
闇の「あの人」の復活を信じようとしない魔法省。
ハリーは戦う闘志を燃やすものの、
なんとなく、蚊帳の外。
でもシリウスのアドバイスで自分たちも戦える
騎士団を結成。
魔法の術の特訓を自主的に開始し、ついには…。
かなり大人びてきたハリーは、
恋愛や信じる人との別れを経験し、
さらに大人に近づいていっているのが、
この不死鳥の騎士団だと思います。
本を読んでも感じてはいましたが、
映像でさらにそれを感じることができます。
まもなく最終章の全貌も…。楽しみです。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, July 20, 2007

アジアンフレンチな空間。Cache-Cacheの鶏と夏野菜の南国風カレー

Sany0471_1Sany0470_1

久しぶりに横浜・関内へ。

東京電力の裏手にある、昔からあるビル。
そのビルの2階に上がっていくと、

突然ホワイトを基調とした
フレンチとアジアのテーストが
混ざったような空間が広がります。

「Cache-Cache」

体にやさしい創作フレンチの
ダイニング&バーです。

店内はシャンデリアが飾ってあり
フレンチな空間が広がっているのですが、
どこか落ち着いた雰囲気を感じるのは、
アジアのリゾートのような空気があるからかもしれません。

テーブル席とバーカウンターがキッパリと分かれているので
用途に合わせて使い分けることもできそうです。

オーダーは

「鶏と夏野菜の南国風カレー」900円
スープ、サラダ、八穀米、小さなデザート、ドリンク付き

こちらのランチメニューは週替わりになっています。

鶏と夏野菜の南国風カレーは、
サラサラとしたスープタイプのカレー。

夏野菜は、
ズッキーニ、赤パプリカ、黄パプリカ、
オクラ、ヤングコーン、エリンギ。

カレーのスープをひと口。
ココナッツの風味がふんわりと広がる、
いかにも南国チックな味わい。

静かにスパイシーな辛さが伝わってきます。
添えつけのヨーグルトを入れていただくと、
さらにさわやかな味わいになります。

そして、うれしいのは野菜の旨味! 

ズッキーニはホクホクとした歯ごたえ、
パプリカはシャッキリ、ヤングコーンはシャクシャク、
エリンギはコリコリ、オクラはネットリ…。

そして、そのどれもが素材の旨味が伝わってくる
ジューシーさ! 

鶏肉は皮をあぶってあり、肉部分はプッリプリ!
もちろん柔らかい肉はほれぼれするほどジューシー。

大豆なども入った八穀米との相性もぴったりです。

小さなデザートは、カクテルグラスに入ってオシャレ。
パッションフルーツとグァバを合わせたシャーベットは
その酸味と甘みで口の中がスッキリします。

おいしいレストランを見つけました。

Cache-Cache
横浜市中区羽衣町2ノ6ノ7、ソシアルポート2階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後6時~11時(バーは午前3時まで)。日曜、祝日定休

映画ウンチク
FREEDOM WRITERS
フリーダムライター
☆☆☆☆

ヒラリー・スワンク演じるのは、高校教師。
西海岸・ロングビーチの高校に赴任したものの
そこは人種差別の激しい、
そして問題をかかえた子どもたち。
自分たちの将来なんて考えられない! 
そんな彼らのために何ができるのか…。
ノートを渡し、とにかく何でもいいから書いてみてと
提案する先生。
はじめは心を開かなかったものの、
書くことによって自分自身の心の解放があることを
だんだんにわかってきて…。
人種差別に関する授業もアンネ・フランクを取り上げ、
その事件に正面から向き合っていく彼ら…。
TRUE STORYというこの作品。
教師の情熱に脱帽です。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, July 19, 2007

