« May 2007 | Main | July 2007 »

Friday, June 29, 2007

タルタルがクセに…。鶏華のチキン南蛮定食

Sany0452宮崎県が
何かと話題の
今年です。

宮崎名物といえば、
チキン南蛮と
冷汁。

チキン南蛮といって
想像していたのは、
鶏のから揚げに
タマネギやピーマンなど
野菜を炒めて
甘辛のあんかけソースでからめたもの…。
と思っていました。

ところが、
いろいろと情報を集めてみると、
どうやらタルタルソースでいただくらしい…。

これはとりあえず食べてみなくては…。
と思っていたところで見つけたのが

神田神保町にある

「鶏華」

宮崎名物・地鶏もも焼き専門店です。

夜のメニューを見ると
もも焼きのメニューがズラリ。
早くも夜も訪ねてみたい衝動にかられます。

小さな間口で1階はL字型のカウンター。
2階にテーブル席などがあります。

注文は

「チキン南蛮定食」800円
ライス、味噌汁付き

初めて目にするチキン南蛮。

タルタルソースは、
卵をざっくりと切り込んだ具だくさんのソース。

カラリと揚がった鶏肉には
甘めのウスターソースがかかっています。

から揚げはしっとり、そしてジューシーな歯ごたえ。
そのやわらかさに思わず顔はニンマリ。

ウスターソースの風味とも息が合っています。
さらにそこにタルタルソースを絡めていただけば…。

なんとも幸せな味の組み合わせに! 
ご飯とも相性はぴったり。

付け合せのキャベツと一緒に食べるのもいい塩梅。

タルタルソースで食べる鶏のから揚げ…。
クセになってしまいそうです。

鶏華
東京都千代田区神田神保町1ノ4
営業時間 午前11時30分~午後1時30分、
午後5時~11時、土曜=午後5時~10時。
日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Thursday, June 28, 2007

外カレーの原点へ…。アルペンジローの鶏カリー

Sany0450家のカレーでなく、
外でカレーを
食べている中で、

人生の中で
いちばんの衝撃を
受けたカレー。

忘れたころに
「あ~、やっぱり
食べたいなぁ」と
思い出すカレー。

横浜・伊勢佐木町の大通り公園に面した場所に
ず~っと前からあるのが

「アルペンジロー」

カレーにこだわる、カレービストロです。

ビルの1階にあるにもかかわらず、
店に一歩踏み込めば、なんだかバンガローな雰囲気。

キッチンを囲んだカウンター席と
その隣の空間にテーブル席があります。

店名のとおり、山にこだわった店造りなのです。

そのこだわりは、メニューにも出ていて、
ライスは飯ごうに盛られてくるし、
カレーは鉄のフライパンに入ってきます。

さらに辛さの表示は
野毛山、富士山、キリマンジャロ、
アイガー、エベレスト、天国…と
山の高さで表示しています。

カレーは、1週間かけて作ったサラサラのルーが自慢。
さらには、和牛やポーク、チキンはしっかりとソテー。

カレールーと肉類は別々に作られているです。

オーダーは、

「鶏カリー」1000円
ライス、サラダ、ヨーグルトドリンク付き

辛さは「エベ天」

店の人に「天国ってどのくらいの…?」と聞いたところ、
「かなり…」の返事。
そして、前にも食べたことがあるなら、
エベレストと天国の間の「エベ天」がある…と。

そこで「エベ天」。

鉄のフライパンに入ってやってきたカリー。

スープカレーのようなサラサラルーですが、
味の基本は欧風。

鶏もも肉を軽くたたいて、しっかりとソテー。
そこに大きなジャガイモとニンジン、そしてインゲン。

鶏肉は皮はパリパリに焼きあがっていて、
中はジュワリと肉汁が染み出るほどのジューシーさ。

ジャガイモはホクホク、ニンジンはびっくりするくらいの甘み。

カレールーは、
フルーティーな甘みとコクが口中に広がる味わい。
その味わいの奥のほうから辛さがやってきます。

食べ進むうちに辛さが旨味に、そしてヒリヒリ。
でもフルーティーな甘みは継続しています。

肉の旨味もカレーの旨味も両方に味わえる
至福のカレーを味わったのでした。

アルペンジロー
横浜市中区弥生町3ノ26
営業時間 午前11時~午後2時30分
午後5時30分~10時30分
土・日曜、祝日=午前11時30分~午後3時、
午後5時30分~10時。月曜定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, June 27, 2007

トマトとチーズ♪ Berry Cafeの旬野菜のヘルシーリゾットプレートセット

Sany0447たまに
いつもと違う
ルートの道を
選んで歩くと、

いつのまに
こんな店?
という
出会いがあります。

渋谷駅から青山通りへ。

芋洗坂と交差するところに、
フルーツがふんだんに使われたタルトが
ズラリと並んでいるのが

「Berry Cafe」

フルーツタルトが楽しめる店です。
1階はテイクアウトで2階がカフェ。

とにかくそのフルーツ使いが迫力で、
思わずフラフラと足を向けてしまいました。

もちろん2階ではごはんも食べられます。

2階に上がっていくと、
ホワイトを基調にブルー系の星たちが散りばめられて
ちょっとファンシーな雰囲気の店内が広がります。

ファンシーとはいえ、接客は丁寧。

オーダーは

「旬野菜のヘルシーリゾットプレートセット」1050円
ドリンク付き

今日のリゾットは

「鶏肉とアスパラのトマトソースリゾット」

細長いプレートには、
リゾットとリーフサラダ。
小皿にはサツマイモサラダ。

サツマイモサラダはほんのり甘くて、ホクホクした食感。

リゾットは、
トマトソースにチーズが加わって、
なんともやさしい味わいです。

鶏肉やアスパラのほか、インゲンやズッキーニも加わり、
本当にヘルシー。

野菜をたっぷりいただけるのもウレシイプレートです。

さて…。

フルーツタルトがメインな店なので、
食べない手はありません。

現在は、マンゴーが旬らしくマンゴーを使ったメニューがいろいろ! 

あの宮崎産完熟マンゴーのタルトは、
なんと1650円! 

う~ん…。

と悩んで選んだのは、

「マンゴーブラン」750円

Sany0446

マンゴーとクリームチーズを組み合わせたタルトです。

マンゴー自体は酸味の少ないモノを使っていて
みずみずしい。
そこにクリームチーズのコクが加わって、
なんともまろやかなテイスト。
生クリームもあっさりとしています。

思いのほかボリュームのある大きさでしたが、
パクリといただけてしまいました。

宮崎産完熟マンゴーのタルト…。
バラのようにデコレーションしてある、あのタルト…。

いつかチャレンジしてみたいものです。

Berry Cafe
東京都港区南青山5ノ10ノ19
営業時間 午前11時~午後9時(日曜、祝日は午後8時)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, June 26, 2007

バター風味がオリジナル! Grand Blueの”ロコモコ”ハンバーグ てりやきバターソース

Sany0443

梅雨のシーズンは
さわやかな
雰囲気のところで
夏を感じていたい…。

と思ったので、
本日は
ハワイアンテーストの
ダイニングでランチです。

表参道の通称「ロータス通り」にある

「Grand Blue Omotesando」

Fine Hawaiian Dinigです。

3階建てのビルのダイニングで、
1階はカフェ風、
3階は天井の高い開放感のあるダイニングとなっています。

ハワイアンミュージックが流れていると、
気持ちもなんだか軽やかになってきます。

オーダーは

「”ロコモコ”ハンバーグ てりやきバターソース」1050円
3種のデリ、デザート、ドリンク付き

3種のデリは5つの中から選べます。

選んだのは
「温製 クレソンとほうれん草のスープ」
「アヴォガドのブルスケッタ」
「コールスローと海老のカクテルソース」

ロコモコは、大きな目玉焼きが2つ。
その下には2cm強の厚さのハンバーグ。
ライスは思いのほか少なめに盛ってあります。

目玉焼きとハンバーグを適当な大きさにカットして、
ライスと一緒にパクリ。

とたんに、醤油ベースでありながら
コクのあるバターの風味が広がっていきます。

ハンバーグはギュッとした口当たりで、
肉の旨味が伝わってきます。

目玉焼きとハンバーグの組み合わせって
どうしてこんなにぴったりなのだろうかと、
思わずうなってしまいます。

デミグラスソースで食べるロコモコとは、
ひと味違った味わいが、また楽しい。

バター風味を楽しみながら食べ進むうちに、
いつしか、お腹は満腹モード。

結構なボリュームです。

3つのデリもひと口サイズ。
スープは素材の味が楽しめるポタージュで、
ブルスケッタはアボガドとオリーブオイルの風味が美味、
コールスローと海老のカクテルソースもさっぱり。

いろんな味を満喫できるランチでした。

Grand Blue Omotesando
東京都渋谷区神宮前4ノ4ノ8、グランブルー表参道ビル
営業時間 午前11時30分~午後11時30分
(ランチは午後4時まで)

映画ウンチク
The Bridge-ブリッジ
☆☆

サンフランシスコの名所、
Goldengate Bridge。
その華やかさとは裏腹に
実は橋から飛び降りる人が後をたたない場所としても
知られているそうです。
その瞬間を偶然目撃してしまった人、
その遺族、
声をかけて思いとどまらせた人、
飛んだ瞬間にやっぱりヤダ! と考えて
着水の瞬間をどうするか考えて、
今生きている人...。
それぞれの思いを淡々と語らせていく
ドキュメンタリームービーです。
たぶん誰もが心の片隅に持っているかもしれない
その感情...。
命の大切さを考えさせられます。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Monday, June 25, 2007

カフェめし惣菜…。nanaの肉じゃが黒酢風味

Sany0441Sany0440_1

恵比寿駅西口を降り、
渋谷方向へ…。

線路の右側の通りに
あるカフェが

「nana-七菜」

有機野菜を使った体にやさしい食材のごはんが
食べられるカフェです。

白い壁の店内は、
照明を落として落ち着いた雰囲気。

店の中心にカウンターをおき、
手前と奥にテーブル席を設けた空間です。

カフェではあるのですが、
ランチ内容は、ちょっとほっとくつろげるような
お惣菜のカフェめし。

そのメニューにひかれて店を決めたような気がします。

オーダーは

「肉じゃがの黒酢風味」1000円
小皿、ご飯、味噌汁、ミニデザート、ドリンク付き

ご飯は七分付きの麦芽米を使っていて、
お変わり自由。

黒酢を使った肉じゃがは、
煮汁がたっぷりとあって、ちょっとうれしい…。

木のれんげが付いていたので、
思わず汁をひと口。

とたんに黒酢のあの独特なコクが口の中に広がります。
ほんのり甘さも加わって、しみじみとした旨味。
隠し味に生姜の風味も感じられます。

黒酢好きにはたまらない味わいです。

ジャガイモはほっこりとしていて、
これが黒酢の汁に合う! 

肉は柔らか、ニンジンはホッコリと、
タマネギはしんなりと汁をたっぷりと吸って、
糸コンニャクの食感もいいアクセントになっています。

小皿は卵とマカロニのサラダ。

デザートはムースにラムレーズンを添えて、
そのラムレーズンの味がいい塩梅。

ゆったりとくつろげるスペースで、
心ほっとするお惣菜たち。

さすが、恵比寿はいろんな店があります。

nana-七菜
東京都渋谷区東3ノ25ノ3、ライオンズプラザ1階
営業時間 午前11時30分~午前0時
(ランチは午後4時まで)。日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, June 22, 2007

特選油でさっぱり! あぶら屋の天丼

Sany0437桜木町界隈に
いたので、

久しぶりに
野毛方面で
ランチを
してみようと
思いつきました。

桜木町駅から野毛方面へ。

音楽通り沿いにある

「あぶら屋」

油商店が営んでいる天ぷら店です。

昨年の12月にオープンして、
今年の6月から天丼のみのメニューで営業しています。

なんと、営業時間はたったの2時間30分という、
まさにランチのためだけの店です。

メニューは天丼と穴子丼、大海老天丼の3つのみ。

悩んだ挙句、

「天丼」700円

海老1尾、キス、イカ、ナス、カボチャ、シシトウがのった
お得な一品です。

店内はコの字型のカウンターで、
天ぷらを揚げる様子も見ることができます。

揚がるころを見計らって、ご飯をよそり、
丼汁をタラリとかけまわし、
揚げたての天ぷらを丼汁の壷にくぐらせて
丼にのせていきます。

そのジュッと音がする様子は、ちょっとお腹が鳴ってきます。

イカは長くカットされているのですが、
その弾力に目を開いてしまいました。
新鮮! 