ニッポン人で良かった♪味噌鐵 カギロイの鹿児島産霧島豚の味噌漬け焼き

Sany0467_1蕎麦や寿司、
カレーや餃子、
洋食にいたるまで

老舗的存在の
おいしい店が
そろう、
神田・御茶ノ水方面。

ごはんレベルの
高い街は、
新しくオープンする
店も気合が違うような気がします。

御茶ノ水駅から明大通りへ。
明大の脇の道を入って、さらに折れたところに

7月3日にオープンしたのが

「味噌鐵(ミソテツ) カギロイ」

昔からあった一軒家の造りをそのままに、
味噌にこだわった店です。

全国の味噌を厳選して、
肉や魚とともに網焼きにしたり、鉄板焼きにしたり…。

店の入り口は2つ。

一方は玄関口で、ここから2階へ行くことができます。
もちろん、靴は脱いで…。

木造一軒家の階段を上っていくと、
畳席の空間が広がります。

さらに3階への階段もあり、
こちらは屋根裏のような空間。

渡り廊下があって、
ちょっと迷ってしまいそうな雰囲気も、
ちょっと楽しい。

もう一方の入り口は、
玄関と正反対の場所にあり、
お勝手口といった雰囲気。

引き戸を開けると、
そこは鉄板や網焼きのキッチンと
それにそったカウンター席があります。

メニューはもちろん、味噌を生かしたものがメイン。
ランチも、味噌関係が並びます。

オーダーは、

「鹿児島産霧島豚の味噌漬け焼き」900円
小鉢、ぬかづけ、ご飯、本日の味噌汁付き

ご飯のお替りは無料です。

本日の味噌汁は

「加賀の豆粒合わせ」という味噌を使っています。

注文が入ると、
鉄板では長い豚バラ肉をジュワ~ッと焼き始めます。

見事な鉄板さばきで焼きあがっていく肉。
香ばしいにおいが漂って、
思わずお腹がなってしまいます。

その豚肉。

ひと口大にカットされて目の前にやってくるのですが、
口に入れたとたん、
豚肉のさっぱりとした脂身の旨味とともに、
ほのかに味噌の旨味が広がっていくのです。

その味噌具合が絶妙! 

噛み締めるたびにその旨味は増していきます。

ふわぁ~。

添えつけの
一味唐辛子をちょちょっと付けて食べるのも美味。

本日の味噌汁。

豆粒合わせの味噌はしみじみとホッとする味。
具は麩だけのシンプル味噌汁。

椀の底には大豆がコロリとあって、
これを噛み締めるのも滋味深い…。

一軒家でいただく味噌料理。

ニッポン人で良かったなぁと思うひとときでした。

味噌鐵 カギロイ
東京都千代田区神田小川町3ノ20
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~午前0時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, July 18, 2007

凝縮な旨味。おば九HANAREの黒豚ハンバーグ

070718_11460002新橋の
烏森口方面は、

道がまっすぐな
ようでいて、
結構入り組んでいる。

今日は
時間に余裕があったので

フラフラと道をあちこち
行き来してみます。

そこで見つけたのが

「おば九HANARE」

個室居酒屋さんです。

このおば九、新橋界隈に本店、KAKUREなど
あちこちとお店を展開しています。

HANAREは地下にあり、
扉を開けると、
落ち着いた色合いの空間が広がっています。

オーダーは

「黒豚ハンバーグ おろしポン酢」800円
ライス、味噌汁、サラダ、漬物付き

ライスと味噌汁はお替り自由になっています。

ハンバーグは鉄板の上にのって
ジュージューという音とともに運ばれてきました。

ナイフとフォークもついてくるので、
まずは食べやすいようにカット。

一切れを口に入れれば、
100%肉! な噛み応えと
凝縮された肉の旨味が広がっていきます。

おろしポン酢の味付けはご飯にぴったりの加減。
パクパクとご飯が進んでしまいます。

付け合せのモヤシやコーンもいい味わいになっています。

新橋界隈は、探せば探すほど、
さまざまなお店の発見があり、おもしろい街。

おば九のどの店を見ても
ゆっくりとくつろげるような空間なので
夜にでもたずねてみたいものです。

おば九HANARE
東京都港区新橋3ノ4ノ8
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~11時
(ランチは月~金曜)。土・日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, July 17, 2007

まったりまろやか。Piantaのチリカルボナーラ

Sany0481_1今日は、
板橋区役所周辺。

この辺りは
まったく
明るくないのですが

中宿という
元気のいい
商店街がありました。

ここなら何かありそうかも…と
思いつつ、

店の前にたくさんの自転車が停めてある
レストランを発見。

ご近所の人がランチに訪れているようです。

その自転車にひかれて入ることにしました。

「Pianta 中宿店」

パスタとピッツアのイタリアンレストランです。

店内は客船のイメージでかわいらしい雰囲気。

ランチのパスタも種類が充実しています。

オーダーは

「チリカルボナーラ」735円
ドリンク付き

トマトソースを使ったカルボナーラです。

クリーミーな雰囲気のこのパスタ。

トマトのさわやかな風味と
カルボナーラのまったりとした
味わいが組み合わさって、なんともまろやか。

唐辛子のピリッとした刺激もアクセントになっています。

まろやかな味わいながら、
さっぱりといただけるのもウレシイところ。

パスタは程よいアルデンテで、
その食感もいい塩梅です。

街に1件あると便利なイタリアンです。

Pianta 中宿店
東京都板橋区板橋3ノ10ノ5
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, July 13, 2007