キスはホッコリとしているし、
海老はプッツリアッツアツ。

丼汁の塩梅も程よく、あきがきません。

何より、さすが油屋さんだけあって、
油がさっぱりとしているのがウレシイ。

あっさりと食べきれるのが魅力です。

イカもキスもおいしいですが、
本当に大きいよ! と店主が言う
大海老天丼も、次回は試してみたいです。

あぶら屋
横浜市中区花咲町2ノ63
営業時間 午前11時30分~午後2時
日曜、祝日定休
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (210) | TrackBack (0)

Thursday, June 21, 2007

まったりと辛く…。Shukurの温玉納豆オクラのスープカレー

Sany0420スープカレーが
関東に流行はじめて
しばらく経ちますが、

現在は
かなり定着して
あちこちで
お店を見ているような
気がします。

札幌から
やってきた店あり、
関東で独自でオープンしたところもあり…。

自由が丘の東急東横線沿いになる通りにあるのが

「Shukur」

札幌スタイル スープカレーの店です。

ビルの3階にあり、エスカレーターで上がると
右手に店。

壁に向かったカウンターが7席、テーブル席が10席と
こじんまりとした雰囲気。

メニューなどにも布地を使っていて、
手作り感にもあふれています。

オーダーは

「温玉納豆オクラのスープカレー」980円。
ラッシー付き

ここのメニューは、
肉と野菜を組み合わせたものがそろっています。

野菜カレーだけというのは、
「きのこと野菜のスープカレー」といったところ。

オクラと納豆の組み合わせは定番ですが、
そこに温玉が加わることに魅力を感じて、
これを選んだ次第。

辛さは0~30。

本日は大辛の10。ライスは小(150g)を選びました。

やってきたスープカレーは、

大ぶりのオクラが3本、温玉、
さらにジャガイモとナス、パプリカも! ちょっとウレシイ。

まずはスープをひと口…。

鶏ベースのストックスープに
カレーに使うスパイスを合わせた、
シンプルな味の組み合わせ。

サラサラとしてあきのこない味わいになっています。

納豆はスープの底に沈んでいるので、
くみ上げてみると挽肉も一緒にあり、コクが出ています。

スプーンでライスをすくってスープに浸していただけば、
スパイスのチカラがしみじみと胃袋に染み渡っていきます。

納豆のまったり感もいい塩梅。

さらに温玉を割って、スープと合わせてぱくり。
トロトロ~とした卵の黄身のうまみが
いい具合にスープと合わさって…。

ジャガイモは皮はカリカリでほっこりとした中身。
ナスはジューシーな味わい。

思いのほか具が多くて、
食べ終わってみれば、かなり満腹。

納豆入りのスープカレー…。
久しぶりで、ちょっとニコニコとしてしまいました。

Shukur
東京都目黒区自由が丘1ノ9ノ5、小川ビル3階
営業時間 午前11時30分~午後3時、午後5時~10時、
土・日曜、祝日=午前11時30分~午後10時
(ランチは月~金曜)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Wednesday, June 20, 2007

キュート! MOS BURGER GINZA CAFEの照り焼きチキンとアボガド わさびマヨソースセット

070620_13520001ハンバーガーって
手でもてるし
食べやすくて
おいしい…。

だけれども
ごはんの国に
生まれると、

このハンバーガーも
ご飯と一緒に
食べられたら

うれしいのになぁ…。

なんていうアイデアから、
きっとライスバーガーが生まれたのではないか…。

そのライスバーガーの生みの親でもある
「モスバーガー」が、

「モス」の形態をいろいろと進化させています。

「MOS BURGER GINZA CAFE」

首都高の高架下に昨年の12月にオープンした
この店は

「ディック・ブルーナーモデル店舗」なのだそう。

キャラクター「ミッフィー」の作者が描いた看板、
イラストが店内に飾られた
「緑モス」のさらなる進化型店舗なのです。

メニューもハンバーガーがメインではなく、

カフェごはんにサラダメイン、
ハンバーガーも
匠バーガー、モスバーガー、テリヤキバーガー、
フレッシュバーガーのみ…。

ハンバーガーショップではない店なのです。

オーダーは

「照り焼きチキンとアボガド わさびマヨソース」920円
ミニスープ、ドリンク付き

モスバーガーのテリヤキチキンバーガー好きには、
うれしい照り焼きチキン。

あの照り焼きチキンをザックリとカットして、
ご飯の上へ。

アボガドのほかに刻んだトマトと海苔がのっています。

チキンは相変わらずのやわらかさ。
照り焼きソースがじっくりとしみ込んだ味わい。

そこにアボガドのまったりとした口当たりと
海苔の風味の組み合わせがぴったり。

そこにほんわかとやってくるわさびマヨネーズの刺激。

トマトの酸味もさわやかさを演出しています。

ドリンクはオーガニックアップルジュースなど、
ちょっとうれしい選択ができるのも魅力。

デザートも充実しているので、
なんだか、また利用したくなるカフェでした。

そういえば、
ブルーナーのイラストを見て知ったのですが
Mountain
Ocean
Sun
がMOSの略だそうです。

MOS BURGER GINZA CAFE
東京都中央区銀座8ノ7
営業時間 午前9時~午後11時、
(土・日曜、祝日は午後9時まで)

映画ウンチク
APOCALIPTO-アポカプリト-
☆☆☆

マヤ帝国末期の中央アメリカ。
森に住む狩猟民族が
マヤの都会に住む民族たちに襲われ、
しかも、その儀式にとらわれてしまう...。
でも、自分の村に残した家族と
再び会うために、命をかけて走る! 戦う! 
何しろ、40分近く走り続けの映像。
その間にもどんどんと追いかけてくる敵。
ここで主人公が終わってしまうわけはないという
安心感はあるものの、
ついついハラハラしてしまう映画です。
でも、
どの民族も親子のつながりの強さを感じさせます。
だからこそ、ラストの絆がとても
生きているような気がします。

おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Tuesday, June 19, 2007

染む込む旨味…。まるごと北海道の日替り定食

Sany0432今日は
何を食べよう…。

なんとなくすぐに
浮かばないときは、

店頭の
ランチ看板を
見て歩くしかありません。

あれもいいかも、これもいいかも…と
思った中で、これかな…と思ったのがココ。

銀座7丁目、中央通りよりも築地寄り、
NIKON PLAZAの近くにある

「まるごと北海道 銀座店」

店名のとおり、
北海道の食材を使った料理が楽しめる店です。

地下1階に下りると、
広々とした店内が広がります。

テーブル席や掘りごたつ席など、
用途や人数に合わせて、
使い分けられるようになっています。

オーダーは

「日替り定食」800円
ご飯、味噌汁、小鉢、漬物付き

本日の日替りは

「イカと大根の煮付け」

大ぶりの器に盛られてきたのは、
しっかりと煮込まれたイカと大根。

長ネギとナス、青菜も添えてあります。

イカはホロリとやわらかく煮付けてあり、
タレも甘みのある、あきのこない味わい。

そして大根はイカの旨味をしっかりと受け止めた
イカ大根ならではの味わいです。

長ネギやナスも
しみじみと漬け汁の味がしみ込んでいました。

ご飯はどんぶり飯並みの盛りで、
とにかくボリューム満点。

ホッケやイクラなどなど北海道のおいしいが
たくさんそろっているので、
じっくりと夜も楽しみたい店でした。

まるごと北海道 銀座店
東京都中央区銀座7ノ11ノ3、矢島ビル地下1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、午後5時~11時
(土・日曜、祝日は午後10時30分)
(ランチは月~金曜)

映画ウンチク
舞妓Haaaan
☆☆☆☆

この映画を観ようと思ったのは、
最後の植木等を見たかったから…。
というのが大きくあります。
あの、シャンとした演技を見るだけでも
この映画を観る価値があります。
撮影直前まで車椅子でいたとは、
思えないくらいシャッキリとした
立ち振る舞いです。

さて。
ストーリーは、
高校の修学旅行で出会ってしまった
芸者の世界…。
いつか、お茶屋遊びを…と
夢に向かって走る…そのひたむきさをベースに、
とにかく、落とす、落とす。
台詞のあとには、つい「ブブッ」と笑ってしまいます。
笑いながらも、
その世界に生きるが故のさまざまなできごとを
解決していく、その展開は心が温かくなります。
お茶屋のシステムや舞妓さんのあれこれを
知るのも楽しい映画です。

さすが、クドカンの脚本です。

チケットを買うときに、タイトルを伝えるのが
ちょっとはずかしくもありますが…(笑)

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, June 18, 2007

誰かの家で…。夏至茶屋~midsummerのツナとフレッシュバジルのトマトソーススパゲッティ

Sany0430_1Sany0429_2

バタバタとした
先週の状態から
抜け出した
週明けの月曜日。

お昼どきがちょうどゆったりと時間があったので、

こういうときにしか行くことのできない
気になっているカフェに行くことにしました。

横浜駅西口からだと、徒歩20分近く。
相鉄線・天王町駅からなら徒歩10分くらい…。

途中、平沼橋駅からでも、西横浜駅からでも
歩いていけると思うのですが、

テクテクと横浜駅から歩いてみました。

環状1号線沿いにあるのが

「夏至茶屋~midsummer」

4月の中旬から11月までオープンしているカフェです。

こういうスタイルでカフェをオープンして、
今シーズンが4年目。

日本家屋をそのまま生かした造りになっているので、
なんだか誰かのおうちに遊びに来てしまったような
気分にさせてくれます。

門から入ると真っ黒なラブラドールがお出迎え。

庭先にピクニックテーブル、
玄関横には、ゆったりとしたソファとテーブル席。

玄関を上がれば、3つほどのテーブル席。
床の間のある部屋と渡り廊下を使った空間 です。

その奥がキッチン…いや、台所があって、
そこでいろいろなメニューを作ってくれるのです。

道路沿いとはいえ、庭の木々に囲まれているので、
まるで異次元空間にいるような気になります。

日常を忘れさせてくれる瞬間が
ここにはあるようです。

オーダーは

「ツナとフレッシュバジルのトマトソーススパゲッティ」800円
ドリンク、自家製パン付き

プラス200円でデザート付きに。

ガーリックの香りがプ~ンと漂うスパゲッティは、
お腹がグーッとなってしまうくらい。

ほっこりとしたツナとバジルのフレッシュな風味。
この当たり前の組み合わせが、しみじみとさせてくれます。

トマトソースの塩加減もちょうどよく、
かなり幸せなスパゲッティです。

自家製パンは丸くてふんわりとしたさわり心地。

1つはプレーンで、1つはオレガノが練りこまれていて、
その風味もいい塩梅。

デザートは人気のチーズケーキ
しっとりとした甘すぎないチーズケーキは、ハマりそう。
苦味のきいたカラメルソースと一緒にいただくと
いっそうチーズケーキの味わいが楽しめます。

期間限定のカフェ。
実は冬は寒すぎる環境だから、あえなくクローズなのだとか。

夏休みの、
あのほんわかとした瞬間をたっぷりと味わえる…。
また、天気のいい日に
たずねてみたいです。

夏至茶屋~midsummer
横浜市西区浅間町4ノ342ノ3
営業時間 午前11時30分~午後5時
水曜定休

映画ウンチク
The Prestige-プレステージ-
☆☆☆

結末は教えないでください...。
と、始めに出てきます。
2人のマジシャンが、ある事件をきっかけに
だましあう...。
というか、マジックのタネ証しを
必死になって探るために、それがエスカレート。
見ているこちらも、だましだまされ...。
目を離すことができません。
こんなことってあるのか! と、
ハラハラドキドキ感がジワジワとやってくる
そんな空気の映画です。

おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, June 15, 2007

あれ?クセになる…。じゅうじゅう千徳の7つの旬野菜じゅうじゅう

Sany0426_1歩けば
歩くほどに
なんだか
気になる
店がたくさん
出てくる恵比寿。

恵比寿駅西口から
明治通りに向かった
そのすぐ角にあったのが

「じゅうじゅう千徳」

鉄板焼きの店です…。

とはいえ、そこは恵比寿。
かなりスタイリッシュな鉄板焼きです。

元はデザイン会社が経営しているらしく、
なるほど、カウンター周りやテーブル、椅子など、
オシャレなアイテムがそろっています。

店内は白を基調にポイントに緑を置いた色調。

鉄板焼き…といっても、
オーバルの形の鉄板にキャベツがてんこ盛りにのってくる、
焼肉じゅうじゅう! というものでない、
ヘルシーなメニューなのです。

注文は先払いなので

「7つの旬野菜じゅうじゅう」630円
スープ、漬物付き
「ライス小盛」220円

漬物は、秋田産いぶりがっこ、京都産ゆず大根、
京都産しば漬け、福岡産からし高菜、てっぽう漬け
の中から選べます

漬物が選べるのが、なんだかうれしく、

「ゆず大根」を選んでみました。

7つの旬野菜は

カボチャ、サツマイモ、ブロッコリー、インゲン、
アスパラ、ニンジン、ベビーコーン…そしてタマゴ


カウンター席からはキッチンが丸見えで、
とにかくひたすらキャベツを刻んでいる音が聞こえてきます。

そう。とにかく、どのメニューもキャベツが第一! 