凝縮の豚味。Ton-Saiの本日のランチ

Sany0479その街に来ると、
なんとなく
歩くルートが
決まっているもの。

なのですが、

ふと
気を抜いていると

いつの間にやら
新しい店がオープンしていたりします。

新橋に近い
「GINZA9」に7月10日にオープンした店も

なんだか、いつの間にかお店が変わっていました。

「Ton-Sai」

黒豚料理と世界のワインとこだわり焼酎の店です。
溜池山王にある「黒豚劇場」の姉妹店。

Sai…というのは、

「彩の国」という意味を持っていて、
つまりは埼玉で育てられた黒豚を使った
料理が楽しめるのです。

店内は。高架下にある店らしく、
細長い造り。

前にあった店と同じ場所にキッチンがあり、
あまりレイアウトは変えずにいるようです。

オーダーは

「本日のランチ」1000円
ライス、サラダ、豚汁、一品、漬物、玉子、コーヒー付き

本日のランチは
「とんかつ」「しょうが焼き」「豚の角煮」のいずれか。

悩んだものの、王道の

「とんかつ」に…。

脂のたっぷりついたトンカツは、
噛み応えのある肉部分に脂身の味わいがたっぷり。

甘めのタレにつけていただきます。

食べてみれば、
豚肉の味が凝縮されて、ドカンと胃に伝わってきます。

キャベツとともにいただくのもうまし。

玉子は生卵がけごはんにして、
これと一緒にトンカツを食べるのもいい塩梅です。

豚汁もついて、
なんだかたっぷりと豚味を味わってしまったランチでした。

Ton-Sai
東京都中央区銀座8ノ5先、銀座ナイン1号館1階
営業時間 午前10時~午前4時
(土・日曜、祝日は午前0時)
(ランチは午後4時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, July 11, 2007

大葉の香り。熱血食堂 すわの香りとり塩ラー麺

Sany0485久しぶりに
町田に
降り立ちました。

どこに行こうかと
フラフラと
東急ハンズ方面に
歩いていくと、

ふと気になる建物を発見。

レンガ造りの外観はなんだろう…。

と思って近づいてみると、
ラーメンメニューがズラリ…。

ラーメン屋かと思いきや、ご飯メニューも充実。

「熱血食堂 すわ」

四川料理を得意とする店です。

コの字型のカウンターのみの店。
ランチ用のメニューもあります。

辛いメニューがあれこれあって、
気になって仕方なかったのですが、

とりあえず、まずは基本かな…と

「香りとり塩ラー麺」700円

運ばれてきたラーメンはプ~ンとさわやかな香り。

刻んだ大葉が香りの元でした。

トッピングはモヤシ、鶏チャーシュー、メンマ、水菜。

麺は丸い中ストレート麺

スープをひと口。

あっさりとした塩味のスープです。

ここに大葉の香りが加わると、なんともさわやか。

麺はツルツル、シコシコ。

メンマは甘辛く仕上げてあって柔らか。

鶏チャーシューもやわらかな口当たりです。

全体的にスッキリといただける一品です。

自慢の麻婆豆腐も試してみたいです。

熱血食堂 すわ
東京都町田市原町田4ノ3ノ7、本橋ビル1階
営業時間 午前11時~午後10時。火曜定休
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

※いつも訪問ありがとうございます。
明日は諸事情により、お休みさせていただきます。
楽しみにしていただいている方には、申し訳ありませんが、
次回をお待ちください…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, July 10, 2007

混ぜてコク! Dhaba Indiaのランチミールス

Sany0483カレーの
マイブームが
止まりません
(苦笑)。

今日は
八重洲界隈に
いたのですが、

さて、ランチはどこへ…と
あちこちの看板を見て
歩いているのですが、

目に付くもの、すべてがカレー系…。

困ったものだ…と苦笑しつつも、
「インド系のカレーなら
久しぶりだしいいかな…」と思って、
ここに決めてみました。

八重洲富士屋ホテルの裏あたり、
銀座からなら並木通りをそのまま
東京方面に向かったところにある

「Dhaba India(ダバ インディア)」

South Indian Restaurantです。

店構えがいかにもインドな雰囲気。
それも、装飾が…というのではなく、
佇まいがそこだけ南インドな雰囲気なのです。

店内はブルーのしっくいの壁が印象的。
これはマハラジャの町「ジョドプール」を
イメージして造られています。

ダバというのは「食堂」という意味があるそう。
本格的な南インドのカレーや屋台料理、
タンドール料理を楽しむことができます。

オーダーは

「ランチミールス」1200円
カレー3種、サンバルカレー、ラッサムスープ、
ライス、バトゥーラ、パパド付き

本日の3種のカレーは

「チキンブラックペッパー」
「ポークコルマ(ココナッツとクコの香り)」
「ラジマ豆とブラックダル」

バtゥーラというのは、ナンではなく揚げパン。
パパドはチップスのようなものです。

ミールスというのは、
何種類かのカレーをバナナの葉の上にのせて、
ライスと一緒にいただく、
南インドの定食のことです。

夜のメニューを見ていると

「手で混ぜて食べるとよりおいしさが伝わります」…。

ここでは手で食べてもいいんだ…と
ちょっと、ドキドキしてきてしまいました。

パパドは、パリッとした食感でサンバルカレーに
ディップしていただくと、とてもいい塩梅。

バトゥーラは、
カリカリとした表面ともっちりとした食感が
香ばしく、そしてカレーにぴったり。

もしかするとナンよりもイケるかもしれません。

チキンカレーは
ブラックペッパーの風味でピリッと刺激的。

ポークはチキンよりもマイルド。
食後感がさわやかな味わいです。

2種の豆のカレーは
いちばんマイルドな味付けで、
豆のコクがよくでていて、クセになりそう。

ラッサムスープは豆を主に、酸味がたっぷり。
サンバルカレーは辛味を引き出したもの。

それぞれを楽しみつつ、
ライスにはこれらをちょっとずつかけて
混ぜ合わせていただきます。

すると…。
辛味、酸味、甘味がほどよく混ざり合って、
なんともいえない、深みのある味わいに! 

食べれば食べるほど、ハマってしまう味わいなのです。

周りを見ると、外国人のゲストも多い。
インド系の人を観察していたのですが、

みなさん、スプーンで食事中…。

仕事がこれからあるし、さすが手ではないのかなぁ…。
と、
ちょっと躊躇したのですが…。

最後の2・3口のライスを、
手で食べてみちゃいました。

これが思いのほか、難しい! 
でも、手から食べる、なんともいえない快感…。
カレーがやさしく口の中に入っていくような気がします。

この食べ方ができる店というのも
多くないので、
インドの雰囲気を楽しみながら
最初から手で食べるように…なりたいものです。

Dhaba India
東京都中央区八重洲2ノ7ノ9、相模ビル1階
営業時間 午前11時15分~午後3時、午後5時~11時
土・日曜、祝日=正午~午後3時、午後5時~10時

映画ウンチク
ダイハード4.0
☆☆☆☆

ブルース・ウィルスの代表作でもある
ダイハードの第4弾。
ハッカーをニュージャージーから
連れ帰るはずが、次々と事件に巻き込まれ…。
サイバーテロを阻止すべく、
ありえないアクションが次々と出てきます。
最終的には家族愛にジンワリときますが、
やっぱり、さすがの娯楽映画!
前作を観ていなくても
じゅうぶん楽しめます!

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, July 09, 2007

本日のおやつ。MangoTangoのマンゴアイスバーグ

Sany0480_1

代官山駅から徒歩3分くらいの場所にオープンした
「ラ・フェンテ代官山」。

その地下1階は、レストランフロアになっています。

その一角にあるのがココ

「MangoTango」

名前のとおり、マンゴーを中心にしたデザートが楽しめる店です。

本店は、なんとタイのバンコク。

店内は白とオレンジが上手に折り合った
開放感ある空間になっています。

マンゴーを使ったメニューは、
デザートはもちろん、シェークをはじめとしたドリンク。

メニューを見ているだけで、
どれもこれも試してみたいし、どれを食べたらいいのか
迷いに迷ってしまいます。

そこで、本日お試ししたのが

「マンゴアイスバーグ」900円

マンゴーアイスにタピオカのココナツミルクを降り注ぎ、
その周りに
マンゴー、キウイ、イチゴ、スイカ、メロン、リンゴを飾りつけたものです。

自慢のマンゴーアイスは、
シャーベット風な口当たりで、マンゴーの風味がたっぷり。
ここにタピオカの食感が加わると、
口の中はなんだか楽しくなってきます。

生のマンゴーもしっとりとした食感。

フルーツを楽しみながらも
しっかりとマンゴーの存在感が楽しめるデザートでした。

マンゴー、オイシイ。
次回はマンゴープリンでも…。

MangoTango
東京都渋谷区猿楽町11ノ1、ラ・フェンテ代官山地下1階
営業時間 午前10時~午後9時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (2) | TrackBack (2)