ほかのメニューはトッピングに鶏肉や豚肉などがあります。

カンカンに熱くした鉄板の上に
ドサッとキャベツを山のようにのせます。

その上からショウガ醤油ベースの秘伝のタレを
かけまわし、

ジューッという音がしてきたら、別鍋で仕上げていた
トッピングをのせて、

すばやく目の前にやってきます。

そのモウモウとした煙のすごいこと! 
アッツアツなんだなぁというのを実感できます。

さっそくキャベツをパクリ。
熱い鉄板で徐々に火が通っていくのですが、
その半なま加減がかなり、うれしい。

キャベツの甘みを感じることができます。

7つの野菜はボイルしてあるので、
野菜の旨味を逃がしていません。

カボチャとサツマイモはホクホク、
ブロッコリーやインゲンはシャッキリ、
ニンジンやアスパラはしっとり、
ベビーコーンは、シャキッと…。

タマゴは黄身が本当にコクのある旨味で、
ツルンとした白身はタレにもぴったり。

秘伝のタレは、かなり濃い目なので、
ご飯が進むこと、進むこと。

卓上にあるタバスコをかけていただくと、
これが、
辛さをあまり感じさせず、酸味が印象的に…。

だけれども、やっぱり辛いものは辛いもので、
食べ進むうちに、辛さを感じていないのに
汗がジワジワとにじんできたのでした。

ゆず大根も箸休めにぴったり。

濃いからご飯が進む…と思っていた味も、
「ごちそうさま」をして、店から出て、

しばらく歩いているうちに感じる後味が、
「あ~、また食べたいな、この味」と
思わせてしまうから不思議。

ベースのトッピングのほかに、
温玉やネギ、大葉トマトなどエクストラのトッピングもあり。

カスタマイズして自分好みのメニューを見つけたいです。

じゅうじゅう千徳
東京都渋谷区広尾1ノ16ノ2、1階
営業時間 午前11時30分~午前2時、
(日曜、祝日は午後8時)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (2)

Thursday, June 14, 2007

好きな食材勢ぞろい! RUBY CAFEのパスタランチ

Sany0423Sany0422_1
昨日の夕方、
新宿のビル郡の
夕暮れ時の
シルエットを
高いところから
眺めていたら、

なんだかとっても
ニューヨークを思い出してしまいました。

そんな想いもあって
品川に来たなら、
アトレに行くしかないでしょ! 

ということで、本日のランチはアトレ品川。

ニューヨークの街をテーマにしたショッピングビルです。

4階がレストランフロア。

この際「OYSTERBAR」にでも
入ってしまうか…とも思ったのですが、

今週のバタバタ加減を考えると、
好きなのに体が受け付けないカキを口にするのには
勇気がいり…。

と泣く泣くその場を離れ、
パラパラとメニューボードを見ていると、
好きな食材がズラリと並んだメニューを発見! 

「RUBY CAFE」

ニューヨークの空港をイメージしたという
オープンカフェのレストランです。

このレストランは、
夏になると通りをオープンカフェにしている
ニューヨークのレストランのように
フロアの通りに面したところにテーブルが置かれていて、
ちょっと不思議空間。

フロアにいるのに、外の通りを眺めているような
気分になってしまいます。

オーダーは、

「パスタランチ」1000円
サラダ、スープ、パン、デザート付き

本日のパスタは

「オクラとネギのペペロンチーノ みょうが添え」

オクラとミョウガだなんて…! 

大好きな食材がパスタでいただけるとは! 

そのパスタ。

オクラもネギもミョウガもパスタに絡みやすいように
細長く刻んであります。

フォークでくるくると巻いてパクリ。

ガーリックがきいたオリーブオイルの
ペペロンチーノ特有の風味を味わっていると、

突然にミョウガのあのなんともいえないさわやかな風味が
やってきます。

ネギの風味もさらりと溶け込んでいます。

オクラにいたっては、あのネバネバな口当たりが
ふんわりとやってきて…。

口の中では好きな食材の味わいが、
これまた好きなイタリアンテーストの中から
飛び出してくる! 

なんてシアワセ! 

デザートはマンゴーのケーキでふんわりしっとり。

ニューヨーク気分というより、
すっかり

「もうすぐ夏だなぁ…」という気分になってしまったのでした。

RUBY CAFE
東京都港区港南2ノ18ノ1、アトレ品川4階
営業時間 午前11時~午前0時
(ランチは午後2時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, June 13, 2007

居心地のいい空間。LU’S cafeのWeekly Lunch Plate

Sany0430Sany0429

久しぶりに横浜駅周辺。

横浜駅界隈で
ランチのときは
ぜひ行ってみたい! と
つねづね思っていた場所を、ふと思い出したので、

ちょっと歩くのですが、天気もいいことだし、
行ってみることに…。

横浜駅西口から、浅間下に向かった
国道沿いにあるのが

「LU’S cafe」

2005年にオープンしたオーガニックカフェです。

また横浜駅界隈では
なかなか見つけることのできない、
ドッグカフェでもあります。

そのせいもあって、
ワンコ連れの人も結構多く、
来店すると、ワンコ用の水をすぐさま
持ってきてくれるスタッフ。

ほほえましい空間に、
すでに居心地の良さを感じます。

オーダーは

「Weekly Lunch Plate」1000円
ライス、スープ、サラダ、ドリンク付き

ドリンクはマンゴージュースをセレクト。

本日は

「マサラチキン」
「カニとズッキーニのコンソメゼリー寄せ」
「抹茶のシフォンケーキ」

なんとも、贅沢なラインアップではありませんか!

ひさしぶりのランチプレートにちょっとワクワクです。

チキンはブルルンという弾力があって、
それでいて柔らかな食感。

スパイシーな、でも辛いのではない
マサラの香りは、食欲をそそります。

ゼリー寄せは、
実は初め見たときデザートかと思ってしまいました。
ガラスの器の下にカニとズッキーニを並べ、
その上にコンソメゼリーをのせてあるのですが、

このコンソメゼリーの口の中でとろける感覚が、
なんともいえません! 

ライスと一緒に口に入れれば、
とろろんととろけながらご飯と混ざり合い…。

ズッキーニとカニとも見事にマッチしています。

近頃のような暑い日には、こんなメニューがウレシイ。

スープにはホウレンソウとベーコンがたっぷり! 
サラダもたっぷり! 

野菜をたくさんいただいている実感がわきます。

デザートのシフォンケーキは、
イチゴとブルーベリーが添えてあって、
ふんわりと甘すぎない味わい。

最後まで大満足できるプレートランチでした。

実は毎週月曜日はワンコインで楽しめるランチも! 