香ばしさが旨味。Suageの本日のランチセット

Sany0481恵比寿周辺に
いたのですが、
今日は
雨も降りそうもないし、

代官山方面まで
散策してしまいました。

そうして、
たどり着いたのは、
代官山駅からすぐ。

線路沿いのビルの2階にある

「Suage(すあげ)」

スープカレー&ダイニングの店です。

札幌・すすきのに店を構えるスープカレーの店で、
都内ではココだけ。

北海道の恵みをふんだんに生かした
スープカレーが味わえます。

店内はカウンターが中心。
左奥にはテーブル席もあります。

オーダーは

「本日のランチセット」850円
ライスまたはパン、ドリンク付き

本日のランチは

「炭焼きソーセージのスープカレー」

ライスは玄米ご飯で、小・中・大が選べます。
辛さは甘口から辛口まで。大辛はプラス50円。

こちらのスープカレーは、
30種類以上の天然スパイスやハーブ、漢方素材を
じっくりと煮込んだ熱々のスープです。

店名のとおり、野菜などはまず素揚げにして、
素材がもつ旨味を引き出しています。

運ばれてきたスープカレー。
まずはその具の多さに、おもわずにんまり。

炭焼きソーセージはプリッとした噛み応えでジューシー。

串に刺されているのはジャガイモとニンジン。

ジャガイモはカラリと揚がった表面とホクホクしっとりの中身。
ニンジンはあくまでも甘く…。

ブロッコリー、カリフラワーも新鮮で
スープとよくからんでくれます。

オクラはネバリもよく、口の中でとろけるよう。
ゆで卵は、黄身にスープがしみこんで、
たまらない状況になっています。

肝心のスープは、
クセのないサラリとした刺激。
じっくりと炒めたタマネギの
ほんのりと伝わってくる甘さがポイントです。

具はライスのお皿にあけておかずとしてご飯と一緒に食べ、
スプーンでライスをすくっては
たっぷりとスープを吸わせてパクリ。

はたまたスプーンに具とライスをのせて
スープにくぐらせてモグモグ。

もちろん、最後はライスをスープの器に移して、
じっくりと染み渡らせて完食。

ここのところカレーを食べる頻度が高いのは、
夏が近づいてきた証拠かも…。
それも蒸し暑い夏に…。

カレーを食べる機会はますます増えそうです。

soupcurry & dining Suage
東京都渋谷区代官山町18ノ4、代官山マンジビル2階
営業時間 午前11時30分~午後11時
(ランチは午後5時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (2) | TrackBack (2)

ハマルカレーのエビカレー

Sany0464
昨年の冬に食べた
大阪のアジア雑貨&カレーの店

「Eng Eng」が、

インターネットで販売しているカレー

ハマルカレー」のカレー。

今回新しく

「エビカレー」を出したということで
さっそく試してみることにしました。

こちらのカレーはレトルトではなく、
冷凍OKの袋に入ったカレーたち。

凍ったまま水の入った鍋に入れて、
沸騰したら5分ほど温めればできあがり。

鍋から取り出した袋からは、
プ~ンとスパイシーな香り。

袋から皿にあけると、
尻尾付きの海老が5つ飛び出してきました。

そのほかにも、オクラがゴロリ、
ニンジンやセロリの顔も見えます。

ルーはサラサラタイプで、口に入れてみると
スパイシーな香りとは裏腹に甘く感じられます。

と思いきや、フワッと辛さが染み出てきます。

この辛さ、
食べ進むほどに増していきます。

海老は
冷凍のカレーの中に入っていたとは思えないほど
プリプリした食感。

オクラは大きくカットしてあるので、
まったりとしたあの独特な口当たりを
しっかりと感じることができます。

ニンジンもセロリもフレッシュ! 

食べ終わった後の食後感が、
なんだかフルーティーでさわやかなのは、
そういったスパイスが入っているから? 
と思うほど食べ終わった後のすっきり感が印象的でした。

カイエンペッパー・コショウ・マスタードシード・四川山椒などが
スパイスのキメテとなっているようです。

おいしいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Friday, July 06, 2007

食感の楽しみ♪CA-GAのスペシャルタコライス

Sany0472暑い毎日。

こういうときは
どうも気分が
南方面に
向いてしまいます。

横浜・関内駅から
海に向かって進み、

ロイヤルホール横浜に
程近いところにあるのが

「CA-GA YOKOHAMA」

7月22日にオープン1周年を迎える
ワンコもOKのCafe&Dinig Barです。

店内には濃いグリーンのソファとテーブル、
ダーツやプロジェクターもあって、
その雰囲気は、
80年代のカフェバー。

プロジェクターからは映画が流れているで、
ついつい見入ってしまいます。

オーダーは

「スペシャルタコライス」950円
サラダ、ドリンクバー付き

ドリンクは自分で好きなだけ取りに行くスタイルです。

スペシャルタコライスというのは、
普通のタコライスに温玉をのせたもの。

きれいにデコレートされたタコライス。

タコライスの要、
ミートはチリパウダーを軽く和えてある味わいです。

さっそく温玉を崩して、
レタスとトマトとミートとチーズ、そしてライスと一緒に
混ぜ合わせていきます。

タコライスらしいチリパウダーの味わいが
温玉と出会うと、なんともまろやかな口当たりに変身。

ジューシーなトマトと、
シャキッとした食感のレタスと一緒に食べるのは、
さまざまな食感が口の中に広がって楽しい。

チーズの量も程よく、コクのある味わいを演出しています。

本を読んだり映画を観たり…
ゆったりとくつろげる空間のカフェバーでした。

CA-GA YOKOHAMA
横浜市中区山下町74ノ6、ロクマルビル1階
営業時間 午前10時~午前0時
(ランチは月~金曜の午前11時30分~午後2時)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, July 05, 2007

甘いだし汁が特長! 小倉駅構内の立ち食いうどん屋のかしわうどん

Sany0470今日も移動日。

といっても
地元に戻る日です。

今回は、
どうも
移動したい時間と
ランチしたい時間が
重なりがち。

駅弁で…とも思ったのですが、
それも味気ないかなぁ…と思い、

唐突に駅そばにしてしまいました。

というのも、小倉駅の在来線のホームには
大きなのれんのうどん屋や、
真っ赤なのれんのラーメン屋、
乗り換え通路にも大きなのれんのうどん屋があり、
なんだか、心そそられていたのです。

降り立ったホームは

「3・4番線の立ち食いうどん屋」

うどんとそばのほか、おでんが置いてあります。

朝からカップ酒でおでんをつついている人も! 

まずは食券を購入します。

「かしわうどん」400円

ちょっと感激したのは、
食券を渡すと小鍋にだし汁をわけて
ことことと温め始めたこと。

汁を保温しているのではなく、
文ごとに温めてくれるのがウレシイ!

さらにうどんは冷凍庫から冷凍のうどんを取り出し解凍。

冷凍うどんというのは、
できたてを瞬間冷凍しているはず。

そばは生めんをちゃっちゃと湯切っていたので、
さすがうどん文化の地域だなぁと思ったりしました。

かしわうどんは、

かしわ-鶏-とワカメがどっさり入った一品。
ワケギもたっぷり入っています。

まずはうどん汁をすすってみると…。

透明のだし汁は甘めの仕上がり。
これも九州ならではの味わい。

出汁がしっかりととってあり、
さらにはかしわの旨味も加わって
透明のスープはほんわかとした気分にさせてくれます。

うどんは細めでツルツル。
柔らかな食感が食べやすい。

そしてかしわは、
やっぱり甘めの醤油味がしみ込んでいて、
これがちょっと新鮮な味わい。

スープともぴったりと合っています。

ワカメもシャッキリとした口当たりで、
かしわと一緒に食べたり、うどんと一緒に食べたり、

あっという間に汁まで飲み干していました。

かしわ…がキメテです。

丸天うどんも試してみれば…と
欲望はどんどんとふくらんでしまうのでした。

小倉駅の立ち食いうどん屋
小倉駅3.4番線
営業時間 午前6時20分~午後8時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Wednesday, July 04, 2007