月曜日にも行かなくては~! な、カフェでした。

LU’S cafe
横浜市西区楠木町18ノ6、横浜西口OKビル1階
営業時間 午前11時30分~午後4時、
午後5時~11時(金・土曜は午前0時)
(ランチは午後3時まで)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Tuesday, June 12, 2007

ボリューム満足♪ cafe masumiyaの本日のサンドイッチ+本日のデリ1品+セットドリンク

Sany0426原宿の
竹下通りは
相変わらずの
人通りですが、

1本裏の道に
行ってみると、
こちらも
相変わらずの
ひっそりとした
落ち着いた
空気が流れています。

その裏道にあるのが

「cafe masumiya」

サンドイッチとデリの店です。

店内は5つのテーブル席と1つのソファ席。
白が中心のカフェスタイルで、
窓も大きく気持ちのいい空間です。

オーダーは

「本日のサンドイッチ+本日のデリ+セットドリンク」900円

サンドイッチは

「エビとエッグサラダのサンドイッチ」

デリは、
ナスとチンゲンサイ、またはグリーンサラダだったので

「ナスとチンゲンサイ」をチョイス。

サンドイッチのパンは
ライ麦パンかイギリスパンが選べます。

ポッコリと膨らんだサンドイッチは
たっぷりのタマゴサラダ。
そして、プリプリ感のあるエビ。
野菜はレタスとキューブ状のトマトが
はさまれています。

思い切り大きな口をあけて
ガブリッ! といけば、

エビの食感とタマゴサラダのうまみが
程よく口の中で組み合わさって、いい感じ。

プレートにはコールスローサラダと
ポテトチップスもついているのがウレシイ。

ナスとチンゲンサイは
ゴマ油を加えて軽く和えたもの。

野菜もたっぷりそろっている上、
思いのほかボリュームたっぷりのサンドイッチで
かなりお腹も満足。

開放感のある空間で、
気持ちのいいひとときが過ごせました。

cafe masumiya
東京都渋谷区神宮前1ノ20ノ13、ノーサンダービル1階
営業時間 午前8時~午後9時
(ランチは午前11時~午後2時)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Monday, June 11, 2007

柔らかな食感。銀座 大昌園の特性牛丼ランチ

Sany0422銀座界隈で
打ち合わせが
あったので、

有楽町あたりから
ごはんどころを
探します。

プランタンから
通りを2つほど
過ぎたところに
6月5日に
オープンしたのが

「KORIAN FINE DINING  銀座 大昌園」

上野で40年以上続く焼肉店の支店です。

銀座ということもあって、
かなりスタイリッシュな店内。

焼肉のにおいが移らないように、
かばんに風呂敷カバーをかけてくれるほどの
心づかいです。

ランチにももちろん、焼肉ランチなどもありますが、

今日は

「特製牛丼ランチ」1000円
スープ、ナムル、キムチ、シャーベットまたはコーヒー付き

白い大きめの丼には、
牛すじの煮込みとキムチ、ナムルが盛られています。

牛肉だけをまずは食べてみると…。

しっかりとよく煮込まれた牛すじ。
脂身はトロリとしているし、
肉自体はホロリと崩れるようなやわらかさ。
それでいて、肉の存在感を感じさせるかみごたえです。

醤油ベースで味付けされており、
コンニャクなども一緒に煮込まれているのが、
いかにも牛すじ煮込み風です。

キムチとナムル…。

この取り合わせをを考えると、
やはり韓国風にざっくりと混ぜ合わせて食べるのが
いちばんなのかな…と考え、

牛肉、ナムル、キムチをザックザックと混ぜ合わせて
いただきます。

ナムルからしみでるゴマ油の風味が、
ほどよく牛すじ肉に溶け込んで、
なんとも奥深い味わいに変身。

キムチのほの辛い風味も生きています。

韓国風の牛丼。
なかなかイケます。

KORIAN FINE DINING 銀座 大昌園
東京都中央区銀座3ノ3ノ9
営業時間 午前11時~午後11時
(ランチは午後4時まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, June 08, 2007

さすが! の味♪ 東京うりずんの沖縄すば定食

Sany0417初めて
沖縄を
訪れたとき。

離島へ渡るのに
那覇で1泊してから
船に乗ることに
なっていて、

その夜に
足を運んだのが、
有名な「うりずん」。

ラフテーもドゥル天も、ゴーヤーも島らっきょうも、
泡盛も何もかも…。

ここでそのおいしさを知ったのでした。

ゴールデンウィーク直前に新装オープンした、
新丸ビル。

その新丸ビル5階にオープンしたのが

「東京うりずん」

泡盛古酒と沖縄料理の店…。

そう。

あの沖縄でしか味わうことのできない、

「うりずん」の支店ができたのです! 

沖縄で「うりずん」がオープンしたのは1972年。

それ以来、沖縄料理店の中でもとても評価が高く、
まさに満を期して東京にやってきたという感じ。

ちなみにここ「新丸ビル」には、
浅草のおいしい洋食店「レストラン大宮」も出店。
なかなか、楽しいラインアップなのです。

店内は、カウンター席とテーブル席。
沖縄の雰囲気を演出しつつも、
すっきりとした店内です。

オーダーは

「沖縄すば定食」945円
ジューシー、小鉢、漬物付き

こちらの麺は、
ガジュマルの木の灰汁を使った手打ち麺。
真っ白な麺ではなく、ちょっと茶がかった感じで
なかなかお目にかかれるものではありません。

すすってみれば、
沖縄の麺らしく、シコシコ。
そしてかみ締めるほどに味わいが深くなります。

思わず顔がほころんだのは、
三枚肉を口にしたとき。

その煮込み汁の旨味ときたらっ! 

トロリととろけるような脂身と柔らかな肉部分。

さすが! な味わいなのです。

スープはかつおと豚だしを合わせていて
これも滋味あふれるテイスト。

卓上においてあるコーレーグースーは、
辛いものの素材の味わいを損なうことなく、
スープに入れることで、さらにコクが増しました。

ジューシーはシイタケの風味がたっぷりと効いていて、
これまたニッコリ♪

ん~! 

やはり、沖縄で愛されている店だけのことはありました! 

ぜひとも夜に訪れて、
たくさんの沖縄料理を食べたいものです。

東京うりずん
東京都千代田区丸の内1ノ5ノ1、新丸の内ビル5階
営業時間 午前11時~午前4時、
土・日曜、祝日=午前11時~午後11時
(ランチは午後2時30分まで)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Thursday, June 07, 2007

本日のおやつ。OUCAの八重桜

Sany0413
久しぶりに本日のおやつです! 

ここのところ、恵比寿に行くたびに
ついつい立ち寄って
食べてしまうのがコレ。

恵比寿1丁目の交差点と
恵比寿駅東口の交差点の間にある

「JAPANESE ICE OUCA」

アイスクリームの店です。

OUCAというのは

櫻花という意味。

ジャパニーズアイスというとおり、
ジェラートのようなアイスの素材は
和の素材がそろっています。

オーダーは

「八重桜」380円

好きなアイスを3つ選ぶことができます。

選んだのは

黒蜜きなこ、抹茶、バナナ

店内で食べていくと告げると、

口休めの塩昆布と番茶をつけてくれます。

こちらのアイスクリームは、
アイスの「食べごろ」を考え、
独自のエイジング製法を取り入れています。

冷たすぎない温度にすることで、
素材感や香りが伝わるような味わいになっているのです。

黒蜜きなこは、
口に入れたとたん、きなこの風味が口中に広がります。
そこにやってくるほんのりとした黒蜜の味わい。

抹茶は
抹茶の風味とぴったりと合った甘みに仕上がっています。

バナナはバナナの風味がたっぷりと広がります。

この3つを合わせながら食べるのもオツ。

アイスにささっているのは、もなかの皮。

これがまたアイスにぴったり。

白を基調としたオシャレな店構えで、
のんびりとアイスをいただくひととき…。

当分やめられません。

JAPANESE ICE OUCA
東京都渋谷区恵比寿1ノ6ノ6、士田ビル1階
営業時間 午前11時~午後11時30分
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (4) | TrackBack (1)

さっくり軽やか! 恵比寿 串揚げ 流の本日の串揚げ定食

Sany0414_1
Sany0415
なんとなく、ガッツリとした
ランチが食べたくって、

そんなメニューを出しているところを
探してみました。

恵比寿駅を降り、
駒沢通りを代官山方面に向かって歩いていき、
恵比寿神社の角にホッコリと存在しているのが

「恵比寿 串揚げ 流」

名前のとおり、串揚げを楽しめる店です。

店内は入るとすぐにコの字型のカウンター。
そのカウンターを囲むようにテーブル席が並びます。

雰囲気は、日本の伝統芸能の舞台がテーマなのだそう。

どの席からも、キッチンを眺めることができる
スタイリッシュな空間です。

串揚げの醍醐味を楽しみたいなら、
やっぱり、カウンター席に座るべし! 

揚げたての串揚げを
カウンターに用意された網の上にのせてくれるからです。

オーダーは

「本日の串揚げ定食」1000円
肉、魚、野菜をおりまぜた串揚げ7本、
刺身、小鉢、新香、ご飯、味噌汁付き


本日の串揚げは

イカ、キス、シイタケ、ナス、豚肉、エビ2本

串が揚がるころに、定食セットのトレンチが
目の前にやってきます。

そして、
揚がった串を目の前の網に説明しながらのせてくれます。

網の横には、二度漬け禁止の特製ソース。

このソースは、ウスターソース、カツオだし、
だし醤油をブレンドしたさらさらのソースです。

さっそく、串を取り上げ、たっぷりとソースをつけて
パクリ! 

薄い衣はサックリと揚げられていて、アッツアツ。

イカはホンワカやわらかく、
キスはホッコホコ。

エビはプリップリとしか言いようがなく、
シイタケはジュワッとうまみが染み出し、

ナスもジューシー! 

豚肉は脂身の旨味がジワジワとやってきます。

さっぱりとしたソースは、
存在感があるものの、あくまでも素材を引き出す味わい。

揚げ物だけど軽い口当たりでいただけます。

リクエストすれば、
〆でわさび特製ダレをかけてお茶漬けもできるとか。

串揚げは塩でいただくのもオススメのようです。

夜にゆっくりと串揚げで一杯といきたいところです。

恵比寿 串揚げ 流
東京都渋谷区恵比寿西1ノ10ノ1、グリーンパレス1階
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~11時30分
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Wednesday, June 06, 2007

食欲のわく音! Jam’sの直火網焼きハンバーグステーキ

Sany0386ふと気づくと、
なんだか
とてつもなく
ハンバーグが
食べたくなって
くることがあります。

きょ・きょ・今日は、
ハンバーグ♪

などと、
心の中で歌うこと
かなり多いような気がするなぁ…と
自覚をしつつ、
ハンバーグの店を探してみます。

恵比寿駅前の銀座通りにあるのが

「Jam’s」

オシャレな看板が目に付く、
ハンバーグとステーキの店です。

店内は細長いのですが、
入ったとたんの香ばしいにおい。
できあがったハンバーグステーキを運ぶ
その鉄板からあふれ出る音! 

気持ちがワクワクとしてきます。

ここの人気名物というのが、
ボストンハンバーグステーキとう、
俵型のハンバーグ。

表面を炭火焼してから、熱々の鉄板にのせ、
あとは
自分たちのこ好みの焼き具合でいただくスタイルです。

でも、今日は目の前で焼き具合を考えることは
なんとなくしたくなかったので、

「直火網焼きハンバーグステーキ(S)」800円
サラダ、ライス、赤だし付き

Sサイズというのは180g。

ソースがデミグラスソースや照り焼きソースなどたくさんの中から
選べます。

ちょっと考えた末に、
単純に、そのときの気分で

「わさびマヨ」を選んでみました。

熱々鉄板にのせられてやってきたハンバーグ。
マヨネーズが鉄板で焼かれて香ばしい香りに…。

こちらの肉はオージービーフを使用とのこと。

ナイフを入れれば、しっかりとした弾力で
「肉が詰まってまっせ~! 」と主張しています。

口に運べば、ジュッとジューシーな噛み応え、
そして、マヨネーズの濃コクと
ほんのり「ツン」とくるわさびの風味が伝わってきます。

赤だしがついていたので、
このさい、ざっかけなくハンバーグをひと口大に切り分け、
お箸を使っていただくことに…。

ハンバーグをつまんでモグモグ。
ツンという刺激と肉のうまみを味わいながら
ご飯をパクリ。

箸休めにサラダを食べて、モヤシを食べて、
赤だしをひと口…。

ハンバーグのソースも
いろいろなものがあるんだなぁと
実感したひとときでした。

Jam’s
東京都渋谷区恵比寿南1ノ1ノ3、イマホコビル1階
営業時間 午前11時30分~午前0時
(土・日曜、祝日は午後11時まで)
(ランチは午後5時まで)

映画ウンチク
SNYPIS
ザ・シューター-極大射撃-
☆☆
狙撃手としてエチオピアに赴任していた主人公。
その痛手を負いながらワイオミングの山で
自給自足の静かな暮らしをしていた。
そこへやってきたのは
大統領暗殺を阻止するために、
どこで狙撃されるか調べ、阻止してほしいということ。
愛国心にかられて承諾するものの、
実はそれがワナだった…。
影の人物は誰なのか、自分の無実は証明できるのか。
ハラハラとしながらストーリーは進みます。
が…。
目には目を、歯には歯を…的な部分が、ちょっと…。かな。
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Tuesday, June 05, 2007

においにつられて…。Maison Blancheのトマトとモッツァレラチーズのパスタ

Sany0409今日の
ランチタイムは
浜松町近辺。

このあたりに
どんな店があるか…。
飲み屋は
たくさんありそうだけど、

お昼を食べる
シチュエーションを
どうするかによって、
その選択の余地が
なかなか難しい…。

そう思いながら
芝大神宮商店街を
つらつらと歩いているうちに、

なにやらおいしそうなにおいがしてきました。

あ~、これ。ガーリックの香りだ~。

と、とたんに食欲が増進。

においのしてくる場所に、
ふらふらと進んでしまったのでした。

「Maison Blamche」

小さなフレンチレストランです。

店内は白を基調にした色合いで、
L字のカウンターに7人、
テーブル席は2人用が4つと、とにかくコンパクト。

カウンターの高さも程よく、シェフの動きがよく見えます。

ランチはパスタ2種にハンバーグ、カレーの4つのみ。

オーダーは

「トマトとモッツァレラチーズのパスタ」900円
サラダ付き

オーダーが入ると、
ピカピカのフライパンにガーリックを入れてオリーブオイル。

そこへトマトソースを投入。

香ばしいガーリックの香りにやられてしまいます。

ランチメニューはトマトソースがベースになっているので、
それぞれ、どの組み合わせがいいかで
選択が変わってくるのです。

パスタが茹で上がってすばやく仕上げ。
モッツァレラチーズは最後に絡めたのかな…。

目の前にあるパスタ。
フォークでクルクルと絡めて良いくと、
モッツァレラがトロ~ンとのびていきます。

トマトソースの絶妙な味わいや
ガーリックやオリーブオイルの新鮮な風味が
鼻にぬけていきます。

モッツァレラが入ることで、
トマトソースがコクのある味わいになっています。

サラダはリーフサラダで、
自家製のゴマドレッシングでいただきます。

香ばしいゴマの風味とハーブリーフとの組み合わせは、
なんともいえません。

こうした偶然から出会えるランチは、格別です。

Maison Blanche
東京都港区芝大門1ノ4ノ4、ノア芝大門ビル109ノ1
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時30分~9時30分。日曜、祝日定休
(ランチは月~金曜)
おいしいブログそろってます→ 

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, June 04, 2007

初物を味わう? 祢保希(ねぼけ)の祢保希のランチ

Sany0405赤坂周辺は、
郷土料理を
うたった店が
思いのほか
多いところです。

普段は、
何気なく
その前を通り
過ぎていたり
するのですが、

今日は、この前を通ったとたんに

「もしや、初ものの時期? 」という言葉が
頭に浮かんで、思わず入ってしまいました。

「土佐料理 祢保希(ねぼけ)」

名前のとおり、土佐料理が味わえる店です。

本店は高知にあり、土佐のうまいどころを
あれこれそろえている雰囲気がプンプンしています。

店内は1階正面に4人ほどのカウンター。
残りはテーブル席で、2階には座敷になっています。
郷土料理の店らしく、
日本の昔家屋の雰囲気も魅力。

注文は

「祢保希のランチ」1050円
かつおのたたき、中鉢、1品、ご飯、味噌汁、香の物、デザート付き

1品は

「自家製コロッケ」または「鮮魚のあら煮」が選べます。

選んだのは

「自家製コロッケ」

入店理由は、もちろんカツオのたたきを食べるため。

このランチのたたきは3切れ。

土佐ポン酢に浸されたたたきは、
炭火の香ばしさを残しつつ、しっとりとした口当たり。

スライスされたタマネギやニンニクと一緒に食べると、
味わいにも深みが出てきます。

それにつけても、土佐ポン酢のコクのある旨味。
酸味もきついものの、口に入れて味わうと、
後を引く味わいです。

自家製コロッケは、パンプキンコロッケ。

ほのかにカボチャの甘みを感じる中身と
ザクザクとした厚めの衣の組み合わせは、
なんともヤサシイ味になっています。

中鉢や香の物など、
日本食の定食ものは、おかずが多いのが泣かせます。

夜にいただける、皿鉢料理など
郷土色がたっぷりと味わえるメニューも楽しんでみたいです。

土佐料理 祢保希
東京都港区赤坂3ノ11ノ17
営業時間 午前11時30分~午後2時、
午後5時~10時30分
土曜=午後4時~10時。日曜、祝日定休
(ランチは月曜~金曜)
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Friday, June 01, 2007

しっとりスパイシー! せんば自由軒の名物インデアンカレー

Sany0381_1横浜・
みなとみらいの
横浜クイーンズ
イースト。

地下1階には、
一風堂をはじめ、
人気の店が
集まった、
フードコートのような
雰囲気が特長です。

その中の一店がココ。

「せんば自由軒」

カレー好きなら、なんとなく見覚えのある、
カレーとライスが混ざった風貌と生卵のカレーライスが
楽しめる店です。

明治時代から受け継がれた洋食カレー。

オーダーはもちろん

「名物インデアンカレー」680円
スープ付き

おいしい食べ方というのがあって、
運ばれてきたら、すばやくウスターソースをかけまわし、
生卵と一緒に混ぜ合わせて食べる…。

でも、
その前にカレーだけパクリ…。

スパイシーな刺激が伝わってきます。
口当たり軽いけど、辛さは上等! タイプのカレーです。

さっそくウスターソースをかけまわし、
生卵とサクサクと混ぜ混ぜ。

そうして改めて口の中に入れると…。

ウスターソースの甘くてフルーティーな風味が
スパイシーな香りの中にふんわりと
かぶさっていきます。

生卵でまろやかな味わいにも変身。

ますます食べやすい口当たりになっているものの、
この手のカレーは、
だんだんとスパイシーさが主張してくるから不思議。

そしてその味にハマっていってしまうのでした。

次はハヤシライスも試してみたいです。

せんば自由軒
横浜市西区みなとみらい2ノ3ノ2、
クイーンズイースト地下1階
営業時間 午前11時30分~午後10時
おいしいブログそろってます→

お昼ごはんに参加中です♪
♪いつも遊びに来てくれてありがとうございます。
気に入ったら1クリックお願いします♪

| | Comments (2) | TrackBack (2)

« May 2007 | Main | July 2007 »