トロッホロッ♪岩崎本舗の長崎角煮まんじゅう

070704_12250001_1今日は、
長崎の見所を
サクッと回ったら
福岡県北九州市
小倉へ移動です。

あいにくの雨でしたが
グラバー園から見える
長崎の町並みは
やっぱりなぜか異国情緒。

しみじみと
長崎の魅力を感じていました。

そんなこんなで、小倉の予定を考えると
ランチは電車の中。

駅弁とも思ったのですが、

グラバー園でアンケートを取る課外授業をしていた
中学校の先生と、
長崎の見所を話していたときに出ていた、

「角煮まんじゅうは岩崎本舗! 」という言葉を思い出し、
それを食べて軽いランチにしようと、
駅の側のみやげ売り場に足を運んだのでした。

「岩崎本舗」 。

角煮をはじめ中華饅頭や餃子などを販売している店です。

もちろん購入したのは

「長崎角煮まんじゅう」290円

そもそお角煮まんじゅうというのは、

トンポーローを蒸しパンではさんだもの。

トンポーローは、長崎にとっては
伝統的な料理、「卓状料理」の中のひとつでした。

長崎の中華街でトンローポーを頼むと、
もれなく蒸しパンがついてきていたのですが、
卓状料理的にはこのパンは付かないもの。

そして10数年前に、
この岩崎本舗が、中華街で食べられる
トンポーローを蒸しパンで食べるスタイルを
もっと身近にしよう! 

ということで、この

長崎角煮まんじゅうが広まっていったそうです。

さて。

その角煮まんじゅう。

温かいものをその場で購入。

さっそくひと口パクつけば、
まずは角煮の脂部分と蒸しパンが入ってきます。

それは、もう…。

トロロ~ンとした口当たりで
そこにやさしい蒸しパンの食感が加わって
思わず顔がほころんでしまいました。

さらに食べ進めば、肉の部分に行き着き、
これまたホロホロと口の中でほぐれて、
またまたシアワセな気分に。

トンポーローのこうした食べ方は、
やっぱり長崎らしいな…と思ったのでした。

岩崎本舗
長崎駅横
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Tuesday, July 03, 2007

名物!エアポートのトルコライス

Sany0467_2長崎に来ています。

飛行機で到着して
市内に向かってから
ランチと思いましたが、
時間的に
間に合わないかも…。

と思ったので、
手近なところ、
空港内でランチを
することにしました。

長崎空港内にある

「AirPortエアポート」

洋食が中心のレストランです。

さっそく選んだのは

「トルコライス」1280円
スープ付き

知る人ぞ知る、長崎名物の洋食です。

どういうものかというと、
ピラフとナポリタンとカツを一緒のお皿に盛ったもの。

イタリアと中国をカツが架け橋になっていることから
「トルコ」というネーミングをしたといういわれもあるそう…。

本当は、市内のある喫茶店が発祥で、
今ではさまざまなところで見かけるようになっています。

ピラフはカレーピラフ。
ひと口食べると、
昔ながらの懐かしいようなカレースパイスの香りが
口中に広がっていきます。

ナポリタンはウインナー、ピーマンなど
王道の具が入っています。
かすかに感じる酸味のトマトケチャップとからんでいるのが
なんともいえず、ウレシイ。

カツは薄いトンカツでデミグラスソースがたっぷり。
アッツアツの揚げたてで
サクサクした衣とソースの組み合わせが魅力的です。

この3つをいろいろ組み合わせて食べるのも
贅沢な気分になれるから不思議です。

お子様ランチを楽しむような、ウキウキした名物料理でした。

AirPortエアポート
長崎空港内2階

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, July 02, 2007

ガツンと刺激! いたりわ。のパスタ+サラダセット

Sany0459Sany0460

麹町周辺でランチ。

このあたりはオフィスビルも多いので、
一瞬のタイミングで
たくさんの人がランチに訪れてしまいます。

ほぼオンタイムに近いときは、
あれこれ迷う余地なし! 
すばやく決めて、すばやく入らないといけません。

そこで見つけたのが

「いたりわ。」
町屋ダイニング…です。

イタリアンと和のテイストを合わせたダイニング。

店のつくりは町屋風で、いかにも和。

夜のメニューを見ると、
和をベースにイタリアンの風味を加えているものが多いようです。

ランチはパスタ。
しかもスープパスタが中心です。

オーダーは

「パスタ+サラダセット」1000円
好きなパスタ、サラダ、パン、ドリンク付き

パスタは数ある中から

「鶏と竹の子の柚子胡椒パスタ」

テーブルにあるのはアイスティー。
それを自分で注ぎながら待っていると、

豆腐サラダが到着。
しっかりとしたボリュームなのがウレシイところ。
ゴマドレッシングでさっぱりといただきます。

到着したパスタにはスープがたっぷり。
このスープ、オーダー時に伝えれば量を調節してくれます。

プ~ンと漂ってくるのは
柚子胡椒の風味。
この香りは食欲を増進させるばかり。

スープをひと口。
醤油ベースのスープにガツンとした刺激が伝わります。
隠し味にペッパーや生姜も加えている様子。

ツルツルのパスタと柚子胡椒のスープは、
パスタが柚子胡椒の刺激を和らげつつ旨味を引き出しています。

シャクシャクとしたタケノコは
細く切ってあるのでパスタによくからみ、いい塩梅。

鶏肉も食べやすい大きさで柔らかな食感。

スープを飲み干すころには、
口のまわりは柚子胡椒の刺激が残って、なんだか爽快感。

個性をしっかりと引き出したパスタ料理でした。

いたりわ。
東京都千代田区平河町1ノ5ノ2、青木ビル1階
営業時間 午前11時~午後2時30分、
午後5時~11時。日曜、祝日定休

映画ウンチク
SHREK 3-シュレック3-
☆☆☆☆

まさか、このシリーズがここまで続くとは…。
アメリカではグリーンのキャラクターは
人気のしるしなのでしょうね…。
シュレックは相変わらずラブラブ。
だけれども遠い遠い国の国王が死去し、
シュレックが時期国王に?
そんな暮らしはマッピラなシュレックは、
国王継承の権利を持つアーサーに会いに。
そんななか、
悪者チームのチャーミー王子たちの反撃。
これに対抗するのは、
プリンセスたち。めっちゃかっこいいです。
シリーズになったとはいえ、
相変わらず物語の主人公と悪者とがあちこちに
ちりばめられて登場するので、
その楽しさは変わらずで、うれしくなります。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, July 01, 2007

酸味と旨味。支那そば 葉月のつけ麺

Sany0455_1Sany0456 

このブログでもたびたび登場している、
相模原は矢部駅から徒歩15分ちょいのところにある
お気に入りのラーメン店

「支那そば 葉月」

実は、いろいろな諸事情により
6月から日曜日だけの限定営業になってしまいました。

なかなか行くチャンスもないかなぁ…と
思ってはいたのですが、

本日は仕事で外に出ていて、
しかもランチ時くらいには相模原に行けそう…。
と判断。

久しぶりに行ってしまいました。

食べることができるのが
とても希少な状態になってしまったため、
結構の混雑。
スープや麺がなくならないかと、ヒヤヒヤしてしまいました。

葉月に行ったら、これを食べよう! と
前々から思い描いていたメニューを注文します。

「つけ麺(1玉)」750円

極細、・ストレート・平打ち麺の中から
ストレート麺を選びます。

茹で上がった麺をシャキッと洗った冷え冷えの麺。

つけスープには、
チャーシュー、ワカメ、メンマ、水菜、タマネギのみじん切りが
どっさり。

スープをひと口飲んでみると、
醤油ベースなのですが、なんと酸味のあるスープ! 
すっきりとしたお酢の風味は、暑い日にぴったり! 

麺をひたして食べてみれば、
スープの旨味と一緒にぐんぐんと絡み付いて、
かなり幸せな味わい。

冷たい麺と温かスープのバランスは絶妙です。

さらに、もともと麺のうまさには定評があったのですが、
その麺の旨味がつけ麺にすると
グググッと迫ってきます。

コシがあって、シコシコ、ツルツル。
あっという間に食べきってしまいます。

もちろん、チャーシューはトロリとやわらかく
そしてジューシー。

水菜はシャキッと、タマネギの甘みも酸味とともに味わえて…。
メンマは相変わらずやんわりとした食感。

最後までスープを飲めてしまうのも、ちょっとウレシイ! 

なんで今までこのつけ麺を食べていなかったのか…。

夏の定番になりそうです。

ちなみに写真の麺の上にのっているのは、
鶏チャーシューで、トッピングしたもの。
この鶏チャーシューがまた! 
皮がプリンとしていてジューシーで、肉も柔らか。
あるときとないときがあるので、あしからず…な素材でした。

支那そば 葉月
相模原市富士見4ノ5ノ20
営業時間 午前11時30分~午後2時30分
(スープがなくなり次第終了)
※現在、日曜のみの営業です
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »